31 大阪市・北部②

(2009年~)

2018年5月23日 (水)

「新ダイビル」の北東側 2018年4月24日(火)にオープンした「ライズホテル大阪北新地」

Osakadojima180511
-ライズホテル大阪北新地-

 「新ダイビル」の北東側にホテル「(仮称)北区堂島一丁目計画 新築工事」が建設されました。正式名称は「ライズホテル大阪北新地」で、客室数は220室です。2018年4月24日(火)にオープンしました。

ライズホテル大阪北新地の概要
◆ 計画名-(仮称)北区堂島一丁目計画 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島一丁目1番13号
◆ 交通-JR「北新地」駅より徒歩5分、Osaka Metro御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅より徒歩6分、京阪中之島線「大江橋」駅より徒歩3分
◆ 階数-地上15階、地下2階
◆ 高さ-43.58m
◆ 敷地面積-1,000.47㎡
◆ 建築面積-429.62㎡
◆ 延床面積-5,455.06㎡(容積対象床面積4,350.97㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-220室
◆ 建築主-信和不動産
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-信和建設
◆ 着工-2016年08月04日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年01月31日(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2018年04月24日


Osakadojima180512
南西側から見た下層階の様子です。


Osakadojima180513
階段があります。


Osakadojima180514
エントランス部分です。


Osakadojima180515
南東側から見た様子です。


Osakadojima180516
南東側から見た下層階の様子です。



|

2018年5月22日 (火)

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 旧1号ホーム(旧11番・12番のりば)が、2018年7月23日(月)始発から1番・2番のりばとして使用開始!

Osakashiosaka180221
-おおさか東線新大阪駅構内改良工事-

 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅~久宝寺駅」までを結ぶプロジェクトです。2018年度末の開業に向けて工事を行っています。

 関連工事として、在来線のJR新大阪駅では、「おおさか東線新大阪駅構内改良工事」が行われています。東端では新しいホームの新設工事が行われ、2012年12月16日始発から供用開始されました。

 それに伴い、新大阪駅構内の線路配線を変更が行われ、新しいホームは「新5号ホーム(新17番・18番のりば)」となりました。
 増設されたホームは、おおさか東線用ではなく、既存の各路線を西側から東側にそれぞれホーム1面分ずつ移動させ、その結果、空いた最も西側がおおさか東線のホームになります。

 引き続き、「旧4号ホーム(旧17番・18番のりば)」の改良工事が行われました。「新4号ホーム(新15番・16番のりば)」として2013年12月8日の始発から供用開始されました。

 引き続き、「旧3号ホーム(旧15番・16番のりば)」の改良工事が行われました。「新3号ホーム(新13番・14番のりば)」として2015年1月18日(日)の始発から供用開始されました。

 引き続き、「旧2号ホーム(旧13番・14番のりば)」の改良工事が行われました。「新2号ホーム(新11番・12番のりば)」として2016年2月1日(月)の始発から供用開始されました。

● 旧1号ホームを1番・2番のりばとして使用開始
 
現在は、「旧1号ホーム(旧11番・12番のりば)」の改良工事が行われており、おおさか東線のホームとなります。このホームの改良工事が完成すると、現在の島式4面8線から5面10線の形態になります。

 これまでは、使用しているホームが4面、のりばが11番~18番でした。全ての工事が完了し、5面全てのホームを使用する場合、のりばを11番~20番とすると、在来線20番のりばと新幹線20番のりばが重複してしまうことから、在来線ののりば番号を1番~10番に変更します。

 現在、改良工事のため使用休止している「旧1号ホーム(旧11番・12番のりば)」について、一部の特急列車を停車させることから、2018年7月23日(月)始発から1番・2番のりばとして使用開始します。

 引用資料 JR西日本(2018/05/21)
 新大阪駅 在来線のりば番号変更および休止中ホームの使用再開のお知らせ 

 これはサプライズでした。まさか一部の特急列車を停車させるとは思っていませんでした。私は2019年春の「おおさか東線」開業まで寝かしておくのかと思っていました。


Osakashiosaka180511
現在と2018年7月23日からの比較です。私は、「新1号ホーム(新1番・2番のりば)」は、「おおさか東線」専用かと思っていましたが、一部の特急列車を停車させる事になりました。「おおさか東線」は、本数が少ないのでダイヤに余裕があり全く問題がありません。

● 特急列車(はるか・くろしお)の上り・下りを分離
 現状、特急列車(はるか・くろしお)については、京都方面も関西空港・和歌山方面も同一ののりばを使用しています。2018年7月23日以降は、京都方面の特急列車(はるか・くろしお)を基本的に1番のりば発着とし、上下線で異なるのりばを使用することから、のりばが分かりやすくなります。


Osakashiosaka180222
おおさか東線のホームとなる「新1号ホーム(新1番・2番のりば)」です。


Osakashiosaka180227
「新1号ホーム(新1番・2番のりば)」の南側(大阪方)の「エスカレーター」と階段です。


Osakashiosaka180228
改良工事前は、停車する列車がとんどが特急だったので「待合室」がありました。おおさか東線には「待合室」は必要無いような気がしましたが、残されれました。どうして?? と思っていましたが、一部の特急列車を停車させる事となり納得しました。



|

2018年5月18日 (金)

「OAP(大阪アメニティパーク)」の近く 地上37階、高さ約126mの「ジオタワー南森町」 2018年5月14日の建設状況

Osakatenma180511
-ジオタワー南森町-

 「OAP(大阪アメニティパーク)」の近くの東天満2丁目に「阪急阪神不動産(旧:阪急不動産)」が地上37階、地下1階、高さ126.08mの超高層タワーマンションを建設中です

 当初は、地上30階の超高層ツインタワーマンションの建設が噂されていましたが、規模を大きくして1棟になりました。正式名称は「ジオタワー南森町」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 ジオタワー南森町

ジオタワー南森町の概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画、(仮称)大阪市北区東天満二丁目集合住宅新築計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区東天満二丁目15番1(地名地番)
◆ 交通-Osaka Metro谷町線「南森町」駅徒歩7分、Osaka Metro堺筋線「南森町」駅徒歩7分、JR東西線「大阪天満宮」駅徒歩3分
◆ 階数-地上37階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-126.08m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-2,850.97㎡
◆ 建築面積-1,408.64㎡
◆ 延床面積-27,792.41㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-250戸
◆ 建築主-阪急阪神不動産
◆ 設計者・監理者-フジタ
◆ デザイン監修-(外観)杢谷一級建築士事務所、(共用部)杢谷一級建築士事務所
◆ 施工者-フジタ
◆ 着工-2018年03月15日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2021年01月下旬予定
◆ 入居開始-2021年03月下旬予定


Osakatenma180512
「位置図」です。


Osakatenma180513
「ジオタワー南森町」の建設現場を北東側から見た様子です。


Osakatenma180514
「三点式パイルドライバ」です。「山留め壁」を構築しています。


Osakatenma180515
北西側から見た様子です。


Osakatenma180516
南西側から見た様子です。


Osakatenma180517
南東側から見た様子です。


Osakatenma180518
正式名称は「ジオタワー南森町」となっています。


Osakatenma180519
「(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画」の建築計画のお知らせの概要部分です。高さが130.00mから126.08mに変更されていました。どの部分の高さかは不明です。


Osakatenma171016
建築計画のお知らせの「立面図」です。 立面図は修正されておらず、最高部約130m、建築物約127mのままでした。



|

2018年5月15日 (火)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018/05/14 地上躯体の構築が始まる!

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi18051411
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi18051412
「グランフロント大阪 南館」から見た様子です。


Osakayodobashi18051413
逆打ち工法

 1階床の鉄骨建方の様子です。1階床を最初に構築して重機等が乗入れる「作業床」として使用します。その後に地上階は上に向かって、地下階は下に向かって構築します。

 地下階は地下1階→地下2階→地下3階→地下4階と下に向かって構築するので、このような工法を「逆打ち工法」と言います。


Osakayodobashi18051414
敷地東側です。


Osakayodobashi18051415
地上部分の鉄骨建方が始まる!

 遂に地上部分の「鉄骨建方」が始まりました。東京にはJR大阪駅から夜間高速バスで行ったのですが、バスに乗る前に建設現場を見ました。

 東京に行っている間に地上部分の「鉄骨建方」が始まりそうな雰囲気だったので、 ”決定的な瞬間を撮影したかったのになんともタイミングが悪いなあ・・・” と思っていましたが、帰って来たら予想通り地上部分の「鉄骨建方」がかなり進んでいました。


Osakayodobashi18051416
東側のタワークレーンの設置場所

 梁に「こぶ」が見えます。この部分に東側の「タワークレーン」の「ベース架台」を固定します。タワークレーンは「フロアクライミング方式」となります。


Osakayodobashi18051417
敷地南側で1階床の「鉄骨建方」が本格的に行われています。


Osakayodobashi18051418
残るは南西側のみです。


Osakayodobashi18051419
「山留め壁」が見えます。地下階で一部連結もしくは通路でつながるので、「山留め壁」は一部撤去されます。



|

「扇町公園」の近く 地上30階、高さ約107mの「シティタワー東梅田パークフロント」 2018年5月14日の建設状況

Osakaogimachi180511
-シティタワー東梅田パークフロント-
 
地下鉄堺筋線扇町駅近くの地上4階の「堀川ビル」には、「大日本住友製薬」の子会社の「ニチエイ産業」や「エイコーサービス」が入っていましたが、ビルの北側にあった地上2階の立体駐車場「ニチエイパーキング」と共に「住友不動産」に63億4500万円で売却されました。

 跡地には、地上30階、塔屋2階、地下1階、高さ107.68mの超高層タワーマンション「(仮称)大阪扇町計画新築工事」が建設されています。正式名称は「シティタワー東梅田パークフロント」となっています。

シティタワー東梅田パークフロントの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪扇町計画新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪府大阪市北区野崎町26番1(地番)
◆ 交通-大阪地下鉄谷町線「東梅田」駅から徒歩10分、大阪地下鉄堺筋線「扇町」駅から徒歩4分、 大阪地下鉄谷町線「南森町」駅から徒歩7分、JR東西線「大阪天満宮」駅から徒歩10分、 大阪地下鉄御堂筋線「梅田」駅から徒歩13分
◆ 階数-地上30階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-107.68m  *建築物もしくは軒高の可能性あり
◆ 敷地面積-4,944.52㎡(販売対象面積4,944.57㎡)  
◆ 建築面積-2,642.16㎡
◆ 延床面積-49,808.73㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(36本)
◆ 地震対策-基礎免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ挿入型積層ゴム支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-490戸
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-前田建設工業
◆ 施工者-前田建設工業
◆ 着工-2016年06月中旬頃
◆ 竣工-2019年01月上旬予定 
◆ 入居開始-2019年06月下旬予定


Osakaogimachi180512
「扇町公園」から見た様子です。


Osakaogimachi180513
北東側から見た様子です。


Osakaogimachi180514
あと少しで最高部に到達するように見えます。


Osakaogimachi180515
北東側から見た下層階の様子です。


Osakaogimachi180516
南東側から見た様子です。


Osakaogimachi180517
南東側から見た下層階の様子です。



|

2018年5月14日 (月)

大阪ビジネスパーク(OBP)がほぼ完成へ (仮称)京阪神 OBPビル 新築工事 2018年5月14日の状況

Osakaobp180511
(仮称)京阪神 OBPビル 新築工事
 
東京(首都圏)に撮影に行っていて更新を休んでいました。5月上旬に行ったのは、「安室ちゃん」の「東京ドーム」のライブに合わせたためです。今日から本格的に更新を再開しますのでよろしくお願いします。

 「富士通関西システムラボラトリ」と「KDDI大阪第2ビル」の間に富士通の駐車場がありましが、2017年3月1日に「京阪神ビルディング」が富士通から取得していました。

 「京阪神ビルディング」は、大阪地区での「データセンター」の旺盛な需要に応えるため、「大阪ビジネスパーク(OBP)」に、最高水準の安全性・信頼性・効率性を備えたグローバルで通用するデータセンタービル「(仮称)京阪神 OBPビル 新築工事」を建築する予定です。

 引用資料 京阪神ビルディング(PDF:2018/05/10)
 固定資産の取得(建築)に関するお知らせ

 「(仮称)京阪神 OBPビル 新築工事」が完成すると「大阪ビジネスパーク(OBP)」のほぼ全区画が完成する事になります。

(仮称)京阪神 OBPビル 新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区城見二丁目2番7
◆ 階数-(不明)
◆ 高さ-(不明)
◆ 敷地面積-6,671.94㎡
◆ 延床面積-40,025.00㎡
◆ 用途-データセンター
◆ 建築主-京阪神ビルディング
◆ 準備工事-2018年04月10日~2019年02月28日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 着工-2019年02月下旬予定
◆ 竣工-2021年02月下旬予定
◆ 取得額-建築・設備総額約280億円(予定)


Osakaobp180512
南西側から見た様子です。駐車場は閉鎖されて「仮囲い」で囲われています。


Osakaobp180513
計画名は「(仮称)京阪神 OBPビル 新築工事」です。「鹿島建設」により2018年4月10日~2019年2月28日(予定)で準備工事が行われています。


Osakaobp180514
南東側から見た様子です。隙間から覗くと「アスファルト」を剥がしていました。


Osakaobp180515
北東側から見た様子です。


Osakaobp180516
北西側から見た様子です。



|

2018年5月 1日 (火)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018年4月26日の建設状況

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi18042611
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi18042612
「グランフロント大阪 南館」から見た様子です。


Osakayodobashi18042613
逆打ち工法

 1階床の鉄骨建方の様子です。1階床を最初に構築して重機等が乗入れる「作業床」として使用します。その後に地上階は上に向かって、地下階は下に向かって構築します。

 地下階は地下1階→地下2階→地下3階→地下4階と下に向かって構築するので、このような工法を「逆打ち工法」と言います。


Osakayodobashi18042614
敷地東側です。


Osakayodobashi18042615
敷地南側です。


Osakayodobashi18042616
敷地南側で1階床の「鉄骨建方」が本格化しています。


Osakayodobashi18042617
「構真柱(こうしんちゅう)」の頭部分並んでいます。「捨てコンクリート」が打設されています。「捨てコンクリート」は、地下1階の構築が始まると解体されます。

 解体するのにコンクリートを打設するのは、建設現場に実寸の設計図を書く「墨出し」などを行う「作業床」として使用するためです。


Osakayodobashi18042618
角度を変えて見た様子です。


Osakayodobashi18042619
掘削が終わっていないのは、敷地南西側のわずかとなりました。「油圧ショベル」で掘削して、「構真柱(こうしんちゅう)」の頭部分を掘り出しています。


Osakayodobashi18042620
「構真柱(こうしんちゅう)」の頭部分が姿を現しています。



|

大阪の企業の星 売上高営業利益率がなんと55.6% 驚異の超高収益企業「キーエンス」

Osakakeyence180511
-キーエンス-

 私は、「無人島で1年過ごすとしたら何を持っていく?」と質問されたら「世界地図、会社四季報」と答えます。「世界地図、会社四季報」は見ていると妄想がどんどん広がって時間つぶしにはもってこいです。

 それくらい企業の決算を見るのが好きです。そうゆうこともあり企業の「決算短信」を見るのが大好きです。注目している企業は決算発表日にスマホですぐに見ます。

 「キーエンス」は4月26日に2018年3月期の連結決算を発表しました。売上高は実質ベースで28%増の5,268億円(526,847百万円)でした。
 営業利益は34%増の2,928億円(292,890百万円)で、売上高営業利益率は前期比より2.6ポイント上昇して55.6%になりました。この数値は驚異的という他はありません。

 キーエンス 決算短信(PDF:2018/04/26)
 平成30年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

 「キーエンス」は、1974年5月27日に兵庫県尼崎市で「リード電機」として設立されました。1986年に社名を「Key of Science」に由来する「キーエンス(KEYENCE)」に変更しました。本社・研究所は新大阪駅の近くにあります。

 私は、2000年頃まで高槻市に住んでいました。「キーエンス」の本社は1984年~1994年までの約10年間は高槻市にありました。そのため「キーエンス」の社用車をよく見かけましが、まさかこんな凄い会社になるとは夢にも思いませんでした。

● 工場を持たない「ファブレス経営」
 「キーエンス」は、社員の平均年収が非常に高い会社として有名です。事業内容は、「センサー、測定器、画像処理機器、制御・計測機器、研究・開発用解析機器、ビジネス情報機器」となっています。

 「キーエンス」は、工場を自前で持たない「ファブレス経営」です。そのため、設備関連費や労務費が極端に少ないのです。その分を研究開発に投資して、圧倒的な商品開発力を誇っています。

 ホームページには、 ”新商品の約7割は「世界初」もしくは「業界初」。お客様の欲しいというモノだけをつくっていたら、「世界初・世界最高」を生み出すことはできません。” と書かれています。

● 時価総額は日本6位の8兆円超!
 時価総額は、2018年4月27日の終値時点で、日本の全上場企業の中で6位の8,143,809百万円です。なんと8兆円を超えています。5位が「ソフトバンクグループ」、7位が「KDDI」、8位が「ソニー」なのでいかに凄いか分かると思います。


Osakakeyence180512
新大阪駅の近くにある「キーエンス本社・研究所」です。地上21階、地下1階、高さ約111mです。企業規模が大きくなり売上高5,000億円を超えたので、近くに「第2本社」を建設するのでは? と密かに妄想しています(笑)。


Osakakeyence180513
下層階です。


Osakakeyence180514
下層階の構造がユニークです。


Osakakeyence180515
「キーエンス」のロゴです。



|

2018年4月24日 (火)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 」 2018年4月20日の建設状況

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi18042011
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi18042012
「グランフロント大阪 南館」から見た様子です。


Osakayodobashi18042013
逆打ち工法

 1階床の鉄骨建方の様子です。1階床を最初に構築して重機等が乗入れる「作業床」として使用します。その後に地上階は上に向かって、地下階は下に向かって構築します。

 地下階は地下1階→地下2階→地下3階→地下4階と下に向かって構築するので、このような工法を「逆打ち工法」と言います。


Osakayodobashi18042014
敷地東側です。1階床が重機等が乗入れる「作業床」として使用されています。


Osakayodobashi18042015
2台の「クローラークレーン」も作業床の上に移動しました。


Osakayodobashi18042016
「作業床」では非常に重い重機が稼働するので、1階床は非常に頑強に構築されています。


Osakayodobashi18042017
敷地西側もコンクリート打設が終わりました。


Osakayodobashi18042018
敷地北側は、1階床が完成しました。


Osakayodobashi18042019
敷地北側の1階床が完成したので、敷地南側で本格的に掘削工事が始まっています。


Osakayodobashi18042020
油圧ショベル」で掘削して、「構真柱(こうしんちゅう)」の頭部分を掘り出しています。


Osakayodobashi18042021
掘削土を敷地外に運び出す「ダンプトラック」がスタンバイしています。


Osakayodobashi18042022
この部分の1階床の鉄骨ともうすぐ一体化します。



|

2018年4月17日 (火)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018/04/13 1階床が「作業床」として使用開始!

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi18041311
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi18041312
「グランフロント大阪 南館」から見た様子です。


Osakayodobashi18041313
逆打ち工法

 1階床の鉄骨建方の様子です。1階床を最初に構築して重機等が乗入れる「作業床」として使用します。その後に地上階は上に向かって、地下階は下に向かって構築します。

 地下階は地下1階→地下2階→地下3階→地下4階と下に向かって構築するので、このような工法を「逆打ち工法」と言います。


Osakayodobashi18041314
敷地東側です。東側は1階床の「コンクリート」の打設が終わっています。


Osakayodobashi18041315
東端から1階床が重機等が乗入れる「作業床」として使用開始されました。


Osakayodobashi18041316
敷地東側では、既存の「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田」とすでに一部接続されています。


Osakayodobashi18041317
「コンクリートポンプ車」が、長いブームを伸ばしてコンクリートを打設しています。


Osakayodobashi18041318
「コンクリートミキサー車」と「コンクリートポンプ車」が連携してコンクリートを打設しています。


Osakayodobashi18041319
1階床の配筋された鉄筋の上にコンクリートを打設しています。


Osakayodobashi18041320
この部分の1階床の鉄骨建方は前回と変化がありません。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場