51 兵庫県・神戸市②

(2009年~)

2017年6月17日 (土)

近代洋風建築「ファミリアホール」の跡地 地上33階、高さ約117mの「ザ・パークハウス 神戸タワー」 2017年6月13日の建設状況

Kobefamilia170611
ザ・パークハウス 神戸タワー
 
神戸の近代洋風建築「ファミリアホール(旧三菱銀行神戸支店)」の外観を保存、復元するための解体作業が行われました。

 「ファミリアホール」は、1900(明治33)年に建てられ、ルネサンス様式の石造りの外観などが特徴です。子ども服メーカーの「ファミリア」が1977年に取得しました。
 老朽化によりファミリアは本社を移転しており、「ファミリアホール」や隣接する「ファミリア旧本社屋」などが建つ敷地面積3,051.00㎡を「三菱地所レジデンス」など4社に売却しています。

 跡地には、地上33階、塔屋2階、地下1階、高さ116.95m、総戸数352戸の超高層タワーマンションが建設されます。マンション建設の際には、石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。

 計画名は「(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画」でしたが、正式名称は「ザ・パークハウス 神戸タワー」に決まりました。公式ホームページもオープンしています。

 引用資料 公式ホームページ
 ザ・パークハウス 神戸タワー

ザ・パークハウス 神戸タワーの概要 
◆ 計画名-(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区相生町一丁目1番1号(地番)
◆ 交通-JR東海道本線「神戸」駅より徒歩5分、神戸高速線東西線「西元町」駅より徒歩2分、神戸高速線東西線「高速神戸」駅より徒歩6分、市営海岸線「みなと元町」駅より徒歩6分、市営海岸線「ハーバーランド」駅より徒歩6分、神戸高速線東西線「花隈」駅より徒歩7分、市営西神・山手線「大倉山」駅より徒歩9分
◆ 階数-地上33階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-116.95m
◆ 敷地面積-3,051.00㎡(売買対象面積)
◆ 建築面積-約1,500㎡
◆ 延床面積-39.520.55㎡(容積対象面積27,426.74㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-352戸
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、三菱倉庫、安田不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年04月01日
◆ 竣工-2019年11月下旬予定
◆ 入居開始-2020年02月下旬予定


Kobefamilia170612
低層部は、「ファミリアホール」の石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。


Kobefamilia170613
北側から見た様子です。


Kobefamilia170614
東側から見た様子です。


Kobefamilia170615
南側から見た様子です。


Kobefamilia170616
西側から見た様子です。敷地の南西側も道路に接しているので、敷地の3方向で道路に接している事になります。


Kobefamilia170617
「三点式パイルドライバ」です。三連型の「アースオーガ」で「山留め壁」を構築しています。



|

2017年6月 8日 (木)

神戸医療産業都市 供用開始された「神戸医療イノベーションセンター( KCMI)」

Kobeomkobe170611
神戸医療イノベーションセンター(KCMI)-
 神戸市は、「神戸医療産業都市」を推進しているポートアイランド(第2期)において、神戸医療産業都市のさらなる発展と、周辺企業等の利便性向上、周辺用地の企業誘致促進を目的に、京コンピュータ前駅北側におけるパイロットビルの建設を進めました。

 規模は、地上5階、塔屋1階、延床面積9,467.30㎡です。計画名は「(仮称)「京コンピュータ前」駅前パイロットビル新築工事」ですが、正式名称は「神戸医療イノベーションセンター (KCMI)」となっています。

 「イノベーションセンター (KCMI)」が完成して、2017年3月30日に「竣工式」が行われました。2017年4月より供用開始しています。
 
 引用資料 神戸市・記者資料提供(2017/03/24)
 神戸医療イノベーションセンター竣工式の開催 ―神戸医療産業都市における新たな中核施設の供用開始―

神戸医療イノベーションセンター(KCMI)の概要

◆ 計画名-(仮称)「京コンピュータ前」駅前パイロットビル新築工事
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区港島南町六丁目3番5号
◆ 交通-ポートライナー「京コンピュータ前」駅直結(改札が2階部分に連絡)
◆ 階数-地上5階、塔屋1階
◆ 敷地面積-約5,000㎡
◆ 建築面積-2,397.31㎡
◆ 延床面積-9,467.30㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-既製コンクリート杭
◆ 用途-企業向けレンタルスペース機能(ウェットラボ、ポスト「京」にかかる研究開発スペース)、周辺企業・研究機関等を対象とした利便機能(店舗スペース、共用会議室)
◆ 建築主-(株)OMこうべ
◆ 設計者・監理者-安井建築設計事務所
◆ 施工者-東洋・寄神特定建設工事共同企業体(東洋建設、寄神建設JV)
◆ 着工-2015年11月27日
◆ 竣工-2017年03月30日(竣工式)
◆ 供用開始-2017年04月
◆ 事業費-約34億円


Kobeomkobe170612
「神戸医療イノベーションセンター フロア図」です。


Kobeomkobe170613
南東側から見た様子です。


Kobeomkobe170614
ポートライナー「京コンピュータ前駅」から見た様子です。建物外装は、目隠しの「アルミパネル」となっています。


Kobeomkobe170615
「KCMI」のロゴです。KCMIIは「Kobe Center for Medical Innovaiton」の頭文字です。


Kobeomkobe170616
東側は駐車場となっています。


Kobeomkobe170617
外壁がオーバーハングしています。


Kobeomkobe170618
「京コンピュータ前駅」より歩行者デッキで2階レベルで接続されています。


Kobeomkobe170619
歩行者デッキです。


Kobeomkobe170620
1階のエントランス部分です。


Kobeomkobe170621
敷地を南西側から見た様子です。


Kobeomkobe170622
南西側から見た様子です。


Kobeomkobe170623
南西側から引いて見た様子です。


Kobeomkobe170624
敷地の西側には、公園が整備されています。誰もいないので芝生はフカフカ状態です。



|

2017年5月22日 (月)

近代洋風建築「ファミリアホール」の跡地 地上33階、高さ約117mの「(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画」 2017年5月18日の建設状況

Kobefamilia160911
(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画
 
神戸の近代洋風建築「ファミリアホール(旧三菱銀行神戸支店)」の外観を保存、復元するための解体作業が行われました。

 「ファミリアホール」は、1900(明治33)年に建てられ、ルネサンス様式の石造りの外観などが特徴です。子ども服メーカーの「ファミリア」が1977年に取得しました。
 老朽化によりファミリアは本社を移転しており、「ファミリアホール」や隣接する「ファミリア旧本社屋」などが建つ敷地面積約3,051㎡を「三菱地所レジデンス」など4社に売却しています。

 跡地には、地上33階、地下1階、高さ116.95m、総戸数352戸の超高層タワーマンションが建設されます。マンション建設の際には、石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。

(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区相生町一丁目1番1
◆ 階数-地上33階、地下1階
◆ 高さ-116.95m
◆ 敷地面積-3,051.00㎡
◆ 建築面積-約1,500㎡
◆ 延床面積-39.520.55㎡(容積対象面積27,426.74㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-352戸
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、三菱倉庫、安田不動産
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年04月01日
◆ 竣工-2020年03月31日予定

(備考)  「建築計画のお知らせ」の数値が変更されています。高さ120.15m → 116.95m、延床面積約41,000㎡ → 39.520.55㎡に変更されていました。


Kobefamilia161111
低層部は、「ファミリアホール」の石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。


Kobefamilia170511
北側から見た様子です。


Kobefamilia170512
東側から見た様子です。解体工事が終わり、本格的に工事が始まっています。


Kobefamilia170513
「三点式パイルドライバ」です。


Kobefamilia170514
「ロックオーガ」が装着されているように見えます。「山留め壁」を構築する部分の地中障害物を撤去していると思われます。


Kobefamilia170515
南側から見た様子です。


Kobefamilia170516
西側から見た様子です。敷地の南西側も道路に接しているので、敷地の3方向で道路に接している事になります。


Kobefamilia170517
「(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画」の建築計画のお知らせです。高さ120.15m → 116.95m、延床面積約41,000㎡ → 39.520.55㎡に変更されていました。



|

2017年5月20日 (土)

神戸市 ウォーターフロントで複合再開発 新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業 事業者の公募!

Kobeporti170511
-新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業-

 「日本政府観光局(JNTO)」は昨日、訪日外客数(2017年4月推計値)を発表しました。2017年4月の訪日外客数は、前年同月比23.9%増の257万9千人でした。単月として過去最高となりました(これまでの過去最高は2016年7月の229万6千人)。

 前年同月比が、2月が7.6%増、3月が9.8%増と2ヶ月連続10%を切っていたので心配していましたが、再び20%を超えたのでホッとしました。

 神戸港は2017年1月1日に開港150年を迎えました。この節目を記念して、神戸市では、新港突堤西地区(第1突堤基部)の再開発に着手することになりました。

 新たな魅力と活力ある都心・ウォーターフロントの創出に向け、民間事業者の企画力・ノウハウ・実行力等を最大限に発揮し、文化・集客・業務・商業・住機能等の複合再開発を自ら実施する事業者を広く公募します。

 引用資料 神戸市公式ホームページ(2017/05/17)
 新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業 事業者の公募

事業用地の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区新港町71番地他14筆
◆ 面積-約34,000㎡(うち土地譲渡面積は約24,500㎡)
◆ 譲渡価格-1㎡あたり280,000円以上
◆ 提案申込受付-2017年08月10日~08月17日
◆ 優先交渉権者の決定-2017年09月上旬予定
◆ 土地譲渡契約の締結-2018年03月予定


Kobeporti170512
「位置図」です。


Kobeporti170513
「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」の予定地を南西側から見た様子です。非常に素晴らしいロケーションですが、神戸市独自の高さ制限が大きなネックになりそうです・・・


Kobeporti170514
南側の区画を南西側から見た様子です。


Kobeporti170515
駐車場として使用されています。


Kobeporti170516
東側の「住友倉庫」が加わると理想的な敷地形状になるのですが・・・


Kobeporti170517
南側の区画を北西側から見た様子です。


Kobeporti170518
南側の区画と北側の区画の間の道路です。


Kobeporti170519
北側の区画を南西側から見た様子です。


Kobeporti170520
北側の区画を北西側から見た様子です。


Kobeporti170521
すぐ北側は「浜手バイパス」の高架橋です。


Kobeporti170522
すぐ南側には、「神戸新港第一突堤プロジェクト」で整備された宿泊棟「神戸みなと温泉 蓮」とコンベンション棟「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン」が立地しています。


Kobeporti170523
ワクワク感が行方不明の今の神戸市
 神戸開港150年を記念して「メリケンパーク」ではリニューアルが実施されています。2017年4月21日に「スターバックスコーヒー 神戸メリケンパーク店」がオープンしました。

 久しぶりに訪れた「メリケンパーク」は、今まで見た事も無いくらい賑わっていました。神戸市にはまだまだ物凄いポテンシャルがあると感じました。

 神戸市の都心の開発姿勢を見ていると、他の政令指定都市と真逆の事をやっています。西日本では名古屋市・広島市・福岡市が、大幅な規制緩和により拠点駅前を猛烈な速度で再開発を行っています。それに比べて神戸市は国会の「牛歩戦術」並みに歩みが遅いです。

 「Perfume(パフューム)」に「Handy Man」という曲があります。 ♪ ぜんぜん やる気がおきないないあら おもしろくないもうすぐ あの時期とか来るのにわくわくが行方不明さ ♪
 私は、今の神戸市に対して「やる気が起きない 面白く無い ワクワク感が行方不明」の状態です。日本初を連発していた1970年代~1980年代のあの神戸市の開発精神はどこに行ったのでしょうか?



|

2017年5月13日 (土)

「IKEA神戸」の西隣 クレヴィア神戸ポートアイランド 2017年5月8日の建設状況

Kobeportisland16111
-クレヴィア神戸ポートアイランド-

 ポートアイランドの「IKEA神戸」の西隣に、「伊藤忠都市開発、長谷工コーポレーション」により、総戸数166戸の分譲マンション「クレヴィア神戸ポートアイランド」が建設されます。

 建設地は、「(仮称)弘貴第3ビル新築工事」の「2工区」が予定されていた敷地とドッグランとして使われていた敷地を合わせた敷地面積6,295.10㎡です。

 建物西側に「ポートライナー・南公園駅」の駅前広場と直結する「歩行者デッキ」を整備します。「クレヴィア神戸ポートアイランド」が完成すると「ポートライナー・南公園駅-クレヴィア神戸ポートアイランド-弘貴第3ビル-兵庫県立こども病院」が歩行者デッキで直結します。

 引用資料 公式ホームページ
 クレヴィア神戸ポートアイランド

クレヴィア神戸ポートアイランドの概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区港島中町八丁目6番5・6番8(地番)
◆ 交通-神戸新交通ポートアイランド線「南公園」駅徒歩1分
◆ 階数-地上15階、地下0階
◆ 高さ-44.44m
◆ 敷地面積-6,295.10㎡
◆ 建築面積-1,501.75㎡
◆ 延床面積-14,328.88㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-166戸
◆ 建築主-伊藤忠都市開発、長谷工コーポレーション
◆ 設計者・監理者-都市建
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2016年11月01日
◆ 竣工-2018年08月下旬予定
◆ 入居開始-2018年09月下旬予定


Kobeportisland16112
「クレヴィア神戸ポートアイランド」は、「IKEA神戸」の西隣に建設予定です。


Kobeportisland170531
クローラークレーンが見えます。


Kobeportisland170532
「クレヴィア神戸ポートアイランド」の建設現場です。


Kobeportisland170533
東側寄りです。


Kobeportisland170534
「基礎梁」の構築を行っているようです。


Kobeportisland170535
西側寄りです。建物西側に「ポートライナー・南公園駅」の駅前広場と直結する「歩行者デッキ」を整備します。


Kobeportisland170536
南側はこの部分と接続します。


Kobeportisland170537
「弘貴第3ビル」西側の歩行者デッキです。


Kobeportisland170538
「弘貴第3ビル-兵庫県立こども病院」間の歩行者デッキです。「クレヴィア神戸ポートアイランド」が完成すると「ポートライナー・南公園駅-クレヴィア神戸ポートアイランド-弘貴第3ビル-兵庫県立こども病院」が歩行者デッキで直結します。



|

2017年5月12日 (金)

神戸医療産業都市 小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設建設工事 2017年5月8日の建設状況

Kobekodomo15081
小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設-
 兵庫県は、神戸医療産業都市の「兵庫県立こども病院」の南側に、「小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設建設工事」を整備します。2015年10月15日に起工式が行われ、本格的に建設工事が行われています。

 引用資料 兵庫県・公式ホームページ(2015/08/17)
 小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設整備基本設計の概要

 粒子線治療は、加速した原子核をがんに当てて治療する方法です。がんだけを狙い撃ちすることができ、体への負担が小さいとされています。
 兵庫県内では、たつの市の「大型放射光施設(SPring-8)」にある「兵庫県立粒子線医療センター」で、成人患者の治療が行われています。

 「兵庫県立粒子線医療センター」で培ったノウハウを生かし、成人のがん患者も受け入れますが、抗がん剤治療で免疫力の低下した子どもに配慮して動線は分離します。「兵庫県立こども病院」とは、渡り廊下で直結します。

新粒子線治療施設の概要
◆ 計画名-小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設建設工事
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区港島南町(新こども病院南側隣接地)
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-約3,050㎡
◆ 延床面積-約5,700㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-診療所(陽子線治療施設)、 治療室(2室2ガントリー)
◆ 建築主-兵庫県
◆ 設計者-(粒子線治療装置)三菱電機、(建物)戸田建設
◆ 監理者-兵庫県、戸田建設
◆ 施工者-(粒子線治療装置)三菱電機、(建物)戸田建設
◆ 着工-2015年10月15日(起工式)
◆ 竣工-2017年08月30日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 開院-2017年度下期予定
◆ 予算額-約95億円(建設費等約34億円、粒子線治療装置製作費約44億円、医療機器・情報システム整備費・用地費等約17億円)


Kobekodomo15082
「イメージパース」です。


Kobekodomo15083
「各階構成図」です。


Kobekodomo170511
西側(ポートライランド南公園)から見た様子です。「兵庫県立こども病院」の南側に建設中です。


Kobekodomo170512
建設現場を西側から見た様子です。


Kobekodomo170513
建設現場を南側から見た様子です。


Kobekodomo170514
建設現場を南東側から見た様子です。


Kobekodomo170515
建設現場を東側から見た様子です。


Kobekodomo170516
建設現場を北東側から見た様子です。



|

2017年5月11日 (木)

「IKEA神戸」の南側 2017年6月オープン予定の「東京インテリア家具神戸店」

Kobeportisland170511
東京インテリア家具神戸店-
 ポートアイランド2期地区には、ホームセンタームサシとイズミヤの巨大店舗が出店しましたが、短期間に2店舗共に撤退しました。
 このことからも分かるように、店舗運営には向いていない場所です。ただし「IKEA神戸」は、抜群の知名度で広域から集客して賑わっています。

 「IKEA神戸」の南側のポートアイランド2期地区に「東京インテリア家具」が進出します。この場所には、かつてスーパーセンター「イズミヤ神戸ポートアイランド店」が進出していましたが、撤退しました。

 スーパーセンター「イズミヤ神戸ポートアイランド店」の跡地の敷地面積約47,282㎡のうち北側の26,446.00㎡に進出します。「東京インテリア家具」と神戸市が、30年の賃貸契約を結んでいます。

 「東京インテリア家具」も単独では無理でも、「IKEA神戸」の集客力を利用した家具店なら相乗効果でやっていけると判断したのだと思われます。いわゆる「コバンザメ商法」ですね(笑)。

● 2017年6月神戸店グランドオープン
 オープン日ですが、ネットを検索すると2017年6月22日とか6月23日とか出てきますが、「東京インテリア家具」からは正式なオープン日はまだ発表がありません。

 公式ホームページには、 ”東京インテリア家具は2017年6月、兵庫県神戸市ポートアイランドに「東京インテリア家具 神戸店」をオープンいたします!

 家具からホームファッションまで幅広く取り揃えた充実の品揃え。店内カフェやキッズランドも併設した、ゆっくりと家具選びをお楽しみいただけるお店です。グランドオープンの日程などは決定次第こちらのページでご案内いたします。” と書いてあります。

 東京インテリア家具 お知らせ(2017/05/09更新)
 2017年6月神戸店グランドオープン

東京インテリア家具神戸店の概要
◆ 計画名-(仮称)東京インテリア家具工事 神戸ポートアイランド店新築工事
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区港島南町一丁目1番9、2番2、港島八丁目11番9
◆ 開発区域面積-26,446.00㎡
◆ 店舗面積-約12,683㎡
◆ 用途-店舗
◆ 建築主-東京インテリア家具
◆ 設計者-新土木開発コンサルタント
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2016年09月12日
◆ 竣工-2017年05月15日
◆ オープン-2017年06月


Kobeportisland16062
「周辺見取り図」です。

 引用資料 神戸市
 大規模小売店舗立地法 第5条第1項に係る届出:(仮称)東京インテリア家具神戸 


Kobeportisland16065
「建物位置図」です。


Kobeportisland170512
北西側から見た様子です。


Kobeportisland170513
敷地の北側(IKEA神戸側)が駐車場となっています。


Kobeportisland170514
「IKEA神戸」とはこの至近距離です。「コバンザメ商法」もここまで徹底すると逆に好感が持てます(笑)。


Kobeportisland170515
北側の駐車場入口です。「右折禁止」となっています。


Kobeportisland170516
ここに「ポートアイランド(第1期)」南端の防波堤があった事を知っている人はもうほとんどいないでしょうね・・・


Kobeportisland170517
「東京インテリア」のロゴです。


Kobeportisland170518
正面中央エントランス部分です。


Kobeportisland170519
西側の道路側です。


Kobeportisland170520
駐車場西側の植栽です。


Kobeportisland170521
西側の歩道です。


Kobeportisland170522
建物が平屋なのがよく分かります。西側にはガラス部分はありますが、歩道沿いに入口はありません。


Kobeportisland170523
南西側から見た様子です。


Kobeportisland170524
IKEA神戸

 ポートアイランドは、店舗運営には向いていない場所ですが、「IKEA神戸」は、抜群の知名度で広域から集客して賑わっています。



|

2017年5月10日 (水)

神戸医療産業都市 「iPS細胞」を活用した網膜再生治療などを行う「(仮称)神戸アイセンター新築工事」 2017年5月8日の建設状況

Kobemedical170511
-神戸アイセンター-

 2014年9月12日に、「理化学研究所」の高橋政代プロジェクトリーダーらと「先端医療振興財団」による「iPS細胞」を使った世界初の臨床研究として目の難病患者に手術を実施して成功しました。

 神戸市では、国家戦略特区プロジェクトとして、「iPS細胞」を用いた網膜再生をはじめとする再生医療等の迅速な実用化を図るため、基礎研究から臨床応用、リハビリまでをトータルで対応する「神戸アイセンター」の建設を進めています。

 建設場所は、「先端医療センター病院」と「神戸市立医療センター中央市民病院」の間で、2つの病院と通路で接続し、ポートライナー「医療センター駅」から2階まで通路で直結します。

 2階は「眼科病院受付、視覚障害者の生活訓練施設」、3階は「病院外来」、4階は「病棟、手術室」、5階・6階は「研究所、細胞培養施設など」を想定しています。

 研究所は「理化学研究所」、眼科病院(30床)は「先端医療振興財団」が運営します。「先端医療センター病院」と「中央市民病院」の眼科診療機能を新眼科病院に集約すします。

神戸アイセンターの概要
◆ 計画名-(仮称)神戸アイセンター新築工事
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区港島南町二丁目1番
◆ 階数-地上7階
◆ 敷地面積-約2,000㎡
◆ 建築面積-1,576.66㎡
◆ 延床面積-8,787.66㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート杭
◆ 地震対策-制震構造、部分床免震
◆ 用途-2階(眼科病院受付、視覚障害者の生活訓練施設)、3階(病院外来)、4階(病棟、手術室)、5階・6階(研究所、細胞培養施設など)
◆ 建築主-神戸都市振興サービス(株)
◆ 設計者・監理者-日本設計
◆ 施工者-明和・関建特定建設工事共同企業体(明和工務店、関西建設工業JV)
◆ 着工-2016年09月07日
◆ 竣工-2017年10月17日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 事業費-35億7000万円(税抜)


Kobemedical170512
「神戸アイセンター」の建設現場を「神戸キメックセンタービル」から見た様子です。


Kobemedical170513
アップです。


Kobemedical170514
最上部が「トラス構造」になっています。


Kobemedical170515
北側から見た様子です。


Kobemedical170516
南東側から見た様子です。


Kobemedical170517
ポートライナーの「医療センター駅」から歩行者デッキで2階に直結します。


Kobemedical170518
歩行者デッキです。


Kobemedical170519
ここが2階の出入口になります。


Kobemedical170520
歩行者デッキから見た様子です。


Kobemedical170521
クルマサカオウム

 今回ポートアイランド(第2期)に行ったのは、「神戸どうぶつ王国」の新たな仲間の「クルマサカオウム」を撮影するの目的でした。
 
 バッチリ撮影するぞ! と意気込んで行ったのですが、ガラス越しの展示で、しかもガラスの前に花壇があって、ガラスに接写出来ず写り込みが凄くて綺麗に撮影出来ませんでした・・・

 「クルマサカオウム」は、オーストラリアに生息する大型のオウムです。 「世界一美しいオウム」と言われ、ピンクの身体に「冠羽」を広げた時の模様が非常に美しいです。

 日本のペットショップでも購入する事が出来ます。インコ・オウム類を扱う最大手の「こんぱまる」のHPでは、1羽の価格が♂110万円~、♀150万円~となっています。


Kobemedical170522
私の憧れのオウム

 私は鳥が大好きです。特にインコ・オウム類が大好きで、日本のペットショップで扱いのあるインコ・オウム類はほぼ種類が言えます。

 15年くらい前から「モモイロインコ(インコという名前ですがオウムです)」を飼っています。オウム類は知能が非常に高い上に、信じられないくらい人に慣れます。本当に可愛いです。

 当時、「モモイロインコ」にするか「クルマサカオウム」にするか最後まで悩みました。当時は1羽の価格が、「モモイロインコ」が30万円くらい、「クルマサカオウム」が70万円くらいでした。

 「クルマサカオウム」は、「モモイロインコ」と比べて神経質で人に慣れにくいのとあまりにも価格が高かったのであきらめました。今でも「クルマサカオウム」は私にとって憧れのオウムです。


Kobemedical170523
オウム類は、驚いた時や興奮した時に「冠羽」を広げますが、すぐに閉じるのでなかなか撮影が難しいです・・・


Kobemedical170524
完全に広げると「冠羽」はこんなに美しいです。クルマサカは「車冠」と書き、冠羽を広げると御所車のように美しいために名付けられました。

 きれいに撮影出来なかったので現地のパネルの写真を撮影しました(笑)。こんな美しいオウムが野鳥として普通に生息している「オーストラリア」は凄いですね!



|

ポートアイランド(第2期) トーカロ株式会社 本社社屋新築工事 2017年5月8日の建設状況

Kobetocalo170511
-トーカロ株式会社 本社社屋新築工事-

 「トーカロ」は、神戸市東灘区深江北町四丁目から、利便性向上や研究開発機能の強化を目指し、国内外へのアクセスが良好で、立地環境の優れたポートアイランド(第2期)へ本社を移転することになりました。現在、本社の建設工事が行われています。

 建設場所は、ポートライナーの「京コンピュータ前駅」近くで、「神戸医療イノベーションセンター」が建設されている街区の西側の用地面積約6,000㎡です。
 
 「トーカロ」は、金属や非金属などの加工対象物の表面に、セラミックスなどの異材質による新しい高機能皮膜を形成する溶射技術による表面改質を提案する業界トップ企業であり、その表面改質技術は、製造設備や装置などの耐久性、信頼性、品質等の機能向上を目的として、電力や鉄鋼、自動車から半導体や航空宇宙、先端医療分野に至るまで、幅広い分野で不可欠な表面技術となっています。

トーカロ株式会社 本社社屋新築工事の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区港島南町六丁目4番2、4番4
◆ 敷地面積-約6,000㎡
◆ 用途-オフィス
◆ 建築主-トーカロ
◆ 基礎工法-既製コンクリート杭(管理人の推測)
◆ 設計者・監理者-奥村組
◆ 施工者-奥村組
◆ 着工-2016年10月01日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年08月31日予定(労災保険関係成立票より)


Kobetocalo161112
位置図です。

 引用資料 神戸市(2015/12/18)
 トーカロ株式会社が本社を移転


Kobetocalo170512
南東側から見た様子です。想像していたより規模が大きかったです。


Kobetocalo170513
計画名は「トーカロ株式会社 本社社屋新築工事」です。「建築計画のお知らせ」等が掲示されていないので概要がさっぱり分かりません。


Kobetocalo170514
南西側から見た様子です。


Kobetocalo170515
北西側から見た様子です。


Kobetocalo170517
北側から見た様子です。


Kobetocalo170516
北東側から見た様子です。



|

2017年5月 9日 (火)

神戸市 日本イーライリリーの新本社となる「(仮称)磯上オフィス新築工事」 2017年5月8日の建設状況

Kobeisogami16111
-(仮称)磯上オフィス新築工事-

 「イーライリリー・アンド・カンパニー」は、アメリカのインディアナポリス市に本社を置く国際的な製薬会社です。日本法人である「日本イーライリリー」の本社は、神戸市中央区磯上通七丁目の「三宮プラザビル」にあります。

 「磯上公園」の北側に「IPSXパーキング」がありましたが、この土地に「有限会社 建隆マネジメント」が、大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス新築工事」を建設し、「日本イーライリリー」が本社を移転します。

 引用資料 神戸市・景観デザイン協議(PDF)
 (仮称)磯上オフィス新築工事

 支持地盤が浅いこと、転石が多いことから地下階は設けません。そのため2階が駐車場となります。地震対策として「免震構造」を採用します。

(仮称)磯上オフィス新築工事の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区磯上通五丁目2番1号他
◆ 階数-地上10階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-49.82m
◆ 敷地面積-3,490.16㎡
◆ 建築面積-2,876.61㎡
◆ 延床面積-23,560.37㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート、鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-オフィス(日本イーライリリーの本社)、店舗、駐車場
◆ 建築主-有限会社 建隆マネジメント
◆ 設計者・監理者-昭和設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2017年01月26日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年04月30日予定(労災保険関係成立票より)


Kobeisogami16112
2階には窓がありません。2階が駐車場となります。


Kobeisogami170511
「(仮称)磯上オフィス新築工事」の建設現場を南東側から見た様子です。


Kobeisogami170512
東側のゲートが開いていました。仮囲いに掲示されている週間の作業工程によると「土工事、躯体工事」となっていました。

 支持地盤が浅いこと、転石が多いことから地下階は設けません。そのため2階が駐車場となります。地震対策として「免震構造」を採用します。


Kobeisogami170513
「(仮称)磯上オフィス新築工事」の建設現場を北東側から見た様子です。


Kobeisogami170514
「(仮称)磯上オフィス新築工事」の建設現場を南西側から見た様子です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場