« 神戸ウォーターフロント 重要なピースである「旧住友倉庫」の解体 新港2突基部倉庫とりこわし工事 2024年1月16日の状況 | トップページ | 長崎の海の玄関口「長崎港元船地区整備構想」 屋上緑地化や空中回廊などを整備 長崎県がイメージパースを公開! »

2024年1月25日 (木)

福岡市 サンケイビル オフィスブランド「S-GATE FIT」シリーズ 九州エリア第二弾「(仮称)S-GATE FIT東比恵」着工!

Fukuokasankei240111
-(仮称)S-GATE FIT 東比恵-

 「サンケイビル」は、福岡市博多区東比恵にて計画中の「(仮称)S-GATE FIT 東比恵」の開発に着手しました。「(仮称)S-GATE FIT 東比恵」は、オフィス変革期の幅広い要望に応えるオフィスブランド「S-GATE FIT」シリーズとして開発予定であり、シリーズでの九州エリア展開は第二弾となります。

 引用資料 サンケイビル(PDF:2024/01/23)
 S-GATE FITシリーズ 九州エリア第二弾「(仮称)S-GATE FIT東比恵」着工

 「(仮称)S-GATE FIT 東比恵」は、福岡市地下鉄空港線「東比恵」駅徒歩2分、JR「博多」駅徒歩12分と、空港も新幹線も利用でき利便性が高く、御笠川に面した視認性の高い立地です。

 計画建物は、地上7階、基準階約982㎡、延床面積約8,046㎡の規模でS-GATEシリーズの「Human centricな心配りと快適性」を継承し、デザイン・スペック・サービス水準は統一化して開発を進めていきます。

 また、1フロア6分割まで対応可能とし、開放的で眺望の良い屋上テラスの設置や木調ブラインドを標準装備するなど、快適なオフィス環境を整備します。今後も、街や人に寄り添うオフィスづくりを積極的に進めていきます。

(仮称)S-GATE FIT 東比恵の概要
◆ 所在地-福岡県福岡市博多区東比恵一丁目4番5号(旧住居表示)
◆ 交通-福岡市地下鉄空港線「東比恵」駅徒歩2分、JR鹿児島本線、山陽・九州新幹線「博多」駅徒歩12分
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 敷地面積-約1,739㎡
◆ 延床面積-約8,046㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-オフィス
◆ 建築主-サンケイビル
◆ 設計者-浅井謙建築研究所
◆ 施工者-九州建設
◆ 竣工-2025年02月末予定


Fukuokasankei240112
「屋上テラス(イメージ)」です。


Fukuokasankei240113
「エントランス(イメージ)」です。


Fukuokasankei240114
「位置図」です。



|

« 神戸ウォーターフロント 重要なピースである「旧住友倉庫」の解体 新港2突基部倉庫とりこわし工事 2024年1月16日の状況 | トップページ | 長崎の海の玄関口「長崎港元船地区整備構想」 屋上緑地化や空中回廊などを整備 長崎県がイメージパースを公開! »

81 福岡県」カテゴリの記事