32 大阪市・中部②

(2009年~)

2017年8月17日 (木)

大阪ビジネスパーク(OBP) 読売テレビ新社屋建設計画 2017/08/16 「RCS工法」の躯体が完全に地上に姿を現す!

Osakaobp16101
-読売テレビ新社屋建設計画-

 「読売テレビ」は、現在の社屋と同じ「大阪ビジネスパーク(OBP)」内に新社屋を建設して移転します。移転予定地は、「シアターBRAVA(ブラバ)!」跡地+西側の駐車場跡地=12,495.90㎡のかなり広い敷地です。

● 民間都市再生事業計画を認定
 「国土交通省」は、都市再生特別措置法第20条第1項の規定に基づき、「讀賣テレビ放送株式会社」から申請のあった民間都市再生事業計画(読売テレビ新社屋建設計画)について、同法第21条第1項の規定により認定しています。

 引用資料 国土交通省(PDF:2016/10/21)
 讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定 

 「読売テレビ新社屋建設計画」」は、有事であっても正確な情報を迅速に発信できるよう、災害に強い構造の社屋や放送継続のための非常用電源などを整備するとともに、放送局の持つ情報発信力を活かしながら「にぎわい」を創出し、京橋から大阪ビジネスパーク、さらには大阪城公園につながるエリアの活性化を図るものです。

読売テレビ新社屋建設計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区城見一丁目3番2、3番3、3番18、3番19、3番20、3番21、3番22、3番23、3番24、3番25
◆ 階数-地上17階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-85.06m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。 
◆ 敷地面積-12,495.90㎡
◆ 建築面積-6,995.39㎡
◆ 延床面積-51,194.58㎡(容積対象床面積45,393.30㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
◆ 用途-テレビスタジオ、物販店、飲食店
◆ 建築主-讀賣テレビ放送
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 土地整備工事-2016年03月07日~2016年11月30日
◆ 着工-2016年10月27日
◆ 竣工-2019年01月31日予定
◆ 放送開始-2019年08月28日予定(開局記念日)


Osakaobp16102
「周辺状況」」です。


Osakaobp16103
「概要図」です。


Osakaobp170811
「読売テレビ新社屋建設計画」の建設現場です。昨日(8月16日)、「大阪城ホール」で行われた「乃木坂46」のライブの前に撮影しました。


Osakaobp170812
少し角度を変えた様子です。


Osakaobp170813
躯体が地上に姿を現しています。


Osakaobp170814
南東側のゲートが開いていました。


Osakaobp170815
躯体が地上に完全に姿を現しています。


Osakaobp170816
柱に「コンクリート型枠」が取り付けられています。


Osakaobp170817
北東側から見た様子です。


Osakaobp170818
すべての地上躯体の構造がこうなるのかは分かりませんが、柱が「RC造(鉄筋コンクリート造)」、梁が「S造(鉄骨造)」のハイブリッド構造となっています。
 
● 柱がRC造、梁がS造の「RCS工法」
 
この工法は、各ゼネコンにより独自の名称がいろいろ付けられていますが、一般的には「RCS工法(RCS構法)」と呼ばれています。

 圧縮に強いコンクリートを柱に、曲げとせん断に強く軽量な鉄骨を梁に、適材適所の考え方から生まれた混合構造です。梁を「S造」とするため、ロングスパン構造物に適しています。
 柱が「RC造(鉄筋コンクリート造)」なので、価格が高い「鉄骨」の使用料が大幅に減ります。それによりコストダウンが図れます。

 近年、倉庫やショッピングセンターやオフィスビルなどでよく見かけるようになりました。特に建設ラッシュとなっている巨大物流倉庫は、「RCS工法」が非常によく採用されています。



|

大阪城ホール 乃木坂46の全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」に行ってきました!

Osakanogizaka170811
-乃木坂46-

 昨日(8月16日)、「大阪城ホール」で行われた「乃木坂46」の全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」に行ってきました。

 「乃木坂46」のライブに参加したのは、2月に友人に強制参加させられた(笑)「さいたまスーパーアリーナ」のライブ以来これで2回目です。
 2月の時は、メンバーの10名くらいしか顔と名前が一致せず、曲もほとんど知らなかったので正直言うとライブ中は苦痛でした。

 大人数のグループと言えば、私は「E-girls(イー・ガールズ)」の大ファンでしたが、今年の6月にグループ解体とも言える組織変更を行ったので、すっかり熱が冷めてしまいました。
 喪失感が半端無かったのですが、友人の猛烈なプッシュで「乃木坂46」のファンになろうかな? と考えるようになりました。

 とりあえず「乃木坂46」に関しては知識が全く無かったので、「乃木坂工事中」や「NOGIBINGO!」やブルーレイでライブ映像を見て、メンバー全員の顔と名前と簡単なプロフィールを覚えました。
 私はオッサンなので、脳がかなり老化しているので、なかなか覚えられませんでした(笑)。今はライブ映像を見ても、メンバー全員の顔と名前が分かるようになりました。


Osakanogizaka170812
現在の「乃木坂46」のメンバーはピッタリ46名です。こんなにたくさん美少女をよく揃えたものだ! と感心します。覚えていく過程でお気に入りのメンバーが出てきました。

 ちなみに私のお気に入りは現時点で、選抜メンバーでは「松村 沙友理、秋元 真夏」、アンダーでは「伊藤 かりん、川後 陽菜」です。


Osakanogizaka170813
ファン層は、女性アイドルグループとしては珍しく女性がかなり多いです。パッと見は25%くらい女性のように感じました。まあ女性から見ても憧れでなんでしょうね。私くらいのオッサンもかなり多いです。


Osakanogizaka170814
グッズはいつもと違う南側で販売していました。入場は通常通り北側でした。


Osakanogizaka170815
グッズ売場です。


Osakanogizaka170816
グッズのラインナップです。


Osakanogizaka170817
グッズは、「秋元 真夏」のマフラータオル、光るバングル、スティックライトを1本買いました。もう1本は「さいたまスーパーアリーナ」の使い回しです。

 「スティックライト」は最低2本必要です。メンバーが多いためメンバー別に色の組み合わせがあるためです。例えば「白石 麻衣 水色×水色」、「西野 七瀬 緑色×白色」、「齋藤 飛鳥 水色×白色」などです。


Osakanogizaka170818
チケットです。入場は私が今まで体験したライブの中で一番厳しかったです。カバンの中の入念なチェック、金属探知機でのボディチェック、免許証などの顔写真入りの身分証明書のチェックを全員行っていました。

 6時35分くらいに始まって、9時11分くらいに終わりました。座席はスタンドで、貴賓席から通路を挟んだ上でした。アンコールで、スタンドをゴンドラで「白石 麻衣、与田 祐希」と「西野 七瀬、大園 桃子」が、交互に1周しました。

 1mくらいの至近距離で見る事が出来ましたが、流石にツートップの「白石 麻衣、西野 七瀬」は本当にビックリするくらいの美人さんでした。

 2013年3月に「安室ちゃん」のファンになるまで洋楽しか聞かなかったのに、遂にはアイドルのライブまで行ってしまった自分の価値観の変化に驚いています。



|

2017年8月10日 (木)

これは凄い! 待ちに待ったプロジェクトが動き出す! 京橋駅周辺地区 「(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」 & 「(仮称)イオン京橋開発計画」

Osakakyobashi170811
京橋駅周辺地区のまちづくり-
 
2017年8月2日に京橋駅周辺地区が都市再生緊急整備地域に拡大指定されました。昨日UPしましたが、より詳細な内容が分かってきました。
 その中で、 ”イオン京橋店(旧ダイエー京橋店)」の敷地も入っているので、建て替えが期待出来ます。” と書きましたが、入っていました。

 引用資料 首相官邸(PDF:2017/08/02)
 大阪京橋駅・大阪ビジネスパーク駅周辺・天満橋駅周辺地域

 「大阪京橋駅・大阪ビジネスパーク駅周辺・天満橋駅周辺地域」は、①
KDDI大阪第2ビル、②(仮称)新MID大阪京橋ビル新築工事、③読売テレビ新社屋建設計画、④(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画、⑤(仮称)イオン京橋開発計画」の5プロジェクトです。

 ①~③は竣工済みもしくは建設中ですが、「④(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」と「⑤(仮称)イオン京橋開発計画」は新規プロジェクトです。

 かつて京橋地区は一大拠点になる大チャンスがありました。「OBP(大阪ビジネスパーク)」の建設、「大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線」の開通、地下街「コムズガーデン」のオープン、「国際花と緑の博覧会」の開催、JR東西線の開通などです。
 しかし、追加投資が行われず、その大チャンスを逃してしまい、1990年代後半から長期低空飛行状態が続いていました。

● JR西日本も続くと思われる!
 「京阪ホールディングス」と「JR西日本」の2者は、ターミナル駅としてふさわしい駅利用者の利便性向上に資する交通結節点としての機能整備に連携して取り組むことになったので、恐らくJR西日本も「京橋駅」を大規模に改良すると思われます。

 引用資料 JR西日本(2017/08/08)
 京橋駅周辺地区のまちづくりに関する連携について

 「京橋駅周辺地区」が凄い事になってきました。これらが完成すると「京橋駅周辺地区」は、今と全く違う景色になると思います。まあ今までが乗降客数の多さに比べて酷すぎたんですが・・・

(追記)
 8月10日に「JR西日本」が、京橋駅リニューアル工事を発表しました。工事内容は「大阪環状線改造プロジェクト」の一環と言えるもので、それ程規模は大きくないです。

 私は、「京橋駅」は駅の構造を根本的に造り変える大工事をいずれ行うと思っています。今回のリニューアル工事は、あくまでも暫定的だと思っています。


 JR西日本 ニュースリリース(2017/08/10)
 京橋駅リニューアル工事を開始します!



Osakakyobashi170821
「都市再生緊急整備地域」です。


Osakakyobashi170822
「京橋駅周辺地区・大阪ビジネスパーク駅周辺地区」のアップです。「④(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」と「⑤(仮称)イオン京橋開発計画」が新規プロジェクトです。


Osakakyobashi170823
「(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」です。面積は約1.7haです。詳細は不明ですが、駅の基本構造をそのままに、大規模に改良されると思われます。


Osakakyobashi170824
「(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」です。面積は約1.5haです。前身の「ダイエー京橋店」がオープンしたのは1971年11月26日です。「京橋ショッパーズプラザ(ダイエー京橋店)」としてオープンしました。

 最盛期には、日本のスーパーで売上高日本一になった事もあります。「ダイエー」が「イオン」に吸収されたため「イオン京橋店」となりました。

● どんな再開発ビルになるのか?
 私はバブル期には、ダイエーが運営していた百貨店「Printemps(プランタン)」になれな最高の立地なのにと妄想していましたが、それは実現しませんでした。

 百貨店とGMS(総合スーパー)は冬の時代なのでテナントに百貨店とGMSが入る事は恐らく無いと思います。下層階が大規模専門店街、高層階がホテルやオフィスの超高層複合ビルが建設されると思われます。



|

2017年8月 9日 (水)

都市再生緊急整備地域に拡大指定 大阪の第三極を目指す「京橋駅周辺地区のまちづくり」 「京阪ホールディングス」と「JR西日本」が連携!

Osakakyobashi170811
-京橋駅周辺-

 人間に「モテキ」があるように街にも「モテキ」があります。ハンサムな「梅田君」はずっとモテキです。お笑い大好きの「ミナミ君」は、バブルまでモテキでしたが、バブル崩壊後さっぱりモテなくなりました。しかし、ここ最近は外国人に猛烈にモテています。

 「京橋君」は、1980年代中頃から急速にモテるようになりましたが、モテキは10年くらいしか続きませんでした。「阿倍野君」は、2010年代に入って急にモテるようになりましたが、最近は「ミナミ君」に押されて伸び悩み気味です。

 外国人観光客に「大阪ミナミ」が大人気の理由は、東京と違ってコンパクトな範囲にすべてが揃っているということです。でも逆にこれは弱点でもあります。何度も大阪を訪れると「前も行ったし・・・」と飽きられてしまう危険性があります。

 飽きられるリスクを減らす意味でも魅力的な拠点を増やす必要があります。キタとミナミに続く、大阪の第三極が必要です。その候補は、「阿倍野・天王寺地区」と「京橋駅周辺地区」です。

京橋駅周辺地区のまちづくり
 
2017年8月2日に京橋駅周辺地区が都市再生緊急整備地域に拡大指定されました。これを受け、「京阪ホールディングス」と「JR西日本」の2者は、地域整備方針に掲げられているターミナル駅としてふさわしい駅利用者の利便性向上に資する交通結節点としての機能整備に連携して取り組むことになりました。

 引用資料 JR西日本(2017/08/08)
 京橋駅周辺地区のまちづくりに関する連携について

 「京橋駅」は国際観光拠点である大阪城公園に隣接した交通ターミナルであり、今後さらに複合的な都市機能の集積を図ることで、関西広域の観光資源をつなぐハブ拠点を形成していくことをめざします。

 かつて京橋地区に猛烈なモテキがありました。「OBP(大阪ビジネスパーク)」の建設、「大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線」の開通、「国際花と緑の博覧会」の開催、JR東西線の開通などです。
 
 しかし、中心となるべき京阪グループが投資に腰が引けていたため、京橋駅周辺は開発されず、狭い道路、駅前広場無しの基本構造は40年以上変わっていません。
 阪急グループの梅田、南海グループの難波のように、京阪グループが京橋に社運を賭けて投資していたら今と全く違う景色になっていたと思います。

 京橋駅周辺に再びモテキがやってきました。OBPの開発、大阪城人気、それに都市再生緊急整備地域に拡大指定です。今度こそチャンスを生かして欲しいです!


Osakakyobashi170812
「都市再生緊急整備地域」です。「イオン京橋店(旧ダイエー京橋店)」の敷地も入っているので、建て替えが期待出来ます。大規模ターミナルの最低条件である広い道路、広い駅前広場の整備を期待したいです。


Osakakyobashi160312
学研都市線(片町線)京橋駅の地下化は?
 「学研都市線(片町線)京橋駅」は地下化する構想があります、地下化すると地上に道路や駅前広場を整備する土地が生まれます。

 しかし、ここのところ全くその構想を耳にしなくなりました。JR西日本もしびれを切らして「ホームドア」を設置しました。都市再生緊急整備地域に拡大指定により地下化の構想が動き出すかも知れません。


Osakakyobashi170813
大阪城(大坂城)

 「京橋駅周辺地区」の最大の魅力は、「大阪城(大坂城)」が近くにある事です。「大阪城」と言えば、「豊臣秀吉」のイメージがありますが、今の「大阪城」は、徳川幕府が全国の大名に号令して建てさせた徳川のお城です。

 豊臣時代の大阪城の上に膨大な土をかぶせて更地にして建設されました。豊臣時代の遺構は、地面を深く掘らないと見る事が出来ません。
 大阪城の「天守閣」は、下層階が「徳川天守閣」、上層階が「秀吉天守閣」をイメージした実際には実在しなかった天守閣です。

● 外国人観光客に教えてもらった大阪城の魅力
 大阪城の「天守閣」は、コンクリート製で復元したものなので、歴史的な価値はありません。しかし、外国人観光客には超人気観光地となっています。

 改めて見ると「大阪城」は魅力がいっぱいです。最大の魅力は「石垣」と「堀」です。私は、大阪ミナミと同じように、「大阪城」の魅力を外国人観光客に教えてもらいました。

 日本の多くの城は、堀の内側に庁舎や学校などが建っている場合が多いです。そのたため景観が台無しになっています。しかし、「大阪城」は一部を除き関係無い建物が建っていません。これも奇跡です。


Osakaosakajo16062
大阪城の南外濠
 大阪城の「南外濠」です。まるで渓谷です。「南外濠」み魅力は、圧倒的な石垣の高さと堀の深さです。圧倒的な存在感で、何度見ても感動します。

大阪城の外濠
 大阪城の外掘は、「南外濠、西外濠、北外濠、東外堀」の4ヶ所あります。「南外濠、西外濠、北外濠」は、幕末時の原型をほぼとどめています。

 「東外濠」は、もともとは「北外濠」と一つながりの堀でしたが、昭和の初めに「大阪陸軍造兵廠」の敷地拡張のために埋め立てられられました。
 戦後は長らくラグビー場と運動場として使用されていました。平成に入って復元工事が行われ、1997年3月末に完成しています。


Osakaosakajo16063
算木積み
 
非常に美しい「算木積み」の石垣です。現在の技術を以てしてもこんなに美しく積むのは難しいそうです。


Osakakyobashi170814
桜門枡形の巨石・蛸石(たこいし)..
 「大阪城」の石垣には巨石がたくさんあります。「蛸石」は、城内第1位の巨石です。徳川幕府による「大坂城再築工事の第2期工事」により、1624年に備前岡山藩主池田忠雄によって築かれました。
 
 私は、最近まで「大阪城」にはほとんど興味は無かったのすが、「真田丸」や「ブラタモリ」の影響および外国人観光客の急増ですっかりハマっています。いろいろ調べると本当に面白いです。


Osakakyobashi170815
「大阪城」で唯一残念なのが「空堀」です。台地のため水を引けなかったのという説が有力です。これが「水堀」だったらビジュアル的に完璧でした。今から「水堀」にすると史実に反します・・・



|

2017年8月 6日 (日)

南船場三丁目 地上18階の「(仮称)ダイワロイネットホテル心斎橋 新築工事」の建設現場

Osakadaiwa170811
-(仮称)ダイワロイネットホテル心斎橋 新築工事-

 大阪市は空前のホテル建設ラッシュになっています。街の中を歩くと至る所でホテルの建設現場に遭遇します。あまりにも数が多すぎて私もごく一部しか把握していません。

 「御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)」の南側の区画に、大和ハウス工業グループの「ダイワロイヤル」が、地上18階、地下1階、高さ58.72mの「(仮称)ダイワロイネットホテル心斎橋 新築工事」を建設中です。

(仮称)ダイワロイネットホテル心斎橋 新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南船場三丁目9番1、9番2、10番1、11番1(地名地番)
◆ 階数-地上18階、地下1階
◆ 高さ-58.72m
◆ 敷地面積-777.50㎡
◆ 建築面積-572.10㎡
◆ 延床面積-8,361.22㎡(容積対象面積7,733.92㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、飲食店舗
◆ 客室数-(不明)
◆ 建築主-ダイワロイヤル
◆ 設計者・監理者-大和ハウス工業
◆ 施工者-大和ハウス工業
◆ 着工-2017年06月12日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年02月25日予定


Osakadaiwa170812
「(仮称)ダイワロイネットホテル心斎橋 新築工事」の建設現場を南東側から見た様子です。


Osakadaiwa170813
南側から見た様子です。奥に見える高層ビルは「御堂筋グランタワー(旧エプソン大阪ビル)」です。


Osakadaiwa170814
「(仮称)ダイワロイネットホテル心斎橋 新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakadaiwa170815
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Tokyoshinjuku170712
企業規模を急拡大する大和ハウス工業

 「大和ハウス工業」の本社は、大阪府大阪市北区梅田三丁目3番5号にあります。積極的なM&Aや新規事業進出により、ここ最近企業規模を急拡大しています。準大手ゼネコンの「フジタ」を買収したあたりから企業規模の拡大が加速したように感じます。

 2017年3月期の連結決算の売上高3,512,909百万円、営業利益310,092百万円です。売上高3兆5000億円、営業利益3000億円を超える巨大優良企業に成長しました。

 かつては、ライバルの「積水ハウス」に、売上高・営業利益共に後塵を拝していましたが、今では、売上高・営業利益・時価総額共に圧倒しています。



|

2017年8月 2日 (水)

(仮称)御堂筋プロジェクト 地上21階、高さ約74m、客室数309室のホテル 「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」の建設予定地

Osakamidosuji170811
-ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)-
 
「(仮称)御堂筋プロジェクト」は、関西圏における「東京建物」初のホテル開発事業です。大阪市の道路の大動脈である御堂筋に面し、地下鉄御堂筋線「本町」と「心斎橋」から徒歩圏のビジネスエリアの中心街に位置しています。

 引用資料 東京建物(PDF:2017/08/01)
 都市型ホテル開発事業の展開を加速 浅草雷門、大阪心斎橋で推進する ホテル開発事業の概要、オペレーターが決定

 建物は、視認性の高いデザイン、色調で、御堂筋沿いの新しいランドマークホテルとして認知されるグレードを兼ね備えたコンセプトとしています。

 ホテルオーナーの共同事業者として高い付加価値を提供しながら、注目度の高いエリアにブランド展開することで高く評価されている独立系ホテルオペレーターである「イシン・ホテルズ・グループ」を迎え、「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」としてオープンする予定です。

ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)の概要
◆ 計画名-(仮称)御堂筋北久宝寺町4丁目プロジェクト、(仮称)御堂筋プロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北久宝寺町四丁目3-1、南久宝寺町四丁目25-1(地番)
◆ 交通-地下鉄御堂筋線「本町」駅徒歩7分、地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅徒歩7分
◆ 階数-地上21階、地下0階
◆ 高さ-約74m
◆ 用地面積-約840㎡
◆ 延床面積-約10,700㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-3階~21階(ホテル)、1階・2階(店舗)
◆ 客室数-309室
◆ 建築主-東京建物(ホテル運営 イシン・ホテルズ・ グループ)
◆ 設計者・監理者-鴻池組
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2017年08月
◆ 竣工-2019年02月予定
◆ 開業-2019年春予定


Osakamidosuji170812
「位置図」です。


Osakamidosuji170813
「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」の建設予定地を南東側から見た様子です(撮影日2017年7月15日)。


Osakamidosuji170814
「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」の建設予定地を東側から見た様子です。


Osakamidosuji170815
「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Osakamidosuji170816
「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」の建設予定地を西側から見た様子です。反対側に見えるのは「本町南ガーデンシティ」です。



|

2017年7月25日 (火)

御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 本館 2017/07/15 塔屋を構築中!

Osakaufj170721
-株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル-

 「三菱東京UFJ銀行」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」を建て替えます。

 都市再生特別地区の変更により、容積率は本館部分が1400%、別館部分が1150%に引き上げられました。

● 御堂筋沿いの高さ規制緩和
 「御堂筋」は、淀屋橋~本町間の約1.1kmは、歩道に面した部分は高さ50mに規制、上層部分を歩道から10m以上後退させた場合は、高さ60mまで認められていました。

 更に、2013末の規制緩和で、(低層部の50m+上層部の軒先後退幅)×2倍の高さが新たな上限となり、高さ100m超のビルの建設が可能になりました。

● 本館
 「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 本館」の高さの最高限度は107mとなっていましたが、最終的には最高部104.50m、建築物101.30mになりました。

 本館の壁面は御堂筋の道路境界線から約4m後退させます。1階にはカフェやギャラリーを設ける予定です。大阪市営地下鉄「淀屋橋駅」と直結する地下通路はバリアフリー化します。

「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 本館」の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区伏見町三丁目10番1、大阪府大阪市中央区高麗橋三丁目30番
◆ 階数-地上21階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部104.50m、建築物101.30m
◆ 敷地面積-3,178.14㎡
◆ 建築面積-2,361.55㎡
◆ 延床面積-49,515.79㎡(容積対象面積43,704.08㎡)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(銀行)
◆ 建築主-三菱東京UFJ銀行
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計・東畑建築事務所 設計監理共同企業体(三菱地所設計、東畑建築事務所)
◆ 施工者-大林組・錢高・大末共同企業体(大林組、錢高組、大末建設)
◆ 解体工事-2014年10月15日
◆ 着工-2015年07月初
◆ 竣工-2018年03月末日予定


Osakaufj170722
「本館」の建設現場です。2基のタワークレーンで鉄骨建方が行われています。


Osakaufj170723
最高部に到達しています。建て替えが進み、御堂筋の高さ50mラインが揃いつつあります。


Osakaufj170724
塔屋の構築を行っています。


Osakaufj170725
「本館」を北西側から見た様子です。


Osakaufj170726
「本館」を北西側から見上げた様子です。


Osakaufj170727
御堂筋の高さ50mラインです。


Osakaufj170728
「本館」の下層階を北西側から見た様子です。


Osakaufj170729
「本館」を南西側から見上げた様子です。


Osakaufj170730
「本館」の高層階を南西側から見た様子です。


Osakaufj170731
「本館」の下層階を南西側から見た様子です。


Osakaufj170732
「本館」を南西側から引いて見た様子です。


Osakaufj170733
「本館」の下層階を南東側から見た様子です。


Osakaufj170734
「本館」を北東側から見た様子です。


Osakaufj170735
「本館」の下層階を北東側から見た様子です。「本館」と「別館」の間は、中層階で渡り廊下によって接続されています。



|

2017年7月24日 (月)

御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 別館 2017年7月15日の建設状況

Osakaufj14101
-株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル-

 「三菱東京UFJ銀行」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」を建て替えます。

 都市再生特別地区の変更により、容積率は本館部分が1400%、別館部分が1150%に引き上げられました。

 引用資料 大阪市・都市再生特別地区の事例(PDF)
 伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)

別館
 「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 別館」の高さの最高限度は98mとなっていましたが、最終的には最高部93.99m、建築物93.99mにになりました。「本館」と「別館」の2棟は、中層階で渡り廊下によって接続されます。

「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 別館」の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区伏見町三丁目1番、大阪府大阪市中央区高麗橋三丁目41番
◆ 階数-地上18階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部93.99m、建築物93.99m
◆ 敷地面積-2,306.64㎡
◆ 建築面積-1,596.41㎡
◆ 延床面積-29,375.29㎡(容積対象面積25,245.74㎡)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(銀行)
◆ 建築主-三菱東京UFJ銀行
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計・東畑建築事務所 設計監理共同企業体(三菱地所設計、東畑建築事務所)
◆ 施工者-大林組・錢高・大末共同企業体(大林組、錢高組、大末建設)
◆ 解体工事-2014年10月15日
◆ 着工-2015年05月初
◆ 竣工-2018年03月末日予定


Osakaufj170711
「別館」を南西側から見た様子です。


Osakaufj170712
「別館」の下層階を南西側から見た様子です。


Osakaufj170713
ゲートが開いていました。


Osakaufj170714
「別館」を南東側から見た様子です。


Osakaufj170715
「別館」の下層階を南東側から見た様子です。


Osakaufj170716
「別館」を北西側から見た様子です。


Osakaufj170717
「別館」と「本館」の間を北側から見た様子です。


Osakaufj170718
「渡り廊下」を南側から見た様子です。「別館」と「本館」の間は、中層階で渡り廊下によって接続されています。


Osakaufj170719
「別館」と「本館」の間の道路を南側から見た様子です。「メトロデッキ(覆工板)」が敷かれています。「別館」と「本館」の間は、地下でも接続されるようです。



|

2017年7月21日 (金)

帝人グループの大阪本社だった「帝人ビルディング」 地上37階、高さ137.5mの「(仮称)大阪南本町タワー」 建築計画のお知らせ

Osakateijin170711
-(仮称)大阪南本町タワー-

 合成繊維の大手メーカーで、「炭素繊維」では世界2位の「帝人」は、帝人グループの大阪本社および大阪地区の拠点を、南本町一丁目の「帝人ビルディング」から「中之島フェスティバルタワー・ウェスト(大阪本社)」、および「肥後橋シミズビル(大阪本社肥後橋オフィス)」に移転しました。

 「帝人ビルディング」は、九州に本拠を置く「JR九州(九州旅客鉄道)」に売却されています。「JR九州」は、跡地に地上37階、地下1階、高さ137.5mの超高層タワーマンション「(仮称)大阪南本町タワー」を建設します。

 用途が「共同住宅(分譲・賃貸)」となっています。分譲と賃貸の複合の超高層タワーマンションになるようです。大阪では珍しいですね。 

(仮称)大阪南本町タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南本町一丁目11番
◆ 交通-大阪市営地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」駅直結
◆ 階数-地上37階、地下1階
◆ 高さ-最高部137.5m
◆ 敷地面積-2,844.46㎡
◆ 建築面積-約1,920㎡
◆ 延床面積-約47,400㎡(容積対象面積約34,130㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(分譲・賃貸)
◆ 総戸数-(未定)
◆ 建築主-JR九州(九州旅客鉄道)
◆ 設計者-INA新建築研究所
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2018年07月初旬予定
◆ 竣工-2021年04月末日予定

Osakateijin170612
「対象地」です。

 引用資料 JR九州(PDF:2016/08/03)
 帝人株式会社大阪本社ビル購入のお知らせ


Osakateijin170712
南西側から見た様子です。


Osakateijin170713
下層階を南西側から見た様子です。


Osakateijin170714
南東側から見た様子です。


Osakateijin170715
下層階を南東側から見た様子です。地下鉄「堺筋本町駅」に直結する好立地です。


Osakateijin170716
下層階を北東側から見た様子です。


Osakateijin170717
下層階を北西側から見た様子です。


Osakateijin170718
配置図を見ると敷地西側の駐車場跡も含まれています。


Osakateijin170719
「(仮称)大阪南本町タワー」の建築計画のお知らせです。


Osakateijin170720
建築計画のお知らせの「南側立面図」です。


Osakateijin170721
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2017年7月19日 (水)

地上32階、高さ約108m「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」 2017年7月21日(金)に起工式を挙行!

Osakaapa16071
-アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>-
 
環境省は、「ヒアリ」について「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」などとしてきたが、専門家からの指摘で死亡例が確認されていないことが分かったそうです。関西で見つかった時はあれだけ「殺人アリ」と大騒ぎをしたくせに・・・

 私は東京(首都圏)も大阪(関西圏)も大好きなので、東京がどうの、大阪がどうのと言うつもりは毛頭ありません。でも、過去に同じような光景を何度も見てきました。

 1995年の「セアカゴケグモ」、2009年の「新型インフルエンザ」、2013年のホテル等の「食材偽装問題」、関西の時は大騒ぎして風評被害を撒き散らし、首都圏で見つかると騒ぎが収まるのは何ででしょうか??

 本題に戻って、「アパグループ」は、建設中の「ブランズタワー御堂筋本町」の東隣りのオフィスビル「本町永和ビル」をグループ会社のアパマンションを通じて2015年10月30日に取得しました。

 跡地には、地上32階、地下2階、高さ108.200mの超高層ホテル「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」が建設されます。 2017年7月21日に起工式が挙行され、2019年夏のオープンを目指します。

 完成イメージ図引用 船場経済新聞(2016/04/08)
 アパグループが大阪本町のビル解体に着手 駅直結タワーホテル建設へ 

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>の概要
◆ 計画名-(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事 
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南本町四丁目40番5他(地名地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線「本町」駅から徒歩1分、大阪市営地下鉄中央線「本町」駅から徒歩1分、大阪市営地下鉄四つ橋線「本町」駅から徒歩1分
◆ 階数-地上32階、地下2階
◆ 高さ-最高部108.200m、建築物100.000m
◆ 敷地面積-1,222.48㎡
◆ 建築面積-879.43㎡
◆ 延床面積-17,005.12㎡
◆ 構造-鉄構造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-917室
◆ 建築主-アパマンション
◆ 設計者・監理者-日企設計
◆ 施工者-熊谷組
◆ 解体工事-2016年06月21日~2017年03月31日
◆ 着工-2017年07月21日(起工式)
◆ 竣工-2019年08月下旬予定
◆ 開業-2019年夏予定


Osakaapa170711
「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」の建設予定地を南東側から見た様子です。


Osakaapa170712
ゲートが開いていました。


Osakaapa170713
南西側から見た様子です。


Osakaapa170714
北西側から見た様子です。


Osakaapa170715
週間の「作業工程」です。 2017年7月21日(金)が「起工式」となっています。


Osakaapa170716
東隣の御堂筋側の「太陽生命大阪ビル」跡地は、暫定的に駐車場になるようです。


Osakaapa170417
「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakaapa170418
建築計画のお知らせの「南立面図」です。8.200m+100.000=108.000となっています。20cmの誤差がありますが、最高部は108.000mと108.200mのどちらが正解なのでしょうか? 今回も修正されていませんでした。


Osakaapa170419
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場