73 三重県

2020年7月 2日 (木)

電子立国日本の自叙伝 キオクシア(旧:東芝メモリ) 四日市工場に「第7製造棟」を新設 総投資額は最大3,000億円規模!

Kioxia200711
-電子立国日本の自叙伝-
 私の人生の中で一番素晴らしいと思ったテレビ番組は、HNKスペシャル「電子立国日本の自叙伝(第1回は1991年1月27日放送)」です。「第1回 新・石器時代」、「第2回 トランジスタの誕生」、「第3回 石になった電気回路」、「第4回 電卓戦争」、「第5回 8ミリ角のコンピューター」、「第6回 ミクロン世界の技術大国」の全6回でした。

 正に「HNKスペシャル」という素晴らしい内容で、当時毎晩VTRで見返していたので、1回~第6回を延べ100回以上は見たと思います。元々半導体産業には興味がありましたが、この番組で私の半導体の知識が100倍以上になったと思います。

 この記事を書くために「電子立国日本の自叙伝」を動画を探していました。テンポのいいオープニングテーマが大好きだったのですが、オープニングテーマがYouTubeにフルバージョンであったので思わず聞き入ってしまいました。懐かしくて涙が出そうになりました。

 動画(ニコニコ動画)
 電子立国「第01回 新・石器時代 ~驚異の半導体産業~」(01 of 02)

 YouTube(2分55秒)
 電子立国日本の自叙伝オープニングテーマ

 第1回のオープニングの一部に、 ”日本が海外に輸出する電気製品の総額は約10兆500億円、自動車輸出に次ぐ稼ぎ頭である。これらエレクトロニクス製品のすべてに大量の半導体素子が使われている。日本が昨年生産した半導体素子は、トランジスタ単体やダイオードも含めれば約600億個、これは全世界の生産量の半分を超える量である。” という解説があります。

 当時いかに日本が半導体で世界を席巻していたか分かります。特に「DRAM」の強さは圧倒的で、向かうところ敵なしでした。しかし 1990年代中頃からアメリカの復活や韓国や台湾などの猛烈な追い上げがあり、今は見る影もありません。

 1980年代後半には、日本企業が半導体売上高ランキングで、ベスト10をほぼ独占していましたが、2019年にはベスト10に1社も入っていません。放送があった1991年には、日本の半導体業界がこんなに苦境に陥るとは夢にも思っていませんでした。

● キオクシアが四日市工場に第7製造棟を新設!
 一番上の写真は、「キオクシアホールディングス」の主力工場である「四日市工場」の衛星写真です(Googleマップの衛星写真の3Dモードを引用)。

 すっかり影が薄くなった日本の半導体産業ですが、頑張っている企業もあります。NAND型フラッシュメモリーの「キオクシアホールディングス(旧:東芝メモリホールディングス)」、CMOSイメージセンサーの「ソニー」、車載用マイコンの「ルネサスエレクトロニクス」などです。

 「キオクシアホールディングス」は、NAND型フラッシュメモリーを生産する四日市工場の新製造棟建設を2020年5月27日に始めました。土地の造成から着手し、2020年12月以降に建屋の工事を予定です。

 日刊工業新聞(2020/05/27)
 キオクシアがNAND型メモリーの新製造棟に着手、コロナでも需要が旺盛な理由

 新型コロナウイルス感染拡大の影響はあるものの、外出自粛による動画配信サービス利用急増などでデータセンター向け需要が伸びます。コロナ禍でも当初計画通り増産投資に踏み切ります。

 最先端3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーを生産する「第7製造棟」を新設し、2022年夏の完成を目指します。総投資額は最大3,000億円規模を見込みで、提携するアメリカの「ウェスタン・デジタル」と投資を分担するとみられます。


Kioxia200712
東芝メモリ(現:キオクシア)四日市工場

 2017年10月の「四日市工場」の配置図です。どこに「第7製造棟」を新設するのか? 調べても分かりませんでした。

 引用資料 毎日新聞(2017/10/13)
 東芝 四日市半導体、新棟検討 年3000億円の投資継続


Kioxia200713
四日市工場の沿革

 1992年に東芝の「四日市工場」として発足しました。1993年に「第1製造棟」が稼働開始しています。2018年には「第6製造棟」が稼働開始しています。「第1製造棟」と「第2製造棟」は現在はありません。

 引用資料 キオクシアホールディングス
 四日市工場概要

● ウェスタン・デジタルとの協業
 
東芝の「四日市工場」は、アメリカの「サンディスク」と共同で投資を行っていました。2016年に「サンディスク」が、アメリカの「ウェスタン・デジタル」に買収された後も協業は続いていました。

 しかし、「東芝」は経営危機に陥り、メモリ事業の分社・売却に追い込まれました。その際には、東芝とウェスタン・デジタルは、訴訟合戦にまで発展しましたが、和解して元のサヤに収まりました。

 「キオクシア」と「ウェスタン・デジタル」の関係は非常にユニークです。半導体の前工程で研究開発や生産を共同で行いますが、後工程と販売はライバル関係になります。

 半導体の投資は莫大です。「キオクシア」も「ウェスタン・デジタル」も1社だけでは莫大な投資に耐えられず、NAND型フラッシュメモリーのライバルである韓国の「サムスン電子」や「SKハイニックス」にとても太刀打ち出来ません。
 投資を「キオクシア」と「ウェスタン・デジタル」で負担し合うスケールメリットは非常に大きく、 両社はライバルでありながら協業する関係は今後も続くと思います。



|

2009年4月 1日 (水)

F1グランプリ2009に備え大規模な改修工事が行われている「鈴鹿サーキット」に行ってきました!

Suzuka09031
-鈴鹿サーキット-

 「鈴鹿サーキット」は、日本初の本格的サーキットとして、「本田技研工業」により建設され、1962年にオープンしました。正式名称は「鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース」です。何度も改修されましたが、現在は四輪コースで全長5,807mです。
  
 1987年より「F1グランプリ」が連続20年間開催されていましたが、2007年からF1日本グランプリが「富士スピードウェイ」で開催され連続開催に終止符を打ちました。
 トヨタ自動車の猛烈なアピールにより「富士スピードウェイ」になったのですが、「鈴鹿サーキット」は以前からFIA(国際自動車連盟:Federation Internationale de I'Automobile )よりコースの安全対策および老朽化したサーキット内の施設について早急に改善するようを指摘されていました。
 
 近年、アジア各都市で「F1グランプリ」の誘致が盛んになり、現状では再び開催する事が困難な状況になってきたため、再び世界のひのき舞台に復帰するために開業以来の大改修工事を行う事になりました。
 大改修工事を条件に、2009年には「鈴鹿サーキット」で「F1グランプリ」が開催される事が決定しています。それ以降は「富士スピードウェイ」と「鈴鹿サーキット」での隔年交互開催を行うことになっています。
 
 改修内容は多岐に渡り、サーキット場を一から造り直しているような雰囲気です。1つ1つ改修内容を書くとキリがないので書きませんが、詳しい内容は下記のリンクを見てください。
 
 Car watch → 鈴鹿サーキット改修工事見学会リポート
  
 詳しくは → 鈴鹿サーキット改修計画のご案内
 
 私は、最近テレビで「F1グランプリ」を見なくなりましたが、F1が嫌いになった訳ではなく、レギュレーションやルールの変更があまりにも頻繁で冷めているだけです。面白くなったらまた復帰すると思います。
 2009年4月11日(土)まで ゆうえんち入場ゲートにて、過去のF1観戦券(1987年~2006年)を提示すると「ゆうえんち入場無料+スペシャルステッカー」がもらえます。そして大観覧車ジュピター(別途500円)から「鈴鹿サーキット」の大改修工事の様子が一望できます。
 
 私は今までF1を5回を見に行ったのですが、観戦券は捨てていました。なんとか1枚くらい残ってないか一生懸命「F1観戦券」を探してみました。やっと2004年の3日間通しの券が見つかりました。
 一人で大観覧車に乗るのは恥ずかしかったので、F1仲間と青春18きっぷで鉄道を乗り継いで「鈴鹿サーキット」に行ってきました。
 
 詳くは → 鈴鹿F1チケットを持って、鈴鹿サーキットへ!
 
 設備は大改修されますが、コース自体はほとんど変更がないのがうれしいです。コースは主に安全対策のためランオフエリアが多くの場所で拡幅されます。
 面白くない低速のクソコースが増える中で、鈴鹿は数少ない面白いコースだと思います。
 日本人だから言うわけではないですが、モナコの「モンテカルロ市街地コース」、ベルギーの「サーキット・ド・スパ-フランコルシャン」、イタリアの「アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ」と共に鈴鹿は世界に誇れる素晴らしいコースだと思います。
  
 
Suzuka09032
「グランドスタンド」です。一部を除き全面的に建替えています。従来のS1、S2、A、V席がV席に統一され、席数数は現状の10,908席から12,830席に増加しています。
 屋根もかなり大きくなり雨天での観戦が楽そうです。と言っても金額が高いので、私がここでF1を観戦するのは未来永劫なさそうです・・・(涙)
 
 
Suzuka090321
光が映り込んで見ずらいですが、大改修の目玉である「ピットビル」です。改修前の面影が全くありません。言葉は悪いですが、改修前は仮設の建物のような貧弱な外観でした。 
 食事をしながらレース観戦できるガラス張りの「ホスピタリティルーム」が設けられメインストレート側には「屋外テラス席」も設けられています。メチャメチャ高いんでしょうね・・・
 
 
Suzuka09033
第1コーナー、第2コーナー側です。このあたりはあまり変化がありません。
 
 
Suzuka09034
D席(Dスタンド)がコンクリート製の立派に席になっています。従来は斜面に丸太を設置した階段状の観戦席でした。

 鈴鹿サーキットに観戦に来た事がある方やF1のテレビ中継を見ている方は、この場所に「山田池」という池があったのを覚えていると思います。
 ちよっとさみしいのが「山田池」が埋め立てられました。観戦するときは、コースの反対側にショートカットで行くために「山田池」のそばの道をよく通りました。
 
 今回の大改修工事で新たなスペースを確保するためにしかたがなかったにですが、本田技研工業の創業者「本田宗一郎氏」が、「周囲の田畑や池には手をつけるな、溜め池はそのまま残せ」という言葉でを残していたので関係者にとっては苦渋の選択だったと思います。
 
 
Suzuka09035
「最終コーナー」から「ダンロップコーナー」へ抜けるトンネルも大幅に広くなっています。従来は高架下のトンネルのような雰囲気で「山田池」付近で一度地上に出る構造になっていました。
 
 
Suzuka09036
「ダンロップコーナー」や「カシオトライアングル(シケイン)」方面です。E席(Eスタンド)が一部コンクリート製になっています。従来は斜面に丸太を設置した階段状の観戦席でした。
 写真で見る限りE席(Eスタンド)すべてがコンクリート製にはならないようです。工事の途中かも知れませんが・・・
 
 
Suzuka09037
「130R」前のG席(Gスタンド)も一部コンクリート製になるようです。かつてこの場所は自由席で、よくここで観戦していました。
 斜面に丸太を設置した階段状の観戦席と丸太もないただの斜面の部分がありました。シートを広げてピクニックに行ったような雰囲気で観戦出来る場所でした。
 
 
Suzuka09038
有名な「カシオトライアングル(シケイン)」前には、コンクリート製のQ2席(Q2スタンド)が建設されました。従来は通常は何もなく、F1などの大きな大会の時に仮設の席が設けられていました。
 
 
Suzuka09039
「グランドスタンド」の裏にありイベントが行われる「グランプリスクエア」が大幅に拡張されます。
 また「グランプリスクエア」から第1コーナー側に行くための歩行者専用の通路が設けられています。従来はサーキット内の道路を渡る構造になっていました。
 
 
Suzuka090310
大観覧車「ジュピター」です。「鈴鹿サーキット」の大改修工事の様子が一望できます。
 
 
Suzuka090311
2009年4月11日(土)まで ゆうえんち入場ゲートにて、過去のF1観戦券(1987年~2006年)を提示すると「ゆうえんち入場無料+スペシャルステッカー」がもらえます。
 「スペシャルステッカー」と聞いてA4くらいの大きさを想像していたのですが、めちゃめちゃ小さくてちょっとショックでした・・・(笑)

 奇跡的に2004年の「F1観戦券」を捨てずに持っていました。と言っても「ヘアピンカーブ」近くの安いH席(Hスタンド)ですが・・・ ちなみにH席(Hスタンド)は2009年はI席(Iスタンド)になります。
 観戦券が今後は捨てないで持っておこうと思います。神経質かも知れませんが、観戦券の番号は一部消去しています。

|

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 84 鹿児島県 85 大分県 88 沖縄県 89 愛媛県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際