33 大阪市・南部②

(2009年~)

2019年3月 5日 (火)

新歌舞伎座跡地 ホテルロイヤルクラシック大阪 全容が姿を現し、想像以上の強烈なインパクトを放つ!

Osakakabuki190311
-ホテルロイヤルクラシック大阪

 難波にあった旧「大阪新歌舞伎座」は、1958年10月開場しました。「上本町YUFURA」に移転するため、2009年6月に閉館しています。2012年3月には、冠婚葬祭大手の「ベルコ」が用地を取得しています。

 冠婚葬祭大手の「ベルコ」は、大阪ミナミの新歌舞伎座跡地に、「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」を2016年6月に着工、2019年秋に開業する予定です。正式名称は、「ホテルロイヤルクラシック大阪」で、公式ホームページもオープンしています。

 新ホテルは、「隈研吾建築都市設計事務所」が設計した地上19階、塔屋1階、地下1階の都市型ホテルです。低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、長く難波の街に馴染んできた建築を保存する意匠とします。

 内部は計150室の客室をはじめレストランやラウンジ、5つのバンケットを配置し、ブライダルに対応できるよう、2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンを設けています。

ホテルロイヤルクラシック大阪の概要
◆ 計画名-(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波四丁目3番25
◆ 交通-大阪メトロ御堂筋線「なんば」駅直結
◆ 階数-地上19階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-84.025m
◆ 敷地面積-2,292.65㎡
◆ 建築面積-1,893.46㎡
◆ 延床面積-26,493.58㎡(容積対象面積22,348.55㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
◆ 客室数-150室(ダブル約30㎡×126室、ツイン約25㎡×15室、スイート約80㎡×9室)
◆ 建築主-ベルコ
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2015年01月05日~2016年01月31日
◆ 着工-2016年06月01日
◆ 竣工-2019年07月15日予定
◆ オープン-2019年秋予定

フロア構成
◇ 地下1階-ロビー、テナント、機械式駐車場
◇ 1階-エントランスロビー、テナント、カフェ
◇ 2階-レストラン、ラウンジ
◇ 3階-バンケット①、バンケット②
◇ 4階-事務室
◇ 5階-ウェイティングルーム
◇ 6階-チャペル、フォトスタジオ
◇ 7階-バンケット③
◇ 8階-バンケット④
◇ 9階-バンケット⑤
◇ 10階-ブライダルサロン
◇ 11階-ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
◇ 12階~18階-客室
◇ 19階-チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム


Osakakabuki190312
御堂筋沿いは「オープンカフェ」になるようです。

 引用資料 公式ホームページ
 ホテルロイヤルクラシック大阪


Osakakabuki180912
チャペルのイメージです。結婚式場の名称は、「ホテルロイヤルクラシック大阪・難波」となります。


Osakakabuki190313
「ホテルロイヤルクラシック大阪」を南東側から見た様子です。全容が姿を現し、強烈なインパクトを放っていました。存在感が抜群なので、日本人・外国人を問わず沢山の方が撮影していました。


Osakakabuki190314
最高部です。


Osakakabuki190315
この部分は19階の「チャペル」だと思われます。「チャペル」は6階にもあります。


Osakakabuki190316
南東側から見た下層階の様子です。 ”低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザイン” という事でした。完成形がちょっと心配でしたが、素晴らしい仕上がりだと思います。正に「案ずるより産むが易し」です。


Osakakabuki190317
現在はピカピカですが、「経年劣化」により渋い色になって行くと思います。


Osakakabuki190318
ホテルの客室部分です。


Osakakabuki190319
新歌舞伎座を継承したデザインとなっています。


Osakakabuki190320
この部分は6階の「チャペル」だと思われます。


Osakakabuki190321
「連続唐破風(からはふ)」のファサード(正面外観)を継承しています。


Osakakabuki190322
北東側から見た下層階の様子です。この角度から見ると世界的建築家「隈研吾氏」の凄さを改めて実感しました。


Osakakabuki190323
北東側から見た様子です。


Osakakabuki190324
北東側から引いて見た様子です。


Osakakabuki190325
北東側から見た最高部です。



|

2019年3月 1日 (金)

ヴォーリズ建築の歴史的文化的価値の継承 大丸心斎橋店本館建替計画 2019年2月27日の建設状況

Osakadaimaru151011
-大丸心斎橋店本館建替計画-
 「J.フロント リテイリング」は、「大丸心斎橋店(本館、北館、南館)」を中心とする心斎橋地区再開発計画を進めています。「本館」は、2015年12月30日で営業を終了し、「大丸心斎橋店本館等解体工事」が行われました。

 アメリカ出身の建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の代表作の一つで、アールデコやネオ・ゴシック様式を織り交ぜた「大正モダン建築」として知られている「大丸心斎橋店本館」の外観はもう見られません。

 新たに誕生する本館は、地上11階、塔屋1階、地下3階、高さ59.97m、延床面積66,122.79㎡(現本館約49,000㎡)、売場面積約40,000㎡(現本館約31,000㎡)となります。

 引用資料 J.フロント リテイリング(PDF:2015/10/30)
 大丸心斎橋店本館建替え計画の概要に関するお知らせ 

 本館・北館は、大宝寺通りの上空で接続、一体化させ、回遊性の向上をはかります。御堂筋側の外壁を保存するとともに、新築される高層部はセットバックさせ、保存外壁と景観的調和をはかります。

● 北館の大型核テナントとして「パルコ」導入
 「北館」の地下2階~地上7階には「パルコ」が出店、地上8階~14階は「大丸松坂屋百貨店」の不動産事業部が運営する事になります。

 J.フロント リテイリング(PDF:2017/09/28)
 大丸心斎橋店北館の大型核テナントとして「パルコ」導入を決定

 「J.フロント リテイリング」は脱百貨店を進めています。松坂屋銀座店跡地の「GINZA SIX」や「松坂屋上野店」で進めた手法を「大丸心斎橋店」にも導入します。

大丸心斎橋店本館建替計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目1番ほか20筆(地名地番)
◆ 階数-地上11階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-59.97m(申請以外82.50m)
◆ 敷地面積-10,755.72㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,720.15㎡(施設全体)、5,530.00㎡(本館)
◆ 延床面積-124,600.26㎡(施設全体)、66,122.79㎡(本館)
◆ 容積対象面積-120,813.17㎡(施設全体)、63,979.38㎡(本館)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店
◆ 建築主-大丸松坂屋百貨店
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2016年02月15日~2016年12月31日
◆ 着工-2017年01月01日
◆ 竣工-2019年08月31日予定
◆ 開業-2019年秋予定
◆ 投資額-約380億円(本館建築工事、本館内装工事)


Osakadaimaru190211
南西側から引いて見た様子です。


Osakadaimaru190212
南西側から見た様子です。


Osakadaimaru190213
南側上部に「DAIMARU」のロゴが姿を現しつつあります。


Osakadaimaru190214
北西側から見た様子です。


Osakadaimaru190215
外壁がかなり姿を現してきました。


Osakadaimaru190216
セットバックした高層部の外壁です。じっと見ていると目がチカチカします(笑)。


Osakadaimaru190217
御堂筋側の保存された外壁も姿を現しつつあります。


Osakadaimaru190218
レンガ部分も姿を現しつつあります。


Osakadaimaru190219
西側から見た「北館」と「本館」の間です。


Osakadaimaru190220
北館側には柱がありません。「本館」側から吊り橋や斜張橋のように吊っている構造になっているので問題はありません。


Osakadaimaru190221
地下通路改造工事

 「北館」と「本館」の間の地下通路の改造工事が行われています。工事名は「高速電気軌道第1号線心斎橋停留場南中階地下通路改造請願受託工事」です。

 分かりやすく言えば、「Osaka Metro御堂筋線」の「心斎橋駅」の地下通路の改良工事です。工期は、2017年8月7日~2019年10月31日(予定)で、「竹中工務店」により行われています。


Osakadaimaru190222
東側から見た「北館」と「本館」の間です。


Osakadaimaru161117
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakadaimaru161118
新たに誕生する「本館」は、既存の「北館」に完全に階高を合わせている事が分かります。御堂筋側の保存外壁は単なる外壁で、窓の位置を見ると建物本体と階高が一致していない事が分かります。


Osakadaimaru161119
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

最強の高級ブランド「ルイ・ヴィトン」 御堂筋沿いの心斎橋筋二丁目「(仮称)大阪Mプロジェクト」 2019年2月27日の建設状況

Osakalouisvuitton190211
(仮称)大阪Mプロジェクト-
 永らく閉鎖されていた心斎橋の「ルイ・ヴィトン」の仮店舗跡が解体さました。この土地は、リーマンショック前のプチバブル期にみずほ銀行心斎橋支店跡を「ルイ・ヴィトン」が100億円で購入したとして、大変話題になった場所です。

 ちなみに北隣の「プラダ大阪心斎橋店」が入居する「心斎橋GROVE(Gビル御堂筋02)」は、三菱商事系の「日本リテールファンド投資法人」が、2018年1月12日付で150億円で取得しています。今から考えればみずほ銀行心斎橋支店跡の100億円は、いい買い物だったと思います。

 仮設店舗の解体や地中障害物の撤去が終わって、新築工事の着工を期待していましたが、ずっと着工しませんでした。2018年3月に「建築計画のお知らせ」が掲示され、2018年6月に遂に着工しました。

ルイ・ヴィトンのフラッグシップストアを出店?
 「ルイ・ヴィトン」は、ブランド価値を維持するために都市ごとの店舗数は基本的には増やしません。ここ数年は日本の店舗数はほとんど変化していません。

 都市別(2019年3月1日現在)では、東京都23区が一番多く13店舗、東京都内には更に立川市にあります。続いて大阪市が6店舗(阪急梅田店の2階と5階を1店舗としてカウント)、名古屋市が4店舗、福岡市が3店舗(福岡県は4店舗)となっています。3店舗以上あるのは4都市のみです。

 ちなみに大阪市の6店舗は、「(1)ルイ・ヴィトン 阪急梅田店(2階と5階)、(2)ルイ・ヴィトン 阪急メンズ店、(3)ルイ・ヴィトン 大阪ヒルトンプラザ店、(4)ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店、(5)ルイ・ヴィトン 大阪髙島屋店、(6)ルイ・ヴィトン 近鉄阿倍野店」です。

 あくまでも私の願望ですが、「ルイ・ヴィトン 表参道店」や「ルイ・ヴィトン 神戸 メゾン」のような旗艦店「フラッグシップストア」を出店するのではないか? と妄想しています。ちなみに日本の「フラッグシップストア」はこの2店舗のみです。

(仮称)大阪Mプロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区心斎橋筋二丁目1番他(地名地番)
◆ 階数-地上7階、地下1階
◆ 高さ-36.55m
◆ 敷地面積-748.77㎡
◆ 建築面積-640.77㎡
◆ 延床面積-4,182.22㎡(容積対象面積3,814.77㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-物販店舗、飲食店、展示場、駐車場
◆ 建築主-ルイ・ヴィトン ジャパン
◆ 設計者・監理者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2018年06月01日
◆ 竣工-2019年11月15日予定


Osakalouisvuitton190212
「(仮称)大阪Mプロジェクト」の建設現場を西側から見た様子です。


Osakalouisvuitton190213
北西側から見た様子です。


Osakalouisvuitton180315
「(仮称)大阪Mプロジェクト」の建築計画のお知らせです。延床面積4,182.22㎡なので、売場面積は約半分と考えて約2,000㎡くらいでしょうか?


Osakalouisvuitton180316
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakalouisvuitton180317
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2019年2月22日 (金)

京セラドーム大阪 「乃木坂46」のバースデーライブ 「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」に行ってきました!

Osakainogizaka190211
乃木坂46-
 昨日(2月21日)、「京セラドーム大阪」に「乃木坂46」のデビュー7周年を記念した「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」に行ってきました。

 バースデーライブはデビュー以来ずっと首都圏で行われていましたが、今年は初めて関西で行われました。2月21日(木)~2月24日(日)の4日間で合計20万人を動員する予定です。

 オリコンニュース(2019/02/22)
 乃木坂46 西野七瀬サプライズ登場に大歓声 7周年記念ライブ開幕

 「バースデーライブ」は、基本的には全楽曲披露です。唯一、2018年は「明治神宮野球場&秩父宮ラグビー場」同時開催という形で、全楽曲披露とは異なる形のライブを行いましたが、今年は、例年の形に戻り、2年ぶりの全楽曲披露となりました。

 「乃木坂46」は、2019年2月時点までにシングル22枚(全142曲)、アルバム4枚(既発曲を除く全35曲)の計177曲を発表しました。これらの楽曲が4日間にわたり、現メンバーにより全曲披露します。


Osakainogizaka190212
「京セラドーム大阪」にライブに行ったのは、2016年の「Perfume」、2017年の「西野カナ」、2018年の「安室奈美恵」に続き、4連連続になりました。


Osakainogizaka190213
「乃木坂46」は女性ファンも非常に多いです。


Osakainogizaka190214
「乃木坂46」の旗がはためいていました。


Osakainogizaka190215
苗字が「あ~し」までの「乃木坂46」のメンバーです。現在の「乃木坂46」のメンバーは48名(1期生15名、2期生10名、3期生12名、4期生11名)です。この中で「衛藤美彩」は、2019年3月末に卒業します。


Osakainogizaka190216
苗字が「し~わ」までのメンバーです。この中で「西野七瀬」は、「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」の卒業コンサートとなる最終日公演をもって、乃木坂46メンバーとしての全活動を終了します。


Osakainogizaka190217
ちなみに私は、大阪府出身の「松村沙友理(26)」のファンです。


Osakainogizaka190218
グッズのラインナップです。


Osakainogizaka190219
グッズ売場です。このようにファンの中には全身をグッズで覆った強者もいます(笑)。


Osakainogizaka190220
私は貧乏人なのでマフラータオル以外では、「クリアファイル 4枚セット」と「サインブレードキーホルダー」しか買いませんでした。スティックライト2本は過去のライブの使い回しです。


Osakainogizaka190221
チケットです。座席はスタンドでした。


Osakainogizaka190222
5万人弱の観客で凄い迫力!

 「松村沙友理」ファンの私、「山下美月」ファンの友人、「賀喜遥香」ファンの友人の知人の3人でライブを見に行きました。

 観客は約5万人と発表されていました。ステージ裏の演者が全く見え無い部分も「音席」として客席になっていました。360度客席だと物凄い迫力があります。普段は解放しない最上段も客席になっていました。こんなに観客の入った「京セラドーム大阪」を初めて見ました。

 乃木坂のライブは必ずインストゥルメンタル曲の「OVERTURE」で始まります。その時に揃って一斉にコールするのですが、乃木ヲタ5万人弱のコールは凄まじかったです。

 ちなみに「OVERTURE」はこんな感じです。2年前の「さいたまスーパーアリーナ」の様子ですが、私はこのライブが乃木坂初ライブだったので、「なんなんだ!この異様な4万人は!」と面食らってしまいました(笑)。

 YouTube(1分13秒)
 オープニング映像「overture」[乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE 2017.2.20-22 SAITAMA SUPER ARENA] DAY2

 慣れとは恐ろしいもので、今では「OVERTURE」が一番楽しみです(笑)。初日公演は5時5分頃始まって、8時55分頃に終わりました。公演時間は3時間50分でした。

 1stシングル「ぐるぐるカーテン」から7thシングル「バレッタ」収録曲やアルバム収録曲、その他のシングルのカップリング曲も数曲披露されました。合計45曲でした。メチャメチャ楽しかったです!



|

2019年2月 2日 (土)

心斎橋のランドマーク 「心斎橋プラザビル本館」等の4棟を一体的に再開発 地上31階、延床面積約54,000㎡の超高層複合ビルを建設!

Osakalouisvuitton170516
-心斎橋プラザビル本館-
 「建設ニュース」によると「ヒューリック」は、「心斎橋プラザビル本館」等の建替えを計画しています。概要は、地上31階、地下3階、延床面積約54,000㎡で、ホテル・商業で構成された超高層複合ビルです。2024年の竣工を目指しています。

 建設予定地は、心斎橋新橋交差点北東側の一角で、心斎橋のランドマークである
「心斎橋プラザビル本館」を含む4棟を集約化して一体的に建て替えます。

 「心斎橋プラザビル本館」には、「ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店」が入居していますが、「ルイ・ヴィトン ジャパン」は、心斎橋筋二丁目に「(仮称)大阪Mプロジェクト」を建設中です。

 「(仮称)大阪Mプロジェクト」の竣工は2019年11月15日予定なので、移転後の2020年頃から「心斎橋プラザビル本館」等の解体工事が始まる事が予想されます。


Osakalouisvuitton181111
(仮称)大阪Mプロジェクト
 現在、「ルイ・ヴィトン」は大阪市に6店舗あります。「(1)ルイ・ヴィトン 阪急梅田店(2階と5階)、(2)ルイ・ヴィトン 阪急メンズ店、(3)ルイ・ヴィトン 大阪ヒルトンプラザ店、(4)ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店、(5)ルイ・ヴィトン 大阪髙島屋店、(6)ルイ・ヴィトン 近鉄阿倍野店」です。

 「ルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店」が入居している「心斎橋プラザビル本館」等の建替え計画が、2024年の竣工を目指しているということで、「(仮称)大阪Mプロジェクト」が移転先だとほぼ確定しました。

 インバウンド人気の大阪ミナミでも3店舗を営業するかも? と思っていましたが、「心斎橋プラザビル本館」等の再開発が私が予想していたよりかなり早かったので、「心斎橋プラザビル本館」から「(仮称)大阪Mプロジェクト」に移転するだけで、店舗は増えない可能性が高くなりました。

(仮称)大阪Mプロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区心斎橋筋二丁目1番他(地名地番)
◆ 階数-地上7階、地下1階
◆ 高さ-36.55m
◆ 敷地面積-748.77㎡
◆ 建築面積-640.77㎡
◆ 延床面積-4,182.22㎡(容積対象面積3,814.77㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-物販店舗、飲食店、展示場、駐車場
◆ 建築主-ルイ・ヴィトン ジャパン
◆ 設計者・監理者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2018年06月01日
◆ 竣工-2019年11月15日予定


Osakalouisvuitton180315
「(仮称)大阪Mプロジェクト」の建築計画のお知らせです。


Osakasekisui180111
W OSAKA
 「心斎橋プラザビル本館」近くの「ヨドコウ第2ビル」と「日本生命御堂筋ビル」の間では、「積水ハウス」が、超高層ビル「(仮称)心斎橋ホテル計画」を建設中です。

 高級ホテル「W(ダブリュー)ホテル」が進出します。ホテル名は「W OSAKA」で、概要は、地上31階、地下1階、高さ117.34mです。御堂筋の超高層化に拍車がかかってきました。

 引用資料 積水ハウス(PDF:2018/01/10)
 「Wホテル」日本上陸~「W OSAKA」が2021年、大阪に誕生

W OSAKAの概要
◆ 計画名-(仮称)心斎橋ホテル計画
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南船場四丁目25番11 他22筆
◆ 階数-地上31階、地下1階
◆ 高さ-最高部117.34m
◆ 敷地面積-2,544.46㎡
◆ 建築面積-2,008.82㎡
◆ 延床面積-35,887.97㎡(容積対象床面積32,515.07㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル、レストラン、ボールルーム、スパ、プール、ジム他
◆ 客室数-337室(予定)
◆ 建築主-積水ハウス(ホテル運営 マリオット・インターナショナル)
◆ 設計者・監理者-日建設計(設計顧問 安藤忠雄)
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2018年10月01日
◆ 竣工-2020年10月31日予定
◆ 開業-2021年02月予定



|

2019年1月14日 (月)

星野リゾート 2019年3月着工予定の「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」 敷地をじっくり見てみました!

Osakashinimamiya11
-浪速区恵美須西3丁目16番街区用地-

 JR環状線新今宮駅前に13,907.34㎡の広大な更地が広がっています。昭和50年代に大阪市が取得以降、長年開発される事も無く更地ままでした。

 大阪市は、売却にあたって、宿泊施設(ホテル)を主な用途とする業務商業系施設の設置等を条件としたプロポーザル方式により開発事業予定者を募集しました。計画通り2017年3月8日に事業予定者を選定しました。

 事業予定者は「ミナミホテルマネジメント(ホテル運営事業者 星野リゾート)」に決定しました。応募申込件数は1件で、土地取得の提案価格は予定価格の18億830万円を少しだけ上回る18億1111万1111円でした。

● (仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト
 提案では、地上20階、高さ約90m、延床面積約48,610㎡を想定していましたが、「建築計画のお知らせ」では、地上14階、高さ約70m、延床面積37,922.06㎡と大幅に規模が縮小されました。2019年3月1日着工予定です。

(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目38番22(地名地番)、大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目16番以下未定(住居表示)
◆ 交通-JR「新今宮駅」駅・南海「新今宮」駅すぐ
◆ 階数-地上14階、塔屋2階 
◆ 高さ-70.0m
◆ 敷地面積-13,907.34㎡
◆ 建築面積-7,648.33㎡
◆ 延床面積-37,922.06㎡(容積対象面積34,247.41㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-(不明)
◆ 建築主-株式会社ミナミホテルマネジメント(ホテル運営 星野リゾート)
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年03月01日予定
◆ 竣工-2021年10月31日予定


Osakashinimamiya17036
2017年3月8日公開のイメージ
 
提案では、地上20階、高さ約90m、延床面積約48,610㎡を想定していました

 引用資料 大阪市・公式ホームページ(2017/03/08)
 報道発表資料 浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者を決定しました
 
浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目38番2
◆ 交通-JR「新今宮駅」駅・南海「新今宮」駅すぐ
◆ 階数-地上20階
◆ 高さ-約90m
◆ 敷地面積-13,909.90㎡
◆ 延床面積-約48,610㎡
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-608室(4階~19階)
◆ 事業予定者-ミナミホテルマネジメント
◆ ホテル運営事業者-星野リゾート
◆ 着工-2019年06月頃予定(工事期間約24ヶ月)
◆ 竣工-2021年06月頃予定
◆ グランドオープン-2022年03月頃予定
◆ 土地取得の提案価格-18億1111万1111円


Osakashinimamiya12
「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」の予定地を南西側から見た様子です。広大な更地がJR環状線新今宮駅の北側に広がっています。


Osakashinimamiya13
南側から見た様子です。


Osakashinimamiya14
南東側から見た様子です。


Osakashinimamiya15
敷地北西側の道路です。正面に「通天閣」が見えます。この道路に沿って地上14階のホテルが建設されます。


Osakashinimamiya16
南西側から見た様子です。


Osakashinimamiya17
「JR新今宮駅駅」との間には道路があります。


Osakashinimamiya18
南東側から見た様子です。


Osakashinimamiya19
「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」の建築計画のお知らせです。


Osakashinimamiya20
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakashinimamiya21
建築計画のお知らせの「配置図」です。


Osakashinimamiya22
用地は「新今宮」駅前に位置し、「新世界・通天閣」、「天王寺・阿倍野」等多くの市民・観光客が訪れる集客エリアと隣接しており、国内外の観光客に人気の高い道頓堀や日本橋等の「ミナミ」エリアへのアクセスもよく、また関西国際空港と直結しているなど、宿泊施設の立地には非常に好適な交通至便な場所に位置しています。



|

2018年11月27日 (火)

「大阪上本町駅」近く 地上30階、高さ約100mの「(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション」 建築計画のお知らせ

Osakauehonmachi181111
-(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション-

 近鉄の「大阪上本町駅」のすぐ北側に、「フクダ不動産」が、地上30階、地下0階、高さ99.92m、延床面積19,625.17㎡の超高層タワーマンションを建設します。

 現在は駐車場「上本町パーク24h」として使用されています。計画では、2019年2月上旬に着工し、2021年6月末に竣工する予定です。

(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンションの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市天王寺区東高津町7-3、7-4(地名地番)、大阪府大阪市天王寺区東高津町(住居表示)
◆ 階数-地上30階、地下0階
◆ 高さ-最高部99.92m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-1,929.42㎡
◆ 建築面積-910.62㎡
◆ 延床面積-19,625.17㎡(容積対象面積13,483.95㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-(不明)
◆ 建築主-フクダ不動産
◆ 設計者-フクダ不動産
◆ 施工者-ナカノフドー建設
◆ 着工-2019年02月上旬予定
◆ 竣工-2021年06月末予定


Osakauehonmachi181112
「(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション」の建設予定地を北西側から見た様子です。


Osakauehonmachi181113
北東側から見た様子です。


Osakauehonmachi181114
東側の砂利の部分は、アスファルトが剥がされたのではなく、建物が解体された跡です。


Osakauehonmachi181115
南東側から見た様子です。


Osakauehonmachi181116
街区を南東側から見た様子です。街区の南側は「創価学会」の専用駐車場です。


Osakauehonmachi181117
南側の「アーバンヒル上本町」の東隣では、地上19階、地下1階、総戸数120戸の「プレミスト大阪上本町」が建設中です。


Osakauehonmachi181118
「(仮称)大阪市天王寺区東高津町マンション」の建築計画のお知らせの概要部分です。


Osakauehonmachi181119
建築計画のお知らせの「立面図」です。 どの部分の高さが99.92mなのかは不明です。  


Osakauehonmachi181120
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2018年11月26日 (月)

ヴォーリズ建築の歴史的文化的価値の継承 大丸心斎橋店本館建替計画 2018年11月20日の建設状況

Osakadaimaru151011
-大丸心斎橋店本館建替計画-
 「J.フロント リテイリング」は、「大丸心斎橋店(本館、北館、南館)」を中心とする心斎橋地区再開発計画を進めています。「本館」は、2015年12月30日で営業を終了し、「大丸心斎橋店本館等解体工事」が行われました。

 アメリカ出身の建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の代表作の一つで、アールデコやネオ・ゴシック様式を織り交ぜた「大正モダン建築」として知られている「大丸心斎橋店本館」の外観はもう見られません。

 新たに誕生する本館は、地上11階、塔屋1階、地下3階、高さ59.97m、延床面積66,122.79㎡(現本館約49,000㎡)、売場面積約40,000㎡(現本館約31,000㎡)となります。

 引用資料 J.フロント リテイリング(PDF:2015/10/30)
 大丸心斎橋店本館建替え計画の概要に関するお知らせ 

 本館・北館は、大宝寺通りの上空で接続、一体化させ、回遊性の向上をはかります。御堂筋側の外壁を保存するとともに、新築される高層部はセットバックさせ、保存外壁と景観的調和をはかります。

● 北館の大型核テナントとして「パルコ」導入
 「北館」の地下2階~地上7階には「パルコ」が出店、地上8階~14階は「大丸松坂屋百貨店」の不動産事業部が運営する事になります。

 J.フロント リテイリング(PDF:2017/09/28)
 大丸心斎橋店北館の大型核テナントとして「パルコ」導入を決定

 「J.フロント リテイリング」は脱百貨店を進めています。松坂屋銀座店跡地の「GINZA SIX」や「松坂屋上野店」で進めた手法を「大丸心斎橋店」にも導入します。

大丸心斎橋店本館建替計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目1番ほか20筆(地名地番)
◆ 階数-地上11階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-59.97m(申請以外82.50m)
◆ 敷地面積-10,755.72㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,720.15㎡(施設全体)、5,530.00㎡(本館)
◆ 延床面積-124,600.26㎡(施設全体)、66,122.79㎡(本館)
◆ 容積対象面積-120,813.17㎡(施設全体)、63,979.38㎡(本館)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店
◆ 建築主-大丸松坂屋百貨店
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2016年02月15日~2016年12月31日
◆ 着工-2017年01月01日
◆ 竣工-2019年08月31日予定
◆ 開業-2019年秋予定
◆ 投資額-約380億円(本館建築工事、本館内装工事)


Osakadaimaru181111
南西側から引いて見た様子です。「鉄骨建方」が最高部に到達しています。


Osakadaimaru181112
南西側から見た様子です。


Osakadaimaru181113
建物南側でも外壁の取り付けが行われています。


Osakadaimaru181114
北西側から見た様子です。


Osakadaimaru181115
最高部です。


Osakadaimaru181116
御堂筋側で外壁の取り付けがどんどん行われています。


Osakadaimaru181117
じっと見ていると目がチカチカします(笑)。


Osakadaimaru181118
「北館」と「本館」の間です。


Osakadaimaru181119
「北館」と「本館」の間の工事が本格的に行われています。


Osakadaimaru181120
1階部分です。


Osakadaimaru181121
「高さ制限4.5m」となっています。


Osakadaimaru181122
北館側は仮設の構造物で支えていましたが、撤去されています。間部分は柱がありませんが、「本館」側から吊り橋や斜張橋のように吊っている構造になっているので問題はありません。


Osakadaimaru181123
東側から見た天井部分です。


Osakadaimaru181124
地下通路改造工事

 「北館」と「本館」の間の地下通路の改造工事が行われています。工事名は「高速電気軌道第1号線心斎橋停留場南中階地下通路改造請願受託工事」です。

 分かりやすく言えば、「Osaka Metro御堂筋線」の「心斎橋駅」の地下通路の改良工事です。工期は、2017年8月7日~2019年10月31日(予定)で、「竹中工務店」により行われています。


Osakadaimaru161117
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakadaimaru161118
新たに誕生する「本館」は、既存の「北館」に完全に階高を合わせている事が分かります。御堂筋側の保存外壁は単なる外壁で、窓の位置を見ると建物本体と階高が一致していない事が分かります。


Osakadaimaru161119
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

「源聖寺」近く 地上30階、高さ約99mの「シエリアタワーなんば」 2018年11月20日の建設状況

Osakakozu181111
-シエリアタワーなんば-

 大阪市中央区高津三丁目の「松屋町筋」沿いに地上30階、地下1階、高さ99.35mの超高層タワーマンション「(仮称)大阪市中央区高津PJ」が建設中です。正式名称は「シエリアタワーなんば」です。

 引用資料 公式ホームページ
 シエリアタワーなんば

 ちなみに「高津」は「こうづ」と読みます。「松屋町筋」を挟んだ東側は、「源聖寺坂(げんしょうじ)」です。「源聖寺」のすぐ南側は、「天王寺七坂」の一つである「源聖寺坂」があります。

● パナソニック ホームズ
 建築主の1社である「パナソニック ホームズ」は、「パナホーム」から2018年4月に社名を変更しています。同時にブランドも「Panasonic」に変更しています。

シエリアタワーなんばの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市中央区高津PJ
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区高津三丁目17番1、34番2(地番)
◆ 交通-Osaka Metro御堂筋線 「なんば」駅徒歩12分、Osaka Metro堺筋・千日前線「日本橋」駅徒歩8分
◆ 階数-地上30階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-最高部約105m(立面図より推定)、建築物99.35m(塔屋を除く)
◆ 敷地面積-1,795.85㎡
◆ 建築面積-931.46㎡
◆ 延床面積-24,141.53㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-220戸
◆ 建築主-関電不動産開発、住友商事、 パナソニック ホームズ
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-日本国土開発
◆ 解体工事-2017年08月22日~2017年12月30日
◆ 着工-2018年05月21日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2021年01月予定
◆ 入居開始-2021年02月予定


Osakakozu181112
「シエリアタワーなんば」の建設現場を北東側から見た様子です。前回の撮影が2017年11月6日だったので、ほぼ1年ぶりでした。


Osakakozu181113
北東側のゲートが開いていました。地下躯体を構築中です。


Osakakozu181114
南東側から見た様子です。見えているクレーンは、「タワークレーン」ではありません。


Osakakozu181115
南西側から見た様子です。


Osakakozu171117
「(仮称)大阪市中央区高津PJ」の建築計画のお知らせです。


Osakakozu171118
建築計画のお知らせの「立面図」です。「立面図」を元に計算してみると最高部は約105mです。


Osakakozu171119
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

2018年11月25日 (日)

日本橋でんでんタウン 地上15階、高さ約98mの「日本橋ビル(仮称)新築工事」 2018年11月20日の建設状況

Osakantt181111
-新日本橋ビル(仮称)新築工事-

 「NTT西日本(西日本電信電話)」は、日本橋でんでんタウンの「NTT日本橋ビル」の一部を建て替えます。地上15階の「南館」を建設します。

 日本橋でんでんタウンに地上15階、高さ98.33mの高層ビルが建設中です。用途は「電気通信設備・事務所」ですが、「NTTコミュニケーションズ」の「データセンター」となります。

● 大阪第6データセンター?
 「NTTコミュニケーションズ」は、大阪府において6番目と7番目となる「大阪第6データセンター」と「大阪第7データセンター」を新たに提供し、大阪におけるデータセンター供給能力を2.2倍に拡大します。

 NTTコミュニケーションズ(2018/09/11)
 大阪におけるデータセンター供給能力を2.2倍に拡大

 ”大阪第6は、大阪市内の中心地で、最寄りの地下鉄駅から徒歩約2分、複数駅からのアクセスも容易な利便性の高いエリア” と書いてありますが、具体的な場所を書いていません。

 「データセンター」はセキュリティを非常に重視するので正確な場所を明らかにしない場合が多いですが、外観イメージから「日本橋ビル(仮称)新築工事」が、「大阪第6データセンター」に間違いないと思われます。

新日本橋ビル(仮称)新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区日本橋五丁目2番2(地名地番)
◆ 階数-地上15階、地下0階
◆ 高さ-98.33m
◆ 敷地面積-4,465.08㎡(既存部分を含む)
◆ 建築面積-1,416.78㎡(増築部分)
◆ 延床面積-15,579.15㎡(増築部分) *容積対象面積25,862.32㎡(既存部分を含む)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-電気通信施設、オフィス
◆ 建築主-NTT西日本(西日本電信電話)
◆ 設計者・監理者-NTTファシリティーズ
◆ 施工者-大林組・共立建設 建設工事共同企業体(大林組、共立建設JV)
◆ 解体工事-2015年03月31日~2016年12月19日
◆ 着工-2017年01月中旬
◆ 竣工-2019年07月下旬予定


Osakantt181112
「大阪第6データセンター」の外観イメージです。


Osakantt181113
「新日本橋ビル(仮称)新築工事」の建設現場を南東側から見た様子です。前回の撮影が、2017年12月5日だったのでほぼ1年ぶりでした。


Osakantt181114
南東側から見た下層階の様子です。


Osakantt181115
北東側から見た様子です。


Osakantt181116
南西側から見た様子です。


Osakantt181117
外壁には窓がありません。「サーバー室」には窓は必要ありません。

● サーバー室は温度を一定に保つ必要がある
 「サーバー」は、CPUの処理速度の飛躍的な向上により、猛烈な熱を発します。サーバーは、精密機器なのであまりにも高い温度だと故障します。そのため、サーバー室などは温度を一定に保つ必要があります。

 データセンターで使われる電力の約半分は、サーバーから排出される熱を冷却するための空調が消費しているといわれています。


Osakantt181118
南西側から見た下層階の様子です。


Osakantt181119
北西側から見た様子です。


Osakantt181120
北側の「NTT日本橋ビル・北館」は、営業しながら改修工事が行われ、外装がリニューアルされました。


Osakantt181121
北側から引いて見た様子です。


Osakantt181122
最高部です。鉄骨の形状を見ると「塔屋」を残すのみのようです。


Osakantt161119
建築計画のお知らせの「南立面図」です。文字が潰れているので現地でも数値や文字は判別できません。


Osakantt161120
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 88 沖縄県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場