49 大阪府・その他

2020年7月13日 (月)

彩都(国際文化公園都市) 巨大物流施設の第三弾 阪急阪神不動産と三菱地所が「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都」を着工!

Saito200711
(仮称)彩都もえぎ物流施設計画-
 「彩都(国際文化公園都市)」は、大阪府北部の丘陵地において、産・学・官が協力して推進するの新都市建設プロジェクトです。当初は、企業誘致が進まず用地が埋まりませんでしたが、巨大物流施設の相次ぐ進出で、急速に埋まりつりつつあります。

 巨大物流施設第一弾の「プロロジスパーク茨木」は、2016年9月に竣工しました。延床面積189,741.77㎡です。第二弾の「三井不動産ロジスティクスパーク茨木(MFLP茨木)」は2017年9月に竣工しました。延床面積約241,841㎡です。

 第三弾として「阪急電鉄」と「三菱地所」は、彩都東部地区山麓線エリアにおいて、大規模物流施設開発計画「(仮称)彩都もえぎ物流施設計画」を共同で推進することになりました。

● 2021年春の竣工を目指して着工!
 「阪急阪神不動産」と「三菱地所」は7月9日、大阪府茨木市彩都もえぎで、共同で推進してきた大規模物流施設の開発「(仮称)彩都もえぎ物流施設計画」を2021年春の竣工を目指して着工したと発表しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2020/07/09)
 大阪府茨木市彩都の大規模物流施設 「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都」着工のお知らせ ~ご入居いただく企業が内定~

 2棟の物流倉庫を建設・運営するというもので、2020年2月に「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟)」に着工、2020年5月に「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(B棟)」に着工しました。「ロジスタ」は阪急阪神不動産が国内で展開する物流施設の名称で、「ロジクロス」は三菱地所の物流施設の名称です。

 すでに、2棟の建物に入居する企業が内定しています。A 棟には「三井倉庫ロジスティクス」が、B棟には「ロンコ・ジャパン」が、それぞれ施設1棟を一括で借り上げることになっています。


Saito200712
ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟)


ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟) の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市彩都もえぎ一丁目
◆ 階数-地上5階、地下0階
◆ 敷地面積-51,030.30㎡
◆ 延床面積-約116,000㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設(複数テナントによる分割利用が可能)
◆ 建築主-阪急阪神不動産、三菱地所
◆ 設計監理監修-フクダ・アンド・パートナーズ
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2020年02月01日
◆ 竣工-2021年05月末日予定


Saito200713
ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(B棟)


ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(B棟) の概要
◆ 所在地-大阪府茨木市彩都もえぎ一丁目
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-15,892.28㎡
◆ 延床面積-約31,000㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造 
◆ 用途-マルチテナント型物流施設(複数テナントによる分割利用が可能)
◆ 建築主-阪急阪神不動産、三菱地所
◆ 設計監理監修-フクダ・アンド・パートナーズ
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2020年05月25日
◆ 竣工-2021年04月末日予定


Saito200714
周辺地図

 この物流施設は名神高速道路の「茨木IC」まで約2.5km、新名神高速道路の「茨木千提寺IC」まで約6.5km、名神高速道路・中国自動車道・近畿自動車道の結節点「吹田JCT」まで約5.2kmの地点に立地しており、また国道171号線等の主要幹線道路にも近く、京阪神エリアのみならず西日本を幅広くカバーできる魅力的なロケーションに位置しています。



|

2020年6月16日 (火)

阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案) 超高層タワーマンションが描かれている概ね10年後のイメージを公開!

Ibaraki200611
-(仮称)阪急茨木市駅西地区 市街地再開発事業-

 「阪急不動産」と「大林組」のグループ(代表企業:阪急不動産)は、「阪急茨木駅前ソシオ管理組合」が実施した「(仮称)阪急茨木市駅西地区 市街地再開発事業 事業パートナー募集選定」において、事業パートナーとして選定されました。

 阪急茨木市駅西地区は、「日本万国博覧会」の開幕に合わせた1969年の市街地改造事業により、駅前広場(公共施設)と民間施設ソシオ茨木(茨木ビル・永代ビル)が一体的に整備されました。

 しかし、築後数十年が経過し、ソシオ茨木の建物・設備の老朽化にともない、2008年7月より建替えの検討を開始し、2014年12月の管理組合臨時総会にて建替え推進決議が可決され、ソシオ茨木建替え推進委員会が発足して現在に至ります。

 「阪急不動産・大林組グループ」は、阪急茨木駅前ソシオ管理組合やユーデーコンサルタンツ、茨木市とパートナーシップを形成し、今後、ソシオ茨木及び市営駐車場、駅前広場を含む区域における都市再開発法に基づく市街地再開発の事業化に向け、阪急茨木市駅西地区の新たなまちづくりに取り組みます。

● 阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)
 現在、検討を進めている阪急茨木市駅西口駅前周辺の再整備について、目指すべき将来像と基本的な方針を茨木市民と共有しながら事業を進めていくため、「阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)」を策定し、この基本計画(案)に対する市民の意見を募集します。

 引用資料 茨木市・公式HP(2020/06/15)
 阪急茨木市駅西口駅前周辺整備基本計画(案)へのご意見を募集します

 一番上のイメージ図は、「整備後(概ね10年後)のイメージ」です。あくまでもイメージで、確定したものではありませんが、大規模な超高層タワーマンションが描かれています。


Ibaraki200612
「駅舎北側自由通路から阪急本通り商店街方向を望む(概ね10年後)」です。


Ibaraki200613
「商店街前の広場のイメージ(概ね10年後)」です。


Ibaraki200614
「土地利用ゾーニング」です。


Ibaraki200615
「対象地区」です。「駅前広場」と「市営駐車場」のあたりに超高層タワーマンションを配置するようです。


Ibaraki15092
阪急茨木市駅西地区の「ソシオ茨木(ソシオ1茨木ビル、ソシオ2永代ビル)」です。


Ibaraki15093
駅前広場の北側にある「ソシオ1茨木ビル」です。


Ibaraki15094
「ソシオ1茨木ビル」のアップです。「ソシオ1茨木ビル」は、地上6階、地下2階、敷地面積3,963.09㎡、延床面積16,990.64㎡です。「日本万国博覧会」の開幕に合わせて、1969年12月に竣工しました。


Ibaraki15095
「ソシオ2永代ビル」を南東側から見た様子です。「ソシオ2永代ビル」は、地上4階、地下2階、敷地面積1,417.88㎡、延床面積4,632.29㎡です。「日本万国博覧会」の開幕に合わせて、1969年12月に竣工しました。


Ibaraki15096
「ソシオ2永代ビル」を南西側から見た様子です。


Ibaraki15097
駅前広場の南側にある「市営駐車場」です。


Ibaraki15098
「市営駐車場」のアップです。「市営駐車場」は、地上3階、敷地面積2,273.22㎡、延床面積5,409.91㎡です。1979年4月に竣工しました。


Ibaraki15099
「駅前広場」です。「日本万国博覧会」の開幕に合わせて、1969年12月に整備されました。



|

2020年6月12日 (金)

阪急京都線「摂津市駅」を中心に高架化 「阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業」 2023年度に工事着手へ!

Settsu200611
-阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業-
 阪急電鉄京都線は、「大阪(梅田)」と「京都(河原町)」を結ぶ鉄道で、2010年3月14日の「摂津市駅」の開業により、駅東側では摂津市立コミュニティプラザや集合住宅等が整備されました。

 しかしながら、摂津市駅周辺の踏切では、開かずの踏切などにより慢性的な交通渋滞が発生し、また、鉄道により地域が分断され、地域活動の支障となっています。

 「阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業」は、大阪府が事業主体となり、阪急京都線摂津市駅を中心に、山田川から大正川付近(一部茨木市域)までの全長約2.1kmの区間で、線路を高架にすることによって5ヶ所の踏切を無くします。

 引用資料 摂津市・公式ホームページ
 連続立体交差推進課  

 連続立体交差事業により鉄道を高架化し、交通渋滞や踏切事故を抜本的に解消するとともに、市街地の一体化を図り、また消防車等緊急車両の迅速性が確保されるなど、地域の発展に大きく寄与します。

阪急京都線(摂津市駅付近)連続立体交差事業の概要
◆ 事業区間-大阪府摂津市庄屋一丁目~大阪府茨木市丑寅二丁目
計画延長-約2,550m(線路線数2)
事業延長-約2,100m(摂津市域1.5km、茨木市域0.6km)
構造形式-嵩上式(約1,430m)、地表式(約1,120m)
高架化される駅-摂津市駅
踏切除却数-5ヶ所(うち開かずの踏切2ヶ所)
事業者-大阪府、摂津市、茨木市、阪急電鉄
◆ 用地取得-2018年度~
◆ 工事着手-2023年度予定
◆ 事業完了-2033年度予定


Settsu200612
事業延長は、約2,100m(摂津市域1.5km、茨木市域0.6km)です。


Settsu200613
南西側半分の「平面図」と「縦断図」です。


Settsu200614
北東側半分の「平面図」と「縦断図」です。


Settsu200615
摂津市駅部の「断面図」です。


Settsu200616
高架部の「断面図」です。


Settsu200617
阪急京都線の「摂津市駅(せっつしえき)」のホームです。2010年3月14日に開業しました。相対式の2面2線の地上駅となっています。いかにも暫定的な造りになっているのは、将来的に高架化されるためです。



|

2020年5月28日 (木)

関西医科大学の新たなシンボル 地上12階、高さ約116mの「関西医科大学タワー棟新築工事」

Osakahirakata200511
-関西医科大学-
 大阪は伝統的に医療技術が高く、全国的に有名な拠点病院が多いです。特に高度医療に関しては病院の選択枠も多く非常に恵まれています。「関西医科大学」も拠点の一つです。

 「関西医科大学」はのルーツは、1928年に開設された「大阪女子高等医学専門学校」です。1947年に「大阪女子医科大学予科」が開設され、1954年に男女共学となり「 関西医科大学」と改称されました。
 
 「関西医科大学」は、キャンパスや附属病院が各地に分散する典型的なタコ足大学でした。これらの不便を解消するべく「クラボウ枚方工場」跡地の敷地面積58,452.31㎡に一大拠点となる「関西医科大学附属枚方病院(現:関西医科大学附属病院)」と「枚方キャンパスの枚方新学舎」を建設しました。京阪電鉄「枚方市駅」から徒歩5分、背後は「淀川河川公園」の水辺環境という緑豊かな好立地です。

● 関西医科大学タワー棟新築工事
 2020年3月16日に、枚方キャンパスのタワー棟建設予定地において「関西医科大学タワー棟新築工事起工式」が挙行されました。「タワー棟」は、遠方から入院患者の家族のための宿泊施設機能や、大学の国際交流センター機能、留学生が快適な研究・勉強生活を送るためのラウンジスペース・共同キッチンを持った宿舎を備える予定です。

 関西医科大学(2020/03/16) 
 「関西医科大学タワー棟新築工事起工式」挙行

 概要は、地上12階、地下0階、高さ約116m、寄宿舎の住戸数は45戸を予定しています。設計者と施工者は「前田建設工業」が担当、竣工は2021年9月30日の予定です。


Osakahirakata200512
関西医科大学タワー棟新築工事(Googleマップ引用)

 「関西医科大学タワー棟新築工事」の予定地です。建設場所は「看護学部棟」の南側です(Googleマップの衛星写真の3Dモードを引用)。


Osakahirakata200513
関西医科大学の「枚方キャンパス」です。


Osakahirakata200514
関西医科大学附属病院

 「関西医科大学附属枚方病院」は、2006年1月7日に開院しました。2016年4月1日からは、「本院」としての位置づけを一層明確にする目的で、名称を「関西医科大学附属病院」 に変更しました。

 地域の一大拠点病院となっており、「総合周産期母子医療センター、大阪府災害拠点病院、がん診療連携拠点病院、高度救命救急センター、大阪府アレルギー疾患医療拠点病院」に認定・指定されています。

関西医科大学附属病院の概要
◆ 所在地-大阪府枚方市新町二丁目3番1号 
◆ 階数-地上13階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部67.024m
◆ 敷地面積-31,611.88㎡
◆ 建築面積-9,849.56㎡
◆ 延床面積-71,851.19㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(PC造、鉄骨造)
◆ 地震対策-基礎免震構造
◆ 用途-病院
◆ 病床数-751床
◆ 診療科目-血液腫瘍内科、呼吸器腫瘍内科、呼吸器・感染症内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌内科、糖尿病科、消化器肝臓内科、心療内科、総合診療科、神経内科、精神神経科、小児科、肝臓外科、胆膵外科、消化管外科、小児外科、乳腺外科、心臓血管外科、血管外科、小児心臓外科、呼吸器外科、脳神経外科、小児脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、歯科口腔外科、放射線科、産婦人科、麻酔科、臨床検査医学科、病理診断科、救急医学科、リハビリテーション科、リウマチ・膠原病科、健康科学科
◆ 建築主-(学校法人)関西医科大学
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2003年03月
◆ 竣工-2005年08月
◆ 開院-2006年01月07日



|

2020年5月 2日 (土)

国立循環器病研究センター跡地 住宅戸数800戸の大規模開発「(仮称)吹田市藤白台5丁目計画」 環境影響評価提案書の公開!

Suita200521
-国立循環器病研究センター跡地-

 「国立循環器病研究センター」は、2019年7月1日に 吹田市岸部新町へ移転しました。閉鎖された状態が続いていた国立循環器病研究センター跡地の敷地面積約66,000㎡で大規模な複合開発が動き出します。

 東京都港区に本社を置き、中部電力の持分法適用関連会社である 「日本エスコン」と中部電力系の「中電不動産」が、住宅戸数800戸(集合住宅、戸建て住宅、住宅型有料老人ホーム)、保育所、商業施設などを共同で整備します。

● (仮称)吹田市藤白台5丁目計画
 国立循環器病研究センター跡地の大規模複合開発「(仮称)吹田市藤白台5丁目計画」の環境影響評価提案書が公開されています。提案書の公開日は2020年4月30日、 意見書の提出期間は2020年4月30日~6月14日までです。

 引用資料 吹田市・公式HP(2020/04/30)
 (仮称)吹田市藤白台5丁目計画 環境影響評価

(仮称)吹田市藤白台5丁目計画の概要
◆ 所在地-大阪府吹田市藤白台五丁目125番23
◆ 階数-地上11階、地下1階
◆ 高さ-30.85m
◆ 敷地面積-約66,000㎡
◆ 用途-集合住宅、戸建て住宅、住宅型有料老人ホーム、保育所、商業施設
◆ 住宅戸数-800戸(集合住宅、戸建て住宅、住宅型有料老人ホーム)
◆ 事業者-日本エスコン、中電不動産


Suita200522
「施設平面図(集合住宅)」です。


Suita200523
「施設立面図(集合住宅)」です。


Suita200524
「施設概要」です。


Suita200525
「事業計画地の位置」です。



|

2020年5月 1日 (金)

健都イノベーションパーク 「(仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事」が2020年11月着工、「(仮称)健都イノベーションパークアライアンス棟」が2021年2月着工!

Suita200511
-健都イノベーションパーク-

 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

「健都イノベーションパーク」は、北大阪健康医療都市における「国立循環器病研究センター」を中心とした国際級の複合医療産業拠点の形成を図るべく、「健康と医療」をキーワードに先端的な研究開発を行う企業等の研究施設を集積させる場としています。

● (仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事
 医療機器・医薬品製造の「ニプロ」は、国立研究開発法人国立循環器病研究センターを中心とした国際級の複合医療産業拠点(クラスター)の形成を図るべく、吹田市が進出事業者を公募していた「北大阪健康医療都市(通称「健都」)イノベーションパーク利用事業」の優先交渉権者に指定されました。

 「ニプロ」は、健都イノベーションパークの土地の一部(敷地面積15,839.78㎡)を取得しています。地上12階、地下1階の「(仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事」を建設します。

 引用資料 建設通信新聞(2020/05/01)
 摂津市の健都イノベーションパーク/11月にニプロの施設着工

(仮称)ニプロ健都イノベーションパーク施設新築工事の概要
◆ 所在地-健都イノベーションパーク内
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 敷地面積-15,839.78㎡
◆ 建築面積-約5,804㎡
◆ 延床面積-約46,153㎡
◆ 用途-オフィス、集会所、物販店舗、飲食店舗、駐車場
◆ 建築主-ニプロ
◆ 設計者-久米設計
◆ 着工-2020年11月予定
◆ 竣工-2022年11月末予定


Suita190915
「ニプロ」の進出予定地は「L字型」になります。

 引用資料 ニプロ(PDF:2018/09/28)
 健都イノベーションパーク土地売買契約成立のお知らせ


Suita190916
「ニプロ」が進出予定地を南側から見た様子です。敷地面積15,839.78㎡と広大な敷地を取得しています。工事着工は2020年11月の予定です。


Suita190911 
(仮称)健都イノベーションパークアライアンス棟
 「健都」における医療クラスターの形成に向け、更なる広がりや厚みを持たせるよう、「国立健康・栄養研究所」のほか、企業や大学の産学連携の窓口等様々な機関が入居可能な、ハード・ソフトの両面において複合的な機能を有する建物(アライアンス棟)の整備・運営を行う事業者を募集しました。

 引用資料 吹田市(2019/09/12)
 アライアンス棟整備・運営事業の選定結果

 「吹田市」は2019年9月12日に、「JR西日本不動産開発」を代表とするグループを優先交渉権者に決定しました。代表法人が「JR西日本不動産開発」、構成法人が「京都リサーチパーク、大林組」となっています。

 食生活や運動を通じた健康の維持増進、健康食品や栄養療法についての各種情報提供を行っている「国立健康・栄養研究所」が、東京都新宿区戸山から全部移転する予定です。

(仮称)健都イノベーションパークアライアンス棟の概要
◆ 所在地-健都イノベーションパーク内
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 敷地面積-4,429.82㎡
◆ 建築面積-約1,682㎡
◆ 延床面積-約9,087㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-国立健康・栄養研究所(約3,500㎡)、貸ラボ・オフィス(約3,800㎡)、クラスター交流施設(約200㎡)等
◆ 優先交渉権者-(代表法人)JR西日本不動産開発、(構成法人)京都リサーチパーク、大林組
◆ 設計者-昭和設計
◆ 着工-2021年02月予定
◆ 竣工-2022年03月予定


Suita190912
「アライアンス棟」の進出予定地です。



|

2020年4月 5日 (日)

大阪モノレール延伸事業 2020年4月1日付けで門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得! Part4・「(仮称)瓜生堂駅」編

Higashiosaka200431
-大阪モノレール延伸事業-

 「大阪モノレール」は、大阪府の第三セクター、「大阪高速鉄道(OKT)」が運行しています。「大阪モノレール」の延伸計画について、「大阪府」と「東大阪市」は2015年7月22日に、事業化することで合意していました。

● 2020年4月1日付けで工事施行認可取得!
 大阪モノレールの「門真市駅」から「(仮称)瓜生堂駅」の延伸について、2019年7月22日に工事実施に必要となる工事施行認可を申請していましたが、2020年4月1日付けで 国土交通大臣より認可されました。

 引用資料 大阪モノレール(2020/04/01)
 門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得について

 引用資料 大阪府(更新日2020/04/01)
 大阪モノレール延伸事業

大阪モノレールの延伸計画の概要
◆ 区間-門真市~鴻池新田~荒本~瓜生堂
◆ 延長-複線8.9km(営業延長)
◆ 新駅4駅-(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅
◆ 事業費-約286億円(消費税抜き)、別途、支柱・桁などの道路構造物(インフラ部)の事業費が約740億円(消費税込み)
◆ 車庫-大阪中央環状線の未利用地を活用
◆ 開業目標-2029年予定


Kadoma200412
「路線計画図」です。関西圏の鉄道網は、大阪市一点集中型になっています。そのため郊外での他線への乗り換えが不便です。 大阪モノレールはそれらを解消すると共に、「伊丹空港」への非常に重要なアクセスとなっています。


Kadoma200413
8.9km延伸します。「(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅」の4駅を新設し、(1)Osaka Metro長堀鶴見緑地線、(2)JR学園都市線、(3)近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)、(4)近鉄奈良線と乗り換えができるようにします。


Higashiosaka200432
「(仮称)瓜生堂駅」の予定地です。「瓜生堂」は「うりゅうどう」と読みます。「(仮称)瓜生堂駅」の手前の近畿自動車道の敷地には「(仮称)瓜生堂車庫」が設けられます。

 「(仮称)瓜生堂駅」と交差する近鉄奈良線には現在は駅がありませんが、近鉄奈良線にも「(仮称)瓜生堂駅」が整備されます。2つの駅は乗り換えができるようにします。



|

2020年4月 4日 (土)

大阪モノレール延伸事業 2020年4月1日付けで門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得! Part3・「(仮称)荒本駅」編

Higashiosaka200421
-大阪モノレール延伸事業-

 「大阪モノレール」は、大阪府の第三セクター、「大阪高速鉄道(OKT)」が運行しています。「大阪モノレール」の延伸計画について、「大阪府」と「東大阪市」は2015年7月22日に、事業化することで合意していました。

● 2020年4月1日付けで工事施行認可取得!
 大阪モノレールの「門真市駅」から「(仮称)瓜生堂駅」の延伸について、2019年7月22日に工事実施に必要となる工事施行認可を申請していましたが、2020年4月1日付けで 国土交通大臣より認可されました。

 引用資料 大阪モノレール(2020/04/01)
 門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得について

 引用資料 大阪府(更新日2020/04/01)
 大阪モノレール延伸事業

大阪モノレールの延伸計画の概要
◆ 区間-門真市~鴻池新田~荒本~瓜生堂
◆ 延長-複線8.9km(営業延長)
◆ 新駅4駅-(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅
◆ 事業費-約286億円(消費税抜き)、別途、支柱・桁などの道路構造物(インフラ部)の事業費が約740億円(消費税込み)
◆ 車庫-大阪中央環状線の未利用地を活用
◆ 開業目標-2029年予定


Kadoma200412
「路線計画図」です。関西圏の鉄道網は、大阪市一点集中型になっています。そのため郊外での他線への乗り換えが不便です。 大阪モノレールはそれらを解消すると共に、「伊丹空港」への非常に重要なアクセスとなっています。


Kadoma200413
8.9km延伸します。「(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅」の4駅を新設し、(1)Osaka Metro長堀鶴見緑地線、(2)JR学園都市線、(3)近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)、(4)近鉄奈良線と乗り換えができるようにします。


Higashiosaka200422
「(仮称)荒本駅」の予定地です。阪神高速13号東大阪線と近畿自動車道が交差分岐する「東大阪ジャンクション」内では無く、東側にかなり迂回します。完成イメージを見ると「大阪府立中央図書館」側と歩行者デッキで結ばれるようです。近鉄けいはんな線の「荒本駅」と乗り換えができるようにします。



|

2020年4月 3日 (金)

大阪モノレール延伸事業 2020年4月1日付けで門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得! Part2・「(仮称)鴻池新田駅」編

Higashiosaka200411
-大阪モノレール延伸事業-

 「大阪モノレール」は、大阪府の第三セクター、「大阪高速鉄道(OKT)」が運行しています。「大阪モノレール」の延伸計画について、「大阪府」と「東大阪市」は2015年7月22日に、事業化することで合意していました。

● 2020年4月1日付けで工事施行認可取得!
 大阪モノレールの「門真市駅」から「(仮称)瓜生堂駅」の延伸について、2019年7月22日に工事実施に必要となる工事施行認可を申請していましたが、2020年4月1日付けで 国土交通大臣より認可されました。

 引用資料 大阪モノレール(2020/04/01)
 門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得について

 引用資料 大阪府(更新日2020/04/01)
 大阪モノレール延伸事業

大阪モノレールの延伸計画の概要
◆ 区間-門真市~鴻池新田~荒本~瓜生堂
◆ 延長-複線8.9km(営業延長)
◆ 新駅4駅-(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅
◆ 事業費-約286億円(消費税抜き)、別途、支柱・桁などの道路構造物(インフラ部)の事業費が約740億円(消費税込み)
◆ 車庫-大阪中央環状線の未利用地を活用
◆ 開業目標-2029年予定


Kadoma200412
「路線計画図」です。関西圏の鉄道網は、大阪市一点集中型になっています。そのため郊外での他線への乗り換えが不便です。 大阪モノレールはそれらを解消すると共に、「伊丹空港」への非常に重要なアクセスとなっています。


Kadoma200413
8.9km延伸します。「(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅」の4駅を新設し、(1)Osaka Metro長堀鶴見緑地線、(2)JR学園都市線、(3)近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)、(4)近鉄奈良線と乗り換えができるようにします。


Higashiosaka200412
「(仮称)鴻池新田駅」の予定地です。かなり距離が離れていますが、JR学園都市線の「鴻池新田駅」と乗り換えが出来るようになります。



|

2020年4月 2日 (木)

大阪モノレール延伸事業 2020年4月1日付けで門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得! Part1・「(仮称)門真南駅」編

Kadoma200411
-大阪モノレール延伸事業-

 「大阪モノレール」は、大阪府の第三セクター、「大阪高速鉄道(OKT)」が運行しています。「大阪モノレール」の延伸計画について、「大阪府」と「東大阪市」は2015年7月22日に、事業化することで合意していました。

● 2020年4月1日付けで工事施行認可取得!
 大阪モノレールの「門真市駅」から「(仮称)瓜生堂駅」の延伸について、2019年7月22日に工事実施に必要となる工事施行認可を申請していましたが、2020年4月1日付けで 国土交通大臣より認可されました。

 引用資料 大阪モノレール(2020/04/01)
 門真市駅~(仮称)瓜生堂駅間の工事施行認可取得について

 引用資料 大阪府(更新日2020/04/01)
 大阪モノレール延伸事業

大阪モノレールの延伸計画の概要
◆ 区間-門真市~鴻池新田~荒本~瓜生堂
◆ 延長-複線8.9km(営業延長)
◆ 新駅4駅-(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅
◆ 事業費-約286億円(消費税抜き)、別途、支柱・桁などの道路構造物(インフラ部)の事業費が約740億円(消費税込み)
◆ 車庫-大阪中央環状線の未利用地を活用
◆ 開業目標-2029年予定


Kadoma200412
「路線計画図」です。関西圏の鉄道網は、大阪市一点集中型になっています。そのため郊外での他線への乗り換えが不便です。 大阪モノレールはそれらを解消すると共に、「伊丹空港」への非常に重要なアクセスとなっています。


Kadoma200413
8.9km延伸します。「(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅」の4駅を新設し、(1)Osaka Metro長堀鶴見緑地線、(2)JR学園都市線、(3)近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)、(4)近鉄奈良線と乗り換えができるようにします。


Kadoma200414
「(仮称)門真南駅」の予定地です。近畿自動車道と第二京阪道路の「門真ジャンクション」内に建設します。Osaka Metro長堀鶴見緑地線の「門真南駅」と乗り換えができるようにします。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 84 鹿児島県 85 大分県 88 沖縄県 89 愛媛県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際