« 新港突堤西地区(第2突堤)再開発事業 収容人数約10,000人規模の「ジーライオンアリーナ神戸(GLION ARENA KOBE)」 2024年4月9日の建設状況 | トップページ | 総事業費約870億円 地上32階、高さ約163mの「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」 2024年4月9日の建設状況 »

2024年4月14日 (日)

神戸市 「ジーライオンアリーナ神戸」の西側 新港第1~第2突堤間における水域活用計画 2024年4月9日の建設状況

Kobearena240421
-新港第1~第2突堤間-

 神戸市では、「港都 神戸」グランドデザインや神戸港将来構想に基づき、新港突堤西地区の再開発を進めており、第1突堤基部では複合再開発が進むとともに、第2突堤でも大規模多目的アリーナの整備が計画されています。

 更なる賑わいの創出を目指し、新港第1~第2突堤間の水域について、専門的な見地及びまちづくりの観点から意見を求めることを目的として、「新港第1~第2突堤間水域活用計画検討委員会」を開催し、「新港第1~第2突堤間における水域活用計画」を策定しました。

 引用資料 神戸市・公式ホームページ
 新港第1~第2突堤間における水域活用計画

 水域活用の基本的な考え方を、「民間活力を活用し、ウォーターフロント・エリア全体の魅力と賑わいを持続的に向上させる水域活用を図り、賑わいと交流の拠点となることを目指す」こととし、水域の周囲では緑を配置したプロムナードの設置により人々が賑わい・憩い・くつろげる空間の創出を、水面では環境学習などを通じて海に親しんでもらえる場や、水上レストランや船舶係留に使用する空間としての活用をイメージとして掲げています。


Kobearena240422
「水域活用のイメージ」です。


Kobearena240423
「砕石」で埋め立てしています。


Kobearena240424
この部分の用途は「賑わい演出」となっています。


Kobearena240425
作業員が見えます。


Kobearena240426
何の作業を行っているのでしょうか?



|

« 新港突堤西地区(第2突堤)再開発事業 収容人数約10,000人規模の「ジーライオンアリーナ神戸(GLION ARENA KOBE)」 2024年4月9日の建設状況 | トップページ | 総事業費約870億円 地上32階、高さ約163mの「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」 2024年4月9日の建設状況 »

51 兵庫県・神戸市②」カテゴリの記事