« 「イオン京橋(旧ダイエー京橋店)」の跡地 京橋暫定利用施設 一期開業が2023年夏予定、二期開業が2023年秋予定! | トップページ | 名古屋市 三重交通グループホールディングス & 三交不動産 大規模オフィスビル「(仮称)第2名古屋三交ビル」 2023年4月11日の建設状況  »

2023年4月12日 (水)

カジノを含む統合型リゾート(IR) 「大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業」を政府が認定へ! 長崎の計画は協議中

Osakamgm210911
-大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業-

 大阪府と大阪市は2021年9月28日に、大阪市湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」に誘致を目指す「カジノを含む統合型リゾート(IR)」について、アメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体を正式に事業者に選んだと発表しました。

 大阪府と大阪市は2021年12月21日に「第5回 副首都推進本部(大阪府市)会議」を開き、「大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域の整備に関する計画(案)骨子等について」を提示しました。2020年代後半としていた開業時期を2029年頃と定め、IR建設時の近畿圏での経済波及効果が約1兆5800億円に上ると試算しました。

 引用資料 大阪市・公式HP(2021/12/21)
 第5回 副首都推進本部(大阪府市)会議について

 開業時期を2029年秋~冬頃としましたが、液状化や土壌汚染の懸念が指摘されている誘致候補地の「夢洲(ゆめしま)」の整備状況などによって1年~3年程度後ろ倒しとなる可能性があるとしました。

 事業期間は35年間(延長30年間)です。MGMとオリックスに加え、関西電力やJR西日本など関西ゆかりの出資企業20社で構成する「大阪IR株式会社(予定)」を設立します。

 統一地方選挙の前半戦は2023年4月9日に投票が行われ、大阪維新の会は、大阪知事選では現職の「吉村洋文氏」が再選、大阪市長選では元府議の「横山英幸氏」が初当選しました。維新はダブル選挙で4連勝、大阪での「1強」体制を守りました。さらに、初めて大阪府議会と大阪市議会の両方で過半数を獲得しました。IRにとって追い風になるのは間違いないです。

● 政府が認定する方向で最終調整!
 「カジノを含む統合型リゾート(IR)」の開設に向け、大阪府・大阪市が提出した整備計画について政府が認定する方向で最終調整していることが分かりました。一方で長崎県の計画については審査の継続を含めて対応を協議しているとみられます。政府による認定が実現すれば第1弾となり、日本初のカジノ開業が正式決定します。大阪府・大阪市は2029年秋~冬の開業を目指します。

 NHK(2023/04/12)
 大阪の「カジノ含むIR」計画 認定の方向で調整 政府

 共同通信(2023/04/12)
 大阪のカジノIR、政府が認定へ 長崎の計画は協議中

 統一地方選挙で維新が圧倒的に支持されたのが効果てきめんだったのかな? ただ、過去に何度もぬか喜びをしたので「本当かなあ??」というのが私の今の心境です。


Osakaorix210914
IR開業までのプロセス
 MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体が正式な事業者に決定しましたが、国の「区域整備計画の認定・公示」という事業者と行政が乗り越えるべき大きなハードルが残っています。

 引用資料 国土交通省・観光庁(2021/07/20)
 特定複合観光施設区域整備計画審査委員会の設置について


Osakamgm210913
「イメージパース:全景」です。


Osakamgm211211
「IR区域の全体配置(イメージ)」です。


Osakamgm211212
「イメージパース:夢洲の道路インフラ整備イメージ」です。



|

« 「イオン京橋(旧ダイエー京橋店)」の跡地 京橋暫定利用施設 一期開業が2023年夏予定、二期開業が2023年秋予定! | トップページ | 名古屋市 三重交通グループホールディングス & 三交不動産 大規模オフィスビル「(仮称)第2名古屋三交ビル」 2023年4月11日の建設状況  »

34 大阪市・湾岸部」カテゴリの記事