41 大阪府・堺市

2016年6月14日 (火)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part2: 諏訪ノ森駅 完成予定は10年間延期されて2028年3月末!

Sakai12111
-南海本線・諏訪ノ森駅(すわのもりえき)-
 「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。

 堺市 公式ホームページ
 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について 

● 完成予定が10年間延期
 完成は、当初は2018年3月(予定)となっていましたが、誰が見ても遅れているのは明白で、2028年3月末(予定)と10年間延期されました。全国的に見ても「連続立体交差事業」が、10年遅れるのは珍しくもないので驚きはありません。 

 淡路駅周辺を高架化する「阪急電鉄京都線・千里線連続立体交差事業」も、高架切替が2017年度末から2024年度末(予定)へ延期となり、全体完成が2020年度末から2027年度末(予定)と延期されました。 

南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2028年03月末(予定)
◆ 総事業費- 約423億円


Sakai121111_3
「諏訪ノ森駅(すわのもりえき)」は、相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。


Sakai121112
「諏訪ノ森駅部北側~石津川」の断面図です。


Sakainankai14012
● 諏訪ノ森駅の最優秀賞
 「堺市」は、文化財的価値が高い南海本線の「浜寺公園駅」と「諏訪ノ森駅」の保存活用を図る提案競技を実施した結果、浜寺公園駅は「アプル総合計画事務所」、諏訪ノ森駅は「ジェイアール東日本建築設計事務所」の案を最優秀賞に選定しました。

 堺市・公式HP(2014/01/15)
 浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技の最優秀賞が決定しました!

 基本的なコンセプトは、 ”みんなの記憶、「諏訪ノ森の大きな木」” となっています。諏訪ノ森の人々に利用され、記憶に刻み込まれた旧駅舎を「諏訪ノ森の大きな木」としてとらえ大きな木を中心に人々が憩える空間を配置する計画とします。

 引用資料 諏訪ノ森駅(最優秀賞の詳細)
 株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所(PDF) 


Sakai160651
諏訪ノ森駅駅舎
 「諏訪ノ森駅駅舎」は、1919年に建てられた駅舎です。木造、スレート葺き、平屋建ての48㎡程度の小規模な駅舎です。

 入り口上方のステンドグラスが特徴となっており、屋根、破風、待合室など、「セセッション(19世紀に過去の美術様式から分離しようとしたウィーン分離派)」の影響を受けたと思われるデザインが随所に見られます。

 現役で現存する木造駅舎の一つとして希少性は高く、大阪府内では「浜寺公園駅駅舎」とともに1998年に登録有形文化財に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれています。


Sakai160652
入り口上方のステンドグラスです。


Sakai160653
入り口です。


Sakai160654
改札口です。


Sakai160655
駅前広場となる部分です。


Sakai160656
「仮囲い」の一部が透明のアクリル板になっていたので覗いてみました。工事は行われていないようでした。


Sakai160657
駅前の道路の拡幅が行われています。


Sakai160658
「諏訪ノ森駅」北側の用地買収された部分です。「諏訪ノ森駅」北側は、線路の西側で土地の買収が行われています。


Sakai160659
「諏訪ノ森駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるように保存活用されます。


Sakai160660
「諏訪ノ森駅駅舎」の南側に上りホーム(なんば方面)があります。


Sakai160661
「上りホーム(なんば方面)」です。現在の「諏訪ノ森駅」は、千鳥式配置の単式2面2線の地平駅です。


Sakai160662
「下りホーム(和歌山市方面)」です。踏切を挟んで北側にかなり離れています。それぞれのホームが踏切を挟んで南北に離れているため、反対側のホームに行くためには1度改札口を出る必要があります。高架化工事が行われるとこの不便も解消されます。

|

2016年6月 6日 (月)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part1:浜寺公園駅編 完成予定は10年間延期されて2028年3月末!

Sakai12111
-南海本線・浜寺公園駅(はまでらこうえんえき)-
 「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。

 堺市 公式ホームページ
 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について 

● 完成予定が10年間延期
 完成は、当初は2018年3月(予定)となっていましたが、誰が見ても遅れているのは明白で、2028年3月末(予定)と10年間延期されました。全国的に見ても「連続立体交差事業」が、10年遅れるのは珍しくもないので驚きはありません。 

 淡路駅周辺を高架化する「阪急電鉄京都線・千里線連続立体交差事業」も、高架切替が2017年度末から2024年度末(予定)へ延期となり、全体完成が2020年度末から2027年度末(予定)と延期されました。 

南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2028年03月末(予定)
◆ 総事業費- 約423億円

Sakai12112
「浜寺公園駅(はまでらこうえんえき)」は、通過線2線を備えた相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。

Sakai12113
標準高架橋の断面図です。一部を除き両側に側道がある構造になります。


Sakainankai14011
浜寺公園駅の最優秀賞
 「堺市」は、文化財的価値が高い南海本線の「浜寺公園駅」と「諏訪ノ森駅」の保存活用を図る提案競技を実施した結果、浜寺公園駅は「アプル総合計画事務所」、諏訪ノ森駅は「ジェイアール東日本建築設計事務所」の案を最優秀賞に選定しました。

 堺市 公式ホームページ
 浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技の最優秀賞が決定しました!

 基本的なコンセプトは、 ”現浜寺公園駅舎の文化財的価値・歴史的背景を尊重した計画づくり、地域の歴史的資源(現駅舎)の存在感と新駅舎の関係性の調和、周囲の閑静な住宅街と新駅舎の関係性の調和” となっています。

 引用資料 浜寺公園駅(最優秀賞の詳細)
 株式会社アプル総合計画事務所(PDF)


Sakai160611
「南海本線(堺市)連続立体交差事業」が行われている「浜寺公園駅」です。


Sakai160612
浜寺公園駅駅舎(閉鎖中)

 「浜寺公園駅駅舎」の待合室は「南海ステーションギャラリー」として広く一般に開放されていましたが、「仮囲い」で囲まれて閉鎖されています。


Sakai160613
「仮囲い」の一部が透明のアクリル板になっているので内部を見る事が出来ます。


Sakai160614
浜寺公園駅駅舎(閉鎖前)

 閉鎖される前の「浜寺公園駅駅舎」です。高架前のこの姿はもう2度と撮影出来ないので撮影しておいて本当に良かったです。

 1998年に国の「登録有形文化財」に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれている「浜寺公園駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるように保存活用されます。

 「浜寺公園駅駅舎」は、「東京駅丸の内口駅舎、日本銀行本店、大阪市中央公会堂」などを設計した「辰野金吾」氏の設計により、1907年に建てられた駅舎です。
 木造、鉄板葺き、平屋建てのハーフティンバー様式の建物であり、最古級の木造駅舎の一つとして全国的にも非常に希少性は高いです。

 現在は沖合が埋立てられてほとんど面影がありませんが、埋立てられる前は周辺は海水浴場などの海辺のリゾート地でした。「浜寺公園駅駅舎」はその玄関口でした。


Sakai160615
「仮駅舎」が供用開始されて動線が大幅に変更になりました。


Sakai160616
「仮駅舎」です。


Sakai160617
「仮駅舎」には入口が2ヶ所あります。


Sakai160618
南側は「西改札」です。


Sakai160619
北側は、「東出口」に抜ける地下道の入口です。


Sakai160620
地下道です。改札内と改札がフェンスで分けられています。


Sakai160621
ここから東側は以前からある地下道です。以前からある地下道が西側に延伸されました。


Sakai160622
ここから上りホームに出ます。以前の地下道への階段をそのまま使用しています。


Sakai160623
上りホームです。


Sakai160624
下りホームです。「浜寺公園駅」の下りホームはかなり北側にあり、ホームが「千鳥式配置」となっています。


Sakai160625
南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業
 
「浜寺公園駅」の南側の次の駅は「羽衣駅」です。「南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業」が行われています。

 2016年5月14日(土)の始発列車から下り線が高架に移行しており、「羽衣駅」も下りホームが高架に移行しています。

|

2015年11月 3日 (火)

堺市 「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設建設工事基本設計業務」の公募型プロポーザルを公告!

Sakainakamozu15111
-百舌鳥古墳群-

 「百舌鳥古墳群」には、古代に造営された古墳が、1500年の時を経て今も残っています。古墳文化が花開いた時代、大阪湾にほど近いこの地には、かつてない巨大な前方後円墳が造営されました。そして、それをとりまく中小の古墳とともに、様々な形状の古墳を擁する古墳群を形成しています。

 この遺産を今後も末永く守り、まちづくりへと活用していくため、堺市は百舌鳥古墳群の「世界文化遺産登録」をめざした取り組みを進めています。

● (仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設
 堺市は11月2日に、「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設建設工事基本設計業務」の公募型プロポーザルを公告しました。

 引用資料 堺市・公式HP(2015/11/02)
 (仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設建設工事基本設計業務に係る公募型プロポーザルの実施について 

 古墳群を将来にわたって確実に継承していくためには、堺市民が誇りや愛着をもち、様々なかたちで古墳群の保護と活用の担い手となることが必要となります。
 堺市では、「百舌鳥古墳群」の価値理解の促進、誇りや愛着・まちづくりへの関心の醸成等を目的に「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設」)の整備を計画しています。

 「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設」の概要は、敷地面積約15,000㎡、延床面積4,000㎡以内、施設内容は「視聴覚室、体験展示コーナー、展望ラウンジ・展望デッキ、交流センター」など、建築費約20億円となっています。


Sakainakamozu15112
「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設」の位置です。


Sakainakamozu15113
「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設」の計画地は、旧大阪女子大学跡地の東寄り部分と、これに隣接する大仙公園の一部によって構成される約約15,000㎡の範囲とします。

 この範囲は、旧大阪女子大学跡地の中で一番高い位置にあり、仁徳天皇陵古墳への眺望の確保に有利なほか、東端を大仙公園の園路が通り、百舌鳥古墳群の周遊の起点として優れています。

● 大阪女子大学
 「大阪女子大学」は、2005年4月に府立大学の統合・再編に伴って「大阪府立大学」に統合され、2005年度から学生募集を停止しています。


Sakainakamozu15114
「百舌鳥古墳群の位置図」です。古墳時代、百舌鳥古墳群には100基を超える古墳が築造されたと考えられていますが、1500年を経て半数以上の古墳が失われ、現在は44基が残るのみとなりました。

|

2015年1月 6日 (火)

堺市 (仮称)堺市総合医療センター・堺市救命救急センター 2015年1月3日の建設状況

Sakaihospital150111
-(仮称)堺市総合医療センター・堺市救命救急センター-

 昨年末からこのブログで大病院の建設特集が続きますが、私は大病院は重要度が非常に高いインフラと思っているのでまだまだ紹介しようと思っています。

 「市立堺病院」は、堺区南安井町から西区家原寺町に新築移転します。新名称は「(仮称)堺市立総合医療センター」となります。

 引用資料 独立行政法人 堺市立病院機構
 新病院整備事業について

 堺市で初めて、複数の診療科にまたがるような高度な3次救急医療を行う「(仮称)堺市救急ワークステーション」を備えます。
 同一敷地内に堺市が整備する「(仮称)堺市こども急病診療センター」などと合わせて、建設工事を進めています。開院は、2015年7月1日を予定しています。

(仮称)堺市総合医療センター・堺市救命救急センターの概要
◆ 計画名-(仮称)堺市総合医療センター・堺市救命救急センター建設外工事
◆ 所在地-大阪府大阪市堺市西区家原寺町一丁1番1号
◆ 階数-地上9階、地下1階(G階)
◆ 高さ-最高部45.6m
◆ 敷地面積-19,693.47㎡
◆ 建築面積-8,410.81㎡
◆ 延床面積-44,533.29㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造(積層ゴムなど)
◆ 用途-病院
◆ 病床数-487床(一般病床450床、救命救急センター病床30床、感染症病床7床)
◆  診療科-26診療科
◆ 建築主-(独立行政法人)堺市立病院機構
◆ 設計者・監理者-日建設計、岸本建築設計事務所
◆ 施工者-大林組・堺土建・東陽電機商会建設工事共同企業体
◆ 着工-2013年12月09日(安全祈願祭)
◆ 開院-2015年07月01日予定


Sakaihospital150112
配置図です


Sakaihospital150113
「(仮称)堺市総合医療センター・堺市救命救急センター」の建設場所は、JR阪和線「津久野駅」から300mくらい南東側です。


Sakaihospital150114
北西側から見た様子です。最近の大規模な病院は、高層部が「ダブル十字型」が非常に多いですが、この病院も「ダブル十字型」となっています。


Sakaihospital150115
南西側から見た様子です。


Sakaihospital150116
南側から見た様子です。「ヘリポート」が見えます。


Sakaihospital150117
南東側から見た様子です。南東側は駐車場となります。


Sakaihospital150118
北東側から見た様子です。


Sakaihospital150119
道路(泉北2号線)を隔てた西側には、「職員宿舎」が建設中です。


Sakaihospital150120
最寄りの駅は、JR阪和線「津久野駅(つくのえき)」となります。私も人生において4回入院したことがありますが、駅が近いと本当に助かります。


Sakaihospital150121
「津久野駅」は、盛土上の地上駅で、ホームは相対式2面2線となっています。普通列車のみ停車します。

|

2014年11月 9日 (日)

堺市 イオンモールが、ダイセルの堺工場跡地に 「(仮称)イオンモール堺鉄砲町」を出店!

Sakai14111
-(仮称)イオンモール堺鉄砲町-

 「イオンモール」は、大阪府堺市に出店予定の「(仮称)イオンモール堺鉄砲町」の起工式を2014年10月21日に行いました。

 引用資料 イオンモール・ニュースリリース(PDF:2014/10/21)
 「(仮称)イオンモール堺鉄砲町」の開発計画について

 堺市・公式HP 更新日(2013/08/19)
 都市計画決定等に関する提案書の提出について(鉄砲町地区) 

 南海本線に乗って、海側を見ていると「大和川」を超えたすぐの所に広大な更地があります。ダイセルの堺工場跡地です。ダイセルの堺工場はかなり前に閉鎖され、解体されてずっと更地のままでした。

 出店予定地であるダイセルの堺工場跡地は、大阪府を南北に縦断する国道26号線に接道し、東側には南海本線「七道駅」が隣接する広域からもアクセスが見込まれる好立地です。

 「大阪ミュージアム」にも登録されている貴重な建造物「堺鉄砲町赤レンガ建築」を生かした広場を設置し、多彩なイベントなどを行い賑わいある堺を演出します。

(仮称)イオンモール堺鉄砲町の概要
◆ 所在地- 大阪府堺市堺区鉄砲町1番地
◆ 敷地面積-約102,000㎡
◆ 延床面積-約135,000㎡
◆ 駐車台数-約2,300台
◆ 開店-2016年03月予定


Sakai14112
「イメージパース図」です。


Sakai14113_2
「計画地周辺図」です。

|

2014年8月17日 (日)

堺市 ジョルノビルの建て替え「堺東駅南地区第一種市街地再開発事業」

Sakai14081
-堺東駅南地区第一種市街地再開発事業-
 南海高野線の堺東駅前に再開発ビル「ジョルノビル」があります。「ジョルノビル」は、1981年に建設されました。

 概要は、地上8階、地下4階、延床面積約38,618㎡です。当初は「ダイエー堺東店」を核テナントとしてオープンしましたが、2001年に撤退して、現在は「ジョルノ専門店街」として専門店のみが入居しています。

 「ジョルノビル」は、建物の老朽化が進んでいることから「第一種市街地再開発事業」として建て替える計画が進んでいます。

 想定規模は、地上24階、地下2階、延床面積約46,000㎡、地下部分に駐車場、3階までの低層部に商業施設、4階以上に共同住宅(約330戸)を配置する予定です。

堺東駅南地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通152
◆ 階数-地上24階、地下2階
◆ 建物高さ-85m(建築物の高さの最高限度)
◆ 事業区域面積-約7,000㎡
◆ 建築敷地面積-約3,700㎡
◆ 建築面積-約3,200㎡
◆ 延床面積-約46,000㎡
◆ 用途-商業施設、共同住宅
◆ 総戸数-約330戸
◆ 建築主-堺東駅南地区市街地再開発会社
◆ コンサルタント-アール・アイ・エー
◆ 事業協力者-野村不動産
◆ 着工-2015年度予定
◆ 竣工-2017年度予定

|

2014年6月10日 (火)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part2:諏訪ノ森駅編 駅前の整備が始まる! 

Sakai12111
-南海本線・諏訪ノ森駅(すわのもりえき)-
、「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。

 公式HP → 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について 

南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2018年03月(予定)
◆ 総事業費- 約423億円

Sakai121111_3
「諏訪ノ森駅(すわのもりえき)」は、相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。


Sakai121112
「諏訪ノ森駅部北側~石津川」の断面図です。


Sakainankai14012
● 諏訪ノ森駅の最優秀賞
 「堺市」は、文化財的価値が高い南海本線の「浜寺公園駅」と「諏訪ノ森駅」の保存活用を図る提案競技を実施した結果、浜寺公園駅は「アプル総合計画事務所」、諏訪ノ森駅は「ジェイアール東日本建築設計事務所」の案を最優秀賞に選定しました。

 堺市・公式HP(2014/01/15)
 浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技の最優秀賞が決定しました!

 基本的なコンセプトは、 ”みんなの記憶、「諏訪ノ森の大きな木」” となっています。諏訪ノ森の人々に利用され、記憶に刻み込まれた旧駅舎を「諏訪ノ森の大きな木」としてとらえ大きな木を中心に人々が憩える空間を配置する計画とします。

 引用資料 諏訪ノ森駅(最優秀賞の詳細)
 株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所(PDF)


Sakai140611
諏訪ノ森駅駅舎
 「諏訪ノ森駅駅舎」は、1919年に建てられた駅舎です。木造、スレート葺き、平屋建ての48㎡程度の小規模な駅舎です。

 入り口上方のステンドグラスが特徴となっており、屋根、破風、待合室など、「セセッション(19世紀に過去の美術様式から分離しようとしたウィーン分離派)」の影響を受けたと思われるデザインが随所に見られます。

 現役で現存する木造駅舎の一つとして希少性は高く、大阪府内では「浜寺公園駅駅舎」とともに1998年に登録有形文化財に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれています。


Sakai140612
入り口上方のステンドグラスです。


Sakai140613
別角度から見た様子です。「諏訪ノ森駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるように保存活用されます。


Sakai140614
駅前の整備が始まっています。


Sakai140615
道路改良工事が行われています。


Sakai140616
駅前広場となる部分です。


Sakai140617
「諏訪ノ森駅」北側の用地買収された部分です。「諏訪ノ森駅」北側は、線路の西側で土地の買収が行われています。


Sakai140618
「諏訪ノ森駅」のホーム南端から南側を見た様子です。


Sakai140619_2
「諏訪ノ森駅」の南側からは、線路の東側で用地買収が行われています。本格的な高架工事はまだ始まっていません。


Sakai140620
現在の「諏訪ノ森駅」は、千鳥式配置の単式2面2線の地平駅です。


Sakai140621
1番ホーム(和歌山市方面)です。踏切を挟んで北側にかなり離れています。それぞれのホームが踏切を挟んで南北に離れているため、反対側のホームに行くためには1度改札口を出る必要があります。高架化工事が行われるとこの不便も解消されます。

|

2014年6月 8日 (日)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part1:浜寺公園駅編 駅前の整備が始まる!

Sakai12111
-南海本線・浜寺公園駅(はまでらこうえんえき)-
 昨日、「第6回AKB48選抜総選挙」がありました。私は関西人なのでNMB48の「山本彩」を応援していましたが、67,916票の6位でした。「山本彩」以外はNMB48は総じて不振でした。

 阪神タイガースは、某監督の稀に見る迷采配によりクソ試合を連発して4位転落目前です。
 関西勢もっと頑張れよ!と言いたいです。あっ「「オリックス・バファローズ」が頑張っているのをすっかり忘れていました(笑)。

 本題に戻って、「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。

 公式HP → 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について

南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2018年03月(予定)
◆ 総事業費- 約423億円

Sakai12112
「浜寺公園駅(はまでらこうえんえき)」は、通過線2線を備えた相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。

Sakai12113
標準高架橋の断面図です。一部を除き両側に側道がある構造になります。


Sakainankai14011
浜寺公園駅の最優秀賞
 「堺市」は、文化財的価値が高い南海本線の「浜寺公園駅」と「諏訪ノ森駅」の保存活用を図る提案競技を実施した結果、浜寺公園駅は「アプル総合計画事務所」、諏訪ノ森駅は「ジェイアール東日本建築設計事務所」の案を最優秀賞に選定しました。

 堺市・公式HP(2014/01/15)
 浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技の最優秀賞が決定しました!

 基本的なコンセプトは、 ”現浜寺公園駅舎の文化財的価値・歴史的背景を尊重した計画づくり、地域の歴史的資源(現駅舎)の存在感と新駅舎の関係性の調和、周囲の閑静な住宅街と新駅舎の関係性の調和” となっています。

 引用資料 浜寺公園駅(最優秀賞の詳細)
 株式会社アプル総合計画事務所(PDF)


Sakai14061
浜寺公園駅駅舎
 1998年に国の「登録有形文化財」に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれている「浜寺公園駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるように保存活用されます。

 「浜寺公園駅駅舎」は、「東京駅丸の内口駅舎、日本銀行本店、大阪市中央公会堂」などを設計した「辰野金吾」氏の設計により、1907年に建てられた駅舎です。

 木造、鉄板葺き、平屋建てのハーフティンバー様式の建物であり、現位置、現役で現存する最古級の木造駅舎の一つとして全国的にも非常に希少性は高いです。
 現在、駅舎の待合室は「南海ステーションギャラリー」として広く一般に開放されており、様々な催し物が開催されています。

 現在は沖合が埋立てられてほとんど面影がありませんが、埋立てられる前は周辺は海水浴場などの海辺のリゾート地でした。「浜寺公園駅駅舎」はその玄関口でした。


Sakai14069
駅前広場や駅前線の設計方針です。


Sakai14062
駅前の整備が始まっています。駅前線は2車線になり、幅の広いコンクリート平板舗装の歩道が両側に整備され、街路樹は「クロマツ」等になるようです。


Sakai14063
道路改良工事が行われています。


Sakai14064
駅前の南西側では区画整理が行われています。


Sakai14065
駅前広場の南側となる部分です。駅前ロータリーの南側には、「タクシー乗降場」が整備される予定です。この先の「羽衣駅」まで用地買収が行われています。


Sakai14068
駅前広場の北側となる部分です。駅前ロータリーの北側には、「バス乗降場」が整備される予定です。


Sakai14066
「浜寺公園駅駅」北側の用地買収された部分です。この先の「諏訪ノ森駅」まで用地買収が行われています。

 用地買収は行われていますが、本格的な高架工事はまだ始まっていません。工事完了は2018年3月予定となっていますが、とても間に合いそうありません。

 工事完了は2020年代中頃になりそうな雰囲気です。まあ全国各地の高架工事が計画通り進んだためしがありません。5年~10年の遅れも珍しくはありません。


Sakai14067
現在の「浜寺公園駅」は、切り欠き構造の待避線を備えた2面4線の地上駅です。

|

2014年1月16日 (木)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 「浜寺公園駅」と「諏訪ノ森駅」の保存活用案を提案競技により最優秀賞が決定!

Sakai12111
-南海本線(堺市)連続立体交差事業-

 「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。
 
 公式HP → 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について
 
南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2018年03月末予定
◆ 総事業費- 約423億円
 
● 浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技
 「堺市」は、文化財的価値が高い南海本線の「浜寺公園駅」と「諏訪ノ森駅」の保存活用を図る提案競技を実施した結果、浜寺公園駅は「アプル総合計画事務所」、諏訪ノ森駅は「ジェイアール東日本建築設計事務所」の案を最優秀賞に選定しました。

 下記の堺市・公式HPで詳細を見る事が出来ますが、惜しくも最優秀賞にならなかった作品も素晴らしく見るだけで楽しいです。
 
 堺市・公式HP(2014/01/15)
 浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技の最優秀賞が決定しました!
 
 2013年7月に提案競技を公告していました。2013年10月9日の1次審査で「浜寺公園駅」は6者、「諏訪ノ森駅」は3者の提案を選び、2013年12月27日に2次審査を実施していました。
 
 今後は、市民からの意見なども反映させながら最優秀提案に基づいて駅舎保存と駅前広場整備の計画を策定します。
 
 
Sakainankai14011
● 浜寺公園駅の最優秀賞
 基本的なコンセプトは、 ”現浜寺公園駅舎の文化財的価値・歴史的背景を尊重した計画づくり、地域の歴史的資源(現駅舎)の存在感と新駅舎の関係性の調和、周囲の閑静な住宅街と新駅舎の関係性の調和” となっています。
 
 浜寺公園駅(最優秀賞の詳細)
 株式会社アプル総合計画事務所(PDF)
 
 
Sakai12118
● 浜寺公園駅駅舎

 「浜寺公園駅駅舎」は、「東京駅丸の内口駅舎、日本銀行本店、大阪市中央公会堂」などを設計した「辰野金吾」氏の設計により、1907年に建てられた駅舎です。
 1998年に国の「登録有形文化財」に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれています。
 
 木造、鉄板葺き、平屋建てのハーフティンバー様式の建物であり、現位置、現役で現存する最古級の木造駅舎の一つとして全国的にも非常に希少性は高いです。
 現在、駅舎の待合室は「南海ステーションギャラリー」として広く一般に開放されており、様々な催し物が開催されています。
 
 現在は沖合が埋立てられてほとんど面影がありませんが、埋立てられる前は周辺は海水浴場などの海辺のリゾート地でした。「浜寺公園駅駅舎」はその玄関口でした。
 
 
Sakai12119
「浜寺公園駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用されます。
 
 
Sakainankai14012
● 諏訪ノ森駅の最優秀賞
 基本的なコンセプトは、 ”みんなの記憶、「諏訪ノ森の大きな木」” となっています。諏訪ノ森の人々に利用され、記憶に刻み込まれた旧駅舎を「諏訪ノ森の大きな木」としてとらえ大きな木を中心に人々が憩える空間を配置する計画とします。
  
 
諏訪ノ森駅(最優秀賞の詳細)
 株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所(PDF)
 
 
Sakai121117
● 諏訪ノ森駅駅舎

 「諏訪ノ森駅駅舎」は、1919年に建てられた駅舎です。木造、スレート葺き、平屋建ての48㎡程度の小規模な駅舎です。
 
 入り口上方のステンドグラスが特徴となっており、屋根、破風、待合室など、「セセッション(19世紀に過去の美術様式から分離しようとしたウィーン分離派)」の影響を受けたと思われるデザインが随所に見られます。
 
 現役で現存する木造駅舎の一つとして希少性は高く、大阪府内では「浜寺公園駅駅舎」とともに1998年に登録有形文化財に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれています。
 
 
Sakai121118
「諏訪ノ森駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用されます。

|

2012年11月28日 (水)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part2:諏訪ノ森駅編 保存活用される「諏訪ノ森駅駅舎」

Sakai12111
-南海本線・諏訪ノ森駅(すわのもりえき)-
 
南海電鉄の南海本線では、現在3ヶ所で連続立体交差化(高架化)事業が行われています。
 
 (1)諏訪の森駅~浜寺公園駅の2.0km、(2)羽衣駅~高石駅の4.1km、(3)松ノ浜駅~泉大津駅の2.4kmです。
 一番工事が進んでいるのが「南海本線(泉大津市)連続立体交差事業」です。2012年8月4日に「泉大津駅」と「松ノ浜駅」の下り線も高架に移行し、上下線とも高架移行が完了しました。現在は周辺工事を行っています。
  
 「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。Part2として、諏訪ノ森駅周辺の様子をUPします。
 
 公式HP → 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について
 
南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2018年03月(予定)
◆ 総事業費- 約423億円
  
 
Sakai121111_3
「諏訪ノ森駅(すわのもりえき)」は、相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。
 
 
Sakai121112
「諏訪ノ森駅部北側~石津川」の断面図です。
 
 
Sakai121113_2
「諏訪ノ森駅」の2番線ホーム(難波方面)です。現在の「諏訪ノ森駅」は、千鳥式配置の単式2面2線の地平駅です。
 
 それぞれのホームが踏切を挟んで南北に離れているため、反対側のホームに行くためには1度改札口を出る必要があります。高架化工事が行われるとこの不便も解消されます。
 
 
Sakai121114
反対側の1番ホーム(和歌山市方面)です。踏切を挟んで北側にかなり離れています。
 
 
Sakai121115
線路の西側で土地の買収は行われていますが、本格的な高架工事はまだ始まっていません。
 
 
Sakai121116
駅の東側も更地になっていました。西口には駅前広場が設けられますが、駅東側のこの部分がどうなるのかは分かりませんでした。
 
 
Sakai121117
-諏訪ノ森駅駅舎-

 「諏訪ノ森駅駅舎」は、1919年に建てられた駅舎です。木造、スレート葺き、平屋建ての48㎡程度の小規模な駅舎です。
 
 入り口上方のステンドグラスが特徴となっており、屋根、破風、待合室など、「セセッション(19世紀に過去の美術様式から分離しようとしたウィーン分離派)」の影響を受けたと思われるデザインが随所に見られます。
 
 現役で現存する木造駅舎の一つとして希少性は高く、大阪府内では「浜寺公園駅駅舎」とともに1998年に登録有形文化財に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれています。
 
 
Sakai121118
「諏訪ノ森駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用される事が決まっています。
 
 新駅舎と少し離して移築保存されます。建築物を解体せずに「曳家(ひきや)」で水平移動させるのでしょうか?
 
 公式HP → 浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅 駅舎保存活用構想
 
 公式HP → 駅舎の保存活用方策について

|

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場