32 大阪市・中部②

(2009年~)

2019年7月19日 (金)

都市再生緊急整備地域 「イオン京橋店(旧ダイエー京橋店)」が、2019年9月30日に閉店 遂に 「(仮称)イオン京橋開発計画」が動き出す!

Osakaaeon19071711
-(仮称)イオン京橋開発計画

 JR京橋駅に直結する大型総合スーパー「イオン京橋店(旧ダイエー京橋店)」がオープンしたのは1971年11月26日です。「京橋ショッパーズプラザ(ダイエー京橋店)」としてオープンしました。

 最盛期には、日本のスーパーで売上高日本一になった事もあります。「ダイエー」が「イオン」に吸収されたため「イオン京橋店」となりました。「イオン京橋店」は、再開発のために2019年9月30日をもって閉店します。一帯は「都市再生緊急整備地域」に指定されています。

 引用資料 首相官邸(PDF:2017/08/02)
 大阪京橋駅・大阪ビジネスパーク駅周辺・天満橋駅周辺地域


 かつて京橋地区は一大拠点になる大チャンスがありました。「OBP(大阪ビジネスパーク)」の建設、「大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線」の開通、地下街「コムズガーデン」のオープン、「国際花と緑の博覧会」の開催、JR東西線の開通などです。

 しかし、追加投資が行われず、その大チャンスを逃してしまい、1990年代後半から長期低空飛行状態が続いていました。しかし、再び大きな波が来ています。京橋地区は大阪の副都心として大きく変貌しそうです。


Osakakyobashi170821
「都市再生緊急整備地域」です。


Osakakyobashi170822
「京橋駅周辺地区・大阪ビジネスパーク駅周辺地区」のアップです。④が「(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」、⑤が「(仮称)イオン京橋開発計画」です。京阪京橋駅、JR京橋駅、OBPの3点を結ぶのヘソのような立地で、京橋地区の歩行者動線を劇的に変える可能性を秘めています。


Osakakyobashi170824
「(仮称)イオン京橋開発計画」です。面積は約1.5haです。超高層ビルを含む再開発になるのは間違いないと思いますが、早く具体的な内容が知りたいですね。


Osakaaeon19071712
「イオン京橋店」を南側から見た様子です。2019年9月30日に閉店します。近いうちに閉店するというウワサを聞いていたので、この日に備えてたくさん写真を撮影しておきました。


Osakaaeon19071713
角度を変えた様子です。


Osakaaeon19071714
北側から見た様子です。


Osakaaeon19071715
角度を変えて見た様子です。


Osakaaeon19071716
北側の道路です。周辺の道路は狭くてゴチャゴチャしているので、再開発に合わせて広く分かりやすくしてほしいです。


Osakaaeon19071717
奥(東側)に見えるのは、JR京橋駅です。私は地図を見ながら再開発を妄想するのが大好きですが、1980年代からここに「駅前広場」を整備して欲しい! とずっと妄想していました。

 奥の敷地はJR西日本の「京橋変電所」です。この用地は南北の幹線道路「玉造筋」の延伸構想の用地です。延伸された「玉造筋」の西側に「駅前広場」を整備するのが私の長年の妄想です(笑)。


Osakaaeon19071718
「イオン京橋店」はJR京橋駅と直結しています。



|

2019年7月17日 (水)

(仮称)中央区久太郎町PJ 総合衣料問屋「プロルート丸光」の大阪本店跡地 超高層タワーマンション建設か?

Osakaproroute190711
-(仮称)中央区久太郎町PJ-

 総合衣料問屋の「プロルート丸光」は、堺筋本町の本店が入るビルと第2駐車場を2017年3月に売却しています。譲渡価額は84億円です。売却先と賃貸借契約を結び、引き続き使用していましたが、「大阪本店」は2019年3月20日を最後に営業を終了しました。6月2日に新しい「大阪本店」がプレオープンしています。

 既存建物は、「長谷工コーポレーション」により「(仮称)中央区久太郎町PJ既存建物解体工事」が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2019年4月1日~2021年8月31日(予定)となっています。

 注文者は「近鉄不動産、大和ハウス工業、名鉄不動産、JR九州、長谷工コーポレーション」の5社です。敷地面積は約3,400㎡です。跡地には超高層タワーマンションが建設されるのは間違いないと思われます。


Osakaproroute190712
足場が組まれています。


Osakaproroute190713
北東側から見た様子です。


Osakaproroute190714
南西側から見た様子です。こちら側は、「足場+防音壁」の設置がかなり進んでいます。


Osakaproroute190715
北西側から見た様子です。


Osakaproroute190716
「(仮称)中央区久太郎町PJ既存建物解体工事」が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2019年4月1日~2021年8月31日(予定)となっています。


Osakaproroute190717
「大阪本店」は近くに移転しました。


Osakaproroute190718
2019年6月2日に、「大阪本店(新館)」がプレオープンしました。上の図では「7月上旬オープン予定」となっていますが、2019年6月2日にプレオープンしています。

● プロルート丸光
 それにしても建物の規模が随分小さくなってしまいました。久しぶりに決算を見ると2019年3月期の連結決算で売上高が100億円を切っていたので驚きました。「総合衣料問屋」という業態は今の時代には厳しいようです。

 私が関西に来た1980年代は「プロルート丸光」は、大阪では結構大きくて知名度のある会社でした。社名を聞くと「おーっ!」という反応の人が多かったです。友人が「プロルート丸光」の女性社員と付き合っていたのでよく覚えています。



|

近鉄グループ 地上16階、客室数約300室「都シティ 大阪本町」 2019年7月12日の建設状況

Osakakintetsu190711
-(仮称)堺筋本町ホテル
計画
 「近鉄・都ホテルズ」は、東京都港区および大阪市中央区に新たに宿泊主体型ホテルを出店することになりました。今回の出店により、都ホテルズ&リゾーツが運営するホテル・旅館は、建替え中のものも含めて26施設、約7,000規模となります。

 「(仮称)堺筋本町ホテル計画」の建設予定地である堺筋本町は、観光客の増加が著しい難波・心斎橋エリアに近く、京都、奈良、神戸などへの交通の便が良く、今後も宿泊需要の増加が期待できる立地です。

 加えて、近隣に「シェラトン都ホテル大阪、大阪マリオット都ホテル」などのホテルを運営しており、幅広いニーズに対応することができるようになります。

● 都シティ 大阪本町
 ホテルの正式名称ですが、都ホテルズ & リゾーツの公式ホームページに「都シティ 大阪本町」のページがオープンしているので、「都シティ 大阪本町」になるのは間違いないです。

 引用資料 都ホテルズ & リゾーツ・公式HP
 都シティ 大阪本町 

都シティ 大阪本町の概要
◆ 計画名-(仮称)堺筋本町ホテル計画
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北久宝寺町一丁目8-7
◆ 交通-Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町」駅徒歩2分
◆ 階数-地上16階、地下1階
◆ 高さ-建築物58.7m
◆ 敷地面積-約1,594㎡
◆ 建築面積-約1,193㎡
◆ 延床面積-約14,253㎡(容積対象面積約12,748㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-約300室(平均客室面積約25㎡)、レストラン1店舗
◆ 建築主-三菱UFJ信託銀行(江綿グループと三菱UFJ信託銀行が賃借契約を結び、三菱UFJ信託銀行がホテル建物を建設、近鉄・都ホテルズが賃借しホテルを運営)
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2018年01月22日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2020年01月末日予定
◆ 開業-2020年春予定


Osakakintetsu190712
「都シティ 大阪本町」の建設現場を北西側から見た様子です。


Osakakintetsu190713
北西角がアール状になっています。


Osakakintetsu190714
北西側から見た下層階の様子です。


Osakakintetsu190715
縦のルーバー状の装飾です。


Osakakintetsu190716
南西側から見た様子です。


Osakakintetsu190717
南西側から見た下層階の様子です。


Osakakintetsu180114
建築計画のお知らせの「西立面図」です。塔屋を除く建築物の高さが58.7mです。



|

2019年7月16日 (火)

(仮称)谷町四丁目計画 住友不動産が「日本コムシス」の西日本本社と関西支店の跡地に超高層タワーマンション建設か?

Osakacomsys190711
-(仮称)谷町四丁目計画-

 「日本コムシス」は、主にNTTグループの電話・通信の工事を請け負う大手の情報通信建設会社です。大阪市中央区谷町四丁目に「日本コムシス」の西日本本社と関西支店がありました。

 「日本コムシス」の西日本本社と関西支店は、大阪市住之江区の「ATC(アジア太平洋トレードセンター)」に移転しています。旧西日本本社と旧関西支店跡地の敷地面積は約2,600㎡です。

 現在は「(仮称)谷町四丁目計画に伴う既存建物等解体工事」が行われています。解体工事の期間は「労災保険関係成立票」によると、2019年6月3日~2020年2月28日(予定)になっています。注文者は「住友不動産」となっています。周辺は超高層タワーマンションの建設ラッシュになっているので、超高層タワーマンションが建設されると思われます。


Osakacomsys190712
南東側から見た「(仮称)谷町四丁目計画」の予定地です。敷地面積は約2,600㎡です。


Osakacomsys190713
南東角の小規模な建物は、「(仮称)谷町四丁目計画」には参加しないと思われます。


Osakacomsys190714
北東側から見た様子です。


Osakacomsys190715
東側のビルです。「足場」が組まれています。


Osakacomsys190716
南側から見た様子です。この部分は平面駐車場でした。


Osakacomsys190717
西側のビルです。「足場」が組まれています。


Osakacomsys190718
約4ヶ月前の2019年3月7日の様子です。敷地は閉鎖されていましたが、まだ解体工事が始まっていませんでした。


Osakacomsys190719
南西側から見た様子です。


Osakacomsys190720
「労災保険関係成立票」によると、解体工事の期間は2019年6月3日~2020年2月28日(予定)になっています。



|

地上36階、高さ約131mの「グランドメゾン上町台レジデンスタワー」 2019年7月12日の建設状況

Osakakyuhoji190311
-グランドメゾン上町台レジデンスタワー-

 大阪市中央区内久宝寺町四丁目のUR都市機構の「内久宝寺団地」跡地に「積水ハウス、三菱地所レジデンス」が超高層タワーマンションを建設中です。

 「(仮称)上町台タワープロジェクト」という名称で公式ホームページがオープンしていましたが、正式名称は「グランドメゾン上町台レジデンスタワー」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 グランドメゾン上町台レジデンスタワー

グランドメゾン上町台レジデンスタワーの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市中央区内久宝寺町4丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区内久宝寺町四丁目62番(地番)、大阪市中央区和泉町二丁目39番2(地番)
◆ 交通-Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目」駅まで徒歩5分、Osaka Metro谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅まで徒歩8分、Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町」駅まで徒歩10分
◆ 階数-地上36階、塔屋あり、地下2階
◆ 高さ-最高部131,494m、軒高121.944m
◆ 敷地面積-3,329.58㎡(登記記録面積・実測面積・建築確認対象面積)
◆ 建築面積-1,632.00㎡
◆ 延床面積-32,505.63㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-共同住宅(分譲)、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-287戸
◆ 建築主-積水ハウス、三菱地所レジデンス
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2018年01月23日
◆ 竣工-2020年10月中旬予定
◆ 入居開始-2021年01月下旬予定


Osakakyuhoji190312
「グランドメゾン上町台レジデンスタワー」の位置図です。


Osakakyuhoji190711
「グランドメゾン上町台レジデンスタワー」の建設現場を南東側から見た様子です。


Osakakyuhoji190712
タワークレーン2基で建設しています。


Osakakyuhoji190713
南東側から見た様子です。


Osakakyuhoji190714
南西側から見た様子です。


Osakakyuhoji190715
「ダンプトラック」で床材が運ばれてきました。


Osakakyuhoji190716
「ボイドスラブ」です。


Osakakyuhoji190717
別の工事現場で撮影した「ボイドスラブ」です。「ボイドスラブ」は、多くのマンションで採用されています。このように床材に「発泡スチロール」が埋め込まれています。現場でこの上に鉄筋を配筋して、コンクリートを打設します。

● ボイドスラブ(中空スラブ)
 
「ボイドスラブ」は、床が厚いので遮音性に優れています。スラブ全体が主梁の役目を担うため、主梁以外の小梁を無くすことができ、室内空間の天井面がフラットに仕上ることが出来ます。

 床を厚くすると重くなります。そのためコンクリートスラブを一部発泡スチロールに置き換えています。「発泡スチロール」はコンクリートと比べればほとんど重さが無いようなもので、重量を軽くすることが出来ます。内部に「空隙(ボイド)」ができたような状態にるので、「ボイドスラブ(中空スラブ)」と呼ばれています。


Osakakyuhoji190718
北東側は「立体駐車場」でしょうか?


Osakakyuhoji170616
建築計画のお知らせの「北東立面図」です。高さ10m近い塔屋が目につきます。


Osakakyuhoji170617
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2019年7月15日 (月)

JR京橋駅 “つながる”駅京橋をコンセプトに京橋駅リニューアル工事を進行中 2019年7月12日の状況

Osakakyobashi190711
-JR京橋駅リニューアル工事 -

 「JR西日本」では、「大阪環状線改造プロジェクト」として、魅力あふれる大阪環状線を目指し、駅や車両といった鉄道の機能の充実を図るとともに、新たな利用誘発につながる新しい価値の創出に取り組んでいます。

 「JR西日本」は、2017年8月下旬~2021年(予定)の工期で、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、「JR京橋駅リニューアル工事」を行っています。

 引用資料 JR西日本
 京橋駅改良 “つながる”駅京橋をコンセプトに京橋駅リニューアル工事を進行中

  主なリニューアル工事の内容としては、「(1)北口リニューアル、(2)トイレリニューアル、(3)エレベーター増設、(4)エスカレーター増設、(5)駅全体の案内サイン改良、(6)その他」を予定しています。


Osakakyobashi190712
「北口東側外観イメージ」です。


Osakakyobashi190713
「内観完成イメージ」です。


Osakakyobashi190714
「内観完成イメージ」です。


Osakakyobashi190715
現在の北口西側です。


Osakakyobashi190716
JR京橋駅と京阪京橋駅の間のこの部分は、京橋の中心と言ってもいい場所です。


Osakakyobashi190717
「改札外コンコース」の工事の様子です。


Osakakyobashi190718
天井がむき出しになっています。


Osakakyobashi190719
「改札内コンコース」の工事の様子です。


Osakakyobashi190720
「改札内コンコース」を角度を変えて見た様子です。



|

JR京橋駅 大阪環状線初:3・4番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 2019年7月12日の状況

Osakakyobashi190751
-JR京橋駅-

 「JR西日本」では、「大阪環状線改造プロジェクト」として、魅力あふれる大阪環状線を目指し、駅や車両といった鉄道の機能の充実を図るとともに、新たな利用誘発につながる新しい価値の創出に取り組んでいます。

3番のりば・4番のりばへの可動式ホーム柵設置
 「JR西日本」は、駅のホームにおける安全性向上を重要な経営課題ととらえ、ハード・ソフトの両面からさまざまな取り組みを進めているところですが、その核となるハード対策として「ホーム柵」の整備を進めています。

 JR京橋駅の「学園都市線・JR東西線(1番のりば・2番のりば)」には、すでに「可動式ホーム柵(ホームドア)」が設置済みですが、新たに、京橋駅3番のりば・4番のりばに「可動式ホーム柵」を設置します。

 引用資料 JR西日本(2018/03/15)
 大阪駅と京橋駅にホーム柵を設置します

京橋駅への可動式ホーム柵設置
◆ 設置箇所-大阪環状線京橋駅(3・4番のりば)
◆ 諸元-高さ約1.3m、最大開口約3.5m、柵延長約160m
◆ 使用開始時期-2019年秋頃予定


Osakakyobashi190752
「京橋駅ホーム柵イメージ画像」です。


Osakakyobashi190753
最大開口約3.5m

 最大開口幅がなんと約3.5mもあります。学園都市線も約2.9mとかなり広いのですが、それより約60cmも広いです。


Osakakyobashi190754
「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置が行われるJR京橋駅の3番のりば・4番のりばです。


Osakakyobashi190755
4番線ホーム(大阪環状線外回り)の様子です。ゴムマットが敷かれています。


Osakakyobashi190756
3番線ホーム(大阪環状線内回り)の様子です。


Osakakyobashi190757
ホームが補強されています。


Osakakyobashi190758
4番線ホーム(大阪環状線外回り)では、「下りエスカレーター」の新設と「上りエスカレーター」の取り替えが行われています。


Osakakyobashi190759
「下りエスカレーター」が、2019年7月15日(月)から使用開始されます。


Osakakyobashi190760
「上りエスカレーター」は、2019年7月27日(土)から取替工事を行います。



|

2019年7月14日 (日)

大阪ビジネスパーク(OBP) 地上16階、高さ約118mの「京阪神 OBPビル」 2019/07/12 「鉄骨建方」が始まる!

Osakaobp190371
京阪神 OBPビル
 「富士通関西システムラボラトリ」と「KDDI大阪第2ビル」の間に富士通の駐車場がありましが、2017年3月1日に「京阪神ビルディング」が富士通から取得していました。

 「京阪神ビルディング」は、大阪地区での「データセンター」の旺盛な需要に応えるため、「大阪ビジネスパーク(OBP)」に、最高水準の安全性・信頼性・効率性を備えたグローバルで通用するデータセンタービル「京阪神 OBPビル 新築工事」を建築する予定です。

 「京阪神 OBPビル 新築工事」が完成すると「大阪ビジネスパーク(OBP)」のほぼ全区画が完成する事になります。最終的には、「大阪ビジネスパーク(OBP)」に高さ100mを超える超高層ビルが9棟、90m台が2棟林立する事になります。

● 京阪神 OBPビル の 新築工事に着手!
 「京阪神ビルディングは、2019年4月に「京阪神 OBPビル」の新築工事に着手しました。正式名称も「京阪神 OBPビル」のようです。長周期地震動を考慮した中間層免震構造や様々な防災対策により、非常事態発生時にもDCの運用継続が可能です。

 引用資料 京阪神ビルディング(PDF:2019/04/04)
 「京阪神 OBPビル」新築工事着工のお知らせ

京阪神 OBPビルの概要
◆ 計画名-京阪神 OBPビル 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区城見二丁目2番7
◆ 階数-地上16階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-118.03m
◆ 敷地面積-6,671.94㎡
◆ 建築面積-2,821.28㎡
◆ 延床面積-42,690.36㎡(容積対象面積:38,551.53㎡) *公式HPでは38,796.97㎡となっています。
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-中間層免震構造
◆ 用途-データセンター、一部オフィス
◆ 建築主-京阪神ビルディング
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 準備工事-2018年04月10日~2019年02月28日(労災保険関係成立票より)
◆ 着工-2019年04月15日
◆ 竣工-2021年04月15日予定


Osakaobp190721
南西側から見た様子です。


Osakaobp190722
地上から見ても何をしているのかさっぱり分かりませんが、ゲートの隙間から覗いて見ると1階床の「鉄骨建方」を行っていました。


Osakaobp190723
週間の「作業工程」では、「鉄骨組立工事、躯体工事」となっていました。


Osakaobp190724
北東側から見た様子です。


Osakaobp190375
「京阪神 OBPビル 新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakaobp190376
建築計画のお知らせの「東立面図」です。


Osakaobp190377
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

「難波宮」のすぐ南側 地上29階、高さ約100mの「シエリア大阪上町台パークタワー」 2019年7月12日の建設状況

Osakananiwanomiya190711
-シエリア大阪上町台パークタワー-
 
「難波宮」のすぐ南側に「一般財団法人ボーケン品質評価機構」がありました。「一般財団法人ボーケン品質評価機構」は、衣料品、服飾雑貨、家具等を対象とした性能評価を行っていっている第三者試験機関です。「一般財団法人ボーケン品質評価機構」のボーケン大阪本部並びに大阪事業所が、2018年5月7日(移動完了日)に統合し新社屋へ移転しました。

 2018年11月29日~2019年5月31日の工期で、既存建物の解体工事である「(仮称)中央区上町計画解体工事」が「長谷工コーポレーション」の施工により行われました。 

 跡地には、「関電不動産開発、三井不動産レジデンシャル」により、地上29階、塔屋2階、地下1階、高さ99.985mの「(仮称)中央区上町計画」が建設されています。

 正式名称は、関電不動産開発の「シエリア」+三井不動産レジデンシャルの「パークタワー」を合わせて、「シエリア大阪上町台パークタワー」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 シエリア大阪上町台パークタワー

シエリア大阪上町台パークタワーの概要
◆ 所在地-(仮称)中央区上町計画
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区上町一丁目18-9(地番)
◆ 交通-Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目」駅徒歩6分、Osaka Metro谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅徒歩7分
◆ 階数-地上29階、塔屋2階、地下1階  
◆ 高さ-高さ99.985m   (注意)建築物もしくは軒高の可能性あり
◆ 敷地面積-1,816.63㎡
◆ 建築面積-676.57㎡
◆ 延床面積-14,712.22㎡(容積対象面積9,537.20㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策- 制振構造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-112戸
◆ 建築主-関電不動産開発、三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-長谷工コーポレーション
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 解体工事-2018年11月29日~2019年05月31日
◆ 着工-2019年03月上旬
◆ 竣工-2021年09月予定
◆ 入居開始-2021年10月予定


Osakananiwanomiya190712
「シエリア大阪上町台パークタワー」の建設現場を北西側から見た様子です。


Osakananiwanomiya190713
「アースドリル掘削機」です。「拡底バケット」を装着しています。「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築しています。


Osakananiwanomiya190714
「鉄筋かご」がダンプトラックで運ばれてきました。敷地があまり広くないので、敷地外で組んで運んできているようです。


Osakananiwanomiya190715
南西側から見た様子です。北側、西側、南側の3面が道路に接しています。


Osakananiwanomiya190716
南東側から見た様子です。


Osakananiwanomiya18041316
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakananiwanomiya18041317
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2019年7月13日 (土)

ドミナント戦略 「積水ハウス」が上町台地に3棟目の超高層タワーマンション 地上36階、高さ約128mの「(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事」

Osakasekisui190711_20190713072401
-(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事-
 
大阪府は、府営住宅の建替えにより創出した土地や、府営住宅内の未利用地などの活用可能財産を活用して、歳入の確保を図るとともに、民間の活力や創意工夫により良好な住まいとまちづくりを行うため、条件付一般競争入札等を行っています。

 「難波宮跡」の南東側にある「府営寺山住宅」も建て替えによる再生を行っています。かつて「府営寺山住宅」の旧1号棟、旧2号棟、旧3号棟が建っていた場所に、「積水ハウス」が、地上36階、高さ127.98m、延床面積26,283.92㎡の超高層タワーマンション「(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事」を建設します。

 「積水ハウス」はドミナント戦略で、上町台地に集中的に超高層タワーマンションを建設しています。1棟目が「グランドメゾン上町台 ザ・タワー」、2棟目が「グランドメゾン上町台レジデンスタワー」、3棟目が「(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事」です。

(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区上町一丁目2番11号
◆ 階数-地上36階、塔屋2階、地下0階
◆ 高さ-最高部127.98m  (注意)建築物もしくは軒高の可能性あり
◆ 敷地面積-3,327.37㎡
◆ 建築面積-1,000.51㎡
◆ 延床面積-26,283.92㎡(容積対象面積17,452.67㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-(未定)
◆ 建築主-積水ハウス
◆ 設計者-IAO竹田設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年12月予定
◆ 竣工-2023年01月予定


Osakasekisui190712_20190713072401
「(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事」の予定地です。「府営寺山住宅」の 旧1号棟、旧2号棟、旧3号棟は解体されて更地になっており、草ボーボーです。


Osakasekisui190713_20190713072401
北東側から見た様子です。


Osakasekisui190714_20190713072401
北東角は大阪府警の「上町交番」になっています。


Osakasekisui190715_20190713072501
東隣りは「寺山公園」です。


Osakasekisui190716
道路の東側には、「大阪女学院」の大学・短期大学・高等学校・中学校のキャンパスがあります。


Osakasekisui190717
「(仮称)中央区上町1丁目タワー計画 新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakasekisui190718
建築計画のお知らせの「北立面図」です。


Osakasekisui190719
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 88 沖縄県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場