« 北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間) 加賀温泉駅(石川県加賀市) デザインコンセプトは「加賀の自然と歴史、文化を見せる駅」 | トップページ | 北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間) 敦賀車両基地(仮称) 高さ最大13mの「盛り土」を行い浸水しない車両基地に! »

2020年8月11日 (火)

北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間) 小松駅(石川県小松市) デザインコンセプトは「ふるさとの伝統を未来へつなぐ『ターミナル』」

Ishikawa200821
-北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間)-
 北陸新幹線(金沢・敦賀間)は、起点の石川県金沢市から終点の福井県敦賀市までの2県12市2町を経由する延長約125.2km の路線です。2023年春の開業を予定しています。

 この路線では、新たに「小松駅、加賀温泉駅、芦原温泉駅、福井駅、南越(仮称)駅、敦賀駅」の6駅が計画されています。「南越(仮称)駅」以外は在来線の駅に併設となります。

 ホームは、「小松駅(石川県小松市)」と「芦原温泉駅(福井県あわら市)」が相対式2面2線、「加賀温泉駅(石川県加賀市)」と「南越駅(福井県越前市)」が相対式2面4線、「福井駅(福井県福井市)」が島式ホーム1面2線、「敦賀駅(福井県敦賀市)」が島式2面4線となります。ホームの長さは、新幹線車両(E7系・W7系)12両編成に対応した312mです。

● 小松駅(北陸新幹線)
 小松駅駅のデザインコンセプトは「ふるさとの伝統を未来へつなぐ『ターミナル』」、デザインイメージは「慣れ親しんだ白山の雄大な山並みと未来を感じるターミナル」となっています。

 引用資料  鉄道建設・運輸施設整備支援機構
 北陸新幹線


Fukui200712
略図・路線図

 「北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間)」の路線図です。北側から「小松駅(石川県小松市)、加賀温泉駅(石川県加賀市)、芦原温泉駅(福井県あわら市)、福井駅(福井県福井市)、南越駅(福井県越前市)、敦賀駅(福井県敦賀市)」の6駅が新たに整備されます(南越駅は仮称)。

 引用資料 JR西日本
 北陸新幹線プロジェクト


Ishikawa200822
小松駅のホーム(北陸新幹線)
 
白山の山並みから切り取ったガラス面は、東側に見える白山の眺望を最大限引き出しています。


Ishikawa200823
ホーム形式は、相対式2面2線となっています。


Ishikawa200824
小松駅コンコース(北陸新幹線)
 小松の伝統工芸品や、石川県産木材・日華石といった地場産材を取り入れ「小松らしさ」を感じられる空問としています。


Ishikawa200825
コンコースの「平面図」です。



|

« 北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間) 加賀温泉駅(石川県加賀市) デザインコンセプトは「加賀の自然と歴史、文化を見せる駅」 | トップページ | 北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間) 敦賀車両基地(仮称) 高さ最大13mの「盛り土」を行い浸水しない車両基地に! »

91 鉄道編・JR」カテゴリの記事

75 石川県・福井県」カテゴリの記事