32 大阪市・中部②

(2009年~)

2017年5月 9日 (火)

地上32階、高さ約108m「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」 建築計画のお知らせ

Osakaapa16071
-アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>-
 「アパグループ」は、建設中の「ブランズタワー御堂筋本町」の東隣りのオフィスビル「本町永和ビル」をグループ会社のアパマンションを通じて2015年10月30日に取得しました。

 敷地面積は1,222.48㎡で、既存のビルを解体後に、地上32階、地下2階、高さ108.200m、客室数は917室の超高層ホテルを建設する予定です。2019年夏のオープンを目指します。

 完成イメージ図引用 船場経済新聞(2016/04/08)
 アパグループが大阪本町のビル解体に着手 駅直結タワーホテル建設へ 

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>の概要
◆ 計画名-(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事 
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南本町四丁目40番5他(地名地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線「本町」駅から徒歩1分、大阪市営地下鉄中央線「本町」駅から徒歩1分、大阪市営地下鉄四つ橋線「本町」駅から徒歩1分
◆ 階数-地上32階、地下2階
◆ 高さ-最高部108.200m、建築物100.000m
◆ 敷地面積-1,222.48㎡
◆ 建築面積-879.43㎡
◆ 延床面積-17,005.12㎡
◆ 構造-鉄構造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-917室
◆ 建築主-アパマンション
◆ 設計者・監理者-日企設計
◆ 施工者-熊谷組
◆ 解体工事-2016年06月21日~2017年03月31日
◆ 着工-2017年06月中旬予定
◆ 竣工-2019年08月下旬予定
◆ 開業-2019年夏予定


Osakaapa170411
「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」の建設予定地を南東側から見た様子です。


Osakaapa170412
2017年6月中旬の着工に備えて地中障害物の撤去を行っています。


Osakaapa170413
「オールケーシング掘削機」で、地中障害物の撤去を行っています。


Osakaapa170414
南西側から見た様子です。


Osakaapa170415
北西側から見た様子です。


Osakaapa170416
東隣の御堂筋側では「太陽生命大阪ビル解体工事」が行われています。「この敷地も集約化して規模拡大!」と妄想していましたが、それはありませんでした。


Osakaapa170417
「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakaapa170418
建築計画のお知らせの「南立面図」です。8.200m+100.000=108.000となっています。20cmの誤差がありますが、最高部は108.000mと108.200mのどちらが正解なのでしょうか?


Osakaapa170419
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2017年5月 8日 (月)

地上38階、高さ約134mの「ブランズタワー御堂筋本町」 2017年4月28日の建設状況

Osakahonmachi16011
-ブランズタワー御堂筋本町-

 大阪府は、「旧大阪府商工会館」の一般競争入札を行いました。最低落札価格は19億1790万円でしたが、2013年7月29日に「東急不動産」が28億313万4000円で落札しました。

 「旧大阪府商工会館」は解体され、地上38階、塔屋2階、地下1階、高さ134.140mの超高層タワーマンション「(仮称)中央区南本町4丁目集合住宅 新築工事」を建設中です。正式名称は「ブランズタワー御堂筋本町」となっています。

 完成予想図引用 公式ホームページ
 ブランズタワー御堂筋本町 

ブランズタワー御堂筋本町の概要
◆ 計画名-(仮称)中央区南本町4丁目集合住宅 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南本町四丁目1番3(地名地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線「本町」駅から徒歩1分、大阪市営地下鉄中央線「本町」駅から徒歩1分、大阪市営地下鉄四つ橋線「本町」駅から徒歩1分
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部134.140m、建築物128.200m、軒高(不明)
◆ 敷地面積-1,845.49㎡
◆ 建築面積-1,103.09㎡
◆ 延床面積-30,024.46㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(計20本)
◆ 地震対策-免震構造(高減衰ゴム系積層ゴム、弾性すべり支承、免震オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-276戸 
◆ 建築主-東急不動産、近鉄不動産、神鋼不動産
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2015年04月01日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年10月上旬予定
◆ 入居開始-2017年11月下旬予定


Osakahonmachi170411
南側から見た様子です。


Osakahonmachi170412
最高部です。塔屋とヘリポートの構築もほぼ完了しています。


Osakahonmachi170413
南東側から見上げた様子です。高速道路の高架橋で眺望が望めない南側の下層階には部屋がありません。


Osakahonmachi170414
南東側から見た下層階の様子です。基礎は、「場所打ちコンクリート拡底杭」を地下約57m以深の支持層まで計20本打ち込んでいます。

 地震対策として、建物と基礎部分との間に「免震装置(高減衰ゴム系積層ゴム、弾性すべり支承、免震オイルダンパー)」を設置しています。


Osakahonmachi170415
南西側から見上げた様子です。


Osakahonmachi170416
南西側から見た下層階の様子です。


Osakahonmachi170417
北側から見た様子です。


Osakahonmachi170418
北西側から見た下層階の様子です。



|

2017年5月 5日 (金)

御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 本館 2017年4月28日の建設状況

Osakaufj14101
-株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル-

 「三菱東京UFJ銀行」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」を建て替えます。

 都市再生特別地区の変更により、容積率は本館部分が1400%、別館部分が1150%に引き上げられました。

 引用資料 大阪市・都市再生特別地区の事例(PDF)
 伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)

● 御堂筋沿いの高さ規制緩和
 「御堂筋」は、淀屋橋~本町間の約1.1kmは、歩道に面した部分は高さ50mに規制、上層部分を歩道から10m以上後退させた場合は、高さ60mまで認められていました。

 更に、2013末の規制緩和で、(低層部の50m+上層部の軒先後退幅)×2倍の高さが新たな上限となり、高さ100m超のビルの建設が可能になりました。

● 本館
 「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 本館」の高さの最高限度は107mとなっていましたが、最終的には最高部104.50m、建築物101.30mになりました。

 本館の壁面は御堂筋の道路境界線から約4m後退させます。1階にはカフェやギャラリーを設ける予定です。大阪市営地下鉄「淀屋橋駅」と直結する地下通路はバリアフリー化します。

「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 本館」の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区伏見町三丁目10番1、大阪府大阪市中央区高麗橋三丁目30番
◆ 階数-地上21階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部104.50m、建築物101.30m
◆ 敷地面積-3,178.14㎡
◆ 建築面積-2,361.55㎡
◆ 延床面積-49,515.79㎡(容積対象面積43,704.08㎡)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(銀行)
◆ 建築主-三菱東京UFJ銀行
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計・東畑建築事務所 設計監理共同企業体(三菱地所設計、東畑建築事務所)
◆ 施工者-大林組・錢高・大末共同企業体(大林組、錢高組、大末建設)
◆ 解体工事-2014年10月15日
◆ 着工-2015年07月初
◆ 竣工-2018年03月末日予定


Osakaufj170421
「本館」を南西側から引いて見た様子です。


Osakaufj170422
最高部です。2基のタワークレーンで鉄骨建方が行われています。


Osakaufj170423
鉄骨が細いので「塔屋」の構築を行っているようです。


Osakaufj170424
「本館」を南西側から見た様子です。


Osakaufj170425
御堂筋の高さ50mラインを大幅に突破しています。


Osakaufj170426
「本館」の下層階を南西側から見た様子です。


Osakaufj170427
南西側のゲートが開いていました。御堂筋側は吹き抜けになるようです。この現場は「逆打ち工法」が採用されているので、奥で地下階の掘削が行われています。


Osakaufj170428
「本館」の下層階を南東側から見た様子です。


Osakaufj170429
「本館」を北東側から見た様子です。


Osakaufj170430
「本館」を北西側から見た様子です。


Osakaufj170431
最高部です。


Osakaufj170432
「本館」の下層階を北西側から見た様子です。


Osakaufj170433
西側壁面の「PCaカーテンウォール」です。


Osakaufj170434
「本館」を北西側から引いて見た様子です。



|

御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 別館 2017年4月28日の建設状況

Osakaufj14101
-株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル-

 「三菱東京UFJ銀行」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」を建て替えます。

 都市再生特別地区の変更により、容積率は本館部分が1400%、別館部分が1150%に引き上げられました。

 引用資料 大阪市・都市再生特別地区の事例(PDF)
 伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)

別館
 「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 別館」の高さの最高限度は98mとなっていましたが、最終的には最高部93.99m、建築物93.99mにになりました。「本館」と「別館」の2棟は、中層階で渡り廊下によって接続されます。

「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 別館」の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区伏見町三丁目1番、大阪府大阪市中央区高麗橋三丁目41番
◆ 階数-地上18階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部93.99m、建築物93.99m
◆ 敷地面積-2,306.64㎡
◆ 建築面積-1,596.41㎡
◆ 延床面積-29,375.29㎡(容積対象面積25,245.74㎡)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(銀行)
◆ 建築主-三菱東京UFJ銀行
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計・東畑建築事務所 設計監理共同企業体(三菱地所設計、東畑建築事務所)
◆ 施工者-大林組・錢高・大末共同企業体(大林組、錢高組、大末建設)
◆ 解体工事-2014年10月15日
◆ 着工-2015年05月初
◆ 竣工-2018年03月末日予定


Osakaufj170411
「別館」を南西側から見た様子です。


Osakaufj170412
「別館」の下層階を南西側から見た様子です。


Osakaufj170413
「別館」と「本館」の間の道路です。「メトロデッキ(覆工板)」が敷かれています。「別館」と「本館」の2棟は、中層階で渡り廊下によって接続されますが、地下でも接続されるようです。


Osakaufj170414
「別館」を北西側から見た様子です。


Osakaufj170415
南側壁面の「PCaカーテンウォール」です。


Osakaufj170416
「別館」を南東側から見た様子です。


Osakaufj170417
「別館」の下層階を南東側から見た様子です。


Osakaufj170418
「別館」を東側から見た様子です。「別館」は東西に比べて南北の幅が狭いです。



|

2017年5月 2日 (火)

地上38階、高さ約131mの「プレミストタワー大阪新町ローレルコート」 2017年4月28日の建設状況

Osakadaiwahouse170411
-プレミストタワー大阪新町ローレルコート-

 「大和ハウス工業」と「近鉄不動産」は、出版取次販売会社の「大阪屋」の本社ビルを取得し、跡地に超高層タワーマンションを建設中です。

 概要は、地上38階、地下1階、 高さ130.98m、総戸数298戸(別途、管理事務室(防災センター)1戸、ゲストルーム2戸、スカイビューラウンジ(集会室)1戸、パーティールーム(集会室)1戸、オーナーズラウンジ(集会室)1戸、スタジオジム1戸)となっています。

 正式名称は、大和ハウス工業の「プレミストタワー」+近鉄不動産の「ローレルコート」で、「プレミストタワー大阪新町ローレルコート」となっています。竣工前ですが、全戸完売しています。

プレミストタワー大阪新町ローレルコートの概要
◆ 計画名-(仮称)西区新町タワープロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市西区新町二丁目1番2(地番)
◆ 交通-地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋」駅徒歩2分、地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅徒歩10分、地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩6分、地下鉄千日前線・長堀鶴見緑地線「西長堀」駅徒歩8分、地下鉄御堂筋線・四つ橋線・中央線「本町」駅徒歩10分
◆ 階数-地上38階、地下1階
◆ 高さ-130.98m
◆ 敷地面積-2,181.69㎡
◆ 建築面積-1,294.05㎡
◆ 延床面積-34,851.05㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-連結制振デュアル・フレーム・システム(建物の心柱のフリーウォールと外側の住棟部をダンパーで連結)
◆ 総戸数-298戸(別途、管理事務室(防災センター)1戸、ゲストルーム2戸、スカイビューラウンジ(集会室)1戸、パーティールーム(集会室)1戸、オーナーズラウンジ(集会室)1戸、スタジオジム1戸)
◆ 建築主-大和ハウス工業(60%)、近鉄不動産(40%)
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2015年07月21日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年01月下旬予定
◆ 入居開始-2018年03月下旬予定


Osakadaiwahouse170412
「新町南公園」越しに見た様子です。前回の撮影が2016年11月29日だったので、約5ヶ月ぶりです。


Osakadaiwahouse170413
最高部です。週間の作業工程では「37階躯体工事」となっていました。


Osakadaiwahouse170414
南東側から見た様子です。地震対策として「大林組」の独自技術である「デュアル・フレーム・システム(DFS)」を採用しています。


Osakadaiwahouse170415
南東側から見た下層階様子です。基礎工法は「場所打ちコンクリート拡底杭」です。


Osakadaiwahouse170416
南側から見た様子です。


Osakadaiwahouse170417
すぐ南側が「新町南公園」なので、南側の眺望は将来的にも安泰です。


Osakadaiwahouse170418
南西側から見た下層階様子です。


Osakadaiwahouse170419
北側から見た様子です。眺望があまり期待出来ない北側にはほとんど部屋がありません。


Osakadaiwahouse170420
北東側から見た様子です。



|

2017年5月 1日 (月)

御堂筋 「御堂会館」を建て替えホテル主体の高層複合施設を建設 (仮称)御堂会館建替計画 御堂会館 解体工事 2017年4月28日の状況

Osakaminamimido170411
-(仮称)御堂会館建替計画-
 
大阪のメインストリートである「御堂筋」の名前の由来ともなった「南御堂」の通称で知られる「真宗大谷派難波別院」は、施設が老朽化した「御堂会館」を、2016年1月をもって閉館しました。

 閉館した「御堂会館」は、ホテルを主用途とした複合施設に建て替えられます。建て替え後の用途は、「東急ホテルズ」が運営する、日本初の寺院山門と一体となったホテルに加え、浄土真宗の教えを発信していくための難波別院の総合案内所や多目的会議室等を含む、高層の複合施設となります。

 東急ホテルズ プレスリリース(2016/10/26)
 「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」関西初出店のお知らせ 

 ホテルは、御堂筋の新たなランドマークに相応しい、関西初の「エクセルホテル東急」として誕生します。境内地の一部(2,589.76㎡)に60年間の定期借地権を設定した上で、積水ハウスグループの「積和不動産関西」が複合施設を建設の上、事業を行います。東京オリンピック前の2019年冬の開業を目指します。

(仮称)御堂会館建替計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目68番5(地番)
◆ 土地面積-2,589.76㎡
◆ 賃貸人-真宗大谷派難波別院
◆ 賃借人-積和不動産関西(積水ハウスグループ)
◆ 定期借地権設定期間-60年(2017年10月01日~2077年09月30日まで)
◆ 設計者(建築・設備)-IAO竹田設計
◆ 設計者(構造)-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店(予定)


Osakaminamimido170412
「御堂会館」を南東側から見た様子です。建て替えられるのは、「南御堂(真宗大谷派難波別院」の御堂筋側の「御堂会館」です。

● (仮称)御堂会館建替計画 御堂会館 解体工事
 現在は「(仮称)御堂会館建替計画 御堂会館 解体工事」が、「竹中工務店により行われています。「労災保険関係成立票」によると工期は、2016年7月15日~2017年7月31日(予定)となっています。


Osakaminamimido170413
「御堂会館」は、解体工事のため閉鎖されています。


Osakaminamimido170414
南西側から見た様子です。


Osakaminamimido170415
「本堂」側から見た様子です。


Osakaminamimido170416
北側の解体工事の様子です。


Osakaminamimido170417
南側の解体工事の様子です。


Osakaminamimido170418
「仮囲い」が一部透明のアクリル板になっていたので覗いてみました。


Osakaminamimido170419
「本堂」に参拝するには、南側の「仮参道」から入ります。


Osakaminamimido170420
南御堂(真宗大谷派難波別院)の本堂

 「南御堂(真宗大谷派難波別院)」は、1945年3月のB-29による「大阪大空襲」で消失してしまいます。「本堂」は再建されたもので、鳳凰が羽を広げたような重層屋根の「鎌倉様式」となっています。


Osakaminamimido170421
南御堂(真宗大谷派難波別院)の石垣

 石垣は、1714年に徳川幕府から寄進された旧大坂城の外堀の石垣を使って、南御堂の敷地の周囲が構築されました。豊臣秀吉の造った旧大坂城の外堀の石垣がいかに巨大かつ精巧であった分かります。



|

2017年4月30日 (日)

地上25階、高さ約116mの「オービック御堂筋ビル新築工事」 2017/04/28 「実物大の外装モックアップ」が登場!

Osakaobic17021
-オービック御堂筋ビル新築工事-
 大阪のメインストリート御堂筋に面した場所に、独立系システムインテグレーターの「オービック」が、大阪本社ビルを建てるためなどとして、2002年12月に土地を取得していました。

 敷地には、「オービック」が、地上25階、塔屋2階、地下2階、高さ116.35mの超高層複合ビル「オービック御堂筋ビル新築工事」を建設します。計画名が(仮称)御堂筋平野町計画」から「オービック御堂筋ビル新築工事」に変更になっています。
 
● ロイヤルパークホテルズを新規出店
 
三菱地所グループのホテル統括会社である「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」は、オービックが新たに建設するビルの一部を賃借し、2020年春に新規ホテルを出店します。

 引用資料 三菱地所(PDF:2017/02/07)
 大阪御堂筋に関西地区のフラッグシップホテル新規出店

 ホテルは15階~25階で、賃借面積は15,523.61㎡です。宿泊主体型における関西地区の「フラッグシップホテル」とすることを予定しています。

 客室数はツインルームを中心に352室です。上層階の24階・25階はエグゼクティブフロアと位置づけ、上質な滞在空間を提供します。最上階の25階には宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設けます。

オービック御堂筋ビル新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区平野町四丁目13-1 他27筆(地名地番)
◆ 階数-地上25階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-116.35m
◆ 敷地面積-3,924.19㎡
◆ 建築面積-3,108.97㎡
◆ 延床面積-55,526.73㎡(容積対象面積48,914.63㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、ホテル、店舗、ホール、貸会議室、駐車場
◆ 客室数-352室(ロイヤルパークホテルズ)
◆ 建築主-オービック
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2016年05月30日~2017年04月30日
◆ 着工-2017年05月01日予定
◆ 竣工-2020年01月31日予定
◆ 開業日-2020年春予定(ホテル)

(備考) 「建築計画のお知らせ」が一部修正されていました。計画名が「(仮称)御堂筋平野町計画」 → 「オービック御堂筋ビル新築工事」、建築面積3,109.37㎡ → 3,108.97㎡、延床面積55,533.82㎡(容積対象面積48,907.62㎡) → 55,526.73㎡(容積対象面積48,914.63㎡)となっています。


Osakaobic17022
「周辺地図」です。


Osakaobic170411
南東側から見た様子です。現在は「御堂筋平野町解体工事」が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2016年5月30日~2017年4月30日(予定)で、「鹿島建設」の施工で行われています。


Osakaobic170412
南東側の「仮囲い」が一部透明のアクリル板になっているので覗いてみました。「実物大の外装モックアップ」が組まれていました。

 「実物大の外装モックアップ」は、一般の人に見せるために設置される訳ではないので、見えない場所に組む事はよくあります。


Osakaobic170413
北東側の「仮囲い」が一部透明のアクリル板になっているので覗いてみました。


Osakaobic170414
「三点式パイルドライバ」と「セメントミルクプラント」です。


Osakaobic170415
以前は「三点式パイルドライバ」に「ロックオーガ」が装着されて、「山留め壁」を構築する部分の「地中障害物」の撤去を行っていましたが、三連型の「アースオーガ」に入れ替えられています。

 三連型の「アースオーガ」は「山留め壁」の構築時に使用します。「山留め壁」の構築を着工と見なす現場が多いので、計画通り2017年5月1日に着工するようです。


Osakaobic170416
南西側から見た様子です。



|

2017年4月 7日 (金)

おおさか東線 大規模な改良工事が進む「鴫野駅」 Part3・改良工事のため使用停止となった1番のりば編

Osakashigino170471
-鴫野駅(しぎのえき)-
 
「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。
 未開業区間の「新大阪駅」~「放出駅」の 11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2018年度末に開業予定です。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「(仮称)西吹田駅、(仮称)淡路駅、(仮称)都島駅、(仮称)野江駅」の4駅が計画されています。

 更に、学研都市線の「鴫野駅~放出駅」間が複々線化されます。そのため「鴫野駅(しぎのえき)」では、大規模な改良工事が行われています。


Osakashigino150410
「鴫野駅」は、「おおさか東線」と「学研都市線」が分岐・合流するジャンクション的な役割を果たす駅となります。

 引用資料 おおさか東線,大阪外環状鉄道株式会社
 北区間工事の進捗 特設サイト

 2017年2月4日に学研都市線(四条畷・松井山手方面)は、仮設ホームが設置されて暫定的に2番のりばへ移行され、1番のりばは改良工事のために使用停止となりました。現在は変則的な2面2線ですが、最終的には相対式2面2線+島式1面2線=3面4線となる予定です。

現状(2017年2月4日以降)
1番のりば-使用停止
2番のりば-学研都市線(四条畷・松井山手方面)
4番のりば-学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)

おおさか東線供用開始後
1番のりば-おおさか東線(久宝寺方面)
2番のりば-おおさか東線(新大阪方面)
3番のりば-学研都市線(四条畷・松井山手方面)
4番のりば-学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)


Osakashigino170472
2017年2月4日に学研都市線(四条畷・松井山手方面)は、仮設ホームが設置されて暫定的に2番のりばへ移行されたため、「1番のりば」は改良工事のため使用停止になりました。


Osakashigino170473
「1番のりば」の南東端です。南東端に「エレベーター」があります。


Osakashigino170474
「1番のりば」のホーム南東端です。


Osakashigino170475
「1番のりば」は、ここに階段がありましたが改良工事により場所が変更される可能性があります。


Osakashigino170476
北西側に見た様子です。改良工事により「ホーム屋根」も架け替えられると思われます。


Osakashigino170477
ホーム屋根の北西端です。


Osakashigino170478
北西側のホーム屋根の無い部分です。「2番のりば」と「4番のりば」は、ホームの全長に屋根が架けられたので、「1番のりば」もホームの全長に屋根が架けられるかも知れません。


Osakashigino170479
「2番のりば」の北西端から「1番のりば」を南東側に見た様子です。


Osakashigino170480
「1番のりば」の北西端です。



|

2017年4月 6日 (木)

おおさか東線 大規模な改良工事が進む「鴫野駅」 Part2・拡張された改札内コンコース編

Osakashigino170451
-鴫野駅(しぎのえき)-
 
「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。
 未開業区間の「新大阪駅」~「放出駅」の 11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2018年度末に開業予定です。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「(仮称)西吹田駅、(仮称)淡路駅、(仮称)都島駅、(仮称)野江駅」の4駅が計画されています。

 更に、学研都市線の「鴫野駅~放出駅」間が複々線化されます。そのため「鴫野駅(しぎのえき)」では、大規模な改良工事が行われています。


Osakashigino150410
「鴫野駅」は、「おおさか東線」と「学研都市線」が分岐・合流するジャンクション的な役割を果たす駅となります。

 引用資料 おおさか東線,大阪外環状鉄道株式会社
 北区間工事の進捗 特設サイト

 2017年2月4日に学研都市線(四条畷・松井山手方面)は、仮設ホームが設置されて暫定的に2番のりばへ移行され、1番のりばは改良工事のために使用停止となりました。現在は変則的な2面2線ですが、最終的には相対式2面2線+島式1面2線=3面4線となる予定です。

現状(2017年2月4日以降)
1番のりば-使用停止
2番のりば-学研都市線(四条畷・松井山手方面)
4番のりば-学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)

おおさか東線供用開始後
1番のりば-おおさか東線(久宝寺方面)
2番のりば-おおさか東線(新大阪方面)
3番のりば-学研都市線(四条畷・松井山手方面)
4番のりば-学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)


Osakashigino170452
2017年2月4日に学研都市線(四条畷・松井山手方面)は、仮設ホームが設置されて暫定的に2番のりばへ移行されたため、1階の改札内コンコースが広くなりました。最終的にはもっと広くなります。


Osakashigino170453
改札口です。改札口は「今里筋」側の1ヶ所だけです。


Osakashigino170454
「改札機」が増設できるスペースがあります。


Osakashigino170455
現在は、2番のりば「学研都市線(四条畷・松井山手方面)」、4番のりば「学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)」のみ使用されています。


Osakashigino170456
2017年2月4日から供用開始された2番のりば側です。


Osakashigino170457
2番のりば側を北西側から見た様子です。


Osakashigino170458
一番南東側に「エレベーター」があります(現在は2番のりば専用)。


Osakashigino170459
次にエスカレーターが2基設置(下り専用エスカレーター、上り専用エスカレーター)されています(現在は2番のりば専用)。


Osakashigino170460
次に「階段」があります(現在は2番のりば専用)。


Osakashigino170461
壁の奥では、使用停止された「1番のりば」の改良工事が行われています。最終的にはこの壁は撤去されて、1階の改札内コンコースは更に広くなります。


Osakashigino170462
一番北西側に「トイレ」があります。



|

2017年4月 5日 (水)

おおさか東線 大規模な改良工事が進む「鴫野駅」 Part1・暫定的に供用開始された2番のりば編

Osakashigino170411
-鴫野駅(しぎのえき)-
 
「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。
 未開業区間の「新大阪駅」~「放出駅」の 11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2018年度末に開業予定です。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「(仮称)西吹田駅、(仮称)淡路駅、(仮称)都島駅、(仮称)野江駅」の4駅が計画されています。

 更に、学研都市線の「鴫野駅~放出駅」間が複々線化されます。そのため「鴫野駅(しぎのえき)」では、大規模な改良工事が行われています。


Osakashigino150410
「鴫野駅」は、「おおさか東線」と「学研都市線」が分岐・合流するジャンクション的な役割を果たす駅となります。

 引用資料 おおさか東線,大阪外環状鉄道株式会社
 北区間工事の進捗 特設サイト

 2017年2月4日に学研都市線(四条畷・松井山手方面)は、仮設ホームが設置されて暫定的に2番のりばへ移行され、1番のりばは改良工事のために使用停止となりました。現在は変則的な2面2線ですが、最終的には相対式2面2線+島式1面2線=3面4線となる予定です。

現状(2017年2月4日以降)
1番のりば-使用停止
2番のりば-学研都市線(四条畷・松井山手方面)
4番のりば-学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)

おおさか東線供用開始後
1番のりば-おおさか東線(久宝寺方面)
2番のりば-おおさか東線(新大阪方面)
3番のりば-学研都市線(四条畷・松井山手方面)
4番のりば-学研都市線(京橋・北新地・尼崎方面)


Osakashigino170412
2017年2月4日の始発から暫定的に供用開始された「2番のりば」のホームです。「学研都市線(四条畷・松井山手方面)」となります。


Osakashigino170413
2番のりばの「発車標」です。コンパクトな2段表示の3色LEDとなっています。


Osakashigino170414
「2番のりば」の南東端から南東側を見た様子です。


Osakashigino170415
「2番のりば」の南東端から北西側を見た様子です。


Osakashigino170416
「2番のりば」は、軌道の上に暫定的に拡幅しています。配線を変更する必要が無いのでこの方法を採用したのだと思われます。


Osakashigino170417
反対側から見た様子です。


Osakashigino170418
そのため「2番のりば」はやたら広いです。アスファルトの色が違う部分は将来的に撤去されます。


Osakashigino170419
多くの場合は、暫定的に拡幅したホームは木製の簡易な場合が多いですが、コンクリート製でその上にアスファルトで舗装しています。


Osakashigino170420
暫定的に拡幅したホームの上には平らな屋根が設置されています。将来的にはこの部分は軌道上になるので屋根は撤去されると思われます。


Osakashigino170421
一番南東側に「エレベーター」があります。


Osakashigino170422
次にエスカレーターが2基設置(下り専用エスカレーター、上り専用エスカレーター)されています。


Osakashigino170423
次に「階段」があります。


Osakashigino170424
次に「ベンチ」があります。


Osakashigino170425
一番北西側にエアコン付きの「待合室」があります。


Osakashigino170426
「待合室」の内部です。


Osakashigino170427
「2番のりば」の北西端から南東側を見た様子です。軌道を挟んだ「1番のりば」は改良工事のため使用停止になっています。


Osakashigino170428
「4番のりば」の南東端から南東側を見た様子です。


Osakashigino170429
軌道は「鴫野駅」の直前で立体交差します。「鴫野駅」が「おおさか東線」と「学研都市線」が分岐・合流するジャンクション的な役割を果たす駅のためです。


Osakashigino170430
このスペースに3番線「学研都市線(四条畷・松井山手方面)」の軌道が設置される予定です。ホームには3番のりば「学研都市線(四条畷・松井山手方面)」が新設されます。


Osakashigino170431
将来的に3番線「学研都市線(四条畷・松井山手方面)」となる部分を北西側から見た様子です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場