88 沖縄県

2018年5月 4日 (金)

草津市 草津川跡地整備事業 かつての天井川だった草津川が「草津川跡地公園」に! Part1・天井川の痕跡編

Kusatsu180511
-草津川跡地公園-

 滋賀県の「草津川」は、淀川水系の一級河川です。典型的な天井川で、度重なる水害をもたらしていましたが、2002年7月に中流域から琵琶湖にかけて「草津川放水路」が開削されたため、天井川の旧河川は廃川となりました。

 草津川跡地にには広大な空間が生まれました。「草津市」は、草津川跡地をまちづくりの資源として活用しようと「基本構想」を策定し、草津川跡地の整備を進めています。

 全長約7kmにわたる「緑軸」となる公園として整備され、草津市の新しいスポット・公園として生まれ変わります。琵琶湖からJR東海道新幹線までを6つの区間にわけ、区間2から区間5までの各区間には「草津川跡地利用基本計」に基づき設定されたテーマをもとに整備がされています。

 引用資料 草津川跡地公園
 草津川跡地公園について

● de愛ひろば(区間5)
 全6区間のうち、第一弾として2017年4月1日に「区間2」と「区間5」が開園しました。草津川跡地公園のうち、メロン街道から浜街道までの約1.2kmが「ai彩ひろば(区間2)」、JR琵琶湖線から市道大路16号線までの約0.8kmが「de愛ひろば(区間5)」となっています。中心となるのが、JR草津駅前のアーケードと直結する「de愛ひろば(区間5)」です。


Kusatsu180512
「公園概要」です。琵琶湖からJR東海道新幹線までを6つの区間に分けて整備します。


Kusatsu180513
「de愛ひろばエリアマップ」です。JR草津駅前のアーケードと直結する「de愛ひろば(区間5)」が、全体の中心施設となっています。


Kusatsu180514
JR草津駅前のアーケードを南下すると「草津川隧道(くさつがわずいどう)」があります。


Kusatsu180515
「草津川隧道(くさつがわずいどう)」です。前はこの上を天井川の「草津川」が流れていました。


Kusatsu180516
「草津川隧道」の西側に「de愛ひろば(区間5)」の入口があります。


Kusatsu180517
「de愛ひろば(区間5)」の入口です。


Kusatsu180518
「エレベーター」も整備されています。


Kusatsu180519
上から見た様子です。


Kusatsu180520
車で行く事も出来ます。


Kusatsu180522
南側を見た様子です。「JR琵琶湖線」が見えます。


Kusatsu180523
かなり下らないと市街地に降りることが出来ません。


Kusatsu180524
西側の未整備区間です。旧草津川の様子が分かります。川底が市街地よりも遥かに高かったため、度重なる水害をもたらしていました。



|

2018年2月17日 (土)

沖縄県 旧石垣空港跡地に建設予定の「石垣市新庁舎」 隈研吾JVが設計した赤瓦屋根が集まる集落のような外観が素晴らしい!

Ishigakicity180211
-石垣市新庁舎-

 沖縄県の「石垣島」は、世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「人気上昇中の観光地ランキング2018」で1位に輝いています。
 私は、亜熱帯の「石垣島」と「宮古島」は日本の宝だと思っており、将来的には国際的なリゾートになると思っています。

 「石垣市」は、旧石垣空港跡地での新庁舎建設予定地を確定しています。「石垣空港」は、2013年3月7日に「新石垣空港」の開港したため廃止されています。

 引用資料 石垣市・公式ホームページ
 総務部 新庁舎建設室

● 赤瓦屋根が集まる集落のような外観
 設計は「隈研吾建築都市設計事務所・洲鎌設計室JV」が担当しています。赤瓦屋根が集まる集落のような外観で「集う市役所」を表現しています。石垣島の魅力を発信するため、赤瓦屋根のほか、琉球石灰岩など地場の自然資材を活用します。

 建設費が現段階で約76億円と積算(速報値)されているそうです。基本計画での概算約64億円を12億円上回っており、実施設計が完了する2018年3月末までに縮減に向けた調整を行うことにしています。

 八重山毎日新聞(2018/02/15)
 新庁舎建設費76億円 基本計画より12億円増 市建設室、縮減へ調整

 石垣市は、建設費削減に向けた調整を行った上で新年度の早いうちに発注、2020年度内の完成・供用開始を予定しているそうですが、素晴らしい外観には手を加えないで維持して欲しいです!

石垣市新庁舎事の概要
◆ 所在地-沖縄県石垣市真栄里地内(旧石垣空港跡地内)
◆ 階数-地上3階、地下1階
◆ 高さ-最高部18.15m
◆ 敷地面積-30,159.01㎡
◆ 建築面積-7,559.18㎡
◆ 延床面積-13,565.60㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-庁舎
◆ 建築主-石垣市
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所・洲鎌設計室JV


Ishigakicity180212
「配置図」です。旧石垣空港跡地内の新県立八重山病院建設地と市消防本部の間に建設されます。


Ishigakicity180213
屋根が集まる「集う市役所」

 赤瓦屋根が集まる集落のような外観が「集う市役所」を表現します。小さな単位の屋根とすることでヒューマンスケールな建築をつくります。


Ishigakicity180214
「庁舎と防災公園をつなぐアマハジ」です。


Ishigakicity180215
「市民広場:温かい木の天井と琉球石灰岩の床」です。


|

2014年6月 2日 (月)

那覇空港 「第2滑走路」の着工 2020年3月の供用開始を目指す!

Nahaairport14051
-那覇空港-

 沖縄県の「那覇空港」は、2012年(1月1日~12月31日)の旅客数が15,107,628人で、日本で第6位です。
 なおかつ「航空自衛隊那覇基地」と併設されており、これを3,000m×45mの滑走路1本で運用しています。

 発着処理能力が限界に近づきつつあり、「第2滑走路」の建設が緊急の課題でしたが、2014年3月1日に「那覇空港滑走路増設事業」の起工式(1月から工事に着手済)が行われました。

 引用資料 内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部
 那覇空港プロジェクト室(空港整備課)

 「第2滑走路」は、長さ2,700mで、現滑走路から1,310m沖合に建設します。総事業費は約1,993億円で、2019年12月完成、2020年3月31日の供用開始を目指します。

 「第2滑走路」の増設で、発着数の処理容量は、現在の年間135,000回から185,000回に増える見通しです。

● ANAカーゴの物流拠点
 中央官庁のお役人は何事も東京を中心に考えますが、那覇空港を中心に地図を見ると正に東アジアの中心で、こんな素晴らしい立地は日本には他にありません。国は日本や沖縄の発展のためにもこの好立地を生かしてもっと積極的に活用すべきです。

 民間は先を走っています。全日空グループの「ANAカーゴ(ANA Cargo)」は、那覇空港を国際物流ハブ空港として機能をどんどん強化しています。

 宅配便大手の「ヤマト運輸」も、ANAカーゴの国際航空貨物事業と連携して、「国際クール宅急便」」の機能を強化しています。


Nahaairport14052
「第2滑走路」は、長さ2,700mです。


Nahaairport14053
総合的な調査段階(2003年度~2007年度)で、滑走路間隔(1,310m、930m、210m )の案が検討されました。


Nahaairport14054
構想段階(2008年度)で、滑走路間隔1,310mと滑走路間隔850m(930mの修正案)の2案から最終的に1,310m案が選定されました。

 航空保安業務処理規程では、同時離着陸を行うためには、滑走路の中心線の間隔が760m以上、同時離着陸及び同時着陸を行うためには滑走路の中心線の間隔が1310m以上分離していることが必要とされています。

|

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場