33 大阪市・南部②

(2009年~)

2017年1月26日 (木)

インバウンドで大人気の道頓堀 外観が完成している商業施設「DOTON PLAZA」 いったいどんな施設? いつオープン?

Osakadotonplaza170111
-DOTON PLAZAー

 2016年(1月~12月)に大阪を訪れた外国人観光客数が約941万人だったそうです。伸び率が鈍化していると言っても2015年比で約31%も伸びています。ちなみにで、全国が約22%、東京が約13%の伸びです。

 街を歩く感覚では前年と同じくらいかな? という感じがしましたが、実際は31%も伸びていたんですね。年初の伸びが特に高かったのでそう感じたのかも知れません

 その「インバウンド(訪日外国人旅行)」で大人気の道頓堀のすぐ近くで、「日本橋北詰交差点」の北東側にずっと更地のままで駐車場として使用されていた土地がありました。「好立地なのにもったいないなあ!」とずっと思っていました。

 そこに「(仮称)道頓堀プロジェクト」が建設されました。概要は、地上3階、高さ19.90m、延床面積約6,169㎡です。1階が飲食店舗と物販店舗、2階と3階に物販店舗がテナントとして入ります。

 建物には「DOTON PLAZA」のロゴが取り付けられていますが、ネットで検索しても公式ホームページや公式な情報に全くヒットしません。いったいどんな施設で、いつオープンするのでしょうか? 

DOTON PLAZAの概要
◆ 計画名-(仮称)道頓堀プロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区島之内二丁目18-1(地番)
◆ 階数-地上3階
◆ 高さ-19.90m
◆ 敷地面積-3,400.89㎡
◆ 延床面積-約6,169㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-飲食店舗、物販店舗
◆ 建築主-マントミビルディング(マントミ・アセット・マネージメントの子会社)
◆ 設計者・監理者-プランテック総合計画事務所
◆ 施工者-安藤・間(安藤ハザマ)
◆ 着工-2016年03月09日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2016年12月09日(労災保険関係成立票より)


Osakadotonplaza170112
「DOTON PLAZA」は「L字型」です。北側部分を南西側から見た様子です。


Osakadotonplaza170113
「DOTON PLAZA」のロゴです。


Osakadotonplaza170114
西側が「堺筋」に面しています。この好立地で地上3階はあまりにもったいないです。


Osakadotonplaza170115
南西角に別の建物が食い込んでいます。


Osakadotonplaza170116
南側部分を南西側から見た様子です。


Osakadotonplaza170117
南東側から見た様子です。



|

2017年1月 5日 (木)

大阪環状線改造プロジェクト 桃谷駅 Part3:全面的にリニューアルされた「改札内コンコース & ホーム」編

Osakamomodani161271
-JR桃谷駅-
 
JR西日本グループでは、2013年度から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートし、これまで森ノ宮駅全面リニューアル、各駅のトイレ集中改良、新型車両323系の開発、高架下商業施設「ビエラ森ノ宮」および「ビエラ玉造」の開業、発車メロディ導入、地域や企業などとの連携イベントの実施など、大阪環状線のイメージ刷新と満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開してきました。

 「桃谷駅」では、駅の快適性・利便性向上のための全体美装改良を進めるとともに、高架下を含め商業エリアを拡張し全店舗を一新する工事を2015年から行っていました。

● 全面的にリニューアルされた改札内コンコースとホーム
 高架下商業施設「ビエラ桃谷」が、2016年8月31日にオープンしました。また駅構内店舗もリニューアルオープンしました。

 それらに合わせて、改札内コンコースやホームも全面的にリニューアルされました。また駅北側エリアへのアクセス向上および高架下商業施設「ビエラ桃谷」との一体化を図るため、新改札口「北口」を新設しました。

 引用資料 JR西日本(2016/07/08)
 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中 桃谷駅新改札と高架下商業施設「ビエラ桃谷」がオープンします


Osakamomodani161253
「フロアマップ」です。


Osakamomodani161272
西口と南口側の「南口改札」です。


Osakamomodani161273
「南口改札」の改札機を改札内コンコースから見た様子です。


Osakamomodani161274
「南口改札」を入ってすぐトイレがあります。


Osakamomodani161275
「改札内コンコース」の大部分が、階段を上がった中2階にあります。


Osakamomodani161276
リニューアルされてめちゃめちゃ綺麗になった「改札内コンコース」です。


Osakamomodani161277
「改札内コンコース」を北側方向に見た様子です。リニューアル工事に合わせて、「鋼板巻立て工法」により橋脚の耐震補強が行われました。


Osakamomodani161278
北側に新改札口「北口」を新設しました。


Osakamomodani161279
「階段」が両側に分かれ合計4つあります。「エレベーター」はありますが、残念ながら「エスカレーター」は新設されませんでした。出来れば片方の階段を「エスカレーター」に変更して欲しかったです。


Osakamomodani161280
「階段」を下から見た様子です。


Osakamomodani161281
「階段」は、上下が視覚的に分かりやすく工夫されています。


Osakamomodani161282
「階段」のホーム部分のフェンスはガラスとなっており高級感があります。


Osakamomodani161283
ホームは、リニューアルされて綺麗になりましたが基本構造は変更がありません。既存の鉄骨を黒く塗装してレトロないい感じに仕上がっています。


Osakamomodani161284
ホーム床は屋根のある部分の多くが美装化されました。


Osakamomodani161285
ベンチは、ホームへの落下事故を減らすために座る方向が線路と平行なタイプに変更されています。



|

2017年1月 4日 (水)

大阪環状線改造プロジェクト 桃谷駅 Part2:オープンした「桃谷駅新改札」と高架下商業施設「ビエラ桃谷」編

Osakamomodani161251
-JR桃谷駅-
 
JR西日本グループでは、2013年度から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートし、これまで森ノ宮駅全面リニューアル、各駅のトイレ集中改良、新型車両323系の開発、高架下商業施設「ビエラ森ノ宮」および「ビエラ玉造」の開業、発車メロディ導入、地域や企業などとの連携イベントの実施など、大阪環状線のイメージ刷新と満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開してきました。

 「桃谷駅」では、駅の快適性・利便性向上のための全体美装改良を進めるとともに、高架下を含め商業エリアを拡張し全店舗を一新する工事を2015年から行っていました。

● 桃谷駅新改札と高架下商業施設「ビエラ桃谷」
 高架下商業施設「ビエラ桃谷」が、2016年8月31日にオープンしました。JR西日本不動産開発が展開する商業施設「ビエラ」は、大阪環状線では森ノ宮、玉造に続き3施設目となります。

 駅北側エリアへのアクセス向上および高架下商業施設「ビエラ桃谷」との一体化を図るため、新改札口「北口」を新設しました。

 引用資料 JR西日本(2016/07/08)
 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中 桃谷駅新改札と高架下商業施設「ビエラ桃谷」がオープンします


Osakamomodani161252
JR桃谷駅の北側部分の外観もリニューアルされて奇麗になりました。


Osakamomodani161253
「フロアマップ」です。「ビエラ桃谷」は合計5店舗です。


Osakamomodani161254
リニューアル工事に合わせて、「鋼板巻立て工法」により橋脚の耐震補強が行われました。


Osakamomodani161255
高架下商業施設「ビエラ桃谷」を南西側から見た様子です。


Osakamomodani161256
いい感じに仕上がっています。


Osakamomodani161257
既存の鉄骨を黒く塗装するとレトロな感じでいい味が出ます。知らなかったら新たに構築した鉄骨のように見えます。


Osakamomodani161258
反対側の塗装されていない鉄骨です。形状が同じなので既存の鉄骨をそのまま使った事が分かります。


Osakamomodani161259
「ビエラ桃谷」前の歩道です。


Osakamomodani161260
植栽が行われ、ベンチも設置されています。


Osakamomodani161261
東西に抜ける道路沿いの南端部分です。反対側に抜ける事が出来ます。


Osakamomodani161262
東西に抜ける道路です。


Osakamomodani161263
東西に抜ける道路沿いの南側に新改札口「北口」を新設しました。


Osakamomodani161264
「北口改札」の改札機です。


Osakamomodani161265
東西に抜ける道路の南側にも「ビエラ桃谷」の1店舗があります。



|

大阪環状線改造プロジェクト 桃谷駅 Part1:リニューアルが完了した「南口・西口・コンコース & 駅構内店舗エリア」編

Osakamomodani161211
-JR桃谷駅-
 
JR西日本グループでは、2013年度から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートし、これまで森ノ宮駅全面リニューアル、各駅のトイレ集中改良、新型車両323系の開発、高架下商業施設「ビエラ森ノ宮」および「ビエラ玉造」の開業、発車メロディ導入、地域や企業などとの連携イベントの実施など、大阪環状線のイメージ刷新と満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開してきました。

 「桃谷駅」では、駅の快適性・利便性向上のための全体美装改良を進めるとともに、高架下を含め商業エリアを拡張し全店舗を一新する工事を2015年から行っていました。

● 南口・西口・コンコースと駅構内店舗エリア
 
南口・西口・コンコースのリニューアルおよび駅構内店舗エリアのリニューアルが行われ、工事が完了してオープンしました。駅構内店舗には「セブン-イレブン ハートイン」などがあります。

 引用資料 JR西日本(2016/07/08)
 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中 桃谷駅新改札と高架下商業施設「ビエラ桃谷」がオープンします


Osakamomodani161212
JR桃谷駅の南側部分の外観もリニューアルされて奇麗になりました。


Osakamomodani161213
南口・西口・コンコースと駅構内店舗エリアの「フロアマップ」です。駅構内店舗エリアは合計6店舗です。


Osakamomodani161214
JR桃谷駅の「西口」です。


Osakamomodani161215
西口にある「南口改札」の改札外コンコースです。


Osakamomodani161216
「南口改札」の改札機です。「南口改札」の西側にも1店舗あります。


Osakamomodani161217
リニューアルオープンした「駅構内店舗エリア」です。


Osakamomodani161218
北側には「スターバックス コーヒー」もあります。


Osakamomodani161219
北側から見た様子です。


Osakamomodani161220
南側の「南口」から見た様子です。通路の東側は「セブン-イレブン ハートイン」だけになっています。



|

2016年12月23日 (金)

「ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)」が2017年春オープン & 「ヴィアインあべの天王寺」が2017年4月27日オープン

Osakatennoji161221
-(仮称)阿倍野店新築工事-

 いよいよ明日(12月24日)、待ちに待った「大阪環状線」の新しい車両「323系」が営業運行を開始します。午後4時9分の京橋駅発、内回り普通電車から営業運行を開始するようですが、私の「323系デビュー」は数日後になりそうです・・・

 本題に戻って、 「ドンキホーテホールディングス」は、JR天王寺駅近くの「大手前看護専門学校跡地」にディスカウントストアとホテルの複合施設「(仮称)阿倍野店新築工事」を建設しています。

 12月21日に「(仮称)阿倍野店新築工事」をUPしましたが、その日に「ドン・キホーテ」と「JR西日本」から正式なリリースがありました。なんというタイミングの悪さ・・・(涙)

● ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)
 「ドン・キホーテ」は、大阪府大阪市阿倍野区に「ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)」を2017年春にオープンします。

 引用資料 ドン・キホーテ(PDF:2016/12/21)
 『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』誕生 

 「ドン・キホーテ」は、1階~6階までで、売場面積約2,059㎡です。商品構成は「食品、酒、日用消耗品、家庭雑貨、化粧品、海外ブランド品、家電製品、衣料品、雑貨、玩具・バラエティ、たばこ 他」を予定しています。

● ヴィアインあべの天王寺
 「JR西日本」は、「(仮称)ヴィアイン天王寺」としていたホテルの正式名称を「ヴィアインあべの天王寺」に決定しました。2017年4月27日にオープンする予定です。

 JR西日本 12月定例社長会見(2016/12/21)
 高槻駅可動式ホーム柵導入、山陽新幹線携帯電話不感地対策全線完了、ホテル事業合弁会社設立など

 1階が「ホテルエントランス」、7階が「フロント、ロビー、朝食コーナー、客室」、8~13階が「客室」となります。客室数172室(シングル116室、ツイン56室)を予定しています。

(仮称)阿倍野店新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市阿倍野区旭町一丁目1番2(地名地番)
◆  交通-JR「天王寺」駅徒歩2分、大阪市営地下鉄「天王寺」駅徒歩2分、近鉄「大阪阿部野橋」駅徒歩2分
◆ 階数-地上13階、地下1階
◆ 高さ-49.36m
◆ 敷地面積-915.89㎡
◆ 敷地面積-749.76㎡
◆ 延床面積-8,132.97㎡(容積対象面積7,326.41㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-物販販売業を営む店舗、ホテル
◆ 建築主-ドンキホーテホールディングス
◆ 設計者-ジェイズコーポレーション
◆ 監理者-奥村組
◆ 施工者-奥村組
◆ 着工-2015年10月15日
◆ 竣工-2017年02月15日予定
◆ 開業-2017年春予定(ドン・キホーテあべの天王寺駅前店)、2017年04月27日予定(ヴィアインあべの天王寺)


Osakatennoji161222
「ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)周辺地図」です。


Osakatennoji15101_3
 以前発表された完成イメージです。かなりデザインが変わりました。

 引用資料 JR西日本(2015/10/21)
 「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」新規出店のお知らせ


Osakatennoji161213
「(仮称)阿倍野店新築工事」をの建設現場です。


Osakatennoji161214
「ドンキホーテ」のロゴです。

|

2016年12月21日 (水)

JR天王寺駅近く (仮称)阿倍野店新築工事「(仮称)ヴィアイン天王寺 & (仮称)ドンキホーテ 阿倍野店」 2016年12月16日の建設状況

Osakatennoji15101_3
-(仮称)阿倍野店新築工事-

 「ドンキホーテホールディングス」は、JR天王寺駅近くの「大手前看護専門学校跡地」にディスカウントストアとホテルの複合施設「(仮称)阿倍野店新築工事」を建設しています。

 「ドンキホーテホールディングス」は、近畿財務局が行った一般競争入札で、19億0628万1119円で落札していました。

● (仮称)ヴィアイン天王寺
 「ジェイアール西日本デイリーサービスネット」は、大阪市阿倍野区および大阪市北区において、「(仮称)ヴィアイン天王寺」および「(仮称)ヴィアイン梅田」の2つの宿泊特化型ホテルを新規出店します。ホテル運営は、100%出資子会社の「JR西日本ヴィアイン」が行います。

 引用資料 JR西日本(2015/10/21)
 「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」新規出店のお知らせ

 「(仮称)ヴィアイン天王寺」は、1階が「ホテルエントランス」、7階が「フロント、ロビー、朝食コーナー、客室」、8~13階が「客室」となります。
 ホテル部分の延床面積は約3,700㎡で、客室数172室(シングル116室、ツイン56室)です。開業は2017年春を予定しています。

(仮称)阿倍野店新築工事の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市阿倍野区旭町一丁目1番2(地名地番)
◆  交通-JR「天王寺」駅徒歩2分、大阪市営地下鉄「天王寺」駅徒歩2分、近鉄「大阪阿部野橋」駅徒歩2分
◆ 階数-地上13階、地下1階
◆ 高さ-49.36m
◆ 敷地面積-915.89㎡
◆ 敷地面積-749.76㎡
◆ 延床面積-8,132.97㎡(容積対象面積7,326.41㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-物販販売業を営む店舗、ホテル
◆ 建築主-ドンキホーテホールディングス
◆ 設計者-ジェイズコーポレーション
◆ 監理者-奥村組
◆ 施工者-奥村組
◆ 着工-2015年10月15日
◆ 竣工-2017年02月15日予定
◆ 開業-2017年春予定(ホテル部分)


Osakatennoji161211
近鉄前交差点の「鮨屋萬助・阿倍野歩道橋(すしやまんすけ あべのほどうきょう)」から見た様子です。前回の撮影が2016年3月22日だったので約9ヶ月ぶりです。あべの・天王寺エリアに9ヶ月間も行っていませんでした・・・


Osakatennoji161212
南東側から見た様子です。


Osakatennoji161213
南側から見た様子です。


Osakatennoji161214
「ドンキホーテ」のロゴです。最上部の看板がJR西日本の完成イメージと異なるようです。


Osakatennoji161215
南西側から見た様子です。


Osakatennoji161216
前の歩道です。

|

2016年12月15日 (木)

大阪ミナミ中心街に新たなホテル 共立メンテナンスの「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」

Osakaormyinn161211
-(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画-

 「インバウンド(訪日外国人旅行)」で活況を呈している大阪ミナミに新たなホテルが建設されます。「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」です。

 建設現場は、「天然温泉 夕霧の湯 ドーミーインPREMIUM なんば」の堺筋を挟んだ北西側で、すぐ南側には客室数496室のスタイリッシュホテル「(仮称)カンデオホテルズ東心斎橋」も建設中です。

 ビジネスホテル「ドーミーイン」を全国展開する「共立メンテナンス」は、「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」と「天然温泉 夕霧の湯 ドーミーインPREMIUM なんば」の連携した運営を行うと思われます。 

(仮称)ドーミインプレミアムなんばANNEX計画の概要
◆ 計画名-(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区東心斎橋二丁目30-12他(地名地番)
◆ 階数-地上13階、地下1階
◆ 高さ-46.220m
◆ 敷地面積-640.30㎡
◆ 建築面積-508.28㎡
◆ 延床面積-5,163.77㎡(容積対象床面積4,979.74㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-(不明)
◆ 建築主-M・I コーポレーション
◆ 総合監修-共立エステート
◆ 設計者-現代綜合設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2016年12月初旬予定
◆ 竣工-2018年05月初旬予定


Osakaormyinn161212
「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」の建設予定地を東側から見た様子です。すぐ南側には客室数496室のスタイリッシュホテル「(仮称)カンデオホテルズ東心斎橋」も建設中です。


Osakaormyinn161213
「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」の建設予定地を南東側から見た様子です。


Osakaormyinn161214
「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」の建築計画のお知らせです。


Osakaormyinn161215
堺筋を挟んだ南東側には、「天然温泉 夕霧の湯 ドーミーインPREMIUM なんば」があります。2013年9月開業で、客室数230室(シングル48室、ダブル99室、ツイン23室、和洋室11室、クイーン48室、ユニバーサル1室)となっています。


Osakaormyinn161216
「(仮称)ドーミーインプレミアムなんばANNEX計画 新築工事」の堺筋を挟んだ東側でも何かの工事が行われていました。ホテルかマンションが建設されるのでしょうか?

|

2016年12月 9日 (金)

地上30階、高さ約106mの「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」 2016年12月2日の建設状況

Osakashinsaibashi160111_2
-ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH-

 長堀橋交差点の南西側に建設中の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」のすぐ南側では、大林組により「日本生命長堀橋ビル解体工事」が行われて更地になっていました。

 この敷地を「東急不動産(65%)、エヌ・ティ・ティ都市開発(35%)」が取得しています。着工まで暫定的に「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」の資材置場となっていましたが、現在は「(仮称)東心斎橋1丁目計画Ⅱ」の建設工事が行われています。

 正式名称は、北側の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」に対して、「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」となりました。

 完成予想図引用 公式ホームページ
 ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH 

ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTHの概要 
◆ 計画名-(仮称)東心斎橋1丁目計画Ⅱ
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区東心斎橋一丁目45番1、45番6(地番)
◆ 交通-地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅徒歩1分、地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅徒歩7分、地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩12分
◆ 階数-地上30階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部約106m(推定)、建築物98.700m
◆ 敷地面積-1,456.69㎡
◆ 建築面積-887.98㎡
◆ 延床面積-20,054.77㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(合計24本)
◆ 地震対策-制振構造(低降伏点鋼製制振ダンパー)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-202戸
◆ 建築主-東急不動産(65%)、エヌ・ティ・ティ都市開発(35%)
◆ 設計者・監理者-長谷工コーポレーション
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2015年03月31日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年11月下旬予定
◆ 入居開始-2017年12月下旬予定


Osakashinsaibashi16121
北側の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH」」と南側の「ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH」のツインタワーとなっています。


Osakashinsaibashi16122
北東側から見た様子です。前回の撮影が2016年5月24日だったので、約6ヶ月ぶりです。


Osakashinsaibashi16123
北東側から見た下層階の様子です。基礎は、「場所打ちコンクリート拡底杭」で、地下の支持層まで約29.0m(8本)、約65.0~68.0m(16本)の計24本の杭を打ち込むことで建物全体の高い安定性を確保しています。


Osakashinsaibashi16124
東側から見た様子です。タワークレーン1基で建設しています。

Osakashinsaibashi16125
南東側から見た様子です。


Osakashinsaibashi16126
南東側から見た下層階の様子です。

|

2016年12月 6日 (火)

新歌舞伎座跡地に旧建物の意匠を残して生まれ変わる 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称) 2016年11月29日の建設状況

Osakakabuki16041
(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事-
 難波にあった旧「大阪新歌舞伎座」は、1958年10月開場しました。「上本町YUFURA」に移転するため、2009年6月に閉館しています。2012年3月には、冠婚葬祭大手の「ベルコ」が用地を取得しています。

● 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)
 冠婚葬祭大手の「ベルコ」は、大阪ミナミの新歌舞伎座跡地に、「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)を2016年6月に着工、2019年10月に開業すると発表しています。

 引用資料 ベルコ(PDF:2016/04/01)
 2019年秋、大阪ミナミに建築家・隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生 「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称) 新歌舞伎座跡地に旧建築の意匠を残し生まれ変わります!

 新ホテルは、「隈研吾建築都市設計事務所」が設計した地上19階、塔屋1階、地下1階の都市型ホテルです。低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、長く難波の街に馴染んできた建築を保存する意匠とします。

 内部は計150室の客室をはじめレストランやラウンジ、5つのバンケットを配置し、ブライダルに対応できるよう、2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンを設けています。

「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)の概要
◆ 計画名-(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区難波四丁目59-1(住居表示:大阪市中央区難波四丁目3番25)
◆ 階数-地上19階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-85.85m
◆ 敷地面積-2,242.12㎡
◆ 延床面積-26,492.17㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
◆ 客室数-150室(ダブル約30㎡×126室、ツイン約25㎡×15室、スイート約80㎡×9室)
◆ 建築主-ベルコ
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2015年01月05日~2016年01月31日
◆ 着工-2016年06月01日
◆ 竣工-2019年07月15日予定
◆ オープン-2019年10月予定

フロア構成
◇ 地下1階-ロビー、テナント、機械式駐車場
◇ 1階-エントランスロビー、テナント、カフェ
◇ 2階-レストラン、ラウンジ
◇ 3階-バンケット①、バンケット②
◇ 4階-事務室
◇ 5階-ウェイティングルーム
◇ 6階-チャペル、フォトスタジオ
◇ 7階-バンケット③
◇ 8階-バンケット④
◇ 9階-バンケット⑤
◇ 10階-ブライダルサロン
◇ 11階-ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
◇ 12階~18階-客室
◇ 19階-チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム


Osakakabuki16111
南東側から見た様子です。


Osakakabuki16112
クレーンが見えますが、外からは内部でどのような工事が行われているのかさっぱり分かりません・・・


Osakakabuki16113
北東側から見た様子です。


Osakakabuki16114
北西側から見た様子です。北西角は「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」に含まれません。


Osakakabuki16115
南西側から見た様子です。南西角は「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」に含まれません。


Osakakabukiza151219
建築計画のお知らせの「東立面図、北立面図」です。


Osakakabukiza151221
建築計画のお知らせの「配置図」です。敷地の北西角と南西角は「(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事」に含まれません。

|

2016年12月 4日 (日)

地上29階、高さ約104m「ザ・心斎橋タワープロジェクト」 2016年11月29日の建設状況

Osakanishishinsaibashi161111
ザ・心斎橋タワープロジェクト
 西心斎橋一丁目に新たに超高層タワーマンションが建設されています。「(仮称)中央区西心斎橋一丁目集合住宅 新築工事」です。

 建設現場は、西心斎橋一丁目のトラストパークが立体駐車場「トラストパーク西心斎橋1丁目」として使っていた土地です。土地の信託受益権は「大栄不動産」が取得しています。

 建築主は「近鉄不動産」と「大栄不動産」です。概要は、地上29階、高さ99.980m、延床面積14,378.75㎡、総戸数140戸(非分譲住戸4戸含む)となっています。「ザ・心斎橋タワープロジェクト」として公式HPがオープンしています。

 「建築計画のお知らせ」の「立面図」を見ると高さ99.980mは、軒高もしくは建築物の高さで、立面図を拡大して図ると塔屋を含む最高部は約104m(管理人の推測)です。

ザ・心斎橋タワープロジェクトの概要
◆ 計画名-(仮称)中央区西心斎橋一丁目集合住宅 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区西心斎橋一丁目15番2(地番)
◆ 交通-地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅徒歩3分、地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅徒歩3分 
◆  階数-地上29階、塔屋あり、地下0階
◆ 高さ-最高部約104m(管理人の推測)、軒高99.980m
◆ 敷地面積-1,246.29㎡(建築確認対象面積)、1,246.69㎡(売買対象面積)
◆  建築面積-615.366㎡
◆ 延床面積-14,378.75㎡
◆  構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造
◆  用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-140戸(非分譲住戸4戸含む)  
◆ 建築主-近鉄不動産、大栄不動産
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2016年09月
◆ 竣工-2018年12月予定
◆ 入居開始-2019年02月予定


Osakanishishinsaibashi161112
「ザ・心斎橋タワープロジェクト」として公式HPがオープンしています。


Osakanishishinsaibashi161113
「アースドリル掘削機」です。「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築しています。


Osakanishishinsaibashi161114
北東側から見た様子です。


Osakanishishinsaibashi161115
南東側から見た様子です。


Osakanishishinsaibashi161116
南西側から見た様子です。


Osakanishishinsaibashi16059
「(仮称)中央区西心斎橋一丁目集合住宅 新築工事」の建築計画のお知らせです。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場