51 兵庫県・神戸市②

(2009年~)

2019年2月 6日 (水)

近代洋風建築「ファミリアホール」の跡地 地上33階、高さ約117mの「ザ・パークハウス 神戸タワー」 2019年2月3日の建設状況

Kobefamilia170611
ザ・パークハウス 神戸タワー
 
神戸の近代洋風建築「ファミリアホール(旧三菱銀行神戸支店)」の外観を保存、復元するための解体作業が行われました。

 「ファミリアホール」は、1900(明治33)年に建てられ、ルネサンス様式の石造りの外観などが特徴です。子ども服メーカーの「ファミリア」が1977年に取得しました。
 老朽化によりファミリアは本社を移転しており、「ファミリアホール」や隣接する「ファミリア旧本社屋」などが建つ敷地面積3,051.00㎡を「三菱地所レジデンス」など4社に売却しています。

 跡地には、地上33階、塔屋2階、地下1階、高さ116.95m、総戸数352戸の超高層タワーマンションが建設されます。マンション建設の際には、石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。正式名称は「ザ・パークハウス 神戸タワー」です。

 引用資料 公式ホームページ
 ザ・パークハウス 神戸タワー

ザ・パークハウス 神戸タワーの概要 
◆ 計画名-(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区相生町一丁目1番1号(地番)
◆ 交通-JR東海道本線「神戸」駅より徒歩5分、神戸高速線東西線「西元町」駅より徒歩2分、神戸高速線東西線「高速神戸」駅より徒歩6分、市営海岸線「みなと元町」駅より徒歩6分、市営海岸線「ハーバーランド」駅より徒歩6分、神戸高速線東西線「花隈」駅より徒歩7分、市営西神・山手線「大倉山」駅より徒歩9分
◆ 階数-地上33階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-116.95m
◆ 敷地面積-3,051.00㎡(売買対象面積)
◆ 建築面積-1,594.29㎡
◆ 延床面積-39.520.55㎡(容積対象面積27,426.74㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-連結制振デュアル・フレーム・システム(建物の心柱のフリーウォールと外側の住棟部をダンパーで連結) 
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-352戸
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、三菱倉庫、安田不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年04月01日
◆ 竣工-2019年11月下旬予定
◆ 入居開始-2020年02月下旬予定


Kobefamilia170612
低層部は、「ファミリアホール」の石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。


Kobefamilia190211
東側から見た様子です。地震対策として、大林組独自の「デュアル・フレーム・システム(DFS)」を採用します。建物の中央に剛強な心棒を構築し、その外周に柱と梁による柔構造の建物を配置、この2つの建物を「制振装置(オイルダンパー)」で連結させる超高層制振構造です。


Kobefamilia190212
低層部に「ファミリアホール」の外壁を復元する工事が行われています。


Kobefamilia190213
復元工事を行うための構造物です。


Kobefamilia190214
「テルハクレーン」です。


Kobefamilia190215
北側から見た様子です。


Kobefamilia190216
北側から見た下層階の様子です。


Kobefamilia190217
南側から見た様子です。


Kobefamilia190218
南側から見た下層階の様子です。


Kobefamilia190219
南側から引いて見た様子です。



|

2019年2月 5日 (火)

サンテレビジョン JR神戸駅前に本社社屋を移転する「神戸駅前プロジェクト 新築工事」 2019年2月3日の建設状況

Kobesuntv180611
神戸駅前プロジェクト 新築工事
 
「サンテレビジョン」は、1969年5月に神戸市長田区で開局、1981年3月から神戸ポートアイランド博覧会に合わせて、現在の神戸国際交流会館内に移転しました。

 「NTT都市開発」は、「サンテレビジョン」及び「聚楽」との間で三者協定を締結し、神戸駅前敷地における放送局とホテルの複合開発について協議を進めることとなりました。

 「サンテレビジョン」は、本社社屋を神戸市中央区のポートアイランドから、JR神戸駅前の住宅展示場敷地内(ABCハウジング神戸駅前住宅公園)に建設予定のビルに移転します。2020年12月に竣工する見通しで、放送切替は2021年上期を予定しています。

 計画名は「神戸駅前プロジェクト 新築工事」で、概要は、地上12階、地下1階、延床面積約14,000㎡です。社屋移転は、災害時の放送体制を強化するためで、地震などで停電した際、72時間放送を継続できる非常用電源を備え、放送設備も更新します。
 
 ホテルは、客室数250室程度になる見込みで、関東や東北などでホテルやレストランを展開する「聚楽(じゅらく)」が運営します。「聚楽」は、西日本で初めてのホテル進出となります。
 
神戸駅前プロジェクト 新築工事の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目1番3の一部、外7筆
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 高さ-55.0m
◆ 敷地面積-約3,000㎡
◆ 建築面積-約1,800㎡
◆ 延床面積-約14,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-事務所(放送局)及びホテル
◆ 客室数-250室程度
◆ 建築主-エヌ・ティ・ティ都市開発(放送局事業者:サンテレビジョン、 ホテル事業者:聚楽(じゅらく))
◆ 設計者・監理者-東急設計、NTTファシリティーズ、鴻池組
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2019年01月07日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2020年12月25日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 放送切替-2021年上期予定


Kobesuntv190211
「神戸駅前プロジェクト 新築工事」の建設現場を西側から見た様子です。「労災保険関係成立票」によると2019年1月7日に着工したようです。施工者は「鴻池組」となっています。


Kobesuntv190212
北側から見た様子です。敷地の南西側半分に建設されています。


Kobesuntv190213
「三点式パイルドライバ」が稼働しています。


Kobesuntv190214
敷地全体を北側から見た様子です。


Kobesuntv190215
敷地の北東側半分には再び「住宅展示場」が建設されています。


Kobesuntv190216
敷地全体を東側から見た様子です。


Kobesuntv180617
「神戸駅前プロジェクト」の建築計画のお知らせです(現在は撤去されています)。



|

2019年2月 4日 (月)

三宮の新たなランドマーク 神戸阪急ビル東館 建替計画 2019年2月3日の建設状況 & 西野カナのライブ・ビューイング

Kobehankyu16041
-神戸阪急ビル東館 建替計画-
 阪急電鉄では、2021年春の竣工を目指して、地上29階、地下3階、高さ約120mの「神戸阪急ビル東館 建替計画」を進めています。既存建物等の解体工事が完了し、2017年7月3日より新築工事に着手しました。

 引用資料 阪急電鉄(PDF:2017/07/03)
 神戸の中心地・三宮に相応しいランドマークを目指して 神戸阪急ビル東館の新築工事に着手します

 新しいビルは、ホテル、オフィス、商業施設等から構成され、このうちホテルは、阪急阪神ホテルズが展開している宿泊主体型ホテル「remm(レム)」が入居する予定です。

 最上階となる29階に展望フロアを整備し、みなと街神戸の景観を楽しめるようにするとともに、オフィスフロアの最上階(15階)には神戸市が検討している産学交流拠点を誘致する考えです。

神戸阪急ビル東館 建替計画の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区加納町四丁目2番1号
◆ 階数-地上29階、地下3階
◆ 高さ-約120m
◆ 敷地面積-約7,100㎡(駅高架下範囲等を含む)
◆ 延床面積-約28,850㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、オフィス、商業施設、駅施設等
◆ 建築主-阪急電鉄
◆ 設計者・監理者-久米設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年07月03日
◆ 竣工-2021年春予定


Kobehankyu170711
(段階1) 東側部分の新築工事(2017年7月~2018年秋頃)


Kobehankyu170712
(段階2) 西側部分の解体工事・新築工事及び高層部工事(2018年秋頃~2021年春)


Kobehankyu190211
北東側から見た様子です。


Kobehankyu190212
少し角度を変えた様子です。


Kobehankyu190213
西側から見た地上躯体です。


Kobehankyu190214
「段階2」の西側部分の解体工事・新築工事及び高層部工事は、2018年秋頃~2021年春の予定です。西側部分の解体工事は終わっています。


Kobehankyu190215
一部ですが、建物内を通行する事が出来ます。


Kobehankyu190216
「東出口」付近の天井です。


Kobehankyu190217
神戸市営地下鉄西神・山手線「三宮駅」のコンコースなどがある地下1階への「エスカレーター」と「階段」です。


Kobehankyu190218
上下の「エスカレーター」が1基ずつ設置されています。


Kobehankyu190219
「エスカレーター」を地下1階から見た様子です。


Kobehankyu190220
「階段です。


Kobehankyu190221
「階段」を地下1階から見た様子です。


Kobehankyu190222
西野カナのライブ・ビューイング
 
昨日、活動休止を発表している「カナやん(西野カナ)」の「Kana Nishino Love Collection Live 2019」のライブ・ビューイングに「OSシネマズミント神戸」に行ってきました。公演は47都道府県のほか、台湾、香港の映画館でも生中継されました。

 午後5時4分~7時33分までの約2時間半でした。「カナやん」のライブでは初めてのセンターステージでした。私は、「カナやん」の曲の中で「好き」が一番好きですが、さすがのこの曲の時は涙がこぼれてしまいました。

 「カナやん」は、ずっと涙をこらえていましたが、ダブルアンコールの最後の「Best Friend」を歌い終えると、一気に涙があふれてきました。
 エンディングでは、シングル34曲のミュージックビデオ集、この日までの全211公演の秘蔵ライブ集など、活動の軌跡をたどる映像が、スタッフからサプライズで流れました。
 最後に、手を振りながら「また笑顔で会いましょう! ありがとうね~。ありがとう。みんな、またね~。ありがとう」と笑顔で去って行きました。

 いつの日か、再び帰ってくることを約束したような終わり方でしたが、私は「カナやん」はもうこの世界には帰って来ないと思います。顔は「やり切って、思い残す事は無い!」という感じの表情でした。

 「カナやん」のライブには、2014年に1回、2015年に2回、2016年に4回、2017年に2回、2018年に2回の合計11回行きました。「カナやん」には感謝の気持ちしかありません。
 2018年の「安室ちゃん」に続き、2019年の「カナやん」と2人の私の大好きな歌姫が去って行きました。帰りの電車の中での喪失感が半端無かったです・・・


Kobehankyu190223
Kana Nishino Love Collection Live 2019(横浜アリーナ)
 「Kana Nishino Love Collection Live 2019」のチケットです。友人が行ったので、チケットを撮影させてもらいました。「カナやん」の最後のライブチケットになってしまいました。

 「横浜アリーナ」で、2019年2月1日(金)、2月2日(土)、2月3日(日)の3日間行われました。まさか「活動休止」するとは思ってもいなかったので、私は申し込むませんでした。当落の発表後に「活動休止」が発表されたので、ネットでは物凄い高額で取引されていました。



|

2019年1月31日 (木)

神戸・三宮の顔 「さんプラザ、センタープラザ、センタープラザ西館」を再整備 3棟の建て替えを想定!

Kobesannomiya190111
-さんプラザ・センタープラザ・センタープラザ西館-

 「神戸新聞」は、神戸市が1月29日までに、三宮の顔である「さんプラザ、センタープラザ、センタープラザ西館」など再開発ビル3棟について、再整備に向けた調査に着手する方針を固めたと報道しました。

 3棟の敷地面積は計約15,800㎡です。今後、建て替えなどが想定されるため、神戸市は周辺への影響などの調査を進め、関係者の議論を促します。

 神戸新聞(2019/01/30)
 三宮・センタープラザ再整備へ 3棟建て替え想定 

 3棟(さんプラザ、センタープラザ、センタープラザ西館)は、1970年~1978年に完成しました。延床面積は計約13万㎡で、小売りや飲食の店舗、事務所など約670の区画があります。区分所有者は神戸市を含め、計約400人に上ります。

● 神戸市が先頭に立って動くべき!
 「区分所有者は神戸市を含め、計約400人る」というだけで合意形成は困難を極めます。関係者だけでは先に進まないと思います。このようなプロジェクトは、行政が先頭に立って動かないと先に進みません。

 名古屋駅の周辺では、2027年に開業に向けて「リニア中央新幹線」の名古屋駅の建設が行われています。用地の取得交渉は、「JR東海」から委託された名古屋市の外郭団体「名古屋まちづくり公社」が行っています。
 名古屋市が、民間事業である「リニア中央新幹線」の用地の取得交渉に関わるのは、名古屋の発展に大きく貢献する事が分かっているからです。それくらい名古屋市は必死です。

 今回のプロジェクトは、神戸市が積極的に動かないと絶対に前に進みません。でも、今の神戸市だったら「神戸市の外郭団体が管理しているとは言え、民間の事業だから民間に任せます。」と頭に花が咲いた能天気な発言をしそうで心配です。
 このままでは神戸市は、政令指定都市間競争で間違いなく脱落します。いや、すでに脱落しています。今の神戸市には ♪ ねえ シャキッとしてちょうだい! ♪ と言いたいです!


Kobesannomiya190112
「さんプラザ」です。


Kobesannomiya190113
「センタープラザ」です。


Kobesannomiya190114
「センタープラザ西館」です。



|

2018年12月17日 (月)

大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄) 正に華麗な2羽の白鳥! 国内外で最大規模の「連続斜張橋」が誕生するかも?

Kobeosakabay181211
-大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)-

 「大阪湾岸道路」は、神戸淡路鳴門自動車道垂水ジャンクションと関西国際空港近くのりんくうジャンクションを結ぶ総延長約80kmです。

 1994年に「六甲アイランド北ランプ」までが開通しましたが、六甲アイランド北ランプから名谷ジャンクションまでの西伸部約21kmが未整備となっています。

 計画中の大阪湾岸道路(阪神高速湾岸線)西伸部約21Kmのうち、「六甲アイランド北ランプ~駒栄ランプ」の約14.5kmについて、「国土交通省」は2018年12月22日(土)に起工式を開催します。総事業費は5,000億円、完成までに10年程度かかるとされています。

 国土交通省(2018/11/14)
 国道2号大阪湾岸道路西伸部 平成30年12月22日(土)に起工式を開催します。~ 今後の更なる事業進展と一日も早い完成を祈念して~

● 中間とりまとめ公表
 大阪湾岸道路西伸部の海上長大橋について、学識経験者等で構成する「大阪湾岸道路西伸部技術検討委員会」において、最適な橋梁形式選定と橋梁・構造計画のための検討を行ってきました。

  海上長大橋の橋梁形式比較案の選定に関して、一定の整理がされたことから、今後の橋梁形式決定に向けた方向性を中間とりまとめとして、12月14日に公表しました。 

 引用資料 阪神高速道路(PDF:2018/12/14)
 大阪湾岸道路西伸部技術検討委員会において海上長大橋の橋梁形式比較案が選定されました。


Kobeosakabay181212
新港・灘浜航路部(六甲アイランド~
ポートアイランド間)
 六甲アイランド~ポートアイランド間の「新港・灘浜航路部」です。「橋梁形式比較案(1):連続斜張橋(等径間)」と「橋梁形式比較案(2):単独斜張橋」が検討されています。

 「比較案(1)」は、連続斜張橋としては、国内外で実績最大規模となります。正に華麗な2羽の白鳥が羽を広げたように美しいです。私的には、「比較案(1)」を採用して欲しいです。主塔の高さはTP+195.0mです。ちなみに「TP」は、「Tokyo Peil(東京湾平均海面)」の事です。


Kobeosakabay181214
神戸西航路部(
ポートアイランド~和田岬間)
 ポートアイランド~和田岬間の「神戸西航路部」です。「橋梁形式比較案(1):1主塔斜張橋」と「橋梁形式比較案(2):2主塔斜張橋」が検討されています。

 「比較案(1)」は、1主塔斜張橋としては、国内外で実績最大規模となります。主塔の高さはTP+205.0mです。私的には、「比較案(1)」を採用して欲しいです。


Kobeosakabay180717
標準横断図

 「標準横断図」です。片側3車線+非常駐車帯となります。


Kobeosakabay180718
斜張橋は美しい!

 空撮写真は「東神戸大橋」ですが、斜張橋はその美しい形状で「白鳥が羽を広げたような美しい形」と例えられます。「斜張橋」は、ケーブルの張り方で「放射型、ファン型、ハープ型」に分かれます。

 写真の「東神戸大橋」はハープ型」になります。「大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)」の3基は、断面図を見る限り「ファン型」のようです。



|

2018年10月31日 (水)

近代洋風建築「ファミリアホール」の跡地 地上33階、高さ約117mの「ザ・パークハウス 神戸タワー」 2018年10月26日の建設状況

Kobefamilia170611
ザ・パークハウス 神戸タワー
 
神戸の近代洋風建築「ファミリアホール(旧三菱銀行神戸支店)」の外観を保存、復元するための解体作業が行われました。

 「ファミリアホール」は、1900(明治33)年に建てられ、ルネサンス様式の石造りの外観などが特徴です。子ども服メーカーの「ファミリア」が1977年に取得しました。
 老朽化によりファミリアは本社を移転しており、「ファミリアホール」や隣接する「ファミリア旧本社屋」などが建つ敷地面積3,051.00㎡を「三菱地所レジデンス」など4社に売却しています。

 跡地には、地上33階、塔屋2階、地下1階、高さ116.95m、総戸数352戸の超高層タワーマンションが建設されます。マンション建設の際には、石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。正式名称は「ザ・パークハウス 神戸タワー」です。

 引用資料 公式ホームページ
 ザ・パークハウス 神戸タワー

ザ・パークハウス 神戸タワーの概要 
◆ 計画名-(仮称)神戸市中央区相生町1丁目計画
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区相生町一丁目1番1号(地番)
◆ 交通-JR東海道本線「神戸」駅より徒歩5分、神戸高速線東西線「西元町」駅より徒歩2分、神戸高速線東西線「高速神戸」駅より徒歩6分、市営海岸線「みなと元町」駅より徒歩6分、市営海岸線「ハーバーランド」駅より徒歩6分、神戸高速線東西線「花隈」駅より徒歩7分、市営西神・山手線「大倉山」駅より徒歩9分
◆ 階数-地上33階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-116.95m
◆ 敷地面積-3,051.00㎡(売買対象面積)
◆ 建築面積-1,594.29㎡
◆ 延床面積-39.520.55㎡(容積対象面積27,426.74㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-連結制振デュアル・フレーム・システム(建物の心柱のフリーウォールと外側の住棟部をダンパーで連結) 
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-352戸
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、三菱倉庫、安田不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年04月01日
◆ 竣工-2019年11月下旬予定
◆ 入居開始-2020年02月下旬予定


Kobefamilia170612
低層部は、「ファミリアホール」の石積みを解体、組み直して外壁を復元する計画です。


Kobefamilia181011
東側から見た様子です。地震対策として、大林組独自の「デュアル・フレーム・システム(DFS)」を採用します。建物の中央に剛強な心棒を構築し、その外周に柱と梁による柔構造の建物を配置、この2つの建物を「制振装置(オイルダンパー)」で連結させる超高層制振構造です。


Kobefamilia181012
低層部に「ファミリアホール」の外壁を復元する工事も始まっています。


Kobefamilia181013
この仮設の「鉄骨」は何でしょうか?


Kobefamilia181014
北側から見た様子です。


Kobefamilia181015
南側から見た様子です。


Kobefamilia181016
外壁が「養生ネット」を通りて見えます。



|

2018年10月29日 (月)

HAT神戸 地上35階、高さ131.8mの「サンシティタワー神戸」 オープンした各施設はメチャメチャ豪華!

Kobehat181011
-サンシティタワー神戸-

 神戸市の「HAT神戸」に地上35階、地下0階、高さ131.8mの超高層の有料老人ホーム「(仮称)サンシティタワー神戸新築工事」が建設されました。

 場所は、「家電住まいる館YAMADA神戸本店(旧ヤマダ電機テックランド神戸本店)」の西側の用地で、駐車場やフットサルコート(HAT神戸フットサルラボ)などに使用されていた場所です。

 正式名称は「サンシティタワー神戸」です。2017年6月19日に施設が開設されました。敷地内には「高層棟、駐車場棟、介護棟、ホール棟、エントランス棟」の5棟が整備されています。建物1階で中庭を中心として回遊できる配置となっています。

 前回の撮影が2015年11月27日だったので、実に3年ぶりに現地を訪れました。オープンした各施設はメチャメチャ豪華でした。「お金持ちって羨ましい!」と改めて思いました・・・(涙)

サンシティタワー神戸の概要
◆ 計画名-(仮称)サンシティタワー神戸新築工事
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通二丁目3番5号
◆ 交通-阪神本線「春日野道」駅より徒歩7分
◆ 階数-地上35階、地下0階
◆ 高さ-最高部131.8m
◆ 敷地面積-12,431.56㎡
◆ 建築面積-約5,861㎡
◆ 延床面積-約57,391㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-有料老人ホーム
◆ 総戸数・室数-一般居室数483室、介護居室数91室(91床)、一時介護室4室(4床)
◆ 建築主-ヘルスケア・ジャパン
◆ 設計者・監理者-浅井謙建築研究所
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2014年06月16日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年04月30日(労災保険関係成立票より)
◆ 開設-2017年06月19日


Kobehat181012
サンシティタワー神戸の「高層棟」を南西側から引いて見た様子です。バックが快晴の青空で一発卒業が出来ました。今回は写真26枚の大作です。


Kobehat181013
最高部です。


Kobehat181014
「高層棟」を南側から見た様子です。


Kobehat181015
「高層棟」を南東側から見た様子です。


Kobehat181016
「高層棟」を南西側から見た様子です。


Kobehat181017
「高層棟」の下層階を南西側から見た様子です。


Kobehat181018
「高層棟」を北西側から見た様子です。


Kobehat181019
「高層棟」の下層階を北西側から見た様子です。


Kobehat181020
「高層棟」の北西側のエントランスです。


Kobehat181021
街区を南西側から見た様子です。


Kobehat181022
街区の南側角です。


Kobehat181023
この部分がメインの入口になります。


Kobehat181024
奥に見えるのは「ホール棟」です。


Kobehat181025
「正門」です。


Kobehat181026
「正門」を角度を変えて見た様子です。


Kobehat181027
街区南西側の植栽です。奥に見えるのは「エントランス棟」です。


Kobehat181028
街区を南東側から見た様子です。写真右側に見えるのは「介護棟」です。


Kobehat181029
街区を東側から見た様子です。


Kobehat181030
街区南東側の歩道です。南東側が「HAT神戸」のメインストリートに面しています。


Kobehat181031
植栽の密度を高くして内部が幹線道路から見えないようにしています。


Kobehat181032
南東側の歩道を東側から見た様子です。


Kobehat181033
街区を西側から見た様子です。


Kobehat181034
施設内に「クリニック」や「薬局」まであります。まさに「至れり尽くせり」です。


Kobehat181035
街区の北側の「駐車場棟」です。


Kobehat181036
「駐車場棟」を北東側から見た様子です。



|

2018年10月28日 (日)

神戸市 日本イーライリリー 神戸本社 竣工した「LILLY PLAZA ONE BLDG.(リリープラザワンビルディング)」

Kobeisogami181011
-LILLY PLAZA ONE BLDG-

 「イーライリリー・アンド・カンパニー」は、アメリカのインディアナポリス市に本社を置く国際的な製薬会社です。日本法人である「日本イーライリリー」の本社は、神戸市中央区磯上通七丁目の「三宮プラザビル」にありました。

 「磯上公園」の北側に「IPSXパーキング」がありましたが、この土地に「有限会社 建隆マネジメント」が、大型オフィスビル「(仮称)磯上オフィス新築工事」を建設し、「日本イーライリリー」が本社を移転しました。

 支持地盤が浅いこと、転石が多いことから地下階は設けていません。そのため2階が駐車場となっています。地震対策として「免震構造」を採用しています。

● 2018年5月7日に新社屋に移転!
 
「日本イーライリリー」は、2018年5月7日に新社屋に移転しました。公式ホームページでは、「日本イーライリリー株式会社 神戸本社」となっています。所在地は「神戸市中央区磯上通5-1-28 LILLY PLAZA ONE BLDG.」です。

 「日本イーライリリー」は、1975年設立以来40年以上にわたり日本本社を神戸市に置いています。新本社には、国内約3,300人の社員のうち約1,000人が働いています。

LILLY PLAZA ONE BLDGの概要
◆ 計画名-(仮称)磯上オフィス新築工事
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区磯上通五丁目1番28
◆ 階数-地上10階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-49.82m
◆ 敷地面積-3,490.16㎡
◆ 建築面積-2,437.20㎡
◆ 延床面積-22,886.14㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート、鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-オフィス(日本イーライリリーの本社)、店舗、駐車場
◆ 建築主-有限会社 建隆マネジメント
◆ 設計者-竹中工務店・昭和設計 設計共同企業体
◆ 監理者-昭和設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2017年01月26日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年03月31日
◆ オープン-2018年05月07日(新社屋に移転)


Kobeisogami181012
「LILLY PLAZA ONE BLDG.(リリープラザワンビルディング)」を「磯上公園」から見た様子です。


Kobeisogami181013
新本社には、国内約3,300人の社員のうち約1,000人が働いています。


Kobeisogami181014
南東側から見た様子です。


Kobeisogami181015
筆記体の「Lilly」のロゴです。


Kobeisogami181016
北東側から見た下層階の様子です。建物東側に「エントランス」があります。


Kobeisogami181017
正式名称は「LILLY PLAZA ONE BLDG.(リリープラザワンビルディング)」です。


Kobeisogami181018
南東側から見た下層階の様子です。


Kobeisogami181019
南西側から見た下層階の様子です。窓の無い2階が「駐車場」となっています。


Kobeisogami181020
2階の「駐車場」への出入口は南西側にあります。駐車場は「タイムズ」に運営を委託しているようです。



|

2018年10月27日 (土)

神戸市 新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事 「国土交通省」が都市再生特別措置法に基づき認定 超高層ツインタワーマンションを含む各棟の詳細が判明!

Kobeporti171011
-新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業-

 「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」で、神戸市は「住友不動産」を代表とするグループを事業者に選定しています。

 「新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業」では、歩道の拡幅や、広場、デッキの整備を行うことで、回遊性の向上を図るとともに、神戸港の雰囲気を満喫できる、新たな景観スポットの創造を目指します。

 また、文化、商業、ビジネス、居住などの様々な機能を複合的に導入することで、賑わいのあるウォーターフロント空間を形成し、神戸の中心エリアと一体となってまちづくりを進めることで、本計画地及び周辺エリアの活性化を図ります。

● 国土交通省が認定!
 
「国土交通省」は2018年10月23日に、都市再生特別措置法の規定に基づき、9月20日付けで「住友不動産、関電不動産開発、SMBC信託銀行、合同会社AQUART神戸、合同会社AQUART PARK神戸、合同会社デカンショライオン、フェリシモ」から申請のあった民間都市再生事業計画(新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2018/10/23)
 民間都市再生事業計画(新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業)を認定 ~ 神戸の新港町に、賑わいのあるウォーターフロント空間を形成 ~

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区新港町71 他
◆ 事業区域面積-34,877.95㎡
◆ 申請事業者-住友不動産、関電不動産開発、SMBC信託銀行、合同会社AQUART神戸、合同会社AQUART PARK神戸、 合同会社デカンショライオン、フェリシモ
◆ 着工-2019年04月15日予定
◆ 竣工-2024年05月31日予定

住宅棟(A地区)の概要
◆ 階数-(建築物番号1)地上27階、塔屋2階、地下1階、(建築物番号2)地上27階、塔屋2階、地下1階
塔屋2 階
◆ 高さ-(建築物番号1)約102m、(建築物番号2)約102m
塔屋2 階
◆ 敷地面積-(建築物番号1)5,300.07㎡、(建築物番号2)5,300.01㎡
◆ 建築面積-(建築物番号1)約3,040㎡、(建築物番号2)約1,886㎡
◆ 延床面積-(建築物番号1)約37,054㎡、(建築物番号2)約36,984㎡
◆ 容積対象面積-(建築物番号1)約26,487㎡、(建築物番号2)約26,494㎡
◆ 構造-(建築物番号、建築物番号2)鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(建築物番号、建築物番号2)共同住宅、物販店舗、飲食店舗
◆ 総戸数-約700戸(建築物番号1+建築物番号2)


Kobeport181011
現地に掲示してある超高層ツインタワーマンション(建築物番号1、建築物番号2)の完成予想図です。


Kobeport181012
「建築物番号1、建築物番号2」の概要図です。


Kobeport181013
「建築物番号3、建築物番号4、建築物番号5、建築物番号6」の概要図です。


Kobeport181014
南側の区画(B地区)を南西側から見た様子です。「国土交通省」の認定を受けたので、早速取材に行ってきました(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181015
内部の様子です。「地中障害物の撤去」を行っています。工期は2018年11月30日(予定)までとなっていました(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181016
仮囲いの透明のアクリル板から見た内部の様子です(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181017
南側の区画(B地区)を北西側から見た様子です(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181018
南側の区画(B地区)を北東側から見た様子です(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181019
南側の区画と北側の区画の間の道路です(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181020
北側の区画(A地区)を南西側から見た様子です。超高層ツインタワーマンションは、「A地区」に建設されます(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181021
仮囲いの透明のアクリル板から見た内部の様子です。既存建物の解体工事は終わっています(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181022
北側の区画(A地区)を南東側から見た様子です(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181023
北側の区画(A地区)を北西側から見た様子です(撮影日2018年10月26日)。


Kobeport181024
すぐ北側は「浜手バイパス」の高架橋です。この時点では雲一つない快晴でしたが、30分後には、あっという間に空が一面の雲に覆われました。

 雲一つない快晴の日はテンションが上がります。「快晴だ!」と勇んで外出して、現地に着くと空が一面の雲という事がよくあります。都市開発ウォッチングは天気との戦いです(撮影日2018年10月26日)。



|

サンテレビジョン JR神戸駅前に本社社屋を移転する「神戸駅前プロジェクト」 2018年10月26日の状況

Kobesuntv180611
-神戸駅前プロジェクト-
 
「サンテレビジョン」は、1969年5月に神戸市長田区で開局、1981年3月から神戸ポートアイランド博覧会に合わせて、現在の神戸国際交流会館内に移転しました。

 「NTT都市開発」は、「サンテレビジョン」及び「聚楽」との間で三者協定を締結し、神戸駅前敷地における放送局とホテルの複合開発について協議を進めることとなりました。

 「サンテレビジョン」は、本社社屋を神戸市中央区のポートアイランドから、JR神戸駅前の住宅展示場敷地内(ABCハウジング神戸駅前住宅公園)に建設予定のビルに移転します。2020年12月に竣工する見通しで、放送切替は2021年上期を予定しています。

 計画名は「神戸駅前プロジェクト」で、概要は、地上12階、地下1階、延床面積約14,000㎡です。社屋移転は、災害時の放送体制を強化するためで、地震などで停電した際、72時間放送を継続できる非常用電源を備え、放送設備も更新します。
 
 ホテルは、客室数250室程度になる見込みで、関東や東北などでホテルやレストランを展開する「聚楽(じゅらく)」が運営します。「聚楽」は、西日本で初めてのホテル進出となります。
 
神戸駅前プロジェクトの概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目1番3の一部、外7筆
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 高さ-55.0m
◆ 敷地面積-約3,000㎡
◆ 建築面積-約1,800㎡
◆ 延床面積-約14,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-事務所(放送局)及びホテル
◆ 客室数-250室程度
◆ 建築主-エヌ・ティ・ティ都市開発(放送局事業者:サンテレビジョン、 ホテル事業者:聚楽(じゅらく))
◆ 設計者-CAST都市開発
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年01月予定
◆ 竣工-2020年12月予定
◆ 放送切替-2021年上期予定


Kobesuntv171211
「神戸駅前プロジェクト」の建設予定地です。


Kobesuntv181011
「神戸駅前プロジェクト」の建設予定地を西側から見た様子です。


Kobesuntv181012
北側から見た様子です。


Kobesuntv181013
東側から見た様子です。


Kobesuntv181014
前回の撮影は2018年6月22日だったので約4ヶ月ぶりでした。「ABCハウジング神戸駅前住宅公園」はすっかり解体されて更地になっていました。


Kobesuntv181015
街区の東側は「神戸市宇治川ポンプ場」となっています。この部分は再開発の対象外です。


Kobesuntv180617
「神戸駅前プロジェクト」の建築計画のお知らせです(現在は撤去されています)。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場