31 大阪市・北部②

(2009年~)

2022年5月14日 (土)

これにはビックリ! 大阪のランドマーク的な存在「大阪マルビル」を建て替え 地上30階、高さ約123mの現状建物から高層化する予定!

Osakamaru220511
-大阪マルビルを建て替え-

 私はこのニュースには流石にビックリ仰天しました! ”今日は4月1日?”かと思いました(笑)。「大和ハウス工業」と「大阪マルビル」は、ホテルや飲食店などで構成される複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を決定しました。

 また、解体工事後の敷地を活用して、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催期間中はバスターミナルとして敷地を貸し出し、バスの発着場、待機場として活用します。

 大和ハウス工業(2022/05/13)
 「大阪マルビル」を建て替えます

 「大阪マルビル」は、大阪の超高層ビルの先駆けとして1976年に竣工し、その円筒形のユニークな形状から大阪のランドマーク的な存在として長らく親しまれてきました。
 しかし、50年近くを経過し、建物・設備の老朽化や周辺施設との競争力の低下が課題となってきました。そこで、大和ハウス工業および大阪マルビルは、建て替えを決定し、より質の高い商品・サービスを提供でき、大阪の新たなランドマークとなりうる施設として刷新することとしました。

 建て替え計画では、地上30階、高さ約123mの現状建物から高層化する予定で、多目的に利用できる大型ホールや、高機能オフィスの設置など、賑わい創出の場、文化交流の場としての役割を果たせるよう進化させます。

 2023年夏の工事着手、2030年春の完成を目指します。工事期間に開催される2025年日本国際博覧会への貢献を考え、2025年4月13日~10月13日の開催期間中に、万博会場にアクセスするバスのターミナルとして敷地を提供します。

大阪マルビル(大阪第一ホテル)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目9-20
◆ 交通-JR「大阪駅」徒歩3分、阪神「大阪梅田駅」徒歩3分、Osaka Metro四つ橋線「梅田駅」徒歩3分、Osaka Metro御堂筋線「梅田駅」徒歩7分
◆ 階数-地上30階、塔屋3階、地下4階
◆ 高さ-最高部123.92m、軒高112.21m
◆ 敷地面積-3,244.62㎡
◆ 延床面積-41,069.40㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、店舗
◆ 客室数-460室(宴会室5室、レストラン1)
◆ 建築主-吉本ビルディング
◆ 設計者-フジタ工業(現:フジタ)
◆ 施工者-フジタ工業(現:フジタ)
◆ 着工-1973年10月16日
◆ 竣工-1976年03月31日
◆ オープン-1976年04月16日


Osakamaru220512
南東側から見た「大阪マルビル」です。


Osakamaru220513
南側の一部は地上6階となっています。


Osakamaru220514
北東側から見た「大阪マルビル」です。

● タワーレコード梅田大阪マルビル店が閉店
 私は、地下にある「タワーレコード梅田大阪マルビル店」によく行っていました。「タワーレコード梅田大阪マルビル店」は、2022年1月19日(水)をもって閉店しました。建て替えのためのテナント退去が始まっているようです。


Osakamaru220515
約30mの円筒形ビル

 「大阪マルビル」は、1976年4月16日、当時の最新鋭の技術を結集した日本初の円形超高層ビルとしてオープンしました。オープン当初、大阪・梅田周辺のどの場所でもその姿を見ることができるランドマークであり、開業当時から話題性のある商業施設も入居し、情報発信基地としての機能も果たしていました。



|

2022年5月13日 (金)

阪急阪神ホールディングス 「大阪日興ビル」と「梅田OSビル」の一体開発 「大阪日興ビル」の信託受益権の一部を追加取得!

Osakasonezaki220511
-大阪日興ビル・梅田OSビル-

 「阪急阪神ホールディングス」は、「大阪日興ビル」と「梅田OSビル」の一体開発を検討しています。一体的な開発に向けて、テナントの退出が進んでいます。

 「大阪日興ビル」に入る「SMBC日興証券」の大阪支店は、2021年9月9日に 「梅田阪急ビルオフィスタワー」の25階に移転しました。「梅田OSホテル」は、2021年12月30日の宿泊利用をもって営業を終了しました。

● 大阪日興ビルの信託受益権の一部を追加取得!
 「阪急電鉄」は、「大阪日興ビル」の信託受益権の一部を追加取得した。持分は当初の33%から67%になりました。売却主は阪急阪神東宝グループの「オーエス」で、2022年4月1日に引き渡しを受けました。

 建設ニュース(2022/05/12)
 大阪日興ビルの信託受益権を追加取得/オーエスが売却/阪急電鉄


Osakasonezaki210812
北側が「大阪日興ビル」、南側が「梅田OSビル」です。


Osakasonezaki210813
大阪日興ビル

 「大阪日興ビル」は、地上10階、地下3階、 敷地面積1,259.60㎡、延床面積13,148.41㎡となっています。1972年9月に竣工しました。

大阪日興ビルの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区曾根崎二丁目51番(地番)
◆ 階数-地上10階、地下3階
◆ 敷地面積-1,259.60㎡
◆ 延床面積-13,148.41㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 所有者(信託受益権者)-阪急電鉄67%(オーエスの34%を阪急電鉄に売却)、阪神電気鉄道33%
◆ 竣工-1972年09月


Osakasonezaki210814
梅田OSビル(梅田OSホテル)
 「梅田OSビル(梅田OSホテル)」は、地上19階、塔屋2階、地下2階、客室数283室(313人)です。敷地面積933.98㎡、延床面積9,387.65㎡となっています。「梅田OSホテル」は、2021年12月30日の宿泊利用をもって営業を終了しました。

梅田OSビル(梅田OSホテル)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区曾根崎二丁目50番(地番)
◆ 階数-地上19階、塔屋2階、地下2階
◆ 敷地面積-933.98㎡
◆ 延床面積-9,387.65㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 客室数-283室(313人)
◆ 譲受人-阪急電鉄(譲渡人 オーエス)
◆ 竣工-1974年10月
◆ 開業-1974年10月17日


Osakasonezaki210815
大阪日興ビル+梅田OSビル

 「大阪日興ビル」と「梅田OSビル」の敷地面積を合計すると、大阪日興ビル1,259.60㎡+梅田OSビル933.98㎡=2,193.58㎡となります。

 すぐ北側の「清和梅田ビル」は、敷地面積1,941.27㎡で、地上21階、塔屋1階、地下2階、高さ104.29mです。「大阪日興ビル」と「梅田OSビル」を一体的に再開発すると高さ100mを超える可能性が充分にあります。



|

2022年5月11日 (水)

大阪企業の希望の星 空調のベンツと呼ばれる「ダイキン工業」 2022年3月期の連結決算 売上高3兆円・営業利益3,000億円突破!

Osakadaikin220511
-ダイキン工業-
 企業の決算が続々と発表されています。世界経済がコロナ禍から急回復しており好決算が続出しています。特に総合商社大手5社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)や海運大手3社(日本郵船、商船三井、川崎汽船)は、今まで見た事の無いような好決算となっています。

 大阪に本社を置く「キーエンス、ダイキン工業、クボタ、シマノ」などの優良企業も絶好調です。今や大阪に本社を置く製造業ではトップクラスとなった「ダイキン工業」ですが、本社は大阪府大阪市北区中崎西二丁目4-12の「梅田センタービル」にあります。
 
 「ダイキン工業」は、2022年末に本社を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に移転する予定です。本社移転は2024年に迎える創業100周年に向けた記念事業の一つでもあります。
 「梅田センタービル」には1987年から入居していましたが、企業の成長に伴う従業員数の増加で手狭となっており、拠点も分散していました。新本社に大阪市内や近郊に点在する拠点の集約を検討しており、本社部門の業務効率化を進めます。

 「ダイキン工業」は、1924年に「大阪金属工業所」として創業されました。1963年には「ダイキン工業」に社名を変更しています。世界首位級の「エアコン」が主力商品です。価格競争から距離を置き、高品質を前面に打ち出しているので、「空調のベンツ」とも呼ばれています。


Osakadaikin210812
ダイキン工業(DAIKIN)

 「ダイキン工業」は、2022年5月10日に「2022年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)」を発表しました。2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の連結決算では、売上高3,109,106(前年同期比24.7%増)、営業利益316,350百万円(前年同期比32.6%増)となりました。売上高・営業利益共に過去最高の業績です。

 ダイキン工業 決算短信(PDF:2022/05/10)
 2022年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

 遂に、売上高3兆円・営業利益3,000億円突破しました。日本を代表する大手電気メーカーの1社である「NEC(日本電気)」を、売上高・営業利益共に抜き去りました。今後、売上高が4兆円、5兆円と成長すると存在感を急速に増していく事が予想されます。

 「ダイキン工業」は、東京証券取引所では「機械」のカテゴリーに分類されていますが、私的にはどう見ても「電気機器」のカテゴリーに分類するべきだと思っています。

● 2023年3月期の連結業績予想
 2023年3月期の連結業績予想(2022年4月1日~2023年3月31日)は、売上高3,380,000百万円(前年同期比8.7%増)、営業利益340,000百万円(前年同期比7.5%増)と、売上高・営業利益共に過去最高の業績予想をしています。

ダイキン工業の連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
2007年3月      912,128百万円    80,939百万円
2008年3月   1,291,081百万円   128,098百万円
2009年3月   1,202,419百万円    61,394百万円
2010年3月   1,023,964百万円    44,037百万円
-----------------------------------------
2011年3月   1,160,330百万円    75,455百万円
2012年3月   1,218,700百万円    81,192百万円
2013年3月   1,290,903百万円    88,627百万円
2014年3月   1,787,679百万円   156,537百万円
2015年3月   1,915,013百万円   190,587百万円
2016年3月   2,043,691百万円   217,872百万円
2017年3月   2,043,968百万円   230,769百万円
2018年3月   2,290,560百万円   253,739百万円
2019年3月   2,481,109百万円   276,254百万円
2020年3月   2,550,305百万円   265,513百万円
-----------------------------------------
2021年3月   2,493,386百万円   238,623百万円
2022年3月   3,109,106百万円   316,350百万円

2023年3月予想 
2023年3月   3,380,000百万円   340,000百万円

米国グッドマンの買収で成長が加速!
 「ダイキン工業」は、2012年8月29日、アメリカの住宅向けエアコン大手の「グッドマン・グローバル」を総額37億ドル(当時の為替レートで約2960億円)で買収すると発表しました。

 アメリカで高いシェアを持つ「グッドマン・グローバル」を傘下に持つことで、手薄だったアメリカのでの住宅用空調機器事業を強化しました。業績の推移を見ても「グッドマン・グローバル」の買収により成長が加速した事が分かります。



|

2022年4月29日 (金)

「大阪三菱ビル」の跡地 地上32階、高さ約147mの「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」 2022年4月27日の建設状況

Osakaufj210111
-大阪三菱ビル-
 「大阪三菱ビル」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」の建て替えプロジェクトの受け皿として使用されていましたが、「三菱UFJ銀行大阪ビル」の竣工により、三菱UFJ銀行の「大阪営業部、大阪中央支店」が、2018年8月27日に移転したため建て替えが可能になりました。

 御堂筋に面して建つオフィスビル「大阪三菱ビル」の再開発が動き出します。大阪市は2020年1月30日に、都市計画都市再生特別地区に「堂島浜1丁目地区」の約0.5haを追加するため、都市計画案を公告しました。容積率の最高限度は800%程度から1,600%に引き上げます。建物高さの最高限度は高層部が147mとなります。

(仮称)大阪三菱ビル建替え計画
 「三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、三菱UFJリース」の4社は、大阪市北区堂島浜一丁目において、「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」を推進します。

 引用資料 三菱地所(PDF:2021/01/25)
  「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」について ~2024年、水都大阪の新たなランドマークとなる複合ビルが誕生~ 

 長らく地域のシンボルであった「大阪三菱ビル」を、その地域性、歴史性を踏まえ、周辺の水辺空間と一体となった水都大阪の新たなランドマークを目指し、地上32階、延床面積約67,000㎡のオフィス・ホテル主体の複合ビルへ建て替えるものです。

 ホテルゾーンには、唯一無二の4つ星ホテルを掲げる「カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント」のフラッグシップホテル「カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)」が出店します。

(仮称)大阪三菱ビル建替え計画の概要
◆ 計画名-(仮称)OM計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島浜一丁目 1-5(住居表示)
◆ 交通-京阪中之島線「大江橋」駅徒歩2分、京阪本線「淀屋橋」駅徒歩4分、Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅徒歩4分
◆ 階数-地上32階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部147.00m
◆ 敷地面積-3,571.88㎡
◆ 建築面積-2,550.00㎡
◆ 延床面積-67,000.00㎡(容積対象面積57,150.00㎡)  
◆ 構造-鉄骨造、地下一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(3階~15階)、ホテル(17階~31階)
店舗(1階・2階)駐車場(地下2階)
◆ 客室数-548室
◆ 建築主-オーエム4特定目的会社(三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、MULリアルティインベストメント(三菱UFJリースの100%子会社))
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計・竹中工務店設計監理共同体
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2020年02月15日~2021年10月14日
◆ 着工-2021年10月15日
◆ 竣工-2024年04月14日予定
◆ 開業-2024年夏予定(ホテル)


Osakaufj210112
「建物イメージ(南東から)」です。


Osakaufj210113
カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)

 最上階に大阪が一望できるスカイスパを備えた、カンデオホテルズのフラッグシップホテル「カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)」が出店します。「4つ星ホテル」というコンセプトを掲げます。客室数は548室です。


Osakaufj210115
「1階オフィスロビー イメージ」です。


Osakaufj210116
「オフィスフロア イメージ」です。


Osakaufj210117
「17階ホテルロビー イメージ」です。


Osakaufj210118
「客室 イメージ」です。


Osakaufj200113
「高さの最高限度」です。最高限度は147mです(引用:大阪市)。


Osakaufj220411
(仮称)大阪三菱ビル建替え計画である「(仮称)OM計画」の2022年4月27日の建設状況です。友人に撮影してもらいました。


Osakaufj220412
南東側から見た様子です。「鉄骨建方」が本格的に行われています。


Osakaufj220413
「クローラークレーン」で鉄骨建方を行っています。


Osakaufj220414
西側部分です。たくさんの「ブレース」が見えます。


Osakaufj220415
東側部分です。


Osakaufj220416
北東側から見た様子です。


Osakaufj220417
約3週間前の2022年4月5日の建設状況です。この3週間で一気に「鉄骨建方」が進んだ事が分かります。


Osakaufj210713
「(仮称)OM計画」の建築計画のお知らせです。


Osakaufj200312
解体前の「大阪三菱ビル」を南東側から見た様子です。



|

2022年3月22日 (火)

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 完成予定は2031年度に延期、事業費が694億円増えて2,326億円になる見込み!

Osakaawaji220311
-淡路駅付近連続立体交差事業-

 「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、東淀川区の「淡路駅」を中心とした阪急電鉄京都線3.3kmと千里線3.8kmの合計7.1kmを高架化し、17ヶ所の踏切を無くし、都市計画道路などの交差道路を整備するプロジェクトです。

 駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「柴島駅」、「下新庄駅」の4駅が高架駅になる予定です。1997年1月に用地買収に着手し、2008年9月に工事に着工しました。

 計画では2017年度末に高架切替、2020年度末に事業完了の予定でしたが、工期が大幅に遅れており、2015年10月13日に事業期間を7年延長する事を発表しています。2024年度末に高架切替、2027年度末に事業完了に向け工事を進めています。

 引用資料 大阪市
 阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業

● 事業完了は2031年度を予定し
 大阪市が阪急電鉄と共同で進めている「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」について、大阪市は2022年3月11日の市議会委員会で、事業費が694億円増えて2,326億円になる見込みだと説明しました。工事の安全対策などを講じるためということです。事業完了は更に遅れ、現時点は2031年度を予定しています。

 朝日新聞(2022/03/12)
 阪急高架工事費、694億円増の見込み 完成は19年遅れる見通し


Osakaawaji220312
改良後の「淡路駅」の手書きの配線図です。下りと(4階)と上り(3階)が立体交差になり「淡路駅」のネックだった頻発する信号待ちは解消されます。


Osakaawaji220313
「淡路駅」の完成イメージです。


Osakaawaji220314
「崇禅寺駅」の完成イメージです。


Osakaawaji220315
「柴島駅」の完成イメージです。


Osakaawaji220316
「下新庄駅」の完成イメージです。



|

2022年2月12日 (土)

大阪企業の希望 空調のベンツと呼ばれる「ダイキン工業」 2022年3月期の連結決算で売上高が遂に3兆円を超える見込み!

Osakadaikin220211
-ダイキン工業-
 企業の決算が続々と発表されています。世界経済がコロナ禍から急回復しており好決算が続出しています。特に総合商社大手5社(三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅)や海運大手3社(日本郵船、商船三井、川崎汽船)は、今まで見た事の無いような好決算となっています。

 大阪に本社を置く「キーエンス、ダイキン工業、クボタ、シマノ」などの優良企業も絶好調です。今や大阪に本社を置く製造業ではトップクラスとなった「ダイキン工業」ですが、本社は大阪府大阪市北区中崎西二丁目4-12の「梅田センタービル」にあります。
 
 「ダイキン工業」は、2022年末に本社を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に移転する予定です。本社移転は2024年に迎える創業100周年に向けた記念事業の一つでもあります。
 「梅田センタービル」には1987年から入居していましたが、企業の成長に伴う従業員数の増加で手狭となっており、拠点も分散していました。新本社に大阪市内や近郊に点在する拠点の集約を検討しており、本社部門の業務効率化を進めます。

 「ダイキン工業」は、1924年に「大阪金属工業所」として創業されました。1963年には「ダイキン工業」に社名を変更しています。世界首位級の「エアコン」が主力商品です。価格競争から距離を置き、高品質を前面に打ち出しているので、「空調のベンツ」とも呼ばれています。


Osakadaikin210812
ダイキン工業(DAIKIN)

 「ダイキン工業」は、2022年2月7日に「2022年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」を発表しました。2022年3月期第第2四半期(2021年4月1日~2021年12月31日)の連結決算では、売上高2,301,939百万円(前年同期比25.0%増)、営業利益259,501百万円(前年同期比33.4%増)となりました。

 ダイキン工業 決算短信(PDF:2022/02/07)
 2022年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2022年3月期の連結業績予想
 2022年3月期の連結業績予想(2021年4月1日~2022年3月31日)は、売上高3,050,000百万円(前年同期比22.3%増)、営業利益310,000百万円(前年同期比29.9%増)と、3回の上方修正が行われ、売上高・営業利益共に過去最高の業績予想をしています。予想通りなら売上高が遂に3兆円を超えます。

3回目の上方修正(売上高/営業利益)
◆ 2021年05月11日発表  2,750,000百万円/270,000百万円
◆ 2021年08月03日修正  2,810,000百万円/290,000百万円
◆ 2021年11月04日修正  2,930,000百万円/300,000百万円
◆ 2022年02月07日修正  3,050,000百万円/310,000百万円

ダイキン工業の連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
2007年3月      912,128百万円    80,939百万円
2008年3月   1,291,081百万円   128,098百万円
2009年3月   1,202,419百万円    61,394百万円
2010年3月   1,023,964百万円    44,037百万円
-----------------------------------------
2011年3月   1,160,330百万円    75,455百万円
2012年3月   1,218,700百万円    81,192百万円
2013年3月   1,290,903百万円    88,627百万円
2014年3月   1,787,679百万円   156,537百万円
2015年3月   1,915,013百万円   190,587百万円
2016年3月   2,043,691百万円   217,872百万円
2017年3月   2,043,968百万円   230,769百万円
2018年3月   2,290,560百万円   253,739百万円
2019年3月   2,481,109百万円   276,254百万円
2020年3月   2,550,305百万円   265,513百万円
-----------------------------------------
2021年3月   2,493,386百万円   238,623百万円

2022年3月予想 
2022年3月  3,050,000百万円   310,000百万円

米国グッドマンの買収で成長が加速!
 「ダイキン工業」は、2012年8月29日、アメリカの住宅向けエアコン大手の「グッドマン・グローバル」を総額37億ドル(当時のレートで約2960億円)で買収すると発表しました。

 アメリカで高いシェアを持つ「グッドマン・グローバル」を傘下に持つことで、手薄だったアメリカのでの住宅用空調機器事業を強化しました。業績の推移を見ても「グッドマン・グローバル」の買収により成長が加速した事が分かります。



|

2022年2月 6日 (日)

関西の超高収益企業(キーエンス、村田製作所) 2022年3月期の連結決算は、営業利益4,000億円超の破驚異的な好決算の見込み!

Osakakeyence220211
-キーエンス・村田製作所-
 2022月2月1日に「キーエンス」と「村田製作所」の2022年3月期第3四半期(2021年4月1日~2021年12月31日)の連結決算が発表されました。2022年3月期の連結業績予想(2021年4月1日~2022年3月31日)は、営業利益が共に4,000億円突破を見込んでいます。

 「キーエンス」と「村田製作所」は、共に超高収益企業でしたが、企業規模が小さく影響力は限られてきましたが、売上高が増えるにつれて、営業利益が急増しています。営業利益4,000億円を超えると影響力は非常に大きいです。

 1980年代~2000年代初めの日本電気メーカー大手9社は「松下電器産業、ソニー、三洋電機、シャープ、日立製作所、東芝、三菱電機、富士通、日本電気(NEC)」でした。2000年代に入って多くの電気メーカーが低迷し、日本の競争力低下の大きな要因となりました。

 元気な電気メーカーもありましたが、いずれも企業規模が小さく影響力は限られてきました。しかし、「ダイキン工業(機械)」は売上高3兆円に到達しようとしています。
 「日本電産(電気機器)、村田製作所(電気機器)、京セラ(電気機器)、東京エレクトロン(電気機器)、TDK(電気機器)」の5社は、売上高2兆円に近づいています。

 アメリカと違って世代交代が進まない日本企業ですが、これらの企業の売上高が3兆円を超える頃には日本の電気メーカーの勢力図が大きく変わります。その事が日本の電気メーカーおよび日本経済の復活に結びつくのは間違いないです。


Osakakeyence190512
キーエンス
 「キーエンス」の本社は、大阪府大阪市東淀川区東中島一丁目3番14号にあります。社員の平均年収が非常に高い会社として有名です。事業内容は、「センサー、測定器、画像処理機器、制御・計測機器、研究・開発用解析機器、ビジネス情報機器」となっています。

 「キーエンス」は、工場を自前で持たない「ファブレス経営」です。そのため、設備関連費や労務費が極端に少ないのです。その分を研究開発に投資して、圧倒的な商品開発力を誇っています。

 2022年3月期第3四半期(2021年4月1日~2021年12月31日)の連結決算では、売上高545,332百万円(前年同期比44.7%増)、営業利益302,411百万円(前年同期比61.0%増)となりました。

 キーエンス 決算短信(PDF:2022/02/01)
 2022年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2022年3月期の連結業績予想
 2022年3月期の連結業績予想(2021年4月1日~2022年3月31日)は、「キーエンス」は発表していません。ちなみにアナリスト予想(コンセンサス)では、売上高734,680百万円、営業利益408,051百万円と予想しています。売上高・営業利益共に驚異的な決算を予想しています。

キーエンスの連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
2011年3月    184,800百万円      86,600百万円
2012年3月    199,334百万円      91,145百万円
2013年3月    217,800百万円      99,200百万円
2014年3月    265,010百万円    130,689百万円
2015年3月    334,034百万円    175,719百万円
2016年3月    379,300百万円    201,300百万円
2017年3月    412,700百万円    218,900百万円
2018年3月    526,847百万円    292,890百万円
2019年3月    587,095百万円    317,868百万円
2020年3月    551,843百万円    277,631百万円 
-----------------------------------------
2021年3月    538,134百万円    276,758百万円 

2022年3月期予想
2022年3月    734,680百万円    408,051百万円(コ) 

(備考)2022年3月期予想は、キーエンスが未発表のためコンセンサス(アナリスト予想)のみになります。 


Kyotokyoto201114 
村田製作所

 「村田製作所」の本社は、JR長岡京駅前の京都府長岡京市東神足一丁目10番1号にあります。電子部品大手で、世界トップのセラミックコンデンサーが柱です。原料からのセラミック技術に強みを持っています。

 2022年3月期第3四半期(2021年4月1日~2021年12月31日)の連結決算では、売上高1,379,461百万円(前年同期比13.0%増)、営業利益336,028百万円(前年同期比40.1%増)となりました。

 村田製作所 決算短信(PDF:2022/02/01)
 2022年3月期 第3四半期決算短信〔米国基準〕(連結) 

● 2022年3月期の連結業績予想

 2022年3月期の連結業績予想(2021年4月1日~2022年3月31日)は、売上高1,770,000百万円、営業利益410,000百万円と、売上高・営業利益共に過去最高の業績予想をしています。ちなみにアナリスト予想(コンセンサス)では、売上高1,756,505百万円、営業利益396,280百万円となっています。

村田製作所の連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
1998年3月       362,252百万円     67,618百万円
1999年3月       367,048百万円     57,061百万円
2000年3月       459,125百万円    100,767百万円
-----------------------------------------
2001年3月       584,011百万円    174,248百万円
2002年3月       394,775百万円     51,001百万円
2003年3月       394,955百万円     59,187百万円
2004年3月       414,247百万円     74,210百万円
2005年3月       424,468百万円     69,515百万円
2006年3月       490,784百万円     89,839百万円
2007年3月       566,805百万円    113,365百万円
2008年3月       631,655百万円    115,752百万円
2009年3月       523,946百万円  ▲16,287百万円
2010年3月       530,819百万円     26,730百万円
-----------------------------------------
2011年3月       617,954百万円     77,485百万円
2012年3月       584,662百万円     44,973百万円
2013年3月       681,021百万円     58,636百万円
2014年3月       846,716百万円    125,891百万円
2015年3月    1,043,542百万円    214,535百万円
2016年3月    1,210,841百万円    275,406百万円
2017年3月    1,135,524百万円    201,215百万円
2018年3月    1,371,842百万円    163,254百万円
2019年3月    1,575,026百万円    266,807百万円
2020年3月    1,534,045百万円    253,247百万円
-----------------------------------------
2021年3月    1,630,193百万円    313,240百万円

2022年3月期予想
2022年3月    1,770,000百万円    410,000百万円(会)
2022年3月    1,756,505百万円    396,280百万円(コ)

(備考) (会)は会社予想、(コ)はアナリスト予想(コンセンサス)です。



|

2022年1月 7日 (金)

阪急阪神ホールディングス 「阪急村」を半世紀ぶりに大規模再開発 「大阪新阪急ホテル、阪急三番街、阪急ターミナルビル」の建て替えを検討!

Osakahankyu220111
-阪急村-

 2018年6月14日に「日本経済新聞」が、「阪急阪神ホールディングス」の「金城湯池」である大阪・梅田にあるオフィスビルや商業施設を2022年以降に順次建て替えると報道しました。それ以降は大きな報道がありませんでしたが、昨日(2022年1月6日)、各マスコミから再び報道しました。

 「阪急阪神ホールディングス」が、阪急電鉄・大阪梅田駅周辺の大規模再開発を計画しています。閉館が決まっている「大阪新阪急ホテル」に加え、商業施設「阪急三番街」やオフィスビル「阪急ターミナルビル」の建て替えを検討します。
 開業は2030年以降とみられ、半世紀ぶりの大規模再開発となります。将来的に西側のJR大阪駅周辺の施設と空中デッキで結ぶ構想で、ビジネスや観光拠点としての大阪・キタの機能が高まりそうです。

 引用資料 読売新聞(2022/01/06)
 梅田とJR大阪駅周辺、空中デッキで連結構想も…阪急がキタで半世紀ぶり大規模開発

 NHK(2022/01/06)
 阪急阪神ホールディングス 大阪梅田駅周辺で大規模再開発へ

 JR大阪駅周辺では、「うめきた2期」など大規模な再開発が進む一方、「阪急阪神ホールディングス」が多くの施設を保有する大阪梅田駅周辺には老朽化した建物が多いです。

 「阪急阪神ホールディングス」の角和夫会長は読売新聞の取材に対し、「2022年は新阪急ホテルの建て替えに向け始動する」とした上で、「ホテルを建て替えるということは、ホテルに連なるターミナルビルと三番街も(建て替えの)対象になる」と話しました。

 再開発については、「阪急阪神ホールディングス」が2022年春に発表する長期的な経営計画に盛り込む見通しです。今後、建て替えの順番や着工時期の本格検討に入り、大学などの誘致も念頭に、新たなビルの利用方法を詰めます。


Osakahankyu220112
再開発を検討するエリア

 「再開発を検討するエリア」です。「阪急三番街」も再開発の対象になっているのには驚きました。「阪急電鉄の大阪梅田駅の機能は維持し、電車の運行には影響はない」としていますが、大阪梅田駅の直下にある「阪急三番街」の再開発をどのように行うのか皆目見当がつきません(引用:読売新聞)。


Osakahankyu220113
大阪新阪急ホテル

 阪急村の再開発の第一弾となると思われる「大阪新阪急ホテル」です。「大阪新阪急ホテル」は、2024年度末に閉館する事が決まっています。その時に「阪急村」を半世紀ぶりに大規模再開発する号砲が鳴ります。


Osakahankyu220114
北西側から見た様子です。


Osakahankyu220115
阪急ターミナルビル

  阪急17番街のある「阪急ターミナルビル」は、阪急の「大阪梅田駅」の直上にあるため超難工事となります。


Osakahankyu220116
阪急うめだ本店の「屋上広場」から見た様子です。


Osakahankyu220117
阪急の「大阪梅田駅」の直上というだけではなく、JR線にも近接しているので、建て替えは非常に難しい工事となります。



|

2021年12月31日 (金)

NTT西日本村 大阪・京橋エリアの名称が「NTT WEST i -CAMPUS」に決定 新本社ビルは2022年1月から運用開始! 

Osakantt211221
-NTT西日本村-
 いろいろあった2021年もあっという間に過ぎ、今日は大晦日です。今年1年、ホームページやブログを応援して頂いて本当にありがとうございました。

 京阪やJRの京橋駅から「国道1号」を挟んだ北西側に「NTT西日本新京橋ビル」や「NTT西日本研修センタ(PRISM)」があります。名称は「研修センタ」で、「研修センター」ではありません。NTTフィールドテクノ、NTTマーケティングアクトなど複数のグループ企業が本社を置いており、「NTT西日本村」となっています。

 大阪城公園の南側に建つ現本社ビルには約2千人が勤務しています。日本電信電話時代1966年に完成して以来、公社・NTTグループを通じて関西地区の拠点として活用されてきました。「NTT西日本」は、NTT西日本村に新たに建設した「大阪研修センタⅢ期(仮称)新築工事」に本社を移転します。

● 新本社ビルを2022年1月からの運用開始!
 「NTT西日本」は、現NTT西日本本社ビルの老朽化及び、ニューノーマル時代に対応すると共に、共創を加速させる新たな働き方の実現を目的とした新本社ビルについて2021年10月末に竣工しました。新本社ビルは2022年1月からの運用開始する見込みです。

 引用資料 西日本電信電話(2021/10/13)
 NTT西日本新本社ビル等の竣工について

 新本社ビル等が立地する大阪・京橋エリアの敷地について、新たに「NTT WEST i -CAMPUS」と名称を定め、リモートワークを基本とするオフィスレイアウトを計画しています。

NTT WEST i -CAMPUSの概要
◆ 計画名-大阪研修センタⅢ期(仮称)新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市都島区東野田町四丁目15番82号
◆ 階数-(新本社ビル・A棟)地上12階、地下1階、(共創施設)地上3階、地下0階
◆ 高さ-(新本社ビル・A棟)59.7m、(共創施設)17.5m
◆ 敷地面積-31,008.84㎡(施設全体)
◆ 建築面積-(新本社ビル・A棟)3,622.55㎡、(共創施設)1,904.67㎡
◆ 延床面積-(新本社ビル・A棟)38,541.87㎡、(共創施設)4,120.80㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 用途-オフィス 
◆ 建築主-西日本電信電話
◆ 設計者・監理者-NTTファシリティーズ 
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2019年11月初旬
◆ 竣工-2021年10月末
◆ 運用開始-2022年01月


Osakantt211222
「新本社(A棟)イメージ」です。


Osakantt211223
「共創施設イメージ」です。


Osakantt211224
京橋敷地「NTT WEST i -CAMPUS」の敷地全体図です。敷地の東側には、手前の「NTT西日本新京橋ビル」、奥の「NTT西日本研修センタ(PRISM)」が建っています。


Osakantt211212
現在の「NTT西日本本社ビル」と「NTT西日本馬場町ビル」です。「NTT西日本本社ビル」は解体され、「NTT西日本馬場町ビル」は、地上1階、地下2階を残して減築されます。跡地には、地上20階、高さ約102mのラグジュアリーホテル「法円坂北特定街区」を建設します。



|

2021年12月12日 (日)

「(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点整備事業」が2021年11月15日に着工 「国土交通省」が優良な民間都市再生事業計画として認定!

Osakanakanoshima211211
-(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点整備事業-
 「日本生命保険相互会社、京阪ホールディングス、関電不動産開発」の3社グループは、大阪市主催の「中之島4 丁目用地における未来医療国際拠点整備・運営事業に関する開発事業者募集プロポーザル」において、大阪市、大阪府、一般財団法人未来医療推進機構と基本合意書を締結し、開発事業者として参画することとなりました。

● 優良な民間都市再生事業計画として認定!
 「国土交通省」は、「(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点整備事業」を優良な民間都市再生事業計画として認定しました。これにより、金融支援や税制上の特例措置等の支援が受けられます。

 引用資料 国土交通省(2021/12/07)
 中之島に未来医療の実用化・産業化等を推進する国際拠点を形成 ~(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点整備事業を国土交通大臣が認定~

 「(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点整備事業」では、大阪市の中之島地域において未来医療の創造・実践・共有を実現する施設の整備、及び公共性の高い空間の整備等を通じ、未来医療の実用化・産業化等を推進する国際拠点を形成します。

(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点整備事業の概要
◆ 計画名-(仮称)中之島4丁目未来医療国際拠点開発 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市北区中之島四丁目32番17
◆ 交通-京阪中之島線「中之島」駅・ 「渡辺橋」駅徒歩約5分、Osaka Metro四つ橋線「肥後橋」駅徒歩約10分、Osaka Metro御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅徒歩約15分、JR大阪環状線「福島」駅・東西線「新福島」駅徒歩約10分、JR「大阪」駅徒歩約20分、阪神本線「福島」駅徒歩約10分
◆ 階数-地上17階、搭屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部86.10m
◆ 敷地面積-8,600.00㎡
◆ 建築面積-5,427.83㎡
◆ 延床面積-57,067.84㎡(容積対象面積(52,364.41㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-事務所(オフィス、インキュベート施設)、病院、診療所、集会場、物販店舗、飲食店舗、展示場
◆ 建築主-日本生命保険相互会社、京阪ホールディングス、関電不動産開発(運営・管理 一般財団法人 未来医療推進機構)
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組・フジタ建設共同企業体
◆ 着工-2021年11月15日
◆ 竣工-2024年01月15日予定
◆ 開業-2024年春予定


Osakanakanoshima211212
「完成イメージ」です。下記の以前公開されていた「完成イメージ」と比べると外観デザインが変更になっています(引用:国土交通省)。


Osakanakanoshima210211
以前公開されていた「中之島4丁目未来医療国際拠点」の完成イメージです(引用:一般財団法人未来医療推進機構)。


Osakanakanoshima211213
「概要図」です(引用:国土交通省)。


Osakanakanoshima190212
「配置図」です(引用:大阪市)。


Osakanakanoshima211214
「事業スケジュール(予定)」です。着工は2021年11月15日、竣工は2024年1月15日予定です(引用:国土交通省)。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際