32 大阪市・中部②

(2009年~)

2022年11月27日 (日)

日生病院跡地 「健康・医療」をテーマにした複合商業施設が誕生「フレスポ阿波座」 2022年12月1日(木)にオープン!

Osakaawaza221111
-フレスポ阿波座-

 大和ハウスグループの「大和リース」は、大阪市西区に複合商業施設「フレスポ(Frespo)阿波座」を2022年12月1日(木)にオープンします。「大和リース」は 2021年5月に「日本生命保険相互会社」と土地賃貸借契約を締結し、日生病院跡地に「健康・医療」をテーマにした複合商業施設を開発しました。「心も体も、より健康になる」のコンセプトのもと、スーパーマーケット、ドラッグストア、クリニックなどが出店します。

 引用資料 大和リース(PDF:2022/11/24)
 日生病院跡地に「健康・医療」をテーマにした複合商業施設が誕生「フレスポ阿波座」オープン 商業施設運営 土地活用

 南側の隣接地には、「大和リース」が整備した英語で保育を行う「キンダーキッズ インターナショナルスクール阿波座校」が2023年1月に開校を予定しています。

フレスポ阿波座の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市西区立売堀六丁目3-8
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 敷地面積-6,115.30㎡
◆ 延床面積-9,625.17㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-商業施設、クリニック
◆ テナント数-13テナント
◆ オープン-2022年12月01日

 キンダーキッズ インターナショナルスクール 阿波座校の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市西区立売堀六丁目5-15
◆ 階数-地上2階、地下0階
◆ 敷地面積-1,515.26㎡
◆ 延床面積-1,377.07㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-幼稚園
◆ 開園-2023年01月予定


Osakaawaza221112
「フレスポ阿波座フロアマップ(1F)」です。


Osakaawaza221113 
「フレスポ阿波座フロアマップ(2F)」です。


Osakaawaza221114
「フレスポ阿波座フロアマップ(3F)」です。


Osakaawaza221115
「アクセスマップ」です。



|

2022年11月26日 (土)

御堂筋 学校法人相愛学園 地上26階、高さ約124mの超高層複合ビル「(仮称)本町4丁目プロジェクト」 2022年11月15日に新築工事に着工!

Osakaaduchi221111
-(仮称)本町4丁目プロジェクト-

 「御堂筋」の西側の大阪市中央区本町四丁目に「学校法人相愛学園」があります。御堂筋に面する「第二有楽ビル」と西側に位置する「学校法人相愛学園」のD棟・E棟を建て替えます。

 計画名は「(仮称)本町4丁目プロジェクト」で、地上26階、塔屋2階、地下1階、高さ124.12m、延床面積45,486.19㎡の超高層複合ビルが建設されます。用途は「学校、事務所、ホテル、物販店舗、飲食店、駐車場」となります。

● 2022年11月15日に新築工事に着工!
 「大成建設」は、大阪市中央区本町四丁目に所有している大阪第二有楽ビルの建て替えに伴い、隣接する学校法人相愛学園の体育施設等と一体的に建て替えを行う「(仮称)本町四丁目プロジェクト」の、新築工事に2022年11月15日に着手しました。

 引用資料 大成建設(2022/11/15)
 (仮称)本町四丁目プロジェクトにおける新築工事着工について

 本願寺津村別院(通称:北御堂)に隣接する計画地は、御堂筋本町北地区地区計画区域内に位置しており、大阪のシンボルストリートである御堂筋に面している建築物として、御堂筋デザインガイドラインにおいて、「風格あるビジネスゾーンの形成」や「上質なにぎわいのあるまちなみの形成」等が求められている地区です。

(仮称)本町4丁目プロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区本町四丁目27番11の一部、27番14(地名地番)
◆ 交通-Osaka Metro御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町」駅
◆ 階数-地上26階、塔屋2階、地下1階(法規上 地上25階、塔屋2階、地下2階)
◆ 高さ-124.12m
◆ 敷地面積-3,309.00㎡
◆ 建築面積-2,557.29㎡
◆ 延床面積-45,486.19㎡(容積対象面積41,693.96㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート積層構造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-学校、事務所、ホテル、物販店舗、飲食店、駐車場
◆ 客室数-客室数209室
◆ 建築主-学校法人相愛学園
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2022年11月15日
◆ 竣工-2026年03月31日予定


Osakaaduchi221112
「用途構成」です。


Osakaaduchi221113
「位置図」です。


Osakaaduchi221011_20221010150401
「(仮称)本町4丁目プロジェクト」の建設予定地です。


Osakaaduchi221014_20221010150501
「(仮称)本町4丁目プロジェクト」の建築計画のお知らせです。


Osakaaduchi221015
「南側立面図」です。「御堂筋」から奥まった部分に、地上26階、塔屋2階、地下1階、高さ124.12mの超高層ビルが建設されます。


Osakaaduchi221016
「配置図」です。東西に細長い敷地で、敷地面積3,309.00㎡です。



|

2022年11月19日 (土)

JR西日本 「2025年大阪・関西万博」に向けた取り組み 「Osaka Metro 中央線」への乗換結節点となる大阪環状線「弁天町駅」の改良!

Osakajr221111
-2025年大阪・関西万博-

 2025年大阪・関西万博に向けたアクセス輸送は、公益社団法人 2025年日本国際博覧会協会が設置する「2025年日本国際博覧会来場者輸送対策協議会」において、JR西日本グループも交通事業者の一員として参画し計画検討しており、2022年10月17日には万博協会より、来場者の安全かつ円滑な来場を実現するための「万博来場者輸送具体方針(アクションプラン)」が公表されたところです。

 アクションプランでは、夢洲まで直通予定の「Osaka Metro 中央線」を筆頭に、JR西日本グループでは「JR桜島線(鉄道+シャトルバス)」が主要ルートの1つとして位置づけられており、アクセス輸送を支える交通事業者として、来場者を中心としたご利用されるお客様の安全確保を最優先に、鉄道ネットワークを活かしたアクセス向上、多様な鉄道サービスによる利便性向上等に取り組んでいくとともに、アクションプランの具現化に向けて万博協会と連携して検討を進めていきます。

 引用資料 JR西日本(PDF:2022/11/18)
 2022年11月社長会見

 引用資料 JR西日本(PDF:2022/11/18)
 「2025年大阪・関西万博」に向けた取り組み~万博アクセス輸送~

● 大阪環状線「弁天町駅」の改良
 来場者輸送における乗換安全性を向上するほか、既存施設の老朽化やバリアフリー課題の解消を実現します。万博開催前の2025年春の工事完成を目指し、2022年内に工事着手します。

新駅舎の整備
◆ 既存の南北改札の間に位置する場所に新駅舎を整備し、新改札口(仮称:新南口・新北口)を設置→万博開催期間中は、既存の南北改札口を活用することで安全性を向上し、万博終了後には既存の南北改札口は、新駅舎に設置する改札口に機能を集約
◆ 昇降設備(エレベーター・エスカレーター)のほかバリアフリートイレの設置によるバリアフリー機能の向上

Osaka Metro との乗換円滑化
◆ Osaka Metro 弁天町駅東口改札との乗換を、段差なくフラットに乗換可能とする「連絡通路」の整備(Osaka Metro との共同事業)
◆ 連絡通路と接続する、JR 弁天町駅内回りホーム改札の新設(仮称:内回りホーム口)

ホーム柵の整備
◆ ホームの安全性を向上するため、万博開催までにホーム柵を整備


Osakajr221112
「弁天町駅 改良計画(完成予想図・諸元・スケジュール)」です。


Osakajr221113
「弁天町駅 改良計画(配置図)」です。


Osakajr221114
「万博アクセス輸送の取り組み」です。



|

2022年11月17日 (木)

大阪メトロ 大阪公立大学のキャンパス前に新駅「大阪公立大学前駅(仮称)」を設置予定 開業は2025年を目指す!

Osakaac210511
-大阪メトロが大阪公立大学のキャンパス前に新駅-
 
大阪メトロは2025年に大阪城公園の東側に開設される大阪公立大学のキャンパスの前に新しい駅を設置する方針を固めました。大阪メトロの新しい駅は、森ノ宮駅から北東に約800mの「森之宮検車場」の敷地内に設置される予定です。

 引用資料 読売テレビ(2022/11/16)
 大阪メトロ 大阪公立大学のキャンパス前に2025年に新駅設置の方針 「大阪公立大学前駅(仮称)」

 新駅は、隣の森ノ宮駅から延伸する終着駅となり、車両の検査などを行う検車場に向かう線路を活用するということでホームも地上に造られる予定です。開業は大阪公立大学のメインキャンパスが開設される2025年を目指します。

 大阪メトロなどは、新駅とJR大阪環状線の大阪城公園駅をデッキなどで結んだり、周辺に新たに商業施設を設けたりすることも検討していて、新駅の名称は「大阪公立大学前」などを候補に調整しているということです。


Osakaac191011
「大阪公立大学前駅(仮称)」は、道路の西側(写真左側)にある大阪メトロの「森之宮検車場」の敷地内に設置される予定です。


Osakaac211011
大阪公立大学
 「大阪府立大学」と「大阪市立大学」を統合した新大学の名称は「大阪公立大学」に決定、「府市協調」の象徴的な事業として打ち出した構想が本格的に動き出し、2022年4月の開校しました。

 「大阪市立大学」の新キャンパスとして検討されている森之宮地区の市有地は、大阪城周辺から臨海部に至る東西都市軸の東部に位置する重要な拠点であり、大阪城公園に隣接し、大阪都心部の交通至便な立地条件にあります。

 2013年1月に供用を廃止したもと森之宮工場(ごみ焼却工場)や、もと焼却工場建替計画用地など大規模な未利用地が存在しています。また、JR森ノ宮電車区等や、交通局検車場、中浜下水処理場など、エリアの都市機能を支えるために重要な機能が集積していますが、高度な都市的利用はなされていません。


Osakaac211012
「森之宮キャンパスのイメージ」です。


Osakaac211014
「森之宮キャンパスのイメージ」です。



|

2022年11月 2日 (水)

淀屋橋駅直結のランドマークビル 地上29階、高さ約135mの「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」 2022年11月1日に着工!

Osakayodoyabashi221111
-淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事-
 大阪市は、「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の大阪都市計画第一種市街地再開発事業を決定しています。「淀屋橋駅西地区市街地再開発組合」は、大阪市中央区北浜四丁目で事業を推進する「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」において、2020年7月17日に市街地再開発組合の設立認可を受け、2020年8月6日に総会を開催し、組合を設立しました。

 市街地再開発事業の施行により敷地及び建物を共同化し、大阪の国際競争力の強化に資するハイグレードなオフィスを整備するとともに、低層部には御堂筋の上質なにぎわいを創出する商業機能の導入や、水辺の新たなにぎわいを創出する環境整備を行い、環境負荷低減や防災性の向上に資する建物を整備します。

 「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」には、「大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発」が地権者かつ参加組合員として参画しており、今後も引き続き再開発組合とともに事業を推進していきます。

● 2022年11月1日に着工!
 「淀屋橋駅西地区市街地再開発組合」とその参加組合員である「大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発」は、「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」について、2022年11月1日に着工しました。

 引用資料 大和ハウス工業(2022/11/01)
 御堂筋・玄関口の新たなランドマークとなるオフィスビルが誕生 「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」着工

淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜四丁目1番他
◆ 交通-京阪電車・Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅直結
◆ 階数-地上29階、地下2階
◆ 高さ-最高部134.99m
◆ 施行区域面積-約17,000㎡
◆ 敷地面積-7,206.23㎡
◆ 建築面積-5,169.89㎡
◆ 延床面積-132,331.56㎡
◆ 容積対象面積-115,249.18㎡(容積率約1,600%)
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、、飲食店、物販店舗、サービス店舗ほか
◆ 建築主-淀屋橋駅西地区市街地再開発組合(参加組合員 大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発)
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-大林組
◆ 解体工事-2021年08月20日
◆ 着工-2022年11月01日
◆ 竣工-2025年12月予定
◆ 開業-2026年予定
◆ 概算事業費-約668億円


Osakayodoyabashi221112
「夜景イメージ」です。


Osakayodoyabashi221113
「空撮イメージ」です。


Osakayodoyabashi221114
地上50mの眺望テラス

 御堂筋に面した高さ50mの基壇部屋上階(地上11階)に、一般の人も利用できる眺望空間(基壇部屋上庭園、カフェラウンジ等)を整備し、中之島を一望できる新たなVIEW SPOTを創出します。


Osakayodoyabashi221115
「完成イメージ」です。


Osakayodoyabashi221116
基準階平面図
 敷地の共同化・大街区化により、「大阪メトロ御堂筋線淀屋橋駅」直結の好立地において、ワンフロア貸室面積が約940~1,110坪、総貸室面積が約23,500坪のハイグレードオフィスを整備します。平面計画はセンターコア方式を採用することで、ワンプレートとしても分割してもレイアウトしやすく、東西南北・四方向が窓に面した快適な執務空間を提供します。


Osakayodoyabashi221117
「断面構成」です。


Osakayodoyabashi221118
「配置図」です。


Osakayodoyabashi221011
「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の予定地の2022年10月4日の状況です。


Osakayodoyabashi220818
「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業 施設建築物」の建築計画のお知らせです。


Osakayodoyabashi220819
「北立面図」です。



|

2022年10月16日 (日)

御堂筋の玄関口にランドマークビル 地上31階、高さ約149mの「淀屋橋駅東地区都市再生事業」 2022年10月4日の状況

Osakayodoyabashi220711_20220713061701
-淀屋橋駅東地区都市再生事業-
 「日本土地建物(現:中央日本土地建物)」と「京阪ホールディングス」は、淀屋橋駅東地区都市再生事業の都市計画案が、大阪市の都市計画審議会で、都市再生特別地区として可決されたことを発表しました。

 日本土地建物が所有する「日土地淀屋橋ビル」と京阪ホールディングスが所有する「京阪御堂筋ビル」を共同で、地上31階、地下3階、高さ149.205mの超高層ビルに建て替え、新たなランドマーク形成を目指します。

● 2022年7月8日に新築工事に着手!
 「中央日本土地建物」と「京阪ホールディングス」は、淀屋橋駅東地区都市再生事業について、2022年7月8日に新築工事に着手しました。竣工は、2025年5月の予定です。

 引用資料 中央日本土地建物(PDF:2022/07/12)
 御堂筋の玄関口に、高さ約150mのランドマークビル 「淀屋橋駅東地区都市再生事業」着工

淀屋橋駅東地区都市再生事業の概要
◆ 計画名-(仮称)淀屋橋プロジェクト新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜三丁目1番1他(地番)
◆ 交通-京阪電車・Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅直結
◆ 階数-地上31階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-最高部149.205m
◆ 敷地面積-3,940.82㎡
◆ 建築面積-2,686.83㎡
◆ 延床面積-72,910.04㎡(容積対象面積62,978.99㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス、物販店舗、飲食店舗、駐車場
◆ 建築主-中央日本土地建物、京阪ホールディングス、みずほ銀行
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 監理者-竹中工務店
◆ 施工者―竹中工務店
◆ 解体工事-2020年10月10日~2022年04月30日予定
◆ 着工-2022年07月08日
◆ 竣工-2025年05月30日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 開業-2025年夏頃予定


Osakayodoyabashi220712_20220713061701
「完成イメージ」です。


Osakayodoyabashi220713_20220713061701
「完成イメージ(北西上空より)」です。


Osakayodoyabashi220714
「完成イメージ(北西角地上空より)」です。


Osakayodoyabashi220715
「完成イメージ(立体多目的広場)」です。


Osakayodoyabashi220716
「完成イメージ(VOID 空間内のリフレッシュスペース)」です。


Osakayodoyabashi220717
「完成イメージ(ビジネスラウンジ)」です。


Osakayodoyabashi220718
「完成イメージ(自然換気)」です。


Osakayodoyabashi220719
「完成イメージ(駅コンコース接続部)」です。


Osakayodoyabashi220720
「用途構成」です。


Osakayodoyabashi220721
「基準階平面計画」です。基準階面積約1,600㎡(約480坪)となっています。


Osakayodoyabashi220722
「位置図」です。


Osakayodoyabashi221021
北西側から見た「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の2022年10月4日の建設状況です。


Osakayodoyabashi221022
「三点式パイルドライバ」です。


Osakayodoyabashi221023
角度を変えて見た様子です。


Osakayodoyabashi221024
「三点式パイルドライバ」には「3連型アースオーガ」が装着されています。「SMW工法(ソイルセメント柱列壁工法)」で「山留め壁」を構築しています。


Osakayodoyabashi220421
「(仮称)淀屋橋プロジェクト」の建築計画のお知らせです。



|

2022年10月15日 (土)

淀屋橋駅直結のランドマークビル 地上29階、高さ約135mの「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」 2022年10月4日の状況

Osakayodoyabashi200811
-淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事-
 大阪市は、「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の大阪都市計画第一種市街地再開発事業を決定しています。「淀屋橋駅西地区市街地再開発組合」は、大阪市中央区北浜四丁目で事業を推進する「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」において、2020年7月17日に市街地再開発組合の設立認可を受け、2020年8月6日に総会を開催し、組合を設立しました。

 引用資料 大和ハウス工業(PDF:2020/08/06)
 『淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業』市街地再開発組合設立のお知らせ

 市街地再開発事業の施行により敷地及び建物を共同化し、大阪の国際競争力の強化に資するハイグレードなオフィスを整備するとともに、低層部には御堂筋の上質なにぎわいを創出する商業機能の導入や、水辺の新たなにぎわいを創出する環境整備を行い、環境負荷低減や防災性の向上に資する建物を整備します。

 「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」には、「大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発」が地権者かつ参加組合員として参画しており、今後も引き続き再開発組合とともに事業を推進していきます。

淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜四丁目104番(地番)
◆ 交通-京阪電車・Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅直結
◆ 階数-地上29階、地下2階
◆ 高さ-最高部134.99m
◆ 施行区域面積-約17,000㎡
◆ 敷地面積-7,206.23㎡
◆ 建築面積-5,169.89㎡
◆ 延床面積-132,331.56㎡
◆ 容積対象面積-115,249.18㎡(容積率約1,600%)
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、、飲食店、物販店舗、サービス店舗ほか
◆ 建築主-淀屋橋駅西地区市街地再開発組合(参加組合員 大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発)
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-大林組
◆ 解体工事-2021年08月20日
◆ 着工-2022年11月01日予定
◆ 竣工-2025年12月予定
◆ 概算事業費-約668億円


Osakayodoyabashi200813
中之島を一望できる新たなVIEW SPOT
 御堂筋に面した高さ50mの基壇部屋上階(地上11階)に、一般の人も利用できる眺望空間(基壇部屋上庭園、カフェラウンジ等)を整備し、中之島を一望できる新たなVIEW SPOTを創出します(引用:大和ハウス工業)。


Osakayodoyabashi200812
「御堂筋沿道のイメージ」です(引用:大和ハウス工業)。


Osakayodoyabashi190554
「説明図2」です。高さの最高限度は135mです(引用:大阪市)。


Osakayodoyabashi190553
「説明図2」です。容積率の最高限度は、1,600%です(引用:大阪市)。


Osakayodoyabashi221011
「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の予定地の2022年10月4日の解体状況です。


Osakayodoyabashi221012
クローラークレーンが見えます。「オールケーシング掘削機」で、地中障害物の撤去を行っています。


Osakayodoyabashi221013
最期まで残っていた北西側の「住友生命淀屋橋ビル」もほとんど地上躯体の解体が終わっています。


Osakayodoyabashi221014
東側から見た様子です。


Osakayodoyabashi220818
「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業 施設建築物」の建築計画のお知らせです。


Osakayodoyabashi220819
「北立面図」です。



|

2022年10月14日 (金)

大阪都心に生き、天空のリゾートで寛ぐ非日常 地上43階、高さ約145mの「ブランズタワー大阪本町」 2022年10月4日の建設状況

Osakahonmachi210612
-ブランズタワー大阪本町
 大阪市中央区南本町二丁目に地上22階、地下2階、高さ91.76mの「サンマリオンNBFタワー」があります。道路を挟んだ北側に、地上43階、地下0階、高さ145.00mの超高層タワーマンション「(仮称)大阪市中央区南本町2丁目集合住宅新築工事」が建設中です。正式名称は「ブランズタワー大阪本町」です。

 引用資料 公式ホームページ
 ブランズタワー大阪本町

ブランズタワー大阪本町の概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市中央区南本町2丁目集合住宅新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南本町二丁目2番1,2番3
◆ 交通-Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町」駅から徒歩3分、Osaka Metro御堂筋線・中央線「本町」駅から徒歩4分
◆ 階数-地上43階、地下0階(地上43階は、設備スペースおよび避難用退避スペース)
◆ 高さ-145.00m
◆ 敷地面積-2,094.82㎡
◆ 建築面積-992.37㎡
◆ 延床面積-32,681.45㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法 ―場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造(1階〜4階に粘性体制震壁、5階〜40階に軸力フリー制震間柱を採用)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-302戸
◆ 建築主-東急不動産、大和ハウス工業、住友商事、コスモスイニシア
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2021年01月31日
◆ 竣工- 2023年11月予定
◆ 入居開始-2024年03月下旬予定


Osakahonmachi220411
「外観完成予想CG」です。


Osakahonmachi220414
制振構造

 地震対策として、建物内に地震時のエネルギーを吸収する制振部材を配置している「制振構造」を採用しています。1階〜4階に「粘性体制震壁」、5階〜40階に「軸力フリー制震間柱」を採用しています。地震時のエネルギー吸収を効率的に行える配置計画とすることにより、建物全体の損傷を抑えるとともに揺れを軽減しています。


Osakahonmachi220412
「外観完成予想CG」です。


Osakahonmachi220413
「外観完成予想CG」です。


Osakahonmachi210613
最高部の「外観完成予想CG」です。最上層・地上42階は、「スカイテラス」などの「コミュニティフロア」となっています。本来ならば「塔屋1階」である部分を「地上42階」として上手く利用しています。「地上43階」は、設備スペースおよび避難用退避スペースとなります。


Osakahonmachi210614
「スカイテラス完成予想CG」です。


Osakahonmachi210615
「42階の平面図」です。本来ならば黒い部分が、「塔屋1階」となる部分です。未使用部分を「コミュニティフロア」として上手く利用しています。


Osakahonmachi210616
「位置図」です。


Osakahonmachi221011
「ブランズタワー大阪本町」の2022年10月4日の建設状況です。


Osakahonmachi221012
南西側から見た様子です。


Osakahonmachi221013
南東側から見た様子です。


Osakahonmachi221014
南東側のゲートから見た内部の様子です。


Osakahonmachi221015
西側から見た様子です。


Osakahonmachi221016
北西側から見た様子です。


Osakahonmachi210312
「(仮称)大阪市中央区南本町2丁目集合住宅新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakahonmachi210313
「立面図」です。



|

2022年10月13日 (木)

大阪城公園の南側 地上20階、高さ約102mの「大阪・法円坂ホテル計画」 2025年春にカペラホテルグループが展開する「パティーナ大阪」が誕生!

Osakantt221011
-大阪・法円坂ホテル計画-

 「NTT西日本」は、京橋駅北側の「NTT西日本村」に新本社ビルを建設して2022年1月4日に移転しました。旧本社ビルには約2千人が勤務、日本電信電話時代の1966年に完成して以来、公社・NTTグループを通じて関西地区の拠点として活用されてきました。

 移転後はビル解体を含め対応を検討していました。街区は3区画に分かれており、西側から「駐車場、NTT西日本本社ビル、NTT西日本馬場町ビル」の約13,600㎡です。

 「NTT西日本(西日本電信電話)、NTTアーバンソリューションズ、NTT都市開発」の3社は、NTT西日本本社所在地を含む大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」について、大阪市の都市計画決定を踏まえた基本的な開発内容を合意したことから、開発概要を発表しました。

 シンガポールの高級ホテル「カペラホテルグループ」が進出することになりました。開業するのは新ブランド「パティナ」です。2021年にモルディブに開業し、インドネシア・バリ島など各国のリゾート地で建設を予定しています。日本には初進出で、訪日観光客や富裕層の呼び込みを目指します。

● パティーナ大阪が2025年春の開業予定!
 「NTT都市開発」は、開発を進める大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」内の大阪・法円坂ホテル計画について、カペラホテルグループとホテル運営委託契約を締結し、ホテルブランドを「パティーナホテルズ&リゾーツ」、ホテル名称を「パティーナ大阪」に決定しました。「パティーナ」は日本初進出となり、2025年春の開業を予定しています。

 引用資料 NTT都市開発(2022/10/12)
 大阪・法円坂ホテル計画、ホテルブランド・名称が決定『パティーナホテルズ&リゾーツ』 が日本初進出大阪・関西万博に向けて、周辺エリアを一体開発 2025年春、カペラホテルグループが展開するライフスタイルホテル「パティーナ大阪」が誕生

パティーナ大阪の概要
◆ 計画名-大阪・法円坂ホテル計画
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区馬場町6番30号(地番)
◆ 交通-Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目駅」より徒歩8分、JR環状線「森之宮駅」より徒歩10分
◆ 階数-(A敷地)地上20階、塔屋2階、地下3階、(B敷地)地上1階、地下2階 ※既存ビルを減築
◆ 高さ-(A敷地)約102m、(B敷地)約10m
◆ 街区対象面積-約13,600㎡
◆ 敷地面積-(A敷地)約4,900㎡、(B敷地)約2,900㎡、(史跡指定地)約5,800㎡
◆ 建築面積-(A敷地)約2,800㎡、(B敷地)約1,400㎡
◆ 延床面積-(A敷地)約38,500㎡、(B敷地)約5,000㎡
◆ 構造-(A敷地)鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(A敷地)ホテル、(B敷地)通信ビル
◆ 客室数-約220室(カペラホテルグループのパティーナ大阪)
◆ 建築主-NTT都市開発
◆ 基本設計-NTTファシリティーズ
◆ 実施設計・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2023年01月予定(A敷地)
◆ 竣工-2025年01月予定(A敷地)
◆ 開業-2025年春予定(A敷地)


Osakantt221012
「ブランドロゴ」です。


Osakantt221013
「全体イメージ(敷地西側より)」です。


Osakantt221014
「テラス付きの20階スカイロビー」です。


Osakantt221015
「敷地西側からの夕景」です。


Osakantt221016
「外部テラスを備えるバンケットホール」です。


Osakantt221017
「非日常を体験するプールエリア」です。


Osakantt221018
「大阪城を望む客室」です。


Osakantt21101016
「配置図(法円坂北特定街区)」です。



|

2022年10月11日 (火)

御堂筋 学校法人相愛学園 地上26階、高さ約124mの超高層複合ビル「(仮称)本町4丁目プロジェクト」 2022年10月4日の状況

Osakaaduchi221011_20221010150401
-(仮称)本町4丁目プロジェクト-

 「御堂筋」の西側の大阪市中央区本町四丁目に「学校法人相愛学園」があります。御堂筋に面する「第二有楽ビル」と西側に位置する「学校法人相愛学園」のD棟・E棟を建て替えます。

 計画名は「(仮称)本町4丁目プロジェクト」で、地上26階、塔屋2階、地下1階、高さ124.12m、延床面積45,486.19㎡の超高層複合ビルが建設されます。用途は「学校、事務所、ホテル、物販店舗、飲食店、駐車場」となります。

(仮称)本町4丁目プロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区本町四丁目27番11の一部、27番14(地名地番)
◆ 交通-Osaka Metro御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町」駅
◆ 階数-地上26階、塔屋2階、地下1階(法規上 地上25階、塔屋2階、地下2階)
◆ 高さ-124.12m
◆ 敷地面積-3,309.00㎡
◆ 建築面積-2,557.29㎡
◆ 延床面積-45,486.19㎡(容積対象面積41,693.96㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート積層構造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-学校、事務所、ホテル、物販店舗、飲食店、駐車場
◆ 客室数-客室数209室
◆ 建築主-学校法人相愛学園
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2022年11月15日
◆ 竣工-2026年03月31日予定


Osakaaduchi221012_20221010150501
現在は大成建設により「本町4丁目PJ・第二有楽ビル解体工事」が行われています。


Osakaaduchi221013_20221010150501
計画名は「(仮称)本町4丁目プロジェクト」です。


Osakaaduchi221014_20221010150501
「(仮称)本町4丁目プロジェクト」の建築計画のお知らせです。


Osakaaduchi221015
「南側立面図」です。「御堂筋」から奥まった部分に、地上26階、塔屋2階、地下1階、高さ124.12mの超高層ビルが建設されます。


Osakaaduchi221016
「配置図」です。東西に細長い敷地で、敷地面積3,309.00㎡です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際