59 兵庫県・その他

2020年9月24日 (木)

兵庫県三田市 地上20階、 延床面積約75,000㎡の「三田駅前Cブロック地区第一種市街地再開発事業」 施行地区となるべき区域を表示する図面の縦覧を実施!

Mita200911
-三田駅前Cブロック地区第一種市街地再開発事業-

 兵庫県三田市は、2020年9月23日付けで三田駅前Cブロック地区について、第一種市街地再開発事業の施行地区となるべき区域の公告をしました。これに伴い、2020年9月23日(水)~10月7日(水)まで、施行地区となるべき区域を表示する図面の縦覧を実施しています。

 引用資料 三田市・公式HP
 三田駅前Cブロック地区第一種市街地再開発事業

 引用資料 兵庫県・公式HP(PDF)
 三田駅前Cブロック地区市街地再開発事業

 「三田駅前Cブロック地区第一種市街地再開発事業」の予定地は、JR・神戸電鉄三田駅の南に位置していますが、脆弱な都市基盤に老朽化した低層建築物が密集し、かつ空閑地が混在していることから、再開発事業により合理的かつ安全な土地利用を図り、商業、業務、住宅等の複合的な都市機能の立地を誘導することを目的とします。

三田駅前Cブロック地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-兵庫県三田市駅前町内
◆ 交通-JR福知山線「三田」駅、神鉄三田線「三田」駅
◆ 階数-地上20階、地下0階(住宅棟)
◆ 高さ-60.0m(住宅棟)
◆ 地区面積-約19,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約75,000㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-店舗、業務、共同住宅、駐車場
◆ 総戸数-約570戸(施設全体)
◆ 建築主-三田駅前Cブロック地区市街地再開発組合(現在は三田駅前Cブロック地区再開発準備組合)
◆ 組合設立認可-2021年度予定
◆ 着工-2022年度予定(権利変換計画認可、工事着手)
◆ 竣工-2025年度予定(工事完了  )
◆ 総事業費-250億円


Mita200912
「断面図」です。


Mita200913
「配置図兼1階平面図」です。


Mita200914
地区の概況

 「三田駅前地区」は、三田市の玄関口であるJR・神鉄三田駅の南側に位置し、中心商業地として発展してきたことから都市拠点区域に位置づけられています。

 三田市では三田駅前再開発整備構想を定め、三田駅前地区の約5haを「A、B、C、D」の4ブロックに区分し、順次、市街地再開発事業を実施し、すでに「A、B、D」の3ブロックが事業完了しています。


Mita200915
「位置図」です。



|

2020年9月 2日 (水)

パソナグループ 「東京一極集中」の流れを変える壮大な実験 東京都千代田区大手町二丁目から淡路島(兵庫県淡路市夢舞台)に本社を移転!

Pasona200911
-パソナグループ-

 人材派遣大手の「パソナグループ」の本社は、 東京都千代田区大手町二丁目にあります。「パソナグループ」の本社はがある街区は、三菱地所が進める「常盤橋街区再開発プロジェクト」の街区内にあります。

 再開発が開始される前は、一番東側の「大和呉服橋ビル」に本社がありましたが、「Ⅰ期工事」として解体工事が行われたため、2017年7月に街区内の「日本ビル」にパソナグループ本部ビル「JOB HUB SQUARE」を開設しました。

 「日本ビル」のパソナグループ本部ビル「JOB HUB SQUARE」も再開発のために解体される運命にあります。そのような状況の時に、世界を「新型コロナウィルス」が襲いました。

● パソナグループが淡路島に本社を移転!
 8月31日から情報が駆け巡っていますが、「パソナグループ」は2020年9月から段階的に、東京にある本社の主要機能を兵庫県の淡路島に移します。主要幹部は淡路島に常駐し、経営企画や人事などの本部機能の約1,200人が対象になる見通しです。

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に働き方やオフィス機能の見直しが広がっており、南部靖之代表は、「上場企業の先陣を切って本社機能を地方に移転する。淡路島では賃料などが首都圏に比べて5分の1程度と安く、節減できた経費は社員に還元できる」と述べています。

 ただ、これは簡単ではないです。東京を離れるのは社内の抵抗も多いと予想されます。独身の社員は淡路島への転勤はそんなに難しくないと思いますが、首都圏の学校に通学している子供のいる社員は、非常に難しいと思います。首都圏から離れるのが嫌で、退社する社員も出てくるでしょう。

 しかし、失敗を恐れていては何も始まりません。「パソナグループ」の壮大な実験は大きな意味があると思います。もし、「パソナグループ」成功すると、後に続く大企業が出てくると思います。これは「東京一極集中」の流れを変える壮大な実験とも言えます。


Pasona200912
JOB HUB SQUARE

 パソナグループは、同じ千代田区大手町二丁目の街区内の「大和呉服橋ビル」から2017年7月に「日本ビル」に本社を移転し、パソナグループ本部ビル「JOB HUB SQUARE」を開設しました。

● 再度の本社移転が迫っていた!
 「日本ビル」のパソナグループ本部ビル「JOB HUB SQUARE」は、常盤橋街区再開発プロジェクトの「Ⅱ期工事」として解体される運命にあります。淡路島に本社を移転しなくても本社の移転が必要でした。


Tokyotokiwabashi200411
東京駅前常盤橋プロジェクト

 三菱地所が進める常盤橋街区再開発プロジェクトである「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事(A棟・B棟・C棟・D棟)」は、地上61階、高さ約390m、総延床面積約686,000㎡、総事業費を含め国家プロジェクト並の規模となります。

● B棟の規模が延床面積約545,000㎡に規模拡大
 「三菱地所は」、「東京駅前常盤橋プロジェクト」の高さ約390mの「B棟」の建築計画を一部変更します。地上61階、地下5階、延床面積約490,000㎡から地上63階、地下4階、延床面積約545,000㎡に規模を拡大します。高さ約390mは変更ありません。

東京駅前常盤橋プロジェクトの概要(変更前)
◆ 計画名-大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事(A棟・B棟・C棟・D棟)
◆ 所在地-東京都千代田区大手町二丁目8番1他、中央区八重洲一丁目2番1他
◆ 階数-地上61階、塔屋2階、地下5階(B棟)
◆ 高さ-最高部約390m(B棟)
◆ 敷地面積-約31,400㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約20,400㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約686,000㎡(施設全体)
◆ 用途-オフィス、店舗、変電所、下水ポンプ場、駐車場等
◆ 建築主-事業権利者(三菱地所、東京都下水道局、大和証券グループ本社、三越伊勢丹、東京電力パワーグリッド、有限会社大手町開発、独立行政法人都市再生機構、他)
◆ 着工-2017年04月末
◆ 竣工-2027年09月下旬予定


Pasona200913
パソナグループ淡路島オフィス(Googleマップ引用)
 赤いピンがある場所が、兵庫県淡路市夢舞台2番地の「パソナグループ淡路島オフィス」です。「パソナグループ淡路島オフィス」を中心として、パソナグループの拠点が整備される予定です(Googleマップの衛星写真を引用)。

● 南部靖之氏は神戸市出身
 
「パソナ」の創業者である「南部靖之氏」は、兵庫県神戸市出身です。パソナグループは、淡路島に体験型エンターテインメント施設「ニジゲンノモリ」などを次々とオープンさせています。

 淡路島が選ばれたのは、パソナグループとの深いつながりが理由ですが、大都市の大阪市や神戸市に近いことや、高速艇があれば「関西国際空港」にすぐ行けるのも大きな理由だと思われます。


Pasona200914
淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
 「パソナグループ淡路島オフィス」のすぐ近くに淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」があります。西日本最大規模の「蘭(ラン)」の展覧会が毎年行われているので、私も数年に1度行くのですが、「淡路夢舞台」は、公共交通機関がバスしかありません。しかも、神戸方面には「明石海峡大橋」を渡る必要があるので、バスの料金が高いです。

● 神戸とは距離が非常に近いが心理的な距離は遠い!
 神戸市は、「明石海峡大橋」を渡るとすぐです。地図を見ると分かりますが、「淡路夢舞台」と「神戸市」は距離的に非常に近いです。しかし、鉄道で結ばれている訳では無く、利用者が限られる海運を除くとバスしかないので、心理的な距離が非常に遠いです。この心理的な距離を縮める何かの方策が必要です。



|

2020年7月21日 (火)

明石市役所 現地での建て替えに決定した新庁舎 「明石市役所新庁舎建設設計業務」の公募型プロポーザル 「安井建築設計事務所」に決定!

Akashi200751
-明石市役所-
 
現在の明石市の本庁舎は、1970年に当時の旧耐震基準で建設され、耐震診断で「改修が必要」と判定されています。施設の耐用年数の目安となる築後50年が近づくなか、施設の老朽化の進行とともに、修繕範囲の拡大や維持管理コストの増大等の問題も大きくなってきています。

 新庁舎の整備検討に当たっては、「(1)現在地、(2)明石駅周辺、(3)JT跡地、(4)明石駅周辺とJT跡地への分散配置」の4案を候補地として検討を進めてきましたが、2019年10月15日の明石市議会の本会議で、現地建て替えを求める特別委員会の提出議案を全会一致で可決しました。

 明石市は2020年4月27日付でに、「明石市役所新庁舎建設設計業務」の公募型プロポーザルを公告しました。一次審査(参加要件の審査)の結果通知が2020年6月1日、二次審査の結果通知が2020年7月中旬を予定しています。

● 受託予定者の決定!
 公募型プロポーザルによる明石市役所新庁舎建設設計業務委託に係る受託予定者が決定し、2020年7月16日に公開されました。受託予定者は「安井建築設計事務所」となっています。

 引用資料 明石市・公式HP(更新日:2020/07/16)
 【公募型プロポーザル方式】明石市役所新庁舎建設設計業務委託


Akashi200752
「環境への配慮とライフサイクルコストの縮減」です。


Akashi200753
「庁舎規模のスリム化など事業費抑制のための工夫」です。


Akashi200754
「配置図」です。



|

2020年7月11日 (土)

明石市のJT跡地 明石スマートタウン 総戸数810戸の大規模プロジェクト「シエリアシティ明石大久保」

Akashi200711
-JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル-
 有力な新興企業を継続的に生み出すシリコンバレーのような拠点構築に向け、政府が「グローバル拠点都市」として、東京・横浜、名古屋・浜松、大阪・京都・神戸、福岡の4都市圏を選定したそうです。

 「福岡市」だけを選ぶとか1点集中型にすれば、少しは効果があるかも知れませんが、立候補が多かったので上積みしたそうです。これでは今までと全く変わりません。こんな「総花的」な政策で未上場で企業価値10億ドル以上の「ユニコーン企業」が誕生するとはとても思えません。「中核国際港湾整備」と同じでほとんど効果がないと思います。

 本題に戻って、「関電不動産開発、三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、住友林業」で構成するグループは、明石市が実施した「JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル」に応募し、優先交渉権者に選定されました。

 引用資料 関電不動産開発(PDF:2018/10/31)
 明石市大久保町 JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル開発事業者に選定

 明石市の「住みたい、住み続けたいまち」の指針に沿い、周辺環境と調和した明石の新たなシンボルとなるべく、開発事業に取り組みます。住宅計画は、「関電不動産開発、三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発」のマンションが3棟で総戸数810戸、「住友林業」の戸建住宅17戸を予定しています。

● シエリアシティ明石
 正式名称は「関電不動産開発」の「シエリア」のブランドを冠した「シエリアシティ明石大久保」となっています。公式ホームページもオープンしています。明石スマートタウンとは「シエリアシティ明石大久保」を中心とした住街区を愛称化したものです。

 引用資料 公式ホームページ
 シエリアシティ明石大久保

シエリアシティ明石大久保の概要

◆ 所在地-兵庫県明石市大久保町ゆりのき通二丁目50番6(地番)
◆ 交通-JR神戸線「大久保」駅徒歩6分、山陽電鉄本線「中八木」駅徒歩14分
◆ 階数-(A棟)地上14階、地下0階、(B棟)地上14階、地下0階、(C棟)地上13階、地下0階
◆ 高さ-(A棟)41.59m、(B棟)41.59m、(C棟)38.68m
◆ 敷地面積-(施設全体)30,800.48㎡、(A棟)9,169.50㎡、(B棟)11,895.05㎡、(C棟)9,735.93㎡
◆ 建築面積-(A棟)3,398.69㎡、(B棟)3,977.28㎡、(C棟)2,895.09㎡
◆ 延床面積-(A棟)20,470.13㎡、(B棟)24,627.86㎡、(C棟)20,823.22㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造(A棟、B棟、C棟)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-810戸(A棟251戸、B棟298戸、C棟261戸)
◆ 建築主-関電不動産開発、三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発
◆ 設計者・監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-鍜治田工務店
◆ 着工-2020年02月
◆ 竣工-(A棟)2022年03月予定、(B棟)2023年02月予定、(C棟)2024年02月予定
◆ 入居開始-(A棟)2022年03月予定、(B棟)2023年03月予定、(C棟)2024年03月予定


Akashi200712
「イメージパース1 西方向から見た鳥瞰図」です。「A棟、B棟、C棟」の3棟のマンションが建設されます。対象地の敷地面積は35,680.18㎡ですが、「住友林業」の戸建敷地や帰属公園・開発道路を除いたマンション3棟の敷地面積は30,800.48㎡となります。


Akashi200713
「イメージパース2 マンション共用棟(コミュニティHUB)」です。


Akashi200714
「住・商・学・医・公」の大規模複合開発タウンとなっています。


Akashi200715
「位置図」です。明石スマートタウンとは「シエリアシティ明石大久保」を中心とした住街区を愛称化したものです。



|

2020年6月30日 (火)

総延床面積約376,000㎡の「プロロジス猪名川プロジェクト」 マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク猪名川1 & プロロジスパーク猪名川2」が着工!

Prologis200611
-プロロジスパーク猪名川-

 日本全国で巨大物流施設の建設ラッシュになっています。特に首都圏と関西圏が顕著で、牽引するのが「プロロジス」や「ESR(旧レッドウッドグループ・ジャパン)」や「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)」などの外資系です。

 「プロロジス」は、物流施設の集積拠点を開発、運営する提案を行い、優先交渉事業者に選ばれ、2017年2月に「猪名川町産業拠点地区まちづくり基本協定書」を猪名川町と締結、2017年3月に開発許可を取得しました。2017年6月16日に、兵庫県川辺郡猪名川町で、先進的物流施設の集積拠点となる産業団地「プロロジス猪名川プロジェクト」の造成工事の起工式を行いました。

 兵庫県川辺郡猪名川町において進行中の「プロロジス猪名川プロジェクト」について、2棟のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク猪名川1」と「プロロジスパーク猪名川2」を2020年6月5日に着工しました。

 引用資料 プロロジス(2020/06/05)
 プロロジス、兵庫県猪名川町において物流施設「プロロジスパーク猪名川1・2」を起工し、開発実績は100棟に

 引用資料 公式ホームページ
 プロロジス


Prologis200612
開発地には、周辺住民や施設で働く労働者が憩いの場として利用できる約4,000㎡の公園と、約8,000㎡の防災広場を整備し、猪名川町へ提供します。防災広場は、ドクターヘリの発着や災害時の消防活動拠点・避難拠点として活用されます。


Prologis200613
「プロロジスパーク猪名川1」の完成予想パースです。

プロロジスパーク猪名川1の概要
◆ 開発地-兵庫県川辺郡猪名川町差組字小谷101-1他と2他
◆ 階数-地上6階
◆ 敷地面積-107,172.74㎡
◆ 延床面積-218,152.22㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 着工-2020年06月05日
◆ 竣工-2021年11月予定


Prologis200614
「プロロジスパーク猪名川2」の完成予想パースです。

プロロジスパーク猪名川2の概要
◆ 開発地-兵庫県川辺郡猪名川町差組字小谷101-1他と2他
◆ 階数-地上5階
◆ 敷地面積-85,380.20㎡
◆ 延床面積-158,646.97㎡
◆ 構造-(柱・梁)鉄骨造
◆ 着工-2020年06月05日
◆ 竣工-2021年08月予定



|

2020年4月29日 (水)

明石市役所 現地での建て替えに決定した新庁舎 「明石市役所新庁舎建設設計業務」の公募型プロポーザルを公告!

Akashi200411
-明石市役所-
 
現在の明石市の本庁舎は、1970年に当時の旧耐震基準で建設され、耐震診断で「改修が必要」と判定されています。施設の耐用年数の目安となる築後50年が近づくなか、施設の老朽化の進行とともに、修繕範囲の拡大や維持管理コストの増大等の問題も大きくなってきています。

 「市役所新庁舎建設基本構想」は、現在の市役所庁舎の現状と課題等を踏まえ、これからの市役所庁舎の機能、規模、位置、事業手法などの主な事項について、今後、具体的な整備検討を進める前段階として、市役所庁舎のあり方についての基本的な考え方をとりまとめたものです。

 新庁舎の整備検討に当たっては、「(1)現在地、(2)明石駅周辺、(3)JT跡地、(4)明石駅周辺とJT跡地への分散配置」の4案を候補地として検討を進めてきましたが、2019年10月15日の明石市議会の本会議で、現地建て替えを求める特別委員会の提出議案を全会一致で可決しました。

 引用資料 明石市・公式HP
 市役所新庁舎建設基本計画

● 公募型プロポーザルを公告!
 明石市は2020年4月27日付でに、「明石市役所新庁舎建設設計業務」の公募型プロポーザルを公告しました。一次審査(参加要件の審査)の結果通知が2020年6月1日、二次審査の結果通知が2020年7月中旬を予定しています。

 明石市 公式HP(2020/04/28)
 【公募型プロポーザル方式】明石市役所新庁舎建設設計業務委託(4月27日公表)


Akashi200412
「建物ボリュームイメージ」です。


Akashi200413
「土地利用イメージ」です。


Akashi200414
採用されなかった「明石駅周辺」の位置図です。


Akashi200415
採用されなかった「JT跡地」の位置図です。


Akashi200416
採用されなかった「分散配置(明石駅周辺 、JT跡地)」の位置図です。



|

2020年1月22日 (水)

近畿日本鉄道 2020年3月14日(土)にダイヤ変更 土・休日は阪神線と直通運転している「快速急行」を8両編成に! 芦屋駅は通過

 Kobeuozaki191115
-阪神本線-
 阪神本線内は最大6両編成での運転なので、ラッシュ時には最大10両編成で運転されている近鉄の「快速急行」は、尼崎駅で6両編成に切り離され神戸三宮方面へ向かいます。

 阪神本線内の「快速急行」の停車駅では、近鉄車両の8両編成が停車可能なようにホームを延伸しています。阪神本線内の「快速急行」の停車駅は、「阪神三宮(対応済)-魚崎(工事中)-芦屋(未対応)-西宮(対応済)-今津(対応済)-甲子園(対応済)-武庫川(工事中)-尼崎(対応済)」です。芦屋駅以外は対応済もしくは工事中です。

● 2020年3月14日(土)から8両編成に!
 近鉄では、2020年3月14日(土)にダイヤ変更を行います。土・休日、阪神線と直通運転している6両編成の「快速急行」を8両編成で運転します(一部列車を除く)。あわせて、途中駅で車両の連結解放作業を取り止めること等により所要時分を平均4分短縮します。

 引用資料 近畿日本鉄道(PDF:2020/01/21)
 2020年のダイヤ変更について


Ashiyaashiya200111
「奈良・神戸三宮間の所要時分」です。最速の列車は、奈良・神戸三宮間の所要時分を79分から76分に3分短縮します。


Ashiyaashiya191211
 
芦屋駅
 「芦屋駅」が対応すれば「快速急行」の停車駅はすべて8両編成が可能となりますが、「芦屋駅」は、東側の大阪梅田方面に「芦屋駅踏切」、西側の神戸三宮方面に「芦屋川西岸踏切」があり、「連続立体交差化」を行う以外はホームの延伸が行えません。

 現在の「芦屋駅」のホーム有効長は約130mです。近鉄の「快速急行」6両編成には対応しますが、近鉄の「快速急行」8両編成に対応出来ません。近鉄の車両は長く1両約21mもあります。約21m×8両=約168mで、ホームの長さは約170m必要です。

 可能性としては、 ”(1)8両編成の「快速急行」は「芦屋駅」を通過駅とする。(2)片方の踏切に停車させて2両分「ドアカット(一部車両のドアを開けない)」する。” の2通りが考えられます。

● 土休日は通過で対応!
 「快速急行」の停車駅である「芦屋駅」は、駅両端に踏切がありホーム延伸が難しいことから、平日の停車は継続しますが、土休日は通過に変更されます。「ドアカット」による停車ではなく、「通過」という結論に至りました。

 乗りものニュース(2020/01/21)
 快速急行の運行時間帯拡大 土休日は8両編成&芦屋通過に 阪神電鉄3月ダイヤ改正


Ashiyaashiya191215
「芦屋駅」の東側(大阪梅田方面)です。すぐに「芦屋駅踏切」があります。


Ashiyaashiya191217
「芦屋駅」の西側(神戸三宮方面)です。すぐに「芦屋川西岸踏切」があります。



|

2020年1月20日 (月)

JR西日本 設置工事が進む「明石駅(3番のりば・4番のりば)」の「昇降式ホーム柵」 使用開始は2020年春頃予定!

Akashi200111
-JR明石駅-

 「JR西日本」では、駅のホームにおける安全性向上を重要な経営課題ととらえ、ハード・ソフトの両面からさまざまな取り組みを進めているところですが、その核となるハード対策として「ホーム柵」の整備を進めています。

 JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」は、ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。

 JR明石駅では、国、兵庫県、明石市の協力により、「3番のりば」と「4番のりば」に「昇降式ホーム柵」を設置する工事を行っています。使用開始時期は、2020年春頃の予定です。

 JR西日本 ニュースリリース(2018/09/07)
 ~駅のホームの安全性向上にむけて~ 明石駅3・4番のりばに「昇降式ホーム柵」を設置します 

JR明石駅の昇降式ホーム柵
◆ 設置箇所-3番のりば(JR神戸線):主に加古川・姫路方面への特急・新快速電車が発着、新快速・快速電車が発着、4番のりば(JR神戸線):主に三ノ宮・尼崎・大阪方面への特急・新快速電車が発着
◆ 諸元-高さ約1.3m、最大開口約13m、柵延長約240m
◆ 使用開始日-2020年春頃予定


Akashi200112
JR明石駅の「3番のりば・4番のりば」です。JR神戸線は、大阪駅-兵庫駅間は「方向別複々線」、新長田駅- 西明石駅間は「線路別複々線」となっています。そのため明石駅では新快速の上下線が同じ島の 「3番のりば・4番のりば」に発着します。


Akashi200113
「3番のりば(JR神戸線)」です。主に加古川・姫路方面への特急・新快速電車が発着します。最大開口約13mもあるので、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。


Akashi200114
「昇降式ホーム柵」のユニットの設置が行われています。


Akashi200115
使用開始前なので、このように「ワイヤーロープ」を常に上昇した状態で固定しています。


Akashi200116
横から見た様子です。


Akashi200117
「4番のりば(JR神戸線)」です。主に三ノ宮・尼崎・大阪方面への特急・新快速電車が発着します。「昇降式ホーム柵」のユニットの設置が行われています。


Akashi200118
JR明石駅の「1番のりば・2番のりば」です。快速・普通が発着します。「1番のりば・2番のりば」へのホーム柵の導入は未定です。



|

2019年12月 5日 (木)

近鉄の「快速急行」8両編成に対応 ホームの延伸が不可能な阪神本線「芦屋駅」 芦屋駅は「通過」もしくは「ドアカット」で対応?

Ashiyaashiya191211
-阪神本線・芦屋駅-

 阪神本線内は最大6両編成での運転なので、ラッシュ時には最大10両編成で運転されている近鉄の「快速急行」は、尼崎駅で6両編成に切り離され神戸三宮方面へ向かいます。

 阪神本線内の「快速急行」の停車駅では、近鉄車両の8両編成が停車可能なようにホームを延伸しています。阪神本線内の「快速急行」の停車駅は、「阪神三宮(対応済)-魚崎(工事中)-芦屋(未対応)-西宮(対応済)-今津(対応済)-甲子園(対応済)-武庫川(工事中)-尼崎(対応済)」です。芦屋駅以外は対応済もしくは工事中です。

● 芦屋駅は通過もしくはドアカットで対応?
 「芦屋駅」が対応すればすぐにでも8両編成対応が可能ですが、事は簡単ではありません。「芦屋駅」は6両用編成のホームの両側を「踏切」に挟まれていてホームの延伸が不可能なためです。

 現在の「芦屋駅」のホーム有効長は約130mですが、東側の大阪梅田方面には「芦屋駅踏切」、西側の神戸三宮方面には「芦屋川西岸踏切」があり、「連続立体交差化」を行う以外はホームの延伸が行えません。

 「芦屋駅」の連続立体交差化を行うには今からだと20年以上かかります。高架化するにも天井川の「芦屋川」の更に上になるので高さが高過ぎて景観に厳しい芦屋市では難しいです。地下化も天井川の「芦屋川」の下を通すので勾配的に難しいです。

 可能性としては、 ”(1)8両編成の「快速急行」は「芦屋駅」を通過駅とする。(2)片方の踏切に停車させて2両分「ドアカット(一部車両のドアを開けない)」する。” の2通りが考えられます。

 朝のラッシュ時間帯は、駅東側の「芦屋駅踏切」は、「国道2号」から「国道43号」に南北に抜ける自動車による渋滞が起きているので、駅西側の「芦屋川西岸踏切」の2両分の「ドアカット」が現実的だと思われます。「ドアカット」されている駅は、日本国内には結構あります。


Ashiyaashiya191212
阪神本線「芦屋駅」は、相対式2面2線の地上駅です。


Ashiyaashiya191213
ホームの中間部は「芦屋川」の橋梁上にあります。「芦屋川」は天井川なので、勾配的に高架化も地下化も非常に難しいです。


Ashiyaashiya191214
「芦屋駅」のホーム有効長は約130mです。近鉄の「快速急行」6両編成には対応しますが、近鉄の「快速急行」8両編成に対応出来ません。近鉄の車両は長く1両約21mもあります。約21m×8両=約168mで、ホームの長さは約170m必要です。 


Ashiyaashiya191215
「芦屋駅」の東側(大阪梅田方面)です。すぐに「芦屋駅踏切」があります。


Ashiyaashiya191216
「芦屋駅踏切」です。「芦屋駅踏切」は、朝のラッシュ時間帯は「国道2号」から「国道43号」に南北に抜ける自動車による渋滞が起きているので、「ドアカット」は現実的ではありません。


Ashiyaashiya191217
「芦屋駅」の西側(神戸三宮方面)です。すぐに「芦屋川西岸踏切」があります。


Ashiyaashiya191218
「芦屋川西岸踏切」です。「芦屋川西岸踏切」に電車を停車させて、2両分の「ドアカット」を行うのが現実的だと思われます。直通している山陽電鉄の「大塩駅」も 3番線のホーム有効長が5両分しかないため、直通特急など6両編成の列車は、山陽姫路方面の1両分を「ドアカット」しています。



|

2017年6月17日 (土)

プロロジス 延床面積約258,000㎡の「プロロジス猪名川プロジェクト」 & 延床面積約161,000㎡の「プロロジスパーク京田辺」 巨大物流施設を着工!

Prologis170611
-プロロジス猪名川プロジェクト-

 この記事がこのブログの6000記事目になります。変更前のブログタイトル「大阪駅北地区 成長記録」を始めたのが2007年6月20日だったので10年になります。今後も頑張って更新していきますのでよろしくお願い致します。

 日本全国で巨大物流施設の建設ラッシュになっています。特に首都圏と関西圏が顕著で、牽引するのが「プロロジス」や「ESR(旧レッドウッドグループ・ジャパン)」や「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)」などの外資系です。

 「プロロジス」は6月16日に、兵庫県川辺郡猪名川町で、先進的物流施設の集積拠点となる産業団地「プロロジス猪名川プロジェクト」の造成工事の起工式を行いました。

 引用資料 プロロジス(2017/06/16)
 プロロジス、兵庫県において産業拠点地区開発事業 「プロロジス猪名川プロジェクト」をスタート~事業面積約45万㎡、官民一体となり整備する国内最大級の物流施設集積拠点~

 「プロロジス」は、物流施設の集積拠点を開発、運営する提案を行い、優先交渉事業者に選ばれ、この2017年2月に「猪名川町産業拠点地区まちづくり基本協定書」を猪名川町と締結、2017年3月に開発許可を取得しました。

 プロジェクトは、官民が一体となって整備する物流施設集積拠点としては国内最大規模であり、「プロロジス」の開発実績としても国内最大です。

プロロジス猪名川プロジェクトの概要
◆ 開発地-兵庫県川辺郡猪名川町肝川・差組地内
◆ 開発区域面積-約452,000㎡
◆ 計画総延床面積-約258,000㎡
◆ 計画施設-マルチテナント型施設×1棟、BTS(特定企業専用物流)型施設×4棟
◆ 事業期間-2015年度~2025年度予定
 ◇ 2017年06月16日-造成工事開始(起工式)
 ◇ 2019年11月末-造成工事完了、第1棟開発着手予定
 ◇ 2021年春~夏-第1棟竣工予定


Prologis170612
「プロロジス猪名川プロジェクト」は、2017年秋には、開発地から約2kmの地点に新名神高速道路 「川西IC」が開通する予定であり、大阪市内への配送に加えて、京都方面から広島方面まで西日本各地へ効率的にアクセスが可能な立地です。


Prologis170613
プロロジスパーク京田辺

 「プロロジス」は2017年5月26日に、京都府京田辺市にマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク京田辺」の起工式を行いました。

 引用資料 プロロジス(2017/05/26)
 プロロジス、京都府京田辺市にて「プロロジスパーク京田辺」の起工式を挙行 

 「プロロジス」にとって京都府における初の開発案件です。新名神高速道路の整備により将来ポテンシャルが期待できるため、新たな物流ハブとして開発し、2018年10月竣工予定です。

プロロジスパーク京田辺の概要
◆ 所在地-京都府京田辺市松井宮田
◆ 階数-地上6階
◆ 敷地面積-69,701.56㎡
◆ 延床面積-161,356.73㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造+鉄骨造
◆ 着工-2017年05月26日(起工式)
◆ 竣工-2018年10月予定


Prologis170614
「プロロジスパーク京田辺」の開発地は、新名神高速道路「八幡京田辺JCT・IC」および第二京阪道路「京田辺松井IC」より約300mと至近で、東西および南北の物流の結節点に位置しています。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 石川県・福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県 88 沖縄県 89 愛媛県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際