31 大阪市・北部②

(2009年~)

2017年4月25日 (火)

地下鉄御堂筋線「中津駅」の直上 地上50階、高さ約168mの「ブランズタワー梅田 North」 2017年4月20日の建設状況

Osakanakatsu170121
ブランズタワー梅田 North-
 大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅の直上にあった「ラマダホテル大阪」の前身である「旧東洋ホテル」は、大阪万博の前年の1969年に「三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)」が中心となって開業しました。

 競争が激化および建物の老朽化が進み、2013年12月31日に閉館しました。跡地には、地上50階、塔屋2階、地下1階、高さ168.44m、総戸数653戸の超高層タワーマンションが建設されます。正式名称が「ブランズタワー梅田 North」に決定しています。

 引用資料 公式ホームページ
 ブランズタワー梅田 North 

 中津駅直上には、地上37階(屋上機械室2層分を含む)、地下1階、高さ122.5mの「ザ・セントラルマークタワー」、地上45階、塔屋2階、地下1階、高さ151.6mの「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」の3棟が林立する事になります。

ブランズタワー梅田 Northの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1、21番3、21番4、21番5、21番6(地番)
◆ 交通- 大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅徒歩1分(駅直結)、阪急電鉄「梅田」駅徒歩7分、JR「大阪」駅徒歩12分
◆ 階数-地上50階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部168.44m
◆ 敷地面積-5,154.70㎡
◆ 建築面積-2,390.82㎡
◆ 延床面積-68,778.31㎡(容積率対象面積47,081.82㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-連結制振デュアル・フレーム・システム(建物の心柱のフリーウォールと外側の住棟部をダンパーで連結)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-653戸
◆ 建築主-東急不動産、住友商事、住友不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2016年08月15日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年11月予定
◆ 入居開始-2020年02月予定


Osakanakatsu170421
「立面図」です。


Osakanakatsu16082
地震対策として、大林組独自の制震テクノロジーである「DFS(デュアル・フレーム・システム)」を採用します。1つの建物の中に独立して存在する心棒および高層住宅棟の2つの構造体を制振装置で連結する制振構造システムです。

 引用資料 東急不動産(2016/08/24)
 旧東洋ホテル跡地に地上50階建・総戸数653戸の大規模プロジェクト 『(仮称)ブランズタワー梅田北プロジェクト』 着工  ~さらなる発展が見込まれる"大阪駅北地区"の居住区として開発~ 


Osakanakatsu170422
南西側から見た様子です。


Osakanakatsu170423
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu170424
1台目の「アースドリル掘削機」です。「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築しています。ずっと「オールケーシング掘削機」で、「地中障害物」の撤去を行っていましたが、次の工程に移行しました。


Osakanakatsu170425
2台目の「アースドリル掘削機」です。


Osakanakatsu170426
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu170427
南東側から見た様子です。



|

2017年4月24日 (月)

地下鉄御堂筋線「中津駅」の直上 地上45階、高さ約152mの「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」 2017年4月20日の建設状況

Osakanakatsu160911
-ザ・ファインタワー 梅田豊崎-

 「大阪市北区豊崎3丁目計画」は、大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅の直上にあった「三井生命ビルディング」跡地の再開発プロジェクトです。

 地上45階、塔屋2階、地下1階、高さ151.6m、延床面積34,929.31㎡、総戸数312戸の超高層タワーマンションが建設中です。正式名称は「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」となっています。

ザ・ファインタワー 梅田豊崎の概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区豊崎三丁目23番1(地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅直結徒歩1分、阪急「梅田」駅徒歩6分
◆ 階数-地上45階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-151.6m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-2,499.72㎡
◆ 建築面積-982.37㎡
◆ 延床面積-34,929.31㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造(天然ゴム系積層ゴム、高減衰ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-312戸
◆ 建築主-京阪電鉄不動産、サンキョウホーム
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 地下解体工事-2015年10月14日~2016年05月02日
◆ 着工-2016年04月25日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年02月下旬予定
◆ 入居開始-2019年03月下旬予定


Osakanakatsu170411
梅田スカイビルの「空中庭園展望台」から見た「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」の建設現場です。


Osakanakatsu170412
南西側から見た様子です。タワークレーン1基で建設しています。


Osakanakatsu170413
前回の撮影が2017年1月26日だったので約3ヶ月ぶりです。タワークレーン1基なので、ゆっくりと上に伸びています。


Osakanakatsu170414
毎年恒例の竹中工務店の建設現場の「こいのぼり」です。


Osakanakatsu170415
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu170416
北東側から見た様子です。


Osakanakatsu170417
南東側から見た様子です。



|

2017年4月23日 (日)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 阪急が乗り入れする場合は「北1工区」 2017年4月20日の建設状況

Kita17042011
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-
 
大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う東海道線支線の「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(約2,400m)」が、2016年10月28日に全工区で着工しました。総事業費は約690億円で、新駅の開業は2023年3月を予定しています。

各工区の施工者
◆ 北1工区-奥村組・鉄建建設JV
◆ 北2工区-錢高組・西松建設JV、
◆ 北3工区-鴻池組・前田建設工業JV
◆ 駅部工区-大鉄工業・清水建設JV
◆ 南1工区-大林組・淺沼組JV
◆ 南2工区-大成建設・大鉄工業JV


Kita1511052
「うめきた2期区域 基盤整備概要」です。

 引用資料 大阪市・公式HP(2015/11/04) リンク切れ
 第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方

 「区間別の構造概要と工事の進め方」です。工事延長約2,400m(トンネル延長約1,680m)で、事業費は地下化事業が約540億円、新駅設置事業が約150億円となっています。

● 島式2面4線の地下駅
 新駅設置事業は、「JR西日本」が主体となり延長は約830mです。島式2面4線の地下駅となります。特急「はるか」や「くろしお」が停車するので、関西国際空港や和歌山方面が格段に便利になります

 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。


Kita17042012
北1工区

 梅田スカイビルの「空中庭園展望台」から見た「北1工区」です。「北1工区」は、「奥村組・鉄建建設JV」の施工により行われています。


Kita17042013
「阪急電鉄」と「国道176号」の高架橋から北側が「北1工区」です。高架橋の直下も「北1工区」に含まれます。


Kita17042014
うめきた新駅北側のジャンクション

 2017年3月16日に「読売新聞」か、 ”大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道、阪急電鉄の5者は、大阪都心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」に阪急電車が乗り入れる新たな事業計画で大筋合意した。” と報道しました。

 「阪急電鉄」は標準軌(1,435mm)です。そこで、阪急電鉄は「十三」に地下新駅を建設し、うめきた新駅との間に狭軌(1,067mm)の新路線を敷いて「なにわ筋線」に乗り入れます。

● 阪急電鉄が乗り入れする場合は「北1工区」
 その後続報がありませんがそれが事実なら、「うめきた新駅」の北側に「JR西日本」のルートと「阪急電鉄」のルートが合流・分岐する「ジャンクション」を設ける必要があります。

 JR西日本側はすでに工事が始まっています。「阪急電鉄」と合流・分岐する事を考慮して工事を行っているのでしょうか? もし考慮していなかったら大幅な設計変更が必要になります。


Kita17042015
本格的に工事が行われています。


Kita17042016
「三点式パイルドライバ」で「土留め壁」の構築を行っています。



|

2017年4月21日 (金)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 遂に北側の「平面駐車場」が閉鎖!

Osakayodobashi11
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-

 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。

 引用資料 ヨドバシカメラ(PDF:2016/08/31)
 ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について 

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」は、地上34階、地下4階、高さ約150m、延床面積約105,200㎡です。 施設構成は、商業部分(地下1階~地上8階)約48,500㎡、ホテル部分(地上9階~34階)約41,500㎡、駐車場部分(地下4階~地下2階)約15,100㎡となります。

 商業部分は、地下1階~地上8階で、床面積約48,500㎡です。大規模商業施設の場合は、約半分が売場面積になるので、梅田に新たに売場面積24,000㎡~25,000㎡クラスの大規模商業施設が誕生する事になります。

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町1-1
◆ 階数-地上34階、地下4階
◆ 高さ-最高部約150m
◆ 敷地面積-約17,200㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約214,000㎡(新築ビル約105,200㎡+既存ビル約108,800㎡)
◆ 施設構成(新築)-商業部分(地下1階~地上8階)約48,500㎡、ホテル部分(地上9階~34階)約41,500㎡、駐車場部分(地下4階~地下2階)約15,100㎡
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年夏頃予定
◆ 竣工-2019年秋頃予定


Osakayodobashi170451
平面駐車場閉鎖

 2017年4月17日(月)に遂に北側の「平面駐車場」が閉鎖されました。4月24日(月)には、東側の「駐輪場」も移設されます。

 2001年11月22日のオープン以来、もはや都市伝説化していた「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」が2017年夏頃の着工に向けて遂に動き出しました。今度こそ間違いないと思います。


Osakayodobashi170452
「グランフロント大阪 南館」の2階から見た閉鎖された「平面駐車場」です。 グランフロント大阪の南館・北館の屋上テラスが2017年2月からずっと閉鎖されています。

 以前は強風の時には閉鎖されていましたが、平常時も閉鎖されているのは開業以来初めてです。暖かくなった春に閉鎖されているという事は、もう今年は再開しないのでしょうか? 絶好の定点観測ポイントだったので残念です・・・


Osakayodobashi170453
4月24日(月)には、東側の「駐輪場」も移設されます。


Osakayodobashi170454
「阪急百貨店うめだ本店」13階の「屋上広場」から見た様子です。


Osakayodobashi170455
(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に先立って、ペデストリアンデッキの工事が行われています。工事名は「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事」です。


Osakayodobashi170456
東端の「仮囲い」です。重機が稼働しています。


Osakayodobashi170457
西隣の「仮囲い」です。


Osakayodobashi170458
重機が稼働しています。


Osakayodobashi170459
南西側から見た様子です。「仮囲い」の範囲がほぼ南面一帯に広がっています。


Osakayodobashi170418
「仮囲い」に「計画イメージ」が掲示されています。


Osakayodobashi170460
JR大阪駅側です。「仮囲い」で囲まれました。



|

2017年4月16日 (日)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事 2017年4月14日の建設状況

Osakayodobashi11
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-

 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。

 引用資料 ヨドバシカメラ(PDF:2016/08/31)
 ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について 

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」は、地上34階、地下4階、高さ約150m、延床面積約105,200㎡です。 施設構成は、商業部分(地下1階~地上8階)約48,500㎡、ホテル部分(地上9階~34階)約41,500㎡、駐車場部分(地下4階~地下2階)約15,100㎡となります。

 商業部分は、地下1階~地上8階で、床面積約48,500㎡です。大規模商業施設の場合は、約半分が売場面積になるので、梅田に新たに売場面積24,000㎡~25,000㎡クラスの大規模商業施設が誕生する事になります。

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町1-1
◆ 階数-地上34階、地下4階
◆ 高さ-最高部約150m
◆ 敷地面積-約17,200㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約214,000㎡(新築ビル約105,200㎡+既存ビル約108,800㎡)
◆ 施設構成(新築)-商業部分(地下1階~地上8階)約48,500㎡、ホテル部分(地上9階~34階)約41,500㎡、駐車場部分(地下4階~地下2階)約15,100㎡
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年夏頃予定
◆ 竣工-2019年秋頃予定


Osakayodobashi170411
「阪急百貨店うめだ本店」13階の「屋上広場」から見た様子です。


Osakayodobashi170412
(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に先立って、ペデストリアンデッキの工事が行われています。工事名は「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事」です。


Osakayodobashi170413
東端の「仮囲い」です。重機が稼働しています。


Osakayodobashi170414
西隣の「仮囲い」です。


Osakayodobashi170415
南西側から見た様子です。「仮囲い」の範囲がほぼ南面一帯に広がっています。


Osakayodobashi170416
「仮囲い」の西端は南西側のエントランス付近まで到達しています。


Osakayodobashi170417
地上から見た様子です。


Osakayodobashi170418
「仮囲い」に「計画イメージ」が掲示されています。「グランフロント大阪」と結ぶ「Bデッキ」の計画イメージも掲示されています。


Osakayodobashi170419
「グランフロント大阪」と結ぶ「Bデッキ」の予定地です。まだ工事は始まっていませんが、計画イメージが掲示されているので着工が近いと思われます。


Osakayodobashi170420
南西側から引いて見た様子です。私は電気製品が大好きなので「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田」にはほぼ毎週行っています。

 テレビ売り場では「安室ちゃん、カナやん(西野カナ)、E-girls(含むFlower)」の映像が頻繁に流れています。音楽の趣味が私と全く同じなので、1度担当の方とじっくりお話してみたいです(笑)。

 友人がため息のまじった声で一言「この列のテレビは全部外資になるんやね・・・」 そこにはすでに外資になったシャープの「AQUOS」、テレビ事業部が外資に売却される予定の東芝の「REGZA」が並んでいました。

 なんで日本の電機メーカーはこんな悲惨な末路になったのでしょうか? 日本の電機メーカーが世界最強だった1980年代~1990年代の黄金期には想像もしませんでした・・・



|

2017年4月15日 (土)

中之島6丁目倉庫および中之島A建物の除去工事 「関電不動産開発」が敷地面積約7,000㎡を集約化 大規模再開発か?

Osakanakanoshima6170451
-中之島6丁目倉庫および中之島A建物の除去工事-
 4月3日に「福島区民氏」から大阪市北区中之島六丁目に建設中の超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 中之島タワー」の南側で大きな変化があるとメールで教えて頂きました。

 早く見に行きたかったのですが、「青春18きっぷ」を使い切らないといけなかったので、「名古屋、広島、京都」を優先させました。やっと見に行く事が出来ました。

 約3年前の2014年6月17日にこのブログで、 ” 「(仮称)大阪市北区中之島6丁目計画」に建築計画のお知らせが掲示されたというでしたので早速見てきました。 (中略) 駐車場・倉庫・駐車場を一体的に再開発なんて妄想が膨らみます(笑)。 ”と書きましたが、現実化しそうです。


Osakanakanoshima6170452
街区を南側から見た様子です。「中之島6丁目倉庫および中之島A建物の除去工事」が動き出しました。4月11日の建設ニュースによると敷地面積は合計で約7,000㎡だそうです。「ザ・パークハウス 中之島タワー」の敷地面積6,587.03㎡(売買対象面積)よりちょっと広いです。


Osakanakanoshima6170453
建設中の超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 中之島タワー」の南側になります。


Osakanakanoshima6170454
2016年9月頃にはこの駐車場で「ボーリング調査」が行われていました。


Osakanakanoshima6170455
角度を変えて見た様子です。


Osakanakanoshima6170456
北西端の建物も解体されています。この建物が解体されると敷地の形状が整います。


Osakanakanoshima6170457
北西側から見た様子です。


Osakanakanoshima6170458
「ザ・パークハウス 中之島タワー」の南側の「キヤノンビジネスサポート中之島ビル」と更に南側び駐車場は含まないようです。


Osakanakanoshima6170459
旧三井倉庫玉江町倉庫

 街区中央にある売却された「旧三井倉庫玉江町倉庫」です。敷地面積2,223.93㎡、延床面積6,451.81㎡、譲渡価格22億6000万円です。物件引渡日が2013年9月30日となっていました。

 売却先は不明でしたが、その時点で「関電不動産開発」の前身に売却されていたのか? 別の会社を経由したのかは不明です。

 売却後も日本電気グループの「NECフィールディング」の倉庫として使用されていましたが、現在は閉鎖されています。


Osakanakanoshima6170460
「旧三井倉庫玉江町倉庫」の東側の駐車場です。この駐車場も閉鎖されています。


Osakanakanoshima6170461
街区を東側から見た様子です。東側角の小規模なビルも含まれるのかは不明です。


Osakanakanoshima6170462
東側の「あみだ筋」越しに見た様子です。


Osakanakanoshima6170463
北側から見た様子です。


Osakanakanoshima6170464
解体工事の工事名は「中之島6丁目倉庫および中之島A建物の除去工事」です。


Osakanakanoshima6170465
「労災保険関係成立票」です。注文者はで「関電不動産開発」、工期は2017年3月3日~2017年10月31日(予定)となっています。

 何が建設されるのかは不明ですが、「関電不動産開発」の超高層タワーマンション「シエリアタワー」が建設されるのかも知れません。



|

地上55階、高さ約193mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 中之島タワー」 2017/04/14 最後のタワークレーンが自力で降下中!

Osakanakanoshima6170411
ザ・パークハウス 中之島タワー-
 大阪市北区中之島六丁目に超高層タワーマンション「(仮称)大阪市北区中之島6丁目計画」を建設中です。

 概要は、地上55階、塔屋2階、地下0階、高さ192.930m、総戸数894戸です。正式名称は「ザ・パークハウス 中之島タワー」となっています。

ザ・パークハウス 中之島タワーの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区中之島6丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区中之島六丁目8番3他2筆(地番)
◆ 交通-京阪中之島線「中之島」駅より徒歩2分、JR東西線「新福島」駅より徒歩9分、阪神本線「福島」駅より徒歩11分、JR大阪環状線「福島」駅より徒歩14分、JR大阪環状線「野田」駅より徒歩15分、地下鉄千日前線「阿波座」駅より徒歩12分、地下鉄千日前線「玉川」駅より徒歩13分、地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅より徒歩15分
◆ 階数-地上55階、塔屋2階、地下0階
◆ 高さ-最高部192.930m
◆ 敷地面積-6,587.03㎡(売買対象面積)、6,397.83㎡(建築確認対象面積) ※ほかに中之島中央緑道予定地189.20㎡
◆ 建築面積-3,576.76㎡
◆ 延床面積-99,957.38㎡
◆ 構造- 鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ち鋼管コンクリート杭(48本)
◆ 地震対策-免震構造(建物の基礎部に免震装置「天然ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー」を設置)
基礎免震構造)
◆ 用途- 共同住宅(分譲)、店舗
◆ 総戸数-894戸
◆ 事業主-三菱地所レジデンス(60%)、住友商事(30%)、京阪電鉄不動産(7%)、アサヒプロパティズ(3%)
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2014年10月29日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年10月下旬予定
◆ 入居開始-2018年02月下旬予定、2018年03月上旬予定 (2016年02月以降の契約分)


Osakanakanoshima6170412
北側から見た様子です。


Osakanakanoshima6170413
少し方向を変えた様子です。


Osakanakanoshima6170414
「堂島大橋」の上から見た下層階の様子です。


Osakanakanoshima6170415
北側から見上げた様子です。


Osakanakanoshima6170416
北側から見た下層階の様子です。基礎は、杭頭部を鋼管巻きにした「場所打ち鋼管コンクリート杭(48本)」となっています。地震対策として、建物の基礎部に「免震装置(天然ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)」を設置しています。


Osakanakanoshima6170417
北東側から見た下層階の様子です。植栽も行われています。


Osakanakanoshima6170418
毎年恒例の竹中工務店の建設現場の「こいのぼり」です。


Osakanakanoshima6170419
南東側から見た様子です。


Osakanakanoshima6170420
3基あったタワークレーンが最後の1基になり、最後のタワークレーンも自力で降下中です。「マストクライミング方式」のタワークレーンは、タコが自分の足を食べるように自らを解体しながら自力で降下して行きます。


Osakanakanoshima6170421
南東側から引いて見た様子です。



|

2017年3月25日 (土)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事 2017/03/23 「仮囲い」の範囲が南面一帯に広がる!

Osakayodobashi11
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-

 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。

 引用資料 ヨドバシカメラ(PDF:2016/08/31)
 ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について 

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」は、地上34階、地下4階、高さ約150m、延床面積約105,200㎡です。 施設構成は、商業部分(地下1階~地上8階)約48,500㎡、ホテル部分(地上9階~34階)約41,500㎡、駐車場部分(地下4階~地下2階)約15,100㎡となります。

 商業部分は、地下1階~地上8階で、床面積約48,500㎡です。大規模商業施設の場合は、約半分が売場面積になるので、梅田に新たに売場面積24,000㎡~25,000㎡クラスの大規模商業施設が誕生する事になります。

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町1-1
◆ 階数-地上34階、地下4階
◆ 高さ-最高部約150m
◆ 敷地面積-約17,200㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約214,000㎡(新築ビル約105,200㎡+既存ビル約108,800㎡)
◆ 施設構成(新築)-商業部分(地下1階~地上8階)約48,500㎡、ホテル部分(地上9階~34階)約41,500㎡、駐車場部分(地下4階~地下2階)約15,100㎡
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年夏頃予定
◆ 竣工-2019年秋頃予定


Osakayodobashi170331
「阪急百貨店うめだ本店」13階の「屋上広場」から見た様子です。


Osakayodobashi170332
(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に先立って、ペデストリアンデッキの工事が始まっています。工事名は「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事」です。

 工期が2016年12月5日~2017年7月31日(予定)と短いので、先行して大阪ステーションシティの「カリヨン広場」と結ぶペデストリアンデッキの工事を行うようです。注文者は「ヨドバシカメラ」、施工者は「五洋建設」となっています。


Osakayodobashi170333
「仮囲い」が更に西側に伸びました。


Osakayodobashi170334
南西側から見た様子です。「仮囲い」の範囲がほぼ南面一帯に広がっています。大阪ステーションシティの「カリヨン広場」と結ぶペデストリアンデッキならここまで「仮囲い」は必要ありません。

 告知板等は掲示されていませんでしたが、これはどう見ても「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田」を外周するペデストリアンデッキの準備工事のように見えます。


Osakayodobashi170335
「仮囲い」の西端は南西側のエントランス付近まで到達しています。


Osakayodobashi170336
地上から見た様子です。


Osakayodobashi170337
南西側から引いて見た様子です。


Osakayodobashi170338
「グランフロント大阪」と結ぶペデストリアンデッキの工事はまだ始っていません。


Osakayodobashi170339
JR大阪駅側です。



|

2017年3月24日 (金)

もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地 地上56階、高さ約193mの「(仮称)梅田曽根崎計画」 詳細な概要が判明! 

Osakasonezaki170311
-もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地-
 
もと大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地の敷地面積は6,934.51㎡です。東側は「新御堂筋」、西側は「曽根崎お初天神商店街」に接しています。

 児童数の減少により、「大阪市立大阪北小学校」は2007年3月に閉校し、「大阪市立扇町小学校」に統合されています。併設されていた「大阪市立曽根崎幼稚園」も閉園されています。

 「もと大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地」の入札は公募型プロポーザル方式で実施され、事業予定者に「住友不動産」が決定しており、既存建物は解体済みです。

● (仮称)梅田曽根崎計画
 
昨日(3月23日)、大阪市から「(仮称)梅田曽根崎計画環境影響評価準備書」が公開されて詳細な概要が判明しました。

 引用資料 大阪市・環境アセスメント(2017/03/23)
 仮称)梅田曽根崎計画環境影響評価準備書

 2016年7月1日の「響評価方法書の縦覧」との比較では、延床面積約が120,000㎡から約111,500㎡に縮小、用途からオフィスを除外など一部変更がありますが、地上56階、地下1階、高さ約193mは変更がありません。

 
(仮称)梅田曽根崎計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区曽根崎二丁目73-2
◆ 階数-地上56階、地下1階
◆ 高さ-最高部約193m(航空法の高さ制限)
◆ 敷地面積-6,934.51㎡
◆ 建築面積-約5,200㎡
◆ 延床面積-約111,500㎡(容積率対象面積約75,900㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-共同住宅(分譲)、ホテル、店舗、サービス施設、公益施設(大阪市管理施設)等
◆ 総戸数-約900戸
◆ 客室数-約200戸
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者-(未定)
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2018年夏予定
◆ 竣工-2022年03月予定


Osakasonezaki170312
「北立面図、東立面図」です。


Osakasonezaki170313
「東西断面図」です。中央に立体駐車場を設けます。


Osakasonezaki170314
「低層部西面」です。


Osakasonezaki170315
「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」から見た様子です。曽根崎警察署越しに高さ約193mの「(仮称)梅田曽根崎計画」がそびえてイメージが一変します。 


Osakasonezaki160211
「大阪駅前第3ビル」の展望台から見た「(仮称)梅田曽根崎計画」の予定地です。このあたりの航空法での高さ制限は、制限高(海抜高)約193mとなっています。「約193m-地盤の高さ(海抜高)」がビルの高さ制限となります。


Osakasonezaki160224
東側の「新御堂筋」側から見た「(仮称)梅田曽根崎計画」の予定地です。



|

2017年3月19日 (日)

「茶屋町地区地区計画」の第三弾 「茶屋町B-2地区再開発準備組合」が事業協力者の公募を開始!

Osakachayamachi170311
-茶屋町地区地区計画-

 大阪市は、阪急梅田駅に隣接する茶屋町地区の約2.2haを再開発するために容積率を緩和し、地区を高層化へ誘導しています。

 第一弾して「A-1地区」にヤンマーの新本社ビル「YANMAR FLYING-Y BUILDING」、第二弾して「A-2地区」に「大阪工業大学 梅田キャンパス OIT梅田タワー」が完成しています。

● B-2地区
 第三弾してB-2地区」を再開発します。「茶屋町B-2地区再開発準備組合」は、事業協力者の公募を始めました。2017年6月に最優秀事業者を決める予定です。

 「B-2地区」は、「梅田東コミュニィ会館」や雑居ビル、駐車場などからなる地区面積約4,000㎡の東西に細長い敷地です。


Osakaumeda11051
「茶屋町地区地区計画」の街区図です。


Osakachayamachi170312
西側に、かつて梅田東小学校跡地の北側部分だった「梅田東コミュニィ会館」があります。


Osakachayamachi170313
中央には「ジャンカラ(ジャンボカラオケ広場)」が入った建物があります。


Osakachayamachi170314
東側は駐車場となっています。


Osakachayamachi170315
「B-2地区」を南東側から見た様子です。


Osakachayamachi170316
東側から見た様子です。カラフルな「ジャンカラ」のビルも「B-2地区」です。


Osakachayamachi170317
「新御堂筋」に面する雑居ビルのテナントが続々と閉店しています。この部分も「B-2地区」に含まれます。道路を拡幅するために解体されるようです。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場