42 大阪府・高槻市

2018年7月30日 (月)

JR高槻駅 2番・5番のりばに設置中の「可動式ホーム柵(ホームドア)」 2018/07/25 「可動式ホーム柵」の構造がよく分かる珍しい設置工事!

Takatsukijr180711
-東海道本線(JR京都線)高槻駅-

 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。2016年3月26日にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。

● 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!
 JR西日本は、駅のホームにおける安全性向上のために、その核となるハード対策として「ホーム柵」の設置を進めてています。

 高槻駅の「2番のりば」と「5番のりば」に新たに、新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置することになりました。当初計画では2018年春頃の使用開始予定でしたが、2018年秋頃に延期されています。ホームの補強工事に時間を要しているためです。

 引用資料 JR西日本(2017/12/26)
 高槻駅 2・5番のりばの「可動式ホーム柵」の使用開始時期を延期します。

可動式ホーム柵(ホームドア)の概要
◆ 設置箇所-JR京都線・高槻駅の2、5番のりば(2番のりば:京都方面への快速・普通列車が発着、5番のりば:大阪方面への快速列車が発着)
◆ 高さ-約1.3m
◆ 開口幅-約3.3m
◆ 柵延長-約240m(1のりばあたり)
◆ 着工-2017年05月09日
◆ 使用開始時期-2018年秋頃予定


Takatsukijr161212
「可動式ホーム柵(一重引戸式)」の設置イメージです。「昇降式ホーム柵」ではなく、本格的な「ホームドア」です。


Takatsukijr180712
5番のりば

 先に「可動式ホーム柵(一重引戸式)」が設置が開始された「5番のりば」です。「5番のりば」は、大阪方面への快速列車が発着します。


Takatsukijr180713
2番のりば
 
「5番のりば」に続き、「可動式ホーム柵(一重引戸式)」が設置が開始された「2番のりば」です。「2番のりば」は、京都方面への快速・普通列車が発着します。


Takatsukijr180714
「2番のりば」は、ホームの補強工事が終わっています。


Takatsukijr180715
「戸袋」がドアを収納された状態で設置されています。ドアが見える状態で設置されているのを見るのは高槻駅が初めてでした。緑の4ヶ所の出っ張りのようなものがあるので、最終的にはドアは鉄板で囲われて保護されると思われます。


Takatsukijr180716
ドアが重ねて収納されています。通常は見る事が出来ませんが、戸袋の内部はこのような構造になっているんですね。後から鉄板で保護されるであろうガイド部分が見えます。


Takatsukijr180717
裏側から見た様子です。裏側も最終的には鉄板で保護されるようです。


Takatsukijr180718
「片肺飛行」の状態です(笑)。ドアが戸袋に収まっていない状態で設置されるのは非常に珍しいです。


Takatsukijr180719
一般的なドアが収まったタイプの「戸袋」もあります。2種類の「戸袋」を使い分ける理由は何でしょうか?


Takatsukijr180720
3番・4番のりばに「可動式ホーム柵(二重引戸式)」を設置

 「3番・4番のりば」にも「可動式ホーム柵」が設置されます。こちらは「JR総持寺駅」で採用された「可動式ホーム柵(二重引戸式)」となる予定です。2020年春の設置を目標としています。

 高槻市 市街地整備促進特別委員会(PFD:2018/02/06)
 
JR高槻駅ホーム拡充及び駅周辺整備について

 JR高槻駅は、1・6番線が「ワイヤーロープを上昇させる昇降式ホーム柵」、2・5番線が「可動式ホーム柵(一重引戸式)」、3・4番線が「可動式ホーム柵(二重引戸式)」と3種類のホーム柵が勢揃いする事になります。


Sojiji180354
可動式ホーム柵(二重引戸式)
 「JR総持寺駅」に設置されている「可動式ホーム柵」です。JR西日本で初となる「二重引戸式」を採用しており、開口部が3.3mと広く確保されています。


Takatsukijr180721
デジタルサイネージ付きホームドア

 「JR高槻駅」とは関係ありませんが、「可動式ホーム柵(ホームドア)」はどんどん進化しています。横浜高速鉄道のみなとみらい線「みなとみらい駅」に、「デジタルサイネージ」を組み込んだホームドアが、2018年5月1日から本格的に動画広告の配信を開始しました。

 32型の縦長のディスプレイを乗客の目が向きやすい開閉部の脇に設置しています。広告画面は上りと下りに16画面ずつで、合計32画面です。



|

2018年6月18日 (月)

JR高槻駅 「昇降式、一重引戸式、二重引戸式」の3種類の「ホーム柵」が勢揃いする予定 2018/06/13 5番のりばに「戸袋」の設置が始まる!

Takatsukij180611
東海道本線(JR京都線)高槻駅-
 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。2016年3月26日にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。

● 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!
 JR西日本は、駅のホームにおける安全性向上のために、その核となるハード対策として「ホーム柵」の設置を進めてています。

 高槻駅の「2番のりば」と「5番のりば」に新たに、新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置することになりました。当初計画では2018年春頃の使用開始予定でしたが、2018年秋頃に延期されています。ホームの補強工事に時間を要しているためです。

 引用資料 JR西日本(2017/12/26)
 高槻駅 2・5番のりばの「可動式ホーム柵」の使用開始時期を延期します。

可動式ホーム柵(ホームドア)の概要
◆ 設置箇所-JR京都線・高槻駅の2、5番のりば(2番のりば:京都方面への快速・普通列車が発着、5番のりば:大阪方面への快速列車が発着)
◆ 高さ-約1.3m
◆ 開口幅-約3.3m
◆ 柵延長-約240m(1のりばあたり)
◆ 着工-2017年05月09日
◆ 使用開始時期-2018年秋頃予定


Takatsukijr161212
「可動式ホーム柵(一重引戸式)」の設置イメージです。「昇降式ホーム柵」ではなく、本格的な「ホームドア」です。


Takatsukij180612
5番のりば

 新たに「可動式ホーム柵(一重引戸式)」が設置される「5番のりば」です。「5番のりば」は、大阪方面への快速列車が発着します。


Takatsukij180613
「5番のりば」の南側に「戸袋」が設置されました。


Takatsukij180614
「5番のりば」のホームの補強工事が行われています。「戸袋」を設置する部分は、「桁」を「可動式ホーム柵(ホームドア)」の重量に耐えられる厚さに置き換える補強工事が行われています。


Takatsukij180615
設置された「戸袋」の列です。


Takatsukij180616
「戸袋」がドアを閉じた状態で設置されていました。閉じた状態で設置されているのを見るのは今回が初めてでした。


Takatsukij180617
「戸袋」の間隔が非常に広いです。両側の戸袋の幅よりドア部分の幅が広いように感じます。「二重引戸式」ではないのでどうするのかな? と不思議に思いました。それとも広く見える目の錯覚でしょうか?


Takatsukij180618
4番のりばに「可動式ホーム柵(二重引戸式)」を設置
 
「4番のりば」にも「可動式ホーム柵」が設置されます。こちらは「JR総持寺駅」で採用された「可動式ホーム柵(二重引戸式)」となる予定です。2020年春の設置を目標としています。

 高槻市 市街地整備促進特別委員会(PFD:2018/02/06)
 
JR高槻駅ホーム拡充及び駅周辺整備について

 JR高槻駅は、1・6番線が「ワイヤーロープを上昇させる昇降式ホーム柵」、2・5番線が「可動式ホーム柵(一重引戸式)」、3・4番線が「可動式ホーム柵(二重引戸式)」と3種類のホーム柵が勢揃いする事になります。



Sojiji180354
可動式ホーム柵(二重引戸式)
 
「JR総持寺駅」に設置されている「可動式ホーム柵」です。JR西日本で初となる「二重引戸式」を採用しており、開口部が3.3mと広く確保されています。


Takatsukij180619
2番のりば

 新たに「可動式ホーム柵(一重引戸式)」が設置される「2番のりば」です。「2番のりば」は、京都方面への快速・普通列車が発着します。


Takatsukij180620
「2番のりば」のホームの補強工事が行われています。補強工事はほぼ完成しているように見えます。


Takatsukij180621
「戸袋」を設置する部分の盛土式ホームを撤去して補強工事が行われています。


Takatsukij180622
3番のりばに「可動式ホーム柵(二重引戸式)」を設置
 
「2番のりば」です。まだ「戸袋」は設置されていません。反対側の「3番のりば」にも「可動式ホーム柵」が設置されます。こちらは「JR総持寺駅」で採用された「可動式ホーム柵(二重引戸式)」となる予定です。



|

2018年3月21日 (水)

JR高槻駅 2番・5番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 2018年3月17日の状況

Takatsukijr180311
東海道本線(JR京都線)高槻駅-
 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。2016年3月26日にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。

● 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!
 JR西日本は、駅のホームにおける安全性向上のために、その核となるハード対策として「ホーム柵」の設置を進めてています。

 高槻駅の「2番のりば」と「5番のりば」に新たに、新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置することになりました。当初計画では2018年春頃の使用開始予定でしたが、2018年秋頃に延期されています。ホームの補強工事に時間を要しているためです。

 引用資料 JR西日本(2017/12/26)
 高槻駅 2・5番のりばの「可動式ホーム柵」の使用開始時期を延期します。

可動式ホーム柵(ホームドア)の概要
◆ 設置箇所-JR京都線・高槻駅の2、5番のりば(2番のりば:京都方面への快速・普通列車が発着、5番のりば:大阪方面への快速列車が発着)
◆ 高さ-約1.3m
◆ 開口幅-約3.3m
◆ 柵延長-約240m(1のりばあたり)
◆ 着工-2017年05月09日
◆ 使用開始時期-2018年秋頃予定


Takatsukijr161212
「可動式ホーム柵」の設置イメージです。「昇降式ホーム柵」ではなく、本格的な「ホームドア」です。


Takatsukijr180312
2番のりば

 新たに「可動式ホーム柵」が設置される「2番のりば」です。「2番のりば」は、京都方面への快速・普通列車が発着します。反対側の「3番のりば」には設置されません。


Takatsukijr180313
「2番のりば」のホームの補強工事が行われています。


Takatsukijr180314
「戸袋」を設置する部分の盛土式ホームを撤去して補強工事が行われています。


Takatsukijr180315
「戸袋」を設置する部分の盛土式ホームを撤去して補強工事が行われています。


Takatsukijr180316
5番のりば

 新たに「可動式ホーム柵」が設置される「5番のりば」です。「5番のりば」は、大阪方面への快速列車が発着します。反対側の「4番のりば」には設置されません。


Takatsukijr180317
「5番のりば」のホームの補強工事が行われています。


Takatsukijr180318
よくみると「5番のりば」は、「盛土式ホーム」を「桁式ホーム」で拡幅しています。


Takatsukijr180319
「戸袋」を設置する部分は、「桁」を「可動式ホーム柵(ホームドア)」の重量に耐えられる厚さに置き換える補強工事が行われています。



|

2017年12月19日 (火)

JR高槻駅 2番・5番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 2017年12月11日の状況

Takatsukijr171211
東海道本線(JR京都線)高槻駅-
 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。2016年3月26日にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。

● 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!
 JR西日本は、駅のホームにおける安全性向上のために、その核となるハード対策として「ホーム柵」の設置を進めてています。

 高槻駅の「2番のりば」と「5番のりば」に新たに、新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置することになりました。2018年春頃の使用開始予定です。

 引用資料 JR西日本(2016/12/21)
 「可動式ホーム柵」を高槻駅2、5番のりばに設置(平成30年春使用開始予定)

可動式ホーム柵(ホームドア)の概要
◆ 設置箇所-JR京都線・高槻駅の2、5番のりば(2番のりば:京都方面への快速・普通列車が発着、5番のりば:大阪方面への快速列車が発着)
◆ 高さ-約1.3m
◆ 開口幅-約3.3m
◆ 柵延長-約240m(1のりばあたり)
◆ 着工-2017年05月09日
◆ 使用開始時期-2018年春頃予定


Takatsukijr161212
「可動式ホーム柵」の設置イメージです。「昇降式ホーム柵」ではなく、本格的な「ホームドア」です。


Takatsukijr170812
「2番のりば・5番のりば」に「可動式ホーム柵」が設置されます。工期は、2017年5月9日~2018年春頃(予定)です。


Takatsukijr171212
2番のりば
 新たに「可動式ホーム柵」が設置される「2番のりば」です。「2番のりば」は、京都方面への快速・普通列車が発着します。反対側の「3番のりば」には設置されません。


Takatsukijr171213
「可動式ホーム柵」を設置する工事が行われています。


Takatsukijr171214
更に工事が進んだこの部分は、「戸袋」を設置する部分のホームの床が板に入れ替えられています。


Takatsukijr171215
更に工事が進んだこの部分は、「戸袋」を設置する部分の盛土式ホームを撤去する作業が行われています。

 工事方法はいろいろあると思いますが、JR東日本の「土木学会第66回年次学術講演会(平成23年度)」の資料が参考になります。

 JR東日本(PDF)
 盛土式ホームにおける可動式ホーム柵基礎の施工方法


Takatsukijr171216
盛土式ホームの撤去が終わった部分です。「戸袋」を設置する部分のホームの床を補強する工事が行われます。



|

2017年8月25日 (金)

JR高槻駅 2番・5番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 2017年8月23日の状況

Takatsukijr170811
東海道本線(JR京都線)高槻駅-
 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。2016年3月26日にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。

● 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!
 JR西日本は、駅のホームにおける安全性向上のために、その核となるハード対策として「ホーム柵」の設置を進めてています。

 高槻駅の「2番のりば」と「5番のりば」に新たに、新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置することになりました。2018年春頃の使用開始予定です。

 引用資料 JR西日本(2016/12/21)
 「可動式ホーム柵」を高槻駅2、5番のりばに設置(平成30年春使用開始予定)

可動式ホーム柵(ホームドア)の概要
◆ 設置箇所-JR京都線・高槻駅の2、5番のりば(2番のりば:京都方面への快速・普通列車が発着、5番のりば:大阪方面への快速列車が発着)
◆ 高さ-約1.3m
◆ 開口幅-約3.3m
◆ 柵延長-約240m(1のりばあたり)
◆ 着工-2017年05月09日
◆ 使用開始時期-2018年春頃予定


Takatsukijr161212
「可動式ホーム柵」の設置イメージです。「昇降式ホーム柵」ではなく、本格的な「ホームドア」です。


Takatsukijr170812
「2番のりば・3番のりば」に「可動式ホーム柵」が設置されます。工期は、2017年5月9日~2018年春頃(予定)です。


Takatsukijr170813
2番のりば・3番のりば
 
上り線(京都方面)の「2番のりば・3番のりば」です。新たに「可動式ホーム柵」が設置されるのは、「2番のりば」のみです。


Takatsukijr170814
2番のりば

 新たに「可動式ホーム柵」が設置される「2番のりば」です。「2番のりば」は、京都方面への快速・普通列車が発着します。


Takatsukijr170815
「可動式ホーム柵」を設置する工事が行われています。


Takatsukijr170816
ホーム上の「仮囲い」です。


Takatsukijr170817
ホーム上の「仮囲い」です。


Takatsukijr170818
4番のりば・5番のりば
 
下り線(大阪方面)の「4番のりば・5番のりば」です。新たに「可動式ホーム柵」が設置されるのは、「5番のりば」のみです。


Takatsukijr170819
5番のりば
 新たに「可動式ホーム柵」が設置される「5番のりば」です。「5番のりば」は、大阪方面への快速列車が発着します。


Takatsukijr170820
「可動式ホーム柵」を設置する工事が行われています。


Takatsukijr170821
「戸袋」を設置する部分のホームの床が一部撤去されています。


Takatsukijr170822
幅の広い「戸袋」部分です。


Takatsukijr170823
通常幅の「戸袋」部分です。


Takatsukijr161216
1番のりば・6番のりば
 外側の「1番のりば」と「6番のりば」には、2016年3月26日のダイヤ改正に合わせて「昇降式ホーム柵」が設置されました。



|

2016年12月22日 (木)

JR高槻駅 1番・6番のりばの「昇降式ホーム柵」に続き、2番・5番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!

Takatsukijr161211
-東海道本線(JR京都線)高槻駅

 昨日(12月21日)、「日本政府観光局(JNTO)」から、2016年11月の訪日外客数の発表がありました。前年同月比13.8%増の187万5千人と、11月として過去最高となりました。

 2016年1月~11月の累計が2,198万8千人(前年比22.4%増)となっています。伸び率が年初と比べて大幅に低下しているので、2016年の2400万人突破は微妙ですね。
 海外旅行の計画はタイムラグがあるので、円安が本格的に反映されるのは来年になりそうです。まあ円安が続くかはトランプ新大統領の政策次第ですが・・・

 本題に戻って、JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。2016年3月26日にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。

● 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置!
 JR西日本は、駅のホームにおける安全性向上のために、その核となるハード対策として「ホーム柵」の設置を進めてています。

 高槻駅の「2番のりば」と「5番のりば」に新たに、新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置することになりました。

 引用資料 JR西日本(2016/12/21)
 「可動式ホーム柵」を高槻駅2、5番のりばに設置(平成30年春使用開始予定)

可動式ホーム柵(ホームドア)の概要
◆ 設置箇所-JR京都線・高槻駅の2、5番のりば(2番のりば:京都方面への快速・普通列車が発着、5番のりば:大阪方面への快速列車が発着)
◆ 高さ-約1.3m
◆ 開口幅-約3.3m
◆ 柵延長-約240m(1のりばあたり)
◆ 使用開始時期-2018年春頃予定


Takatsukijr161212
「可動式ホーム柵」の設置イメージです。「昇降式ホーム柵」ではなく、本格的な「ホームドア」です。


Takatsukijr161213
2番のりば

 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」が設置される「2番のりば」です。「2番のりば」は、京都方面への快速・普通列車が発着します。


Takatsukijr161214
1番のりば

 外側の「1番のりば」です。京都・草津方面の主に「新快速、特急はるか」のホームです。2016年3月26日のダイヤ改正に合わせて供用開始されました。「昇降式ホーム柵」が設置されています。


Takatsukijr161215
5番のりば
 新たに「可動式ホーム柵(ホームドア)」が設置される「5番のりば」です。「5番のりば」は、大阪方面への快速列車が発着します。


Takatsukijr161216
6番のりば
 外側の「6番のりば」です。新大阪・大阪・三ノ宮・関西空港方面の主に「新快速、特急はるか」のホームです。2016年3月26日のダイヤ改正に合わせて供用開始されました。「昇降式ホーム柵」が設置されています。

|

2016年6月 3日 (金)

東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画 Part2:新設された6番のりば専用の新西口改札「みなみ西口」

Takatsukijr160651
-東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画-

 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。

 また、既存の駅舎とは「乗換通路」で接続して、昇降設備としてエレベーター・エスカレーター・階段が設置されました。概算事業費は約48億円で、2016年3月26(土)にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。


Takatsukijr160171
新西口改札
 ホームの新設に合わせて、大阪方の端に「きた西口」と「みなみ西口」が新設されました。既存の「地下西口(西口から改称)」との連絡は無く、3つの改札口は別々になっています。


Takatsukijr160652
みなみ西口

 新設された「みなみ西口」です。2016年3月26(土)のダイヤ改正から供用開始されました。「6番のりば」専用で、新大阪・大阪・三ノ宮・関西空港方面の主に「新快速、特急はるか」となっています。


Takatsukijr160653
少し角度を変えて見た様子です。


Takatsukijr160654
改札外に設置されている「発車標」等の案内です。


Takatsukijr160655
正式名称は「みなみ西口」です。


Takatsukijr160656
改札口です。無人改札で、非常に簡易な改札口です。券売機は1台しかありませんが、バックアップ(他の改札口)もあり利生者数を考えると1台で充分です。


Takatsukijr160657
改札内から見た改札口です。


Takatsukijr160658
改札口を入ると階段とスロープに分かれます。


Takatsukijr160659
スロープです。


Takatsukijr160660
振り返った様子です。


Takatsukijr160661
6番のりば

 「6番のりば」です。新大阪・大阪・三ノ宮・関西空港方面の主に「新快速、特急はるか」のホームです。2016年3月26(土)のダイヤ改正に合わせて供用開始されました。「昇降式ホーム柵」が設置されています。


Takatsukijr160662
「みなみ西口」を5番のりばから見た様子です。


Takatsukijr160663
角度を変えて見た様子です。

|

東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画 Part1:新設された1番のりば専用の新西口改札「きた西口」

Takatsukijr160611
-東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画-

 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を行いました。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に「新快速電車」が停車するプラットホームを整備しました。

 「新快速電車」が停車するプラットホームには、JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」が設置されました。
 ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。

 また、既存の駅舎とは「乗換通路」で接続して、昇降設備としてエレベーター・エスカレーター・階段が設置されました。概算事業費は約48億円で、2016年3月26(土)にダイヤ改正に合わせて供用開始されました。


Takatsukijr160171
新西口改札
 ホームの新設に合わせて、大阪方の端に「きた西口」と「みなみ西口」が新設されました。既存の「地下西口(西口から改称)」との連絡は無く、3つの改札口は別々になっています。


Takatsukijr160612
きた西口

 新設された「きた西口」です。2016年3月26(土)のダイヤ改正から供用開始されました。「1番のりば」専用で、京都・草津方面の主に「新快速、特急はるか」となっています。


Takatsukijr160613
改札外に設置されている「発車標」等の案内です。


Takatsukijr160614
正式名称は「きた西口」です。券売機は1台しかありませんが、バックアップ(他の改札口)もあり利生者数を考えると1台で充分です。


Takatsukijr160615
改札口です。無人改札で、非常に簡易な改札口です。


Takatsukijr160616
今は「青春18きっぷ」等でも、画像の伝送と音声により遠隔操作で改札機が開けられるので無人でも問題はありません。JR西日本はこの機械を大量に導入して改札口の省力化を進めています。


Takatsukijr160617
改札口を入ると階段とスロープに分かれます。


Takatsukijr160618
スロープです。


Takatsukijr160619
振り返った様子です。


Takatsukijr160620
1番のりば
 「1番のりば」です。京都・草津方面の主に「新快速、特急はるか」のホームです。2016年3月26(土)のダイヤ改正に合わせて供用開始されました。「昇降式ホーム柵」が設置されています。


Takatsukijr160621
「きた西口」を2番のりばから見た様子です。


Takatsukijr160622
角度を変えて見た様子です。

|

2016年1月21日 (木)

東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画 Part4:新設される下りホーム「新西口改札(南側)」 2016年1月10日の建設状況

Takatsukijr150311
-東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画-
 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を進めています。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に新快速電車が停車するプラットホームを整備します。

 また、既存の駅舎とは「乗換通路」で接続して、昇降設備としてエレベーター・エスカレーター・階段が設置されます。概算事業費は約48億円、2016年春に供用開始する予定です。

 JR西日本 ニュースリリース(2013/04/17)
 東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画について


Takatsukijr160171
ホームの新設に合わせて、大阪方の端に「新西口改札(北側)」と「新西口改札(南側)」が新設されます。既存の「西口改札」との連絡は無く、3つの改札口は別々になるようです。


Takatsukijr160191
新西口改札(南側)

 増設される下りホーム(大阪方面行き)」専用の「新西口改札(南側)」のイメージです。無人の簡易な改札口になるようです。今は「青春18きっぷ」等でも、画像の伝送と音声により遠隔操作で改札機が開けられるので問題はないと思います。


Takatsukijr160192
「新西口改札(南側)」の建設現場です。


Takatsukijr160193
「新西口改札(南側)」です。


Takatsukijr160194
京都方から見た「新西口改札(南側)」です。


Takatsukijr160195
大阪方から見た「新西口改札(南側)」です。


Takatsukijr160196
「新西口改札(南側)」の前です。


Takatsukijr160178
JR高槻駅には現在も「西口」があります。地下1階には改札口もあります。JR高槻駅をよく利用する方でも橋上駅舎の「中央口」は知っていても、「西口」の存在を知らない方が結構います。


Takatsukijr160179
西口の改札内コンコースです。


Takatsukijr160180
改札内コンコースから見た「改札機」です。


Takatsukijr160181
改札外コンコースから見た「改札機」です。


Takatsukijr160182
改札外コンコースを出ると京都方に、南北を結ぶ地下通路があります。更に京都方には、「東海道本線(JR京都線)」をアンダーパスする道路が走っています。このような地下構造のため3つの改札口が別々になるのだと思われます。

|

東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画 Part3:新設される上りホーム「新西口改札(北側)」 2016年1月10日の建設状況

Takatsukijr150311
-東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画-
 JR西日本は、東海道本線(JR京都線)で高槻駅の改良計画を進めています。上り線・下り線とも一番外側の「待避線」を廃止し、この空間に新快速電車が停車するプラットホームを整備します。

 また、既存の駅舎とは「乗換通路」で接続して、昇降設備としてエレベーター・エスカレーター・階段が設置されます。概算事業費は約48億円、2016年春に供用開始する予定です。

 JR西日本 ニュースリリース(2013/04/17)
 東海道本線(JR京都線)高槻駅改良計画について


Takatsukijr160171
ホームの新設に合わせて、大阪方の端に「新西口改札(北側)」と「新西口改札(南側)」が新設されます。既存の「西口改札」との連絡は無く、3つの改札口は別々になるようです。


Takatsukijr160172
新西口改札(北側)
 増設される上りホーム(京都方面行き)専用の「新西口改札(北側)」のイメージです。無人の簡易な改札口になるようです。今は「青春18きっぷ」等でも、画像の伝送と音声により遠隔操作で改札機が開けられるので問題はないと思います。


Takatsukijr160173
「新西口改札(北側)」の建設現場です。


Takatsukijr160174
「新西口改札(北側)」です。


Takatsukijr160175
京都方から見た「新西口改札(北側)」です。


Takatsukijr160176
大阪方から見た「新西口改札(北側)」です。


Takatsukijr160177
「新西口改札(北側)」の前です。


Takatsukijr160178
JR高槻駅には現在も「西口」があります。地下1階には改札口もあります。JR高槻駅をよく利用する方でも橋上駅舎の「中央口」は知っていても、「西口」の存在を知らない方が結構います。


Takatsukijr160179
西口の改札内コンコースです。


Takatsukijr160180
改札内コンコースから見た「改札機」です。


Takatsukijr160181
改札外コンコースから見た「改札機」です。


Takatsukijr160182
改札外コンコースを出ると京都方に、南北を結ぶ地下通路があります。更に京都方には、「東海道本線(JR京都線)」をアンダーパスする道路が走っています。このような地下構造のため3つの改札口が別々になるのだと思われます。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 88 沖縄県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場