« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月30日 (木)

JR京橋駅 京橋駅周辺のまちづくり検討調査業務委託 公募型プロポーザルを公告!

Osakakyobashi210511
-京橋駅周辺-

 京橋駅周辺におけるまちづくりについては、JR片町線・東西線の連続立体交差事業とそれに併せた土地区画整理事業の施行等による都市基盤の一体的整備にむけた検討を行ってきました。

 「JR東西線」は、大阪府大阪市城東区の京橋駅から兵庫県尼崎市の尼崎駅に至る鉄道路線です。1997年3月8日に開業しました。多くの部分が地下を走っており、「京橋駅」の手前から地上に出ます。

 更に東側の「JR片町線・東西線連続立体交差事業」が、2000年度に着工準備採択を受けました。着工に向けた検討を大阪市は進めていましたが、厳しい財政状況から2014年度の建設事業評価有識者会議で、事業の必要性は高いものの事業休止と判断されました。

 京橋駅周辺は、2017年8月に都市再生緊急整備地域に指定され、ターミナル駅にふさわしい複合的な都市機能の集積や交通結節機能の強化、歩行者ネットワークの向上等が求められています。

● 京橋駅周辺のまちづくり検討調査業務委託
 「大阪市」は2022年6月29日に、「京橋駅周辺のまちづくり検討調査業務」の公募型プロポーザルを公告しました。申請書を7月12日まで受け付けます。提案受付は7月15日~7月29日まで、8月3日のプレゼンテーションを経て、8月4日に審査結果の決定・非決定通知を予定しています。

 引用資料 大阪市・公式HP(2022/06/29)
 京橋駅周辺のまちづくり検討調査業務委託


Osakakyobashi220611
「主な調査対象範囲」です。


Osakakyobashi220612
「特定テーマの対象区域」です。

業務内容3における検討対象区域
 検討対象区域は、西側から「三井のリパーク・JR京橋駅西、JR西日本京橋電車区、JR片町線・東西線、JR西日本の京橋変電所」などです。2019年9月30日をもって閉店した「イオン京橋店」の跡地は含みません。


Osakakyobashi191054
「JR西日本京橋電車区」と「三井のリパーク・JR京橋駅西」を北東側から見た様子です。


Osakakyobashi191055
「JR西日本京橋電車区」の建物です。


Osakakyobashi191056
駐車場です。かなり広いです。

● 片町線片町駅の跡地
 駐車場の敷地は、片町線の起点駅だった「片町駅」の跡地です。そのため土地は「JR西日本」が所有していると思われます。「片町駅」は「JR東西線」の開業に伴い廃止されました。


Osakakyobashi210512
「大阪城京橋プロムナード」から西側を見た様子です。この先が片町線の起点駅だった「片町駅」の跡地です。現在の線路の北側に 「片町線」が走っていました。手前の錆びたレールは「片町線」の残骸だと思われます。


Osakakyobashi210513
「大阪城京橋プロムナード」から東側(京橋駅側)を見た様子です。


Osakakyobashi210514
JR学研都市・東西線の「京橋駅」を西側から見た様子です。


Osakakyobashi210521
JR京橋駅の北側には、JR西日本の「京橋変電所」があります。「玉造筋」の北側への延伸は、「京橋変電所」の用地を使用する予定になっています。



|

2022年6月29日 (水)

和歌山県 ロケット射場「スペースポート紀伊」の近く すさみ串本道路串本IC予定地付近地域活性化施設整備官民連携事業

Wakayamakushimoto220611
-串本IC周辺地域活性化施設-

 現在の「串本町」は、2005年4月1日に、旧串本町と旧古座町が合併し東牟婁郡串本町が誕生しました。2006年度に策定した「第1
次串本町長期総合計画」を更に発展させ、将来のまちの姿を明らかにし、町民と町が一体となってオール串本で実現に向けて取り組んでいくまちづくりの指針として、「第2次串本町長期総合計画 2016~2025」を策定し、10年後の本町の目指すべき将来像を「串本が誇る自然美・食・人のこころが感動を与えるまち」とし、その想いをこめて将来像を「本州最南端感動のまち串本」として町行政を進めています。

 「すさみ串本道路」の建設工事の完成に合わせて計画していた、串本IC周辺への庁舎移転も完了し、本施設については、今後の町の在り方を考えて行く上で、ロケット射場(スペースポート紀伊)を含む観光客の受け入れや40年以内に発生する確率が90%程度と想定される南海トラフ巨大地震に対して、防災機能も念頭に置いたものとなり、「串本IC周辺地域活性化施設基本計画業務」として計画策定を完了しています。

 こうした経緯を踏まえ、串本IC周辺地域活性化施設整備に当たっては官民連携手法の導入を検討し、民間の持つ多様なノウハウや技術を活用し、事業コストの適正化や質の高いサービスの提供を図ることとしたものです。

 引用資料 串本町(2022/06:PDF)
 串本 IC 周辺地域活性化施設

 最適な事業化を図る目的と事業化の公平性及び透明性を確保するために、資料が公開され、2022年7月28日(木)には、「すさみ串本道路串本IC予定地付近地域活性化施設整備官民連携事業の現地説明会」が行われる予定です。


Wakayamakushimoto220612
「計画平面図」です。


Wakayamakushimoto220613
「計画対象地(広域)」です。


Wakayamakushimoto220614
「交通網図」です。


Wakayamakushimoto220615
「地形図」です。



|

2022年6月28日 (火)

ジャパネットホールディングス 総工費約800億超の「長崎スタジアムシティプロジェクト」 2022年6月26日に起工式を挙行!

Nagasaki220611
-長崎スタジアムシティプロジェクト-
 長崎市の「三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地(約7ha)」の再開発事業の優先交渉権者に選ばれた企業グループの中心となる通信販売大手「ジャパネットホールディングス」が、球技専用スタジアムなどを整備する計画を発表しています。

 スタジアムを核とした新しいまちから新しい長崎の風景をつくりだします。サッカースタジアムを中心に、アリーナ・オフィス・商業施設・ホテルなどの周辺施設を民間主導で開発するプロジェクトです。

 サッカーやバスケットボールなどのプロスポーツを一年間通じて楽しめるほか、音楽コンサートなど文化イベントも開催できるサッカースタジアムとアリーナを主体とした複合施設を開発することで、長崎の都市再生への貢献を図ります。 

 引用資料 公式ホームページ
 長崎スタジアムシティプロジェクト

● 2022年6月26日に起工式を挙行!
 2022年6月26日(日)に、2024年完成予定のV・ファーレン長崎のホームスタジアムとその周辺施設の建設による新しい街づくり 計画である「⻑崎スタジアムシティプロジェクト」の起工式と新 CM・新スローガンの発表会が行われました。

 また、プロジェクトのクリエイティブプロデューサーに長崎市出身の「福山雅治氏」が就任したことも発表されました。当初700億円を見込んでいた総工費は、資材の高騰などから800億円を超える見込みです。

長崎スタジアムシティプロジェクトの概要
◆ 所在地-長崎県長崎市幸町86番2、茂里町8番1
◆ 交通-JR「長崎」駅徒歩10分
◆ 階数
◇ スタジアム棟・ホテル棟・南商業棟(Ⅰ工区)-地上16階、塔屋1階、地下0階
◇ アリーナ・サブアリーナ棟・エネルギーセンター棟(Ⅱ工区)-地上4階、塔屋1階、地下0階
◇ オフィス棟(Ⅲ工区)-地上13階、塔屋1階、地下0階
◇ 駐車場棟(Ⅳ工区)-地上6階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-約60m
◆ 敷地面積-74,752.78㎡
◆ 延床面積-約199,772㎡(施設全体)
◇ スタジアム棟・ホテル棟・南商業棟(Ⅰ工区)-約111,559㎡
◇ アリーナ・サブアリーナ棟・エネルギーセンター棟(Ⅱ工区)-約30,803㎡
◇ オフィス棟(Ⅲ工区)-約35,127㎡
◇ 駐車場棟(Ⅳ工区)-約22,283㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、プレキャストコンクリート造
◆ 用途-サッカースタジアム、アリーナ、ホテル、商業施設、オフィス、駐車場等
◆ 概要-スタジアム約20,000席、アリーナ約6,000席、ホテル約270室
◆ 建築主-ジャパネットホールディングス(企画運営 リージョナルクリエーション長崎)
◆ 基本設計-環境デザイン研究所、安井建築設計事務所
◆ 実施設計-長崎スタジアムシティプロジェクト設計共同企業体
◆ 施工者
◇ スタジアム棟・ホテル棟・南商業棟(Ⅰ工区)-竹中工務店
◇ アリーナ・サブアリーナ棟・エネルギーセンター棟(Ⅱ工区)-戸田建設
◇ オフィス棟(Ⅲ工区)-戸田建設
◇ 駐車場棟(Ⅳ工区)-松尾建設
◆ 着工-2022年06月26日(起工式)、2022年07月01日(着工)
◆ 竣工-2024年07月31日予定
◆ 開業-2024年09月予定
◆ 総工費-800億を超える見込み


Nagasaki220612
「サッカースタジアム」の完成予想図です。


Nagasaki220613
日本一ピッチに近いスタジアム

 約20,000席の客席を完備し、プロサッカークラブ「V・ファーレン長崎」の新たなホームスタジアムです。日本にこれまでなかった、革新的なスタジアムの創造に挑戦します。ピッチまで最短約5mと選手を間近に感じ、コンパクトで臨場感あふれるスタジアムを実現します。


Nagasaki220614
多機能・可変型のアリーナ

 約6,000席の客席を完備し、2021年にB3リーグへ参入したプロバスケットボールクラブ「長崎ヴェルカ」のホームアリーナです。音楽コンサートやイベント会場としての機能も兼ね備えた可変型のアリーナです。


Nagasaki220615
「オフィス」の完成予想図です。


Nagasaki220616
「ショッピングモール」の完成予想図です。


Nagasaki220617
「ホテル」の完成予想図です。



|

2022年6月27日 (月)

大阪京町堀にIHGホテルズ&リゾーツのプレミアムホテルブランド「voco」日本初上陸 ホテル名称は「voco大阪セントラル」に決定!

Osakaihg220611
-voco大阪セントラル-
 「NTT都市開発」と、そのグループ企業でホテル経営会社である「UDホスピタリティマネジメント」は、大阪市西区で開発を進めている「(仮称)京町堀一丁目計画」について、ホテルブランドをIHGホテルズ&リゾーツの展開するプレミアムホテルブランド「voco」に、ホテル名称を「voco大阪セントラル」に決定しました。2023年夏の開業を予定しており、「voco」ブランドは日本初進出となります。

 引用資料 NTT都市開発(2022/06/22)
 大阪京町堀にIHGホテルズ&リゾーツのプレミアムホテルブランド「voco」日本初上陸 ホテル名称は「voco大阪セントラル」に決定

 ホテル周辺の京町堀エリアは、古くから商人が市場を開き庶民の町として栄え、大阪の発展に貢献してきた場所です。現在では個性豊かな店舗が集積しており、今もなお活気のある賑わいを感じさせます。

 その中でも「(仮称)京町堀一丁目計画」は四つ橋筋に面し、京町堀特有の賑わいと、近接する靭公園の落ち着きをあわせ持つ立地であり、大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」や御堂筋線「淀屋橋駅」からのアクセスも良く、観光やビジネスにおいて高い利便性があります。

 日本初進出となる「voco大阪セントラル」は、全191の客室に加え、フィットネスジム、ミーティングルームを設け、低層部に 2 層吹抜けのロビー・レストランを配置し、ガラスカーテンウォールから内部の雰囲気が溢れ出ることにより四つ橋筋の賑わいを向上させます。

voco大阪セントラルの概要
◆ 計画名-(仮称)京町堀一丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市西区京町堀一丁目7番1号
◆ 交通-Osaka Metro 四つ橋線「肥後橋」駅、Osaka Metro 御堂筋線「淀屋橋」駅
◆ 階数-地上13階、地下0階
◆ 敷地面積-約1,200㎡
◆ 延床面積-約10,600㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-191室(予定)
◆ 建築主-NTT都市開発(ホテル経営 UDホスピタリティマネジメント)
◆ 設計者・監理者-錢高組
◆ インテリアデザイン-NAO Taniyama & Associates
◆ 施工-錢高組
◆ 着工-2021年05月
◆ 竣工-2023年01月予定
◆ 開業-2023年夏予定


Osakaihg220612
「ホテルロゴ」です。


Osakaihg220613
「客室イメージ」です。


Osakaihg220614
「所在地」です。



|

2022年6月26日 (日)

JR奈良線の高速化・複線化の第二期事業 六地蔵駅改良工事の概要が決定 ホームを京都方面へ延伸・移設、ホーム部分の曲線緩和!

Kyotojr220611
-JR西日本の奈良線の複線化事業-

 JR西日本の奈良線は、第1期高速化・複線化事業として、「京都駅~JR藤森駅」間および「宇治駅~新田駅」間の複線化が2001年3月に完成しました。

 続く第2期事業として、「JR藤森駅~宇治駅」間の約9.9km、「新田駅~城陽駅」間の約2.1km、「山城多賀駅~玉水駅」間の約2.0kmの合計3ヶ所(約14.0km)が複線化される予定です。

 これにより、奈良線全線34.7kmは、64%にあたる計22.2kmが複線化され、「京都駅~城陽駅」間はすべて複線となります。大和路線(関西本線)の「奈良駅~木津駅」間は複線化されているので、第2期事業が完成すると京都駅~奈良駅間で、複線化されていないのは、残り12.5kmだけとなります。

● 六地蔵駅改良工事
 奈良線の六地蔵駅改良工事については、2017年度に宇治市とJR西日本の間で協定を締結のうえ、2020年3月より着手し鋭意工事を進めているところです。供用開始は2023年春頃の予定です。

 引用資料 JR西日本(PDF:2022/06/23)
 奈良線 六地蔵駅改良工事の概要について

 バリアフリー化と地下鉄乗り換え利便性の向上のため、京都方面に駅舎を移転します。またホームを京都方面へ延伸・移設し、ホーム・階段幅員の拡大やホーム部分の曲線緩和を行うことで、安全性向上を図ります。


Kyotojr220612
工事内容

 バリアフリー化と地下鉄乗り換え利便性の向上のため、京都方面に駅舎を移転します。またホームを京都方面へ延伸・移設し、ホーム・階段幅員の拡大やホーム部分の曲線緩和を行うことで、安全性向上を図ります。


Kyotojr220613
「駅概要」です。


Kyotojr220614
「完成イメージ(駅舎内観)」です。


Kyotojr220615
「概要図」です。

 
Kyotonara190871
改良工事前の「六地蔵駅」です。

● 六地蔵駅複線化に合わせてホームを京都方に移設!
 「六地蔵駅」では、複線化に合わせてホームを京都方に移設します。現在のホームは線路がカーブしている部分に設けられていて車両とホームの間に大きなすき間が生じていますが、移設によりホームの幅が広がって直線的な形状となり、すき間が狭まります。


Kyotojr220616
改良工事前の「六地蔵駅」は、このようにホームがカーブしていました。



|

2022年6月25日 (土)

地上35階、高さ約128mの「JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業」 「A街区」の施設建築物(新卸売市場)新築工事に着手!

Nishinomiyajr22061011
-JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業-

 JR西宮駅南西地区には、民設の西宮東地方卸売市場が立地しており、地区内には老朽木造建築物が密集し、建物の不燃化、耐震化への対応が十分でないことや、広場などの都市基盤施設が十分に整備されていないことから、地震火災等による大きな被害が予測され、大規模災害時の緊急輸送道路である国道2号の機能を確保するためにも、沿道建物の不燃化、耐震化は当地区喫緊の課題となっています。

 このため、「JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業」の実施により、卸売市場の再生整備とともに、都市核にふさわしいにぎわいと魅力ある都市空間の形成を推進し、地区全体の都市機能の更新と合理的かつ健全な土地利用を図るものです。

 引用資料 西宮市・公式ホームページ
 JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業について

 「東急不動産」が、参加組合員予定者に選定されています。「東急不動産」は、保留床取得に加え、再開発の事業計画や管理運営計画の提案、事業推進支援なども担います。再開発コンサルタント業務は「アール・アイ・エー」、事業協力者は「竹中工務店」が担当しています。

● A街区の新築工事に着手!
 「JR西宮駅南西地区市街地再開発組合」は、2022年度に2期解体工事、A街区の施設建築物(新卸売市場)新築工事に着手するとともに、西宮市場卸売市場検討部会に協力する形で新卸売市場の設計検討を行います。

 建設通信新聞(2022/06/23)
 組合/JR西宮駅南西地区再開発/2期解体、新卸売市場に着手

JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-兵庫県西宮市池田町の一部
◆ 交通-JR東海道本線「西宮」駅徒歩約1分、阪神本線「西宮」駅徒歩約9分
◆ 階数-地上35階(C街区)
◆ 高さ-約128m(C街区) 
◆ 地区面積-約15,000㎡
◆ 敷地面積-約13,100㎡
◆ 延床面積-約52,600㎡(A街区約5,300㎡、B街区約1,300㎡、C街区約46,000㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(A街区)卸売市場、駐車場、(B街区)店舗、事務所、駐車場、(C街区)共同住宅、店舗等、駐車場
◆ 総戸数-377戸
◆ 施行者-JR西宮駅南西地区市街地再開発組合
◆ 事業コンサルタント-アール・アイ・エー
◆ 事業協力者-竹中工務店
◆ 着工-2023年度予定
◆ 竣工-2027年04月下旬予定(全街区竣工)
◆ 総事業費-約251億円


Nishinomiyajr220612
「イメージパース」です。


Nishinomiyajr220613
「建築物配置図」です。


Nishinomiyajr190816
解体工事が始まる前の「JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業」の予定地を南東側から見た様子です。


Nishinomiyajr190818
南西側から見た様子です。南西側のガソリンスタンドを含む複数の建物は再開発に参画しません。



|

2022年6月24日 (金)

世界で最も住みやすい都市ランキング2022 「ウィーン」が 首位に返り咲き 大阪が10位にランクイン!  

Osakaeconomist220611
-世界で最も住みやすい都市-
 イギリスの「エコノミスト(Economist)」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が毎年実施している「世界の住みやすい都市」に関する調査の2022年度版が2022年6月23日に発表されました。今年はオーストリアの首都ウィーンが急浮上し、首位に返り咲きました。

 Bloomberg(2022/06/23)
 最も住みやすい都市ランキング、大阪が10位ーウィーンは首位に復帰

 「ウィーン」は2018年版、2019年版と2年連続で首位を獲得しましたが、新型コロナウイルスの流行で美術館やレストランが閉鎖され、流行後初のランキング発表となった2021年版では12位に沈んでいました。

 今回の首位復活について、「安定性とインフラの充実が住民にとって大きな魅力となっている。優れた医療や豊かな文化・娯楽の機会もポイントが高かった」としていました。前年(2021年版)首位だったニュージーランドのオークランドは、新型コロナ感染拡大対策の規制措置が影響し、34位に転落しました。

● 大阪が10位にランクイン!  
 ここ数年は「大阪」と「東京」がベスト10に入っていましたが、「大阪」は前年(2021年版)の2位から大幅にランクダウンし、「東京」はベスト10圏外となました。

 ベスト10に入る都市は、都市圏人口が1,000万人以下の都市がほとんどです。しかし、「大阪」は、都市圏人口はおよそ1,200万人の巨大都市です。巨大都市で住みやすい都市というのは、ある意味凄い事だと思います。

世界で最も住みやすい都市ランキング2022
01位 ウィーン(オーストリア)
02位 コペンハーゲン(デンマーク)
03位 チューリッヒ(スイス)
03位 カルガリー(カナダ)
05位 バンクーバー(カナダ)
06位 ジュネーブ(スイス)
07位 フランクフルト(ドイツ)
08位 トロント(カナダ)
09位 メルボルン(オーストラリア)
10位 大阪(日本)
10位 ブリスベン(オーストラリア)

世界で最も住みやすい都市ランキング2021
01位 オークランド(ニュージーランド)-96.0点
02位 大阪(日本)-94.2点
03位 アデレード(オーストラリア)-94.0点
04位 ウェリントン(ニュージーランド)-93.7点
04位 東京(日本)-93.7点
06位 パース(オーストラリア)-93.3点
07位 チューリッヒ(スイス)-92.8点
08位 ジュネーブ(スイス)-92.5点
08位 メルボルン(オーストラリア)-92.5点 
10位 ブリスベン(オーストラリア)-92.4点

世界で最も住みやすい都市ランキング2020
 「世界で最も住みやすい都市ランキング2020」は、 「新型コロナウイルス感染症」の感染拡大のため発表されていません。

世界で最も住みやすい都市ランキング2019
01位 ウィーン(オーストリア)-99.1点 
02位 メルボルン(オーストラリア)-98.4点 
03位 シドニー(オーストラリア)-98.1点 
04位 大阪(日本)-97.7点 
05位 カルガリー(カナダ)-97.5点 
06位 バンクーバー(カナダ)-97.3点 
07位 トロント(カナダ)-97.2点 
07位 東京(日本)-97.2点 
09位 コペンハーゲン(デンマーク)-96.8点 
10位 アデレード(オーストラリア)-96.6点 

世界で最も住みやすい都市ランキング2018
01位 ウィーン(オーストリア)-99.1点
02位 メルボルン(オーストラリア)-98.4点
03位 大阪(日本)-97.7点
04位 カルガリー(カナダ)-97.5点
05位 シドニー(オーストラリア)-97.4点
06位 バンクーバー(カナダ)-97.3点
07位 トロント(カナダ)-97.2点
07位 東京(日本)-97.2点
09位 コペンハーゲン(デンマーク)-96.8点
10位 アデレード(オーストラリア)-96.6点

世界で最も住みやすい都市ランキング2017
01位 メルボルン(オーストラリア)-97.5点
02位 ウィーン(オーストリア)-97.4点
03位 バンクーバー(カナダ)-97.3点
04位 トロント(カナダ)-97.2点
05位 カルガリー(カナダ)-96.6点
05位 アデレード(オーストラリア)-96.6点
07位 パース(オーストラリア)-95.9点
08位 オークランド(ニュージーランド)-95.7点
09位 ヘルシンキ(フィンランド)-95.6点
10位 ハンブルク(ドイツ)-95.0点

世界で最も住みやすい都市ランキング2016
01位 メルボルン(オーストラリア)-97.5点
02位 ウィーン(オーストリア)-97.4点
03位 バンクーバー(カナダ)-97.3点
04位 トロント(カナダ)-97.2点
05位 カルガリー(カナダ)-96.6点
05位 アデレード(オーストラリア)-96.6点
07位 パース(オーストラリア)-95.9点
08位 オークランド(ニュージーランド)-95.7点
09位 ヘルシンキ(フィンランド)-95.6点
10位 ハンブルク(ドイツ)-95.0点



|

2022年6月23日 (木)

岸和田市 「等身大の非日常」が体験できる複合施設「WHATAWON(ワタワン)」 2023年10月~2024年4月の開業予定!

Whatawon220611
-WHATAWON(ワタワン)-

 「antiqua」は、大阪府岸和田市で「等身大の非日常」が体験できる複合施設「WHATAWON(ワタワン)」の建設工事に着工すると発表しました。年間100万人の来場者を誇る「蜻蛉池(トンボ池)公園」の真向かいに位置し、家族で楽しめる複合施設を予定している。2023年秋~24年春の開業を目指します。

 引用資料 株式会社antiqua(2022/06/21)
 “等身大の非日常。朝晩、ワタワン。”おしゃれも、グルメも、カルチャーも 体験できる複合施設が大阪・岸和田に2023年秋~2024年春の開業へ向けて始動。

 施設名である「WHATAWON」は、「WHAT A WONDERFUL WORLD」を略した造語です。世代や性別、国籍や障がいの有無に関わらず、ワクワクできる場所を作りたいという思いを込めました。施設は、約29,000㎡の敷地面積に、約6,000㎡の建物面積を予定しており、4つのゾーンに約70店舗が入ります。

WHATAWON(ワタワン)の概要
◆ 所在地-大阪府岸和田市岸の丘町一丁目32
◆ 交通-(車)阪和道岸和田和泉ICから5分、(電車)南海電鉄 岸和田駅⇔JR阪和線下松駅⇔ゆめみが丘
◆ 敷地面積-約29,000㎡
◆ 建物面積-約6,000㎡
◆ 開業-2023年10月~2024年04月予定


Whatawon220612
「WHATAWON(ワタワン)」のイメージです。


Whatawon220613
「WHATAWON(ワタワン)」のイメージです。


Whatawon220614
「WHATAWON(ワタワン)」のイメージです。


Whatawon220615
「WHATAWON(ワタワン)」のイメージです。


Whatawon220616
「WHATAWON(ワタワン)」のイメージです。



|

2022年6月22日 (水)

JR西日本 広島駅在来線中央口改札横(橋上階)の増床部 2022年7月1日より順次開業!

Hiroshimajr210511
-広島駅在来線中央口改札横の増床工事-
 「JR西日本」では、2025年春開業に向けて広島駅ビル建替え工事を進めています。関連して工事を進めている広島駅在来線中央口改札横(橋上階)の増床部について、サービスの向上や、広島駅から広島新駅ビルへの連続的な賑わい創出を目的として、新たに待合室と店舗を開業します。

 引用資料 JR西日本(PDF:2022/06/16)
 広島駅在来線中央口改札横における増床部の開業について

広島駅在来線中央口改札横の増床工事の概要
◆ 整備箇所-広島駅在来線中央口改札横橋上階
◆ 全体増床面積-約560㎡
◆ 在来線改札内待合室-待合スペース約84㎡には26席の座席と異常時情報提供ディスプレイ等を整備
◆ 店舗-セブン‐イレブン ハートインJR広島駅中央口店(売場面積約213㎡)
◆ 開業-2022年07月01日(在来線改札内待合室)、2022年07月06日(セブン‐イレブン ハートインJR広島駅中央口店)


Hiroshimajr220611
「パースイメージ(在来線改札内待合室)」です。


Hiroshimajr220612
「パースイメージ(セブン‐イレブン ハートイン)」です。


Hiroshimajr220613
「平面イメージ」です。


Hiroshimajr210515
整備前の「広島駅在来線中央口改札横の増床工事」の予定地です。



|

2022年6月21日 (火)

2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会 「大阪パビリオン」の基本設計を公表 無数の三角形のガラスで形作られた外観イメージ!

Osakaexpo220611
-大阪パビリオン-

 大阪府と大阪市、経済団体でつくる「2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会」は、2022年6月17日に、「2025年日本国際博覧会」に設置する「大阪パビリオン」の基本設計を公表しました。

 日刊建設工業新聞(2022/06/21)
 大阪・関西万博/大阪パビリオン推進委が基本設計公表、幻想的な空間創出

 関西テレビNEWS YouTube(2022/06/17)
 パビリオン「大阪館」のイメージ発表 食文化や未来医療を展示 カプコンなど4社が協賛 大阪・関西万博

 吹き抜け屋根は、無数の三角形のガラスで形作られたデザインとなります。屋根のトラス材には木材を積極的に活用します。屋根の上から水が随時流れ落ちる仕組みで、水中にいるような「幻想的な空間」を体感できます。

 敷地面積は約10,500㎡、「本館棟」の規模は、地上2階、延床面積約6,271㎡です。アトリウムを中心に、楕円の空間が重なり合い、らせんのスロープで各展示エリアを結びます。屋根のトラス材は木材とスチールのハイブリッド構造とします。他に「ミライのエンターテインメント棟」と「バックヤード棟」を建設します。事業費は約160億円です。


Osakaexpo220612
「大阪パビリオン」のイメージです(引用:2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会)。


Osakaexpo220613
「大阪パビリオン」のイメージです(引用:2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会)。


Osakaexpo220614
「大阪パビリオン」の予定地です(引用:2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会)。


Osakaexpo201252
「2025年日本国際博覧会」の会場イメージです(引用:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)。



|

2022年6月20日 (月)

JR九州 佐賀県嬉野市に最高級ホテル「嬉野八十八(うれしのやどや)」 2022年6月17日に安全祈願祭を執り行い工事に着手!

Sagajr220611
-嬉野 八十八(うれしのやどや)-

 「JR九州」は、佐賀県嬉野市で、嬉野温泉宿泊施設の開発を進めてきましたが、2022年6月17日に現地にて安全祈願祭を執り行い、工事に着手しました。施設名称については、新たに「嬉野 八十八(うれしのやどや)」と名付け、嬉野の大きな魅力である「温泉」と「お茶」をコンセプトにした湯宿をつくります。

 引用資料 JR九州(PDF:2022/06/17)
 嬉野温泉宿泊施設の工事着手のお知らせ 施設名称は「嬉野 八十八(うれしのやどや)」に決定!

 施設は、鉄筋コンクリート造、地上4階の「母屋棟(24室)」、木造平屋建ての「離れ棟(12室)」で構成し、総延床面積は約5,300㎡です。2023年秋の開業を目指し、西九州新幹線との相乗効果を図り、西九州エリアの価値向上に努めます。

嬉野 八十八(うれしのやどや)の概要
◆ 所在地-佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿丙2400-30
◆ 交通-嬉野温泉バスセンターから徒歩3分、嬉野IC・西九州新幹線嬉野温泉駅から車で5分程度
◆ 階数-(母屋棟)地上4階、(離れ棟)平屋建て
◆ 敷地面積-9,565.36㎡
◆ 延床面積-約5,300㎡
◆ 構造-(母屋棟)鉄筋コンクリート造、(離れ棟)木造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-36室(母屋棟24室、離れ棟12室) ※全室 100%源泉かけ流しの浴室を設置
◆ 建築主-JR九州
◆ 設計者-東急建設
◆ 施工者-東急建設
◆ 着工-2022年06月17日
◆ 竣工-2023年08月予定
◆ 開業-2023年秋予定


Sagajr220612
「ロゴマーク」です。

● 名前の由来
 名前の由来は、佐賀県嬉野市がうれしの茶の産地で、茶葉が最もおいしくなるという立春から88日目の「八十八夜」と、末広がりの「八」が重なる縁起のよい日であることにあやかりました。


Sagajr220613
「離れ客室」のイメージです。


Sagajr220614
「テーセレモニールーム」のイメージです。


Sagajr220615
「周辺地図」です。



|

2022年6月19日 (日)

うめきた2期区域 うめきた(大阪)地下駅に導入するシステム ~デジタル可変案内サイン・世界初のフルスクリーンホームドア~

Kita220321
-JR WEST LABO-

 「JR西日本」は2022年3月16日に、大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期区域」で建設中の地下新駅の地上部に駅ビルを建設する事を発表しました。隣接する都市公園と大阪駅方面への連絡デッキも設置し、駅周辺の回遊性を高めます。

 引用資料 JR西日本(2022/03/16)
 うめきた(大阪)駅がさらに進化します 地下駅と地上部での新駅ビルを共創フィールドとした新たな価値創造への挑戦~ 『JR WEST LABO』 始動 ~

● デジタル可変案内サイン・世界初のフルスクリーンホームドア
 「JR西日本」は2022年6月15日に、うめきた(大阪)地下駅の開業まで1年を切ったことを受け、うめきた(大阪)地下駅に導入するめどがたった技術・サービスとして、「デジタル可変案内サイン」と「フルスクリーンホームドア」の詳細を発表しました。

 引用資料 JR西日本(2022/06/15)
 うめきた(大阪)地下駅に導入するシステム ~デジタル可変案内サイン・世界初のフルスクリーンホームドア~

 うめきた(大阪)駅は2023年春に開業する予定です。JR西日本はうめきた(大阪)駅をイノベーションの実験場「JR WEST LABO」の中心と位置づけ、新たな価値創造を推進し、経営課題や社会課題の解決に向け取り組むとしています。


Kita220611
うめきた(大阪)地下駅に導入予定の「フルスクリーンホームドア」です。

● 世界初のフルスクリーンホームドア
 うめきた(大阪)地下駅においては、2031年開業予定のなにわ筋線まで見据えると、入線車種が多様となることが想定されます。現在JR西日本にて展開しているホーム柵や、各メーカーにて開発中の新型ホームドアでも対応が困難であるため、車種に応じて自在に開口を構成出来るホームドアを開発しました。


Kita220612
「フルスクリーンホームドア」安全面への配慮(ホーム側)です。


Kita220613
「フルスクリーンホームドア」安全面への配慮(列車側)です。


Kita220614
「デジタル可変案内サイン(One to One)」です。

● デジタル可変案内サイン
 駅における情報提供手段の1つである「駅サイン(案内板)」を、乗降客の動きとニーズに合わせて、可変的にご案内することで、駅にまつわる様々な移動をサポートし、目的地に向けたスムーズな移動を実現します。


Kita220615
「デジタル可変案内サイン(Mass)」です。



|

2022年6月18日 (土)

日本GLP 投資総額約675億円 総延床面積約320,000㎡の複数棟大型物流施設「GLP ALFALINK 茨木」 2022年12月より順次着工!

Osakaglp220611
-GLP ALFALINK 茨木-

 物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である「日本GLP」は、2021年6月15日に大阪府茨木市で延床面積約320,000㎡の複数棟大型物流施設「GLP ALFALINK(アルファリンク)茨木」を開発する事を発表しました。

 1年後の2022年6月15日に「GLP ALFALINK 茨木」の具体的な開発プロジェクト内容について発表がありました。今回の開発は、南目垣・東野々宮地区の土地区画整理事業の敷地内に3棟の物流施設を建設するもので、2022年12月より順次着工、2025年7月に全棟竣工予定です。投資総額は約675億円です。

 引用資料 日本GLP(2022/06/15)
 GLP ALFALINKシリーズ第3弾 「GLP ALFALINK 茨木」開発進捗を発表

 「GLP ALFALINK 茨木」は名神高速道路、近畿自動車道、中国自動車道の結節点となる「吹田JCT」から約6.2kmで、幹線道路(府道14号)に面した敷地に位置し、物流拠点として優れた立地にあります。

 また、近隣にトラックターミナル、卸売市場、鉄道貨物ターミナルなどの物流関連施設があり、物流拠点として高いポテンシャルが見込めます。 そして、大阪内陸での人口密集地である北摂エリアに立地することから雇用確保の面からも優れています。

GLP ALFALINK 茨木の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市南目垣・野々宮区画整理事業地内
◆ 交通-「吹田JCT」から約6.2km
◆ 敷地面積-約135,000㎡(プロジェクト全体)
◆ 延床面積-約320,000㎡(プロジェクト全体)
◆ 施設数-3棟
◆ 投資総額-約675億円

GLP ALFALINK 茨木1の概要
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 敷地面積-約69,000㎡
◆ 延床面積-約163,000㎡
◆ 地震対策-免震構造
◆ 着工-2022年12月予定
◆ 竣工-2024年07月予定

GLP ALFALINK 茨木2の概要 
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-約20,000㎡
◆ 延床面積-約41,000㎡
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 着工-2023年04月予定
◆ 竣工-2024年07月予定

GLP ALFALINK 茨木3の概要
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 敷地面積-約47,000㎡
◆ 延床面積-約120,000㎡
◆ 地震対策-免震構造
◆ 着工-2023年12月予定
◆ 竣工-2025年07月予定


Osakaglp220612
「GLP ALFALINK 茨木」新幹線側からの全景イメージです。


Osakaglp220613
「周辺図」です。


Osakaglp220614
「広域図」です。



|

2022年6月17日 (金)

御堂筋 大阪ガスが「ガスビル」の西側隣接敷地に高層の新本社ビルを建設 ガスビルの歴史的価値の継承と活用の基本的な方向性がまとまる!

Osakagas220411
-大阪ガスが新本社ビルを建設-

 2022年4月26日に「大阪ガス」は、「大阪ガス都市開発」が所有する大阪ガスビルディングの西側の大阪ガスグループ社有地での複合ビル開発と、ガスビルのリノベーションについて検討を開始すると発表しました。

 引用資料 大阪ガス(2022/04/26)
 ガスビル西側での複合ビル開発とガスビルのリノベーションの検討開始について

 西用地は、現在は駐車場等として利用していますが、保有資産の価値向上を目的に、外部テナントへの賃貸によりオフィスと商業用途に使用する複合ビルの建設を検討します。Daigasグループ本社機能の西新ビルへの移転・集約についても、あわせて検討します。

 「ガスビル(南館:1933年竣工、北館:1966年竣工)」は、歴史的建築物として保存し、御堂筋のさらなるにぎわい創出に寄与するよう、用途拡大等に向けたリノベーションを検討します。なお、ガスビルの保存方法については、保存検討委員会を設け、学識経験者の意見を受けながら、検討を進めます。

● ガスビルの歴史的価値の継承と活用の基本的な方向性
 「大阪ガス」および「大阪ガス都市開発」は、大阪ガスグループ社有地での複合ビル開発と、大阪ガスビルディングのリノベーションについて検討しています。

 「ガスビル保存検討委員会」において、基本的な方向性がまとまり2022年6月15日に発表されました。基本的な方向性は「 歴史的価値の高い南館・北館⼀体的な外観構成および竣工当時の趣を残す内部を基本的に保存する。」となっています。

 引用資料 大阪ガス(2022/06/15)
 「ガスビル保存検討委員会」検討状況について~ガスビルの歴史的価値の継承と活用の基本的な方向性~


Osakagas220611
「外観の撤去・改修範囲」です。


Osakagas220612
「平面構成」です。


Osakagas220613
「現ガスビル建物概要」です。1933年竣工の「南館」と1966年竣工の「北館」で構成されています。


Osakagas220413
「位置図」です。


Osakagas220415
大阪ガスビルディング(国登録有形文化財)
 「大阪ガスビルディング(ガスビル)」は、大阪のメインストリート御堂筋に面し、地域のランドマークとなっています。「国登録有形文化財」のため、歴史的建造物として保存しながらテナントやオフィスの誘致など用途の拡大を図ります。



|

2022年6月16日 (木)

関西最大級 投資総額約1,000億円 GLP ALFALINKブランド第5弾 延床面積約368,000㎡の大規模物流施設「GLP ALFALINK 尼崎」を開発!

Amagasakiglp220611
-GLP ALFALINK 尼崎-

 先進的テクノロジーを駆使した物流施設開発とソリューションのリーディングプロバイダーである「日本GLP」は、兵庫県尼崎市で総延床面積約368,000㎡の大規模多機能型物流施設「GLP ALFALINK 尼崎」の開発を行います。

 「GLP ALFALINK 相模原(神奈川県相模原市)、GLP ALFALINK 流山(千葉県流山市)、GLP ALFALINK 茨木(大阪府茨木市)、GLP ALFALINK 昭島(東京都昭島市)」に続く「ALFALINK」ブランドの第5弾として展開し、創造連鎖する物流プラットフォームを実現します。

 引用資料 日本GLP(2022/06/15)
 GLP ALFALINKブランド 第5弾 兵庫県尼崎市で「GLP ALFALINK 尼崎」を開発 尼崎の未来へ向けて潤いと活力を発信する物流施設

 「GLP ALFALINK 尼崎」は、「古河電気工業」の工場跡地に物流施設2棟を建設し、共用棟を含む複合施設を一体的に開発します。2023年11月より順次着工、2026年6月に全棟竣工を予定しており、投資総額は約1,000億円です。

 大阪駅まで直線距離で9kmに位置し、国道43号の利用により大阪都心部へは約30分、阪神高速5号湾岸線に加えて3号神戸線「尼崎西IC」まで約300mと関西全域への広域配送の物流拠点として優れた立地にあります。

 さらに、阪神電鉄本線「尼崎センタープール前駅」から徒歩7分(約500m)に位置し、路線バスの停留所も近いことに加え、住宅エリアからも至近であることから、雇用確保の面においても恵まれています。

GLP ALFALINK 尼崎の概要
◆ 所在地-兵庫県尼崎市道意町七丁目
◆ 交通-阪神高速3号神戸線「尼崎西IC」から約0.3km、阪神高速3号神戸線「尼崎東IC」から約3.4km、阪神高速5号湾岸線「尼崎末広IC」から約2.5km、阪神電鉄本線「尼崎センタープール前駅」から約500m(徒歩7分)、阪神線「尼崎駅」2.4km
◆ 敷地面積-約163,000㎡(プロジェクト全体)
◆ 延床面積-約368,000㎡(プロジェクト全体)
◆ 施設数-2棟
◆ 構造-PCaPC工法(プレキャスト・プレストレストコンクリート工法)
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-大規模多機能型物流施設
◆ 着工-2023年11月より順次予定
◆ 竣工-2026年06月予定(全棟)


Amagasakiglp220612
「GLP ALFALINK 尼崎」アプローチイメージです。


Amagasakiglp220613
「周辺図」です。


Amagasakiglp220614
「広域図」です。



|

2022年6月15日 (水)

松山市 JR松山駅付近連続立体交差事業 高架化される「JR松山駅」の西口デザイン案が公表!

Matsuyamajr220611
-JR松山駅付近連続立体交差事業-

 四国最大の都市である松山市のJR松山駅周辺は、南北に走るJR予讃線と車両基地・貨物駅により市街地が東西に分断され、踏切遮断による交通渋滞が日常化しており、地域住民の生活に支障を来しています。また、鉄道による市街地分断により、駅周辺の一体的な発展が阻害され、新たな都市機能の集積を図る上で問題となっています。

 このような中、愛媛県ではJR松山駅付近連続立体交差事業により道路と鉄道を連続的に立体交差化することで、交通環境の大幅な改善を図るとともに、松山市が行う土地区画整理事業や周辺街路事業と一体的に整備することにより、県都の陸の玄関口にふさわしい魅力あるまちづくりを目指しています。

 引用資料 愛媛県・公式ホームページ
 JR松山駅付近連続立体交差事業

 高架延長は約2.4km、事業期間2008年度~2024年度(予定)、全体事業費 約580億円(国約272億円、県:約184億円、市町約57億円、その他約67億円)となっています。

● JR松山駅の西口デザイン案が公表!
 再開発中のJR松山駅周辺の整備について、2022年6月13日に、松山市や地元住民などを交えた会議が開かれ、新たに松山駅西口のデザイン案が示されました。JR松山駅周辺では、約2.4kmの鉄道を高架化し、来年度中に線路を切り替えるなど新たなまちづくりに向けた事業が進められています。

 NHK(2022/06/13)
 JR松山駅 西口のデザイン案が公表

 建物は松山駅西側の地区に残される古い町並みをイメージして黒を基調としているほか、駅の東西が踏み切りで分断されている課題を解消するため、コンコースが設けられます。


Matsuyamajr220612
「JR松山駅付近連続立体交差事業」のイメージです。


Matsuyamajr220613
「プラットフォーム」のイメージです。新ホームは島式2面4線となります。


Matsuyamajr220614
「高架区間」です。高架延長は約2.4kmです。


Matsuyamajr220615
「標準断面図」です。新ホームは島式2面4線となります。



|

2022年6月14日 (火)

名古屋市 地上41階、高さ約211mの「(仮称)錦三丁目25番街区計画」 ヒルトンのラグジュアリーブランド「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」が進出!

Nagoyasakae220651
-(仮称)錦三丁目25番街区計画-
 名古屋市の栄地区の中心地に位置する錦三丁目25番街区において、公有地を活用し、栄地区の魅力向上を先導する再開発をすすめるため、事業提案募集を実施、「三菱地所」を代表構成員とする事業候補者に決定しています。

 上質で洗練された文化・交流を創出する導入機能(ホテル、イノベーション拠点、オフィス、シアター)と高質な商業を有機的に複合することで、施設全体で平日休日問わず年間を通じて安定した賑わいを形成し、栄のブランド力向上に貢献します。

 「国土交通大臣」は、「(仮称)錦三丁目25 番街区計画」を優良な民間都市再生事業計画として認定しました。これにより、金融支援や税制上の特例措置の支援が受けられます。

 引用資料 国土交通省(2022/06/08)
 名古屋の玄関口にふさわしい魅力ある都心核を創る ~(仮称)錦三丁目25 番街区計画を国土交通大臣が認定~

● 2022年7月1日に着工!
 「三菱地所、パルコ、日本郵政不動産、明治安田生命保険、中日新聞社」の5社は、名古屋市中区錦三丁目において推進する「(仮称)錦三丁目25番街区計画」の新築工事に関し、2022年6月13日に起工式を執り行い、2022年7月1日に着工します。。

 引用資料 三菱地所(PDF:2022/06/13)
 「(仮称)錦三丁目25番街区計画」着工 ~名古屋の新たなランドマークとなるシンボルタワーが栄に誕生~

 引用資料 三菱地所(PDF:2022/06/13)
 ~ヒルトンのラグジュアリーブランド「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」が名古屋に初進出~ 名古屋・栄に「コンラッド名古屋」
2026年開業予定

物件の特徴
① 名古屋の新たなランドマークとなるシンボルタワー(約211m)が誕生
② ホテル、オフィス、シネコン、商業施設の4用途が集積し、国際競争力の強化と賑わいを増幅
・ホテルゾーンは米ヒルトンのラグジュアリーブランド「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」が進出
・シネコンゾーンは「TOHOシネマズ」が栄エリア初進出
・商業ゾーンは「パルコ」による高級商業施設を整備
③ 地上・地下のネットワークと屋上広場の整備により、エリアの回遊性を向上
④ 環境に配慮した建物計画と防災性の向上

(仮称)錦三丁目25番街区計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区錦三丁目2501番1、2501番2、2514番
◆ 交通-名古屋市営地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅
◆ 階数-地上41階、塔屋1階、地下4階
◆ 高さ-約211m
◆ 事業区域面積-11,037.01㎡
◆ 敷地面積-4,866.40㎡
◆ 建築面積-4,620.07㎡
◆ 延床面積-109,700.44㎡(店舗約11,775㎡、ホテル約22,648㎡、オフィス約36,592㎡、シアター約6,268㎡)
◆ 容積対象面積-99,631.31㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、オフィス、シネコン、商業、駐車場
◆ 客室数-170室の客室(うちスイートルーム29室)
◆ 事業者-(代表構成員)三菱地所、(構成員)日本郵政不動産、明治安田生命保険、中日新聞社、パルコ
◆ 設計者-三菱地所設計、三菱地所設計
◆ 監理者-竹中工務店
◆ コンストラクションマネジメント-三菱地所設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2022年06月13日(起工式)、2022年07月01日(着工)
◆ 竣工-2026年03月31日予定
◆ 開業-2026年08月予定


Nagoyasakae220652
「昼間外観イメージ(南西側)」です。


Nagoyasakae220653
「夜間外観イメージ(南東側)」です。


Nagoyasakae220654
「1階エントランス(イメージ)」です。


Nagoyasakae220655
「低層部 4,5 階の屋上イメージ」です。


Nagoyasakae220656
「オールデイダイニング(イメージ)」です。


Nagoyasakae220657
「スカイロビー(イメージ)」です。


Nagoyasakae220658
「シネマコンプレックス(イメージ)」です。


Nagoyasakae220659
「権利関係と用途の概要」です。

● コンラッド・ホテルズ&リゾーツ
 ホテルゾーンは米ヒルトンのラグジュアリーブランド「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」が進出し、国内外の富裕層観光客、VIPなど新たな顧客層の獲得に寄与することで名古屋の都市ブランド力向上に貢献します。31~41階に位置する計170室の客室(うち、スイートルームが29室)は、スタンダード客室で面積が約50㎡と、名古屋地区で最大級の広さとなります。


Nagoyasakae220660
「地下鉄・地下街との接続イメージ」です。


Nagoyasakae220661
「周辺地図 (狭域図)」です。


Nagoyasakae220662
「周辺地図 (広域図)」です。



|

2022年6月13日 (月)

完成までに150年かかるとも酷評された「神戸西バイパス」 西半分の「永井谷ジャンクション~石ヶ谷ジャンクション」間がやっと着工!

Kobenishi220611
-明石海峡大橋周辺の道路網-

 1998年4月5日に「明石海峡大橋」が開通しましたが、その数年前に私は「椎間板ヘルニア」の手術のために入院していました。手術後は寝返りさえ許されず、その頃はスマホなどは当然なく、携帯電話は通話のみでした。そのためヒマでヒマでしかたがありませんでした。

 時間つぶしのために私は、寝ながら「日本地図、世界地図、会社四季報」などを1日中見ていました。特に見ていたのが、「明石海峡大橋」周辺の道路網でした。「こんな道路網になるのか!」とワクワクしながら見ていたのを思い出します。しかし、その頃見ていた道路網は30年近く経過した未だに完成していません。

神戸西バイパス
 大阪・神戸方面と播磨地域を結ぶ重要な自動車専用道路である「第二神明道路」は交通量が非常に多く渋滞が多発しており、うち東側区間の北側に迂回路として「神戸西バイパス」が計画されました。

 1991年に着工され、うち東半分の「垂水ジャンクション~永井谷ジャンクション」間は、1998年4月5日の明石海峡大橋開通に合わせ先行して専用部・一般部とも開通しました。専用部は有料道路で一般に「第二神明道路北線」と呼ばれています。

 しかし、西半分の「永井谷ジャンクション~石ヶ谷ジャンクション」間は用地買収以外遅々として工事が進まず、「完成までに150年かかる」と言われていました。2020年2月16日にやっと起工式にこぎつけました。


Kobenishi220612
「広域図」です(引用:国土交通省)。


Kobenishi220613
「位置図」です。神戸西バイパスの西半分「永井谷ジャンクション~石ヶ谷ジャンクション」が完成すると、私が30年くらい前に見ていた道路網がやっと完成します(引用:国土交通省)。


Kobenishi220614
「位置図」です(引用:国土交通省)。


Kobenishi220615
「詳細図」です(引用:国土交通省)。



|

2022年6月12日 (日)

最高級ラグジュアリーホテル 客室数77室(最低面積50㎡、最高面積202㎡)の「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」 建設工事が2022年9月末始動!

Kyotoshangrila211212
-シャングリ・ラ グループ-
 香港に本拠地を置くホテルチェーンのシャングリ・ラ グループが、京都市上京区に進出を計画しています。特定目的会社を通じて、更地になっている敷地約4,700㎡を2019年6月中旬に取得しました。

 進出が決まると日本では2番目となります。1番目は、東京駅に隣接する「丸の内トラストタワー本館」の地上27階~37階の11フロアが客室数200室の「シャングリ・ラ ホテル 東京」です。2009年3月2日にオープンしました。

 「サムティ」は2021年3月29日に、世界的なホテルチェーンを展開する「Shangri-La Asia Ltd.」を共同事業者として、「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」を開発すると発表しました。2021年11月30日に、 ”「ホテル開発プロジェクト「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」における特定目的会社の持分法適用会社化のお知らせ」” のリリースがあり、新しいイメージパースが公開されました。

  引用資料 サムディ(PDF:2021/11/30)
 「ホテル開発プロジェクト「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」における特定目的会社の持分法適用会社化のお知らせ」

● 建設工事が2022年9月末始動!
 「建設ニュース」によると、ラグジュアリーホテル「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」の建設工事が、2022年9月末に始動します。2025年4月末の竣工、2025年7月の開業を目指しています。

 建設ニュース(2022/06/10)
 建設工事は9月末から/延べ1・2万平方㍍超のシャングリ・ラ ホテル京都二条城/シャングリ・ラ グループ

 引用資料 京都市情報館(2022/02/02)
 シャングリ・ラ ホテル 京都二条城計画

 概要は、地上4階、地下1階、建物高さ14.995m、延床面積11,919.90㎡です。 客室数77室(最低面積50㎡、最高面積202㎡)、付帯設備として「レストラン、バー、フィットネスルーム、スパ、プール、共同浴場」を設けます。

(仮称)シャングリ・ラ京都二条城の概要
◆ 計画名-(仮称)シャングリ・ラ ホテル 京都二条城計画
◆ 所在地-京都府京都市上京区竹屋町通大宮東入藁屋町536番71他
◆ 交通-京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅より徒歩9分 
◆ 階数-地上4階、地下1階
◆ 高さ-建物高さ14.995m
◆ 敷地面積-5,838.12㎡
◆ 建築面積-3,438.60㎡
◆ 延床面積-11,919.90㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(付帯設備:レストラン、バー、フィットネスルーム、スパ、プール、共同浴場)
◆ 客室数-77室(最低面積50㎡、最高面積202㎡)
◆ 建築主-Shangri-La Kyoto Nijojo特定目的会社
◆ 着工-2022年09月末予定(2022年07月初旬予定から変更)
◆ 竣工-2025年04月末予定(2025年01月下旬予定から変更)
◆ 開業-2025年07月予定(2025年03月末予定から変更)


Kyotoshangrila211211
「外観パース(南側から)」です(引用:サムディ)。


Kyotoshangrila220611
「外観パース(北側から)」です(引用:京都市情報館)。


Kyotoshangrila211213
「外観パース(南西側から)」です(引用:サムディ)。


Kyotoshangrila220612
「外観パース(南東側から)」です(引用:京都市情報館)。


Kyotoshangrila211214
「外観パース(竹屋町通から見た門)」です(引用:サムディ)。


Kyotoshangrila220613
「計画地」です(引用:京都市情報館)。


Kyotoshangrila210313
「位置図」です(引用:サムディ)。



|

2022年6月11日 (土)

「北大路ビブレ」が生まれ変わる イオンモール北大路 2022年6月24日(金) リニューアルオープン!

Kyotoaeon220611
-イオンモール北大路-

 1995年3月にオープンした京都市の「北大路ビブレ」は、2022年6月24日(金)、名称を新たに「イオンモール北大路」として、リニューアルオープンします。

 引用資料 イオンモール(PDF:2022/06/10)
 ~北大路ビブレが生まれ変わります~ 「イオンモール北大路」 2022年6月24日(金) リニューアルオープン!

 京都市営地下鉄「北大路」駅やバスターミナル直結の立地特性を活かし、地域コミュニティの中核施設として賑わいを創出するとともに、地域の日々の暮らしを豊かにする地域インフラ施設を目指し、イオンモールへと生まれ変わります。さらに、名称変更を機に、デイリーニーズに応えるライフスタイル、グルメ専門店など18店舗がオープンします。

● 旧マイカルのビブレ
 「マイカル(旧:ニチイ)」は、かつて存在した日本の大手小売事業者です。近畿地方を中心に総合スーパー(GMS)をはじめとする様々な事業を展開し、日本全国各地に店舗を出店していました。「ビブレ」は、マイカルグループの中で、若者向けの店舗構成を特徴としていました。

 「マイカル」は、2001年に経営破綻し、イオングループ傘下に入り経営再建しました。2011年3月1日、イオンリテールに吸収合併されて会社は消滅しました。

 「ビブレ」は、旧マイカルが展開していた業態の中では唯一現存している業態です。イオングループは、リニューアルを行い「ビブレ」を「イオンモール」等に少しずつ変更しています。最終的には「ビブレ」は消滅すると思われます。

イオンモール 北大路の概要
◆ 所在地-京都府京都市北区小山北上総町49番1
◆ 交通-京都市営地下鉄「北大路」駅直結
◆ 敷地面積-約17,600㎡
◆ 延床面積-約76,200㎡
◆ 総賃貸面積-約22,900㎡
◆ 専門店数-約90店舗
◆ 駐車台数-約480台
◆ リニューアルオープン-2022年06月24日


Kyotoaeon220612
「イオンモール北大路 南テラス」です。


Kyotoaeon220613
「北大路ダイニング」イメージ図です。


Kyotoaeon220614
「大垣書店&cafe」イメージ図です。


Kyotoaeon220615
「無印良品のお菓子の量り売りコーナー」です。



|

2022年6月10日 (金)

2024年春開業予定の「北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間)」 島式2面4線の「敦賀駅」 敦賀駅の駅舎内部の様子を紹介するYouTube動画を公開!

Fukuijr220611
-北陸新幹線(金沢・敦賀間)-
 北陸新幹線(金沢・敦賀間)は、起点の石川県金沢市から終点の福井県敦賀市までの2県12市2町を経由する延長約125.2km の路線です。2024年春の開業を予定しています。

 引用資料  鉄道建設・運輸施設整備支援機構
 北陸新幹線

 この路線では、新たに「小松駅、加賀温泉駅、芦原温泉駅、福井駅、越前たけふ駅、敦賀駅」の6駅が計画されています。「越前たけふ駅」以外は在来線の駅に併設となります。

 「JR西日本」の北陸本線金沢~敦賀間は、2024年春末に予定されている北陸新幹線敦賀延伸に伴ないJR西日本から経営分離され、大聖寺駅~敦賀駅間は、福井県や沿線7市町(福井市、敦賀市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、南越前町)などを含む「福井県並行在来線準備株式会社」が承継することに決まっています。

● 新幹線敦賀駅舎
 「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」は、2022年6月8日に敦賀駅の駅舎内部の様子を紹介するYouTube動画を公開しました。屋根の最高高さは約37mと歴代の整備新幹線では最大規模の大きさを誇ります。駅は3層構造になっており、1階は在来線特急ホーム階、2階にはコンコースや駅事務室などが設けられ、3階が新幹線ホーム階となります。

 YouTube 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
 北陸新幹線 敦賀駅現場レポート【JRTT 鉄道・運輸機構】

 新幹線敦賀駅舎のデザインコンセプトは「空にうかぶ~自然に囲まれ、港を望む駅~」、デザインイメージは「煌めく大海から未来へ飛翔する駅」となっています。中央の屋根は「ユリカモメ」が飛翔する姿をイメージしています。


Fukui200713
敦賀駅のホーム(北陸新幹線)

 床は、船の甲板をイメージした木調タイルで仕上げます。待合室は船をモチーフとしたデザインとなっています(引用:鉄道建設・運輸施設整備支援機構)。


Fukui200714
敦賀駅のコンコース(北陸新幹線)

 天井は「北前船」の帆をイメージしたスケール感の大きなデザインとし、キール部分には福井県産の木材を活用します。壁面は赤レンガ倉庫をイメージしたデザインとなっています(引用:鉄道建設・運輸施設整備支援機構)。


Fukui200715
敦賀駅完成イメージ

 新幹線敦賀駅は在来線ホームから約200m離れています。高架駅のため約20m高い位置に建設されています。新幹線のホームは島式2面4線となります。1階に島式2面4線の在来特急用のホームを新設します。

 「敦賀駅」は、上下乗換え方式で整備することに決定しています。乗換え利便性を確保するため、新幹線ホームの下に在来特急ホームを設ける上下乗換え施設や、新幹線駅と在来線駅を結ぶ連絡通路を整備することが決定しています。

 上下乗換えにより、新幹線と特急との平均乗換え時間は約5分となり、在来線駅で乗り換える場合にかかる時間(約11分)の半分以下に短縮されます。また、新幹線駅と在来線駅を快適に移動できるようにするため、連絡通路に「動く歩道(ムービングウォーク)」の整備を検討しています(引用:JR西日本)。



|

2022年6月 9日 (木)

名古屋市 地上41階、高さ約215mの「(仮称)錦三丁目25番街区計画」 国土交通省が民間都市再生事業計画として認定!

Nagoyasakae210931
-(仮称)錦三丁目25番街区計画-
 6月7日に、ボクシングの「井上尚弥VSノニト・ドネア」がありました。非常に注目されていた試合でしたが、地上波放送は無く「Amazon プライム・ビデオで独占生配信」でした。地上波の衰退を実感します。私も最近は地上波放送をほとんど見ません。動画はほぼYouTubeです。

 本題に戻って、名古屋市の栄地区の中心地に位置する錦三丁目25番街区において、公有地を活用し、栄地区の魅力向上を先導する再開発をすすめるため、事業提案募集を実施、「三菱地所」を代表構成員とする事業候補者に決定しています。

 上質で洗練された文化・交流を創出する導入機能(ホテル、イノベーション拠点、オフィス、シアター)と高質な商業を有機的に複合することで、施設全体で平日休日問わず年間を通じて安定した賑わいを形成し、栄のブランド力向上に貢献します。

 「(仮称)錦三丁目25番街区計画」は、地上36階、地下4階、高さ約200m、延床面積約99,500㎡から地上41階、地下4階、高さ約215m、延床面積約109,700㎡に規模が拡大しています。

 「名古屋市初となる外資系ラグジュアリーホテル」にヒルトングループの最上級ブランド「コンラッド」の進出が検討されていると報じられていますが、正式な発表はまだありません。ホテルの開業は2026年8月予定です。

● 国土交通省が民間都市再生事業計画として認定!
 「国土交通大臣」は、「(仮称)錦三丁目25 番街区計画」を優良な民間都市再生事業計画として認定しました。これにより、金融支援や税制上の特例措置の支援が受けられます。国土交通省の資料により正確な概要が判明しました。

 引用資料 国土交通省(2022/06/08)
 名古屋の玄関口にふさわしい魅力ある都心核を創る ~(仮称)錦三丁目25 番街区計画を国土交通大臣が認定~

 「(仮称)錦三丁目25番街区計画」では、名古屋駅周辺・伏見・栄地域において、ホテル・オフィス・商業等の複合施設を整備し、名古屋の玄関口にふさわしい魅力ある都心核の形成を図ります。

(仮称)錦三丁目25番街区計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区錦三丁目2501番1、2501番2、2514番
◆ 交通-名古屋市営地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅
◆ 階数-地上41階、塔屋階、地下4階
◆ 高さ-約215m
◆ 事業区域面積-11,037.01㎡
◆ 敷地面積-4,866.40㎡
◆ 建築面積-4,620.07㎡
◆ 延床面積-109,700.44㎡(店舗約11,775㎡、ホテル約22,648㎡、オフィス約36,592㎡、シアター約6,268㎡)
◆ 容積対象面積-99,631.31㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(うちホテル部分1階、10階・11階、31階~40階)、オフィス、シアター、店舗、駐車場等
◆ 客室数-166室(うちスイートルーム33室) *平均客室面積62.15㎡
◆ 事業者-(代表構成員)三菱地所、(構成員)日本郵政不動産、明治安田生命保険、中日新聞社、パルコ
◆ 設計者-三菱地所設計
◆ 着工-2022年07月01日
◆ 竣工-2026年03月31日予定
◆ 開業-2026年08月予定


Nagoyasakae211211
「外観イメージパース」です(引用:名古屋市)。


Nagoyasakae220621
「施設概要図」です(引用:国土交通省)。


Nagoyasakae220111
「配置図兼1階平面図」です(引用:名古屋市)。


Nagoyasakae220112
「周辺見取図兼用途地域図」です(引用:名古屋市)。


Nagoyasakae220622
「事業スケジュール(予定)」です。工期は2022年7月1日~2026年3月31日(予定)です(引用:国土交通省)。


Nagoyasakae200315
「錦三丁目25番街区市有地等活用事業」の予定地を北西側から見た様子です。


Nagoyasakae200316
「栄広場」を南西側から見た様子です。名古屋市が所有する「栄広場」は1,822.14㎡の広さがあります。



|

2022年6月 8日 (水)

大和ハウス工業 富山県最大の基準階面積を誇る複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」 2022年6月8日に着工!

Toyamad220611
-(仮称)Dタワー富山-
 「大和ハウス工業」は、2022年6月8日、富山県富山市において富山県最大の基準階面積を誇る複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」を着工します。

 富山市では2001年から2020年まで新規のテナントビル供給がなく、築30年以上のビルが7割を占めており、設備の老朽化が進んでいます。そこで、大和ハウス工業は「富山駅路面電車南北接続事業」や路面電車の新駅開設などで賑わい創出が進む富山駅北側において、オフィス(2階~7階)や商業施設(1階)などの複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」を開発することとしました。

 引用資料 大和ハウス工業(2022/06/07)
 複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」着工

 オフィススペースは、テナント企業の要望に合わせて最小約90㎡から最大約1,800㎡までの区画に約50社が入居でき、2階には働き方に合わせた最適なオフィス環境を整備するため、休憩スペースや会議室、タッチダウンオフィスを設けます。商業施設スペースには、飲食・物販など約5店舗が入居する予定です。

 「(仮称)Dタワー富山」は、富山市が2019年7月に募集した「中規模ホール整備官民連携事業」の余剰地に建設される施設です。「中規模ホール整備官民連携事業」では、民間企業が富山市体育館跡地で中規模ホールをPFI事業にて整備し、大和ハウス工業が余剰地を購入し民間付帯事業として「(仮称)Dタワー富山」を開発します。

(仮称)Dタワー富山の概要
◆ 所在地-富山県富山市牛島町109-3
◆ 交通-JR「富山駅」より徒歩3分
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 高さ-最高部47.21m
◆ 敷地面積-4,000.00㎡
◆ 建築面積-2,793.43㎡
◆ 延床面積-16,829.82㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-飲食店舗、物販店舗(1階)、オフィス(2階~7階)、駐車場(150台)
◆ 建築主-大和ハウス工業
◆ 設計者・監理者-久米設計・押田建築設計事務所 設計・工事監理共同企業体
◆ 施工者-北野建設
◆ 着工-2022年06月08日
◆ 竣工-2024年03月12日予定
◆ 総事業費-約80億円


Toyamad220612
「(仮称)Dタワー富山」外観です。


Toyamad220613
「(仮称)Dタワー富山」外観です。


Toyamad220614
「(仮称)Dタワー富山」外観です。


Toyamad220615
「位置図」です。



|

2022年6月 7日 (火)

天神ビッグバン 巨大プロジェクト「天神一丁目11番街区開発プロジェクト」 「九電工」が(仮称)新福岡ビルに入居決定!

Fukuokatenjin220111
-(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト-
 「福岡市」では、「天神ビッグバン」を推進しています。「西日本鉄道」は、「福岡ビル、天神コア、天神ビブレ」の一体的な再開発計画「(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト」を計画しています。

 当初は、第1期として「天神ビブレ」を除く「福岡ビル」と「天神コア」を1棟のビルに建て替える再開発でした。地上19階、塔屋1階、地下4階、高さ約96m、延床面積約100,000㎡の高層ビルが計画されていました。

 計画が見直され、「福岡ビル、天神コア、天神ビブレ」の一体的な再開発計画となり、地上19階、塔屋1階、地下4階、約96m、 延床面積約138,000㎡に規模が拡大されました。

 最終的には、地上19階、塔屋1階、地下4階、高さ約97m、延床面積約147,000㎡に更に規模が拡大しました。基準階面積約1,400坪、天井高3mの西日本最大規模となる大規模無柱空間を実現します。

 福岡市の都市開発計画「天神ビッグバン」の一つとして、天神交差点の福岡ビル跡地などに建設が進められる大規模複合ビル「福ビル街区建替プロジェクト」の起工式が、2021年12月22日に執り行われました。

 引用資料 国土交通省(2022/01/14)
 天神に新たなビジネスや文化を生み出す拠点を形成 ~天神一丁目11番街区建替プロジェクトを国土交通大臣が認定~

● 九電工の入居が決定!
 
西日本鉄道は、2024年12月の竣工(予定)に向け着実に「福ビル街区建替プロジェクト」を推進しており、このたび、(仮称)新福岡ビルオフィスフロアへの「九電工」の入居が決定しました。

 引用資料 西日本鉄道(PDF:2022/05/30)
 『福ビル街区建替プロジェクト』株式会社九電工が(仮称)新福岡ビルに入居決定

 ちなみに「九電工」は、福岡県福岡市南区に本社を置く、電気設備工事、空調給排水衛生工事を主な事業とする会社です。2022年3月期連結決算では、売上高376,563百万円、営業利益33,137百万円の大企業です。

福ビル街区建替プロジェクトの概要
◆ 計画名-(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト
◆ 所在地-福岡県福岡市中央区天神一丁目11番
◆ 階数-地上19階、塔屋1階、地下4階
◆ 高さ-約97m
◆ 敷地面積-8,605.16㎡
◆ 建築面積-7,510.22㎡
◆ 延床面積-146,320.12㎡(容積対象面積120,286.28㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(コンクリート充填鋼管造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、店舗、ホテル、集会場、駐車場
◆ 客室数-41室(客室面積約40~65㎡)
◆ 建築主-西日本鉄道
◆ 設計者-(基本設計)日建設計、(実施設計)鹿島建設
◆ 外装デザイン-Kohn Pedersen Fox Associates(KPF)
◆ 施工者-鹿島・安藤ハザマ・松本・西鉄建設 特定建設工事共同企業体(鹿島建設、安藤ハザマ、松本組、西鉄建設JV)
◆ 解体工事-(福岡ビル)2019年05月、 (天神コアビル、天神第一名店ビル)2020年04月以降
◆ 着工-2021年12月16日(着工)、2021年12月22日(起工式)
◆ 竣工-2024年12月31日予定
◆ 開業-2025年春予定(ホテル)
◆ 総事業費-850億円


Fukuokatenjin220611
「6・7F スカイロビーイメージ」です(引用:西日本鉄道)。


Fukuokatenjin220612
「6・7F スカイロビーイメージ」です(引用:西日本鉄道)。


Fukuokatenjin220613
「オフィス共用部イメージ」です(引用:西日本鉄道)。


Fukuokatenjin220614
「オフィス共用部イメージ」です(引用:西日本鉄道)。


Fukuokatenjin220112
「概要図」です(引用:西日本鉄道)。



|

2022年6月 6日 (月)

日本三景・世界文化遺産「厳島神社」の玄関口 広電宮島口駅を現在地より約70m海側へ移設 2022年7月2日から営業運行を開始! 

Hiroshimamiyajima220611
-厳島港宮島口地区港湾整備事業-

 広島県の「宮島」は、厳島神社や弥山を有し、日本三景・世界文化遺産の島として国内外で知名度が高く、多くの観光客が訪れています。宮島口は、大野瀬戸を挟んで宮島の対岸に位置しており、明治30年に本土から宮島を結ぶ定期航路が就航して以来、宮島観光の重要な港として発展してきました。

 しかしながら、近年の観光客の増加に伴い、待合スペースが狭隘になるなどの課題が顕在化し、宮島の玄関口としてふさわしい機能の確保が必要になってきました。

 宮島来訪に便利で快適な港を実現するため、広島県管理の地方港湾厳島港の港湾区域に指定し、埋立により、旅客ターミナルや緑地(公園)用地を確保するとともに、新たにバリアフリー対応の桟橋を整備する港湾整備事業を推進しています。

 「広電宮島口駅」は、現在地より海側へ移設します。従来の軌道は国道2号から桟橋前ロータリーに延びる道路と交わり、踏切が車の混雑の一因でした。また「広電宮島口駅」で降りると、フェリー乗り場に向かう途中で市道を渡る必要がありましたが、移設により駅と新ターミナルがほぼ直結し、スムーズにフェリーに乗れるようになります。

 引用資料 広島県・公式HP(PDF)
 厳島港港湾整備事業(宮島口地区)

 引用資料 広島電鉄・公式HP
 電車サービス向上計画の実施状況

● 2022年7月2日(土)14時頃に移設!
 「広島電鉄」は2022年6月2日に、宮島線の広電宮島口駅付近の駅と軌道を2022年7月2日(土)14時頃に移設すると発表しました。これは広島県と廿日市市が「『世界遺産・宮島』との繋がりを意識した観光交流拠点としての地区の快適性と賑わいの両立」を目的として、2016年3月に策定した宮島口地区整備事業の一環として行なわれるもので、現在地より約70m海側へ移設され、駅舎も装いを新たにします。

 引用資料 広島電鉄(2022/06/02)
 広電宮島口駅および軌道を移設し、7月2日(土)より新駅を供用開始します


Hiroshimamiyajima220612
「西側:県道厳島公園線側から」です。


Hiroshimamiyajima220112
「宮島口全体計画イメージ図」です。


Hiroshimamiyajima220113
「配置図」です。


Hiroshimamiyajima220114
「2020年春までに整備」です。


Hiroshimamiyajima220115
「2020年春以降に整備」です。



|

2022年6月 5日 (日)

大阪城公園の南側 地上20階、高さ約102mの「法円坂北特定街区」 シンガポールの高級ホテル「カペラホテルグループ」の「パティナ」が進出!

Osakantt220611
-NTT西日本本社ビル-

 「NTT西日本」は、京橋駅北側の「NTT西日本村」に建設中のビルに本社を移転します。大阪城公園の南側に建つ現本社ビルには約2千人が勤務しています。日本電信電話時代1966年に完成して以来、公社・NTTグループを通じて関西地区の拠点として活用されてきました。

 移転後はビル解体を含め対応を検討していました。街区は3区画に分かれており、西側から「駐車場、NTT西日本本社ビル、NTT西日本馬場町ビル」の約13,600㎡です。

 「NTT西日本(西日本電信電話)、NTTアーバンソリューションズ、NTT都市開発」の3社は、NTT西日本本社所在地を含む大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」について、大阪市の都市計画決定を踏まえた基本的な開発内容を合意したことから、開発概要を発表しました。

 引用資料 NTT都市開発(2021/10/13)
 法円坂北特定街区(NTT西日本本社所在地)における開発計画について

● シンガポールのカペラホテルグループが進出!
 
大阪城公園の南側に、シンガポールの高級ホテル「カペラホテルグループ」が進出することが明らかになりました。カペラは、2018年6月にアメリカの「トランプ大統領」と北朝鮮の「金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党総書記」による初の首脳会談の舞台となった「カペラ・シンガポール」などを運営しています。

 読売新聞(2022/06/03)
 シンガポール高級ホテル、大阪城の南に進出…NTT西日本の本社跡に25年春

 開業するのは新ブランド「パティナ」です。2021年にモルディブに開業し、インドネシア・バリ島など各国のリゾート地で建設を予定しています。日本には初進出で、訪日観光客や富裕層の呼び込みを目指します。 

大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区馬場町3番15号
◆ 交通-Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目駅」より徒歩8分、JR環状線「森之宮駅」より徒歩16分、Osaka Metro中央線・鶴見緑地線「森之宮駅」より徒歩12分
◆ 階数-(A敷地)地上20階、塔屋2階、地下3階、(B敷地)地上1階、地下2階 ※既存ビルを減築
◆ 高さ-(A敷地)約102m、(B敷地)約10m
◆ 街区対象面積-約13,600㎡
◆ 敷地面積-(A敷地)約4,900㎡、(B敷地)約2,900㎡、(史跡指定地)約5,800㎡
◆ 建築面積-(A敷地)約2,800㎡、(B敷地)約1,400㎡
◆ 延床面積-(A敷地)約39,000㎡、(B敷地)約5,000㎡
◆ 容積対象面積-(A敷地)約33,700㎡、(B敷地)約5,000㎡
◆ 構造-(A敷地)鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(A敷地)ホテル、(B敷地)通信ビル
◆ 客室数-約220室(カペラホテルグループのパティナ)
◆ 建築主-NTT西日本(西日本電信電話)、NTTアーバンソリューションズ、NTT都市開発
◆ 基本設計-NTTファシリティーズ
◆ 実施設計・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2023年02月予定(A敷地)
◆ 竣工-2025年01月予定(A敷地)
◆ 開業-2025年春予定(A敷地)


Osakantt21101012
「当街区 全体鳥瞰イメージ(南側より)」です。


Osakantt21101013
「A敷地 ホテル外観イメージ(北西側より)」です。


Osakantt21101016
「整備後 全体配置図」です。



|

2022年6月 4日 (土)

総事業費約870億円 地上32階、高さ約163mの「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」 権利変換計画の認可、完成イメージ公開!

Kobesannomiya220611
-神戸三宮雲井通5丁目地区-

 「三菱地所(代表事業者)、三菱倉庫、神鋼不動産、東畑建築事務所、再開発評価」の5社は、「雲井通5丁目再開発株式会社」が神戸市中央区の三宮駅前で検討を進めている「雲井通5丁目地区再整備事業」における事業協力者の募集に応募し、事業協力者の候補となる優先交渉権者に選定されています。

 「雲井通5丁目再開発株式会社」では、神戸市が策定した「新たな中・長距離バスターミナルの整備に向けた雲井通5・6丁目再整備基本計画」に基づき、雲井通5丁目地区において、市街地再開発事業の事業化に向けた準備を進めています。

● 権利変換計画の認可!
 「雲井通5丁目再開発株式会社、神戸市」、特定事業参加者として参画している「三菱地所、三菱倉庫、TC神鋼不動産」、特定業務代行者として参画している「大林組」は、ともに進めている「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」が、権利変換計画の認可を受けました。

 引用資料 三菱地所(PDF:2022/06/03)
 「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」権利変換計画認可のお知らせ ~神戸を世界とつなぐ、未来へつなぐ、次世代の都心創造プロジェクト~ 

 神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業は、「国道2号等神戸三宮駅前空間整備事業計画」などに基づくバスターミナル及び公益機能とともに、商業機能、業務機能及び宿泊機能等からなる複合施設を整備し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るものです。

神戸三宮雲井通5丁目地区の概要
◆ 計画名-神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区雲井通四丁目345番の一部、346番、347番の一部、五丁目301番、302番、303番、317番、18番、319番、320番の一部、322番の一部、323番、324番
◆ 交通-JR線「三ノ宮」駅、阪神線「神戸三宮」駅、阪急線「神戸三宮」駅、神戸市営地下鉄「三宮」駅
◆ 階数-地上32階、塔屋2階、地下3階(第1期)
◆ 高さ-最高部約163m
◆ 敷地面積-約8,230㎡(第1期)
◆ 建築面積-約8,040㎡(第1期)
◆ 延床面積-約98,570㎡(第1期)
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-バスターミナル施設、公益施設、商業施設、業務施設、宿泊施設、駐車場
◆ 施行者-雲井通5丁目再開発株式会社
◆ 特定事業参加者-三菱地所、三菱倉庫、TC神鋼不動産
◆ 設計者-大林組、坂茂建築設計、東畑建築事務所、三菱地所設計
◆ 施工者-大林組
◆ 解体工事-2022年06月
◆ 竣工-2027年度予定
◆ 総事業費-約870億円


Kobesannomiya220612
「全体外観イメージ(南東より)」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220613
「構成及び導入機能 」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220614
「竹籠をモチーフとしたデザイン(北西より)」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220615
「六甲山の山並みを眺望できる屋上庭園」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220616
「歩行者動線ネットワークのイメージ」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220617
「歩行者デッキとつながる屋外歩廊空間(南西より)」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220618
「あじさい通り側の屋外歩廊空間(北西より)」です(引用:三菱地所)。


Kobesannomiya220511
EVOL HOTEL KOBE(仮称)

 「テイクアンドギヴ・ニーズ」が出店し、2027年度頃開業予定のラグジュアリーブティックホテル「EVOL HOTEL KOBE(仮称)」の「ルーフトッププール」のイメージです。

 神戸三宮駅前の大規模再開発「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」で誕生する、駅直結・エリア最大級の複合施設内の神戸初ラグジュアリーブティックホテルです。

 引用資料 テイクアンドギヴ・ニーズ(2022/05/18)
 2023年の渋谷・富ヶ谷に続き、渋谷・道玄坂と神戸へ テイクアンドギヴ・ニーズが新たに2つのホテルを出店

 六甲山やポートアイランド等神戸らしい景色を一望できる高さ約150mの高階層に位置し、最上階の幅30mのインフィニティプールをはじめ、眺望を楽しめるテラス付きレストラン、バー、スパなどを備えます。旅慣れた大人が“ホテルで過ごすこと”自体を堪能できるホテルです。

EVOL HOTEL KOBE(仮称)の概要
◆ 所在地- 兵庫県神戸市中央区雲井通五丁目
◆ 客室数-60室~70室
◆ 付帯施設(予定)-オールデーダイニング、スペシャリティレストラン、ルーフトッププール&バー、スパ、ジム、バンケット、チャペル
◆ 客室単価(想定)-30,000 円~200,000 円


Kobesannomiya220512
「客室」です(引用:テイクアンドギヴ・ニーズ)。


Kobesannomiya220619
「位置図」です(引用:三菱地所)。



|

2022年6月 3日 (金)

福岡アイランドシティで物流施設を新規開発 延床面積15万㎡弱の大規模マルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ」

Fukuokalogi220611
-(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ-

 「東京建物、東急不動産、西日本新聞社」および「丸紅」の4社は、福岡県福岡市のアイランドシティにマルチテナント型物流施設開発用地を共同で取得しました。

 2021年度の福岡市によるアイランドシティ港湾関連用地の分譲公募により取得したものであり、敷地面積約11,890坪、延床面積約44,500坪の大規模マルチテナント型物流施設の建設を予定しています。

 今後、「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ」として、東京建物を中心とした4社によるジョイントベンチャーにて開発し、2022年7月の着工、2024年1月の施設竣工を目指します。

 引用資料 東京建物(PDF:2022/06/01)
 福岡アイランドシティで物流施設を新規開発~延床面積約44,500坪の大規模マルチテナント型物流施設、24年竣工予定~

 用地は福岡高速6号線「アイランドシティ」出入口から約1.4km の場所に位置し、巨大な消費地である福岡市内への近距離配送や、九州全域への広域配送拠点、本州と九州を繋ぐ配送の拠点として優れた立地です。

 加えて、アイランドシティが位置する博多港は、東南アジアを始めとする海外の主要貿易港や沖縄県那覇港とのアクセスに優れ、国内外の貨物が集まる一大貨物集積地です。今後も国際物流拠点として港湾機能が強化され、日本各地と世界を繋ぐ港としてさらなる発展が期待されています。

(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティの概要
◆ 所在地-福岡県福岡市東区みなと香椎 3 丁目 29 番 11,30 番 4,32 番 4(地番)
◆ 交通-福岡高速6号線「アイランドシティ」出入口約1.4km、西鉄バス「ベジフルスタジアム前」バス停約1.3km
◆ 階数-地上6階、地下6階
◆ 敷地面積-約11,890坪(1坪3.3㎡として約39,237㎡)
◆ 延床面積-約44,500坪(1坪3.3㎡として約146,850㎡)
◆ 用途-マルチテナント型物流施設
◆ 建築主-東京建物、東急不動産、西日本新聞社、丸紅
◆ 着工-2022年07月
◆ 竣工-2024年01月予定


Fukuokalogi220612
「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ パース」です。


Fukuokalogi220613
「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ 周辺図」です。


Fukuokalogi220614
「(仮称)T-LOGI 福岡アイランドシティ 広域図」です。



|

2022年6月 2日 (木)

関西エリア4施設目の「ららぽーと」 三井ショッピングパーク ららぽーと堺 2022年11月に開業! 

Osakamitsuifudosan220611
-(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと堺-

 「三井不動産」は2021年5月11日に、大阪府堺市美原区にて開発を推進しているリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと堺」を建築着工したと発表しました。

 「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと堺」は、「(1)三井ショッピングパーク ららぽーと甲子園、(2)三井ショッピングパーク ららぽーと和泉、(3)三井ショッピングパーク ららぽーと EXPOCITY」に続き、関西エリア4施設目のららぽーととなります。

 計画地は、堺市・美原町合併新市建設計画において「美原新拠点」に位置付けられている黒山地区に立地し、2018年7月に都市決定がなされ、都市拠点と南河内地域および奈良県中部との交流結節拠点としての役割を期待されている施設です。

● 三井ショッピングパーク ららぽーと堺
 「三井不動産」は、大阪府堺市美原区にて開発を推進中のリージョナル型ショッピングセンターの施設名称を「三井ショッピングパーク ららぽーと堺」に決定しました。開業は2022年11月を予定しています。

 引用資料 三井不動産(2022/06/01)
 「三井ショッピングパーク ららぽーと堺」 2022年11月開業 186店舗を先行発表 6月より店舗の合同求人説明会開始 国内大規模商業施設初 の「ZEB Oriented(物販等)」認証を取得

 ファミリー層をメインに、シニア・ヤング層まで幅広い世代が楽しめる多彩な店舗・サービスを提供すべく、さまざまなファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント、サービスなど話題性の高い約210店舗をバラエティ豊かに取りそろえます。

三井ショッピングパーク ららぽーと堺の概要
◆ 所在地-大阪府堺市美原区黒山22番1
◆ 交通-南海高野線「北野田」駅(約2.5㎞)、阪和自動車道「美原南」IC約1km、「美原北」IC約1.5km
◆ 階数-(店舗棟)地上3階、地下0階、(立体駐車場棟)地上3階×1棟、地上6階×1棟
◆ 敷地面積-約74,300㎡
◆ 延床面積-約143,600㎡(店舗棟約90,200㎡、立体駐車場棟約53,400㎡)
◆ 店舗面積-約56,200㎡
◆ 構造-(店舗棟)鉄骨造、(立体駐車場棟)鉄骨造
◆ 用途-店舗、駐車場
◆ 店舗数-約210店舗
◆ 駐車台数-約3,050台
◆ 建築主-三井不動産
◆ 設計者-(基本設計)石本建築事務所、(実施設計)大成建設
◆ 環境デザイン-大成建設、丹青社
◆ 監理者-大成建設
◆ 施工者-(店舗棟・外構工事)大成建設、(基盤整備工事)竹中土木、(立体駐車場棟工事)IHI運搬機械
◆ 着工-2021年05月
◆ 竣工-2022年09月予定
◆ 開業-2022年11月予定


Osakamitsuifudosan220612
「三井ショッピングパーク ららぽーと堺」内観CGです。


Osakamitsuifudosan220613
「配置図」です。


Osakamitsuifudosan220614
「位置図(狭域図)」です。


Osakamitsuifudosan220615
「位置図(広域図)」です。



|

2022年6月 1日 (水)

瀬戸内エリア JR尾道駅の2階に「HOTEL BEACON ONOMICHI(ホテルビーコンおのみち)」  2022年7月13日(水)に新規開業!

Hiroshimaonomichi220611
-尾道駅新駅舎-

 「JR西日本」では、西日本エリアの中でも多様な観光資源を有している瀬戸内エリアにおいて「せとうちパレットプロジェクト」を展開しています。その一環として、せとうちエリアを周遊する“新”拠点となる尾道駅の建替え工事を推進してきましたが、2019年3月10日に新駅舎を供用開始しました。

 新駅舎は、初代尾道駅舎(明治24年当時)の「おもむき」を踏襲したデザインとなっており、「まちの風情」を取り入れながら、「尾道のまち」とともに成長していける新しい駅となっています。「尾道水道」を一望できる眺望デッキや尾道らしさあふれる店舗も新たに出店しました。

 しかし、新型コロナによる観光客減でテナント撤退が相次ぎました。そのために空きスペースになっていた駅舎2階に、ホテルなどの複合施設が新規開業することが決まりました。

● 尾道駅商業施設新店舗開業
 「ジェイアールサービスネット岡山」は、広島県のJR尾道駅の商業施設の2階に鞆スコレグループが運営するホテルを中心とした複合施設を 2022年7月13日(水)に新規開業することを決定し、6月1日(水)に宿泊予約受付の開始します。

 引用資料 JR西日本(PDF:2022/05/20)
 尾道駅商業施設 新店舗開業のお知らせ

 1階東側区画にて営業していた「尾道駅レモンバイク」の受付は5月22日に閉鎖し、跡地に「Insitu Japan」が運営する店舗をホテルの開業に合わせ、7 月中旬に新規開業することを決定しました。


Hiroshimaonomichi220612
「JR尾道駅」です。


Hiroshimaonomichi220613
「フロア図」です。


Hiroshimaonomichi220614
「HOTEL BEACON ONOMICHI(ホテルビーコンおのみち)」です。


Hiroshimaonomichi220615
ホテルは「全16室(41名収容)」となっています。


Hiroshimaonomichi220616
完成イメージです。



|

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »