77 岡山県

2020年9月 9日 (水)

岡山芸術創造劇場(仮称) 延床面積約40,000㎡の「岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業」 2020年9月上旬の建設状況

Okayamaomote200611
岡山芸術創造劇場(仮称)
 「岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業」の施行地区は、岡山市の中心市街地である都心1kmスクエアの南東角に位置し、江戸時代から続く表町商店街の南端東側の複数街区にあたります。

 中心市街地の核となる立地にあるものの、現況は老朽化した建築物や平面駐車場、未利用地等の土地利用となっており、空き店舗や空き事務所の増加も伴い、歩行者通行量も少なくなっているため、都市機能の更新及び街の賑わいづくりが課題となる地域となっています。

 再開発プロジェクトは、地上20階、搭屋1階、地下2階、高さ約80m、延床面積約40,000㎡の「文化芸術施設、共同住宅、業務、店舗」で構成する大規模な複合ビルになります。

 核となる「岡山芸術創造劇場(仮称)」は、「大ホール」が1,750席程度、「中ホール」が800席程度となります。新施設には老朽化した「岡山市民会館(客席数1,718席)」と「岡山市立市民文化ホール(客席数802人)」を移転統合します。

 引用資料 公式ホームページ
 岡山市表町3丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業

 岡山市 公式ホームページ
 岡山芸術創造劇場(仮称)整備

岡山芸術創造劇場(仮称)の概要
◆ 計画名-岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-岡山県岡山市北区表町三丁目10街区、11街区の一部、23街区、24街区
◆ 交通-岡山電気軌道「西大寺町」電停近く、岡山電気軌道「大雲寺前」電停近く
◆ 階数-地上20階、搭屋1階、地下2階
◆ 高さ-約80m
◆ 施行地区面積-約13,000㎡
◆ 敷地面積-約8,850㎡
◆ 延床面積-約40,000㎡(容積対象床面積約32,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-文化芸術施設、共同住宅、業務、店舗
◆ 客席数-大ホール(1,750席程度)、中ホール(800席程度)
◆ 総戸数-(不明)
◆ 建築主-岡山市表町三丁目10番11番23番24番地区市街地再開発組合(参加組合員 岡山市、大京、穴吹工務店)
◆ 事業推進コーディネーター-都市問題経営研究所
◆ 設計者-竹中工務店・荒木組・小倉組JV
◆ 施工者-竹中工務店・荒木組・小倉組JV
◆ 解体工事-2019年01月
◆ 着工-2019年11月
◆ 竣工-2022年03月予定


Okayamaomote200612
「劇場入口(賑わいスペース)」です。


Okayamaomote200613
「大ホール」のイメージ図です。客席数1,750席程度を予定しています。


Okayamaomote200614
「中ホール」のイメージ図です。客席数800席程度を予定しています。


Okayamaomote200615
「断面図」です。


Okayamaomote200616
「位置図」です。


Okayamaomote200911
街区を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200912
街区の西側部分を北東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200913
街区を東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200914
街区を北東側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaomote200915
現在の「岡山市民会館」です。新施設には老朽化した「岡山市民会館(客席数1,718席)」と「岡山市立市民文化ホール(客席数802人)」を移転統合します(写真提供ヤマさん)。



|

2020年9月 7日 (月)

岡山市 新市役所は「岡山城」をイメージした迫力のあるデザイン 「岡山市本庁舎等整備基本計画」の建設予定地 

Okayamacity200511
-岡山市本庁舎等整備基本計画-

 「岡山市」の新庁舎は、地上15階、地下2階で、「岡山城」をモチーフにしており、各階にひさしを設けて天守閣の屋根の重なり合いを表現しました。建物北側は城郭のような段々状の広場とし、イベントを開いて中心市街地のにぎわい創出にも活用します。建物内は危機管理部門や消防局などを集約するフロアを設け、災害時の連携を強化します。

 引用資料 岡山市・公式HP(2020/05/22)
 岡山市本庁舎等整備について

 敷地面積は約14,060㎡です。許容容積率は453%で、約14,060㎡×453%=約63,692㎡となります。容積対象面積約63,692㎡までの新庁舎が建設可能です。2021年度末までに設計を終え、2022年度に着工、2026年度の供用開始を目指します。概算事業費は約302億円で、うち約47億円を国の交付税で充当します。

岡山市本庁舎等整備の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区大供一丁目1番1号
◆ 階数- 地上15階、塔屋あり、地下2階
◆ 敷地面積-約14,060㎡
◆ 延床面積-約63,692㎡(新庁舎が建設可能な容積対象面積)
◆ 構造-(免震層下部)鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、(免震層上部)鉄骨造、PC造、CLT
◆ 基礎工法-直接基礎、一部杭基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-中間階免震構造(1階と2階の間に免震層を設置)
◆ 用途-市庁舎
◆ 建築主-岡山市
◆ 設計者-山下設計・丸川建築設計共同企業体
◆ 着工-2022年度予定
◆ 供用開始-2026年度予定
◆ 概算事業費-約302億円(うち約47億円を国の交付税で充当)

(備考) 構造の「PC造」は「プレキャストコンクリート造」で、 「CLT」は、「Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)」の略称で、ひき板を並べた層をクロスに重なるように板を貼り合わせた、木の塊のような分厚い素材です。


Okayamacity200512
1期工事の「断面イメージ図」です。 階数は、地上15階、塔屋あり、地下2階で、15階には「展望回廊」が設けられます。地震対策として、1階と2階の間に「免震層」を設ける「中間階免震構造」が採用されます。


Okayamacity200513
全体の「断面イメージ図」です。


Okayamacity200514
1階の「施設配置イメージ」です。


Okayamacity200515
「アプローチイメージ図」です。


Okayamacity200516
「整備手順」です。


Okayamacity200911
「岡山市役所」の現在の本庁舎を北側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200912
南側の「新庁舎」の建設予定地です。「市営鹿田町駐車場」と「大供公園」で構成されています。「市営鹿田町駐車場」は解体されます(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200913
「大供公園」です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200914
「大供公園」を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。



|

2020年9月 6日 (日)

「イオンモール岡山」の東側 岡山ビブレ跡地 地上19階の「ロイヤルガーデンタワー岡山幸町」 2020年9月上旬の建設状況

Okayamavivre200911
-ロイヤルガーデンタワー岡山幸町-

 「イオンモール岡山」は、2014年12月5日にオープンしました。同じイオングループの「岡山ビブレ」が、道路を挟んで東側にありましたが、先行して2014年5月11日に閉店しました。

 跡地は、「アースミュージックアンドエコロジー(earth music&ecology)」で有名なカジュアル衣料大手の「ストライプインターナショナル(岡山市)」と「両備グループ(岡山市)」、菓子製造販売の「源吉兆庵ホールディングス(岡山市)」が、イオンリテールから約55億円で取得しています。

● ロイヤルガーデンタワー岡山幸町
 「岡山ビブレ」は、北側の「A館」と南側の「B館」に分かれていましたが、南側の「B館」の跡地に両備グループの「和田コーポレーション(香川県丸亀市)」が、「ロイヤルガーデンタワー岡山幸町新築工事」を建設中です。正式名は「ロイヤルガーデンタワー岡山幸町」です。「ロイヤルガーデン」は、「和田コーポレーション」のマンションブランド名です。

 引用資料 公式ホームページ
 ロイヤルガーデンタワー岡山幸町

ロイヤルガーデンタワー岡山幸町の概要
◆ 計画名- ロイヤルガーデンタワー岡山幸町新築工事
◆ 所在地-岡山県岡山市北区幸町7番102(地番)
◆ 交通-JR「岡山」駅徒歩7分
◆ 階数-地上19階、地下0階
◆ 敷地面積-3,447.06㎡(建築確認対象面積)
◆ 建築面積-1,650.03㎡(建築確認対象面積)
◆ 延床面積-22,691.23㎡(建築確認対象面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打鋼管コンクリート杭(34本)
◆ 用地-共同住宅
◆ 総戸数-232戸(管理事務室、トランクルームを除く)
◆ 建築主-和田コーポレーション(両備グループ)
◆ 設計者・監理者-和田コーポレーション、GEN設計
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2019年10月下旬
◆ 竣工-2021年11月中旬予定
◆ 入居開始-2022年03月上旬予定


Okayamavivre200912
「完成予想図」です。


Okayamavivre200913
「配置図」です。「EAST RESIDENCE、WEST RESIDENCE、SOUTH RESIDENCE」の3棟で構成されています。


Okayamavivre200914
「位置図」です。


Okayamavivre200915
「ロイヤルガーデンタワー岡山幸町」の2020年9月上旬の建設状況です(写真提供ヤマさん)。


Okayamavivre200916
イオンモール岡山

 道路を挟んだ西側は「イオンモール岡山」です。2014年12月5日にオープンしました。



|

2020年9月 4日 (金)

地上37階、高さ約134mの「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」 & 「OHK岡山放送」が移転するオフィス・商業棟 2020年9月上旬の建設状況

Okayamaryobi200411
-杜の街づくりプロジェクト-

 岡山市の「両備グループ」は、閉店した「イトーヨーカドー岡山店」跡地を再開発します。超高層タワーマンションやオフィス、店舗など5棟を整備、2021年8月の完成を目指します。1期工事の総事業費は約300億円を予定しています。

 事業名は「杜(もり)の街づくりプロジェクト」で、両備グループが100%出資する特別目的会社(SPC)「杜の街づくりプロジェクト1合同会社」が進めます。敷地面積は16,797.22㎡(建築確認対象面積)です。

 5棟の中で最大のマンション棟は、地上37階、地下1階、高さ約134m、延床面積約48,000㎡、総戸数363戸です。高さ約134mは、岡山県内最高となります。

● 杜の街グレース 岡山 ザ・タワー
 「両備グループ」は、2019年1月8日に、岡山県内最高層となる地上37階の超高層タワーマンションの起工式を行い、1月15日に着工しました。正式名称は「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」に決まっています。事業主(売主)には、「三井不動産レジデンシャル」も参画しています。

 引用資料 公式ホームページ
 杜の街グレース 岡山 ザ・タワー

 「両備グループ」は2019年5月27日に、2棟目となるオフィス・商業棟の起工式を行いました。上層階は「岡山放送(OHK)」が購入し、本社を移転します。2021年8月の「街開き」を目指しています。

 「2期工事」は、ゲームセンター岡山ジョイポリスなどがあった北側、「3期工事」は、平面駐車場の南西側を予定しています。エリア全体の名称は「杜の街グレース」とします。

杜の街グレース 岡山 ザ・タワーの概要
◆ 所在地-岡山市北区下石井二丁目10番107
◆ 交通-JR岡山駅徒歩12分
◆ 階数-地上37階、地下1階
◆ 高さ-約134m
◆ 敷地面積-16,797.22㎡(建築確認対象面積)
◆ 延床面積-約48,000㎡(杜の街グレース 岡山 ザ・タワー)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(高減衰ゴム系積層ゴム、天然ゴム系積層ゴム、弾性すべり支承、増幅機構付き減衰装置)
◆ 用途-共同住宅、オフィス、商業施設、駐車場
◆ 総戸数-363戸(賃貸住戸18戸を含む)
◆ 建築主-両備ホールディングス、三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-アーキスコープ
◆ 施工者- 竹中工務店
◆ 着工-2019年01月08日(起工式)、2019年01月15日(マンション棟)、2019年05月27日(オフィス・商業棟)
◆ 竣工-2021年08月予定
◆ 入居開始-2021年12月予定


Okayamaryobi190511
「街区敷地配置イメージイラスト」です。


Okayamaryobi190512
「ロケーション」です。


Okayamaryobi200911
「杜の街づくりプロジェクト」の2020年9月上旬の建設状況です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi200912
南東側から見た様子です。西側が「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」、東側が 「オフィス・商業棟」です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi200913
「杜の街づくりプロジェクト」を北西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi200914
「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」です。かなり高くなってきました(写真提供ヤマさん)。


Okayamaryobi200915
「杜の街グレース 岡山 ザ・タワー」を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。 

Okayamaryobi200916
OHK岡山放送

 岡山県と香川県を放送対象地域とする「OHK岡山放送」は、2021年7月、岡山の新たなランドマークとなる「杜の街グレース」のオフィス・商業棟の8階~10階の3ロアへ本社機能を移転します。

 引用資料 OHK岡山放送
 新本社 2021年7月


Okayamaryobi200917
「オフィス・商業棟」の8階~10階の3ロアには「OHK岡山放送」が入るので、屋上には大きなアンテナが設置されています(写真提供ヤマさん)。



|

2020年9月 3日 (木)

JR岡山駅前の大規模複合再開発 地上32階の「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合を設立!

Okayamajr200911
-JR岡山駅前市街地再開発事業-
 
駅前町一丁目2番3番4番地区は、2016年9月に市街地再開発準備組合を設立、2019年3月には「駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」に関する都市計画の決定を受け、再開発計画を進めています。

 この地区は、商業や業務施設が高度に集積し、鉄道・路面電車・バスなどの乗継拠点としての交通の要所「JR岡山駅」の真正面に位置していますが、低利用もしくは未使用の土地も多く見受けられ、既存建物の老朽化も進んでいます。コミュニティが弱化し、商店街もかつてほどの賑わいをなくしているなど、多くの課題を抱えています。

 こうした状況下、優れた立地に相応しい再開発に取り組み、ホテル、コンベンション施設、商業施設、市街型住居などの都市機能を備えたエリア整備を進めています。岡山の正面玄関にふさわしい発信機能を持った「都心拠点」となることを目指しています。

 「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者として「野村不動産」を代表企業とするグループ「野村不動産、JR西日本不動産開発、奥村組」が参画しています。

● 市街地再開発組合を設立!
 「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区市街地再開発組合」は、岡山市北区駅前町一丁目で推進している「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」において、2020年8月11日の市街地再開発組合の設立認可、8月31日開催の総会を経て、再開発組合を設立しました。

 引用資料 野村不動産(PDF:2020/09/01)
 「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」組合設立のお知らせ(野村不動産、JR西日本不動産開発、奥村組)

JR岡山駅前市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-岡山県岡山市北区駅前町一丁目2番3番4番(地番)
階数-(住宅棟)地上32階、地下2階、(ホテル棟)地上16階、地下1階、(駐車場棟)地上6階、地下0階
◆ 施工区域面積-約14,000㎡
◆ 建築面積-(西街区)約4,400㎡、(東街区)約2,700㎡
◆ 延床面積-(西街区)約67,600㎡、(東街区)約14,600㎡
◆ 用途-(西街区)共同住宅、ホテル、店舗、(東街区)駐車場、店舗
◆ 総戸数-約440戸
◆ 建築主-岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区市街地再開発組合(参加組合員 野村不動産、JR西日本不動産)
◆ 再開発コーディネーター-ユーデーコンサルタンツ
◆ 特定業務代行者-奥村組、美樹工業、北川鉄工所、大建設計
◆ 権利変換計画認可-2021年度予定
◆ 着工-2022年度予定(本体工事)、2022年度予定(駐車場棟)、2023年度予定(住宅棟)、 2024年度予定(ホテル棟)
◆ 竣工・引き渡し-2026年度予定


Okayamajr200611
2019年3月29日に公開された「完成予想パース」です。一番上の最新の「外観完成予想図」はかなりデザインが変更になっています。 

 引用資料 野村不動産(PDF:2019/03/29)
 『岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ 


Okayamajr200912
「完成予想パース」です。


Okayamajr200913
「配置図及び施設計画」です。


Okayamajr200914
「位置図」です。施工区域面積は約1.4haです。


Okayamajr171013
「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」の予定地を南西側から見た様子です。


Okayamajr171015
再開発予定地を北西側から見た様子です。


Okayamajr171016
再開発予定地を北東側から見た様子です。


Okayamajr171017
再開発予定地を南東側から見た様子です。



|

2020年8月14日 (金)

JR西日本 「広島エリア」の5路線79駅 & 「岡山・福山エリア」の8路線82駅 2020年9月以降に駅ナンバー」の導入!

Hiroshimaokayama200811
-JR西日本-

 「JR西日本」では、近畿エリアの主要路線に「駅ナンバー」を導入しています。新たに、広島エリア5路線79駅への「駅ナンバー」の導入、岡山・福山エリア8路線82駅への「駅ナンバー」の導入を行います。使用開始時期は、2020年9月以降準備出来次第の予定です。

 引用資料 JR西日本(2020/07/28)
 広島エリア5路線79駅への「駅ナンバー」の導入

 引用資料 JR西日本(2020/07/28)
 岡山・福山エリア8路線82駅への「駅ナンバー」の導入 


Hiroshimaokayama200812
広島エリア(5路線79駅)
 JR西日本広島支社では、広島エリアの主要路線に「駅ナンバー」を新たに導入し、「路線記号・ラインカラー」と組み合わせて展開することで、海外からの乗降客により分かりやすく、安心して鉄道を利用してもらえるよう進めていきます。使用開始時期は、2020年9月以降準備出来次第の予定です。


Hiroshimaokayama200813
「駅ナンバー」の概要 です。


Okayamajr190615
岡山・福山エリア(8路線82駅)
 2022年7月の「岡山デスティネーションキャンペーン」開催を見据え、海外から乗降客により分かりやすく、安心して鉄道を利用してもらうために、岡山・福山エリアに「駅ナンバー」を新たに導入し、案内の向上に取り組んでいきます。使用開始時期は、2020年9月以降準備出来次第の予定です。


Hiroshimaokayama200814
「駅ナンバー」の概要です。


Hiroshimaokayama200815
「ラインカラー」です。



|

2020年6月22日 (月)

JR岡山駅前の大規模複合再開発 超高層ツインタワー「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」

Okayamajr200611
-JR岡山駅前市街地再開発事業-
 
駅前町一丁目2番3番4番地区は、2016年9月に市街地再開発準備組合を設立、2019年3月には「駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」に関する都市計画の決定を受け、再開発計画を進めています。

 この地区は、商業や業務施設が高度に集積し、鉄道・路面電車・バスなどの乗継拠点としての交通の要所「JR岡山駅」の真正面に位置していますが、低利用もしくは未使用の土地も多く見受けられ、既存建物の老朽化も進んでいます。コミュニティが弱化し、商店街もかつてほどの賑わいをなくしているなど、多くの課題を抱えています。

 こうした状況下、優れた立地に相応しい再開発に取り組み、ホテル、コンベンション施設、商業施設、市街型住居などの都市機能を備えたエリア整備を進めています。岡山の正面玄関にふさわしい発信機能を持った「都心拠点」となることを目指しています。

 引用資料 公式ホームページ
 岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区市街地再開発準備組合

 「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者として「野村不動産」を代表企業とするグループ「野村不動産、JR西日本不動産開発、奥村組」が参画しています。

JR岡山駅前市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-岡山県岡山市北区駅前町一丁目2番3番4番(地番)
◆ 施工区域面積-約14,000㎡
◆ 敷地面積-(西街区)約4,100㎡、(東街区)約2,700㎡
◆ 延床面積-(西街区)約67,100㎡、(東街区)約16,400㎡
◆ 用途-(西街区)共同住宅、ホテル、店舗、(東街区)駐車場、店舗
◆ 建築主-岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区市街地再開発組合(予定)
◆ 事業協力者-野村不動産、JR西日本不動産開発、奥村組
◆ 事業推進コンサルタント-ユーデーコンサルタンツ
◆ 本組合設立認可-2019年度予定
◆ 権利変換計画認可-2020年度予定
◆ 着工-2022年度予定
◆ 竣工-2025年度予定


Okayamajr200612
「完成予想パース」です。「住宅棟」と「ホテル棟」の超高層ツインタワーを計画しています。


Okayamajr190312
「配置イメージ図」です。


Okayamajr190313
「位置図」です。施工区域面積は約1.4haです。


Okayamajr171013
「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」の予定地を南西側から見た様子です。


Okayamajr171015
再開発予定地を北西側から見た様子です。


Okayamajr171016
再開発予定地を北東側から見た様子です。


Okayamajr171017
再開発予定地を南東側から見た様子です。づくり”を行ってまいりたいと思っております。
皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。



|

2020年6月20日 (土)

岡山市 柳川ロータリーの北東側 地上18階、延床面積約23,500㎡の「岡山市蕃山町1番地区第一種市街地再開発事業」

Okayamabanzan200611
-岡山市蕃山町1番地区第一種市街地再開発事業-

 岡山市の東西のメインストリートである「桃太郎大通り」と南北のメインストリートである「柳川筋」が交差する「柳川ロータリー」は、岡山市の ”ヘソ” と言ってもいいような場所です。

 柳川ロータリーの各街区では再開発が行われており、北西側の街区には「グレースタワー、グレースタワーⅡ」、南東側の街区には「ハレクロスタワー(グレースタワーⅢ)」が竣工しています。

 柳川ロータリーの北東側の街区でも再開発構想が動き出しています。この地区も老朽化が進み、空き店舗も多くなっています。2015年1月には再開発準備組合を立ち上げました。

 引用資料 再開発準備組合・公式ホームページ
 岡山市蕃山町1番地区 第一種市街地再開発事業

岡山市蕃山町1番地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区蕃山町1番地区
◆ 交通-岡山電気軌道「柳川」電停すぐ
◆ 階数-地上18階、塔屋あり
◆ 高さ-(不明)
◆ 施行区面積-約8,000㎡
◆ 建築面積-約2,100㎡
◆ 延床面積-約23,500㎡
◆ 用途-商業施設、子育て支援施設、業務施設、住宅施設、駐車場施設
◆ 総戸数-(不明) 
◆ 建築主-岡山市蕃山町一番地区市街地再開発準備組合
◆ 解体工事-2020年度予定
◆ 竣工-2023年度予定


Okayamabanzan200612
「参考イメージパース」です。


Okayamabanzan200613
「施設計画案」です。


Okayamabanzan200614
「施行区域図」です。


Okayamabanzan200615
グレースタワー・グレースタワーⅡ
 柳川ロータリーの北西側の街区には、超高層ツインタワーマンション「グレースタワー」と「グレースタワーⅡ」があります。西側の「グレースタワー」は、地上32階、地下1階、高さ108.6m、総戸数130戸、東側の「グレースタワーⅡ」は、地上29階、地下1階、高さ約100m、総戸数76戸となっています。


Okayamabanzan200616
ハレクロスタワー(グレースタワーⅢ) 

 柳川ロータリーの南東側の街区には、「ハレクロスタワー(グレースタワーⅢ)」があります。2棟で構成され、「A棟」が、地上21階、塔屋1階、地下1階、高さ77.910m、地権者所有の「B棟」が地上4階となっています。



|

2020年6月19日 (金)

川崎学園岡山キャンパス 川崎医科大学附属川崎病院跡地 「川崎医科大学高齢者医療センター & 川崎医療短期大学新校舎棟」を新設!  

Okayamakawasaki200611
-川崎医科大学附属川崎病院跡地

 
「川崎医科大学」は、岡山市内にあった「川崎病院」を母体として1970年に設立された私立大学です。「川崎医科大学」の開校により「川崎病院」は、1971年1月に「川崎医科大学附属川崎病院」に名称を変更しました。

 「川崎医科大学附属川崎病院」は、2016年12月1日に近隣に開院した「川崎医科大学総合医療センター」に機能を移転した事により、役割を終えて閉院しました。跡地では、「川崎医科大学附属川崎病院解体工事」が行われました。

● 川崎学園岡山キャンパス
 学校法人川崎学園は、「川崎学園創立50周年記念事業」の一つとして、岡山市中心部の旧川崎医科大学附属川崎病院跡地に、新病院「川崎医科大学高齢者医療センター」と「川崎医療短期大学新校舎棟」を建設します。総事業費(概算)50億円をかけ、2022年春の竣工を目指し、現在計画を進めています。

 引用資料 学校法人川崎学園・50周年記念事業
 旧川崎医科大学附属川崎病院跡地に整備 「川崎医科大学高齢者医療センター」「川崎医療短期大学新校舎棟」を新設

 新設する「川崎医科大学高齢者医療センター」、「川崎医療短期大学新校舎棟」と、2016年12月1日に開院した「川崎医科大学総合医療センター」を合わせた3施設を「川崎学園岡山キャンパス」とし、新たな教育・診療・研究の拠点として整備します。


Okayamakawasaki200612
「柳川筋からの外観イメージ」です。


Okayamakawasaki200613
「川崎医科大学高齢者医療センター」と「川崎医療短期大学新校舎棟」の建設予定地です。2016年12月1日に開院した「川崎医科大学総合医療センター」を合わせた3施設を「川崎学園岡山キャンパス」とし、新たな教育・診療・研究の拠点として整備します。

 引用資料 山陽新聞(2020/01/23)
 病院跡地に高齢者医療センター 川崎学園、医療短大も岡山に移転


Okayamakawasaki180911
「川崎医科大学附属川崎病院解体工事」の様子です(撮影日2018年9月10日)。


Okayamakawasaki180919
川崎医科大学総合医療センター

 「川崎医科大学附属川崎病院」は、老朽化などに伴い南東側約50mの旧深柢小跡地(閉校時は岡山中央南小)に移転新築しました。名称は「川崎医科大学総合医療センター」に変更されています。

 「川崎医科大学総合医療センター」は、病床数647床、外来患者数1日当たり約1,500人、手術室16室、屋上に災害拠点機能としてのヘリポートがあり、大学の教育機能も併せ持つ大規模医療施設です。

川崎医科大学総合医療センターの概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区中山下二丁目6番1号
◆ 階数-地上15階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-約70m
◆ 敷地面積-約12,089㎡
◆ 建築面積-約5,594㎡
◆ 延床面積-約78,198㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-病院
◆ 病床数-647床
◆ 建築主-学校法人川崎学園
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2013年09月26日(起工式)、2013年12月(着工)
◆ 竣工-2016年08月31日
◆ 開院-2016年12月01日



|

2020年6月18日 (木)

岡山市 延床面積約40,400㎡の大規模再開発「野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業」

Okayamanoda200611
-野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業-
 「野田屋町一丁目2番3番地区」は、JR岡山駅から東へ約300mの距離にあり、岡山駅より岡山城や後楽園方面に向かう路面電車が走る桃太郎通りの一本北側の駅前商店街を通って「西川緑道公園」に面したエリアで、戦後より「岡山の台所」の愛称で親しまれてきた「岡ビル市場」および住居を有する地区です。

 しかし近年では、郊外への大型商業施設出店の影響もあり、「岡ビル市場」のテナント数はピークの半数ほどまで減少し、地区内には築年数のたった低層の建物も密集しています。
 こうした状況に対し、駅至近の広域中心拠点として土地が有効活用されに加え、建物の不燃化・耐震化等による地区の防災機能が向上された、安心・安全で、にぎわいのある快適な生活拠点を目指すまちづくりが望まれていました。

 「野田屋町一丁目2番3番地区市街地再開発準備組合」は、「野田屋町一丁目2番3番地区」の約0.7haを対象に「岡ビル市場」などを解体して、共同住宅、ホテル、店舗などからなる「野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業」を行います。

 引用資料 公式ホームページ
 野田屋町一丁目2・3番地区市街地再開発準備組合

 「住宅棟」と「ホテル棟」で構成されています。「住宅棟」は3階~19階が総戸数約200戸の共同住宅、「ホテル棟」は、1階・2階が店舗、3階~12階が、客室数約330室のホテルになります。

野田屋町一丁目2番3番地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区野田屋町一丁目2番3番地区
◆ 交通-岡山電気軌道「西川緑道公園」電停近く
◆ 階数-(住宅棟)地上19階、地下0階、(ホテル棟)地上12階、地下1階
◆ 高さ-最高部59.39m、建築物58.18m、軒高57.58m
◆ 施行範囲-約7,000㎡
◆ 敷地面積-約5,600㎡
◆ 建築面積-約4,200㎡
◆ 延床面積-約40,400㎡(容積対象面積約31,000㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、ホテル、店舗
◆ 総戸数-約200戸
◆ 客室数-約330室
◆ 建築主-野田屋町一丁目2番3番地区市街地再開発組合(予定)
◆ 事業協力者-フジタ、三菱地所レジデンス
◆ 事業コンサルタント-都市環境研究所
解体・着工-2021年度以降予定
◆ ​竣工-2024年度以降予定


Okayamanoda200612
「完成イメージ」です。


Okayamanoda200613
「断面図」です。「住宅棟」と「ホテル棟」で構成されます。


Okayamanoda200614
「位置図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 石川県・福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県 88 沖縄県 89 愛媛県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際