75 福井県

2016年6月 5日 (日)

福井県敦賀市 JR敦賀駅 敦賀駅交流施設「オルパーク」が素晴らしい!

Tsuruga160571
-敦賀駅交流施設「オルパーク」-

 新しい敦賀の駅舎は、市民に長く愛され、市民の記憶にも鮮やかに残ってきた「2代目駅舎」のイメージを彷彿とさせるデザインです。

 かつての2代目駅舎が持っていた「2つのウイングと中央の玄関」という特徴的な構成を、暖かみのある木で仕上げた「2つの箱」として現代に甦らせました。敦賀駅交流施設「オルパーク」は、2014年4月5日にオープンしました。

 公式HP → 敦賀駅交流施設「オルパーク」 

 敦賀市 公式ホームページ
 敦賀駅交流施設整備事業・敦賀駅バリアフリー化事業・駅前広場整備事業 


Tsuruga160572
敦賀駅交流施設「オルパーク」を北側から見た様子です。


Tsuruga160573
敦賀駅交流施設「オルパーク」を南西側から見た様子です。


Tsuruga160574
駅前広場側はガラス張りとなっています。


Tsuruga160575
敦賀駅交流施設「オルパーク」の内部です。内部は、暖かみのある木で仕上げた「2つの箱」なっています。2層構造で、天井はなかり高いです。

1階
 1階は、市民や来訪者の交流や待合所としても利用可能な「休憩所」や、 敦賀の観光や施設の案内を行う「総合案内所/観光案内所」や「各テナント」が配置されています。

2階
 2階は、絵画や写真などの展示やサークル活動等に利用可能な「多目的室」や、大型スクリーンや音響設備等を備え、様々な用途に利用可能な「休憩所」が配置されています。


Tsuruga160576
北側の箱です。


Tsuruga160577
北側の箱の内部です。内部は吹き抜けになっています。


Tsuruga160578
南側の箱です。南側の箱の1階は店舗です。


Tsuruga160579
2階です。


Tsuruga160580
2階の南側は、「休憩所」となっています。


Tsuruga160581
南側の箱の2階の内部は、「多目的室」となっています。女子高生が自習していました。駅にこのような施設があるのはいいですね!

|

福井県敦賀市 「敦賀駅駅前広場整備工事」が完了して、メチャメチャ奇麗になったJR敦賀駅前!

Tsuruga160551
-敦賀駅駅前広場整備工事-

 JR敦賀駅前では、駅前広場の整備が行われていましたが、2015年10月4日に竣工式が行われ、10月5日(月)から供用開始されました。

 敦賀市 公式ホームページ
 敦賀駅交流施設整備事業・敦賀駅バリアフリー化事業・駅前広場整備事業

 敦賀駅前広場は、朝夕の通勤通学時における送迎車等の交通混雑を解消するとともに、歩行者・自転車利用者にとっても安全で快適な空間を確保するため、2011年10月に「敦賀市」が工事に着手しました。

 これまでの広場を約1,900㎡拡大し、送迎車用の車12台が駐車できる「市民交通ゾーン」、バスやタクシーの乗降所10ヶ所がある「公共交通ゾーン」、様々なイベントに活用できる「広場ゾーン」などを配置しました。

● 北陸新幹線も建設
 北陸新幹線は、敦賀駅まで建設される事が決まっています。当初は2025年度末の開業を予定していましたが、3年前倒しして2022年度末を目指す予定となっています。


Tsuruga160552
現地に掲示してある駅前広場の配置図です。


Tsuruga160553
駅前広場を東側から見た様子です。


Tsuruga160554
駅前広場を敦賀駅交流施設「オルパーク」から見た様子です。


Tsuruga160555
南側には、「市民交通ゾーン」が整備されています。


Tsuruga160556
「市民交通ゾーン」の屋根です。なかなかカッコイイ!です。豪雪地帯なので、雪の重みにも耐えられる造りとなっています


Tsuruga160557
植栽も行われています。


Tsuruga160558
「市民交通ゾーン」を西側から見た様子です。奥に見えるのは敦賀駅交流施設「オルパーク」です。


Tsuruga160559
「市民交通ゾーン」を東側から見た様子です。


Tsuruga160560
「市民交通ゾーン」の北側は、「コミュニティバス」のバス停となっています。


Tsuruga160561
北側には、「公共交通ゾーン」が整備されています。


Tsuruga160562
「タクシープール」です。


Tsuruga160563
「タクシープール」の東側に、「タクシーのりば・おりば」があります。


Tsuruga160564
「タクシーのりば・おりば」を北東側から見た様子です。


Tsuruga160565
「タクシープール」の北側と南側には、「ソーラーパネル」が設置されています。


Tsuruga160566
一番北側は、「路線バス」のバス停となっています。その北側は、「イベント広場」となっています。


Tsuruga160567
駅前広場の南西側には広大な更地が広がっています。


Tsuruga160568
駅西地区の土地活用計画

 地区画整理事業により誕生した約17,000㎡です。過去には商業施設や行政機関が入る複合施設案もありましたが、東京電力福島第1原発事故の影響で計画が白紙になっています。

 半分ほどが公園になるようですが、残り半分の活用策がまとまっていません。「敦賀市」は、総人口は66,072人(推計人口2016年2月1日)です。人口が多い訳ではないので、活用方法が難しいですね。

● 商店街もシャッター通り化
 JR敦賀駅から「アル・プラザ敦賀」あたりまで北西方向に商店街が伸びています。福井県越前市にある「サンドーム福井」で行われた「Perfume(パフューム)」のライブの前に、「アル・プラザ敦賀」で昼食を食べました。

 土曜日の昼間にも関わらず商店街にある多くの商店はシャッターがおりていました。いわゆる「シャッター通り」ですね。
 私の地元の高知でも多くの街で「シャッター通り」化が急速に進行しています。私の実家はかなり田舎ですが、私が子供の頃は、実家の近くに5件ほどお店があったのですが、今はすべて閉店しています。

|

2016年5月29日 (日)

福井県 JR西日本の敦賀駅 完了した「JR敦賀駅バリアフリー化事業」 & 「北陸新幹線」の駅も設置

Tsuruga160511
-JR敦賀駅-

 昨日(5月28日)、福井県越前市にある「サンドーム福井」で行われた「Perfume(パフューム)」のライブに行ってきました。

 帰りは特急「サンダーバード」で帰りましたが、行きは「敦賀駅」まで新快速、「敦賀駅」からサンドーム福井の最寄り駅である「鯖江駅」まで各駅停車で行きました。
 昼食をとるため「敦賀駅」で下車し、前から取材したいと思っていた「JR敦賀駅バリアフリー化事業」 や「駅前広場整備事業」などをじっくり撮影してきました。

● JR敦賀駅バリアフリー化事業
 「
敦賀駅」は、JR西日本とJR貨物の駅です。島式3面6線+切り欠きホーム1線=3面7線のホームを有する地上駅です。

 JR敦賀駅では、「JR敦賀駅バリアフリー化事業」が行われました。2010年10月に着工し、2012年12月16日から供用開始されました。

 駅のホームをまたぐ幅4m×長さ55mの「跨線橋」を設け、コンコースには上り下りのエスカレーターとエレベーターを設置、各ホームにもエレベーターと上り専用のエスカレーターをそれぞれ計3基設けました。総事業費は約19億円で、そのうち「敦賀市」が約11億円を負担しました。


Tsuruga160512
JR敦賀駅の改札口です。JR敦賀駅には「新快速」が停車しますが、「ICOCAエリア」には含まれていません。改札も「有人改札」となっています。


Tsuruga160513
改札口を入ると「跨線橋」と結ぶ、「エスカレーター×2基(上り・下り×各1基)、階段」、そして奥に「エレベーター」が設置されています。


Tsuruga160514
跨線橋側から見た様子です。


Tsuruga160515
跨線橋の通路幅は、北陸新幹線開通に伴う乗客増に対応するため、9m幅での整備が検討されていました。しかし整備に伴う敦賀市の負担が多額で、将来の拡幅も視野に4m幅で暫定的に整備されました。


Tsuruga160516
敦賀駅交流施設「オルパーク」から見た跨線橋です。


Tsuruga160517
跨線橋の窓から見たJR敦賀駅です。


Tsuruga160518
跨線橋に設置してある「発車標」です。「LCD(液晶パネル)」に他の「発車標」をビデオカメラ撮影して表示しているためぼやけています。究極の経費削減ですね(笑)。


Tsuruga160519
反対側(南東側)から見た跨線橋です。


Tsuruga160520
南西側(大阪・米原方面)に「エレベーター」が設置されています。


Tsuruga160521
北東側(福井・金沢方面)に「上り専用エスカレーター」と「階段」が設置されています。


Tsuruga160522
特急列車の「列車編成のご案内」も設置されています。


Tsuruga160523
ホームから見た「エレベーター」です。


Tsuruga160524
ホームから見た「上り専用エスカレーター」と「階段」です。


Tsuruga160525
配置はこのようになっています。


Tsuruga160526
恐竜王国福井県らしく「ベンチ」に恐竜がいました(笑)。ジュラシック・パークやジュラシック・ワールドによく登場する「ヴェロキラプトル」でしょうか?


Tsuruga160527
「ベンチ」を座った人の向きが線路と平行になるような配置に徐々に入れ替えているようです。


Tsuruga160528_2
新幹線敦賀駅(北陸新幹線)

 JR敦賀駅に併設される新幹線駅は、高さが8階建てビルに相当する地上24m、新幹線駅と現駅舎のホーム間の距離が約200mとなる見通しです。

 引用資料 都市整備部駅周辺整備課(PDF:2015/06/09)
 敦賀駅周辺整備について

|

サンドーム福井 Perfume(パフューム) Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」に行ってきました!

Fukuiperfume160511
-Perfume(パフューム)-

 昨日(5月28日)に「サンドーム福井」で行われたPerfume(パフューム)の ”Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」” に行ってきました。「Perfume(パフューム)」のライブに行くのは3年連続で4回目でした。

 NEW ALBUM「COSMIC EXPLORER」を引っさげての、約2年ぶりとなる全国ツアーで、今回が初めて訪れる土地も含め、全国7都市15公演を巡る全国ツアーです。初めての会場を多く選んだため、なんと大都市の「東京、名古屋、大阪、福岡」の会場が入っていません。

 
Fukuiperfume160512
ということで、「サンドーム福井」の最寄り駅である「鯖江(さばえ)駅」まで行きました。


Fukuiperfume160513
しばらく道路沿いを南下します。


Fukuiperfume160514
JRの踏切を渡って、水田地帯を歩いていきます。Perfumファンは、掲示板ななどで自らを自虐的にバッタ類の総称である「イナゴ」と呼んでいます。行動が「イナゴ」に似ているからでしょうか?(笑) でも、実際はほとんどが礼儀正しいいい人たちです。


Fukuiperfume160515
サンドーム福井(福井県産業振興施設)
 しばらく歩くと水田地帯の中に「サンドーム福井」が見えてきます。誰かが巨大宗教施設に例えていましたが、確かにそのように見えます(笑)。

 「サンドーム福井」は、福井県越前市に所在する多目的イベントホールです。1995年7月29日に開業しました。正式名称は「福井県産業振興施設」です。住所は、「越前市」となっていますが、越前市と鯖江市の境界腺がイベントホール棟を通っています。

 収容人数約10,000人(電動可動席6,000席、仮設4,000席)となっています。2016年にコンサートを行う主なアーティストは、「稲葉浩志(2016年1月)、E-girls(2016年3月)、嵐(2016年4月)、SEKAI NO OWARI(2016年4月)、Perfume(2016年5月)、浜崎あゆみ(2016年7月)、AAA(2016年7月)、西野カナ(2016年9月)、DREAMS COME TRUE(2016年10月)」などです。

● 直径116m・最高高さ55mの円型
 建物は、直径116m、最高高さ55mの円型で、東大寺大仏殿、日本武道館、姫路城天守閣がすっぽり入る大きさです。アリーナも円形です。

 「サンドーム福井」の中に入るのは今回が初めてでした。想像していたより遥かに立派な施設で、メンテナンスも行き届いており、各設備は綺麗でした。音響もかなり良かったです。


Fukuiperfume160516
「鯖江(さばえ)駅から「サンドーム福井」まで徒歩約20分とちょっと遠いです。雨の日は大変だと思います。良い施設なので駅からもっと近かったらなあ・・・ と思います。

 Perfumのファン層は、男女比が5対5くらいでした。ファンの年齢層が広がりには驚くばかりです。男性はオッサン比率が非常に高く、女性は若い子が多いです。

 「あ~ちゃん、かしゆか、のっち」の3人の過去のライブやミュージックビデオのコスプレをした女性もかなり見かけました。


Fukuiperfume160517
グッズ売り場です。


Fukuiperfume160518
グッズのラインナップです。


Fukuiperfume160519
グッズは、「使った人だけ分かるタオル(¥1,800)、マスキング&ガムテープセット(¥1,200)、TOKIMEKIバンド(¥800)」を買いました。


Fukuiperfume160520
チケットです。チケットは全て「座席指定券 引換券」となっています。


Fukuiperfume160521
座席の位置(座席番号)は公演当日に入場の際に入場口で発券される「座席指定券」で、初めて分かります。「アリーナ Aブロック」でした。

 ライブは非常に楽しかったです。ただライブの最後に「あ~ちゃん(西脇綾香)」が、今日のライブの内容は全公演が終わるまで秘密にしておいて!と言ったので、詳しい内容は書けません。まあネットで検索するとセットリストなどはすぐにヒットしますが・・・(笑)

● ジェニーはご機嫌ななめ
 全く書かないのもあれなので1つだけ書きます。私と同じくらいのオッサン世代は、1980年6月1日にリリースされたジューシィ・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」を覚えていると思います。多くのアーティストがカヴァーしていますが、Perfumもカヴァーしています。

 YouTube Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」
 ジェニーはご機嫌ななめ 

 選曲で「ジェニーはご機嫌ななめ」が当たるように念じていたら当たりました。この曲は「のっち!、あ~ちゃん!、ゆかちゃん!」と掛け声をかけます。
 現実社会で、「ゆかちゃん!」なんて大声で叫べることはまずありません。ライブを楽しむには、羞恥心を捨てておバカになるのが一番です(笑)。


Fukuiperfume160522
ライブが終わって出てくると外はまだちょっと明るかったです。帰りは水田地帯をカエルの大合唱を聞きながら「鯖江(さばえ)駅」まで歩きました。

 ”Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」” は、6月末にあと1回だけ「和歌山ビッグホエール」に行ってきます。

|

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場