31 大阪市・北部②

(2009年~)

2024年5月14日 (火)

大和ハウス工業 2024年3月期の連結決算 売上高5兆2029億円 5兆円突破は関西では「パナソニックホールディングス」に続く2社目!

Osakadaiwa220913
-大和ハウス工業-

 「大和ハウス工業」の本社・本店は、大阪府大阪市北区梅田三丁目3番5号の「大和ハウス大阪ビル」にあります。「大和ハウス工業」の元となった会社は、1947年に奈良県奈良市で設立され、1955年4月5日に「大和ハウス工業株式会社」が創業しました。

 「大和」は創業者の出身地・奈良県の旧国名からとったものです。「ヤマト」ではなく「ダイワ」と読ませたのは「大いなる和をもって経営に当たりたい」という意味を持たせるため、また「ハウス工業」は建築物を工業化しようという創業理念を示しています。

● M&Aや多角化で急成長!
 下記の不動産大手5社と比べると「大和ハウス工業」の売上高の大きさが分かると思います。大和ハウス工業が急成長したのは、M&A(企業の合併・買収)や多角化です。

 買収で一番大きかったのは、準大手ゼネコンの「フジタ」です。多角化では、「健康余暇、インテリア建材、物流、ホームセンター、都市型ホテル、環境エネルギー、損害保険代理店・クレジットカード、オートリース・パーキング・カーシェア」などを行っています。

 近年は海外事業の成長も大きく貢献しています。住宅着工が堅調なアメリカで順次、事業エリアを広げています。2022年に6,010戸だったアメリカでの戸建て住宅の供給戸数を、2026年に1万戸まで引き上げる目標を掲げています。

不動産大手5社の2024年3月期連結決算(売上高/営業利益)
1位 三井不動産-2,383,289百万円(339,690百万円)
2位 三菱地所-1,504,687百万円(278,627百万円)
3位 東急不動産HD-1,103,047百万円(120,238百万円)
4位 住友不動産-967,692百万円(254,666百万円)
5位 野村不動産HD-734,715百万円(112,114百万円)

参考
------------------------------------------------
** 大和ハウス工業-5,202,919百万円(440,210百万円)
** 積水ハウス-3,107,242百万円(270,956百万円)

(備考)不動産大手5社と大和ハウス工業は2024年3月期連結決算、積水ハウスは2024年1月期連結決算です。


Daiwasekisui220812
大和ハウス工業の連結業績

 「大和ハウス工業」は、2024年5月10日に「2024年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)」を発表しました。2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の連結決算では、売上高5,202,919百万円(前年同期比6.0%増)、営業利益440,210百万円(前年同期比5.4%減)となりました。

 大和ハウス工業 決算短信(PDF:2024/05/10)
 2024年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

 売上高が初めて5兆円を突破しました。銀行や保険業などを除く関西の企業としては「パナソニックホールディングス(HD)」に続く2社目となります。 

● 2025年3月期の連結業績予想
 2025年3月期の連結業績予想(2024年4月1日~2025年3月31日)は、売上高5,250,000百万円(前年同期比0.9%増)、営業利益400,000百万円(前年同期比9.1%減)と予想をしています。

大和ハウス工業の連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
1998年3月   1,069,789百万円     42,305百万円
1999年3月      896,005百万円     40,215百万円
2000年3月      951,072百万円     47,497百万円
-----------------------------------------
2001年3月   1,016,236百万円     44,289百万円
2002年3月   1,197,924百万円     46,031百万円
2003年3月   1,184,543百万円     45,271百万円
2004年3月   1,224,647百万円     59,660百万円
2005年3月   1,365,913百万円     67,849百万円
2006年3月   1,528,983百万円     80,072百万円
2007年3月   1,618,450百万円     85,678百万円
2008年3月   1,709,254百万円     89,120百万円
2009年3月   1,690,956百万円     73,580百万円
2010年3月   1,609,883百万円     62,714百万円
-----------------------------------------
2011年3月   1,690,151百万円     87,697百万円
2012年3月   1,848,797百万円   114,955百万円
2013年3月   2,007,989百万円   128,024百万円
2014年3月   2,700,318百万円   163,576百万円
2015年3月   2,810,714百万円   180,352百万円
2016年3月   3,192,900百万円   243,100百万円
2017年3月   3,512,909百万円   310,092百万円
2018年3月   3,795,992百万円   347,141百万円
2019年3月   4,143,505百万円   372,195百万円
2020年3月   4,380,209百万円   381,114百万円
-----------------------------------------
2021年3月   4,126,769百万円   357,121百万円
2022年3月   4,439,536百万円   383,256百万円
2023年3月   4,908,199百万円   465,370百万円
2024年3月   5,202,919百万円   440,210百万円

2025年3月予想
2025年3月   5,250,000百万円   400,000百万円(会)
2025年3月   5,121,567百万円   418,783百万円(コ)

(備考) (会)は会社予想、(コ)はアナリスト予想(コンセンサス)です。コンセンサスは頻繁に変更されます。上記のコンセンサスは2024年5月14日時点の数値です。



|

2024年5月13日 (月)

リーガロイヤルホテル(大阪)を含む 面積約9.6haの「中之島五丁目土地区画整理事業」& なにわ筋線「(仮称)中之島駅」

Osakanakanoshima240511
-中之島五丁目地区土地区画整理事業-
 「中之島五丁目地区」は、古くから大阪の経済・文化・行政の諸活動の中心であり、多様な文化機能、国際的な交流機能、商業機能、滞在機能などの都心機能の充実・強化をめざして開発・整備が進められている中之島の一角にあり、都市再生特別措置法に基づく「中之島周辺地域 特定都市再生緊急整備地域」としても位置付けられています。

 京阪中之島線の整備やなにわ筋線新駅の計画による交通利便性の向上やウォーターフロントの立地特性を活かして、低未利用地の土地利用転換等により、中枢業務機能の充実や質の高い都市空間の創出を図ることを目的とします。

 また、地区南側に位置する市道中之島線(南岸道路 幅員10m)及び都市計画道路中之島歩行者専用道2号線(幅員6m~8m)の整備を「中之島五丁目地区土地区画整理事業」の整備に併せて行います。

● 中之島五丁目地区地区計画の決定!
 大阪市では、次の地区計画原案について、都市計画法第16条第2項の規定に基づく大阪市地区計画等の案の作成手続に関する条例第2条の規定により、公衆縦覧を実施します。「中之島五丁目地区地区計画」の面積は約9.6haです。

 引用資料 大阪市・公式HP(2023/08/29)
 報道発表資料 地区計画原案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します


Osakanakanoshima230811
「配置図」です。「A地区」は約4.1ha、「B地区」は約4.8ha、「C地区」は約0.7ha、総面積約9.6haです。


Osakanakanoshima240512
「中之島五丁目土地区画整理事業」は、「竹中土木」の施工で行われています。


Osakanakanoshima240513
「中之島五丁目土地区画整理事業」の様子です。


Osakanakanoshima240514
「中之島五丁目土地区画整理事業」の様子です。


Osakanakanoshima240515
「中之島五丁目土地区画整理事業」の様子です。


Osakanakanoshima240516
「中之島五丁目土地区画整理事業」の様子です。


Osakanakanoshima240517
北側寄りです。


Osakanakanoshima240518
西側寄りです。


Osakanakanoshima240519
南側寄りです。


Osakanakanoshima240520
「中之島五丁目土地区画整理事業」の東側のなにわ筋では、なにわ筋線「(仮称)中之島駅」の工事が行われています。


Osakanakanoshima240521
「三点式パイルドライバ」です。「三点式パイルドライバ」で、「SMW工法(ソイルセメント柱列壁工法)」により「土留め壁」の構築を行っています。



|

2024年5月 8日 (水)

「グランフロント大阪オーナーズタワー」の北側 大和ハウス工業のオフィスビル「(仮称)うめきたオフィスPJ」 2024年4月26日の建設状況

Osakadyna240511
-(仮称)うめきたオフィスPJ-

 「グランフロント大阪オーナーズタワー」の北側に「Dyna合同会社(大和ハウス工業が出資するSPC(特別目的会社))」がオフィスビルを建設中です。

 概要は、地上12階、地下0階、高さ53.400m、延床面積15,180.57㎡のオフィスビルになります。設計者・施工者も「大和ハウス工業」が担当しています。2022年12月1日に着工し、2024年7月30日に竣工予定です。

(仮称)うめきたオフィスPJの概要
◆ 所在地-大阪駅北大深西地区土地区画整理事業 街区番号5符号7(仮換地)
◆ 交通-阪急電鉄京都線「大阪梅田」駅徒歩8分、Osaka Metro御堂筋線「梅田」駅徒歩10分、JR東海道本線「大阪」駅徒歩12分
◆ 階数-地上12階、地下0階
◆ 高さ-53.400m
◆ 敷地面積-2,300.01㎡
◆ 建築面積-1,491.01㎡
◆ 延床面積-15,180.57㎡(容積率対象面積13,780.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-オフィス、物品販売業を営む店舗、駐車場
◆ 建築主-Dyna合同会社(大和ハウス工業が出資)
◆ 設計者-大和ハウス工業
◆ 施工者-大和ハウス工業
◆ 着工-2022年12月01日
◆ 竣工-2024年07月30日予定


Osakadyna240512
「3階〜11階 平面図」です。


Osakadyna240513
「(仮称)うめきたオフィスPJ」の2024年4月26日の建設状況です。


Osakadyna240514
南東側から見た様子です。


Osakadyna240515
南西側から見た様子です。


Osakadyna240516
西側から見た様子です。ビルの北西側に「コア」があることもありますが、西面にはほとんど窓がありません。


Osakadyna240517
ビルの西側にまだ用地があるので、将来的にはビルが建設される可能性があります。西面にほとんど窓が無いので、いろいろと妄想してしまいます。


Osakadyna230716
「(仮称)うめきたオフィスPJ」の建築計画のお知らせです。


Osakadyna230717
「南立面図」です。


Osakadyna230718
「配置図」です。



|

2024年5月 7日 (火)

「中津」に新たなタワーマンション 地上36階、高さ121mの「ザ・パークハウス 大阪梅田タワー」 2024年4月26日の建設状況

Osakanakatsu240511
-ザ・パークハウス 大阪梅田タワー-
 タワーマンションが集積している梅田の北側の「中津」に新たなタワーマンションが建設されています。建設場所は「駐車場」として使用されていました。

 「中津」のタワーマンション群が建設されている時に、撮影時に通る道沿いだったので「ここにもタワーマンションが建設されるかも?」と妄想していましたが、予想通りタワーマンションが建設される事になりました。

 概要は、地上36階(最上階住戸は34階)、地下0階、高さ121.65m、総戸数173戸で、正式名称は「ザ・パークハウス 大阪梅田タワー」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 ザ・パークハウス 大阪梅田タワー

ザ・パークハウス 大阪梅田タワーの概要 
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区中津一丁目計画 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市北区中津一丁目4番3
◆ 交通-阪急神戸線・宝塚線・京都線「大阪梅田」駅より徒歩6分、JR東海道本線・支線・大阪環状線「大阪」駅より徒歩10分、Osaka Metro御堂筋線「梅田」駅より徒歩8分、阪神本線「大阪梅田」駅より徒歩13分、Osaka Metro谷町線「東梅田」駅より徒歩13分、Osaka Metro四つ橋線「西梅田」駅より徒歩16分、Osaka Metro御堂筋線「中津」駅より徒歩2分、阪急神戸線・宝塚線「中津」駅より徒歩6分
◆ 階数-地上36階(最上階住戸は34階)、地下0階
◆ 高さ-最高部121.65m
◆ 敷地面積-1,706.70㎡(売買対象面積)
◆ 建築面積-824.10㎡
◆ 延床面積-19,671.12㎡(容積対象面積12,809.56㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-173戸
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、安田不動産、JR西日本プロパティーズ
◆ 設計者・監理者-現代綜合設計
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2023年01月下旬
◆ 竣工-2025年09月下旬予定
◆ 入居開始-2025年11月下旬予定


Osakanakatsu240512
「南外観完成予想CG」です。


Osakanakatsu240513
「エントランスアプローチ完成予想CG」です。


Osakanakatsu240514
「グリーンプロムナー」です。


Osakanakatsu240515
「位置図」です。


Osakanakatsu240516
梅田北側の「中津」のタワーマンション群です。


Osakanakatsu240517
「ザ・パークハウス 大阪梅田タワー」の2024年4月26日の建設状況です。タワークレーンが姿を現しています。


Osakanakatsu240518
南西側から見た様子です。


Osakanakatsu240519
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu240520
南東側から見た様子です。


Osakanakatsu240523
「(仮称)大阪市北区中津一丁目計画」の建築計画のお知らせです。


Osakanakatsu240522
「南立面図」です。



|

2024年5月 5日 (日)

「大阪マルビル」の建て替え 高さの最高限度192mの「梅田一丁目中央地区」 大阪マルビル解体工事 2024年4月26日の解体状況

Osakamaru240211
-大阪マルビルを建て替え-

 「大和ハウス工業」と「大阪マルビル」は、ホテルや飲食店などで構成される複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を決定しました。また、解体工事後の敷地を活用して、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催期間中はバスターミナルとして敷地を貸し出し、バスの発着場、待機場として活用します。

 「大阪マルビル」は、大阪の超高層ビルの先駆けとして1976年に竣工し、その円筒形のユニークな形状から大阪のランドマーク的な存在として長らく親しまれてきました。

 しかし、50年近くを経過し、建物・設備の老朽化や周辺施設との競争力の低下が課題となってきました。そこで、大和ハウス工業および大阪マルビルは、建て替えを決定し、より質の高い商品・サービスを提供でき、大阪の新たなランドマークとなりうる施設として刷新することとしました。

 2030年春の完成を目指します。工事期間に開催される2025年日本国際博覧会への貢献を考え、2025年4月13日~10月13日の開催期間中に、万博会場にアクセスするバスのターミナルとして敷地を提供します。

● 高さの最高限度192m、容積率2000%!
 大阪マルビルの建て替えの概要が少し判明しました。計画名が「梅田一丁目中央地区」、高さの最高限度が192m、建築物の容積率の最高限度が2000%です。敷地面積3,244.62㎡なので、容積率2000%と仮定、容積対象外面積を含めると7万㎡くらいの超高層ビルが建設可能です。

 引用資料 大阪府・公式HP(2024/02/28) リンク切れ
 公述及び傍聴の対象となる都市計画の変更の案(令和5年度第8回)


Osakamaru240212
「地下連絡通路」です。


Osakamaru240511
「大阪マルビル」の2024年4月26日の解体状況です。

● 大阪マルビル解体工事
 解体工事の工事名は「大阪マルビル解体工事」、大和ハウスグループの「フジタ」の施工で解体工事が行われています。解体工事の工期は、2023年5月8日~2024年10月31日(予定)となっています。


Osakamaru240512
北東側から見た様子です。


Osakamaru240513
東側から見た下層階の様子です。


Osakamaru240514
南東側から見た様子です。


Osakamaru240515
南東側から見た下層階の様子です。


Osakamaru240516
南側から見た下層階の様子です。


Osakamaru240517
南西側から見た下層階の様子です。


Osakamaru240518
北西側から見た下層階の様子です。


Osakamaru240519
解体工事の工事名は「大阪マルビル解体工事」、大和ハウスグループの「フジタ」の施工で解体工事が行われています。


Osakamaru240520
解体工事の工期は、2023年5月8日~2024年10月31日(予定)となっています。


Osakamaru220511
(解体工事前)大阪マルビル
 「大阪マルビル」は、大阪の超高層ビルの先駆けとして1976年に竣工し、その円筒形のユニークな形状から大阪のランドマーク的な存在として長らく親しまれてきました。

大阪マルビル(大阪第一ホテル)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目9-20
◆ 交通-JR「大阪駅」徒歩3分、阪神「大阪梅田駅」徒歩3分、Osaka Metro四つ橋線「梅田駅」徒歩3分、Osaka Metro御堂筋線「梅田駅」徒歩7分
◆ 階数-地上30階、塔屋3階、地下4階
◆ 高さ-最高部123.92m、軒高112.21m
◆ 敷地面積-3,244.62㎡
◆ 延床面積-41,069.40㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、店舗
◆ 客室数-460室(宴会室5室、レストラン1)
◆ 建築主-吉本ビルディング
◆ 設計者-フジタ工業(現:フジタ)
◆ 施工者-フジタ工業(現:フジタ)
◆ 着工-1973年10月16日
◆ 竣工-1976年03月31日
◆ オープン-1976年04月16日



|

2024年5月 3日 (金)

御堂筋の玄関口にランドマークビル 地上31階、高さ約149mの「淀屋橋駅東地区都市再生事業」 2024年4月26日の建設状況

Osakayodoyabashi220711_20220713061701
-淀屋橋駅東地区都市再生事業-
 「日本土地建物(現:中央日本土地建物)」と「京阪ホールディングス」は、淀屋橋駅東地区都市再生事業の都市計画案が、大阪市の都市計画審議会で、都市再生特別地区として可決されたことを発表しました。

 日本土地建物が所有する「日土地淀屋橋ビル」と京阪ホールディングスが所有する「京阪御堂筋ビル」を共同で、地上31階、地下3階、高さ149.205mの超高層ビルに建て替え、新たなランドマーク形成を目指します。

● 2022年7月8日に新築工事に着手!
 「中央日本土地建物」と「京阪ホールディングス」は、淀屋橋駅東地区都市再生事業について、2022年7月8日に新築工事に着手しました。竣工は、2025年5月の予定です。

 引用資料 中央日本土地建物(PDF:2022/07/12)
 御堂筋の玄関口に、高さ約150mのランドマークビル 「淀屋橋駅東地区都市再生事業」着工

淀屋橋駅東地区都市再生事業の概要
◆ 計画名-(仮称)淀屋橋プロジェクト新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜三丁目1番1他(地番)
◆ 交通-京阪電車・Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅直結
◆ 階数-地上31階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-最高部149.205m
◆ 敷地面積-3,940.82㎡
◆ 建築面積-2,686.83㎡
◆ 延床面積-72,910.04㎡(容積対象面積62,978.99㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス、物販店舗、飲食店舗、駐車場
◆ 建築主-中央日本土地建物、京阪ホールディングス、みずほ銀行
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者―竹中工務店
◆ 解体工事-2020年10月10日~2022年04月30日
◆ 着工-2022年07月08日
◆ 竣工-2025年05月30日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 開業-2025年夏頃予定


Osakayodoyabashi220712_20220713061701
「完成イメージ」です。


Osakayodoyabashi220713_20220713061701
「完成イメージ(北西上空より)」です。


Osakayodoyabashi220714
「完成イメージ(北西角地上空より)」です。


Osakayodoyabashi220715
「完成イメージ(立体多目的広場)」です。


Osakayodoyabashi220716
「完成イメージ(VOID 空間内のリフレッシュスペース)」です。


Osakayodoyabashi220717
「完成イメージ(ビジネスラウンジ)」です。


Osakayodoyabashi220718
「完成イメージ(自然換気)」です。


Osakayodoyabashi220719
「完成イメージ(駅コンコース接続部)」です。


Osakayodoyabashi220720
「用途構成」です。


Osakayodoyabashi220721
「基準階平面計画」です。基準階面積約1,600㎡(約480坪)となっています。


Osakayodoyabashi220722
「位置図」です。


Osakayodoyabashi240521
「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の2024年4月26日の建設状況です。


Osakayodoyabashi240522
北側から見た様子です。


Osakayodoyabashi240523
かなり高くなりました。


Osakayodoyabashi240524
北西側から見た様子です。


Osakayodoyabashi240525
少し角度を変えた様子です。


Osakayodoyabashi240526
高さ50mラインです。


Osakayodoyabashi240527
「柱・梁カバー形式」のカーテンウォールです。


Osakayodoyabashi240528
南西側から見た様子です。


Osakayodoyabashi220421
「(仮称)淀屋橋プロジェクト」の建築計画のお知らせです。



|

2024年5月 1日 (水)

「関西電力病院」の敷地内 地上46階、高さ約168mの超高層タワーマンション「シエリアタワー中之島」 2024年4月26日の建設状況

Osakakanden240511
-関西電力病院-

 関西電力が、堂島川の北側にある「関西電力病院」の敷地を再整備して「新関西電力病院」を建設しました。工事は、Ⅰ期とⅡ期に分けて行われ、Ⅰ期は東側の駐車場部分に地上18階、塔屋1階、地下2階、高さ81.55m、許可病床数400床の新病院が建設されました。Ⅰ期部分は、2013年5月7月に開院しました。

 引き続きⅡ期工事が行われました。Ⅱ期工事は、敷地中央の既存の病棟を解体した後に、新病棟の残りの部分を建設しました。Ⅱ期工事では、エントランスロビーの一部や外来、屋上庭園、地下駐車場などが建設されました。Ⅱ期工事は、2015年3月末に竣工しました。敷地の最も西側には駐車場が整備され、将来活用予定地に充てます。

 「関西電力病院」の敷地西側の駐車場の「将来活用予定地」には、病院関係では無く超高層タワーマンション「(仮称)大阪市福島区福島2丁目プロジェクト」が建設される事になりました。

● シエリアタワー中之島
 
「関電不動産開」は、関西電力所有地の有効活用として、定期借地権付超高層タワーマンション「シエリアタワー中之島」を開発します。定期借地権付分譲マンションは、地価が高騰する都心の新たな土地活用スキームとして、関電不動産開発が積極展開しています。その中でも、今回は関西電力所有地ということで、関西電力グループの総力を結集し、大阪・中之島エリアの住環境を活かした物件開発を行います。

 引用資料 公式ホームページ
 シエリアタワー中之島

シエリアタワー中之島の概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市福島区福島2丁目プロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市福島区福島二丁目3番2(地番)
◆ 交通-京阪電車中之島線「中之島」駅徒歩5分、JR東西線「新福島」駅徒歩4分、阪神本線「福島」駅徒歩5分、JR大阪環状線「福島」駅 徒歩7分
◆ 階数-地上46階、地下0階
◆ 高さ-168.00m
◆ 敷地面積-2,972.83㎡
◆ 建築面積-1,462.23㎡
◆ 延床面積-46,721.95㎡
◆ 構造-筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-大林組独自の超高層制振構造システム「デュアル・フレーム・システム(DFS)」
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-364戸
◆ 建築主-関電不動産開発
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計、大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2022年05月上旬
◆ 竣工-2025年12月予定
◆ 入居開始-2026年04月予定


Osakakanden240512
「外観完成予想イメージ」です。


Osakakanden240513
「アクアエントランス完成予想図」です。


Osakakanden240514
「グランドエントランス完成予想図」です。


Osakakanden240515
「スカイラウンジ完成予想図」です。


Osakakanden221013
デュアル・フレーム・システム(D・F・S)
 地震対策として、大林組独自の超高層制振構造システム「デュアル・フレーム・システム(D・F・S)」を採用します。建物内側に構築した壁構造物(フリーウォール)を強固な「心棒」とし、その外周に柱と梁によるラーメン架構の住宅棟部を配置。揺れ方が異なる2つの構造体(心棒・住宅棟部)を連結した制振装置が、効率よく地震エネルギーを吸収し、地震・風による建物の揺れを小さくします。耐震構造や一般的な制振構造に比べ、地震による揺れを低減し、地震後の揺れを早く収めます。


Osakakanden240516
「位置図」です。


Osakakanden240517
「大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)」から見た「シエリアタワー中之島」の2024年4月26日の建設状況です。「いきものがかりのみなさん、こんにつあー!!2024 あなたと!わたしと!みんなで!歌いまSHOW!!」に行った友人に撮影してもらいました。


Osakakanden240518
大林組カラー「パッションオレンジ」2基のタワークレーンで建設しています。


Osakakanden240519
南側から見た様子です。


Osakakanden240520
南東側から見た様子です。


Osakakanden240521
東側から見た様子です。


Osakakanden240522
東側から見上げた様子です。


Osakakanden240523
北側から見上げた様子です。


Osakakanden240524
いきものがかり公式キャラクター「イッキーモンキー」です。


Osakakanden240525
「いきものがかり」のサイン色紙です。



|

2024年4月27日 (土)

ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 建物の外周を歩行出来る回遊デッキ 幕素材の屋根の設置が始まる 2024年4月26日の状況

Osakayodobashi240411
-ヨドバシカメラ マルチメディア梅田の回遊デッキ-

 「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」に建物の外周を歩行出来る回遊デッキが整備されました。大阪ステーションシティの「カリヨン広場」と結ぶ「Aデッキ」および一部の回遊デッキについては2017年6月30日に供用開始されました。その後、「ヨドバシ梅田 タワー」も完成して建物を1周出来るようになりました。

 しかし、理由はよく分かりませんが、屋根の設置が7年近く行われませんでした。ついにというかやっとというか「幕素材の屋根」の設置が始まりました。「グランフロント大阪 南館」と結ぶ歩行者デッキも早く工事を始めて欲しいです。


Osakayodobashi240412
南西側の「Bデッキ」です。


Osakayodobashi240413
「Bデッキ」を下から見た様子です。


Osakayodobashi240414
「Bデッキ」側の出入口です。「幕素材の屋根」が取り付けられました。


Osakayodobashi240415
西面です。「幕素材の屋根」の取り付けが完了しています。


Osakayodobashi240416
南面です。「幕素材の屋根」を取り付けています。東側の「Aデッキ」付近は「幕素材の屋根」の取り付けが完了しています。


Osakayodobashi240417
南面の「幕素材の屋根」です。


Osakayodobashi240418
南面の回遊デッキを一部閉鎖して「垂直昇降型高所作業車」などが置かれています。デッキ閉鎖後の夜間に工事を行っていると思われます。


Osakayodobashi240419
南東側から見た様子です。


Osakayodobashi240420
「Aデッキ」の東側に「幕素材の屋根」を取り付けています。



|

2024年4月 5日 (金)

「曾根崎警察署」の建て替え 「大阪府曾根崎警察署改築工事基本設計業務」の公募型プロポーザル 「安井建築設計事務所」を選定!

Osakasonezaki240411
-曾根崎警察署-

 大阪府都市整備部住宅建築局公共建築室は2024年4月3日に、「大阪府曾根崎警察署改築工事基本設計業務」の公募型プロポーザルで最優秀提案者に「安井建築設計事務所」を選定したと発表しました。

 日刊建設工業新聞(2024/04/04)
 大阪府/曾根崎警察署改築基本設計、安井建築設計事務所に

 引用資料 大阪府・公式HP(PDF)
 大阪府曾根崎警察署改築工事基本設計業務 公募型プロポーザルの概要

 現庁舎は1973年5月に完成しました。耐震改修工事を2013年・2014年度に実施済みですが、現在は老朽化が進み、浸水対策上の課題なども抱えます。大阪府が建て替え手法などを検討し、現在地での改築が最適だと判断しました。

 現庁舎は、地上11階、地下3階、延床面積13,477.48㎡ですが、新庁舎は、地上13階、地下2階。延床面積14,397.74㎡を想定しています。2026年度に現舎を撤去して新庁舎の建設に着工、2030年度の新庁舎完成を目指します。


Osakasonezaki240412
現在の「曾根崎警察署」です。


Osakasonezaki240413
「計画概要」です。


Osakasonezaki240414
「位置図」です。


Osakasonezaki240415
「配置図」です。



|

2024年3月25日 (月)

阪神電気鉄道 「大阪梅田駅改良工事」が2024年3月16日に完了 「新1番線~新4番線」がまるで別の駅のようにメチャメチャ綺麗に!

Osakahanshin240371
-大阪梅田駅改良工事-

 「阪神電気鉄道」では、2015年3月3日から実施している大阪梅田駅改良工事において、改良工事の進捗に伴い、2021年10月30日から、現在の1番線降車ホームの北側で構築していた新1番線の供用を開始しました。

 また、新1番線の供用開始に併せて、ホームからの転落事故等の防止策として、国、大阪府及び大阪市の補助を得て整備している新1番線ホームの可動式ホーム柵も供用を開始しています。

● 2024年3月16日(土)に完了!
 「阪神電気鉄道」では、2015年3月3日から大阪梅田駅の大規模な改良工事として、駅空間を拡大し、ホームの拡幅、ホームドアの整備、西改札口側へのエレベーターやエスカレーターの整備及び駅施設の美装化などを順次、行ってきましたが、2024年3月16日(土)に駅構内の工事が完了します。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2024/03/06)
 大阪梅田駅改良工事が3月16日(土)に完了


Osakahanshin211012
「新1番線供用開始前(2022年10月29日まで)」です。


Osakahanshin211013
「新1番線供用開始後(2022年10月30日から)」です。


Osakahanshin230171
「新2番線供用開始後(2023年1月28日(土)から」です。


Osakahanshin230611
「新3番線供用開始後(2023年5月27日(土)から)」です。


Osakahanshin230172
「改良工事完了後(2024年3月16日(土)から)」です。


Osakahanshin211015
「断面図」です。東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。


Osakahanshin240372
「新3番線」の乗車ホームと「新4番線」の乗降車ホームです。


Osakahanshin240373
「デジタルサイネージ」が稼働しています。


Osakahanshin240374
「新4番線」の乗降車ホーム側の「デジタルサイネージ」です。


Osakahanshin240375
「新3番線」の乗車ホーム側の「デジタルサイネージ」です。


Osakahanshin240376
柱は4面ありますが、「デジタルサイネージ」は東側の1面のみです。


Osakahanshin240377
「新3番線」の乗車ホームと「新4番線」の乗降車ホームの西側の柱には、「デジタルサイネージ」は設置されていません。


Osakahanshin240378
「新1番線」の乗降車ホームと「新2番線」の乗車ホームの「デジタルサイネージ」です。


Osakahanshin240379
ホーム東端です。


Osakahanshin240380
改札内コンコースです。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 08 JPタワー大阪 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際