31 大阪市・北部②

(2009年~)

2017年6月28日 (水)

地上17階の「(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事」 2016/06/27 タワークレーン登場 & 地上部分の鉄骨建方が始まる

Osakahotelmonterey170611
(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事-
 「大阪駅前第3ビル」の道路を挟んだ南側の大阪市北区曽根崎新地一丁目に駐車場「タイムズ曽根崎新地第2」がありました。

 この場所にはかつて「ホテルモントレグラスミアハウス」がありましたが、解体されました。跡地には「(仮称)ホテルモントレ梅田新築工事」が建設されます。「ホテルモントレグラスミアハウス」跡地に「ホテルモントレ」が戻って来ます。客室数は約340室の予定です。

(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区曽根崎新地一丁目13-9他(地名地番)
◆ 階数-地上17階、地下0階
◆ 高さ-64.5m
◆ 敷地面積-1,326.92㎡
◆ 建築面積-1,019.24㎡
◆ 延床面積-13,746.88㎡(容積対象面積12,699.13㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-約340室
◆ 建築主-マルイト
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2016年12月12日
◆ 竣工-2018年08月31日予定


Osakahotelmonterey170612
地上部分の鉄骨建方が始まりました。


Osakahotelmonterey170613
2階まで進んでいるようです。


Osakahotelmonterey170614
タワークレーンも登場しています。


Osakahotelmonterey170615
南東側から見た様子です。


Osakahotelmonterey170616
南東側から引いて見た様子です。


Osakahotelmonterey16117
「(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事」の建築計画のお知らせです。



|

2017年6月25日 (日)

地下鉄御堂筋線「中津駅」の直上 地上50階、高さ約168mの「ブランズタワー梅田 North」 2017年6月21日の建設状況

Osakanakatsu170121
ブランズタワー梅田 North-
 大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅の直上にあった「ラマダホテル大阪」の前身である「旧東洋ホテル」は、大阪万博の前年の1969年に「三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)」が中心となって開業しました。

 競争が激化および建物の老朽化が進み、2013年12月31日に閉館しました。跡地には、地上50階、塔屋2階、地下1階、高さ168.44m、総戸数653戸の超高層タワーマンションが建設されます。正式名称が「ブランズタワー梅田 North」に決定しています。

 引用資料 公式ホームページ
 ブランズタワー梅田 North 

 中津駅直上には、地上37階(屋上機械室2層分を含む)、地下1階、高さ122.5mの「ザ・セントラルマークタワー」、地上45階、塔屋2階、地下1階、高さ151.6mの「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」の3棟が林立する事になります。

ブランズタワー梅田 Northの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1、21番3、21番4、21番5、21番6(地番)
◆ 交通- 大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅徒歩1分(駅直結)、阪急電鉄「梅田」駅徒歩7分、JR「大阪」駅徒歩12分
◆ 階数-地上50階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部168.44m
◆ 敷地面積-5,154.70㎡
◆ 建築面積-2,390.82㎡
◆ 延床面積-68,778.31㎡(容積率対象面積47,081.82㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-連結制振デュアル・フレーム・システム(建物の心柱のフリーウォールと外側の住棟部をダンパーで連結)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-653戸
◆ 建築主-東急不動産、住友商事、住友不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2016年08月15日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年11月予定
◆ 入居開始-2020年02月予定


Osakanakatsu170421
「立面図」です。


Osakanakatsu16082
地震対策として、大林組独自の制震テクノロジーである「DFS(デュアル・フレーム・システム)」を採用します。1つの建物の中に独立して存在する心棒および高層住宅棟の2つの構造体を制振装置で連結する制振構造システムです。

 引用資料 東急不動産(2016/08/24)
 旧東洋ホテル跡地に地上50階建・総戸数653戸の大規模プロジェクト 『(仮称)ブランズタワー梅田北プロジェクト』 着工  ~さらなる発展が見込まれる"大阪駅北地区"の居住区として開発~ 


Osakanakatsu170621
南西側から見た様子です。


Osakanakatsu170622
少し角度を変えた様子です。


Osakanakatsu170623
北西側から見た様子です。重機が全く見えなくなりました。2台の「アースドリル掘削機」で、「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築していましたが、完了して次の工程に移行しています。外からは見えませんが掘削作業を行っていると思われます。


Osakanakatsu170624
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu170625
南東側から見た様子です。



|

2017年6月23日 (金)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2017年6月21日の状況

Osakayodobashi11
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-

 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。

 引用資料 ヨドバシカメラ(PDF:2016/08/31)
 ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について 

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年07月末日予定
◆ 竣工-2019年12月末日予定


Osakayodobashi17062131
「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設予定地です。


Osakayodobashi17062132
「グランフロント大阪」の2階から見た様子です。


Osakayodobashi17062133
敷地西側です。


Osakayodobashi17062134
敷地東側です。


Osakayodobashi17062135
「三点式パイルドライバ」です。


Osakayodobashi17062136
北東側から見た様子です。


Osakayodobashi17062137
「三点式パイルドライバ」です。アタッチメントの形状から地中障害物の撤去を行っていると思われます。


Osakayodobashi170671
「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建築計画のお知らせです。


Osakayodobashi170672
建築計画のお知らせの「北側立面図」です。


Osakayodobashi170673
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

地下鉄御堂筋線「中津駅」の直上 地上45階、高さ約152mの「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」 2017年6月21日の建設状況

Osakanakatsu160911
-ザ・ファインタワー 梅田豊崎-

 「大阪市北区豊崎3丁目計画」は、大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅の直上にあった「三井生命ビルディング」跡地の再開発プロジェクトです。

 地上45階、塔屋2階、地下1階、高さ151.6m、延床面積34,929.31㎡、総戸数312戸の超高層タワーマンションが建設中です。正式名称は「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」となっています。

ザ・ファインタワー 梅田豊崎の概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区豊崎三丁目23番1(地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅直結徒歩1分、阪急「梅田」駅徒歩6分
◆ 階数-地上45階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-151.6m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-2,499.72㎡
◆ 建築面積-982.37㎡
◆ 延床面積-34,929.31㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造(天然ゴム系積層ゴム、高減衰ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-312戸
◆ 建築主-京阪電鉄不動産、サンキョウホーム
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 地下解体工事-2015年10月14日~2016年05月02日
◆ 着工-2016年04月25日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年02月下旬予定
◆ 入居開始-2019年03月下旬予定


Osakanakatsu170611
南西側から見た様子です。タワークレーン1基で建設しているのでゆっくりと上に伸びています。


Osakanakatsu170612
南西側から見た下層階の様子です。


Osakanakatsu170613
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu170614
北西側から見た下層階の様子です。


Osakanakatsu170615
北東側から見た様子です。


Osakanakatsu170616
南東側から見た様子です。



|

2017年6月22日 (木)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2017/06/21 「回遊デッキ」が更に西側に伸びる!

Osakayodobashi11
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-

 「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。

 引用資料 ヨドバシカメラ(PDF:2016/08/31)
 ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について 

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年07月末日予定
◆ 竣工-2019年12月末日予定


Osakayodobashi17062111
「阪急百貨店うめだ本店」13階の「屋上広場」から見た様子です。


Osakayodobashi17062112
(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に先立って、ペデストリアンデッキの工事が行われています。工事名は「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事」です。


Osakayodobashi17061323
2017年6月30日に供用開始

 「ヨドバシカメラ」は、先行して整備を進めている「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事」の完成時期を発表しました。

 引用資料 ヨドバシカメラ(2017/06/14)
 ヨドバシ梅田 「ペデストリアンデッキ先行工事」 2017年6月30日に完成いたします

 「Aデッキ」および一部の回遊デッキについては2017年6月30日に完成、「Bデッキ」および一部の回遊デッキについては2017年秋頃を目途に完成する予定です。


Osakayodobashi17062113
Aデッキ

 「Aデッキ」および一部の回遊デッキは、2017年6月30日に供用開始されます。


Osakayodobashi17062114
店舗入口

 この部分の壁をぶち抜いて2階南東側の「店舗入口」を設けます。


Osakayodobashi17062115
「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田」に沿った回遊デッキに、アーチ型の部分が姿を現しています。


Osakayodobashi17062116
大阪ステーションシティの「カリヨン広場」と結ぶペデストリアンデッキの工事が佳境を迎えています。


Osakayodobashi17062117
カリヨン広場側の「仮囲い」です。非常に注目度の高いプロジェクトなので、「仮囲い」越しにスマホなどで内部を撮影する人をみかけます。そのためか? 完全に目隠しされました(笑)。


Osakayodobashi17062118
「接続デッキ6月30日完成」と掲示されました。非常に注目度の高いプロジェクトなので、通行人の会話を聞いていると多くの人がこの件を会話しています。会話の内容に大阪ならではのボケとツッコミがあって面白いです(笑)。


Osakayodobashi17062119
「養生シート」で完全に目隠しされています。


Osakayodobashi17062120
回遊デッキ

 「Bデッキ」および一部の回遊デッキについては2017年秋頃を目途に完成する予定ですが、早くも一部が地上に姿を現しました。


Osakayodobashi17062121
「回遊デッキ」です。工事のペーズが随分早いですね!


Osakayodobashi17062122
「回遊デッキ」の西端です。


Osakayodobashi17062123
南西側から見た様子です。


Osakayodobashi17062124
「仮囲い」の西端です。


Osakayodobashi17062125
グランフロント大阪」と結ぶペデストリアンデッキの工事です。「Bデッキ」および一部の回遊デッキについては2017年秋頃を目途に完成する予定です。



|

2017年6月20日 (火)

おおさか東線 Part5・神崎川の堤防の南側~淡路駅(仮称)の手前 2017年6月9日の建設状況

Osakaawajijr150811
-おおさか東線-
 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までの20.3kmを結ぶプロジェクトです。

 引用資料 おおさか東線,大阪外環状鉄道株式会社
 北区間工事の進捗 特設サイト

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。
 未開業区間の「新大阪駅」~「放出駅」の 11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2019年春に開業予定です。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「西吹田駅(仮称)、淡路駅(仮称)、都島駅(仮称)、野江駅(仮称)」の4駅が計画されています。


Suita170683
神崎川の堤防の南側を北西側から見た様子です。すでに複線の幅に拡幅されています。


Suita170684
神崎川の堤防の南側を北東側から見た様子です。こちらは法面になっています。


Osakaawajijr170651
「おおさか東線」の東側を南下します。「防音壁」が見えます。前回ここを歩いたのが2014年7月26日だったので、約2年10ヶ月ぶりです。


Osakaawajijr170652
更に南下します。この部分の盛土は拡幅されています。拡幅された部分の「法面(のりめん)」を保護するために「法面緑化」が行われています。先に「東海道新幹線」の高架橋が見えます。


Osakaawajijr170653
「おおさか東線」の西側に移動して、幹線道路をオーバーパスする部分を見た様子です。橋脚を補強しているようです。


Osakaawajijr170654
「東海道新幹線」の高架橋を南側にくぐります。


Osakaawajijr170655
「城東貨物線」の既存の構造物を出来るだけ利用しています。


Osakaawajijr170656
更に南下して「おおさか東線」の西側を北側に振り返った様子です。既存の「法面」を利用しています。


Osakaawajijr170657
この先が「淡路駅(仮称)」です。手前が「阪急千里線」で、奥が「阪急京都線」です。現在は、「おおさか東線」の建設現場をアンダーパスしていますが、「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」が完了すると「おおさか東線」をオーバーパスします。

 

|

2017年6月19日 (月)

鉄道交通の要衝 新大阪駅周辺は空前のホテル建設ラッシュ!

Osakashiosaka170671
-新大阪駅周辺-

 「新大阪駅」は鉄道交通の要衝です。「インバウンド(訪日外国人旅行)」の急増により、新大阪駅周辺は空前のホテル建設ラッシュとなっています。

 「新御堂筋」の西側を少し歩いただけで、6ヶ所のホテル建設現場やホテル建設予定地に遭遇しました。もっと歩くとまだまだあると思います。

 今回は、「新御堂筋」の西側だけでしたが、「新御堂筋」の東側も同じような状況になっていると思われます。大阪市ではミナミが空前のホテル建設ラッシュになっていますが、新大阪駅周辺も凄い事になっています。


Osakashiosaka170672
(仮称)ユニゾイン新大阪新築工事

 新大阪駅の南西側の「新御堂筋」沿いに「(仮称)ユニゾイン新大阪新築工事」が建設中です。 地上14階、地下0階、高さ44.970m、延床面積4,659.61㎡、2017年11月初旬竣工予定です。


Osakawbf170611
WBF新大阪ホテル

 「(仮称)ユニゾイン新大阪新築工事」のすぐ南西側に「WBF新大阪ホテル」が建設予定です。地上32階、塔屋1階、高さ105.35m、延床面積8,053.79㎡です。

WBF新大阪ホテルの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市淀川区西中島七丁目4番2他(地名地番)
◆ 階数-地上32階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部105.35m、軒高99.40m
◆ 敷地面積-911.82㎡
◆ 建築面積-525.70㎡
◆ 延床面積-8,053.79㎡(容積率対象面積7,293.65㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル
◆ 建築主-ホワイト・ベアーファミリー
◆ 設計者-日企設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2017年09月中旬予定
◆ 竣工-2019年06月下旬予定


Osakashiosaka170673
(仮称)サラサホテル新大阪
 
「WBF新大阪ホテル」の建設予定地のすぐ南西側に「(仮称)サラサホテル新大阪」が建設予定です。 地上14階、地下0階、高さ43.40m、延床面積3,703.67㎡、2018年4月末竣工予定です。


Osakashiosaka170674
(仮称)アパホテル<新大阪駅南>新築工事
 
「(仮称)サラサホテル新大阪」の建設予定地のすぐ北西側に「(仮称)アパホテル<新大阪駅南>新築工事」が建設中です。地上10階、地下0階、高さ約31m、延床面積1,873.10㎡、2018年4月オープン予定です。


Osakashiosaka170675
仮囲いに掲示されていた「(仮称)アパホテル<新大阪駅南>新築工事」の完成予想図です。


Osakashiosaka170611
(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画

 新大阪駅の西側に、地上24階、塔屋1階、地下2階、高さ97.000m、延床面積約18,500㎡の「(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画」が建設中です。

(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市淀川区宮原三丁目3番9、3番10、3番11、3番12
◆ 階数-地上24階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-建築物97.000m
◆ 敷地面積-2,080.24㎡
◆ 建築面積-約1,200㎡
◆ 延床面積-約18,500㎡(容積対象面積約16,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-(不明)
◆ 建築主-SGリアルティ
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2017年05月01日
◆ 竣工-2019年05月末日予定


Osakashiosaka170676
(仮称)プレサンス西宮原1丁目ホテル

 「(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画」の建設現場のすぐ南西側に「(仮称)プレサンス西宮原1丁目ホテル」が建設予定です。地上9階、地下0階、高さ30.98m、延床面積3,353.68㎡、2018年8月31日竣工予定です。



|

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 Part2:「淡路駅」の駅舎 & 上新庄駅・下新庄駅方面 2017年6月9日の建設状況

Osakaawaji12051
-淡路駅(あわじえき)-

 「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、東淀川区の「淡路駅」を中心とした阪急電鉄京都線3.3kmと千里線3.8kmの合計7.1kmを高架化し、17ヶ所の踏切を無くし、都市計画道路などの交差道路を整備するプロジェクトです。

 駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「下新庄駅」、「柴島駅」の4駅が高架駅になる予定です。1997年1月に用地買収に着手し、2008年9月に工事に着工しました。

● 工期が大幅に遅れ事業期間を7年延長
 計画では2017年度末に高架切替、2020年度末に事業完了の予定でしたが、工期が大幅に遅れており事業期間を7年延長しています。現時点では2024年度末に高架切替、2027年度末に事業完了に向け工事を進めています。


Osakaawaji12052
駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「下新庄駅」、「柴島駅」の4駅が高架駅になる予定です。


Osakaawaji12053
新しい「淡路駅」は、4層構造の島式2面4線の高架駅になる予定です。駅の高さは約30mになります。


 Osakaawaji12054
現在の「淡路駅」の手書きの配線図です。京都線と千里線の上りと下りが3ヶ所で平面交差する非常に複雑な配線となっています。そのため「淡路駅」に到着する前の電車は信号待ちが頻発します。


Osakaawaji12055
改良後の「淡路駅」の手書きの配線図です。下りと(4階)と上り(3階)が立体交差になり「淡路駅」のネックだった頻発する信号待ちは解消されます。


Osakaawaji170651
新しい「淡路駅」の工事現場です。駅全体が現在の「淡路駅」の南東側に移動します。「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、「直上施工」、「別線施工」、「仮線施工」の3工法で工事が行われますが、淡路駅部分は「別線施工」が採用されています。


Osakaawaji170652
ゲートから「淡路駅」の橋脚が見えました。前回の取材が2015年8月1日だったのでほぼ1年10ヶ月ぶりです。前回とほとんど変わっていませんでした。

● 上下線を同時に高架切替
 事業期間を7年延長して、現時点では2024年度末に高架切替予定です。工事のペースの遅さを見ていると2024年度末の高架切替予定もかなり厳しいような気がします。

 多くの高架工事は、上下線を別々に行いますが、この現場は上下線が立体構造のため、上下線を同時に完成させないと高架切替が出来ません。それが工事をより難しくしています。


Osakaawaji170653
駅舎部分なので橋脚がめちゃめちゃ太いです。「淡路駅」の本体は、「ラーメン高架橋」のようです。


Osakaawaji170654
更に北東側の駅舎部分です。このあたりは工事が始まったばかりのようです。


Osakaawaji170655
「淡路駅」北東側の「阪急電鉄京都線(上新庄駅方面)」と「阪急電鉄千里線(下新庄駅方面)」が分岐するあたりです。


Osakaawaji170656
掘削工事が行われています。


Osakaawaji170657
「おおさか東線」の東側の「阪急電鉄京都線」の高架橋です。


Osakaawaji170658
踏切から南西側(淡路駅方面)」を見た様子です。


Osakaawaji170659
踏切から東側(上新庄駅方面)」を見た様子です。高架橋の建設工事が行われています。


Osakaawaji170660
更に東側でも高架橋の建設工事が始まっています。


Osakaawaji170661
「おおさか東線」の北東側の「阪急電鉄千里線」の工事現場です。


Osakaawaji170662
「阪急電鉄千里線」の北側(下新庄駅方面)に橋脚の列が姿を現しつつあります。



|

2017年6月18日 (日)

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 Part1:「淡路駅」の崇禅寺駅・柴島駅方面 2017年6月9日の建設状況

Osakaawaji12051
-淡路駅(あわじえき)-

 「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、東淀川区の「淡路駅」を中心とした阪急電鉄京都線3.3kmと千里線3.8kmの合計7.1kmを高架化し、17ヶ所の踏切を無くし、都市計画道路などの交差道路を整備するプロジェクトです。

 駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「下新庄駅」、「柴島駅」の4駅が高架駅になる予定です。1997年1月に用地買収に着手し、2008年9月に工事に着工しました。

● 工期が大幅に遅れ事業期間を7年延長
 計画では2017年度末に高架切替、2020年度末に事業完了の予定でしたが、工期が大幅に遅れており事業期間を7年延長しています。現時点では2024年度末に高架切替、2027年度末に事業完了に向け工事を進めています。


Osakaawaji12052
駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「下新庄駅」、「柴島駅」の4駅が高架駅になる予定です。


Osakaawaji12053
新しい「淡路駅」は、4層構造の島式2面4線の高架駅になる予定です。駅の高さは約30mになります。


 Osakaawaji12054
現在の「淡路駅」の手書きの配線図です。京都線と千里線の上りと下りが3ヶ所で平面交差する非常に複雑な配線となっています。そのため「淡路駅」に到着する前の電車は信号待ちが頻発します。


Osakaawaji12055
改良後の「淡路駅」の手書きの配線図です。下りと(4階)と上り(3階)が立体交差になり「淡路駅」のネックだった頻発する信号待ちは解消されます。


Osakaawaji170611
「淡路駅」のホーム南西端から見た様子です。前回の取材が2015年8月1日だったのでほぼ1年10ヶ月ぶりです。事業期間を7年延長して、現時点では2024年度末に高架切替予定です。

 現場を見ていると2017年度末に高架切替が出来るなんて誰も思っていなかったので、事業期間を7年延長は何の驚きもありません。進行状況もを見ていると2024年度末の高架切替予定もかなり厳しいと思います。

 「連続立体交差事業」はそんなもんです。5年~10年遅れるなんてごく普通です。むしろ計画通りに工事が進行するのが奇跡です。


Osakaawaji170612
「淡路駅」の南西側で一番近い高架橋を北東側から見た様子です。


Osakaawaji170613
「淡路駅」の南西側で一番近い高架橋を南西側から見た様子です。この現場では珍しい「鉄骨造」の高架橋となっています。


Osakaawaji170614
「淡路駅」すぐ南側の「阪急電鉄千里線(写真左側)」と「阪急電鉄京都線(写真右側)」が分岐する部分を北側から見た様子です。


Osakaawaji170615
「淡路駅」南西側(崇禅寺駅方)の京都線の高架工事の様子です。


Osakaawaji170616
都市計画道路 歌島豊里線(整備中)

 「都市計画道路 歌島豊里線」は、淀川以北の地域を東西に連絡し、大阪北の玄関口であるJR新大阪駅にアクセスする幹線道路です。

 当該区間の整備により北大阪から都心部を経由せず、東大阪方面へのネットワークが形成されるため、交通の円滑化等が図られます。


Osakaawaji170617
「都市計画道路 歌島豊里線」をオーバーパスする「トラス橋」です。「都市計画道路 歌島豊里線」は、計画幅員30mと幅が広いので、「トラス橋」を架設して、オーバーパスします。


Osakaawaji170618
「淡路駅」南西側(淡路駅方)の京都線の高架工事の様子です。


Osakaawaji170619
「淡路駅」すぐ南側の「阪急電鉄千里線(写真右側)」と「阪急電鉄京都線(写真左側)」が分岐する部分を南側から見た様子です。


Osakaawaji170620
「淡路駅」南側(柴島駅方)の千里線の踏切から「淡路駅」方向を見た様子です。


Osakaawaji170621
現在の線路の上に高架構造物を構築する「直上施工」で行われています。


Osakaawaji170622
「淡路駅」南側(柴島駅方)の千里線の踏切から「柴島駅」方向を見た様子です。


Osakaawaji170623
この部分は「仮線施工」で行われています。仮線の上下線の上に高架橋を建設しています。


Osakaawaji170624
仮線を頻繁に電車が通過して行きます。



|

2017年6月15日 (木)

阪急電鉄を新大阪駅まで延伸する「阪急新大阪連絡線」 実現する事を願って「阪急新大阪駅」の設置場所を予想して見ました!

Osakashiosaka170651
-阪急新大阪連絡線-

 「阪急新大阪連絡線」は、阪急電鉄の各線と東海道新幹線の新大阪駅を結ぶ路線として計画された鉄道路線です。1961年12月に「淡路駅~新大阪駅~十三駅」間と「新大阪駅~神崎川駅」間の事業免許を取得しました。

 用地の確保も進められ、新幹線と交差する部分は立体交差のためのスペースも確保されました。しかし、用地の確保が難航した事もあり計画は進みませんでした。
 2003年3月には、用地の確保が進まなかった「淡路駅~新大阪駅」間と「新大阪駅~神崎川駅」間の事業許可を廃止しました。

 正に幻の新線計画ですが、動き出す可能性が出てきました。2017年5月23日に、5者(大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄、阪急電鉄)が、「なにわ筋線」の早期事業化を協力して進めていくことで一致したと発表しました。その中には「なにわ筋連絡線」の構想もありました。

 まだまだ夢物語ですが、「なにわ筋連絡線」を更に延伸して、新大阪駅まで到達する可能性が出てきました。都市伝説化していた「なにわ筋線」も動き出したので、新大阪駅までの延伸も全くの夢物語という訳では無いと思います。


Osakananiwa170512
なにわ筋連絡線(阪急電鉄)
 「なにわ筋線」の整備効果や事業性をより一層高めるため、(仮称)北梅田駅北側で阪急十三方面に分岐する路線(なにわ筋連絡線)について、国と連携しながら整備に向けた調査・検討を進めます。

 引用資料 JR西日本(2017/05/23)
 
なにわ筋線の整備に向けて 

 「なにわ筋線」への乗り入れには「軌間(レールの間隔)」の問題があります。「なにわ筋線」はJR西日本・南海電気鉄道に合わせて狭軌(1,067mm)です。
 「阪急電鉄」は標準軌(1,435mm)です。阪急電鉄は「十三駅」に地下新駅を建設し、うめきた新駅との間に狭軌(1,067mm)の新路線を敷いて「なにわ筋線」に乗り入れる可能性が高いです。


Osakashiosaka170652
阪急新大阪駅の設置が想定される場所
 
「阪急新大阪駅」の設置が想定される場所は、「新大阪阪急ビル」の西側です。当初は在来線新大阪駅の上空から新幹線新大阪駅北側あたりを想定していましたが、在来線の新大阪駅構内に残っていた橋脚が撤去されたのと「新大阪阪急ビル」が建設されたため大幅に西側にスライドします。


Osakashiosaka170653
大阪市営地下鉄新大阪駅の遺構

 大阪市営地下鉄新大阪駅の屋根には「阪急新大阪駅」の遺構があります。将来上に伸びる事を想定して鉄骨の橋脚が建てられています。


Osakashiosaka170654
少し角度を変えて見た様子です。


Osakashiosaka170655
新御堂筋の遺構

 新御堂筋にも「阪急新大阪駅」の遺構があります。


Osakashiosaka170656
将来上に伸びる事を想定して鉄骨の橋脚が建てられています。


Osakashiosaka170657
かなり太い橋脚です。


Osakashiosaka170658
山陽新幹線北側の用地

 山陽新幹線の北側には、「阪急新大阪連絡線」を建設する用地を確保済みです。


Osakashiosaka170659
山陽新幹線の北側には、「阪急宝塚線」まで続く細長い用地が確保されています。


Osakashiosaka170660
十三駅

 十三駅の地下から阪急宝塚線の地下を通って、山陽新幹線の北側に曲がって、山陽新幹線の北側で地上に出て、新大阪駅に高架で到達するルートが予想されます。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場