49 大阪府・その他

2021年2月13日 (土)

枚方市駅と一体 高さ約126m(地上26階)、高さ約109m(地上29階)の「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」 権利変換計画認可!

Hirakata210211
-枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業-

 「枚方市駅周辺地区第1種市街地再開発事業」の予定地は、枚方市が策定した「枚方市駅周辺再整備ビジョン」において、枚方市駅周辺の主軸となる「ふれあい軸」、「広域駅前拠点」、「まちなか交流拠点」として位置づけられています。

 この整備方針に基づき、市街地再開発事業を実施することにより、枚方市駅周辺全体のまちづくりを連鎖的に進めていくためのリーディングプロジェクトとして、今後の枚方市駅周辺の再整備において重要な意義を有しています。

 駅前の立地を活かし、商業施設、事務所施設、住宅施設、宿泊施設及び駐車場施設を一体的に整備することで、枚方市駅の周辺地域の活性化に寄与する魅力ある都市空間を形成するとともに、防災性能に優れた建物を整備することで、安全安心な市街地の形成を目的としています。

 「枚方市駅周辺地区第1種市街地再開発事業」は、「第1工区、第2工区、第3工区」の3工区で構成さています。中心となる「第3工区」は、2021年度着工、2023年度竣工を予定しています。

● 権利変換計画の認可!
 「京阪ホールディングス、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産」が、組合員の一員として参画している「枚方市駅周辺地区市街地再開発組合」が進める、「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」において、2月10日付で大阪府知事より権利変換計画の認可を受けました。

 引用資料 京阪ホールディングス(PDF:2021/02/10)
 「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」権利変換計画認可のお知らせ

 京阪グループが区分所有する「第3工区」においては、駅と一体となる商業、オフィス、ホテル、住宅、行政等の機能を備えた複合施設の整備を推進し、2023年度の建物竣工を目指しています。

 高層棟の上層部には、「唯一無二の“4 つ星ホテル”」をコンセプトとする、「カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント」のホテルブランド「CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)」が出店します。
 デザイン性を重視した内装で大阪や京都が一望できる客室、最上階には露天風呂付きの「天空のスカイスパ」を設置し、これまで枚方では体感することができなかった新たな価値を提供します。

枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-大阪府枚方市新町一丁目、岡本町及び岡東町地内
◆ 交通-京阪本線・交野線「枚方市」駅
◆ 区域面積-約29,000㎡
◆ 建築主-枚方市駅周辺地区市街地再開発組合(参加組合員 京阪ホールディングス、京阪電鉄不動産、枚方信用金庫、北大阪商工会議所)
◆ 一般業務代行者-アール・アイ・エー、大和不動産鑑定コンソーシアム
◆ 特定業務代行者-大林組
◆ 着工-2021年度予定
◆ 竣工-2023年度予定
◆ 総事業費-約433億円

第3工区の概要
◆ 階数-(高層棟)地上26階、(住宅棟)地上29階、(低層棟)地上10階
◆ 高さ-(高層棟)最高部約126m、(住宅棟)最高部約109m
◆ 敷地面積-約15,000㎡
◆ 延床面積-約94,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-店舗、オフィス、ホテル、共同住宅、駐車場
◆ 客室数-139室(カンデオホテルズ)
◆ 総戸数-約200戸

第2工区の概要
◆ 階数-地上14階、地下0階
◆ 高さ-約45m
◆ 敷地面積-約4,950㎡
◆ 延床面積-約8,900㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-店舗、共同住宅、駐車場

第1工区の概要
◆ 階数-地上6階、地下1階
◆ 高さ-約25m
◆ 敷地面積-約1,450㎡
◆ 延床面積-約5,900㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-店舗


Hirakata210221
「天空のスカイスパ(カンデオホテルズのイメージ)」です。


Hirakata210222
「フロントロビー(カンデオホテルズのイメージ)」です。


Hirakata210223
「客室(カンデオホテルズのイメージ)」です。


Hirakata210224
「施行地区区域図」です。



|

2021年2月 6日 (土)

吹田市健都イノベーションパーク利用事業 「エア・ウォーター」が優先交渉権者に決定 操業開始は2023年4月頃予定!

Suita210221
-健都イノベーションパーク-

 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

 「国立循環器病研究センター」や「市立吹田市民病院」の移転建て替えが行われました。こうした経緯等を踏まえ、この地区の名称を日本語表記「北大阪健康医療都市」、英語表記「Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)」、愛称「健都(けんと)」に決定しています。

 「健都イノベーションパーク」は、北大阪健康医療都市における「国立循環器病研究センター」を中心とした国際級の複合医療産業拠点の形成を図るべく、「健康と医療」をキーワードに先端的な研究開発を行う企業等の研究施設を集積させる場としています。

● エア・ウォーターが優先交渉権者に決定!
 大阪府吹田市は、健都イノベーションパークの敷地面積3,663.61㎡を対象に、土地を取得して施設を整備・運営する事業者を決める公募型プロポーザルを実施しました。審査の結果、「エア・ウォーター」を優先交渉権者に選定しました。操業開始は、2023年4月頃を予定しています。

 引用資料 吹田市・公式HP(2021/02/05)
 吹田市健都イノベーションパーク利用事業(令和2年度公募)の選定結果

 事業コンセプトは、「地域に開かれたオープンイノベーション推進施設を整備し、“地域とのつながり” 、“技術のつながり”、“事業者のつながり”を誘発します。これらの“つながり”をきっかけに、医療・福祉・農業・食品分野を融合し、“すこやかなくらし”にまつわる幅広い事業を創造、発信する場となることで、多くの方の新しい知恵とアイデアをカタチにします。」となっています。

 「エア・ウォーター」は、産業ガス、ケミカル、医療、エネルギー、農業・食品、物流、海水、その他の関連事業を扱う会社なので一般にはあまり馴染みが無いかも知れませんが、産業業ガスが国内2位、医療用酸素で国内首位となっています。
 大阪市中央区南船場二丁目に本社があり、2020年3月期の連結決算で、売上高809,083百万円、営業利益50,616百万円と売上高8,000億円、営業利益500億円を超える大企業です。

Suita210222
「募集画地」です。「健都イノベーションパーク」の西側の区画がほとんど埋まりました。


Suita210211 
(仮称)健都イノベーションパークNKビル
 「JR西日本不動産開発」は、北大阪健康医療都市(健都)内に所在する健都イノベーションパークにおいて、2022年春開業に向けラボ及びオフィスの施設「(仮称)健都イノベーションパークNKビル」の本体工事に着工しました。

 引用資料 JR西日本不動産開発(PDF:2021/02/01)
 (仮称)健都イノベーションパーク NK ビル 本体工事の着工について ~2022 年春開業予定~

 「(仮称)健都イノベーションパークNKビル」には、東京都新宿区戸山から全部移転が決定している「国立健康・栄養研究所」の入居に加え、健都が目指す「健康・医療のまちづくり」において、企業等の進出や交流を促進する機能を担う施設として、ウェットラボにも対応した「賃貸ラボ・オフィス」や京都リサーチパークが運営する「シェアラボ」を整備します。

 これら賃貸ラボ・オフィスは、健都に進出を計画する企業だけではなく、ベンチャー企業やスタートアップを目指す研究者・学生等といった多様なニーズにも対応した研究開発環境を提供する「JR西日本不動産開発」初の事業です。

(仮称)健都イノベーションパークNKビルの概要
◆ 所在地-大阪府摂津市千里丘新町200番33 外(健都イノベーションパーク内)
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 敷地面積-4,429.82㎡
◆ 建築面積-約1,680㎡
◆ 延床面積-約9,140㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-賃貸ラボ・オフィス、シェアラボ、交流施設
◆ 建築主-JR西日本不動産開発
◆ 設計者・監理者-昭和設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2022年02月
◆ 開業-2022年春予定ら見た様子です。

 

Suita200511 
(仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事
 医療機器・医薬品製造の「ニプロ」は、国立研究開発法人国立循環器病研究センターを中心とした国際級の複合医療産業拠点(クラスター)の形成を図るべく、吹田市が進出事業者を公募していた「北大阪健康医療都市(通称「健都」)イノベーションパーク利用事業」の優先交渉権者に指定されました。

 「ニプロ」は、健都イノベーションパークの土地の一部(敷地面積15,839.78㎡)を取得しています。地上12階、地下1階の「(仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事」を建設します。

 引用資料 建設通信新聞(2020/05/01) リンク切れ
 摂津市の健都イノベーションパーク/11月にニプロの施設着工

(仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事の概要
◆ 所在地-健都イノベーションパーク内
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 敷地面積-15,839.78㎡
◆ 建築面積-約5,804㎡
◆ 延床面積-約46,153㎡
◆ 用途-オフィス、集会所、物販店舗、飲食店舗、駐車場
◆ 建築主-ニプロ
◆ 設計者-久米設計
◆ 着工-2020年11月予定
◆ 竣工-2022年11月末予定



|

2021年2月 2日 (火)

健都イノベーションパーク JR西日本不動産開発のラボ及びオフィスの施設「(仮称)健都イノベーションパークNKビル」の本体工事に着工!

Suita210211
-健都イノベーションパーク-

 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

 「国立循環器病研究センター」や「市立吹田市民病院」の移転建て替えが行われました。こうした経緯等を踏まえ、この地区の名称を日本語表記「北大阪健康医療都市」、英語表記「Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)」、愛称「健都(けんと)」に決定しています。

 「健都イノベーションパーク」は、北大阪健康医療都市における「国立循環器病研究センター」を中心とした国際級の複合医療産業拠点の形成を図るべく、「健康と医療」をキーワードに先端的な研究開発を行う企業等の研究施設を集積させる場としています。

(仮称)健都イノベーションパークNKビル
 「JR西日本不動産開発」は、北大阪健康医療都市(健都)内に所在する健都イノベーションパークにおいて、2022年春開業に向けラボ及びオフィスの施設「(仮称)健都イノベーションパークNKビル」の本体工事に着工しました。

 引用資料 JR西日本不動産開発(PDF:2021/02/01)
 (仮称)健都イノベーションパーク NK ビル 本体工事の着工について ~2022 年春開業予定~

 「(仮称)健都イノベーションパークNKビル」には、東京都新宿区戸山から全部移転が決定している「国立健康・栄養研究所」の入居に加え、健都が目指す「健康・医療のまちづくり」において、企業等の進出や交流を促進する機能を担う施設として、ウェットラボにも対応した「賃貸ラボ・オフィス」や京都リサーチパークが運営する「シェアラボ」を整備します。

 これら賃貸ラボ・オフィスは、健都に進出を計画する企業だけではなく、ベンチャー企業やスタートアップを目指す研究者・学生等といった多様なニーズにも対応した研究開発環境を提供する「JR西日本不動産開発」初の事業です。

(仮称)健都イノベーションパークNKビルの概要
◆ 所在地-大阪府摂津市千里丘新町200番33 外(健都イノベーションパーク内)
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 敷地面積-4,429.82㎡
◆ 建築面積-約1,680㎡
◆ 延床面積-約9,140㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-賃貸ラボ・オフィス、シェアラボ、交流施設
◆ 建築主-JR西日本不動産開発
◆ 設計者・監理者-昭和設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2022年02月
◆ 開業-2022年春予定


Suita210212
「1F交流ラウンジ イメージパース」です。


Suita210213
「断面イメージ」です。1階~3階に東京都新宿区戸山から全部移転が決定している「国立健康・栄養研究所」が入居する予定です。


Suita210214
「位置図」です。


Suita190913
「(仮称)健都イノベーションパークNKビル」の建設予定地を北側から見た様子です。



| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

センターポイント・ディベロップメント 延床面積約82,000㎡のマルチテナント型物流施設「(仮称)CPD 枚方」 2021年5月末竣工!

Hirakatacpd210111
-(仮称)CPD 枚方-

 「センターポイント・ディベロップメント(CPD)」は、海外大手不動産投資顧問会社において豊富な業務経験を積んだメンバーにより設立された、物流不動産セクターに特化した投資助言・資産運用会社です。社名から外資系のようなイメージを受けますが、日系の会社です。

 「センターポイント・ディベロップメント、三菱UFJリース、東急不動産」は、CPDがアセットマネジメント業務を受託し、3社が共同出資する「枚方ロジステックス特定目的会社」を建築主とする物流施設「(仮称)CPD 枚方」を、2020年2月1日に着工しました。竣工は、2021年5月末の予定です。

 引用資料 センターポイント・ディベロップメント(PDF:2021/01/15)
 「CPD西宮北」着工および「CPD大阪南港」取得のお知らせ

 引用資料 センターポイント・ディベロップメント(PDF:2020/01/31)
 枚方市でマルチテナント型物流施設「(仮称)CPD枚方」を着工

 「(仮称)CPD 枚方」は、延床面積約82,000㎡のマルチテナント型物流施設です。京都・大阪間を縦断する国道1号(京阪国道)に面し、また、新名神高速道路「八幡京田辺」ICから約3km、第二京阪道路「京田辺松井」ICへ約5kmの距離にあり、京都および大阪エリアを包含する配送拠点として優れたアクセスを有します。

 また、当該エリアは丘陵地の安定した地盤であるため、周辺に比べて自然災害に強い立地です。加えて、背後には豊富な人口を抱える住宅エリアが広がっているほか、JR学研都市線・京阪本線の中間に位置し、両鉄道を結ぶバス路線に近接しており、労働力の確保に恵まれた立地条件を有しています。

(仮称)CPD 枚方の概要
◆ 所在地-大阪府枚方市長尾峠町
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-約38,000㎡
◆ 延床面積-約82,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設
◆ 建築主-枚方ロジステックス特定目的会社
◆ 監理監修-日立建設設計
◆ 設計者-東亜建設工業
◆ 施工者-東亜建設工業
◆ 着工-2020年02月01日
◆ 竣工-2021年05月末予定


Hirakatacpd210112
「(仮称)CPD 枚方」の外観完成イメージです。


Hirakatacpd210113
「休憩室」のイメージです。


Hirakatacpd210114
「(仮称)CPD 枚方」 詳細図です。


Hirakatacpd210115
「(仮称)CPD 枚方」 広域図です。 



|

2020年12月 6日 (日)

茨木市 市民会館跡地エリア整備の整備事業 ランドスケープと建築が相互に浸透し合う「立体的な公園」のような公共空間を整備!

Ibarak201211
-市民会館跡地エリア整備の整備事業-
 1969年の開館以来、茨木市の文化芸術活動を支えてきた「茨木市民会館」は、経年劣化が進み、耐震性やバリアフリーなど様々な課題を抱えて2015年12月末に閉館しました。

 茨木市は2018年3月、「茨木市市民会館跡地エリア活用基本構想」を策定し、茨木市民会館跡地やその東側の中央公園などを含むエリアの活用に関する基本方針やコンセプトを示しました。

 茨木市は、市民会館跡地エリア整備事業の設計者と施工者を選ぶ公募型プロポーザルで、受託候補者に「竹中工務店・伊東豊雄建築設計事務所共同企業体」を選定しています。

 引用資料 茨木市・HP
 市民会館跡地エリア整備の整備事業者が決まりました!

 YouTube 茨木市・公式HP
 市民会館跡地エリア新施設のイメージムービー

 プロポーザルが対象とする整備事業では、1,200席の大ホールや多目的ホール、子育て世代包括支援センター、市民活動センター、図書館などを備える複合施設のほか、大屋根、屋根付き通路、芝生広場などを中央公園の南側部分に整備します。茨木市民会館跡地とその東隣にある人工台地の広場、西側の福祉文化会館敷地は、第2期事業として整備する計画です。

 「竹中工務店・伊東豊雄建築設計事務所共同企業体」の案は、公共空間が市民参加によって時間と共に成長していく考え方を随所にちりばめたものです。「日々何かが起こり、誰かと出会う」というコンセプトの下、ランドスケープと建築が相互に浸透し合う「立体的な公園」のような公共空間を整備します。


Ibarak201212
「芝生広場より北側正面を見る」です。


Ibarak201213
「大ホール 客席より舞台を見る」です。1,200席の大ホールは3階に整備されます。


Ibarak201214
「大ホール 舞台より客席を見る」です。


Ibarak201215
「5階図書館」です。


Ibarak201216
「6階図書館」です。



|

2020年11月22日 (日)

地上29階、高さ約115m、総延床面積約110,000㎡の「枚方市駅周辺地区第1種市街地再開発事業」 計画概要の説明会資料

Hirakata201111
-枚方市駅周辺地区第1種市街地再開発事業-

 「枚方市駅周辺地区第1種市街地再開発事業」の予定地は、枚方市が策定した「枚方市駅周辺再整備ビジョン」において、枚方市駅周辺の主軸となる「ふれあい軸」、「広域駅前拠点」、「まちなか交流拠点」として位置づけられています。

 この整備方針に基づき、市街地再開発事業を実施することにより、枚方市駅周辺全体のまちづくりを連鎖的に進めていくためのリーディングプロジェクトとして、今後の枚方市駅周辺の再整備において重要な意義を有しています。

 駅前の立地を活かし、商業施設、事務所施設、住宅施設、宿泊施設及び駐車場施設を一体的に整備することで、枚方市駅の周辺地域の活性化に寄与する魅力ある都市空間を形成するとともに、防災性能に優れた建物を整備することで、安全安心な市街地の形成を目的としています。

 「枚方市駅周辺地区第1種市街地再開発事業」は、「第1工区、第2工区、第3工区」の3工区で構成され、3棟・総延床面積約110,000㎡の再開発ビルを建設する予定です。2020年末にも駅東側の「第3工区で先行して解体工事に着手し、2021年8月頃から新築工事に着手する予定です。全体の完成は2023年度を予定しています。

● 計画概要に関する説明会を開催!
 近隣住民を対象に枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業整備計画概要に関する説明会が、2020年11月9日と11月13日に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、地区を分けて2回開催しました。説明会当日と同様の内容の動画とPDF資料が公開されています。

 引用資料 枚方市・公式HP(2020/11/14)
 枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業整備計画概要に関する説明会の開催

枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-大阪府枚方市新町一丁目、岡本町及び岡東町地内
◆ 交通-京阪本線・交野線「枚方市」駅
◆ 区域面積-約29,000㎡
◆ 建築主-枚方市駅周辺地区市街地再開発組合(参加組合員 京阪ホールディングス、京阪電鉄不動産、枚方信用金庫、北大阪商工会議所)
◆ 一般業務代行者-アール・アイ・エー、大和不動産鑑定コンソーシアム
◆ 特定業務代行者-大林組
◆ 着工-2021年度予定
◆ 竣工-2023年度予定
◆ 総事業費-約433億円

第3工区の概要
◆ 階数-地上29階、地下1階
◆ 高さ-約115m
◆ 延床面積-約95,300㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-店舗、オフィス、ホテル、共同住宅、駐車場

第2工区の概要
◆ 階数-地上14階、地下0階
◆ 高さ-約45m
◆ 延床面積-約8,900㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-店舗、共同住宅、駐車場

第1工区の概要
◆ 階数-地上6階、地下1階
◆ 高さ-約25m
◆ 延床面積-約5,900㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-店舗


Hirakata201112
「ૢ事業概要」です。


Hirakata201113
「再開発事業施行地区の区域」です。


Hirakata201114
「事業スケジュール(予定)」です。



|

2020年11月17日 (火)

彩都(国際文化公園都市) 巨大物流施設の建設ラッシュ 大和ハウス工業とフジタが、マルチテナント型物流施設「DLP茨木北」を着工!

Saito201111
-彩都(国際文化公園都市)-

 「彩都(国際文化公園都市)」は、大阪府北部の丘陵地において、産・学・官が協力して推進するの新都市建設プロジェクトです。当初は、企業誘致が進まず用地が埋まりませんでしたが、巨大物流施設の相次ぐ進出で、急速に埋まりつりつつあります。

 巨大物流施設第一弾の「プロロジスパーク茨木」は、2016年9月に竣工しました。延床面積189,741.77㎡です。第二弾の「三井不動産ロジスティクスパーク茨木(MFLP茨木)」は2017年9月に竣工しました。延床面積約241,841㎡です。

 第三弾として「阪急電鉄」と「三菱地所」は、彩都東部地区山麓線エリアにおいて、大規模物流施設開発計画「(仮称)彩都もえぎ物流施設計画」を共同で推進しています。

● DLP茨木北
 第四弾として「大和ハウス工業」と「フジタ」は2020年10月30日に、共同出資し組成した「彩都はなだ開発特定目的会社」が、大阪府茨木市で開発する産業団地「茨木北テクノタウン」で、マルチテナント型物流施設「DLP茨木北」を11月1日に着工すると発表しました。

 引用資料 大和ハウス工業(2020/10/30)
 免震システムを採用したマルチテナント型物流施設「DPL茨木北」着工

 「DLP茨木北」は、希少価値の高い関西圏内陸部の北摂エリアに位置し、流通加工・物流関連企業の倉庫などが集積しているエリアです。また、新名神高速道路「茨木千提寺インターチェンジ」から約2km、名神高速道路「茨木IC」から約7km、と、近畿エリアから広域には西日本エリアまでアクセスできる場所に位置しています。

DLP茨木北の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市彩都はなだ二丁目(彩都東部中央東土地区画整理事業地内2街区)
◆ 階数-地上5階
◆ 敷地面積-50,069.51㎡
◆ 延床面積-115,771.63㎡
◆ 賃貸面積-93,040.31㎡(1区画の面積約18,749㎡、各階2テナント)
◆ 構造-プレストレスト・プレキャストコンクリート造ならびに一部鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造 
◆ 建築主-彩都はなだ開発特定目的会社(出資比率 大和ハウス工業50%、フジタ50%)
◆ 総合計画-大和ハウス工業・フジタ
◆ 設計者-フジタ
◆ 施工者-フジタ・大和ハウス工業特定建設共同企業体
◆ 着工-2020年11月01日
◆ 竣工-2022年08月31日予定
◆ 稼働開始-2022年09月01日予定
◆ 総事業費-約270億円


Saito201112
「彩都(国際文化公園都市)」の巨大物流施設です(Googleマップの衛星写真を引用)。   

① プロロジスパーク茨木
② 三井不動産ロジスティクスパーク茨木(MFLP茨木)
③ ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟、B棟)
④ DLP茨木北

● あまりの変わりようにビックリ!
 私は、2000年2月の途中まで大阪府高槻市の住民でした。休みの日は「マウンテンバイク」で、このあたりをよく探索していました。「彩都(国際文化公園都市)」の激変には驚かされますが、「安威川ダム」の建設現場には更に驚きです。かつての面影が全くありません・・・


Saito201113
「プロロジスパーク茨木」と「三井不動産ロジスティクスパーク茨木」です(Googleマップの衛星写真3Dモードを引用)。  

◆ プロロジスパーク茨木-延床面積189,741.77㎡(2016年9月に竣工)
◆ 三井不動産ロジスティクスパーク茨木(MFLP茨木)-延床面積約241,841㎡(2017年9月に竣工)


Saito200711 
ロジスタ・ロジクロス茨木彩都
 
「阪急阪神不動産」と「三菱地所」は7月9日、大阪府茨木市彩都もえぎで、共同で推進してきた大規模物流施設の開発「(仮称)彩都もえぎ物流施設計画」を2021年春の竣工を目指して着工しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2020/07/09)
 大阪府茨木市彩都の大規模物流施設 「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都」着工のお知らせ ~ご入居いただく企業が内定~

 2棟の物流倉庫を建設・運営するというもので、2020年2月に「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟)」に着工、2020年5月に「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(B棟)」に着工しました。「ロジスタ」は阪急阪神不動産が国内で展開する物流施設の名称で、「ロジクロス」は三菱地所の物流施設の名称です。

ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟) の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市彩都もえぎ一丁目
◆ 階数-地上5階、地下0階
◆ 敷地面積-51,030.30㎡
◆ 延床面積-約116,000㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設(複数テナントによる分割利用が可能)
◆ 建築主-阪急阪神不動産、三菱地所
◆ 設計監理監修-フクダ・アンド・パートナーズ
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2020年02月01日
◆ 竣工-2021年05月末日予定

ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(B棟) の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市彩都もえぎ一丁目
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-15,892.28㎡
◆ 延床面積-約31,000㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設(複数テナントによる分割利用が可能)
◆ 建築主-阪急阪神不動産、三菱地所
◆ 設計監理監修-フクダ・アンド・パートナーズ
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2020年05月25日
◆ 竣工-2021年04月末日予定



|

2020年9月25日 (金)

阪急茨木市駅西地区第一種市街地再開発事業 都市計画決定・変更(案) 地上45階程度、高さ約150mの超高層タワーマンションを想定!

Ibaraki200611
-阪急茨木市駅西地区第一種市街地再開発事業-

 阪急茨木市駅西地区は、「日本万国博覧会」の開幕に合わせた1969年の市街地改造事業により、駅前広場(公共施設)と民間施設ソシオ茨木(茨木ビル・永代ビル)が一体的に整備されました。

 しかし、築後数十年が経過し、ソシオ茨木の建物・設備の老朽化にともない、2008年7月より建替えの検討を開始し、2014年12月の管理組合臨時総会にて建替え推進決議が可決され、ソシオ茨木建替え推進委員会が発足して現在に至ります。

 「阪急不動産・大林組グループ」は、阪急茨木駅前ソシオ管理組合やユーデーコンサルタンツ、茨木市とパートナーシップを形成し、今後、ソシオ茨木及び市営駐車場、駅前広場を含む区域における都市再開発法に基づく市街地再開発の事業化に向け、阪急茨木市駅西地区の新たなまちづくりに取り組みます。

 引用資料 茨木市・公式HP(2020/06/15)
 阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)へのご意見を募集します

● 都市計画案に関する説明会を開催!
 阪急茨木市駅西口駅前周辺は整備から50年が経過し、施設の老朽化や社会・経済情勢の変化により形態や機能の面において今日的なニーズとの不整合が生まれ、安全で円滑な交通機能や魅力ある空間の不足といった様々な課題を抱えていることから、茨木市では、阪急茨木市駅西口駅前周辺の再整備に向けた検討を進めており、整備に係る都市計画変更(案)について、9月24日と9月26日に説明会を開催します。

 引用資料 茨木市・公式HP(2020/09/23)
 阪急茨木市駅西地区における都市計画案に関する説明会を開催します

阪急茨木市駅西地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市永代町内
◆ 交通-阪急電鉄京都本線「茨木市」駅
◆ 階数-地上45階程度
◆ 高さ-約150m
◆ 敷地面積-約7,700㎡
◆ 建築面積-約6,700㎡
◆ 延床面積-約65,000㎡(容積対象面積約43,500㎡)
◆ 用途-商業業務、共同住宅


Ibaraki200911
「対象地区」です。


Ibaraki200912
「計画図」です。


Ibaraki200913
「都市計画道路の変更(案)」です。


Ibaraki15092
阪急茨木市駅西地区の「ソシオ茨木(ソシオ1茨木ビル、ソシオ2永代ビル)」です。


Ibaraki15093
駅前広場の北側にある「ソシオ1茨木ビル」です。


Ibaraki15094
「ソシオ1茨木ビル」のアップです。「ソシオ1茨木ビル」は、地上6階、地下2階、敷地面積3,963.09㎡、延床面積16,990.64㎡です。「日本万国博覧会」の開幕に合わせて、1969年12月に竣工しました。


Ibaraki15095
「ソシオ2永代ビル」を南東側から見た様子です。「ソシオ2永代ビル」は、地上4階、地下2階、敷地面積1,417.88㎡、延床面積4,632.29㎡です。「日本万国博覧会」の開幕に合わせて、1969年12月に竣工しました。


Ibaraki15096
「ソシオ2永代ビル」を南西側から見た様子です。


Ibaraki15097
駅前広場の南側にある「市営駐車場」です。


Ibaraki15098
「市営駐車場」のアップです。「市営駐車場」は、地上3階、敷地面積2,273.22㎡、延床面積5,409.91㎡です。1979年4月に竣工しました。


Ibaraki15099
「駅前広場」です。「日本万国博覧会」の開幕に合わせて、1969年12月に整備されました。



|

2020年8月28日 (金)

立命館大学 「映像学部」と「情報理工学部」を「大阪いばらきキャンパス」に移転 延床面積35,000㎡~45,000㎡規模の新校舎建設を検討!

Ritsumei200811
-立命館大学 大阪いばらきキャンパス(略称OIC)-
 立命館大学は、大阪府茨木市のサッポロビール工場跡地に「大阪茨木新キャンパス整備事業」を進めました。敷地面積は約9.9万㎡で、文系の「衣笠キャンパス(京都市)」約12.6万㎡、理系の「びわこ・くさつキャンパス(滋賀県)」約61.1万㎡に次ぐ第3のキャンパスとなります。

 新キャンパスの正式名称は「大阪いばらきキャンパス(略称OIC)」となっています。建設工事が完了して、2015年3月29日(日)に竣工式が行われ、2015年4月に開校しました。

● 映像学部・研究科、情報理工学部・研究科が移転!
 「立命館大学」は8月25日、2024年4月に京都市の衣笠キャンパスにある「映像学部」と滋賀県草津市のびわこ・くさつキャンパスにある「情報理工学部」を大阪いばらきキャンパスに移転すると発表しました。「びわこ・くさつキャンパス」から約2,400人、「衣笠キャンパス」から約660人の学生が移ることになります。

 引用資料 立命館大学(2020/08/25)
 立命館大学 映像学部・研究科、情報理工学部・研究科が2024年4月、大阪いばらきキャンパス(OIC)に移転 「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」の創造を目指す

 新校舎は、「分林記念館(G棟)」に隣接する空き地「リザーブスペース」に建設する予定です。延床面積は35,000㎡~45,000㎡規模の施設を検討しています。新棟建設などに100億円規模の投資を行います。

立命館大学 大阪いばらきキャンパスの概要(開校時)
◆ 所在地-大阪府茨木市岩倉町1番1他
◆ 交通-JR「茨木」駅徒歩約5分、阪急「南茨木」駅徒歩約10分、大阪モノレール「宇野辺」駅徒歩約7分
◆ 階数-地上9階
◆ 高さ-建物高さ39.65m
◆ 敷地面積-98 176.27㎡(2015年04月の開校時)
◆ 建築面積-28 881.85㎡(2015年04月の開校時)
◆ 延床面積-108 033.03㎡(2015年04月の開校時)、116,077.09㎡(2020年03月31日時点)
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-大学
◆ 建築主-学校法人立命館
◆ C M r-山下設計
◆ 設計者-(基本設計・外構設計)山下設計、(建物実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2013年07月
◆ 竣工-2015年02月末(竣工)、2015年03月29日(竣工式)
◆ 開校-2015年04月

(備考)上記の概要は、2015年4月の開校時です。開校後に延床面積6,767.20㎡の「分林記念館(G棟)」等が増築されているので、 「建築面積」および「延床面積」は増加しています。


Ritsumei200812
「大阪いばらきキャンパス(略称OIC)」です。2015年4月に開校しました。


Ritsumei200813
「立命館大学16学部・21研究科 現在の所在地一覧」です。


Ritsumei200814
大阪いばらきキャンパスのキャンパスマップ

 「大阪いばらきキャンパス(略称OIC)」のキャンパスマップです。新校舎はは、「分林記念館(G棟)」に隣接する空き地「リザーブスペース」に建設する予定です。延床面積35,000㎡~45,000㎡規模の施設を検討しています。

 引用資料 立命館大学
 キャンパスマップ

 「分林記念館(G棟)」は、2019年9月10日に竣工しました。1階~4階に国際寮「OICグローバルハウス」が入っています。1階には「Picnic Field」などのラウンジスペースも完備しています。国際寮に入寮する学生だけでなく、すべての学生が昼食や、正課・課外の成果発表などに利用できます。


Ritsumei200815
リザーブスペース

 「リザーブスペース」を南西側から見た様子です。「リザーブスペース」は、将来展開用の余剰スペースです。この部分に、延床面積35,000㎡~45,000㎡規模の新校舎を建設する予定です。


Ritsumei200816
「リザーブスペース」を南東側から見た様子です。現在は、奥に「分林記念館(G棟)」が建っているので少し狭くなっています。



|

2020年8月27日 (木)

大阪大学医学部附属病院 高度先進医療に対応 地上8階、延床面積約7万㎡の「統合診療棟」を建設 2021年着工、2025年開院予定!

Osakauniv200811
-大阪大学医学部附属病院-

 「大阪大学」は、1931年に「大阪帝国大学」として設立されました。現在では11学部・16研究科を擁する国立文理総合大学です。中心となっているのは小説やテレビドラマになった「白い巨塔」の「浪速大学」のモデルになった「大阪大学医学部」です。

 医学部は、昔と比べるとかなり崩れてきていますが、それでもまだまだ「学閥支配」が色濃く残っています。旧帝大「東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学」+「慶應義塾大学」の8大学がそれぞれの地方で圧倒的な勢力を誇っています。

 関西では、「京都大学医学部」と「大阪大学医学部」の医局出身者が、私立大学や周辺の国公立大学の医学部や大規模病院の主要ポストの多くを押さえ、絶大な影響力を誇っています。

● 統合診療棟を建設!
 「国立大学法人大阪大学」は、吹田キャンパスに医学部付属病院の「統合診療棟」を建設します。規模は、地上8階、地下2階、延床面積約7万㎡で、2021年2月着工、2024年10月竣工、2025年開院を予定しています。

 引用資料 大阪大学医学部附属病院(PDF:2020/07/25)
 阪大病院ニュース(第79号)令和7年オープン予定「統合診療棟」の建設について

 「大阪大学医学部附属病院」が、中之島から吹田へ移転してから、25年以上が経過し、その間、医療ニーズや診療機能は大きく変化・発展しました。診療機能の高度化・多様化及び診療規模の増大に対して、現病院ではすでに対応が限界を迎え、建物自体が時代遅れになりつつあります。

 今後も最先端の研究開発を行いながら高度先進医療を提供し、将来の医療環境の変化にも柔軟に対応できる病院をめざして再開発計画の検討を進めた結果、外来・中診棟の北側に「統合診療棟」という新しい建物を建設する事になりました。


Osakauniv200812
吹田キャンパス・キャンパスマップ

  大阪大学には、「吹田キャンパス、豊中キャンパス、箕面キャンパス」の3キャンパスがありますが、圧倒的に広くて中心となっているのが「吹田キャンパス」です。「吹田キャンパス」は、敷地面積約997,071㎡とほぼ100haの広大なキャンパスです。

 引用資料 大阪大学・公式HP
 吹田キャンパス・キャンパスマップ  


Osakauniv200813
「統合診療棟」は、「外来・中診棟」の北側の駐車場に建設されます。


Osakauniv200814
統合診療棟の建設予定地(Googleマップ引用)
 「統合診療棟」は、「外来・中診棟」の北側の駐車場に建設されます。駐車場の西側の一部が「立体駐車場」になっていますが、解体されると思われます(Googleマップの衛星写真の3Dモードを引用)。


Osakacovid19200521
大阪大学医学部附属病院

 「大阪大学医学部附属病院」は、「京都大学医学部附属病院」と共に日本の高度先進医療を支える関西の宝です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 石川県・福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際