88 沖縄県

2018年10月17日 (水)

「宮古島」と橋で直結 3,000m×60mの滑走路を備える「下地島空港」 下地島空港旅客ターミナル施設の開業日が2019年3月30日に決定!

Simojijima181011
-下地島空港-

 沖縄県の「石垣島」は、世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「人気上昇中の観光地ランキング2018」で1位に輝いています。
 私は、亜熱帯の「石垣島」と「宮古島」は日本の宝だと思っており、将来的には国際的なリゾートになると思っています。

 「宮古島」のすぐ西側の「下地島」に3,000m×60mの滑走路を備えた凄い地方空港があるのをご存知でしょうか? 3,000m×60mの滑走路は日本でも数えるくらいしかありません。

 日本国内での機長養成の需要に応えるための「訓練飛行場」として開設されました。航空機の操縦訓練のために、日本の空港では数少ない、滑走路両端に「ILS(Instrument Landing System:計器着陸装置)」が設置されています。

 人口の少ない離島にあったため「訓練飛行場」としての用途しかありませんでしたが、すぐ東側の「伊良部島」を経由して、「宮古島」と接続する「伊良部大橋」が、2015年1月31日に供用開始された事により状況が一変しました。

 「池間島、来間島」の2島はすでに「宮古島」と橋で結ばれていたので、「宮古島」を中心として、「下地島、伊良部島、池間島、来間島」の5島が橋で結ばれました。 

● 下地島空港旅客ターミナル施設
 宮古島には「宮古空港」がありますが、2,000m×45mのため大型機は離着陸出来ません。5島が橋で結ばれた事により、宝の持ち腐れだった「下地島空港」のポテンシャルが一気に高まりました。

 「三菱地所」が、沖縄県宮古島市伊良部地区で整備を進め、「下地島エアポートマネジメント」が運営予定の下地島空港旅客ターミナル施設について、開業日を2019年3月30日(土)に決定するとともに、「ジェットスター・ジャパン」が、成田=下地島間を1日1往復で就航することを決定しました。

 引用資料 三菱地所(PDF:2018/10/15)
 下地島空港旅客ターミナル施設開業日決定 ジェットスター・ジャパン 成田=下地島路線開設 ~2019年3月30日、下地島空港に新しい旅客ターミナル施設が開業。成田空港からの定期便就航が決定~

 就航により、首都圏から宮古諸島への交通手段の選択肢が増え、国内屈指のリゾート地として人気の高い宮古諸島へ首都圏および海外からさらなる誘客を目指すとともに、宮古諸島から成田空港を経由して海外へ渡航される利用者の利便性も向上します。

 新しく開業する旅客ターミナル施設は、コンセプト「空港から、リゾート、はじまる。」にふさわしく、溢れるリゾート感を体験してもらえるよう設計しました。
 国際線を受け入れる専用施設を設け、利用者のスムーズな入国・出国動線を確保しており、台湾、香港、韓国等からの国際線定期便・チャーター便の誘致も積極的に取り組んでいきます。

下地島空港旅客ターミナル施設の概要
◆ 在地-沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1727番地
◆ 階数-地上1階
◆ 敷地面積-約31,580㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造+CLT造(クロス・ラミネイティド・ティンバー)
◆ 空港施設-チェックインカウンター×12箇所、搭乗ゲート×3か所、到着ロビー国際線・国内線各1か所、飲食店2店舗、物販店3店舗(免税店含む)、バス乗り場、タクシー乗り場、レンタカー受付カウンター、ATM


Simojijima181016
「位置図」です。「下地島、伊良部島、宮古島、池間島、来間島」の5島が橋で結ばれています。


Simojijima181013
「下地島空港 鳥瞰写真(北側より)」です。


Simojijima181014
「国内線搭乗待合室 完成予想CG」です。


Simojijima181015
「出発ラウンジ・テラス 完成予想CG」です。



|

2018年9月16日 (日)

沖縄初の大規模アリーナ施設 約1万人収容の「(仮称)沖縄市多目的アリーナ施設」が動き出す!

Okinawa180911
-(仮称)沖縄市多目的アリーナ施設-
 
今日(9月16日)で、「安室ちゃん(安室奈美恵)」が引退します。25年間、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 私がファンになったのは、2013年3月なのでファン歴約5年半と短いですが、「安室ちゃん」のファンになれて本当に幸せでした。贅沢を言えば、第二黄金期の2008年頃からファンになりたかったです・・・

 
沖縄にはアリーナ会場が無いので、大規模なライブは屋外になってしまいます。「宜野湾海浜公園」で行われる場合が多いです。ただ沖縄は台風が多いので、屋外ライブはよく中止になります。

 「安室ちゃん」のデビュー25周年記念ライブ「namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA」は、2017年9月16日と17日に行われました。台風で中止も検討されましたが、なんとか開催出来ました。

 しかし、2012年9月16日の「namie amuro 20th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA」は、台風接近に伴い中止になりました。多目的アリーナ施設の建設は沖縄の悲願です。

● 約1万収容の多目的アリーナの建設!
 
沖縄県沖縄市は、「(仮称)沖縄市多目的アリーナ施設」の工事請負契約を、「鹿島・仲本工業・太田建設・富建JV」と146億8800万円(税込)で締結しました。工期は2020年9月11日までとなっています。

 引用資料 沖縄市・公式HP(2018/04/13)
 (仮称)沖縄市多目的アリーナ施設等整備実施設計業務報告書

 建設通信新聞(2018/08/17) 
 鹿島JVと契約/多目的アリーナ施設/沖縄市

 施設規模は、地上6階で、延床面積約27,711㎡です。客席数約1万席のメインアリーナを始め、サブアリーナ、コンコース、テナントスペースなどを配置します。スポーツやコンサート、展示会など多目的な利用を想定し、用途に応じてフレキシブルに変更できる施設とします。


Okinawa180912
嘉手納飛行場
のすぐ南側に建設
 建設予定地は、アメリカ空軍の「嘉手納飛行場」のすぐ南側で、公園内の既存駐車場のほか、隣接する女子学園跡地等を活用する計画です。すでに準備工事が行われています

 (仮称)沖縄市多目的アリーナ施設の建設予定地
 Googleマップ(衛星写真) 


Okinawa180913
「外観イメージ」です。


Okinawa180914
コンサート時の内観イメージ

 2016年9月に「(仮称)沖縄市多目的アリーナ施設」の概要が公表された時に、私は「安室ちゃん」に「こけら落とし公演」をやって欲しいと思っていました。しかし、引退でその夢は叶わなくなりました。

 私は「安室ちゃん」の影響なのか? 沖縄県出身の芸能人を応援する傾向があります。「乃木坂46」の3期生も沖縄県出身の「伊藤理々杏」を応援しています(笑)。「乃木坂46」のこけら落とし公演もアリかな? と思っています。


Okinawa180915
琉球ゴールデンキングスの本拠地
 
「(仮称)沖縄市多目的アリーナ施設」は、プロバスケットボールチーム「琉球ゴールデンキングス」のホームアリーナとなる予定です。



|

2018年2月17日 (土)

沖縄県 旧石垣空港跡地に建設予定の「石垣市新庁舎」 隈研吾JVが設計した赤瓦屋根が集まる集落のような外観が素晴らしい!

Ishigakicity180211
-石垣市新庁舎-

 沖縄県の「石垣島」は、世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「人気上昇中の観光地ランキング2018」で1位に輝いています。
 私は、亜熱帯の「石垣島」と「宮古島」は日本の宝だと思っており、将来的には国際的なリゾートになると思っています。

 「石垣市」は、旧石垣空港跡地での新庁舎建設予定地を確定しています。「石垣空港」は、2013年3月7日に「新石垣空港」の開港したため廃止されています。

 引用資料 石垣市・公式ホームページ
 総務部 新庁舎建設室

● 赤瓦屋根が集まる集落のような外観
 設計は「隈研吾建築都市設計事務所・洲鎌設計室JV」が担当しています。赤瓦屋根が集まる集落のような外観で「集う市役所」を表現しています。石垣島の魅力を発信するため、赤瓦屋根のほか、琉球石灰岩など地場の自然資材を活用します。

 建設費が現段階で約76億円と積算(速報値)されているそうです。基本計画での概算約64億円を12億円上回っており、実施設計が完了する2018年3月末までに縮減に向けた調整を行うことにしています。

 八重山毎日新聞(2018/02/15)
 新庁舎建設費76億円 基本計画より12億円増 市建設室、縮減へ調整

 石垣市は、建設費削減に向けた調整を行った上で新年度の早いうちに発注、2020年度内の完成・供用開始を予定しているそうですが、素晴らしい外観には手を加えないで維持して欲しいです!

石垣市新庁舎事の概要
◆ 所在地-沖縄県石垣市真栄里地内(旧石垣空港跡地内)
◆ 階数-地上3階、地下1階
◆ 高さ-最高部18.15m
◆ 敷地面積-30,159.01㎡
◆ 建築面積-7,559.18㎡
◆ 延床面積-13,565.60㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-庁舎
◆ 建築主-石垣市
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所・洲鎌設計室JV


Ishigakicity180212
「配置図」です。旧石垣空港跡地内の新県立八重山病院建設地と市消防本部の間に建設されます。


Ishigakicity180213
屋根が集まる「集う市役所」

 赤瓦屋根が集まる集落のような外観が「集う市役所」を表現します。小さな単位の屋根とすることでヒューマンスケールな建築をつくります。


Ishigakicity180214
「庁舎と防災公園をつなぐアマハジ」です。


Ishigakicity180215
「市民広場:温かい木の天井と琉球石灰岩の床」です。


|

2014年6月 2日 (月)

那覇空港 「第2滑走路」の着工 2020年3月の供用開始を目指す!

Nahaairport14051
-那覇空港-

 沖縄県の「那覇空港」は、2012年(1月1日~12月31日)の旅客数が15,107,628人で、日本で第6位です。
 なおかつ「航空自衛隊那覇基地」と併設されており、これを3,000m×45mの滑走路1本で運用しています。

 発着処理能力が限界に近づきつつあり、「第2滑走路」の建設が緊急の課題でしたが、2014年3月1日に「那覇空港滑走路増設事業」の起工式(1月から工事に着手済)が行われました。

 引用資料 内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部
 那覇空港プロジェクト室(空港整備課)

 「第2滑走路」は、長さ2,700mで、現滑走路から1,310m沖合に建設します。総事業費は約1,993億円で、2019年12月完成、2020年3月31日の供用開始を目指します。

 「第2滑走路」の増設で、発着数の処理容量は、現在の年間135,000回から185,000回に増える見通しです。

● ANAカーゴの物流拠点
 中央官庁のお役人は何事も東京を中心に考えますが、那覇空港を中心に地図を見ると正に東アジアの中心で、こんな素晴らしい立地は日本には他にありません。国は日本や沖縄の発展のためにもこの好立地を生かしてもっと積極的に活用すべきです。

 民間は先を走っています。全日空グループの「ANAカーゴ(ANA Cargo)」は、那覇空港を国際物流ハブ空港として機能をどんどん強化しています。

 宅配便大手の「ヤマト運輸」も、ANAカーゴの国際航空貨物事業と連携して、「国際クール宅急便」」の機能を強化しています。


Nahaairport14052
「第2滑走路」は、長さ2,700mです。


Nahaairport14053
総合的な調査段階(2003年度~2007年度)で、滑走路間隔(1,310m、930m、210m )の案が検討されました。


Nahaairport14054
構想段階(2008年度)で、滑走路間隔1,310mと滑走路間隔850m(930mの修正案)の2案から最終的に1,310m案が選定されました。

 航空保安業務処理規程では、同時離着陸を行うためには、滑走路の中心線の間隔が760m以上、同時離着陸及び同時着陸を行うためには滑走路の中心線の間隔が1310m以上分離していることが必要とされています。

|

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場