31 大阪市・北部②

(2009年~)

2020年3月28日 (土)

こんな時だからこそ未来への明るい希望が必要 「新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域 まちづくり方針の骨格」をとりまとめ!

Osakashinosaka200311
-新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域-

 私は日本が国家的危機に陥ると最悪の事態を想定します。2011年3月の東日本大震災に伴う福島原発の事故では東日本に人が住めなくなる。2012年8月の尖閣諸島の日中対立では2015年頃までに尖閣諸島は中国に占領されると覚悟していました。

 今回の「新型コロナウイルス」でも、当初からかなり悲観的でした。それでもここまで悲惨な状態になるとは想像もしていませんでした。世界は私の最悪の想定を遥かに上回る深刻な状況に陥っています。

 今は明るい兆しが全く見えません。でも「コロナ禍」はいつかは収まります。こんな状況下でも私たちは立ち止まる事は出来ません。このようなブログを運営している以上、これからも日本の明るい話題を伝えていきたいと思います。 

 2018年8月に内閣府より新大阪駅周辺地域が「都市再生緊急整備地域の候補となる地域(候補地域)」として公表されたことを受け、2019年1月に国、大阪府、大阪市、経済団体、民間事業者などからなる新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域検討協議会を設置し、将来のまちづくりについて検討を進めています。

 このたび、本検討協議会として新大阪駅周辺地域の20年から30年先を見据えた新しいまちづくりを進めるため、まちづくりの大きなコンセプトとして「まちづくり方針の骨格」をとりまとめました。

 引用資料 大阪市・公式HP(2020/03/27)
 報道発表資料 「新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域 まちづくり方針の骨格」をとりまとめました

 広域交通アクセスの良さを最大限に活かして、世界一の広域交通ターミナルとしてのまちづくりを実現し、大阪の国際都市化のフラッグシップとなることはもとより、関西、日本の発展を支えることを目指します。

新大阪駅周辺地域が担うべき役割と導入すべき都市機能
(1) 交流促進機能をもつスーパー・メガリージョンの西の拠点
(2) 交通結節機能が充実した広域交通ネットワークの一大ハブ拠点
(3) 都市空間機能に溢れる関西・西日本・アジアから人を迎え入れる国際都市のゲートウェイ


Osakashinosaka200312
「2020年~2030年代 新大阪に関連する鉄道・高速道路のインフラ整備」です。


Osakashinosaka200313
「新大阪駅に関する鉄道・高速道路ネットワーク(イメージ)」です。


Osakashinosaka200314
「広域のハブ拠点としての新大阪」です。


Osakashinosaka200315
「大阪都市圏と国土軸とのクロスポイントに位置する新大阪」です。



|

高さの最高限度147m (仮称)大阪三菱ビル開発計画 既存建物解体工事(障害撤去工事を含む) 2020年3月25日の状況

Osakaufj200311
-大阪三菱ビル-
 「大阪三菱ビル」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」の建て替えプロジェクトの受け皿として使用されていましたが、「三菱UFJ銀行大阪ビル」の竣工により、三菱UFJ銀行の「大阪営業部、大阪中央支店」が、2018年8月27日に移転したため建て替えが可能になりました。

 御堂筋に面して建つオフィスビル「大阪三菱ビル」の再開発が動き出します。大阪市は2020年1月30日に、都市計画都市再生特別地区に「堂島浜1丁目地区」の約0.5haを追加するため、都市計画案を公告しました。容積率の最高限度は800%程度から1,600%に引き上げます。建物高さの最高限度は高層部が147mとなります。

 「三菱UFJ銀行」は、「大阪三菱ビル」の不動産信託受益権を、「オーエム4特定目的会社」に売却しています。「オーエム4」の社名は、私の想像なので間違っている可能性がありますが、「O(大阪)、M(三菱)、4(出資者4社)の略だと思われます。

 以前掲示していた工事標識の発注者が「三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、MULリアルティインベストメント(三菱UFJリース系)」となっていました。出資者はこの4社だと思われます。

● (仮称)大阪三菱ビル開発計画 既存建物解体工事
 現在は、敷地が仮囲いで閉鎖されて「(仮称)大阪三菱ビル開発計画 既存建物解体工事(障害撤去工事を含む)」が「竹中工務店」の施工により行われています。労災保険関係成立票によると、注文者は「オーエム4特定目的会社」、工期は2020年2月15日~2021年10月14日(予定)となっています。


Osakaufj200112
「都市再生特別地区の区域」です。

 引用資料 大阪市・報道発表資料(2020/01/30)
 大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します



Osakaufj200113
「高さの最高限度」です。最高限度は147mです。


Osakaufj200312
「大阪三菱ビル」を南東側から見た様子です。


Osakaufj200313
下層階を南東側から見た様子です。


Osakaufj200314
下層階を南西側から見た様子です。建物の南側が「仮囲い」で囲われています。


Osakaufj200315
街区を南西側から見た様子です。街区西側には「大阪ビジネスカレッジ専門学校、堂島パークビル、堂浜第Ⅱビル、堂浜ビルディング」の4棟のビルが建っていますが、「大阪三菱ビル」単独の建て替えになります。


Osakaufj200316
下層階を北西側から見た様子です。


Osakaufj200317
下層階を北東側から見た様子です。建物の東側と北側が「仮囲い」で囲われています。


Osakaufj200318
解体工事の工事名は「(仮称)大阪三菱ビル開発計画 既存建物解体工事(障害撤去工事を含む)」と非常に長いです。「竹中工務店」の施工により行われています。


Osakaufj200319
労災保険関係成立票によると、注文者は「オーエム4特定目的会社」、工期は2020年2月15日~2021年10月14日(予定)となっています。



|

2020年3月25日 (水)

「パレスホテル」が進出 (仮称)堂島浜プロジェクト 「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」 2020年3月15日の建設状況

Osakadojima180651
-(仮称)堂島浜プロジェクト-

 「関電不動産開発」は、大阪・堂島浜の「アクア堂島」の北側で、2016年に取得した「コスモ堂島中町ビル」の解体を行いました。跡地には、関電不動産開発により「(仮称)堂島浜プロジェクト」が建設」が建設中です。用途は「ホテル、共同住宅」となっています。

 ホテル部分には、東京の高級ホテル「パレスホテル東京」を運営するパレスホテルチェーンが関西進出を検討していましたが、「関電不動産開発」と「パレスホテル」は、定期建物賃貸借予約契約を締結しました。

● Zentis Osaka (ゼンティス大阪)
 「パレスホテル」は、宿泊主体型の新ホテルブランド「Zentis (ゼンティス)」を立ち上げ、現在、大阪市北区堂島浜にて開発を進めているホテルを「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」として、2020年6月5日(金)に開業します。

 引用資料 関電不動産開発(PDF:2020/01/30)
 宿泊主体型 ホテルブランド「Zentis ゼンティス」誕生 『Zentis Osaka ゼンティス 大阪』が2020年6月5日(金)に開業

 「Zentis」は、パレスホテルが初めて開業する宿泊主体型ホテルブランドで、「Encounters of a New Kind感性が、深呼吸する場所」をコンセプトに、洗練されたデザインとサービスで国内外のゲストの感性に響く、上質で快適なホテルステイを提供します。

Zentis Osaka (ゼンティス大阪)の概要
◆ 計画名-(仮称)堂島浜プロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島浜一丁目19番地(地名地番)
◆ 交通-JR「大阪」駅より徒歩約12分、JR東西線「北新地」駅より徒歩約4分、Osaka Metro四つ橋線「肥後橋」駅より徒歩約4分、京阪電鉄中之島線「渡辺橋」駅より徒歩約4分
◆ 階数-地上16階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-59.95m
◆ 敷地面積-1,582.67㎡
◆ 建築面積-805.61㎡
◆ 延床面積-12,136.82㎡(容積率対象面積10,739.00㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策―制振構造(ハニカムダンパ制震装置を採用)
◆ 用途-ホテル、共同住宅
◆ 客室数-212室(スイート含む)
◆ 総戸数-27戸
◆ 建築主-関電不動産開発
◆ 設計者-鹿島建設、(株)都市建
◆ 監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2017年07月03日~2018年03月31日
◆ 着工-2018年05月18日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2020年04月30日予定(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2020年06月05日予定


Osakadojima200261
「ロビーイメージ」です。


Osakadojima200262
「客室イメージ」です。


Osakadojima200371
「大阪駅前第3ビル」の展望台から見た様子です。


Osakadojima200372
「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」です。


Osakadojima200373
最高部です。


Osakadojima200374
南西側から見た様子です。


Osakadojima200375
南西側から見た下層階の様子です。


Osakadojima200376
北西側から見た様子です。


Osakadojima200377
北西側から見た下層階の様子です。


Osakadojima200378
北東側から見た下層階の様子です。


Osakadojima200379
内部の様子です。


Osakadojima200380
「植栽」です。



|

2020年3月22日 (日)

地上56階、高さ約191mの「(仮称)梅田曽根崎計画」 2020年3月15日の建設状況

Osakasonezaki200251
-(仮称)梅田曽根崎計画-
 
児童数の減少により、「大阪市立大阪北小学校」は2007年3月に閉校し、「大阪市立扇町小学校」に統合されています。併設されていた「大阪市立曽根崎幼稚園」も閉園されています。

 「住友不動産」は、大阪市北区曽根崎二丁目にて開発を推進していた「(仮称)梅田曽根崎計画」の建築工事に2018年7月4日に着工しました。ホテルは「住友不動産ヴィラフォンテーヌ」が運営業務を行います。

● 公式ホームページがオープン!
 「(仮称)大阪梅田計画」として、公式ホームページがオープンしています。賃貸住宅フロア9階~56階で、総戸数836戸となります。住友不動産の高級賃貸住宅「ラ・トゥール」となる予定です。

 引用資料 公式ホームページ
 (仮称)大阪梅田計画

(仮称)梅田曽根崎計画の概要

◆ 所在地-大阪府大阪市北区曽根崎二丁目73番2
◆ 階数-地上56階、塔屋2階、地下1階
◆ 交通-OsakaMetro谷町線「東梅田」駅歩2分、OsakaMetro御堂筋線「梅田」駅徒歩3分、阪神本線「大阪梅田」駅徒歩4分、阪急神戸線・宝塚線・京都線「大阪梅田」駅徒歩5分、JR大阪環状線、ゆめ咲線、大和路線、阪和線、関西空港線、福知山線、神戸線、宝塚線、京都線「大阪」駅徒歩5分、大阪メトロ四つ橋線「西梅田」駅徒歩7分、JR東西線「北新地」駅徒歩7分
◆ 高さ-最高部191.675m
◆ 敷地面積-6,837.63㎡
◆ 建築面積-4,940.65㎡
◆ 延床面積-107,560.37㎡(容積対象面積75,160.24㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-DFS(デュアル・フレーム・システム) *管理人の推測
◆ 用途-共同住宅(賃貸)、ホテル、店舗、貸会議室(文化交流施設)、大阪市管理施設
◆ 総戸数-836戸
◆ 客室数-202戸
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2018年07月04日
◆ 竣工-2022年03月下旬予定
◆ 入居開始-2022年04月予定


Osakasonezaki180711
「外観完成予想図」です。

 引用資料 住友不動産(PDF:2018/07/04)
 大阪市中心部に誕生する地上56 階建て大規模複合タワー 「(仮称)梅田曽根崎計画」 着工 ~旧大阪北小学校跡地開発、曽根崎の記憶と共に街と人をつなぐ~


Osakasonezaki200311
「大阪駅前第3ビル」の展望台から見た様子です。


Osakasonezaki200312
「(仮称)梅田曽根崎計画」の建設現場です。タワークレーン2基で建設しています。


Osakasonezaki200313
最高部です。


Osakasonezaki200314
地震対策として「DFS(デュアル・フレーム・システム)」を採用しています。中央の心棒となる「フリーウォール」は、五重塔でも使われていた制震技術「心柱」のような役目を果たします。「フリーウォール」の内部の空洞は「立体駐車場」として使用されます。


Osakasonezaki190816
デュアル・フレーム・システム
 大林組独自の制震テクノロジーである「DFS(デュアル・フレーム・システム)」は、一つの建物を独立した二つの構造体(心棒、超高層住宅棟)で構成し、それぞれを制振装置(ダンパー)で連結する制振構造システムです。硬い心棒と超高層の柔かい住宅棟をダンパーでつなぐことで、お互いの揺れを更に小さくすることができます。

 引用資料 大林組(PDF)
 デュアル・フレーム・システム


Osakasonezaki200315
東側の躯体工事の様子です。西側に「エレベーター」や「非常階段」などの「コア」部分を配置しています。


Osakasonezaki200316
西側の躯体工事の様子です。


Osakasonezaki200317
ボイドスラブ(中空スラブ)

 「ボイドスラブ」は、このように床材に「発泡スチロール」が埋め込まれています。「発泡スチロール」の上に鉄筋が配筋され、この上にコンクリートを打設します。

 
「ボイドスラブ」は、床が厚いので遮音性に優れています。スラブ全体が主梁の役目を担うため、主梁以外の小梁を無くすことができ、室内空間の天井面がフラットに仕上ることが出来ます。

 床を厚くすると重くなります。そのためコンクリートスラブを一部発泡スチロールに置き換えています。「発泡スチロール」はコンクリートと比べればほとんど重さが無いようなもので、重量を軽くすることが出来ます。内部に「空隙(ボイド)」ができたような状態にるので、「ボイドスラブ(中空スラブ)」と呼ばれています。


Osakasonezaki200318
外壁が一部姿を現しています。


Osakasonezaki200319
南西角です。「住友不動産」の超高層タワーマンションに共通するデザインとなっています。



|

2020年3月21日 (土)

地上49階、地上49階、高さ約195mの「(仮称)堂島2丁目計画」 2020年3月15日の状況

Osakadojima200331
 -(仮称)堂島2丁目計画-
 日本最大手の広告代理店である「電通」の本社は「汐留シオサイト」にありますが、関西支社は大阪市北区堂島の「電通大阪ビル」にありました。「電通」の関西支社は、2017年11月13日から「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」に移転しています。「電通大阪ビル」は、「東京建物」に売却されています。

 「旧電通ビル既存建物解体工事」が完了し、現在は「(仮称)堂島2丁目計画に伴う地下解体工事」が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2019年2月15日~2020年2月28日(予定)となっています。

 シンガポールの不動産会社「ホテルプロパティズ」と「東京建物」がジョイントベンチャー契約を結び、超高層複合ビルを新設します。 最大180室のホテルと最大450戸のマンションが入る予定です。

● しばらく着工は保留か?
 「新型コロナウイルス」の感染拡大が猛烈な勢いで進んでいる欧米では、国境を閉鎖して戦争に準ずる体制に突入しています。多くの店舗は閉鎖、稼働していない工場も多いです。

 仮に日本が奇跡的に感染拡大を抑えたとしても、世界がこのような状況なので、もはやリーマンショックを遥かに上回る世界的な経済危機は避けられません。悲しいですけれどこれが現実です。

 日本国内でもこれからプロジェクトの中断や中止が続々と出てくる事が予想されます。「(仮称)堂島2丁目計画」も「新型コロナウイルス」の状況を見極めるために着工を保留する可能性があります。

(仮称)堂島2丁目計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島二丁目17番5(地名地番)
◆ 階数-地上49階、地下1階
◆ 高さ-最高部195.00m
◆ 敷地面積-4,828.17㎡
◆ 建築面積-約2,470㎡
◆ 延床面積-約85,000㎡(容積対象面積約57,938㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、ホテル
◆ 建築主-東京建物
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年12月上旬予定
◆ 竣工-2024年09月下旬予定


Osakadojima180851
「堂島二丁目特定街区」の範囲です。高さの最高限度は195mとなっています。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ(2018/08/30)
 報道発表資料 大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します


Osakadojima200332
南東側から見た様子です。


Osakadojima200333
「作業予定」です。「準備工事」となっています。


Osakadojima200334
南西側から見た様子です。


Osakadojima200335
北西側から見た様子です。


Osakadojima19100920
「(仮称)堂島2丁目計画」の建築計画のお知らせです。高さは最高限度195mいっぱいの195.00mです。容積率は容積対象面積約57,938㎡÷4,828.17㎡=1,200%となっています。


Osakadojima19100918
建築計画のお知らせの「東立面図」です。最高部の高さが195.00mです。




Osakadojima19100919
建築計画のお知らせの「配置図」です。平行四辺形で、なおかつ北西側と南東側がアール状になっています。



|

2020年3月20日 (金)

「三井不動産レジデンシャル」が取得 古河大阪ビル解体(古河大阪ビル・古河大阪ビル西館) 「清水建設」の施工で始まる!

Osakadojima200321
-古河大阪ビル&古河大阪ビル西館-
 
「三井不動産レジデンシャル」は、「古河大阪ビル」と隣接する「古河大阪ビル西館」の2棟が建つ土地の持ち分の6割超を取得します。「三井不動産レジデンシャル」は、三井不動産グループの住宅分譲会社です。

 跡地には「パークタワー」シリーズの超高層タワーマンションが建設される可能性が高いです。「三井不動産レジデンシャル」の持ち分は6割超と100%ではないので、他の事業者がホテルを併設させる可能性もあります。


Osakadojima200322
「古河大阪ビル」を北東側から見た様子です。「仮囲い」で囲われています。「古河大阪ビル」のテナントはすべて退去して、2019年12月27日に閉館しました。


Osakadojima200323
「今週の作業予定」です。「内装撤去作業、ボーリング調査、石綿含有建材除去工事」が行われています。


Osakadojima200324
「労災保険関係成立票」です。工事名は「古河大阪ビル解体」で、「清水建設」の施工で行われています。解体工事の工期は、2020年3月1日~2021年3月31日(予定)となっています。


Osakadojima200325
「古河大阪ビル」を北西側から見た様子です。


Osakadojima200326
「古河大阪ビル」を南東側から見た様子です。


Osakadojima200327
「古河大阪ビル西館」を南西側から見た様子です。「仮囲い」で囲われています。「古河大阪ビル西館」のテナントはすべて退去して、2019年12月27日に閉館しました。


Osakadojima200328
「古河大阪ビル西館」を西側から見た様子です。


Osakadojima200121
「古河大阪ビル」と「古河大阪ビル西館」を合わせると敷地は「L字型」になります。



|

2020年3月19日 (木)

「ホテルインターゲート大阪 梅田」が出店 (仮称)新サンケイビル立替プロジェクト 2020年3月15日の建設状況

Osakasankei190111
-ホテルインターゲート大阪 梅田-
 大阪市北区梅田二丁目に「新サンケイビル」と「サンケイビル別館」がありましたが、閉鎖されての解体工事が行われました。跡地には、地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ69.745m、延床面積16,961.30㎡のホテル、オフィス、店舗で構成される複合ビル「(仮称)新サンケイビル立替プロジェクト」が建設されています。

 グループ傘下の「グランビスタ ホテル&リゾート」の新ホテルブランド「INTERGATE HOTELS」の第5号物件となる「ホテルインターゲート大阪 梅田」として、2021年春の開業を予定しいます。

引用資料 サンケイビル(PDF:2019/02/01)
 ホテル 「INTERGATE HOTELS」第5号物件 『ホテルインターゲート大阪 梅田』開発着手のお知らせ

ホテルインターゲート大阪 梅田の概要

◆ 計画名-(仮称)新サンケイビル立替プロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田二丁目33-1、33-2、34-1、34-8(地名地番)
◆ 交通-Osaka Metro四つ橋線「西梅田駅」徒歩3分、JR東西線「北新地駅」徒歩5分・「大阪駅」徒歩5分、阪神電鉄本線「阪神梅田駅」徒歩5分
◆ 階数-地上18階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-69.745m
◆ 敷地面積-1,738.29㎡
◆ 建築面積-1,046.85㎡
◆ 延床面積-16,781.54㎡(容積対象面積15,345.93㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル、オフィス、店舗
◆ 客室数-389室(818名)予定
◆ 建築主-サンケイビル
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2018年02月01日~2019年01月31日
◆ 着工-2019年02月01日
◆ 竣工-2020年10月30日予定
◆ 開業-2021年春予定


Osakasankei1901112
「位置図」です。


Osakasankei200311
「(仮称)新サンケイビル立替プロジェクト」の建設現場を南東側から見た様子です。


Osakasankei200312
縦アングルです。


Osakasankei200313
北東側から見た様子です。


Osakasankei200314
「大阪駅前第3ビル」の展望台から見た様子です。タワークレーン1基で建設しています。


Osakasankei200315
2019年1月12日に営業終了したボウリング場「桜橋ボウル」の外壁に、足場と防音壁の設置が行われています。


Osakasankei180815
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakasankei180816
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2020年3月16日 (月)

マリオット・インターナショナルが展開する「Aloft 大阪堂島(仮称)」 2020/03/15 タワークレーンが2基登場、鉄骨建方が本格化!

Osakadojima200311
-(仮称)
堂島ホテル建替計画-
 大阪・キタの社交場として親しまれた「堂島ホテル」は、老朽化もあって2016年12月27日夜の宴会利用と館内レストランのディナー営業をもって閉館を迎え、32年の歴史に幕を閉じました。

 「堂島ホテル」は、1984年に開業し、1994年には高級ホテルを目指して大幅に改装されました。客室の内装も豪華で、「いつかは泊まりたい憧れのホテル」として定着していました。「堂島ホテル」は解体され、跡地には「(仮称)堂島ホテル建替計画」が建設されます。

 「堂島ホテル」は、マリオット・インターナショナルの展開する関西初出店(1号店は東京銀座に建築中)のアップスケールホテルブランドである「Aloft(アロフト)」として生まれ変わります。「Aloft 大阪堂島(仮称)」の新築工事に2019年6月5日にに着工しました。

 ウェルス・マネジメント(PDF:2019/06/05)
 大阪堂島ホテル再開発事業 Aloft 大阪堂島(仮称)着工に関するお知らせ

 「Aloft 大阪堂島(仮称)」は、客室数 約300室、レストランやバー、フィットネス、ビジネスセンター(予定)を備えたライフスタイル提案型ホテルとなります。2020年度の開業を視野に入れています。

Aloft 大阪堂島(仮称)の概要
◆ 計画名-(仮称)堂島ホテル建替計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島浜二丁目1番2
◆ 階数-地上14階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-55.30m
◆ 敷地面積-1,607.68㎡
◆ 建築面積-1,178.30㎡
◆ 延床面積-14,083.13㎡(容積対象面積12,817.82㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-約300室
◆ 建築主-合同会社アール・アンド・ケイ
◆ 設計者-梓設計、戸田建設
◆ 監理者-戸田建設
◆ 施工者-戸田建設
◆ 解体工事-2017年10月02日~2018年10月31日
◆ 着工-2019年01月05日
◆ 竣工-2020年12月20日予定


Osakadojima200312
「Aloft 大阪堂島(仮称)」の建設現場を北東側から見た様子です。約1ヶ月ぶりに取材したのですが、その間に一気に「鉄骨建方」が進んでいました。


Osakadojima200313
南東側から見た様子です。タワークレーン2基で建設しています。


Osakadojima200314
「鉄骨建方」の様子です。


Osakadojima200315
北西側から見た様子です。


Osakadojima200316
現在は、2階(3FL)までの「鉄骨建方」が行われています。


Osakadojima181056
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakadojima181057
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2020年3月11日 (水)

なにわ筋線の工事施行認可を取得! Part9・「(仮称)北梅田駅~なにわ筋~浄正橋交差点(国道2号)」までの正確なルートが判明!

Osakananiwa2003101
-大阪都市計画都市高速鉄道なにわ筋線-

 「大阪都市計画都市高速鉄道なにわ筋線」は、2023年春開業予定の「(仮称)北梅田駅」と、「JR難波駅」及び南海本線の「新今宮駅」をつなぐ路線です。

 JR阪和線、南海本線を介して、西日本最大の鉄道ターミナルである梅田ターミナル、大阪市の主要鉄道ターミナルである難波ターミナル及び天王寺ターミナル、国土軸との結節点となる新大阪駅及び関西国際空港とを直結する機能を有します。

 大阪都心ならびに京阪神圏の各拠点都市と関西国際空港とのアクセス性の強化等、広域鉄道ネットワークの拡充に資する事業で、関西の最重要プロジェクトと言っても過言ではありません。

● なにわ筋線の工事施行認可を取得!
 鉄道建設については、工事を必要とする鉄道施設について工事計画を定め、国土交通大臣より認可を受ける必要があります。2019年10月15日になにわ筋線の工事施行認可申請を行っていましたが、2020年2月28日に認可を受けました 。

 引用資料 関西高速鉄道株式会社(PDF:2020/02/28)
 なにわ筋線の工事施行認可を取得しました  
 
なにわ筋線の概要
◆ 建設延長-約7.2㎞(複線)
◆ 中間駅-(仮称)中之島駅、(仮称)西本町駅、(仮称)南海新難波駅
◆ 事業スキーム-地下高速鉄道整備事業費補助による上下分離方式(想定)
◆ 整備主体-関西高速鉄道株式会社
◆ 営業主体-JR西日本(西日本旅客鉄道)、南海電気鉄道
◆ 開業目標-2031年春予定
◆ 総事業費-約3,300億円


Osakananiwa2003102
「(仮称)北梅田駅~なにわ筋~浄正橋交差点(国道2号)」平面図です。


Osakananiwa2003103
「複線シールド」と「矩形(くけい)ボックス」で構成されます


Osakananiwa2003104
このあたりに「大阪環状線」に向かうルートと「なにわ筋線」に向かうルートが合流・分岐する「ジャンクション」を設けます。


Osakananiwa2003105
「なにわ筋線」は、西側の道路の地下を通ります。


Osakananiwa2003106
「なにわ筋線」は、「JR神戸線・JR宝塚線」北側の道路の地下を通ります。


Osakananiwa2003107
道路の途中で、「JR神戸線・JR宝塚線」の高架橋の地下をアンダーパスします。


Osakananiwa2003108
「阪神高速11号池田線」と「大阪環状線」の高架橋の地下をアンダーパスします。


Osakananiwa2003109
「大阪環状線」の南側で「なにわ筋」の地下に入ります。


Osakananiwa2003110
「なにわ筋」の地下に入ると「浄正橋交差点」までの間に一気に深度を深くします。


Osakananiwa2003111
浄正橋交差点(なにわ筋・国道2号)

 「浄正橋交差点(なにわ筋・国道2号)」の地下には、「阪神本線」と「JR東西線」が走っています。これらをアンダーパスする必要があるので、深度を深くする必要があります。



|

2020年3月 6日 (金)

旧ホテルプラザ跡地の敷地南東側 「(仮称)大阪府済生会大淀南リハビリテーション病院」の完成イメージ 

Osakaoyodo200311
-旧ホテルプラザ跡地

 営業を終了した「ホテルプラザ」は、「旧ホテルプラザ解体工事」という工事名で、「竹中工務店」により地上躯体の解体工事が行われました。敷地面積10,337.43㎡を「積水ハウス」を中心とする5社が、2016年12月20日に取得しました。

 敷地には、地上51階、塔屋2階、地下1階、高さ約178m、延床面積99,658.78㎡、総戸数は871⼾の巨大な超高層タワーマンション「(仮称)グランドメゾン新梅田 タワープロジェクト」が建設中です。正式名称は「グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE」です。

 南東側の敷地面積3,914.76㎡は、病院・診療所や福祉施設などを運営する「社会福祉法人恩賜財団済生会」が取得しています。地上10階、塔屋1階、高さ42.9mの医療福祉施設「(仮称)大阪府済生会中津医療福祉センター大淀南医療福祉総合施設」を建設します。

● 完成イメージ
 「(仮称)大阪府済生会大淀南リハビリテーション病院」である「(仮称)大阪府済生会中津医療福祉センター大淀南医療福祉総合施設」の建築計画のお知らせを2020年2月11日にUPしましたが、読者の方から「完成イメージが公開されている」とメールを頂いたので再度UPします。

 引用資料 社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会
 (仮称)大阪府済生会大淀南リハビリテーション病院 竣工について

(仮称)大阪府済生会大淀南リハビリテーション病院の概要

◆ 計画名-(仮称)大阪府済生会中津医療福祉センター大淀南医療福祉総合施設
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大淀南二丁目2番20(地名地番)
◆ 階数-地上10階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-建築物42.900m、軒高42.300m
◆ 敷地面積-3,914.76㎡
◆ 建築面積-2,163.84㎡
◆ 延床面積-15,288.95㎡(容積率対象面積14,279.16㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-医療福祉施設(老人福祉施設、乳児院、看護専門学校、訪問看護ステーション等との複合施設として建設予定)
◆ 病床数-96床(回復期リハビリテーション病床)
◆ 建築主-社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2020年12月予定
◆ 竣工-2023年03月予定


Osakaoyodo200312
「完成イメージ」です。


Osakaoyodo200313
「計画地」です。「グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE」の南東側の敷地面積3,914.76㎡は、病院・診療所や福祉施設などを運営する「社会福祉法人恩賜財団済生会」が取得しています。


Osakaoyodo200221 
「(仮称)大阪府済生会大淀南リハビリテーション病院」の建設予定地を南東側から見た様子です(撮影日2020年2月8日)。


Osakaoyodo200222 
東側から見た様子です(撮影日2020年2月8日)。


Osakaoyodo200223
南西側から見た様子です(撮影日2020年2月8日)。


Osakaoyodo200224
「(仮称)大阪府済生会中津医療福祉センター大淀南医療福祉総合施設」の建築計画のお知らせです。施工者は「竹中工務店」に決定しています(撮影日2020年2月8日)。


Osakaoyodo200225
建築計画のお知らせの「立面図」です。高さは最高部は不明で、建築物42.900m、軒高42.300mとなっています(撮影日2020年2月8日)。


Osakaoyodo200226
建築計画のお知らせの「配置図」です(撮影日2020年2月8日)。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 88 沖縄県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場