77 岡山県・鳥取県

2021年11月19日 (金)

岡山市 延床面積約40,400㎡の大規模再開発「野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者の公募を公告!

Okayamanoda211111
-野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業-
 「野田屋町一丁目2番3番地区」は、JR岡山駅から東へ約300mの距離にあり、岡山駅より岡山城や後楽園方面に向かう路面電車が走る桃太郎通りの一本北側の駅前商店街を通って「西川緑道公園」に面したエリアで、戦後より「岡山の台所」の愛称で親しまれてきた「岡ビル市場」および住居を有する地区です。

 しかし近年では、郊外への大型商業施設出店の影響もあり、「岡ビル市場」のテナント数はピークの半数ほどまで減少し、地区内には築年数のたった低層の建物も密集しています。
 こうした状況に対し、駅至近の広域中心拠点として土地が有効活用されに加え、建物の不燃化・耐震化等による地区の防災機能が向上された、安心・安全で、にぎわいのある快適な生活拠点を目指すまちづくりが望まれていました。

 「野田屋町一丁目2番3番地区市街地再開発準備組合」は、「野田屋町一丁目2番3番地区」の約0.7haを対象に「岡ビル市場」などを解体して、共同住宅、ホテル、店舗などからなる「野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業」を行います。

 引用資料 公式ホームページ
 野田屋町一丁目2・3番地区市街地再開発準備組合

 「住宅棟」と「ホテル棟」で構成されています。「住宅棟」は3階~19階が総戸数約200戸の共同住宅、「ホテル棟」は、1階・2階が店舗、3階~12階が、客室数約330室のホテルになります。

● 特定業務代行者の公募を公告!
 「野田屋町一丁目2番3番地区市街地再開発準備組合」は、「岡山市野田屋町1丁目2番3番地区第1種市街地再開発事業」の特定業務代行者の公募を公告します。

 建設通信新聞(2021/11/17)
 11月26日まで募集要項配布/住宅・ホテルなど4万平米/野田屋町1丁目2・3番再開発

野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区野田屋町一丁目2番3番地区
◆ 交通-岡山電気軌道「西川緑道公園」電停近く
◆ 階数-(住宅棟)地上19階、地下0階、(ホテル棟)地上12階、地下1階
◆ 高さ-最高部59.39m、建築物58.18m、軒高57.58m
◆ 施行範囲-約7,000㎡
◆ 敷地面積-約5,600㎡
◆ 建築面積-約4,200㎡
◆ 延床面積-約40,400㎡(容積対象面積約31,000㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、ホテル、店舗
◆ 総戸数-約200戸
◆ 客室数-約330室
◆ 建築主-野田屋町一丁目2番3番地区市街地再開発組合(予定)
◆ 事業協力者-フジタ、三菱地所レジデンス
◆ 事業コンサルタント-都市環境研究所
解体・着工-2021年度以降予定
◆ ​竣工-2024年度以降予定


Okayamanoda200612
「完成イメージ」です。


Okayamanoda200613
「断面図」です。「住宅棟」と「ホテル棟」で構成されます。


Okayamanoda200614
「位置図」です。



|

2021年7月28日 (水)

岡山市 杜の街づくりプロジェクト 杜の街グレース(オフィス棟、 岡山 ザ・タワー) 2021年7月下旬の建設状況

Okayamaryobi210711
-杜の街づくりプロジェクト-
 岡山市の「両備グループ」は、閉店した「イトーヨーカドー岡山店」跡地を再開発しています。超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年8月の完成を目指します。1期工事の総事業費は約300億円を予定しています。

 事業名は「杜(もり)の街づくりプロジェクト」で、両備グループが100%出資する特別目的会社(SPC)「杜の街づくりプロジェクト1合同会社」が進めます。敷地面積は16,797.22㎡(建築確認対象面積)です。

 5棟の中で最大のマンション棟は、地上37階、地下1階、高さ約134m、延床面積約48,000㎡、総戸数363戸です。高さ約134mは、岡山県内最高となります。

 「両備グループ」は、2019年1月8日に、岡山県内最高層となる地上37階の超高層タワーマンションの起工式を行い、1月15日に着工しました。正式名称は「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」です。続いて、2019年5月27日に、オフィス・商業棟の起工式を行いました。

 「杜の街グレース」のオフィス棟が、2021年2月26日に竣工、2021年7月1日に開業しました。「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」は、2021年8月に竣工予定、2021年12月に入居開始予定となっています。

杜の街グレース オフィス棟の概要
◆ 計画名-(仮称)杜の街グレース オフィス・商業棟
◆ 所在地-岡山市北区下石井二丁目10番107
◆ 交通-JR岡山駅徒歩12分
◆ 階数-地上10階、地下1階
◆ 敷地面積-16,797.22㎡(建築確認対象面積)
◆ 延床面積-約24,103㎡(オフィス棟)
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造
◆ 用途-オフィス、店舗、貸会議室
◆ 建築主-杜の街づくりプロジェクト1合同会社(事業 両備ホールディングス、岡山放送)
◆ 設計者・監理者-アーキスコープ
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2019年05月27日(起工式)
◆ 竣工-2021年02月26日
◆ 入居開始-2021年07月01日

杜の街グレース 岡山 ザ・タワーの概要
◆ 所在地-岡山市北区下石井二丁目10番107
◆ 交通-JR岡山駅徒歩12分
◆ 階数-地上37階、地下1階
◆ 高さ-約134m
◆ 敷地面積-16,797.22㎡(建築確認対象面積)
◆ 延床面積-約48,000㎡(杜の街グレース 岡山 ザ・タワー)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(高減衰ゴム系積層ゴム、天然ゴム系積層ゴム、弾性すべり支承、増幅機構付き減衰装置)
◆ 用途-共同住宅、オフィス、商業施設、駐車場
◆ 総戸数-363戸(賃貸住戸18戸を含む)
◆ 建築主-両備ホールディングス、三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-アーキスコープ
◆ 施工者- 竹中工務店
◆ 着工-2019年01月08日(起工式)、2019年01月15日(マンション棟)、2019年05月27日(オフィス・商業棟)
◆ 竣工-2021年08月予定
◆ 入居開始-2021年12月予定


Okayamaryobi190511
「街区敷地配置イメージイラスト」です。

 引用資料 公式ホームページ
 杜の街グレース 岡山 ザ・タワー


Okayamaryobi210712
「杜の街グレース」の2021年7月下旬の建設状況です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi210713
「杜の街グレースオフィス棟」です。2021年2月26日に竣工、2021年7月1日に開業しました(写真提供ヤマさん)。

オフィス棟のフロア構成
◆ 1階-エントランスホール・店舗・管理室
◆ 2階-店舗・倉庫
◆ 3階-貸会議室・オフィス
◆ 4階~10階-オフィス(4階~5階が両備ホールディングス、8階~10階が岡山放送)

● OHK岡山放送
 岡山県と香川県を放送対象地域とする「OHK岡山放送」は、2021年7月に岡山の新たなランドマークとなる「杜の街グレース」のオフィス・商業棟の8階~10階の3ロアへ本社機能を移転しました。

 2021年7月12日より放送開始、7月19日より新本社での全体業務を開始しました。移転対象部門は、本社全部門(管理・営業・放送関連部門)及びグループ会社で、約140名が勤務します。


Okayamaryobi210714
「杜の街グレースオフィス棟」を北東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi210715
「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」です。外観は完成しています(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi210716
最高部です。クレーン類もすべて姿を消しています(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi210717
敷地西側です(写真提供ヤマさん)。



|

2021年7月 3日 (土)

岡山県総社市 「総社市庁舎建設基本設計(案)」を公表 吉備国の古代から連綿と続く歴史を踏まえて「現代の和」を創造!

Okayamasoja210611
-総社市庁舎建設基本設計(案)-
 
「総社市(そうじゃし)」は、かつての「吉備国」の中心地域で、岡山県の中南部にある市です。「岡山市」の西側、「倉敷市」の北側に位置し、岡山市のベッドタウンとして発展しています。人口は68,593人(2021年6月1日の推計人口)です。

 総社市は、「庁舎建設基本設計(案)」を公表しました。庁舎棟には「基礎免震構造」を採用し、「庁舎棟、議会棟、倉庫棟、バス車庫。歩廊、来庁者駐輪場」で構成されます。総延床面積16,342.83㎡で、基本設計は「大建設計・倉森建築設計事務所設計共同企業体」が担当しました。2021年度中に実施設計をまとめます。

 建設通信新聞(2021/06/30)
 総延べ1万6342平米/展望ロビー設置、新庁舎基本設計案/総社市

 引用資料 総社市・公式ホームページ
 総社市庁舎建設基本設計(案)パブリックコメント募集

 新庁舎は、吉備国の古代から連綿と続く総社市の長い歴史を踏まえ、備中国分寺や総社宮、宝福寺など伝統的な日本建築に見られる「和」の要素を抽出し、現在の技術・工法・素材に置き換える中で「現代の和」を創造します。

 すべての総社市民にとって、機能的で分かりやすく、また明るく快適な、福祉先駆都市にふさわしい市庁舎、さまざまな災害に対しての安心感を与える市庁舎とします。

総社市新庁舎の概要
◆ 所在地-岡山県総社市中央一丁目1番1号
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 高さ-35.38m
◆ 敷地面積-13,886.55㎡(施設全体)
◆ 建築面積-4,502.44㎡(施設全体)
◆ 延床面積-16,342.83㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-16,183.30㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 地震対策-基礎免震構造
◆ 用途-庁舎
◆ 建築主-総社市
◆ 設計者-(基本設計)大建設計・倉森建築設計事務所設計共同企業体
◆ 着工-2022年度予定
◆ 竣工-2024年度予定(新庁舎竣工)、2027年度予定(全体竣工)


Okayamasoja210612
「南東側鳥瞰イメージ」です。


Okayamasoja210613
「北側外観イメージ」です。


Okayamasoja210614
「北東側外観イメージ」です。一番高い部分に「展望ロビー」が設置されます。


Okayamasoja210615
「東西断面図」です。

● 基礎免震構造
 「庁舎棟」は1階に市民対応用途が集中しているため、1階の床下に「免震装置(積層ゴム支承)」を設置し、地震時の変形を免震層に集中させ、地震エネルギーを吸収する「基礎免震」とします。


Okayamasoja210616
「平面イメージ」です。


Okayamasoja210617
「用途地域図」です。



|

2021年6月20日 (日)

岡山市 杜の街づくりプロジェクト 「杜の街グレース」のオフィス棟が、2021年7月1日に開業 「OHK岡山放送」が本社移転!

Okayamaryobi210611
-杜の街づくりプロジェクト-
 岡山市の「両備グループ」は、閉店した「イトーヨーカドー岡山店」跡地を再開発しています。超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年8月の完成を目指します。1期工事の総事業費は約300億円を予定しています。

 事業名は「杜(もり)の街づくりプロジェクト」で、両備グループが100%出資する特別目的会社(SPC)「杜の街づくりプロジェクト1合同会社」が進めます。敷地面積は16,797.22㎡(建築確認対象面積)です。

 5棟の中で最大のマンション棟は、地上37階、地下1階、高さ約134m、延床面積約48,000㎡、総戸数363戸です。高さ約134mは、岡山県内最高となります。

 「両備グループ」は2019年5月27日に、オフィス・商業棟の起工式を行いました。地上10階、地下1階で、上層階は「岡山放送(OHK)」が購入し、本社を移転します。

● 杜の街グレースオフィス棟7月1日開業!
 両備グループが、「杜の街(もりのまち)づくりプロジェクト」構想で、岡山駅至近で開発を進めていた「杜の街グレース」のオフィス棟が、2021年2月26日に竣工、2021年7月1日に開業します。

 引用資料 両備グループ(2021/06/18)
 杜の街グレースオフィス棟7月1日開業! 企業様・メディア様向け内覧会開催

 引用資料 公式ホームページ
 (仮称)杜の街グレース オフィス・商業棟

杜の街グレース オフィス棟の概要
◆ 計画名-(仮称)杜の街グレース オフィス・商業棟
◆ 所在地-岡山市北区下石井二丁目10番107
◆ 交通-JR岡山駅徒歩12分
◆ 階数-地上10階、地下1階
◆ 敷地面積-16,797.22㎡(建築確認対象面積)
◆ 延床面積-約24,103㎡(オフィス棟)
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造
◆ 用途-オフィス、店舗、貸会議室
◆ 建築主-杜の街づくりプロジェクト1合同会社(事業 両備ホールディングス、岡山放送)
◆ 設計者・監理者-アーキスコープ
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2019年05月27日(起工式)
◆ 竣工-2021年02月26日
◆ 入居開始-2021年07月01日


Okayamaryobi210612
「杜の街グレースオフィス棟」の完成イメージです。

オフィス棟のフロア構成
◆ 1階-エントランスホール・店舗・管理室
◆ 2階-店舗・倉庫
◆ 3階-貸会議室・オフィス
◆ 4階~10階-オフィス(4階~5階が両備ホールディングス、8階~10階が岡山放送)

● OHK岡山放送
 岡山県と香川県を放送対象地域とする「OHK岡山放送」は、2021年7月、岡山の新たなランドマークとなる「杜の街グレース」のオフィス・商業棟の8階~10階の3ロアへ本社機能を移転します。


Okayamaryobi210613
「エントランス」のイメージです。


Okayamaryobi210614
「2層吹き抜けのエントランスホール」のイメージです。


Okayamaryobi210615
「(仮称)商業・ヘルスケア施設棟」の完成イメージです。



|

2021年5月16日 (日)

今や家電メーカーの「アイリスオーヤマ」 岡山県瀬戸内市に家電工場となる「岡山瀬戸内工場」を整備 製造・物流拠点として延床面積約150,000㎡!

Okayamaseto210511
-アイリスオーヤマ-

 「アイリスオーヤマ」は、国内競争力強化を図るための製造・物流拠点として、岡山県瀬戸内市に国内10工場目となる「岡山瀬戸内工場」を新設することを決定し、5月11日に立地表明覚書を岡山県、瀬戸内市と締結しました。竣工時期は2025年10月の予定です。

 引用資料 アイリスオーヤマ(2021/05/11)
 国内10工場体制に強化 岡山県瀬戸内市に「岡山瀬戸内工場」を新設 立地表明覚書を締結

 「アイリスオーヤマ」は、新型コロナウイルス感染症拡大に対する対応として、2020年にマスクの国内生産に加えて、AIサーマルカメラやデスクスクリーンなどの感染症対策商品を発売することで感染拡大の防止に貢献しています。

 巣ごもり需要によるクリーナーや電気圧力鍋などの生活・調理家電、テレワーク需要によるデスクやチェア、ディスプレイモニターなどの商品売上が好調に推移しています。また、海外でもコロナ禍の影響を受けて、インターネット通販が好調に推移し、アイリスグループ※の2020年度売上高は6,900億円(前年比138%)、経常利益9.0%でともに過去最高を達成しています。

 工場を新設する岡山県瀬戸内市の第2宮下産業団地は、岡山県の南東部に位置し、市道南北線を経由して、岡山ブルーラインや国道2号線、山陽自動車道の主要道へのアクセスが非常に優れた場所であり、中国・四国地方および西日本全域へのスピーディな出荷を行う拠点として最適な位置にあります。

 国内最大級の約80,000パレットの自動倉庫を備えることにより、西日本エリアの物流拠点としての役割を担い、今後のアイリスグループの事業拡大に伴う物流量の増加と取り扱い商品数の増加にも対応します。

岡山瀬戸内工場の概要
◆ 所在地-岡山県瀬戸内市長船町士師 第2宮下産業団地
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 土地面積-約61,000㎡
◆ 延床面積-約150,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-製造工場、物流拠点
◆ 自動倉庫-約80,000パレット
◆ 生産品目-家電製品
◆ 着工-2024年12月予定
◆ 竣工-2025年10月予定
◆ 総投資額-約100億円


Okayamaseto210512
「アイリスオーヤマ立地予定地」です。最寄りの駅はJR赤穂線の「長船駅(おさふねえき)」です。私は1991年に放送された「電子立国日本の自叙伝」に日本電気の技術者である長船氏が出てきて、「長船」を「おさふね」と読む事を初めて知りました。

 山陽新聞(2021/05/11)
 アイリスが瀬戸内に家電工場 国内初、25年10月完成目指す


Okayamaseto210513 
「国内工場概要」です。


Okayamaseto210514
「売上推移」です。

● 売上高6,900億円の大企業!
 「アイリスオーヤマ」は1971年に設立されました。本社は宮城県仙台市にあります。ペット用品の会社というイメージが強い「アイリスオーヤマ」ですが、本格参入して10年ほどになる家電事業が、今や売上げの6割を占めるます。2020年度の売上高は、単体で2,185億円、グループ全体で6,900億円です。2022年に売上高1兆円達成という大きな目標を掲げています。

 マスクからコメ、家電まで、25,000アイテムを製造する一大ブランドに成長しています。家電事業を支えているのは、日本の元・大手家電メーカーの技術者です。彼らを積極的に採用し、そのノウハウを活かしています。



|

2021年4月20日 (火)

倉敷市庁舎等再編基本構想 防災・災害対応の拠点となる「防災危機管理センター棟」、生涯学習や市民活動等の拠点となる「複合施設棟」を整備!

Kurashiki210411
-倉敷市庁舎等再編基本構想-

 岡山県倉敷市は、「倉敷市庁舎等再編基本構想」を取りまとめました。西中新田の現本庁舎敷地内に「防災危機管理センター棟」を新たに整備し、防災・災害対応機能の強化を図るとともに、老朽化した設備を改修、更新、修繕して長寿命化します。

 庁舎周辺の公共施設を複合化し生涯学習や市民活動などの拠点となる「複合施設棟」も敷地内に整備します。2021年度に基本計画策定に着手、2022年度~2023年度で基本・実施設計、2023年度~2025年度で整備します。

 引用資料 倉敷市・公式HP
 倉敷市庁舎等再編基本構想を策定しました

 日刊建設工業新聞(2021/04/16)
 岡山県倉敷市/庁舎等再編基本構想策定/防災危機管理センター棟など整備

 「防災危機管理センター棟」は、現在の駐車場棟跡地に整備します。地上4階とし、1階にエントランス、駐車場など、2階に水道局、3階に防災危機管理室、4階に消防局などを配置します。
 建物は、災害対応の拠点としての性能を発揮するため、高い耐震性能を確保するとともに、浸水対策として受変電設備などの重要設備を設置する電気室や機械室などを上層階に配置するなど、災害時に業務が継続できるよう、水や電気などの必要なライフラインを確保します。

 「複合施設棟」は、庁舎周辺にある老朽化した中央図書館、中央憩いの家、倉敷労働会館、自然史博物館、市立美術館を対象に機能を再配置します。構想では、中央図書館・市民活動センター・中央憩いの家を統合した地上4階の複合施設を整備します。

整備の基本方針
① 防災危機管理センター棟の整備による防災・災害対応機能の強化
② 生涯学習や市民活動等の拠点となる複合施設棟の整備
③ 本庁舎の長寿命化と将来の建替え用地の確保
④ 庁舎機能の充実による来庁者の利便性向上
⑤ 景観と周辺環境等への配慮

整備する機能
① 防災危機管理センター棟(災害対策本部室、総務局防災危機管理室、消防局、水道局等)
② 複合施設棟(中央図書館、市民活動センター、中央憩の家等)
③ 本庁舎の長寿命化
④ 1階市民窓口の適正配置と駐車場の拡充
⑤ 景観と環境に配慮した施設整備


Kurashiki210412
「倉敷市庁舎等再編基本構想対象エリア」です。


Kurashiki210413
「倉敷市庁舎等再編基本構想配置イメージ」です。


Kurashiki210414
「倉敷市庁舎等再編整備 スケジュール案」です。



|

2021年1月19日 (火)

岡山市 新市役所は「岡山城」をイメージした新たなランドマーク 地上17階、高さ約87mの 「新庁舎基本設計(素案)」を公表!

Okayamacity210111
-岡山市本庁舎等整備基本計画-

 「岡山市」の新庁舎は、「岡山城」をモチーフにしており、各階にひさしを設けて天守閣の屋根の重なり合いを表現しました。建物北側は城郭のような段々状の広場とし、イベントを開いて中心市街地のにぎわい創出にも活用します。建物内は危機管理部門や消防局などを集約するフロアを設け、災害時の連携を強化します。

● 新庁舎基本設計(素案)を公表!
 岡山市は、「新庁舎基本設計(素案)」を2021年1月14日公表しました。YouTubeでも新庁舎空間イメージ3D動画配信しています。202年2月中旬~3月中旬にかけてパブリックコメントを実施します。

 引用資料 岡山市・公式HP(2021/01/14)
 岡山市新庁舎基本設計について

 YouTube(2021/01/13)
 岡山市役所は生まれ変わります!新庁舎の3D空間イメージ動画

 2022年度着工、2025年度竣工、2026年度供用開始予定です。概算事業費約302億円を見込んでいましたが、デジタル化を見据え書庫や倉庫面積を見直し、約289億円に削減しました。

岡山市本庁舎等整備の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区大供一丁目1番1号 他
◆ 階数-地上17階(中2階を含む)、地下2階
◆ 高さ-最高部約87m
◆ 敷地面積-約14,000㎡
◆ 建築面積-約5,000㎡
◆ 延床面積-約56,300㎡(容積対象面積約50,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-杭基礎(GL-16m付近から出現する「粘土混じり砂礫層」を支持層とした杭基礎)
◆ 地震対策-ハイブリッド中間層免震構造(5階床下に免震層を設置)+制振構造
◆ 用途-市庁舎
◆ 建築主-岡山市
◆ 設計者-山下設計・丸川建築設計共同企業体
◆ 着工-2022年度予定
◆ 竣工-2025年度予定
◆ 供用開始-2026年度予定
◆ 概算事業費-約289億円(302億円から削減)


Okayamacity210112
「まちのシンボルとなる庁舎のイメージ(北方面から)」です。


Okayamacity210113
「庁舎イメージ(北西側から)」です。15階には「展望テラス」、6階には「屋上テラス」が設けられます。


Okayamacity210114
「外装計画」です。


Okayamacity210115
免震構造+制振構造
 大地震時に主要機械室や防災対策関係諸室の機能確保を図るため、「免震構造」を採用します。 多くの市⺠が利用する2階大屋根ひろばの周りに可動寸法が大きい免震用エキスパンションジョイント金物が 設置されることを回避し、大地震時の市⺠の安全を確保するため、免震層位置は「中間層」とします。

 5階床下に「免震層」を設け、免震層下部には制振ダンパーを配置した「ハイブリッド中間層免震構造」とし、免震層の上部・下部ともに地震時の安全性および建物の機能確保に配慮した計画とします。


Okayamacity210116
「防災計画断面イメージ」です。5階床下に「免震層」を設置します。 屋上には「ヘリポート」を設置します。


Okayamacity210117
「1階アプローチイメージ」です。


Okayamacity200516
「整備手順」です。


Okayamacity200911
「岡山市役所」の現在の本庁舎を北側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200912
南側の「新庁舎」の建設予定地です。「市営鹿田町駐車場」と「大供公園」で構成されています。「市営鹿田町駐車場」は解体されます(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200913
「大供公園」です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200914
「大供公園」を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。



|

2021年1月 3日 (日)

地上37階、高さ約134mの「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」 & 「OHK岡山放送」が移転するオフィス・商業棟 2020年12月末の建設状況

Okayamaryobi200411
-杜の街づくりプロジェクト-
 新年あけましておめでとうございます。コロナ禍でまた「緊急事態宣言」が発出されそうな雲行きになってきました。全く先が読めませんが、ホームページやブログは出来る限り更新を継続する予定ですのでよろしくお願い致します。

 岡山市の「両備グループ」は、閉店した「イトーヨーカドー岡山店」跡地を再開発します。超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年8月の完成を目指します。1期工事の総事業費は約300億円を予定しています。

 事業名は「杜(もり)の街づくりプロジェクト」で、両備グループが100%出資する特別目的会社(SPC)「杜の街づくりプロジェクト1合同会社」が進めます。敷地面積は16,797.22㎡(建築確認対象面積)です。

 5棟の中で最大のマンション棟は、地上37階、地下1階、高さ約134m、延床面積約48,000㎡、総戸数363戸です。高さ約134mは、岡山県内最高となります。

● 杜の街グレース 岡山 ザ・タワー
 「両備グループ」は、2019年1月8日に、岡山県内最高層となる地上37階の超高層タワーマンションの起工式を行い、1月15日に着工しました。正式名称は「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」に決まっています。事業主(売主)には、「三井不動産レジデンシャル」も参画しています。

 引用資料 公式ホームページ
 杜の街グレース 岡山 ザ・タワー

 「両備グループ」は2019年5月27日に、2棟目となるオフィス・商業棟の起工式を行いました。上層階は「岡山放送(OHK)」が購入し、本社を移転します。2021年8月の「街開き」を目指しています。

 「2期工事」は、ゲームセンター岡山ジョイポリスなどがあった北側、「3期工事」は、平面駐車場の南西側を予定しています。エリア全体の名称は「杜の街グレース」とします。

杜の街グレース 岡山 ザ・タワーの概要
◆ 所在地-岡山市北区下石井二丁目10番107
◆ 交通-JR岡山駅徒歩12分
◆ 階数-地上37階、地下1階
◆ 高さ-約134m
◆ 敷地面積-16,797.22㎡(建築確認対象面積)
◆ 延床面積-約48,000㎡(杜の街グレース 岡山 ザ・タワー)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(高減衰ゴム系積層ゴム、天然ゴム系積層ゴム、弾性すべり支承、増幅機構付き減衰装置)
◆ 用途-共同住宅、オフィス、商業施設、駐車場
◆ 総戸数-363戸(賃貸住戸18戸を含む)
◆ 建築主-両備ホールディングス、三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-アーキスコープ
◆ 施工者- 竹中工務店
◆ 着工-2019年01月08日(起工式)、2019年01月15日(マンション棟)、2019年05月27日(オフィス・商業棟)
◆ 竣工-2021年08月予定
◆ 入居開始-2021年12月予定


Okayamaryobi190511
「街区敷地配置イメージイラスト」です。


Okayamaryobi190512
「ロケーション」です。


Okayamaryob210111
「杜の街づくりプロジェクト」の2020年12月末の建設状況です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryob210112 
「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryob210113
赤の「〇」の部分が地上25階です。 地上34階の躯体工事が終わって、地上35階の躯体工事が始まった段階です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryob210114
地上35階部分の「プレキャストコンクリート」の柱が建てられています(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi200916
OHK岡山放送

 岡山県と香川県を放送対象地域とする「OHK岡山放送」は、2021年7月、岡山の新たなランドマークとなる「杜の街グレース」のオフィス・商業棟の8階~10階の3ロアへ本社機能を移転します。

 引用資料 OHK岡山放送
 新本社 2021年7月


Okayamaryob210115
「オフィス・商業棟」です。8階~10階の3ロアには「OHK岡山放送」が入る予定です。



|

2020年9月 9日 (水)

岡山芸術創造劇場(仮称) 延床面積約40,000㎡の「岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業」 2020年9月上旬の建設状況

Okayamaomote200611
岡山芸術創造劇場(仮称)
 「岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業」の施行地区は、岡山市の中心市街地である都心1kmスクエアの南東角に位置し、江戸時代から続く表町商店街の南端東側の複数街区にあたります。

 中心市街地の核となる立地にあるものの、現況は老朽化した建築物や平面駐車場、未利用地等の土地利用となっており、空き店舗や空き事務所の増加も伴い、歩行者通行量も少なくなっているため、都市機能の更新及び街の賑わいづくりが課題となる地域となっています。

 再開発プロジェクトは、地上20階、搭屋1階、地下2階、高さ約80m、延床面積約40,000㎡の「文化芸術施設、共同住宅、業務、店舗」で構成する大規模な複合ビルになります。

 核となる「岡山芸術創造劇場(仮称)」は、「大ホール」が1,750席程度、「中ホール」が800席程度となります。新施設には老朽化した「岡山市民会館(客席数1,718席)」と「岡山市立市民文化ホール(客席数802人)」を移転統合します。

 引用資料 公式ホームページ
 岡山市表町3丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業

 岡山市 公式ホームページ
 岡山芸術創造劇場(仮称)整備

岡山芸術創造劇場(仮称)の概要
◆ 計画名-岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-岡山県岡山市北区表町三丁目10街区、11街区の一部、23街区、24街区
◆ 交通-岡山電気軌道「西大寺町」電停近く、岡山電気軌道「大雲寺前」電停近く
◆ 階数-地上20階、搭屋1階、地下2階
◆ 高さ-約80m
◆ 施行地区面積-約13,000㎡
◆ 敷地面積-約8,850㎡
◆ 延床面積-約40,000㎡(容積対象床面積約32,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-文化芸術施設、共同住宅、業務、店舗
◆ 客席数-大ホール(1,750席程度)、中ホール(800席程度)
◆ 総戸数-(不明)
◆ 建築主-岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区市街地再開発組合(参加組合員 岡山市、大京、穴吹工務店)
◆ 事業推進コーディネーター-都市問題経営研究所
◆ 設計者-竹中工務店・荒木組・小倉組JV
◆ 施工者-竹中工務店・荒木組・小倉組JV
◆ 解体工事-2019年01月
◆ 着工-2019年11月
◆ 竣工-2022年03月予定


Okayamaomote200612
「劇場入口(賑わいスペース)」です。


Okayamaomote200613
「大ホール」のイメージ図です。客席数1,750席程度を予定しています。


Okayamaomote200614
「中ホール」のイメージ図です。客席数800席程度を予定しています。


Okayamaomote200615
「断面図」です。


Okayamaomote200616
「位置図」です。


Okayamaomote200911
街区を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200912
街区の西側部分を北東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200913
街区を東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200914
街区を北東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200915
現在の「岡山市民会館」です。新施設には老朽化した「岡山市民会館(客席数1,718席)」と「岡山市立市民文化ホール(客席数802人)」を移転統合します(写真提供ヤマさん)。



|

2020年9月 7日 (月)

岡山市 新市役所は「岡山城」をイメージした迫力のあるデザイン 「岡山市本庁舎等整備基本計画」の建設予定地 

Okayamacity200511
-岡山市本庁舎等整備基本計画-

 「岡山市」の新庁舎は、地上15階、地下2階で、「岡山城」をモチーフにしており、各階にひさしを設けて天守閣の屋根の重なり合いを表現しました。建物北側は城郭のような段々状の広場とし、イベントを開いて中心市街地のにぎわい創出にも活用します。建物内は危機管理部門や消防局などを集約するフロアを設け、災害時の連携を強化します。

 引用資料 岡山市・公式HP(2020/05/22)
 岡山市本庁舎等整備について

 敷地面積は約14,060㎡です。許容容積率は453%で、約14,060㎡×453%=約63,692㎡となります。容積対象面積約63,692㎡までの新庁舎が建設可能です。2021年度末までに設計を終え、2022年度に着工、2026年度の供用開始を目指します。概算事業費は約302億円で、うち約47億円を国の交付税で充当します。

岡山市本庁舎等整備の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区大供一丁目1番1号
◆ 階数- 地上15階、塔屋あり、地下2階
◆ 敷地面積-約14,060㎡
◆ 延床面積-約63,692㎡(新庁舎が建設可能な容積対象面積)
◆ 構造-(免震層下部)鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、(免震層上部)鉄骨造、PC造、CLT
◆ 基礎工法-直接基礎、一部杭基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-中間階免震構造(1階と2階の間に免震層を設置)
◆ 用途-市庁舎
◆ 建築主-岡山市
◆ 設計者-山下設計・丸川建築設計共同企業体
◆ 着工-2022年度予定
◆ 供用開始-2026年度予定
◆ 概算事業費-約302億円(うち約47億円を国の交付税で充当)

(備考) 構造の「PC造」は「プレキャストコンクリート造」で、 「CLT」は、「Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)」の略称で、ひき板を並べた層をクロスに重なるように板を貼り合わせた、木の塊のような分厚い素材です。


Okayamacity200512
1期工事の「断面イメージ図」です。 階数は、地上15階、塔屋あり、地下2階で、15階には「展望回廊」が設けられます。地震対策として、1階と2階の間に「免震層」を設ける「中間階免震構造」が採用されます。


Okayamacity200513
全体の「断面イメージ図」です。


Okayamacity200514
1階の「施設配置イメージ」です。


Okayamacity200515
「アプローチイメージ図」です。


Okayamacity200516
「整備手順」です。


Okayamacity200911
「岡山市役所」の現在の本庁舎を北側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200912
南側の「新庁舎」の建設予定地です。「市営鹿田町駐車場」と「大供公園」で構成されています。「市営鹿田町駐車場」は解体されます(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200913
「大供公園」です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200914
「大供公園」を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際