33 大阪市・南部②

(2009年~)

2017年10月21日 (土)

新歌舞伎座跡地に旧建物の意匠を残して生まれ変わる 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称) 2017年10月19日の建設状況

Osakakabuki16041
(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事-
 難波にあった旧「大阪新歌舞伎座」は、1958年10月開場しました。「上本町YUFURA」に移転するため、2009年6月に閉館しています。2012年3月には、冠婚葬祭大手の「ベルコ」が用地を取得しています。

● 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)
 冠婚葬祭大手の「ベルコ」は、大阪ミナミの新歌舞伎座跡地に、「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)を2016年6月に着工、2019年10月に開業すると発表しています。

 引用資料 ベルコ(PDF:2016/04/01)
 2019年秋、大阪ミナミに建築家・隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称) 新歌舞伎座跡地に旧建築の意匠を残し生まれ変わります!

 新ホテルは、「隈研吾建築都市設計事務所」が設計した地上19階、塔屋1階、地下1階の都市型ホテルです。低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、長く難波の街に馴染んできた建築を保存する意匠とします。

 内部は計150室の客室をはじめレストランやラウンジ、5つのバンケットを配置し、ブライダルに対応できるよう、2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンを設けています。

「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)の概要
◆ 計画名-(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波四丁目59-1(住居表示:大阪市中央区難波四丁目3番25)
◆ 階数-地上19階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-85.85m
◆ 敷地面積-2,242.12㎡
◆ 延床面積-26,492.17㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
◆ 客室数-150室(ダブル約30㎡×126室、ツイン約25㎡×15室、スイート約80㎡×9室)
◆ 建築主-ベルコ
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2015年01月05日~2016年01月31日
◆ 着工-2016年06月01日
◆ 竣工-2019年07月15日予定
◆ オープン-2019年10月予定

フロア構成
◇ 地下1階-ロビー、テナント、機械式駐車場
◇ 1階-エントランスロビー、テナント、カフェ
◇ 2階-レストラン、ラウンジ
◇ 3階-バンケット①、バンケット②
◇ 4階-事務室
◇ 5階-ウェイティングルーム
◇ 6階-チャペル、フォトスタジオ
◇ 7階-バンケット③
◇ 8階-バンケット④
◇ 9階-バンケット⑤
◇ 10階-ブライダルサロン
◇ 11階-ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
◇ 12階~18階-客室
◇ 19階-チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム


Osakakabuki171011
北東側から見た様子です。


Osakakabuki171012
そろそろ地上に姿を現すような気がします。


Osakakabuki171013
南東側から見た様子です。


Osakakabukiza151219
建築計画のお知らせの「東立面図、北立面図」です。


Osakakabukiza151221
建築計画のお知らせの「配置図」です。敷地の北西角と南西角は「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」に含まれません。


|

2017年10月20日 (金)

大阪ミナミの中心 もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地 「(仮称)中央区難波3丁目新築工事」 2017/10/19 タワークレーン登場!

Osakanamba171011
-(仮称)中央区難波3丁目新築工事-

 大阪ミナミの「もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地開発」が動き出しています。物販店舗、飲食店が入る地上9階、地下1階、高さ59.40mの商業ビルを建設します。

 「エディオン」は2019年春にも大阪ミナミの「(仮称)中央区難波3丁目新築工事」に大型店を開業します。すぐ近くには「ビックカメラなんば店」がありますが、増加が続く「インバウンド(訪日外国人)」向けの品ぞろえを充実させて対抗します。

 「エディオン」は、1階~7階を店舗にする方針です。全体の3割をインバウンド向けの店作りにする予定で、「エディオン」の関西の店舗では最大級の旗艦店となります。飲食店フロアの展開も考えているようです。

(仮称)中央区難波3丁目新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波三丁目25番2の一部、27番22(地名地番)
◆ 階数-地上9階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-59.40m
◆ 敷地面積-4,202.26㎡
◆ 建築面積-2,931.38㎡
◆ 延床面積-22,874.80㎡(容積対象床面積21,006.58㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-物販店舗、飲食店
◆ 建築主-成信(せいしん)
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2017年03月13日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年04月中旬予定


Osakanamba171012
2基のタワークレーンが姿を現しています。


Osakanamba171013
南東側から見た様子です。


Osakanamba171014
敷地の南西角が一部だけですが繁華街に接しています。集客とっては大きなプラスになります。


Osakanamba171015
隙間から南側のタワークレーンが見えます。


Osakanamba160816
建築計画のお知らせの「東側立面図」です。下層階の一部に「旧:精華小学校」のファサードのデザインを継承しています。


Osakanamba160817
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2017年10月16日 (月)

急成長渡航先ランキング 大阪が2年連続で世界一 マスターカードが発表した「2017世界渡航先ランキング」

Osakakyobashi170813
-2017世界渡航先ランキング-
 数年前までは、大阪の街を歩いていると、東京や京都に比べて「外国人観光客が少ないなあ!」という印象でした。しかしここ数年の外国人観光客の急増で状況が一変しています。

 アメリカのマスターカードが9月末に発表した「2017年度世界渡航先ランキング」によると、渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で、大阪が1位に輝きました。

 引用資料 マスターカード(英語)
 Defining What Makes a City a Destination

 調査は世界の主要132都市を対象に、ビジネスや観光で訪れた1泊以上の渡航者数などを集計しています。誤差はあると思いますが、全世界に情報ネットワークを張り巡らせている「マスターカード」なのでかなり正確だと思います。

急成長渡航先ランキング
 
大阪は、前々回調査(2015年度版)では19.8%で4位、前回(2016年度版)は24.2%で1位でした。東京は、前々回は14.6%で8位、前回は18.5%で5位でした。

急成長渡航先ランキング
01 大阪(日本)                            24.0%
02 成都(中国・四川省)                22.7%
03 コロンボ(スリランカ)                20.3%
04 アブダビ(アラブ首長国連邦)    18.9%
05 ジャカルタ(インドネシア)          18.2%
06 東京(日本)                            17.7%
07 ハノイ(ベトナム)                     16.4%
08 リヤド(サウジアラビア)            15.9%
09 リマ(ペルー)                          15.2%
10 台北(台湾)                            14.5%


● 渡航者数のランキング
 
大阪は698万人で17位です。東京は、2014年の19位、2015の11位から上昇してトップ10入り、大阪は2014年の37位、2015年の25位から大きくアップしています。

 ちなみにアジアの主要都市では、11位が「香港(中国)」、15位が「台北(台湾)」、19位が「上海(中国)」となっています。「大阪」があの摩天楼が聳える超巨大都市「上海」よりも上位とはちょっと驚きですね。

 ここ最近は、タイの「バンコク」が不動の1位ですが、「大阪」は「バンコク」に街の雰囲気が似ているので、「バンコク」の渡航者数が多い理由を分析すると「大阪」の更なるUPのヒントになりそうです。 

渡航者数のランキング
01 バンコク(タイ)              1,941万人
02 ロンドン(イギリス)           1,906万人
03 パリ(フランス)              1,545万人
04 ドバイ(アラブ首長国連邦)      1,487万人
05 シンガポール(シンガポール)      1,311万人
06 ニューヨーク(アメリカ)         1,270万人
07 ソウル(韓国)                           1,239万人
08 クアラルンプール(マレーシア)    1,128万人
09 東京(日本)                              1,115万人
10 イスタンブール(トルコ)                 916万人
------------------------------------------
17 大阪(日本)                                698万人


観光収入ランキング
 1位はアラブ首長国連邦の「ドバイ」です。「ドバイ」はダントツの1位です。世界の富裕層が、超高級ホテルに宿泊して、ショッピングなどに莫大なお金を出費しているためです。285.0億ドルは、日本円で約3兆2000億円(1$=112円)です。

 渡航者数と観光収入ランキングは必ずしも比例していません。流石に「ドバイ」を真似するのは無理ですが、世界の富裕層を呼び込むには、高級ホテルの整備は必須です。街にたくさんのお金を落としてもらってなんぼですから!

 大阪は空前のホテルラッシュですが、ほとんどが宿泊特化型のホテルで、高級ホテルがほとんど建設されていません。これが今後の大きな課題です。

観光収入ランキング
01 ドバイ(アラブ首長国連邦)       285.0億ドル 
02 ニューヨーク(アメリカ)             170.2億ドル
03 ロンドン(イギリス)               .   160.9億ドル
04 シンガポール(シンガポール)    156.9億ドル
05 バンコク(タイ)                        140.8億ドル
06 パリ(フランス)                        120.3億ドル
07 東京(日本)                            112.8億ドル
08 台北(台湾)                              99.1億ドル
09 ソウル(韓国)                           93.8億ドル
10 バルセロナ(スペイン)                89.0億ドル


Osakadotonbori160712
外国人観光客に人気No1の大阪ミナミ界隈です。私を含めビルヲタには評判があまり良くなかったコテコテの大阪ですが、外国人観光客に大人気です。私は、外国人観光客に影響されて考え方が180度変わりました。今はコテコテの大阪が大好きです。


Osakausj170611
外国人観光客に大人気の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」です。「ユニバーサル・スタジオ」を誘致しておいて本当に良かったですね!


Osakaosakajo161238
外国人観光客に大人気の「大阪城」です。私は「大阪城」の魅力も外国人観光客に教えられました。



|

2017年8月27日 (日)

京セラドーム大阪 西野カナのドームツアー2017「Kana Nishino Dome Tour 2017 "Many Thanks"」に行って来ました!

Osakakyoceradome170811
-西野カナ-

 昨日(8月26日)、「京セラドーム大阪」で行われた「西野カナ」のドームツアー2017「Kana Nishino Dome Tour 2017 "Many Thanks"」に行って来ました。私的には、今回のライブが「カナやん(西野カナ)」のライブ8回目でした。

 スポニチ(2017/08/27) 
 西野カナ、平成生まれ女性ソロ歌手初のドーム公演 衣装でも魅了 

 平成生まれの女性ソロ歌手によるドーム公演は初めてです。「カナやん」は、1989年3月18日生まれなので、ギリギリ平成生まれです。デビュー10年目に突入し、遂にドーム公演まで上り詰めました。

 私は、2014年の4月に「大阪城ホール」にライブに行くまでは、「カナやん」がどちらかというと嫌いでした。でも今は大ファンです。だからドーム公演は自分の事のようにうれしかったです。

 8月26日・27日が「京セラドーム大阪」、9月23日・24日が「東京ドーム」で行い、計16万人を動員する予定です。「東京ドーム」も行く予定です。

 スポニチの記事では、「3万5000人の大観衆」と書いてありますが、「カナやん」本人はMCで3万4000人と言っていました。
 いずれにしてもアリーナもスタンドもビッシリと観客で埋まっていました。「カナやん」も満員の客席に感極まったのか? 途中のMCで涙があふれていました。

● レーザー光線の演出
 
「京セラドーム大阪」は、野球ファンには非常に評判が悪い球場ですが、ライブとなると180度変わります。天井が宇宙船の中みたいで非常に幻想的でカッコ良くライブ会場としては最高です!

 「京セラドーム大阪」でのライブは、2016年10月22日の「Perfume(パフューム)」のライブ以来でしたが、やはり「京セラドーム大阪」は最高でした。

 今回は「カナやん」のライブでは、初めて「レーザー光線」を本格導入していました。私はレーザー光線大好き人間ですが、色とりどりのレーザー光線が、激しく飛び交う光景は本当に綺麗でした。


Osakakyoceradome170812
「イオン大阪ドームシティ店」も気合が入っていました。たくさん
の方が記念撮影していました。


Osakakyoceradome170813
ドーム公演はお祭りのような雰囲気なので好きです。


Osakakyoceradome170814
現地で知り合った方々がいっしょに記念撮影していました。「カナやん」のファンは10代・20代の女性が多いですが、ここ最近は男性比率が急上昇しています。パッと見は3分の1以上男性のように感じました。

 私くらいの年齢のオッサンも多いです。2014年の4月に行った時は、アウェー感が半端無かったですが、今は全くアウェー感を感じません。


Osakakyoceradome170815
ここでもたくさんの方が記念撮影していました。


Osakakyoceradome170816
グッズ売場です。


Osakakyoceradome170817
グッズは、「ローズフリフライト(¥3,000)、オリジナルフェイスタオル PIZZA/ROSE(各¥1,300)、オリジナルデコレーションセット(¥1,500)」を事前にネットで買いました。

 多分3万人近くが新旧の「フリフライト」を持っていたと思います。コンピューター制御で一斉やランダムに色が変わるので本当に綺麗です。 


Osakakyoceradome170818
チケットです。スタンド1塁下段でした。
私は、全体が見渡せるスタンド席が結構好きです。6時12分~8時50分くらいまで、2時間30分超でした。曲数はメドレー4曲を1曲と計算すると全23曲でした。

 大阪公演は、カナやんが「指鉄砲」で、「バーン」とやると客席が「うぅぅ~・・・」と胸を押さえて撃たれたフリをするのが毎年恒例になっていますが、今年もありりました(笑)。

 あんまり書くとネタバレになるので書きませんが、アンコールの「GO FOR IT!!」で、「気球」に乗って会場を1周した演出には驚きました。

 メチャメチャ楽しかったですが、唯一の不満はメチャメチャ暑かった事です。立っているだけで汗が溢れるくらい暑かったです。私の周りの人も汗だくでした。節電は大切ですが、もう少し空調を効かせて欲しかったです・・・



|

2017年7月29日 (土)

地上30階、高さ約106mの「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」 2017年7月15日の建設状況

Osakashinsaibashi170711
ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH-
 長堀橋交差点の南西側に建設中の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」のすぐ南側では、大林組により「日本生命長堀橋ビル解体工事」が行われて更地になっていました。

 この敷地を「東急不動産(65%)、エヌ・ティ・ティ都市開発(35%)」が取得しています。着工まで暫定的に「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」の資材置場となっていましたが、現在は「(仮称)東心斎橋1丁目計画Ⅱ」の建設工事が行われています。

 正式名称は、北側の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」に対して、「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」となりました。

ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTHの概要 
◆ 計画名-(仮称)東心斎橋1丁目計画Ⅱ
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区東心斎橋一丁目45番1、45番6(地番)
◆ 交通-地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅徒歩1分、地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅徒歩7分、地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩12分
◆ 階数-地上30階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部約106m(推定)、建築物98.700m
◆ 敷地面積-1,456.69㎡
◆ 建築面積-887.98㎡
◆ 延床面積-20,054.77㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(合計24本)
◆ 地震対策-制振構造(低降伏点鋼製制振ダンパー)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-202戸
◆ 建築主-東急不動産(65%)、エヌ・ティ・ティ都市開発(35%)
◆ 設計者・監理者-長谷工コーポレーション
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2015年03月31日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年11月下旬予定
◆ 入居開始-2017年12月下旬予定


Osakashinsaibashi170712
南東側から見た様子です。「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」は、地震対策として、壁内に地震による揺れを低減して建物全体の損傷を抑える効果をもつ「低降伏点鋼製制振ダンパー」を組込んでいます。


Osakashinsaibashi170713
南東側から見た下層階の様子です。基礎は、「場所打ちコンクリート拡底杭」で、地下の支持層まで約29.0m(8本)、約65.0~68.0m(16本)の計24本の杭を打ち込むことで建物全体の高い安定性を確保しています。


Osakashinsaibashi170714
北東側から見た様子です。


Osakashinsaibashi170715
北東側から見た下層階の様子です。


Osakashinsaibashi170716
北東側から引いて見た様子です。北側の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」と南側の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」のツインタワーとなっています。



|

2017年7月26日 (水)

地上29階の「ローレルタワー心斎橋」 2017/07/15 タワークレーン登場!


Osakanishishinsaibashi170711

-ローレルタワー心斎橋

 西心斎橋一丁目に新たに超高層タワーマンションが建設されています。「(仮称)中央区西心斎橋一丁目集合住宅 新築工事」です。

 建設現場は、西心斎橋一丁目のトラストパークが立体駐車場「トラストパーク西心斎橋1丁目」として使っていた土地です。土地の信託受益権は「大栄不動産」が取得しています。

 建築主は「近鉄不動産」と「大栄不動産」です。「ザ・心斎橋タワープロジェクト」として公式HPがオープンしていましたが、正式名称が「ローレルタワー心斎橋」に決まりました。
 
 引用資料 公式ホームページ
 ローレルタワー心斎橋

ローレルタワー心斎橋の概要
◆ 計画名-(仮称)中央区西心斎橋一丁目集合住宅 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区西心斎橋一丁目15番2(地番)
◆ 交通-地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅徒歩3分、地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩3分 
◆ 階数-地上29階、地下0階
◆ 高さ-95.52m
◆ 敷地面積-1,246.29㎡(建築確認対象面積)、1,246.69㎡(売買対象面積)
◆ 建築面積-615.36㎡
◆ 延床面積-14,421.31㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(弾性すべり支承、直動転がり支承、高減衰ゴム系積層ゴム支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-140戸  
◆ 建築主-近鉄不動産、大栄不動産
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2016年09月
◆ 竣工-2018年12月予定
◆ 入居開始-2019年02月予定


Osakanishishinsaibashi170712
北西側から見た様子です。地震対策として、「基礎免震構造(弾性すべり支承、直動転がり支承、高減衰ゴム系積層ゴム支承、オイルダンパー)」を採用しています。


Osakanishishinsaibashi170713
北東側から見た様子です。


Osakanishishinsaibashi170714
南東側から見た様子です。


Osakanishishinsaibashi170715
タワークレーンが登場しました。


Osakanishishinsaibashi170716
南西側から見た様子です。


Osakanishishinsaibashi170717
高さが変更されていました。変更前の「立面図」を見ると高さ99.980mは、軒高もしくは建築物の高さで、立面図を拡大して図ると塔屋を含む最高部は約104m(管理人の推測)でした。変更後は高さ95.52mになりました。


Osakanishishinsaibashi170718
「(仮称)中央区西心斎橋一丁目集合住宅 新築工事」の建築計画のお知らせです。「立面図」が消されています。設計が大幅に変更になったと思われます。「立面図」が無いので、高さ95.52mが最高部なのか? 軒高なのか? 分かりません。



|

2017年7月22日 (土)

新歌舞伎座跡地に旧建物の意匠を残して生まれ変わる 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称) 2017年7月15日の建設状況

Osakakabuki16041
(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事-
 難波にあった旧「大阪新歌舞伎座」は、1958年10月開場しました。「上本町YUFURA」に移転するため、2009年6月に閉館しています。2012年3月には、冠婚葬祭大手の「ベルコ」が用地を取得しています。

● 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)
 冠婚葬祭大手の「ベルコ」は、大阪ミナミの新歌舞伎座跡地に、「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)を2016年6月に着工、2019年10月に開業すると発表しています。

 引用資料 ベルコ(PDF:2016/04/01)
 2019年秋、大阪ミナミに建築家・隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称) 新歌舞伎座跡地に旧建築の意匠を残し生まれ変わります!

 新ホテルは、「隈研吾建築都市設計事務所」が設計した地上19階、塔屋1階、地下1階の都市型ホテルです。低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、長く難波の街に馴染んできた建築を保存する意匠とします。

 内部は計150室の客室をはじめレストランやラウンジ、5つのバンケットを配置し、ブライダルに対応できるよう、2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンを設けています。

「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)の概要
◆ 計画名-(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波四丁目59-1(住居表示:大阪市中央区難波四丁目3番25)
◆ 階数-地上19階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-85.85m
◆ 敷地面積-2,242.12㎡
◆ 延床面積-26,492.17㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
◆ 客室数-150室(ダブル約30㎡×126室、ツイン約25㎡×15室、スイート約80㎡×9室)
◆ 建築主-ベルコ
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2015年01月05日~2016年01月31日
◆ 着工-2016年06月01日
◆ 竣工-2019年07月15日予定
◆ オープン-2019年10月予定

フロア構成
◇ 地下1階-ロビー、テナント、機械式駐車場
◇ 1階-エントランスロビー、テナント、カフェ
◇ 2階-レストラン、ラウンジ
◇ 3階-バンケット①、バンケット②
◇ 4階-事務室
◇ 5階-ウェイティングルーム
◇ 6階-チャペル、フォトスタジオ
◇ 7階-バンケット③
◇ 8階-バンケット④
◇ 9階-バンケット⑤
◇ 10階-ブライダルサロン
◇ 11階-ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
◇ 12階~18階-客室
◇ 19階-チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム


Osakakabuki170711
北東側から見た様子です。隙間から覗いてみると地下躯体を構築中でした。


Osakakabuki170712
南東側から見た様子です。


Osakakabuki170713
南西側から見た様子です。


Osakakabukiza151219
建築計画のお知らせの「東立面図、北立面図」です。


Osakakabukiza151221
建築計画のお知らせの「配置図」です。敷地の北西角と南西角は「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」に含まれません。



|

2017年7月20日 (木)

南海会館ビル建替計画 南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル 2017/07/15 最高部に到達!

Osakanankai170711
-南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル

 南海電鉄は、本社機能を置いていた「南海会館ビル」の建替計画を進めていますが、旧南海会館ビルの解体工事を終えて、2015年9月1日に、「南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル」の新築工事に着工しました。

 引用資料 南海電気鉄道(PDF:2017/03/23)
 (仮称)新南海会館ビル メディカルフロアについて

南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波五丁目1-60
◆ 階数-地上31階(31階は機械室)、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部150.000m
◆ 敷地面積-34,252.02㎡(施設全体)
◆ 建築面積-3,820.90㎡
◆ 延床面積-84,125.30㎡(容積対象床面積78,741.74㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄(骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造「TMD(チューンドマスダンパー)他」
◆ 用途-オフィス、店舗、ホール、医療施設、他
◆ 建築主-南海電気鉄道
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組(代表者)、竹中工務店、南海辰村建設共同企業体
◆ 解体工事-2013年05月07日~2015年12月31日
◆ 着工-2015年09月01日
◆ 竣工-2018年09月末日予定
◆ オープン-2018年10月予定
◆ 事業費-約440億円


Osakanankai170712
「施設構成イメージ」です。


Osakanankai170713
「パークスガーデン」から見た「南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル」の建設現場です。


Osakanankai170714
最高部に到達しています。


Osakanankai170715
塔屋を構築中です。


Osakanankai170716
少し下がった場所から見た様子です。


Osakanankai170717
南側から見た様子です。


Osakanankai170718
南側から見た下層階の様子です。


Osakanankai170719
南西側から見た様子です。


Osakanankai170720
北西側から見た様子です。


Osakanankai170721
北側から見た様子です。


Osakanankai170722
北側の御堂筋から見た様子です。


Osakanankai170723
「スイスホテル南海大阪」側に、エレベーター、非常階段、トイレ等のコア部分を設けてあるので、窓が少ないです。



|

大阪ミナミの中心 もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地 「(仮称)中央区難波3丁目新築工事」 2017年7月15日の建設状況

Osakanamba170711
-(仮称)中央区難波3丁目新築工事-

 大阪ミナミの「もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地開発」が動き出しています。物販店舗、飲食店が入る地上9階、地下1階、高さ59.40mの商業ビルを建設します。

 「エディオン」は2019年春にも大阪ミナミの「(仮称)中央区難波3丁目新築工事」に大型店を開業します。すぐ近くには「ビックカメラなんば店」がありますが、増加が続く「インバウンド(訪日外国人)」向けの品ぞろえを充実させて対抗します。

 「エディオン」は、1階~7階を店舗にする方針です。全体の3割をインバウンド向けの店作りにする予定で、「エディオン」の関西の店舗では最大級の旗艦店となります。飲食店フロアの展開も考えているようです。

(仮称)中央区難波3丁目新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波三丁目25番2の一部、27番22(地名地番)
◆ 階数-地上9階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-59.40m
◆ 敷地面積-4,202.26㎡
◆ 建築面積-2,931.38㎡
◆ 延床面積-22,874.80㎡(容積対象床面積21,006.58㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-物販店舗、飲食店
◆ 建築主-成信(せいしん)
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2017年03月13日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年04月中旬予定


Osakanamba170712
2台の「アースドリル掘削機」が見えます。


Osakanamba170713
南東側から見た様子です。


Osakanamba170714
敷地の南西角が一部だけですが繁華街に接しています。集客とっては大きなプラスになります。


Osakanamba170715
「アースドリル掘削機」です。「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築しています。


Osakanamba160816
建築計画のお知らせの「東側立面図」です。下層階の一部に「旧:精華小学校」のファサードのデザインを継承しています。


Osakanamba160817
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2017年5月17日 (水)

最強の高級ブランド「ルイ・ヴィトン」 御堂筋沿いの心斎橋筋二丁目に何を建設?

Osakalouisvuitton170511
ルイ・ヴィトン-
 永らく閉鎖されていた心斎橋の「ルイ・ヴィトン」の仮店舗跡が解体さました。この土地は、リーマンショック前のプチバブル期にみずほ銀行心斎橋支店跡を「ルイ・ヴィトン」が100億円で購入したとして、大変話題になった場所です。

 「ルイ・ヴィトン ジャパン」による解体工事が終わって、新築工事の着工を期待していましたが、着工しませんでした。「ルイ・ヴィトン」の新店舗が建設されるのか? 土地が売却されるのか? どうなるのでしょうか?

 更に、「LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループ」は、売上高4兆円を超える巨大グループです。傘下には「セリーヌ、フェンディ、ロエベ、ジバンシィ、ディオール、ブルガリ、その他多数」のブランドがあります。そのため、他のブランドもしくは複数のブランドの複合店の可能性もあります。

● ルイ・ヴィトンの出店戦略
 「ルイ・ヴィトン」は、ブランド価値を維持するために都市ごとの店舗数は基本的には増やしません。ここ数年は日本の店舗数はほとんど増えていません。

 都市別(2017年5月17日現在)では、東京都23区が一番多く14店舗、東京都内には更に立川市にあります。続いて大阪市が6店舗、名古屋市が4店舗、福岡市が3店舗(福岡県は4店舗)となっています。3店舗以上あるのは4都市のみです。

 ちなみに大阪市の6店舗は、「(1)ルイ・ヴィトン 阪急梅田店、(2)ルイ・ヴィトン 阪急メンズ店、(3)ルイ・ヴィトン 大阪ヒルトンプラザ店、(4)ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店、(5)ルイ・ヴィトン 大阪髙島屋店、(6)ルイ・ヴィトン 近鉄阿倍野店」です。

 基本的に百貨店への出店が多いです。最強ブランドである「ルイ・ヴィトン」は、百貨店にとっては最高のテナントです。
 当然のごとく「ルイ・ヴィトン」側の要求は厳しく、百貨店の格が高く、例外はありますが地域一番店で、なおかつ1階の一等地にかなりの売場面積を確保出来ないと出店しません。「ルイ・ヴィトン」が百貨店の一番いい場所にあるのはそのためです。


Osakalouisvuitton170512
南西側から見た様子です。


Osakalouisvuitton170513
仮囲いの南西角が一部透明のアクリル板になっているので覗いてみました。更地になっています。


Osakalouisvuitton170514
仮囲いの北西角が一部透明のアクリル板になっているので覗いてみました。


Osakalouisvuitton170515
北西側から見た様子です。


Osakalouisvuitton170516
ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店

 「ルイ・ヴィトン」は、ブランド価値を維持するために都市ごとの店舗数は基本的には増やしません。そのため心斎橋プラザビルの「ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店」が単に移転するだけなの可能性もあります。


|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場