72 岐阜県

2021年6月24日 (木)

リゾートトラスト 岐阜県高山市に美術館併設ホテル サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート

Gifutakayama210618
-サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート-

 「リゾートトラスト」は、会員制リゾートホテル「ベイコート倶楽部」、「エクシブ」など、国内外に49のホテルを展開しています。新ブランド「サンクチュアリコート」の第1弾として、岐阜県高山市に建設する完全会員制リゾートホテル「サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート」の会員権販売を開始します。

 引用資料 リゾートトラスト(2021/06/21)
 当社初、ホテルと美術館が融合 完全会員制リゾートホテル「サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート」6 月21 日(月)より会員権販売開始

 引用資料 公式ホームページ
 サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート

 「サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート」は、ホテルと美術館が融合した今までにない“アートギャラリーリゾート”です。ホテルに併設する美術館では、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星を獲得した旧飛驒高山美術館から受け継いだ、世界中のアートの名品を展示。館内の至るところにアートを配置し、まるでアートギャラリーに滞在するような非日常の空間を創出します。

 飛騨の小京都、高山の中心市街地からほど近い高台に位置し、豊かな自然に囲まれながら、北アルプスや高山の街並みを望むことができます。併設する“飛驒高山美術館”については、会員以外も利用出来ます。

サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート
◆ 所在地-岐阜県高山市上岡本町1丁目124番地1(予定)
◆ 交通-(車)中部縦貫自動車道「高山」I.Cより車で約10分、「高山西」I.Cより車で約12分、(電車)JR高山本線「高山」駅よりタクシーで約4分
◆ 階数-地上6階、塔屋1階、地下1階
◆ 開発面積-16,403.10㎡
◆ 敷地面積-16,244.06㎡
◆ 建築面積-5,284.00㎡
◆ 延床面積-23,315.30㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、プレストレストコンクリート造)
◆ 総客室数-121室(分譲客室数121室)
◆ 付帯施設-美術館、イタリア料理レストラン、日本料理レストラン、バー、スパ(内風呂、露天風呂、サウナ)、トリートメントサロン、エキシビションルーム、エグゼクティブルーム、ブティック 等
◆ 事業主・売主-リゾートトラスト
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 内装設-日建スペースデザイン、丹青社
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 竣工-2024年01月予定
◆ 開業-2024年03月予定
◆ 総事業費-約215億円(予定)


Gifutakayama210612
「ゲート」です。


Gifutakayama210613
「客室」です。


Gifutakayama210614
「ガーデンテラス」です。


Gifutakayama210615
「スカイテラス」です。


Gifutakayama210616
「美術館のロビー中央」です。


Gifutakayama210617
「美術館」です。



|

2021年6月19日 (土)

岐阜県土岐市 敷地面積約203,000㎡、延床面積約72,000㎡の「(仮称)イオンモール土岐」 建築工事に着手!

Gifutoki210611
-(仮称)イオンモール土岐-

 「イオンモール」は、岐阜県土岐市(ときし)土岐津町土岐口で計画中のショッピングモール「(仮称)イオンモール土岐」において、2022年秋のオープンに向けて、建築工事に着手しました。

  引用資料 イオンモール(PDF:2021/06/18)
 「(仮称)イオンモール土岐」 建設着工について

 計画地は、岐阜県の南東部に位置し、名古屋から長野までを結ぶ幹線道路国道19号に面し、東海環状自動車道「土岐南多治見IC」から北へ約2kmと市内外からのアクセス性に優れた立地です。この一帯は、産業機能の集積や、大規模商業施設の立地が進み、土岐市の新たなにぎわい拠点となっています。

 「(仮称)イオンモール土岐」は、地域のくらしにワクワクとドキドキが芽吹く「toki fun park」をコンセプトに、自然豊かな土岐の立地のもと、屋内と屋外のそれぞれの良さを活かした、ここならではの「遊び」と「食」と「憩いの場」を提供します。

 また、いつ来ても、誰もがこころとからだを開放し無為自然に過ごしたり、一日中思いのままに遊んだり、そんな空間を提供することで、地域に更なるにぎわいを創出し、土岐市の発展、地域経済の活性化に寄与します。

(仮称)イオンモール土岐の概要
◆ 所在地-岐阜県土岐市土岐津町土岐口字中山1372番地1ほか
◆ 階数-地上2階、地下0階
◆ 敷地面積-約203,000㎡
◆ 延床面積-約72,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 専門店数-約150店舗
◆ 駐車台数-約3,950台
◆ 開店-2022年秋予定


Gifutoki210612
「完成イメージ」です。


Gifutoki210613
「施設計画図 」です(2017年3月時点の資料のため変更になっている可能性があります)。


Gifutoki210614
「出店予定地」です。南東側のすぐ近くには 「土岐プレミアム・アウトレット」があり、大規模商業施設の集積地になりつつあります。



|

2021年5月21日 (金)

3回目のノーベル物理学賞受賞を目指せ! 岐阜県神岡町に素粒子観測施設「ハイパーカミオカンデ」 アクセストンネルの掘削開始!

Gifukamioka210511
-ニュートリノ-

 科学技術の衰退が著しい日本ですが、物質を構成する最も基本的な粒子のひとつ、「ニュートリノ」の研究では、日本は世界をリードしています。これまでに、「ニュートリノ」の研究でノーベル物理学賞を2回受賞しています。

 初代の施設「カミオカンデ」は、世界で初めて「宇宙ニュートリノ」の観測に成功しました。実験を主導した小柴昌俊氏は、2002年のノーベル物理学賞を受賞しました。
 また、2代目の「スーパーカミオカンデ」は、「ニュートリノ振動」と呼ばれる現象を初めて観測したことで、ニュートリノには質量があることを示し、2015年に梶田隆章氏がノーベル物理学賞を受賞しています。

 ニュートリノの研究に最も適した場所として、いくつかの候補地の中なら、岐阜県神岡町の三井金属の鉱山「神岡鉱山」に白羽の矢を立てられました。「カミオカンデ」の名称の由来は、「神岡」という地名と「NDE:Nuclear Decay Experiment(核子崩壊実験)」を合わせた造語です。

ハイパーカミオカンデ
 「ニュートリノ」研究で、3回目のノーベル賞を目指す計画が動き始めています。それが、素粒子観測施設「ハイパーカミオカンデ」です。「ハイパーカミオカンデ」では、これまで培ってきた高いニュートリノ実験技術をもとにさらに実験感度を向上させます。

 引用資料 浜松ホトニクス
 カミオカンデ、スーパーカミオカンデからハイパーカミオカンデ計画へ ニュートリノ・陽子崩壊を探る。

 東京大学宇宙線研究所付属神岡宇宙素粒子研究施設
 ハイパーカミオカンデ

 検出器は、直径74m×深さ60mの円筒形のタンクに超純水を満たしたものです。タンクの体積は26万トン、有効体積は19万トンでスーパーカミオカンデの約10倍になります。

 タンクの壁には大型の超高感度光センサーが40,000本取り付けられ、水中で発生するチェレンコフ光をとらえます。スーパーカミオカンデの100年分のデータがハイパーカミオカンデでは約10年で得られることになります。そのため、これまで見えなかった素粒子のまれな現象や、対称性のわずかな破れの測定が可能になります。

 「ハイパーカミオカンデ」の超巨大地下空洞掘削、その第一歩にあたるアクセストンネルの掘削が、2021年5月6日に開始されました。いよいよ掘削工事が本格的に始まります。およそ9ヵ月で約2kmの長さとなるトンネルを急速施工し、2022年度のアプローチトンネル掘削、そして本体空洞掘削へと進んでいく計画です。2027年の実験開始に向けて、今後ますますその建設が加速していきます。


Gifukamioka210512
「ハイパーカミオカンデ概念図」です。


Gifukamioka210513
浜松ホトニクスの光センサー

 「浜松ホトニクス」は、浜松市中区砂山町に本社を置く開発型企業です。光検出器関連で高技術を誇り、光電子増倍管で世界シェア90%です。2021年5月20日終値時点での時価総額は1,089,276百万円と1兆円を超えています。

 1代目の「カミオカンデ」も2代目の「スーパーカミオカンデ」も浜松ホトニクスの光センサーが使用されました。3代目の 「ハイパーカミオカンデ」も浜松ホトニクスの光センサーが使用されます。というか「浜松ホトニクス」以外に超高性能な光センサーを開発できるメーカーは存在しません。

 個々の光センサーでは、「いつ」「どれだけ」光を受けたかを測定します。光センサーの性能は、水チェレンコフ検出器全体の観測性能に大きく影響します。ハイパーカミオカンデ用には、スーパーカミオカンデ用をさらに高性能化した新型20インチ光電子増倍管が開発されました。写真で見ると小さな光センサーに見えますが、人と比べるとメチャメチャ大きいです。

 浜松ホトニクス
 20インチ光電子増倍管開発ストーリー

● 光センサー製造開始!
 浜松ホトニクスで「ハイパーカミオカンデ」の光センサー製造が始まり、2020年12月から出荷が開始されました。納品された光センサーは、安全に長期で使用するための確認と性能測定を経て、壁面に取り付けられる日まで保管されます。2027年の実験開始に向け、今後約6年かけて光センサーを製造する予定です。



|

2021年5月 8日 (土)

総投資額1,800億円! 岐阜県大垣市に本社を置く「イビデン」 「河間事業場」に新棟を建設 高機能ICパッケージ基板の生産能力増強!

Gifuibiden210511
-世界的な半導体不足-
 私は昔から半導体産業が大好きです。本来なら日本の主力産業になるべきですが、1991年にNHKスペシャル「電子立国日本の自叙伝」が放送された頃を頂点として、日本の半導体産業は急速に衰退して行きました。

 日本企業は半導体部門は次々とリストラして行きました。花形産業のであるべきなのにまるでお荷物扱いです。「日本政府」も苦境に陥った半導体企業を積極的には助けませんでした。こんなことをしていたら日本はいつか大変な目に合うと思っていたら予想通りそうなりました。

 コロナ禍からの経済の急回復で、世界的な半導体不足に陥っています。世界的な半導体不足に陥って「日本政府」も「経済産業省」もやっと事の重大性に気がつきました。ハッキリ言って遅すぎですが、半導体産業の重要性に気がついたのがせめてもの救いです。

 日本は半導体製造に関しては、存在感がまるでないですが、半導体材料や半導体製造装置は強いです。これらの企業が「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の精神で苦労に耐えて生き残ったので、日本の半導体産業はまだまだ復活のチャンスはあると私は希望を捨てていません。

● イビデンが1800億円投資!
 「イビデン」は、岐阜県大垣市に本社を置くICパッケージ、プリント基板などの電子関連製品、セラミックス製品などを扱う、東証1部に上場する大手企業です。

 「イビデン」は、2021年4月27日に、半導体関連の集積回路(IC)パッケージ基板の生産能力増強のため、大垣市内の工場に1,800億円の設備投資をすると発表しました。2021年度上期に既存建物・設備等の解体撤去開始、2021年度下期に新棟建設工事の開始、2023年度に新棟竣工及び量産稼働開始する予定です。

 引用資料 イビデン(PDF:2021/04/27)
 IC パッケージ基板向け設備投資計画に関するお知らせ

 サーバー、画像処理などを中心とした、旺盛な顧客需要に対応するため、ICパッケージ基板の生産能力増強を図る目的で、岐阜県大垣市の「河間事業場」の一部を建て替えます。

設備投資計画の概要
◆ 所在地-河間事業場(岐阜県大垣市河間町3-200)
◆ 目的-高機能ICパッケージ基板の生産能力増強
◆ 生産能力-2023年度以降のICパッケージ基板需要に対応可能な国内生産
◆ 既存建物・設備等の解体撤去開始-2021年度上期予定
◆ 新棟建設工事の開始-2021年度下期予定
◆ 新棟竣工及び量産稼働開始-2023年度予定
◆ 総投資額-1,800 億円(予定)


Gifuibiden210512
ICパッケージ基盤・プリント配線板
 「イビデン」の主力商品は、「ICパッケージ基盤」や「プリント配線板」です。「ICパッケージ基盤」は、インテル向けが非常に多いです。

 引用資料 イビデン(PDF)
 最新の「会社案内」

● 日本企業が圧倒的シェア!
 コロナ禍により、インテルやAMDの「CPU(中央演算処理装置)」、エヌビディアの「GPU(画像処理装置)」などのプロセッサー需要が旺盛となっています。

 これらのロジック半導体では、微細化と並行して、高密度実装技術による高機能化も進んでいます。チップの高集積化により、パッケージ基板も大型化や高多層化、細線化が不可欠となっています。CPU本体と違って、パッケージ基盤はパッと見はそんなに高度な技術には見えませんが、非常に高度な技術が必要です。

 高性能パッケージ基板市場では、「イビデン」や富士通系の「新光電気工業」などの日本企業が圧倒的シェアを握っています。難易度の高さから製造できる企業は日本メーカーなどに限定されているためです。需要拡大を受け有力な日本メーカーは過去にない規模で大型投資に踏み切っています。

 「イビデン」と「新光電気工業」は、「インテル」向けが強く、パソコンを開けるとインテルの 「CPU)」が見えますが、「ICパッケージ」は、「イビデン」もしくは「新光電気工業」の製品だと思ってほぼ間違いないです。


Gifuibiden210513
イビデンの連結決算
 イビデンの連結決算を見ると売上高・営業利益共に日本経済の停滞を象徴するように伸びていません。しかし、世界を襲った半導体不足により今後数年間は業績の急拡大が予想されます。

イビデンの連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
2010年3月    274,204百万円    21,271百万円
-----------------------------------------
2011年3月    304,968百万円    33,811百万円
2012年3月    300,863百万円    15,515百万円
2013年3月    285,946百万円      5,419百万円
2014年3月    310,268百万円    23,442百万円
2015年3月    318,072百万円    26,039百万円
2016年3月    314,119百万円    22,570百万円
2017年3月    266,459百万円      7,141百万円
2018年3月    300,403百万円    16,702百万円
2019年3月    291,125百万円    10,137百万円
2020年3月    295,999百万円    19,685百万円
-----------------------------------------
2021年3月    323,461百万円    38,634百万円
2022年3月    380,000百万円    45,000百万円(予想)

(注意) 2022年3月期は、イビデンが決算短信で発表した予想です。



|

2020年11月 9日 (月)

岐阜市 地上35階、高さ約132mの「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」 公式ホームページがオープン! 

Gifutakashimaya201111
-柳ケ瀬グラッスル35-

 岐阜市の中心街「高島屋岐阜店(岐阜タカシマヤ)」の南側の岐阜県岐阜市神室町二丁目で再開発が計画されています。「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」の起工式が、2019年10月10日に執り行われました。昭和の終わりに動き始めた再開発計画が30年以上の年月を経て本格着工を迎えました。

 概要は、地上35階、塔屋1階、高さ132.64m、総戸数335戸の超高層タワーマンションです。岐阜市では、「岐阜シティ・タワー43」、「岐阜スカイウイング37」に次ぐ高さの超高層ビルになります。

 再開発ビルの正式名称は「柳ケ瀬グラッスル35」に決定しています。「グラッスル」は、「GLASS(ガラス)、GRASS(草・緑)、CASTLE(城)」を掛け合わせた造語で、長良川をほうふつとさせるガラス張りの壁や、自然豊かな岐阜をイメージさせる緑が植えられることに加え、岐阜城のような街のシンボルになってほしいとの思いが込められています。

 「大京」と「大和ハウス工業」は、岐阜県岐阜市の「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」において建築中の分譲マンション名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定しました。

 引用資料 大京(2020/10/14)
 岐阜・高島屋南地区の再開発事業の高層分譲マンション名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定

● 公式ホームページがオープン
 「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」の公式ホームページがオープンしました。公式ホームページはオープンしたばかりなので、まだ各項目の一部しか見る事が出来ません。

 引用資料 公式ホームページ
 ライオンズ岐阜プレミストタワー35

 「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」は「柳ケ瀬グラッスル35」の5階~35階に位置します。岐阜県内で最大の総戸数335戸を有し、多様な世代の暮らしに合わせて約60タイプの間取りから選択できます。最上階には、岐阜城、金華山、長良川を望む住戸を含め、100㎡超の6戸を用意します。そのほか、共用施設として、スカイラウンジやゲストルームなども備えます。

柳ケ瀬グラッスル35の概要
◆ 所在地-高島屋南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-岐阜県岐阜市徹明通二丁目18番(地番)、岐阜県岐阜市徹明通二丁目18番地(住居表示未実施)
◆ 交通-名鉄名古屋本線「名鉄岐阜」駅徒歩11分、JR東海道本線「岐阜」駅徒歩13分
◆ 階数-地上35階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部132.64m、軒高128.39m
◆ 敷地面積-6,467.47㎡
◆ 建築面積-5,718.92㎡
◆ 延床面積-57,790.65㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-1階~2階(商業施設)、3階~4階(公益的施設)、5階~35階(共同住宅)、駐車場
◆ 総戸数-335戸(地上5階~35階、権利者住戸36戸を含む)、他にゲストルーム、防音ルーム、スカイラウンジ各1戸
◆ 建築主-高島屋南市街地再開発組合(参加組合員 大京、大和ハウス工業)
◆ 設計者-戸田建設
◆ 監理者-青島設計(基本設計、工事監理)
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2019年10月10日(起工式)
◆ 竣工-2022年09月予定
◆ 入居開始-2023年03月予定


Gifutakashimaya201112
イメージです。


Gifutakashimaya201013
「外観イメージ」です。


Gifutakashimaya201113
「配置図」です。


Gifutakashimaya201016
「位置図」です。


Gifutakashimaya200514
岐阜シティ・タワー43・岐阜スカイウイング37

 JR岐阜駅前の超高層ツインタワーマンションです。写真左側が岐阜市内で最も高い「岐阜シティ・タワー43」、写真右側が岐阜市内で2番目に高い最も高い「岐阜スカイウイング37」です。

 「岐阜シティ・タワー43」は、「岐阜駅西地区第一種市街地再開発事業」として建設されました。地上43階、地下1階、高さ162.82m、総戸数351戸(分譲243戸、賃貸108戸)です。2007年10月8日に竣工しました。

 「岐阜スカイウイング37」は、「問屋町西部南街区第一種市街地再開発事業」として建設されました。地上37階、塔屋2階、地下1階、高さ135.89m、総戸数270戸(他に集会室1戸、スカイラウンジ1戸)です。2012年8月末に竣工しました。施設全体が「岐阜スカイウイング37」で、タワーマンション部分が「ザ・ライオンズ一条タワー岐阜」となっています。



|

2020年10月15日 (木)

地上35階、高さ約132mの「柳ケ瀬グラッスル35」 超高層分譲マンションの名称が「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定!

Gifutakashimaya201011
-柳ケ瀬グラッスル35-

 岐阜市の中心街「高島屋岐阜店(岐阜タカシマヤ)」の南側の岐阜県岐阜市神室町二丁目で再開発が計画されています。「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」の起工式が、2019年10月10日に執り行われました。昭和の終わりに動き始めた再開発計画が30年以上の年月を経て本格着工を迎えました。

 概要は、地上35階、塔屋1階、高さ132.64m、総戸数335戸の超高層タワーマンションです。岐阜市では、「岐阜シティ・タワー43」、「岐阜スカイウイング37」に次ぐ高さの超高層ビルになります。

 再開発ビルの正式名称は「柳ケ瀬グラッスル35」に決定しています。「グラッスル」は、「GLASS(ガラス)、GRASS(草・緑)、CASTLE(城)」を掛け合わせた造語で、長良川をほうふつとさせるガラス張りの壁や、自然豊かな岐阜をイメージさせる緑が植えられることに加え、岐阜城のような街のシンボルになってほしいとの思いが込められています。

● ライオンズ岐阜プレミストタワー35
 「大京」と「大和ハウス工業」は、岐阜県岐阜市の「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」において建築中の分譲マンション名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定しました。

 引用資料 大京(2020/10/14)
 岐阜・高島屋南地区の再開発事業の高層分譲マンション名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定

 「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」は「柳ケ瀬グラッスル35」の5階~35階に位置します。岐阜県内で最大の総戸数335戸を有し、多様な世代の暮らしに合わせて約60タイプの間取りから選択できます。

 最上階には、岐阜城、金華山、長良川を望む住戸を含め、100㎡超の6戸を用意します。そのほか、共用施設として、スカイラウンジやゲストルームなども備えます。

柳ケ瀬グラッスル35の概要
◆ 所在地-高島屋南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-岐阜県岐阜市徹明通二丁目18(地番)
◆ 交通-名鉄名古屋本線「名鉄岐阜」駅徒歩11分、JR東海道本線「岐阜」駅徒歩13分
◆ 階数-地上35階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部132.64m、軒高128.39m
◆ 敷地面積-6,467.47㎡
◆ 建築面積-5,718.92㎡
◆ 延床面積-57,790.65㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-1階~2階(商業施設)、3階~4階(公益的施設)、5階~35階(共同住宅)、駐車場
◆ 総戸数-335戸(地上5階~35階、権利者住戸36戸を含む)
◆ 建築主-高島屋南市街地再開発組合(参加組合員 大京、大和ハウス工業)
◆ 設計者-戸田建設
◆ 監理者-青島設計(基本設計、工事監理)
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2019年10月10日(起工式)
◆ 竣工-2022年09月予定


Gifutakashimaya201012
「外観イメージ」です。


Gifutakashimaya201013
「外観イメージ」です。


Gifutakashimaya201014
「エントランスイメージ」です。


Gifutakashimaya201015
「周辺地図」です。


Gifutakashimaya201016
「位置図」です。


Gifutakashimaya200514
岐阜シティ・タワー43・岐阜スカイウイング37

 JR岐阜駅前の超高層ツインタワーマンションです。写真左側が岐阜市内で最も高い「岐阜シティ・タワー43」、写真右側が岐阜市内で2番目に高い最も高い「岐阜スカイウイング37」です。

 「岐阜シティ・タワー43」は、「岐阜駅西地区第一種市街地再開発事業」として建設されました。地上43階、地下1階、高さ162.82m、総戸数351戸(分譲243戸、賃貸108戸)です。2007年10月8日に竣工しました。

 「岐阜スカイウイング37」は、「問屋町西部南街区第一種市街地再開発事業」として建設されました。地上37階、塔屋2階、地下1階、高さ135.89m、総戸数270戸(他に集会室1戸、スカイラウンジ1戸)です。2012年8月末に竣工しました。施設全体が「岐阜スカイウイング37」で、タワーマンション部分が「ザ・ライオンズ一条タワー岐阜」となっています。



|

2020年7月 1日 (水)

岐阜県 多治見駅南地区第一種市街地再開発事業 地上29階、高さ約96mの「多治見駅前タワープロジェクト」 公式ホームページがオープン!

Gifutajimi200611
-多治見駅南地区第一種市街地再開発事業-

 岐阜県多治見市の「多治見駅南地区」は、JR中央線・太多線多治見駅の南側に位置する地区で、多治見市の「多治見駅周辺都市整備構想」の中で「駅前顔づくりエリア」として位置づけられた地区です。

 「多治見駅南地区第一種市街地再開発事業」は、地上29階の「住宅棟」、地上14階の「ホテル棟」、地上3階の「商業・業務棟」、地上5階の「駐車場棟」で構成されます。総延床面積は約48,100mです。

 2020年年4月4日に「多治見駅南地区市街地再開発事業施設建築物新築工事」の安全祈願祭が執り行われ、施設建築物新築工事に着手しました。2022年10月下旬に竣工予定です。

 引用資料 公式ホームページ
 多治見駅南地区市街地再開発組合

● 公式ホームページがオープン!
 「多治見駅前タワープロジェクト」の公式ホームページがオープンしました。オープンしたばかりなので、まだ各項目を見る事は出来ません。売主は「フージャースコーポレーション、旭化成不動産レジデンス」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 多治見駅前タワープロジェクト

多治見駅前タワープロジェクトの概要
◆ 計画名-多治見駅南地区市街地再開発事業施設建築物新築工事
◆ 所在地-岐阜県多治見市本町一丁目122番(地番)
◆ 交通-JR中央本線・太田線「多治見」駅徒歩2分
◆ 階数-(住宅棟)地上29階、地下1階、(ホテル棟)地上14階、地下0階、(商業業務棟)地上3階、地下0階、(駐車場棟)地上5階、地下0階
◆ 高さ-最高部96.49m、軒高95.84m
◆ 敷地面積-(施設全体)15,325.53㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約9,100㎡、(住宅棟)1,144.67㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約48,100m、(住宅棟)23,433.95㎡
◆ 容積対象延床面積-(施設全体)約33,600m、(住宅棟)18,226.72㎡
◆ 構造-(住宅棟)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、(ホテル棟)鉄筋コンクリート造、(商業業務棟・駐車場棟)鉄骨造
◆ 地震対策-(住宅棟)免震構造
◆ 用途-共同住宅、物販、飲食、業務、サービス、事務所、診療、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-住戸225戸(他に管理事務室1戸、集会室、ゲストルーム2戸、トランクルーム)
◆ 客室数-171室(運営事業者 呉竹荘)
◆ 建築主-多治見駅南地区市街地再開発組合(売主 フージャースコーポレーション、旭化成不動産レジデンス)
◆ 設計者・監理者-大建設計
◆ 施工者-奥村組
◆ 着工-2020年04月04日(安全祈願祭)
◆ 竣工-2022年10月下旬予定
◆ 入居開始-2022年12月下旬予定


Gifutajimi200612
「イメージ図」


Gifutajimi200613
「断面図」です。


Gifutajimi200614
「配置図」です。


Gifutajimi200615
「再開発事業位置図」です。


Gifutajimi200616
「位置図」です。



|

2020年5月31日 (日)

岐阜県の新たな司令塔 堅牢堅固な災害対策の中枢拠点 地上21階、高さ約106mの「岐阜県庁舎(行政棟・議会棟等)建設工事」

Gifucity200521
-岐阜県庁舎-
 自宅前の田んぼに水が張られて、昨夜からカエルの大合唱が始まりました。コロナ禍の中でもちゃんと季節は進んでいます。都会の方はカエルの大合唱はうるさいと感じるかも知れませんが、私は高知の実家が農家だったので、カエルの大合唱は好きです。

 本題に戻って、現在の県庁舎は、1966年に竣工して以来53年がが経過し、老朽化が進んでおり、大規模地震発生時に災害対策の中枢拠点としての耐震性が十分に確保されていないことから、建替えの準備を進めてきました。 

 2019年7月26日に、新県庁舎の「起工式」を建設予定地(現県庁舎東側)で開催しました。起工式に先立ち施工業者主催の安全祈願祭が執り行われたほか、新県庁舎の模型が披露されました。

 岐阜県 公式ホームページ
 岐阜県新県庁舎の建設について

 新県庁舎は、岐阜県の災害対策の中枢拠点として耐震性を十分に確保し、ユニバーサルデザインにも配慮しています。建設工事費(税込・予算額ベース)は、524億円(行政棟445億円、議会棟79億円)です。

岐阜県庁舎の概要
◆ 計画名-岐阜県庁舎(行政棟・議会棟等)建設工事
◆ 所在地-岐阜県岐阜市薮田南地内
◆ 階数-(行政棟)地上21階、塔屋2階、地下0階、(議会棟)地上6階、地下0階
◆ 高さ-(行政棟)約106m *他に鉄塔等あり、(議会棟)約32m
◆ 敷地面積-158,561㎡(公園等を含む)
◆ 建築面積-(行政棟)約7,637㎡、(議会棟)約3,312㎡
◆ 延床面積-(行政棟)約68,303㎡、(議会棟)約13,937㎡
◆ 構造-(行政棟)鉄骨造、(議会棟)鉄骨造
◆ 基礎工法-(行政棟)既製コンクリート杭、(議会棟)既製コンクリート杭
◆ 地震対策-(行政棟)免震構造、一部耐震構造、(議会棟)耐震構造
◆ 用途-県庁舎
◆ 建築主-岐阜県
◆ 設計者-日建・大建・岬設計共同体(日建設計、大建設計、岬建築事務所JV)
◆ 施工者-前田・大日本・TSUCHIYA・岐建特定建設工事共同企業体(前田建設工業、大日本土木、TSUCHIYA、岐建JV)
◆ 着工-2019年07月01日(着工)、2019年07月26日(起工式)
◆ 竣工-2022年05月31日予定
◆ 建設工事費-524億円(行政棟445億円、議会棟79億円)*税込・予算額ベース


Gifucity200522
「新県庁舎外観」です。


Gifucity200523
「各階の構成(北面)」です。20階には「展望ロビー」が設けられます。


Gifucity200524
「配置計画」です。現庁舎の東隣の平面駐車場があった場所に建設されています。



|

2020年5月30日 (土)

岐阜市の新たな司令塔 堅牢堅固な災害対策の指揮命令拠点施設 地上18階、高さ約84mの「岐阜市新庁舎」

Gifucity200511
-岐阜市新庁舎-

 「岐阜市」は2018年4月27日に、老朽化した現庁舎に代わる新庁舎の「起工式」を建設予定地で執り行いました。建設地は、現庁舎の北側にある国立大学法人岐阜大学医学部等の移転に伴う跡地です。

 引用資料 岐阜市・公式HP
 新庁舎実施設計説明書について

 新庁舎の事業費は、基本・実施設計を通じ、事業用地の拡張といった高い事業効果を生み出す、隣接民有地や県道一部敷地の取得費20.0億円(税込)を含め、2020年3月の再積算では、266.7億円(税込)としています。その中で、庁舎建設に伴う事業費は、「新庁舎188.0億円、立体駐車場29.3億円、外構3.2億円(いずれも税込)」となっています。

岐阜市新庁舎の概要
◆ 所在地-岐阜県岐阜市司町40番地1ほか
◆ 階数-(新庁舎)地上18階、塔屋2階、地下0階、(新庁舎立体駐車場)地上5階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-(新庁舎)最高部84.45m、(新庁舎立体駐車場)最高部24.85m
◆ 敷地面積-約20,398㎡(施設全体)
◆ 建築面積-(新庁舎)約5,745㎡、(新庁舎立体駐車場)約3,869㎡
◆ 延床面積-(新庁舎)約39,504㎡、(新庁舎立体駐車場)約17,138㎡
◆ 構造-(新庁舎)鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、(新庁舎立体駐車場)PC造
◆ 基礎工法-(新庁舎)直接基礎、(新庁舎立体駐車場)直接基礎
◆ 地震対策-(新庁舎)基礎免震構造「積層ゴム⽀承、転がり⽀承、オイルダンパー」、(新庁舎立体駐車場)耐震構造
◆ 用途-(新庁舎)市庁舎、(新庁舎立体駐車場)自動車車庫
◆ 建築主-岐阜市
◆ 設計者・監理者-佐藤総合計画・司・Ai設計共同体
◆ 施工者-(新庁舎) 大日本・市川・岐南・共栄特定建設工事共同企業体「大日本土木、市川工務店、岐南興業、共栄土木建築JV」、(新庁舎立体駐車場)大日本・松永・玉田特定建設工事共同企業体「大日本土木、松永建設、玉田建設JV」
◆ 着工-2018年04月27日(起工式)
◆ 竣工-2021年03月予定
◆ 開庁-2021年04月予定


Gifucity200512
「県道岐阜各務原線から観た新庁舎」です。


Gifucity200513
「金華橋通りの南側から観た新庁舎」です。


Gifucity200514
架構パース(新庁舎・立体駐車場)
 
国の基準において、耐震安全性の分類が「Ⅰ類」となる災害対策の指揮命令拠点施設の「新庁舎」は、「特に構造体の耐震性能の向上を図るべき施設」と位置づけられていることから、大規模地震後、構造体の補修をすることなく使用できるよう、通常の建築物の1.5倍に相当する耐震性能を備える「堅牢堅固(けんろうけんご)」な造りです。


Gifucity200515
「新庁舎の断面図」です。


Gifucity200516
「新庁舎の配置図」です。


Gifucity200517
「新庁舎の位置図」です。建設地は、新庁舎の北側にある国立大学法人岐阜大学医学部等の移転に伴う跡地です。



|

2020年5月29日 (金)

岐阜市内で3番目の高さ 地上35階、高さ約132mの「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」

Gifutakashimaya200511
-高島屋南地区第一種市街地再開発事業-

 岐阜市の中心街「高島屋岐阜店(岐阜タカシマヤ)」の南側の岐阜県岐阜市神室町二丁目で再開発が計画されています。「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」の起工式が、2019年10月10日に執り行われました。昭和の終わりに動き始めた再開発計画が30年以上の年月を経て本格着工を迎えました。

 引用資料 公式ホームページ
 高島屋南市街地再開発組合

 概要は、地上35階、塔屋1階、高さ132.64m、総戸数335戸の超高層タワーマンションです。岐阜市では、「岐阜シティ・タワー43」、「岐阜スカイウイング37」に次ぐ高さの超高層ビルになります。

高島屋南地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-岐阜県岐阜市徹明通二丁目、神室町二丁目、金町四丁目のそれぞれ一部
◆ 階数-地上35階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部132.64m、軒高128.39m
◆ 敷地面積-6,467.47㎡
◆ 建築面積-5,718.92㎡
◆ 延床面積-57,790.65㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、店舗、公益的施設、駐車場
◆ 総戸数-335戸
◆ 建築主-高島屋南市街地再開発組合(参加組合員 大京、大和ハウス工業)
◆ 設計者-戸田建設
◆ 監理者-青島設計
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2019年10月10日(起工式)
◆ 竣工-2022年09月予定


Gifutakashimaya200512
1階・2階が「商業施設」、3階・4階が「子育てや健康支援を行う岐阜市の施設」、5階以上に「335戸の分譲マンション」が計画されています。


Gifutakashimaya200513
「位置図」です。


Gifutakashimaya200514
岐阜シティ・タワー43・岐阜スカイウイング37

 JR岐阜駅前の超高層ツインタワーマンションです。写真左側が岐阜市内で最も高い「岐阜シティ・タワー43」、写真右側が岐阜市内で2番目に高い最も高い「岐阜スカイウイング37」です。

 「岐阜シティ・タワー43」は、「岐阜駅西地区第一種市街地再開発事業」として建設されました。地上43階、地下1階、高さ162.82m、総戸数351戸(分譲243戸、賃貸108戸)です。2007年10月8日に竣工しました。

 「岐阜スカイウイング37」は、「問屋町西部南街区第一種市街地再開発事業」として建設されました。地上37階、塔屋2階、地下1階、高さ135.89m、総戸数270戸(他に集会室1戸、スカイラウンジ1戸)です。2012年8月末に竣工しました。施設全体が「岐阜スカイウイング37」で、タワーマンション部分が「ザ・ライオンズ一条タワー岐阜」となっています。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際