« 名古屋市の栄地区に高層ビルが続々 「第一生命保険、鹿島建設、ノリタケカンパニーリミテド」が、地上20階、延床面積約40,000㎡の大規模オフィスビル建設! | トップページ | もと淀川区役所跡地等活用事業 プロポーザルにかかる事業予定者の決定 地上上40階、高さ約142mの「複合施設棟」を建設! »

2020年6月 3日 (水)

高さ約120mと高さ約100mの超高層ツインタワー「福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業」 「コートヤード・バイ・マリオット福井」が進出!

Fukui200611
-福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業-
 昨日、我が家にもやっと「アベノマスク」が届きました。防衛相は記者会見で、「ブルーインパルス」について、他都市での飛行も「できたらいいと思っている」との認識を示しました。是非とも関西でも行って欲しいです!

 本題に戻って、「福井駅前電車通り北地区A街区」は、JR福井駅に面し、シンボル軸である中央大通りとにぎわい軸である駅前電車通りに挟まれた、福井市の最重要拠点に位置しています。その一方で、土地の細分化や、建物の老朽化、敷地の有効活用がなされていないなど、土地利用・防災・景観等の面で課題を抱えています。

 これらを踏まえ、2023年春の北陸新幹線福井駅開業に向けて、「文化、交流、居住、商業、業務」が複合した来街者や市民にとって新たな「福井の顔」となる交流拠点への都市再生を図るとともに、快適なオープンスペースの形成、回遊性の向上を図ることで、中心市街地全体の活性化に寄与するまちづくりを目指しています。

 「福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業」は、東側の地上27階、地下1階、高さ約120mの「E棟(ホテル棟)」、西側の地上28階、地下1階、高さ約100mの「W棟(住宅棟)」、中央の地上9階、地下0階、高さ約36mの「P棟(駐車場棟)」で構成されます。総延床面積は約72,100㎡です。

 引用資料 福井県・公式HP(PDF:2019/12/12)
 福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業の概要

 引用資料 福井市・公式HP
 福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業

● コートヤード・バイ・マリオット福井

 「E棟(ホテル棟)」には、マリオット・インターナショナルの「コートヤード・バイ・マリオット福井」が進出する予定です。12室のスイートを含め約252室のゲストルームを用意します。他にもも、会議室、ボールルーム、オールデイダイニング、日本食レストラン、ロビーラウンジなどを完備する予定です。 

福井駅前電車通り北地区A街区の概要
◆ 計画名-福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-福井県福井市中央一丁目3~4番街区の一部
◆ 交通-JR「福井」駅すぐ、福井鉄道「福井」駅すぐ
◆ 階数-(E棟) 地上27階、地下1階、(W棟)地上28階、地下1階、(P棟)地上9階、地下0階
◆ 高さ-(E棟)約120m、(W棟)約100m、(P棟)約36m
◆ 施行面積-約13,000㎡
◆ 敷地面積-約6,900㎡ 
◆ 建築面積-約5,690㎡ 
◆ 延床面積-約72,100㎡(容積対象床面積約52,260㎡)
◆ 用途-商業施設、オフィス、ホール、共同住宅、ホテル、駐車場 等
◆ 事業主体- 福井駅前電車通り北地区A街区市街地再開発組合
◆ 特定業務代行者等-(総合企画者)森ビル都市企画、(特定業務代行者)熊谷組、村中建設、長谷工コーポレーション、アール・アイ・エー(保留床取得者)長谷工不動産、阪急阪神不動産、マリモ、コスモスイニシア
◆ 事業協力者(保留床取得者)-ユアーズホテルフクイ、Fujinaga Estate合同会社、福井新聞社
◆ 着工-2020年12月予定
◆ 竣工-2023年03月予定


Fukui200612
「ハピテラスからの鳥瞰」です。


Fukui200613
「断面図」です。


Fukui200614
「区域図」です。



|

« 名古屋市の栄地区に高層ビルが続々 「第一生命保険、鹿島建設、ノリタケカンパニーリミテド」が、地上20階、延床面積約40,000㎡の大規模オフィスビル建設! | トップページ | もと淀川区役所跡地等活用事業 プロポーザルにかかる事業予定者の決定 地上上40階、高さ約142mの「複合施設棟」を建設! »

75 福井県」カテゴリの記事