49 大阪府・その他

2018年11月16日 (金)

おおさか東線 Part4・東海道線分岐部~南吹田駅~神埼川橋梁 2018年11月10日の建設状況

Osakaawajijr181110
-おおさか東線-

 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までの20.3kmを結ぶプロジェクトです。

 引用資料 おおさか東線,大阪外環状鉄道株式会社
 北区間工事の進捗 特設サイト

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。
 未開業区間の「新大阪駅」~「放出駅」の 11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2019年春に開業予定です。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「南吹田駅、JR淡路駅、城北公園通駅、JR野江駅」の4駅が計画されています。

● 南吹田駅
 「南吹田駅」の当初の仮称は「西吹田」でしたが、「所在地に忠実であり、吹田市最南端の駅となることから、場所をイメージしやすく、親しみを持っていただきやすい」との理由で「南吹田」が駅名となりました。

南吹田駅の概要
◆ 設置位置-大阪府吹田市南吹田(新大阪←約2.0km→南吹田駅←約1.3km→JR淡路)

◆ 駅設備の概要-高架下駅舎、相対式ホーム2面(8両対応)、エレベーター2基(各ホーム1基)、エスカレーター4基(各ホーム上り1基・下り1基)

◆ デザインコンセプト-「神崎川と水路の風景」
 新駅周辺は、神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまちであることから、神崎川・水路の風景を表現


Suitajr181111
「東海道線分岐部」です。「南吹田駅」周辺の取材は、前回が2017年6月9日だったので1年5ヶ月ぶりでした。JR西日本は11月13日に、おおさか東線南吹田駅付近の新設線路部分の報道公開を実施したようです。

 マイナビニュース(2018/11/13)
 JR西日本、おおさか東線南吹田駅周辺の新線区間を公開 - 写真83枚


Suitajr181112
東海道線分岐部から東側に高架橋が続きます。


Suitajr181113
しばらくすると「南吹田駅」が見えてきます。


Suitajr181114
「南吹田駅」を南西側から見た様子です。


Suitajr181115
「南吹田駅」の南面です。こちら側には入口はありません。


Suitajr181116
「南吹田駅」を「南吹田駅前交通広場」越しに北側から見た様子です。


Suitajr181117
「南吹田駅」の北側の入口です。


Suitajr181118
「南吹田駅」の「吹田市道川岸南吹田線」に面する東側の入口です。


Suitajr181119
「南吹田駅」の説明が掲示されていました。


Suitajr181120
「吹田市道川岸南吹田線」の橋桁を南側から見た様子です。この上もホームになっています。


Suitajr181121
「南吹田駅」の東側部分を南西側から見た様子です。「吹田市道川岸南吹田線」を越えてホームが続きます。この先には「神崎川」が流れています。


Suitajr181122
南西側の「新大吹橋」から見た「神埼川橋梁」です。


Suitajr181123
「神埼川橋梁」は、長さ約171mのトラス橋で、半径280mという比較的急なカーブを描きながら「神崎川」を渡っています。橋梁は完成までに4年の歳月を要しました。


Suitajr181124
大阪市側の「神崎川」の手前で、「おおさか東線」と「城東貨物線」が分岐しています。「おおさか東線」は西側の新大阪駅方向に向かい、「城東貨物線」は東側の「吹田貨物ターミナル駅」方向に向かいます。


Suitajr181125
「おおさか東線」の大阪市側を北西側から見た様子です。盛土部分が、単線から複線に拡幅されています。



|

おおさか東線 Part3・南吹田駅前交通広場 2018年11月10日の建設状況

Citysuita181121
-おおさか東線-

 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までの20.3kmを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。
 未開業区間の「新大阪駅」~「放出駅」の 11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2019年春に開業予定です。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「南吹田駅、JR淡路駅、城北公園通駅、JR野江駅」の4駅が計画されています。

● 南吹田駅前交通広場 
  2019年春のおおさか東線の新駅「南吹田駅」の開業に合わせて、「都市計画道路南吹田駅前線」を整備するとともに、「南吹田駅」の駅前交通広場を整備します。

 引用資料 吹田市・公式ホームページ
 南吹田新駅 駅前交通広場


Citysuita181131
南吹田駅前交通広場モニュメント
 「南吹田駅」の駅前交通広場に設置するモニュメントのデザインが決定しています。南吹田地域に昔あったドンゴロス風車をモチーフにしたもので、地域の歴史的魅力や人々のエネルギーを次世代へ伝えることをコンセプトにデザインされました。

 引用資料 吹田市・公式ホームページ
 南吹田駅前交通広場 モニュメントが決定しました! 


Citysuita181122
「南吹田駅前交通広場」の建設現場を北西側から見た様子です。


Citysuita181123
内部の様子です。


Citysuita181124
駅前ロータリーに沿って「膜素材」の屋根が架けられています。


Citysuita181125
道路の歩道には奇麗に「路面ブロック」が敷かれています。


Citysuita181126
「南吹田駅前交通広場」の建設現場を南東側から見た様子です。


Citysuita181127
「南吹田駅」側です。


Citysuita181128
西側から見た様子です。


Citysuita181129
側道が「おおさか東線」に沿って西側に伸びています。


Citysuita181130
側道が「おおさか東線」に沿って、更に西側に伸びています。



|

2018年11月15日 (木)

おおさか東線 Part2・南吹田駅前線立体交差事業 アンダーパスにより、南吹田地域のJR東海道本線による地域分断解消!

Citysuita181111
-南吹田駅前線立体交差事業-

 「おおさか東線」とは直接は関係ないですが、「おおさか東線」の関連工事として非常に重要な「南吹田駅前線立体交差事業」が行われています。

 南吹田地域は、1976年に「南吹田第1土地区画整理事業」が完了し都市基盤整備が進められましたが、土地の有効利用や都市機能のさらなる整備が望まれる地域です。

 南吹田駅前線立体交差事業により、南吹田地域のJR東海道本線による地域分断解消、吹田市南部の新しい地域拠点としての都市機能の向上、おおさか東線新駅及び駅前交通広場の整備に伴う利便性の向上を図り、魅力的なまちづくりを目指します。

 引用資料 吹田市・公式ホームページ
 南吹田駅前線立体交差事業

南吹田駅前線立体交差事業の概要
◆ 事業名称-北部大阪都市計画道路事業3・4・205-19号南吹田駅前線
◆ 路線名-3・4・205-19号南吹田駅前線
◆ 所在地-大阪府吹田市南吹田一丁目~三丁目
◆ 事業計画区間-約390m
◆ 道路幅員-14.3m~26.7m
◆ 道路車線数-2車線
◆ 事業主体-吹田市
◆ 事業認可期間-2021年度~2018年度
◆ 完成予定-2018年度


Citysuita181112
「事業位置図」です。


Citysuita181113
「JR東海道本線東側より望む」です。


Citysuita181114
「JR東海道本線西側より望む」です。


Citysuita181115
「南吹田駅前線立体交差事業」を南吹田駅側から見た様子です。


Citysuita181116
アンダーパス部分です。


Citysuita181117
重機が稼働しています。


Citysuita181118
反対側の明かりが見えるのでトンネルは開通しています。鉄道軌道下のアンダーパス工事は、軌道が沈下したり上昇したりすることが絶対に許されないので、非常に慎重に長期間かけて行われます。

● 地下道路ボックス
 JR東海道本線下のトンネル区間約77mを含む全長約94mの「地下道路ボックス」を新設しました。道路開通後は、車道幅員7.5m(2車線)、歩道幅員4.0mの地下道となります。



|

2018年10月19日 (金)

空港は楽しい! 設備の名称や役割が分かると空港が更に楽しくなる! Part1・VOR/DME編

Vdrdme181011
-航空保安無線施設等-
 私は中学校1年からの「軍事ヲタ」です。陸・海・空共に好きですが、特に第二次世界大戦以降(1939年以降)の航空機は超高層ビルよりも詳しいかも知れません。

 その関係で民間航空機も大好きです。更にその関係で、空港の航空保安無線施設等の施設にも非常に興味があります。今回はちょっとオタッキーな話になりますがご容赦下さい。

 飛行機で、スマホを利用するには電波を発さない状態(機内モード)にしておく必要があります。機内モードなので、インターネット、通話ができません。

 そのため、景色が面白くない「タキシング(航空機が自らの動力で地上を移動すること)」中は、特にヒマなので寝ている方も多いです。しかし、空港の設備の名称や役割が分かると、タキシング中に見る景色も非常に楽しくなります。

● VOR/DME(ヴォルデメもしくはボルデメと読みます)
 
空港の非常に重要な施設に「VOR/DME(ヴォルデメもしくはボルデメと読みます)」があります。基本的に空港には1基設置されています(成田国際空港のみ2基)。

 「VOR(VHF Omnidirectional Range):超短波全方向式無線標識」は、放射状に広がる方位信号を発信する地上無線局のことです。航空機がどの方向にいるかを知ることが出来ます。
 「DME(Distance Measuring Equipment):距離情報提供装置」は、航空機と地上局との距離を測定する事が出来ます。多くの場合「VOR」と「DME」は併設されています。

 下記の「神戸空港」の写真を見ればよく分かりますが、円周状に設置されている多数の白いレドームが「VOR」で、中央に立つ赤いアンテナが「DME」です。

 「VOR/DME」は、単に空港を離着陸する航空機ばかりでなく、上空や周辺を飛行する航空機に対しても重要な位置情報を提供しています。
 日本上空および日本周辺上空の航空路の通過点や合流点としても「VOR/DME」は非常に重要なポイントとなるため、日本全土に網の目のように張り巡らされています。


Vdrdme181012
VOR/DME等の概要

 引用資料 国土交通省(PDF)
 VOR/DME等の概要


Vdrdme181013
VOR/DME等配置図

 引用資料 国土交通省(PDF)
 VOR/DME等配置図

 基本的に空港には1基設置されています。「成田国際空港」のみ例外的に2基(成田VOR/DME、北総VOR/DME)設置されています。


Vdrdme181014
八尾VOR/DME

 「八尾空港」の「八尾VOR/DME」です。「VOR/DME」は、すぐ近くで見るのは難しいですが、「八尾VOR/DME」はすぐ近くで見る事が出来ます。1995年8月から運用開始されました。


Vdrdme181015
関西VOR/DME

 「関西国際空港」の「関西VOR/DME」は、「関空展望ホール スカイビュー」からちょっと離れた場所にあり、角度的にも認識が難しいです。

 関西VOR/DME → Googleマップ(衛星写真)


Chibanarita09094
神戸VOR/DME
 「神戸空港」の「神戸VOR/DME」です。ターミナルビル4階送迎デッキの真正面に見えます。2006年2月の開港と同時に運用開始されました。


Chibanarita09093
大阪VOR/DME(移転)
 「大阪国際空港(伊丹空港)」にあった「大阪VOR/DME」です。有名な「32L」真下の通称「千里川土手」から滑走路の東側に見えました。航空機の中からも「32L」側から離着陸する場合はよく見えました。

 しかし、Googleマップの衛星写真を見てもこの場所に「大阪VOR/DME」は見当たりません。調べてみると「大阪VOR/DME」は廃止されたようです。

 かつて「大阪VOR/DME」があった場所
 Googleマップ(衛星写真)

● 大阪VOR/DMEの移転先

 読者の方から「大阪VOR/DME」が、伊丹空港の北西側の ”34°48'20.1"N 135°24'13.1"E” に移転しているとメールを頂きました。ありがとうございました。

 新たに「大阪VOR/DME」を設置した場所
 Googleマップ(衛星写真)

 川西市の「自衛隊阪神病院」の真南に移転しています。「大阪国際空港(伊丹空港)」の敷地内から移転した理由を調べてみましたが、分かりませんでした。



|

2018年9月23日 (日)

関西国際空港連絡橋 「IHIインフラシステム(堺工場)」と「高田機工(和歌山工場)」に搬入 「橋桁」の製造は素人の私が考えるような簡単なものでは無かった!

Kix180911
-関西国際空港連絡橋-
 
国土交通省は、「台風第21号」の影響によりタンカー船が衝突した「関西国際空港連絡橋」については、橋桁の損傷の程度が著しいことから再利用可能な一部分を除き、新しい橋桁を製作して架け直す方針としました。

 この方針を踏まえ、海上での作業を予定している2019年春頃の天候が安定し、作業に支障が生じなければ、2019年のゴールデンウィークまでに、連絡橋を完全復旧することを目標に作業を進める事になりました。

 引用資料 国土交通省(2018/09/18)
 関西国際空港連絡橋 復旧時期の見通しについて ~来年のゴールデンウィークまでに完全復旧することを目標~

● 7ヶ月は異例の短期間工事!
 私は、9月20日にこのブログに ”最初にこの発表を見た時に私は、「橋桁の製作を突貫工事で行って、年内に復旧しろよ!」と思いましたが、” と書きました。「橋桁」の製造は、素人の私が考えるようなそんな簡単なものではありませんでした。

 100m近い橋を新しく造ることになると一から特注になるので、図面を描いて製作しないといけないそうです。前の「設計図」をそのまま使うのではないようです。「橋桁」の製造は通常、完成までに1年半以上かかるそうです。7ヶ月は異例の短期間だそうです。

 MBS 動画ニュース(2018/09/21)
 関空連絡橋損傷した橋桁「新しく造る」GWまで異例の短期間工事で復旧目指す

 損傷した「関西国際空港連絡橋」の片方の橋桁は、大阪府堺市にある「IHIインフラシステム」の本社(堺工場)に運ばれています。全長約98m、重さ約1000トンで、衝突の衝撃で穴が開き歪んでいるため修復ができず、新たに作り直すそうです。

 IHIインフラシステム → 本社(堺工場)

 もう片方の橋桁は、和歌山県海南市の「高田機工(和歌山工場)」に陸揚げされています。和歌山の方の「橋桁」は、全長約90mの半分程度が使える状態のようです。

 Googleマップ(衛星写真) → 高田機工・和歌山工場

● 首都圏だったらもっと早期に完全復旧?
 ただ、これが首都圏だったら、ありとあらゆる工期短縮策が打たれ、24時間体制で工事を行い、もっと早期に完全復旧するという見方もあります。

 SPA(2018/09/22)
 関西空港連絡橋の完全復旧が来年のGWって遅すぎないか? 再確認した首都と関西の格差


Kix180912
「関西国際空港連絡橋」の空港側の付け根部分にタンカーが衝突しました。9月12日から損傷した「道路桁」をクレーン船で吊り上げて撤去する作業を行いました。


Kix180921
「位置図」です。


Kix180922
「橋梁の損傷状況」です。こちら側の「橋桁」は、衝突の衝撃で穴が開き歪んでいるため修復ができず、新たに作り直すそうです。


Kix180923
「橋梁の損傷状況」です。「橋脚」も衝突で塗装がはがれています。「橋脚」の造りが頑強で本当に良かったですね。「橋脚」が損傷していたら交通が完全にストップして関空は本当に終わっていました・・・



|

2018年9月16日 (日)

「関西国際空港」のアクセス鉄道 運転再開時期の前倒し 2018年9月18日(火)始発より運転再開!

Kix160451
-関⻄国際空港

 「関西国際空港」の空港アクセス鉄道については、道路桁の撤去が順調に進んだこと、鉄道桁の健全性に問題がなかったこと、鉄道桁の据え直し作業が 順調に進んだこと等により、2018年9月21日(金)目途とされていた運転再開予定を前倒し、9月18日(火)の始発から運転再開されます。

 2018年9月15日から軌道の整備と架線の復旧等を行い、今後試運転の実施等を行うこととしています。正に驚異的な早さの復旧です。

 引用資料 国土交通省(2018/09/15)
 関西国際空港アクセス鉄道の運転再開時期の前倒しについて ~9月18日(火)始発より運転再開されます~

 台風直後は、おおむね4週間後でしたが、1週間程度短縮出来て9月内に、更に9月21日、更に9月18日と台風から2週間後となりました。

 福岡市の地下鉄工事の陥没事故の時の埋め戻しも驚異的なスピードでしたが、日本人は一丸となった時の団結力が凄いですね。復旧に関わった関係者の方々には感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。


Kix160455
「関西国際空港」の空港アクセス鉄道が運転再開されると「第一ターミナル」や「貨物倉庫」の復旧のスピードも加速されると思います。


Kix180911
「関西国際空港」の生命線である「関西国際空港連絡橋」です。リスクを考えて橋またはトンネルのもう1本のアクセス道路が必要ですが、莫大な建設費がかかるので国が動かない限り無理です。

 中央のマスコミは、上から目線で「アクセスが1本しかない欠陥空港」などと書き立てていますが、国が潤沢に資金を投入する「羽田空港」と同列に書かないで欲しいです。
 このあたりの報道姿勢は、「JR北海道」や「北海道電力」への批判でも感じます。少ない予算で、首都圏と同様のサービスやインフラが維持出来る訳が無い・・・


Kix180912
「関西国際空港連絡橋」の空港側の付け根部分にタンカーが衝突しました。9月12日から損傷した「道路桁」をクレーン船で吊り上げて撤去する作業を行いました。


Kix180913
「関西国際空港連絡橋(鉄道部)等の復旧の進捗状況」です。


Kix180914
鉄道桁の移動(据え直し)作業
 
「鉄道桁の移動(据え直し)作業(14日21時頃完了)」です。2基目の「道路桁」の撤去が終わったすぐ後に「鉄道桁」の復旧を行ったようです。

 私は、「道路桁」と同じようにクレーン船で吊り上げて「鉄道桁」を元の位置に戻すのかと思っていましたが、「ジャッキ」で行ったようです。これも復旧が早くなった要因の1つですね。


Kix180915
軌道整備作業
 
「軌道整備作業(14日夜~)」です。「バラスト軌道」で良かったですね。コンクリート製の「スラブ軌道」や「弾性枕木直結軌道」だったらもっと時間がかかったと思います。

 「バラスト軌道」はバラストの調整で済むのでこういう時は復旧スピードが早いです。これも復旧が早くなった要因の1つですね。



|

2018年9月12日 (水)

りんくうタウン 地上22階の「ホテルWBF グランデ関西エアポート計画」 国土交通省により都市再生特別措置法の規定に基づき認定!

Izumisano180911
-ホテルWBF グランデ関西エアポート計画-

 「国土交通省」は2018年年9月11日に、都市再生特別措置法の規定に基づき、「TLS5特定目的会社」から申請のあった民間都市再生整備事業計画「ホテルWBF グランデ関西エアポート計画」について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2018/09/11)
 TLS5特定目的会社の民間都市再生整備事業計画(ホテルWBFグランデ関西エアポート計画)を認定 ~ 歩行者デッキの整備により、りんくうタウン駅周辺の利便性が向上 ~

 「ホテルWBF グランデ関西エアポート計画」は、りんくうタウン駅(JR関西空港線、南海空港線)と接続する歩行者デッキを整備することで、駅周辺の回遊性の向上を図るとともに、インバウンドが多い関西国際空港周辺において、需要が高いホテルを駅前に整備することで、更なるまちの活性化に寄与します。

 概要は、地上22階 地下0階、高さ81.20m、延床面積26,583.58㎡です。当初計画では、客室数813室でしたが、700室に変更になっています。

ホテルWBF グランデ関西エアポート計画の概要
◆ 所在地-大阪府泉佐野市りんくう往来北1-833
◆ 交通-JR関西空港線・南海空港線「りんくうタウン」駅すぐ
◆ 階数-地上22階、地下0階
◆ 高さ-81.20m
◆ 敷地面積-2,954.00㎡(敷地面積)、2,954.84㎡(実測)
◆ 建築面積-2,362.62㎡
◆ 延床面積-26,583.58㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、飲食店、喫茶店
◆ 客室数-700室
◆ 建築主-TLS5特定目的会社「(代表)ホワイト・ベアーファミリー、(構成)日企設計、日本国土開発」
◆ 設計者-日企設計
◆ 施工者-日本国土開発
◆ 着工-2018年09月15日
◆ 竣工-2020年07月31日予定


Izumisano180912
「概要図」です。


Izumisano180913
「位置図」です。


Izumisano180914
「事業スケジュール(予定)」です。工期は2018年9月15日~2020年7月31日(予定)ですが、「2020年東京オリンピック」の開会式(2020年7月24日)の直前に開業すると思われます。


Izumisano180915
当初発表されていた完成予想図です。全く別のホテルと言っていいくらい外観デザインが変更になりました。



|

2018年7月31日 (火)

北大阪健康医療都市(愛称:健都) JR西日本の複合施設「VIERRA岸辺健都」 2018年7月25日の建設状況

Suitajr180711
-北大阪健康医療都市 愛称:健都(けんと)-

 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

 「国立循環器病研究センター」や「市立吹田市民病院」の移転を控え、「国立循環器病研究センター」を中心とする医療クラスターの形成に向け、基盤整備などに取り組んでいます。

 こうした経緯等を踏まえ、この地区の名称を日本語表記「北大阪健康医療都市」、英語表記「Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)」、愛称「健都(けんと)」に決定しています。

● VIERRA岸辺健都
 都市再生機構西日本支社は、「北部大阪都市計画事業吹田操車場跡地土地区画整理事業区域内4街区7-13画地」の敷地面積8,235.71㎡を売却する入札を実施し、24億7071万3000円でJR西日本が落札しました。

 JR西日本は、地上9階、地下0階の「(仮称)JR岸辺駅ビル開発」を2017年3月27日に着工しました。建物は、JR岸辺駅の南北自由通路とペデストリアンデッキで直結します。

 施設名称は「VIERRA岸辺健都」です。施設の核テナントとしてスーパーマーケットに「平和堂」、フィットネスクラブに「グンゼスポーツ」の出店が決定しています。

 ホテル部分には、「カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント」が出店します。2018年秋に、露天風呂を備え、最先端の医療都市「健都」に総客室数111室のONEランク上のジャパンクールデザインホテル「(仮称)カンデオホテルズ大阪吹田(健都)」が誕生します。

VIERRA岸辺健都の概要
◆ 計画名-吹田操車場跡地開発
◆ 所在地-大阪府吹田市岸部新町17他
◆ 交通-JR「岸辺」駅自由通路(約100m)で直結
◆ 階数-地上9階、地下0階
◆ 高さ-約45m
◆ 敷地面積-8,235.71㎡
◆ 延床面積-約27,019㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-物販店、飲食店、クリニック、宿泊施設、フィットネスクラブほか
◆ 客室数-111室(ホテル6階~9階)
◆ 建築主-JR西日本(施設運営者 JR西日本不動産開発)
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年03月27日
◆ 竣工-2018年09月30日予定(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2018年秋予定


Suitajr180712
「VIERRA岸辺健都」の建設現場を西側から見た様子です。


Suitajr180713
北側から見た様子です。


Suitajr180714
「(仮称)カンデオホテルズ大阪吹田(健都)」です。


Suitajr180715
北東側から見た様子です。JR岸辺駅の南北自由通路とペデストリアンデッキで直結します。


Suitajr180716
JR岸辺駅の自由通路から見た様子です。南西側隣接地では「(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事」が建設中です。


Suitajr180717
北口の「VIERRA岸辺健都」には、平和堂の「(仮称)フレンドマート健都店」が出店しますが、南口には既存の「フレンドマート岸辺店」があります。JR岸辺駅を挟んで両側を押さえる戦略です。



|

北大阪健康医療都市(愛称:健都) (仮称)吹田市新市民病院移転建替工事 2018年7月25日の建設状況

Suitahospital171211
-北大阪健康医療都市 愛称:健都(けんと)-

 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

 「国立循環器病研究センター」や「市立吹田市民病院」の移転建て替えを控え、「国立循環器病研究センター」を中心とする医療クラスターの形成に向け、基盤整備などに取り組んでいます。

 こうした経緯等を踏まえ、この地区の名称を日本語表記「北大阪健康医療都市」、英語表記「Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)」、愛称「健都(けんと)」に決定しています。

(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事
 
「吹田市民病院」は、施設の老朽化などから、現病院がある片山町二丁目から旧国鉄吹田操車場跡地に移転する工事を行っています。

 新病院は、JR岸辺駅とつながり、バリアフリーの観点からも患者に優しい病院となります。「国立循環器病研究センター」と近接することで密に連携をとることができ、さらなる地域医療の向上が期待できます。

 2016年9月28日に「(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事」の起工式が行われ、8月29日に着工されました。病院移転日は2018年12月1日(土)予定、外来診療開始日は2018年12月4日(火)予定となっています。

(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事の概要
◆ 所在地-大阪府吹田市岸部新町 北部大阪都市計画事業吹田操車場跡地土地区画整理事業区域(4街区)の一部
◆ 階数-地上8階、塔屋1階
◆ 高さ-約41m
◆ 敷地面積-17,813.69㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,697.61㎡(施設全体)
◆ 延床面積-46,239.92㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-病院
◆ 病床数-病床数431床 内訳は一般病床386床(うちICU4床、救急専用病床8床)、回復期リハビリテーション病床45床
◆ 診療科-22診療科(内科、循環器科、神経内科、消化器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、腎泌尿器科、放射線診断科、リハビリテーション科、麻酔科、精神科、心療内科、病理診断科、歯科(障がい者)、救急診療科、放射線治療科)
◆ 建築主-地方独立行政法人市立吹田市民病院
◆ 設計者-大成建設
◆ 監理者-日建設計
◆ 施工者-大成・堀田特定建設工事共同企業体(大成建設、堀田工務店JV)
◆ 着工-2016年08月28日(起工式)、2016年08月29日(着工)
◆ 竣工-2018年08月31日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 開院-2018年12月01日予定(病院移転日)、2018年12月04日予定(外来診療開始日)
◆ 落札金額-125億円(税抜き)


Suitahospital180711
「(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事」の建設現場を北側から見た様子です。病院移転日は2018年12月1日(土)の予定です。


Suitahospital180712
隣りの「VIERRA岸辺健都」とは、歩行者デッキで直結します。「VIERRA岸辺健都」を経由して、JR岸辺駅の南北自由通路や「国立循環器病研究センター」と直結します。


Suitahospital180713
植栽が行われています。


Suitahospital180714
完成予想図には描かれていない小規模な建物が建設されています。「(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事」とは別の施設で、「(仮称)吹田市JR岸辺駅ビル新築工事」となっていました。「クリニック」や「薬局」が入るようです。


Suitahospital180715
植栽が行われています。


Suitahospital180716
西側から見た様子です。


Suitahospital180717
西側から引いて見た様子です。


Suitahospital180718
敷地の南西側には「駐車場棟」が建設されています。「病院棟」とは歩行者デッキで結ばれています。


Suitahospital180719
「駐車場棟」を西側から見た様子です。


Suitahospital180720
JR線の車窓から見た様子です。



|

2018年7月29日 (日)

北大阪健康医療都市(愛称:健都) 総戸数824戸の大規模プロジェクト「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」 2018年7月25日の建設状況

Settsu170111
-北大阪健康医療都市 愛称:健都(けんと)-

 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

 「国立循環器病研究センター」や「市立吹田市民病院」の移転建て替えを控え、「国立循環器病研究センター」を中心とする医療クラスターの形成に向け、基盤整備などに取り組んでいます。

 こうした経緯等を踏まえ、この地区の名称を日本語表記「北大阪健康医療都市」、英語表記「Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)」、愛称「健都(けんと)」に決定しています。

● ローレルスクエア健都ザ・レジデンス
 都市型居住ゾーンの敷地については、「近鉄不動産、大和ハウス工業、名鉄不動産」の共同事業体が、2015年5月29日に実施された摂津市、URおよびJR貨物を譲渡者とする「吹田操車場跡地地区(7・8街区)土地譲受事業者募集」に応募し、落札しました。

 「近鉄不動産、大和ハウス工業、名鉄不動産」は、「(仮称)吹田操車場跡地『健都』マンションプロジェクト」について7月12日に建築工事の着手に伴い、地鎮祭を行いました。正式名称はト「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」となっています。

 「健都」では、「国立循環器病研究センター」など他の施設に先駆けて着工しました。総戸数824戸の大規模レジデンスで、2018年2月以降順次、竣工する予定です。

ローレルスクエア健都ザ・レジデンスの概要
◆ 計画名-(仮称)摂津市千里丘新町A敷地計画建設工事(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ工区)
◆ 所在地-大阪府摂津市千里丘新町701番、703番、705番1
◆ 交通-JR東海道本線(JR京都線)「岸辺」駅徒歩7分 ※南北自由通路北口より徒歩5分
◆ 階数-地上15階(Ⅰ工区のファーストステージ棟・セカンドステージ棟)、地上20階(Ⅱ工区のサードステージ棟・フォースステージ棟、Ⅲ工区のフィフスステージ棟)
◆ 高さ-59.895m
◆ 敷地面積-19,807.49㎡(建築確認対象面積)、19,807.48㎡(登記記録面積)
◆ 建築面積-6,681.79㎡
◆ 延床面積-73,420.87㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(各棟それぞれ25~28本)
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 総戸数-824戸〈Ⅰ工区(ファーストステージ棟・セカンドステージ棟)292戸、Ⅱ工区(サードステージ棟・フォースステージ棟)380戸、Ⅲ工区(フィフスステージ棟)152戸〉
◆ 建築主-近鉄不動産、大和ハウス工業、名鉄不動産
◆ 設計者・監理者-長谷工コーポレーション
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2016年07月12日(地鎮祭)
◆ 竣工-2018年02月05日〈Ⅰ工区(ファーストステージ棟・セカンドステージ棟)〉、2019年01月予定〈Ⅱ工区(サードステージ棟・フォースステージ棟)〉、2019年07月予定〈Ⅲ工区(フィフスステージ棟)〉
◆ 入居開始-2018年03月〈Ⅰ工区(ファーストステージ棟・セカンドステージ棟)〉、2019年03月予定〈Ⅱ工区(サードステージ棟・フォースステージ棟)〉、2019年08月予定〈Ⅲ工区(フィフスステージ棟)〉


Settsu170112
「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」の位置図です。

 引用資料 公式ホームページ
 ローレルスクエア健都ザ・レジデンス 


Settsu180711
「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」の建設現場をJR岸辺駅の橋上駅舎から見た様子です。


Settsu180712
南側から見た様子です。


Settsu180713
先行して「Ⅰ工区」の「ファーストステージ棟」と「セカンドステージ棟」が、2018年2月5日に竣工しました。


Settsu180714
東側から見た様子です。


Settsu180715
敷地東側の植栽です。名称は「グランドパーク」です。


Settsu180716
北側から見た様子です。


Settsu180717
北西側から見た様子です。


Settsu180718
西側から見た様子です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場