33 大阪市・南部②

(2009年~)

2019年1月14日 (月)

星野リゾート 2019年3月着工予定の「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」 敷地をじっくり見てみました!

Osakashinimamiya11
-浪速区恵美須西3丁目16番街区用地-

 JR環状線新今宮駅前に13,907.34㎡の広大な更地が広がっています。昭和50年代に大阪市が取得以降、長年開発される事も無く更地ままでした。

 大阪市は、売却にあたって、宿泊施設(ホテル)を主な用途とする業務商業系施設の設置等を条件としたプロポーザル方式により開発事業予定者を募集しました。計画通り2017年3月8日に事業予定者を選定しました。

 事業予定者は「ミナミホテルマネジメント(ホテル運営事業者 星野リゾート)」に決定しました。応募申込件数は1件で、土地取得の提案価格は予定価格の18億830万円を少しだけ上回る18億1111万1111円でした。

● (仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト
 提案では、地上20階、高さ約90m、延床面積約48,610㎡を想定していましたが、「建築計画のお知らせ」では、地上14階、高さ約70m、延床面積37,922.06㎡と大幅に規模が縮小されました。2019年3月1日着工予定です。

(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目38番22(地名地番)、大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目16番以下未定(住居表示)
◆ 交通-JR「新今宮駅」駅・南海「新今宮」駅すぐ
◆ 階数-地上14階、塔屋2階 
◆ 高さ-70.0m
◆ 敷地面積-13,907.34㎡
◆ 建築面積-7,648.33㎡
◆ 延床面積-37,922.06㎡(容積対象面積34,247.41㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-(不明)
◆ 建築主-株式会社ミナミホテルマネジメント(ホテル運営 星野リゾート)
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年03月01日予定
◆ 竣工-2021年10月31日予定


Osakashinimamiya17036
2017年3月8日公開のイメージ
 
提案では、地上20階、高さ約90m、延床面積約48,610㎡を想定していました

 引用資料 大阪市・公式ホームページ(2017/03/08)
 報道発表資料 浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者を決定しました
 
浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目38番2
◆ 交通-JR「新今宮駅」駅・南海「新今宮」駅すぐ
◆ 階数-地上20階
◆ 高さ-約90m
◆ 敷地面積-13,909.90㎡
◆ 延床面積-約48,610㎡
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-608室(4階~19階)
◆ 事業予定者-ミナミホテルマネジメント
◆ ホテル運営事業者-星野リゾート
◆ 着工-2019年06月頃予定(工事期間約24ヶ月)
◆ 竣工-2021年06月頃予定
◆ グランドオープン-2022年03月頃予定
◆ 土地取得の提案価格-18億1111万1111円


Osakashinimamiya12
「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」の予定地を南西側から見た様子です。広大な更地がJR環状線新今宮駅の北側に広がっています。


Osakashinimamiya13
南側から見た様子です。


Osakashinimamiya14
南東側から見た様子です。


Osakashinimamiya15
敷地北西側の道路です。正面に「通天閣」が見えます。この道路に沿って地上14階のホテルが建設されます。


Osakashinimamiya16
南西側から見た様子です。


Osakashinimamiya17
「JR新今宮駅駅」との間には道路があります。


Osakashinimamiya18
南東側から見た様子です。


Osakashinimamiya19
「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」の建築計画のお知らせです。


Osakashinimamiya20
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakashinimamiya21
建築計画のお知らせの「配置図」です。


Osakashinimamiya22
用地は「新今宮」駅前に位置し、「新世界・通天閣」、「天王寺・阿倍野」等多くの市民・観光客が訪れる集客エリアと隣接しており、国内外の観光客に人気の高い道頓堀や日本橋等の「ミナミ」エリアへのアクセスもよく、また関西国際空港と直結しているなど、宿泊施設の立地には非常に好適な交通至便な場所に位置しています。



|

2018年11月27日 (火)

「大阪上本町駅」近く 地上30階、高さ約100mの「(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション」 建築計画のお知らせ

Osakauehonmachi181111
-(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション-

 近鉄の「大阪上本町駅」のすぐ北側に、「フクダ不動産」が、地上30階、地下0階、高さ99.92m、延床面積19,625.17㎡の超高層タワーマンションを建設します。

 現在は駐車場「上本町パーク24h」として使用されています。計画では、2019年2月上旬に着工し、2021年6月末に竣工する予定です。

(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンションの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市天王寺区東高津町7-3、7-4(地名地番)、大阪府大阪市天王寺区東高津町(住居表示)
◆ 階数-地上30階、地下0階
◆ 高さ-最高部99.92m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-1,929.42㎡
◆ 建築面積-910.62㎡
◆ 延床面積-19,625.17㎡(容積対象面積13,483.95㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-(不明)
◆ 建築主-フクダ不動産
◆ 設計者-フクダ不動産
◆ 施工者-ナカノフドー建設
◆ 着工-2019年02月上旬予定
◆ 竣工-2021年06月末予定


Osakauehonmachi181112
「(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション」の建設予定地を北西側から見た様子です。


Osakauehonmachi181113
北東側から見た様子です。


Osakauehonmachi181114
東側の砂利の部分は、アスファルトが剥がされたのではなく、建物が解体された跡です。


Osakauehonmachi181115
南東側から見た様子です。


Osakauehonmachi181116
街区を南東側から見た様子です。街区の南側は「創価学会」の専用駐車場です。


Osakauehonmachi181117
南側の「アーバンヒル上本町」の東隣では、地上19階、地下1階、総戸数120戸の「プレミスト大阪上本町」が建設中です。


Osakauehonmachi181118
「(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション」の建築計画のお知らせの概要部分です。


Osakauehonmachi181119
建築計画のお知らせの「立面図」です。 どの部分の高さが99.92mなのかは不明です。  


Osakauehonmachi181120
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2018年11月26日 (月)

ヴォーリズ建築の歴史的文化的価値の継承 大丸心斎橋店本館建替計画 2018年11月20日の建設状況

Osakadaimaru151011
-大丸心斎橋店本館建替計画-
 「J.フロント リテイリング」は、「大丸心斎橋店(本館、北館、南館)」を中心とする心斎橋地区再開発計画を進めています。「本館」は、2015年12月30日で営業を終了し、「大丸心斎橋店本館等解体工事」が行われました。

 アメリカ出身の建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の代表作の一つで、アールデコやネオ・ゴシック様式を織り交ぜた「大正モダン建築」として知られている「大丸心斎橋店本館」の外観はもう見られません。

 新たに誕生する本館は、地上11階、塔屋1階、地下3階、高さ59.97m、延床面積66,122.79㎡(現本館約49,000㎡)、売場面積約40,000㎡(現本館約31,000㎡)となります。

 引用資料 J.フロント リテイリング(PDF:2015/10/30)
 大丸心斎橋店本館建替え計画の概要に関するお知らせ 

 本館・北館は、大宝寺通りの上空で接続、一体化させ、回遊性の向上をはかります。御堂筋側の外壁を保存するとともに、新築される高層部はセットバックさせ、保存外壁と景観的調和をはかります。

● 北館の大型核テナントとして「パルコ」導入
 「北館」の地下2階~地上7階には「パルコ」が出店、地上8階~14階は「大丸松坂屋百貨店」の不動産事業部が運営する事になります。

 J.フロント リテイリング(PDF:2017/09/28)
 大丸心斎橋店北館の大型核テナントとして「パルコ」導入を決定

 「J.フロント リテイリング」は脱百貨店を進めています。松坂屋銀座店跡地の「GINZA SIX」や「松坂屋上野店」で進めた手法を「大丸心斎橋店」にも導入します。

大丸心斎橋店本館建替計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目1番ほか20筆(地名地番)
◆ 階数-地上11階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-59.97m(申請以外82.50m)
◆ 敷地面積-10,755.72㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,720.15㎡(施設全体)、5,530.00㎡(本館)
◆ 延床面積-124,600.26㎡(施設全体)、66,122.79㎡(本館)
◆ 容積対象面積-120,813.17㎡(施設全体)、63,979.38㎡(本館)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店
◆ 建築主-大丸松坂屋百貨店
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2016年02月15日~2016年12月31日
◆ 着工-2017年01月01日
◆ 竣工-2019年08月31日予定
◆ 開業-2019年秋予定
◆ 投資額-約380億円(本館建築工事、本館内装工事)


Osakadaimaru181111
南西側から引いて見た様子です。「鉄骨建方」が最高部に到達しています。


Osakadaimaru181112
南西側から見た様子です。


Osakadaimaru181113
建物南側でも外壁の取り付けが行われています。


Osakadaimaru181114
北西側から見た様子です。


Osakadaimaru181115
最高部です。


Osakadaimaru181116
御堂筋側で外壁の取り付けがどんどん行われています。


Osakadaimaru181117
じっと見ていると目がチカチカします(笑)。


Osakadaimaru181118
「北館」と「本館」の間です。


Osakadaimaru181119
「北館」と「本館」の間の工事が本格的に行われています。


Osakadaimaru181120
1階部分です。


Osakadaimaru181121
「高さ制限4.5m」となっています。


Osakadaimaru181122
北館側は仮設の構造物で支えていましたが、撤去されています。間部分は柱がありませんが、「本館」側から吊り橋や斜張橋のように吊っている構造になっているので問題はありません。


Osakadaimaru181123
東側から見た天井部分です。


Osakadaimaru181124
地下通路改造工事

 「北館」と「本館」の間の地下通路の改造工事が行われています。工事名は「高速電気軌道第1号線心斎橋停留場南中階地下通路改造請願受託工事」です。

 分かりやすく言えば、「Osaka Metro御堂筋線」の「心斎橋駅」の地下通路の改良工事です。工期は、2017年8月7日~2019年10月31日(予定)で、「竹中工務店」により行われています。


Osakadaimaru161117
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakadaimaru161118
新たに誕生する「本館」は、既存の「北館」に完全に階高を合わせている事が分かります。御堂筋側の保存外壁は単なる外壁で、窓の位置を見ると建物本体と階高が一致していない事が分かります。


Osakadaimaru161119
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

「源聖寺」近く 地上30階、高さ約99mの「シエリアタワーなんば」 2018年11月20日の建設状況

Osakakozu181111
-シエリアタワーなんば-

 大阪市中央区高津三丁目の「松屋町筋」沿いに地上30階、地下1階、高さ99.35mの超高層タワーマンション「(仮称)大阪市中央区高津PJ」が建設中です。正式名称は「シエリアタワーなんば」です。

 引用資料 公式ホームページ
 シエリアタワーなんば

 ちなみに「高津」は「こうづ」と読みます。「松屋町筋」を挟んだ東側は、「源聖寺坂(げんしょうじ)」です。「源聖寺」のすぐ南側は、「天王寺七坂」の一つである「源聖寺坂」があります。

● パナソニック ホームズ
 建築主の1社である「パナソニック ホームズ」は、「パナホーム」から2018年4月に社名を変更しています。同時にブランドも「Panasonic」に変更しています。

シエリアタワーなんばの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市中央区高津PJ
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区高津三丁目17番1、34番2(地番)
◆ 交通-Osaka Metro御堂筋線 「なんば」駅徒歩12分、Osaka Metro堺筋・千日前線「日本橋」駅徒歩8分
◆ 階数-地上30階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-最高部約105m(立面図より推定)、建築物99.35m(塔屋を除く)
◆ 敷地面積-1,795.85㎡
◆ 建築面積-931.46㎡
◆ 延床面積-24,141.53㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-220戸
◆ 建築主-関電不動産開発、住友商事、 パナソニック ホームズ
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-日本国土開発
◆ 解体工事-2017年08月22日~2017年12月30日
◆ 着工-2018年05月21日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2021年01月予定
◆ 入居開始-2021年02月予定


Osakakozu181112
「シエリアタワーなんば」の建設現場を北東側から見た様子です。前回の撮影が2017年11月6日だったので、ほぼ1年ぶりでした。


Osakakozu181113
北東側のゲートが開いていました。地下躯体を構築中です。


Osakakozu181114
南東側から見た様子です。見えているクレーンは、「タワークレーン」ではありません。


Osakakozu181115
南西側から見た様子です。


Osakakozu171117
「(仮称)大阪市中央区高津PJ」の建築計画のお知らせです。


Osakakozu171118
建築計画のお知らせの「立面図」です。「立面図」を元に計算してみると最高部は約105mです。


Osakakozu171119
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2018年11月25日 (日)

日本橋でんでんタウン 地上15階、高さ約98mの「日本橋ビル(仮称)新築工事」 2018年11月20日の建設状況

Osakantt181111
-新日本橋ビル(仮称)新築工事-

 「NTT西日本(西日本電信電話)」は、日本橋でんでんタウンの「NTT日本橋ビル」の一部を建て替えます。地上15階の「南館」を建設します。

 日本橋でんでんタウンに地上15階、高さ98.33mの高層ビルが建設中です。用途は「電気通信設備・事務所」ですが、「NTTコミュニケーションズ」の「データセンター」となります。

● 大阪第6データセンター?
 「NTTコミュニケーションズ」は、大阪府において6番目と7番目となる「大阪第6データセンター」と「大阪第7データセンター」を新たに提供し、大阪におけるデータセンター供給能力を2.2倍に拡大します。

 NTTコミュニケーションズ(2018/09/11)
 大阪におけるデータセンター供給能力を2.2倍に拡大

 ”大阪第6は、大阪市内の中心地で、最寄りの地下鉄駅から徒歩約2分、複数駅からのアクセスも容易な利便性の高いエリア” と書いてありますが、具体的な場所を書いていません。

 「データセンター」はセキュリティを非常に重視するので正確な場所を明らかにしない場合が多いですが、外観イメージから「日本橋ビル(仮称)新築工事」が、「大阪第6データセンター」に間違いないと思われます。

新日本橋ビル(仮称)新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区日本橋五丁目2番2(地名地番)
◆ 階数-地上15階、地下0階
◆ 高さ-98.33m
◆ 敷地面積-4,465.08㎡(既存部分を含む)
◆ 建築面積-1,416.78㎡(増築部分)
◆ 延床面積-15,579.15㎡(増築部分) *容積対象面積25,862.32㎡(既存部分を含む)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-電気通信施設、オフィス
◆ 建築主-NTT西日本(西日本電信電話)
◆ 設計者・監理者-NTTファシリティーズ
◆ 施工者-大林組・共立建設 建設工事共同企業体(大林組、共立建設JV)
◆ 解体工事-2015年03月31日~2016年12月19日
◆ 着工-2017年01月中旬
◆ 竣工-2019年07月下旬予定


Osakantt181112
「大阪第6データセンター」の外観イメージです。


Osakantt181113
「新日本橋ビル(仮称)新築工事」の建設現場を南東側から見た様子です。前回の撮影が、2017年12月5日だったのでほぼ1年ぶりでした。


Osakantt181114
南東側から見た下層階の様子です。


Osakantt181115
北東側から見た様子です。


Osakantt181116
南西側から見た様子です。


Osakantt181117
外壁には窓がありません。「サーバー室」には窓は必要ありません。

● サーバー室は温度を一定に保つ必要がある
 「サーバー」は、CPUの処理速度の飛躍的な向上により、猛烈な熱を発します。サーバーは、精密機器なのであまりにも高い温度だと故障します。そのため、サーバー室などは温度を一定に保つ必要があります。

 データセンターで使われる電力の約半分は、サーバーから排出される熱を冷却するための空調が消費しているといわれています。


Osakantt181118
南西側から見た下層階の様子です。


Osakantt181119
北西側から見た様子です。


Osakantt181120
北側の「NTT日本橋ビル・北館」は、営業しながら改修工事が行われ、外装がリニューアルされました。


Osakantt181121
北側から引いて見た様子です。


Osakantt181122
最高部です。鉄骨の形状を見ると「塔屋」を残すのみのようです。


Osakantt161119
建築計画のお知らせの「南立面図」です。文字が潰れているので現地でも数値や文字は判別できません。


Osakantt161120
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2018年11月23日 (金)

アスコットのブランド「シタディーン」をメインテナントに誘致 高島屋東別館リノベーション計画 2018年11月20日の状況

Osakatakashimaya180111
-高島屋東別館リノベーション計画-

 「乃木坂46」のデビュー7周年を祝う「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、2019年2月21日から4日間、「京セラドーム大阪」で行われます。最終日の2月24日が大阪府出身の「西野七瀬」の卒業コンサートとなります。

 関東以外で開催されるのはあり得ないと思っていたので、朝からビックリすると共に本当にうれしいです。夏の「ヤンマースタジアム長居」が大成功だったから運営側も大阪開催を考えてくれたのかな?

 本題に戻って、 「高島屋東別館」は、1937年に「旧松坂屋大阪店」として建てられた「ルネサンス様式」の歴史的建造物です。地上7階、地下2階、延床面積約40,000㎡です。戦前は「東洋一の百貨店建築」とも称されていました。

 今でこそ大阪のメインストリートは「御堂筋」ですが、「御堂筋」が完成するまでは「堺筋」が大阪のメインストリートでした。「旧:三越大阪店(現:The Kitahama)」も堺筋にありました。

 「高島屋」は、大阪ミナミの「高島屋東別館」を、キッチンや家具を備えつつ掃除などホテル並みのサービスが受けられる「サービスアパートメント」へのリニューアルに向けて検討を進めていました。

● アスコット社の子会社と賃貸借予約契約
 
「髙島屋」と「アスコット社(シンガポール)」は、髙島屋東別館においてサービスレジデンス(滞在型ホテル)を開業することで合意し、アスコットの子会社と賃貸借予約契約を締結しています。

 引用資料 高島屋(PDF:2018/01/.30)
 大阪・高島屋東別館にサービスレジデンス誘致を決定

 アジア最大規模の不動産会社「キャピタランド社(シンガポール)」傘下にあり、サービスレジデンスを世界展開するアスコットのブランド「シタディーン」をメインテナントとして誘致することを決定しました。客室数は300室以上で、開業は2019年冬を予定しています。

 訪日外国人旅行者で活況を呈す大阪ミナミにおいて世界的ホテルを誘致することにより、昭和初期の建築様式をもつ当建物の価値を高め、有効活用します。


Osakatakashimaya170412
改修工事前の「高島屋東別館」を北西側から見た様子です。


Osakatakashimaya181111
改修工事中の「高島屋東別館」を北西側から見た様子です。外壁が「養生シート」で覆われています。


Osakatakashimaya181112
計画名は「高島屋東別館リノベーション計画」です。


Osakatakashimaya181113
工期は、2018年4月1日~2019年10月31日(予定)となっています。


Osakatakashimaya181114
南西側から見た様子です。


Osakatakashimaya181115
北東側から見た様子です。


Osakatakashimaya181116
縦アングルです。



|

最強の高級ブランド「ルイ・ヴィトン」 御堂筋沿いの心斎橋筋二丁目「(仮称)大阪Mプロジェクト」 2018年11月20日の建設状況

Osakalouisvuitton181111
(仮称)大阪Mプロジェクト-
 永らく閉鎖されていた心斎橋の「ルイ・ヴィトン」の仮店舗跡が解体さました。この土地は、リーマンショック前のプチバブル期にみずほ銀行心斎橋支店跡を「ルイ・ヴィトン」が100億円で購入したとして、大変話題になった場所です。

 ちなみに北隣の「プラダ大阪心斎橋店」が入居する「心斎橋GROVE(Gビル御堂筋02)」は、三菱商事系の「日本リテールファンド投資法人」が、2018年1月12日付で150億円で取得しています。今から考えればみずほ銀行心斎橋支店跡の100億円は、いい買い物だったと思います。

 仮設店舗の解体や地中障害物の撤去が終わって、新築工事の着工を期待していましたが、ずっと着工しませんでした。2018年3月に「建築計画のお知らせ」が掲示され、2018年6月に遂に着工しました。

ルイ・ヴィトンのフラッグシップストアを出店?
 「ルイ・ヴィトン」は、ブランド価値を維持するために都市ごとの店舗数は基本的には増やしません。ここ数年は日本の店舗数はほとんど変化していません。

 都市別(2018年11月23日現在)では、東京都23区が一番多く13店舗、東京都内には更に立川市にあります。「ルイ・ヴィトン日本橋高島屋店」が、2018年2月28日に閉店して1店舗減りました。

 続いて大阪市が6店舗(阪急梅田店の2階と5階を1店舗としてカウント)、名古屋市が4店舗、福岡市が3店舗(福岡県は4店舗)となっています。3店舗以上あるのは4都市のみです。

 ちなみに大阪市の6店舗は、「(1)ルイ・ヴィトン 阪急梅田店(2階と5階)、(2)ルイ・ヴィトン 阪急メンズ店、(3)ルイ・ヴィトン 大阪ヒルトンプラザ店、(4)ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店、(5)ルイ・ヴィトン 大阪髙島屋店、(6)ルイ・ヴィトン 近鉄阿倍野店」です。

 あくまでも私の願望ですが、「ルイ・ヴィトン 表参道店」や「ルイ・ヴィトン 神戸 メゾン」のような旗艦店「フラッグシップストア」を出店するのではないか? と妄想しています。ちなみに日本の「フラッグシップストア」はこの2店舗のみです。

(仮称)大阪Mプロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区心斎橋筋二丁目1番他(地名地番)
◆ 階数-地上7階、地下1階
◆ 高さ-36.55m
◆ 敷地面積-748.77㎡
◆ 建築面積-640.77㎡
◆ 延床面積-4,182.22㎡(容積対象面積3,814.77㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-物販店舗、飲食店、展示場、駐車場
◆ 建築主-ルイ・ヴィトン ジャパン
◆ 設計者・監理者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2018年06月01日
◆ 竣工-2019年11月15日予定


Osakalouisvuitton181112
「(仮称)大阪Mプロジェクト」の建設現場を西側から見た様子です。


Osakalouisvuitton181113
「コンクリートポンプ車」で、コンクリートを打設しています。


Osakalouisvuitton181114
南西側から見た様子です。


Osakalouisvuitton181115
南東側から見た様子です。


Osakalouisvuitton180315
「(仮称)大阪Mプロジェクト」の建築計画のお知らせです。延床面積4,182.22㎡なので、売場面積は約半分と考えて約2,000㎡くらいでしょうか?


Osakalouisvuitton180316
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakalouisvuitton180317
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2018年11月22日 (木)

大阪ミナミの中心 もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地 エディオンなんば本店(仮称) 2018/11/20 外観がほぼ完成!

Osakanamba181010
-エディオンなんば本店(仮称)-
 
大阪ミナミの「もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地開発」が動き出しています。物販店舗、飲食店が入る地上9階、地下1階、高さ59.40mの商業ビルを建設します。

 「エディオン」は2019年春にも大阪ミナミの「(仮称)中央区難波3丁目新築工事」に大型店を開業します。すぐ近くには「ビックカメラなんば店」がありますが、増加が続く「インバウンド(訪日外国人)」向けの品ぞろえを充実させて対抗します。

● エディオンなんば本店(仮称)が2019年初夏オープン!
 「エディオンなんば本店(仮称)」が、2019年初夏にをオープンします。エディオン最大の店舗となる売場面積約15,735㎡です。都市型店舗として、若年層に加え、ファミリー層にも休日に買い物をしながら楽しく過ごす事の出来る空間となります。

 また、難波は「関西国際空港」へのアクセスの良さなどから外国人観光客も非常に多く、訪日外国人にも魅力ある商品を取り揃えます。

 引用資料 エディオン(2018/10/01)
 「エディオンなんば本店(仮称)」のオープンについて

エディオンなんば本店(仮称)
の概要
◆ 計画名-(仮称)中央区難波3丁目新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波三丁目25番2の一部、27番22(地名地番)
◆ 階数-地上9階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-59.40m
◆ 敷地面積-4,225.99㎡
◆ 建築面積-2,936.09㎡
◆ 延床面積-23,106.62㎡(容積対象床面積21,105.79㎡)
◆ 売場面積-約15,735㎡(エディオンなんば本店)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-物販店舗、飲食店
◆ 建築主-成信(せいしん)
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2017年03月13日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年04月中旬予定
◆ オープン-2019年初夏予定


Osakanamba181012
エントランス部分のイメージの拡大です。


Osakanamba181013
南東側のイメージです。電柱・電線が無いと非常にスッキリしますね!


Osakaedion181111
「エディオンなんば本店(仮称)」の建設現場を南西側から見た様子です。


Osakaedion181112
「EDION NAMBA」のロゴも取り付けられています。


Osakaedion181113
西面の外壁です。


Osakaedion181114
エントランス部分です。


Osakaedion181115
狭いですが、「戎橋筋商店街」とも一部で接続されます。集客にとっては大きなプラスとなります。


Osakaedion181116
東側の通りを南側から見た様子です。「電線類地中化」が行われる予定です。


Osakaedion181117
全面ガラスの南東側のアール状の部分です。


Osakaedion181118
東面の外壁も姿を現しています。


Osakaedion181119
下層階の一部に「旧:精華小学校」のファサードのデザインを継承しています。


Osakaedion181120
アーチ状の部分が姿を現していました。


Osakaedion181121
「Memories of Seika elementary school」の文字が刻まれています。


Osakaedion181122
東側の通りと外壁が平行かと思っていましたが、北側に行くほどセットバックしています。よく見ると「配置図」もそうなっていますね。


Osakaedion181123
北東側から見た様子です。


Osakaedion181124
東側の通りを北側から見た様子です。


Osakanamba160816
建築計画のお知らせの「東側立面図」です。下層階の一部に「旧:精華小学校」のファサードのデザインを継承しています。


Osakanamba160817
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

新歌舞伎座跡地 ホテルロイヤルクラシック大阪 2018年11月20日の建設状況

Osakakabuki16041
-ホテルロイヤルクラシック大阪

 難波にあった旧「大阪新歌舞伎座」は、1958年10月開場しました。「上本町YUFURA」に移転するため、2009年6月に閉館しています。2012年3月には、冠婚葬祭大手の「ベルコ」が用地を取得しています。

 冠婚葬祭大手の「ベルコ」は、大阪ミナミの新歌舞伎座跡地に、「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」を2016年6月に着工、2019年秋に開業する予定です。正式名称は、「ホテルロイヤルクラシック大阪」で、公式ホームページもオープンしています。

 引用資料 公式ホームページ
 ホテルロイヤルクラシック大阪

 新ホテルは、「隈研吾建築都市設計事務所」が設計した地上19階、塔屋1階、地下1階の都市型ホテルです。低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、長く難波の街に馴染んできた建築を保存する意匠とします。

 内部は計150室の客室をはじめレストランやラウンジ、5つのバンケットを配置し、ブライダルに対応できるよう、2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンを設けています。

ホテルロイヤルクラシック大阪の概要
◆ 計画名-(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波四丁目3番25
◆ 交通-大阪メトロ御堂筋線「なんば」駅直結
◆ 階数-地上19階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-84.025m
◆ 敷地面積-2,292.65㎡
◆ 建築面積-1,893.46㎡
◆ 延床面積-26,493.58㎡(容積対象面積22,348.55㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
◆ 客室数-150室(ダブル約30㎡×126室、ツイン約25㎡×15室、スイート約80㎡×9室)
◆ 建築主-ベルコ
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2015年01月05日~2016年01月31日
◆ 着工-2016年06月01日
◆ 竣工-2019年07月15日予定
◆ オープン-2019年秋予定


Osakakabuki180911
下層階のイメージです。


Osakakabuki180912
チャペルのイメージです。結婚式場の名称は、「ホテルロイヤルクラシック大阪・難波」となります。


Osakakabuki181111
「ホテルロイヤルクラシック大阪」を南東側から引いて見た様子です。。


Osakakabuki181112
南東側から見た様子です。


Osakakabuki181113
南東側から見た下層階の様子です。


Osakakabuki181114
北東側から見た様子です。


Osakakabuki181115
北東側から見た下層階の様子です。



|

2018年10月17日 (水)

訪日外客数 「関西国際空港」の驚異的な復旧により、関西への影響は限定的 10月9日以降は前年比約100~120%で推移!

Kyotoinari180916
-訪日外客数(2018年9月推計値)-
 
「日本政府観光局(JNTO)」は昨日(10月16日)に、2018年9月の訪日外客数を発表しました。「台風第21号」や「北海道胆振東部地震」の影響により、2017年9月の228万人を約12万人下回る前年同月比5.3%減の216万人でした。2018年1月~9月の累計では、前年比10.7%増の2346万8500人となっています。

 2013年1月以来、5年8か月ぶりに訪日外客数が前年同月を下回りました。「台風第21号」の影響による関西国際空港の閉鎖や「北海道胆振東部地震」の影響による新千歳空港の閉鎖等により、航空便の欠航や旅行のキャンセルが発生しました。

 訪日外客数の約7割を占める東アジア市場においては、関西、北海道への訪問者も多く、これにより東アジア市場から両地域への訪日需要が停滞したことが、訪日外客数全体が前年同月を下回る一因となりました。

● 5.3%減に収まったのが逆に凄い!
 2013年1月以来、5年8か月ぶりに記録が途切れたのは残念ですが、「台風第21号」や「北海道胆振東部地震」というダブルパンチの中で、5.3%減に収まったのが逆に凄いと思います。私は10%~15%減を覚悟していました。

 そんな中でも、15市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で9月として過去最高を記録しました。


Kix160455
関西国際空港の全面再開
 「産経新聞」の報道ですが、大阪入国管理局関西空港支局によると、2018年9月に「関西国際空港」から入国した外国人は31万200人(速報値)で、昨年同月の57万1020人から46%減少したそうです。

 引用資料 産経新聞(2018/10/16)
 訪日外国人、被災前に回復 関西への影響「限定的」

 「関西国際空港」は、被災後は官民一体となってインバウンドを呼び戻すためのキャンペーンに取り組んできました。こうした努力もあり、「関西国際空港」の旅客便が全面再開した9月21日以降の入国者数は、台風24号の上陸で滑走路が閉鎖された9月30日を除いて順調に回復しています。

 10月9日以降も前年比約100~120%で推移しており、入管関係者は「心配された風評被害の影響もさほど見られないのではないか」と話しています。

 私は、風評被害は2~3ヶ月続くと思っていましたが、驚異的な回復ぶりでですね。まあ考えてみれば、訪日外客数の約7割を占める東アジアの国々も台風の被害をよく受けています。台風の被害は、復旧すれば安心だという実体験もあるので、風評被害が深刻にならなかったのだと思われます。


Osakainbound180111
インバウンドの復活
 「産経新聞」によると、「阪急百貨店梅田本店」では、「関西国際空港」の被災から1週間程度は免税品売上高が前年から半減しましたが、全面再開後の9月下旬は前年比を上回るまで回復、最終的には9月全体で2割減にとどまったそうです。

 「高島屋大阪店」も9月の免税品売上高は約2割減りましたが、10月は来客数も戻り、順調だそうです。りそな総合研究所では、インバウンド減による関西の消費額への影響は「当初の見立てよりも少ない300億円程度」と分析しています。


Osakanambaskyo180611
なんばスカイオが2018年10月17日全面開業
 南海電鉄は、本社機能を置いていた「南海会館ビル」の建替計画を進めていますが、旧南海会館ビルの解体工事を終えて、2015年9月1日に、「南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル」の新築工事に着工しました。

 「ネーミング総選挙」が行われ、「なんばスカイオ」が1位になり正式決定しました。「なんばスカイオ」は、2018年9月末に竣工し、2018年10月17日に全面開業します。インバウンド増への強力な援軍が新たに加わります。

なんばスカイオの概要
◆ 計画名-南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波五丁目1番60号
◆ 交通-南海「なんば」駅徒歩1分、地下鉄御堂筋線「なんば」駅徒歩2分、近鉄難波線・阪神なんば線「大阪難波」駅徒歩5分、地下鉄四つ橋線・千日前線「なんば」駅徒歩5分~8分
◆ 階数-地上31階(31階は機械室)、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部150.000m
◆ 敷地面積-34,252.02㎡(施設全体)
◆ 建築面積-3,820.90㎡
◆ 延床面積-84,125.30㎡(容積対象床面積78,741.74㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄(骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造「TMD(チューンドマスダンパー)他」
◆ 用途-オフィス、店舗、ホール・カンファレンス、医療施設
◆ 建築主-南海電気鉄道
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組(代表者)、竹中工務店、南海辰村建設共同企業体
◆ 解体工事-2013年05月07日~2015年12月31日
◆ 着工-2015年09月01日
◆ 竣工-2018年09月末日
◆ オープン-2018年10月17日(全面開業)
◆ 事業費-約440億円



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場