91 鉄道編・JR

2019年4月22日 (月)

北陸新幹線(金沢駅~敦賀駅間) 「小松駅、加賀温泉駅、芦原温泉駅、福井駅、南越(仮称)駅、敦賀駅」の6駅の駅舎デザインが決定!

Tsuruga190411
-北陸新幹線・金沢駅~敦賀間の駅舎デザイン-

 「独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)」の大阪支社は4月17日に、北陸新幹線金沢駅~敦賀間の駅舎デザインを発表しました。

 2017年10月に工事実施計画の認可を受けたのち、各駅につきデザイン素案を3案ずつ機構にて作成し、各自治体へ提案しました。その後、各自治体からそのうち1案を推薦して決定しました。

 引用資料 鉄道・運輸機構(PDF)
 北陸新幹線(金沢・敦賀間)駅舎デザイン決定!!

 北陸新幹線(金沢・敦賀間)は、起点の石川県金沢市から終点の福井県敦賀市までの2県12市2町を経由する延長約125.2km の路線です。この路線では、新たに「小松駅、加賀温泉駅、芦原温泉駅、福井駅、南越(仮称)駅、敦賀駅」の6駅が計画されています。「南越(仮称)駅」以外は在来線の駅に併設となります。

 ホームは、「小松駅(石川県小松市)」と「芦原温泉駅(福井県あわら市)」が相対式2面2線、「加賀温泉駅(石川県加賀市)」と「南越駅(福井県越前市)」が相対式2面4線、「福井駅(福井県福井市)」が島式ホーム1面2線、「敦賀駅(福井県敦賀市)」が島式2面4線となります。ホームの長さは、新幹線車両(E7系・W7系)12両編成に対応した312mです。

● 新幹線敦賀駅舎
 新幹線敦賀駅舎は、C 案の「煌めく大海から未来へ飛翔する駅」に決定しました。

 引用資料 敦賀市・公式ホームページ
 新幹線敦賀駅舎のデザイン推薦案が決定しました!


Tsuruga160511
JR敦賀駅
 現在の在来線のJR敦賀駅です。現在の駅前広場の反対側に新幹線の駅舎と駅前広場が誕生します。


Tsuruga190412
「新幹線敦賀駅舎」の配置図です。


Tsuruga190413
小松駅(石川県小松市)
 
決定案はB案の「慣れ親しんだ白山の雄大な山並みと未来を感じるターミナル」です。


Tsuruga190414
加賀温泉駅(石川県加賀市)
 
決定案はA案の「 温泉郷の風情と城下町の歴史を感じさせる駅」です。


Tsuruga190415
芦原温泉駅(福井県あわら市)
 
決定案はB案の「あわら温泉の癒しと旅情が漂う駅」です。


Tsuruga190416
福井駅(福井県福井市)
 
決定案はA案の「悠久の歴史を未来へつなぐシンボルゲートとなる駅」です。


Tsuruga190417
南越(仮称)駅(福井県越前市)
 
決定案はA案の「 コウノトリが飛翔する未来への道標となる駅」です。「南越(仮称)駅」のみ在来線と接続されない新幹線単独駅となります。



|

2019年4月15日 (月)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 「北3工区」の未着工部分 2019年4月13日の状況

Kita19041311
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-
 
大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う東海道線支線の「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(約2,400m)」が、2016年10月28日に全工区で着工しました。総事業費は約690億円で、新駅の開業は2023年3月を予定しています。


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方
 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ
 JR東海道線支線地下化事業


Kita171011
工区割図
 
「北1工区~南2工区」までの工区割図です。

各工区の施工者
◆ 北1工区-奥村組・鉄建建設JV
◆ 北2工区-錢高組・西松建設JV、
◆ 北3工区-鴻池組・前田建設工業JV
◆ 駅部工区-大鉄工業・清水建設JV
◆ 南1工区-大林組・淺沼組JV
◆ 南2工区-大成建設・大鉄工業JV


Kita19041312
北3工区

 ノースゲートビルディング11階の「風の広場」から見た「北3工区」です。「北3工区」は、「鴻池組・前田建設工業JV」の施工により行われています。


Kita19041313
北3工区の未着工だった区間
 この部分は、地下道があったため「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事」の工事が未着工でしたが、地下道が撤去されて工事が始まりました。


Kita19041314
東側から見た様子です。


Kita19041315
南端です。


Kita19041316
2019年4月13日撮影
 
「地中障害物」の撤去を行っています。本格的に工事が始まらないのはこれが理由だったようです。


Kita190455
2019年3月28日撮影
 太い「配管」らしきものが見えます。「ぽり氏」からメールを頂きました。これは「旧下水道(本線)」だそうです。老朽化のため「鞘管(さやかん)」により更正済みになっているそうです。教えて頂いてありがとうございました。


Kita19041317
「旧下水道(本線)」の撤去はほぼ終わっています。


Kita19041318
「旧下水道(本線)」のコンクリートガラです。


Kita19041319
新しい配管は、北側に迂回しているように見えます。


Kita19041320
未着工部分の 北側です。


Kita19041321
最終的には南側部分と接続されます。


Kita19041322
最終的には北側部分と接続されます。


Kita19041323
鉄筋の配筋が行われています。



|

2019年4月 6日 (土)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 「北3工区」の未着工部分 まだ大きな地中障害物が残っていた!

Kita190451
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-
 
大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う東海道線支線の「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(約2,400m)」が、2016年10月28日に全工区で着工しました。総事業費は約690億円で、新駅の開業は2023年3月を予定しています。


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方
 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ
 JR東海道線支線地下化事業


Kita171011
工区割図
 
「北1工区~南2工区」までの工区割図です。

各工区の施工者
◆ 北1工区-奥村組・鉄建建設JV
◆ 北2工区-錢高組・西松建設JV、
◆ 北3工区-鴻池組・前田建設工業JV
◆ 駅部工区-大鉄工業・清水建設JV
◆ 南1工区-大林組・淺沼組JV
◆ 南2工区-大成建設・大鉄工業JV


Kita190452
北3工区の未着工だった区間
 「北3工区」です。「北3工区」は、「鴻池組・前田建設工業JV」の施工により行われています。この部分は、地下道があったため「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事」の工事が未着工でしたが、地下道が撤去されて工事が始まりました。


Kita190453
東側から見た様子です。


Kita190454
「地中障害物」が埋まっています。本格的に工事が始まらないのはこれが理由だったようです。


Kita190455
太い「配管」らしきものが見えます。このままでは工事が行なえないので、「配管」を移設すると思われます。


Kita190456
「上水道」か「下水道」でしょうか? 都市の地下にはいろいろな「ライフライン」が埋まっています。


Kita190457
配管を北側に迂回するように見えます。


Kita190458
撤去された「地中障害物」です。


Kita190459
最終的には南側部分と接続されます。


Kita190460
最終的には北側部分と接続されます。



|

2019年4月 2日 (火)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 「北1工区・北2工区」で仮線への切り替えが完了!

Kita190411
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-
 
大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う東海道線支線の「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(約2,400m)」が、2016年10月28日に全工区で着工しました。総事業費は約690億円で、新駅の開業は2023年3月を予定しています。


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方
 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ
 JR東海道線支線地下化事業


Kita171011
工区割図
 
「北1工区~南2工区」までの工区割図です。

各工区の施工者
◆ 北1工区-奥村組・鉄建建設JV
◆ 北2工区-錢高組・西松建設JV、
◆ 北3工区-鴻池組・前田建設工業JV
◆ 駅部工区-大鉄工業・清水建設JV
◆ 南1工区-大林組・淺沼組JV
◆ 南2工区-大成建設・大鉄工業JV


Kita18062817
北1工区の工区位置図と施工ステップ

 「北1工区」の工区位置図と施工ステップです。「梅田貨物線」の現在線を仮線に切り替えて、現在線跡地に「地下函体」を構築します。


Kita190412
「北2工区」に「仮線」の軌道の整備が行われ「仮線」に移行しました。


Kita190413
真上から見た「仮線」です。


Kita190414
「北2工区」の「仮線」は、 単線のバラスト軌道です。


Kita190415
「分岐器」が設置されています。


Kita190416
角度を変えて見た様子です。


Kita190417
「仮線」に移行した事により、既存の線路が撤去されました。


Kita190418
「阪急電鉄」と「国道176号」の高架橋から北側が「北1工区」です。高架橋の直下は「北1工区」になります。高架橋の直下に「踏切」が設置されました。は現在はフェンスで閉鎖されています。


Kita190419
「踏切」は工事用車両専用で、一般には解放されないと思われます。


Kita190420
角度を変えた様子です。


Kita190421
東側の側道です。


Kita190422
反対側から見た様子です。


Kita190423
既存の線路が撤去されています。


Kita190424
高架橋を過ぎたあたりで、複線に分岐します。



|

2019年3月21日 (木)

祝! 嵯峨野線の新駅「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)が開業! Part3・「梅小路京都西駅」の駅外観編

Kyototanba190371
-梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)-

 (お詫び)「ブログ(ココログ)」のメンテナンスの大失敗により大規模な障害が続いています。画面が正しく表示できない部分が多々ありますが、ご了承下さい。なんとか投稿は出来るようになりましたが、今回の事で完全に「ココログ」に見切りをつけました。有料サービスなのにこの大失態は本当に腹立たしいです。「WordPress(ワードプレス)」に出来るだけ早く移行します。 

 梅小路公園には、「京都水族館」があり、2016年4月29日には「京都鉄道博物館」もオープンしました。京都駅から離れていてアクセスが悪いため、新駅の設置が検討され、2015年2月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。

 工事着工に先立ち、2016年9月19日には、安全祈願祭と起工式典を開催しました。駅名は「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決定し、2019年3月16日(土)に開業しました。

 ホームは相対式2面、延長165m、ホーム幅は3.0m~6.7mです。ホーム上の安全設備として、「可動式ホーム柵」を設置しています。

 駅舎の基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」とします。
 京都の町並みの「縦格子・縦縞」や、京友禅の反物の「縦長矩形」などを引用するともとに、ホームの外壁や入口部を曲面にして「京都らしい色彩計画」とします。

梅小路京都西駅の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都駅←約1.7km→新駅←0.8km→丹波口駅)
◆ ホーム(相対式2面、延長165m、幅員3.0m~6.7m)
◆ 旅客上家(屋根)
◆ エレベーター(2基 各ホーム1基)
◆ エスカレーター(4基 各ホーム上下1基ずつ)
◆ 自動改札4通路、券売機2台、みどりの券売機1台
◆ 着工-2016年09月19日(安全祈願祭と起工式典)
◆ 開業-2019年03月16日
◆ 事業費-約49億円(JR西日本約19億円、京都市約15億円、国約15億円)


Kyototanba16082
「位置図」です。


Kyototanba190372
2019年3月16日(土)に開業した「梅小路京都西駅」を南東側から見た様子です。


Kyototanba190373
東側壁面です。植栽も行われています。


Kyototanba190374
駅の南側に改札口があります。


Kyototanba190375
東側が「きっぷうりば」です。


Kyototanba190376
西側が「改札口」です。


Kyototanba190377
改札口」です。「改札口」はこの1ヶ所のみです。


Kyototanba190378
自動改札機の上の「発車標」です。


Kyototanba190379
南側から見た様子です。


Kyototanba190380
南西側から見た様子です。


Kyototanba190381
デルタ線
 
写真右側が「JR山陰線(嵯峨野線)」で、写真左側が東海道線の大阪駅方面と山陰線を接続していた連絡線(短絡線)です。上空から見ると線路が三角形になっており、このような配線は「デルタ線」と呼ばれています。

 新駅は「相対式ホーム2面」ですが、合流部分のため連絡線を廃止しないと西側の「二条・亀岡方面」のホームが設置出来ないので、連絡線(短絡線)は廃止されました。

新駅と七条通の北側を結ぶ歩行者空間の整備
 「
梅小路京都西駅」から七条通北側への回遊性を高めるため、廃止されてJR西日本から無償譲渡された「短絡線」を利用した横断歩道橋を整備しました。雨にぬれることがなくアクセスできるようにするため、屋根が設置されています。


Kyototanba190382
駅の中央部分を南東側から見た様子です。

Kyototanba190383
駅の中央部分を北東側から見た様子です。

Kyototanba190384
「七条通」の南側がホーム幅が広い事が分かります。

Kyototanba190385
七条通」の橋桁を東側から見た様子です。


Kyototanba190386
道路上空にホームを設置
 
耐震補強工事と同時に「仕口」が設置されて、「梁」を道路上空に伸ばしてホームを支えています。ホームの設置場所が無い中で、道路上空を利用する素晴らしいアイデアです。


Kyototanba190387
アップです。



|

2019年3月19日 (火)

祝! 「おおさか東線」が2019年3月16日に全線開業! Part4・新駅「南吹田駅」の外観 & 南吹田駅前交通広場編 

Suitajr190371
-おおさか東線-

 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までの20.3kmを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。未開業区間だった「新大阪駅」~「放出駅」の11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2019年3月16日(土)に開業しました。これにより「おおさか東線」が全線開業しました。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「(1)南吹田駅、(2)JR淡路駅、(3)城北公園通駅、(4)JR野江駅」の4駅が開業しました。

● 南吹田駅
 「南吹田駅」の当初の仮称は「西吹田」でしたが、「所在地に忠実であり、吹田市最南端の駅となることから、場所をイメージしやすく、親しみを持っていただきやすい」との理由で「南吹田」が駅名となりました。

南吹田駅の概要
◆ 設置位置-大阪府吹田市南吹田(新大阪←約2.0km→南吹田駅←約1.3km→JR淡路)

◆ 駅設備の概要-高架下駅舎、相対式ホーム2面(8両対応)、エレベーター2基(各ホーム1基)、エスカレーター4基(各ホーム上り1基・下り1基)

◆ デザインコンセプト-「神崎川と水路の風景」
 新駅周辺は、神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまちであることから、神崎川・水路の風景を表現


Osakajrshin190310
「おおさか東線」の路線図です。

 引用資料 JR西日本 → おおさか東線


Suitajr190372
2019年3月16日(土)に開業した「南吹田駅」です。


Suitajr190385
「JR南吹田駅」のロゴです。


Suitajr190386
こちら側に「改札口」があります。


Suitajr190375
改札口の「自動改札機」です。


Suitajr190376
自動改札機の上の「発車標」です。


Citysuita181121
南吹田駅前交通広場 
 2019年3月16日(土)のおおさか東線の新駅「南吹田駅」の開業に合わせて、「都市計画道路南吹田駅前線」を整備するとともに、「南吹田駅」の駅前交通広場を整備しました。

 引用資料 吹田市・公式ホームページ
 南吹田新駅 駅前交通広場


Suitajr190377
「南吹田駅前交通広場」です。 


Suitajr190378
駅前ロータリーです。


Suitajr190379
駅前ロータリーの南側に沿って「膜素材」の屋根が架けられています。この部分は「障害者乗降場」となっています。


Suitajr190380
駅前ロータリーの東側に沿って「膜素材」の屋根が架けられています。この部分は「タクシーのりば、タクシーおりば、一般車乗降場」となっています。


Suitajr190381
北側から見た様子です。


Suitajr190382
駅前ロータリーの東側です。


Suitajr190383
広場が設けられています。


Suitajr190384
南吹田駅前交通広場モニュメント

 「南吹田駅」の駅前交通広場に設置されたモニュメントです。2019年3月16日(土)に除幕されました。南吹田地域に昔あったドンゴロス風車をモチーフにしたもので、地域の歴史的魅力や人々のエネルギーを次世代へ伝えることをコンセプトにデザインされました。



|

祝! 嵯峨野線の新駅「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)が開業! Part2・「梅小路京都西駅」の改札内コンコース編

Kyototanba190351
-梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)-

 梅小路公園には、「京都水族館」があり、2016年4月29日には「京都鉄道博物館」もオープンしました。京都駅から離れていてアクセスが悪いため、新駅の設置が検討され、2015年2月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。

 工事着工に先立ち、2016年9月19日には、安全祈願祭と起工式典を開催しました。駅名は「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決定し、2019年3月16日(土)に開業しました。

 ホームは相対式2面、延長165m、ホーム幅は3.0m~6.7mです。ホーム上の安全設備として、「可動式ホーム柵」を設置しています。

 駅舎の基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」とします。
 京都の町並みの「縦格子・縦縞」や、京友禅の反物の「縦長矩形」などを引用するともとに、ホームの外壁や入口部を曲面にして「京都らしい色彩計画」とします。

梅小路京都西駅の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都駅←約1.7km→新駅←0.8km→丹波口駅)
◆ ホーム(相対式2面、延長165m、幅員3.0m~6.7m)
◆ 旅客上家(屋根)
◆ エレベーター(2基 各ホーム1基)
◆ エスカレーター(4基 各ホーム上下1基ずつ)
◆ 自動改札4通路、券売機2台、みどりの券売機1台
◆ 着工-2016年09月19日(安全祈願祭と起工式典)
◆ 開業-2019年03月16日
◆ 事業費-約49億円(JR西日本約19億円、京都市約15億円、国約15億円)


Kyototanba16082
「位置図」です。


Kyototanba190352
2019年3月16日(土)に開業した「梅小路京都西駅」の改札内コンコースです。


Kyototanba190353
反対側(西側)から見た様子です。「ベンチ」が設置されています


Kyototanba190354
天井が京都らしく木材を使用しています。


Kyototanba190355
天井に木材をルーバー状に配置して配線などを隠しています。


Kyototanba190356
中央の一番奥(北側)に「トイレ」があります。


Kyototanba190357
一番奥(北側)に上下各1基の「エスカレーター」があります(写真は1番のりば)。


Kyototanba190358
一番奥(北側)に上下各1基の「エスカレーター」があります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190359
中央に「階段」があります(写真は1番のりば)。


Kyototanba190360
中央に「階段」があります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190361
一番南側に「エレベーター」があります(写真は1番のりば)。


Kyototanba190362
「改札口」を入ってすぐの一番南側に「エレベーター」があります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190363
改札内コンコースを南側に見た様子です。写真右奥が「改札口」です。


Kyototanba190364
「改札口」です。「改札口」はこの1ヶ所のみです。



|

2019年3月18日 (月)

祝! 嵯峨野線の新駅「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)が開業! Part1・「梅小路京都西駅」のホーム編

Kyototanba190311
-梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)-

 梅小路公園には、「京都水族館」があり、2016年4月29日には「京都鉄道博物館」もオープンしました。京都駅から離れていてアクセスが悪いため、新駅の設置が検討され、2015年2月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。

 工事着工に先立ち、2016年9月19日には、安全祈願祭と起工式典を開催しました。駅名は「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決定し、2019年3月16日(土)に開業しました。

 ホームは相対式2面、延長165m、ホーム幅は3.0m~6.7mです。ホーム上の安全設備として、「可動式ホーム柵」を設置しています。

 駅舎の基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」とします。
 京都の町並みの「縦格子・縦縞」や、京友禅の反物の「縦長矩形」などを引用するともとに、ホームの外壁や入口部を曲面にして「京都らしい色彩計画」とします。

梅小路京都西駅の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都駅←約1.7km→新駅←0.8km→丹波口駅)
◆ ホーム(相対式2面、延長165m、幅員3.0m~6.7m)
◆ 旅客上家(屋根)
◆ エレベーター(2基 各ホーム1基)
◆ エスカレーター(4基 各ホーム上下1基ずつ)
◆ 自動改札4通路、券売機2台、みどりの券売機1台
◆ 着工-2016年09月19日(安全祈願祭と起工式典)
◆ 開業-2019年03月16日
◆ 事業費-約49億円(JR西日本約19億円、京都市約15億円、国約15億円)


Kyototanba16082
「位置図」です。


Kyototanba190312
2019年3月16日(土)に開業した「梅小路京都西駅」の2番のりば(嵯峨嵐山・園部・福知山方面)のホームです。「梅小路京都西駅」は、相対式2面2線の高架駅です。


Kyototanba190313
「発車標」です。「(1)新大阪駅、(2)南吹田駅、(3)JR淡路駅、(4)城北公園通駅、(5)JR野江駅、(6)鴫野駅」の取材を終えて、なんとか3時頃「梅小路京都西駅」に到着しました。


Kyototanba190314
二重引き戸式の可動式ホーム柵
 安全面の配慮からホーム柵を設置しています。ホーム柵は、2018年3月に開業したJR総持寺駅で採用した開口部の広い「二重引き戸式の可動式ホーム柵」です。

 「可動式ホーム柵」の導入は嵯峨野線では初めてとなります。「二重引き戸式の可動式ホーム柵」の採用は、JR西日本ではJR総持寺駅に次いで2例目です。


Kyototanba190315
開口部が広く確保されているためドア部分が多くを占めています。


Kyototanba190316
ドアが開いた状態です。


Kyototanba190317
「二重引き戸式の可動式ホーム柵」の裏側です。


Kyototanba190318
南端から京都駅方面を見た様子です。


Kyototanba190319
一番南側に「エレベーター」があります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190320
「エレベーター」の北側には、壁沿いに「ベンチ」が設置されています(写真は2番のりば)。


Kyototanba190321
次に「階段」があります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190322
一番北側に上下各1基の「エスカレーター」があります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190323
「エスカレーター」の北側の壁沿いに「ベンチ」が設置されています。床面も美装化され、贅沢な造りになっています(写真は2番のりば)。


Kyototanba190324
北側に行くとホームが急に狭くなります(写真は2番のりば)。


Kyototanba190325
ホームがかなり狭い上に、床が「アスファルト」です。贅沢な造りの南側に比べると、思いっきり簡素な造りになっています(写真は2番のりば)。


Kyototanba190326
2番のりばのホーム北端です。


Kyototanba190327
北端から丹波口駅方面を見た様子です。


Kyototanba190328
「梅小路京都西駅」の1番のりば(京都方面)のホームです。


Kyototanba190329
ホーム床は美装化されています。


Kyototanba190330
上下線で、「軌道」の構造が異なっています。



|

祝! 「おおさか東線」が2019年3月16日に全線開業! Part3・新駅「南吹田駅」の改札内コンコース編

Suitajr190351
-おおさか東線-

 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までの20.3kmを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。未開業区間だった「新大阪駅」~「放出駅」の11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2019年3月16日(土)に開業しました。これにより「おおさか東線」が全線開業しました。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「(1)南吹田駅、(2)JR淡路駅、(3)城北公園通駅、(4)JR野江駅」の4駅が開業しました。

● 南吹田駅
 「南吹田駅」の当初の仮称は「西吹田」でしたが、「所在地に忠実であり、吹田市最南端の駅となることから、場所をイメージしやすく、親しみを持っていただきやすい」との理由で「南吹田」が駅名となりました。

南吹田駅の概要
◆ 設置位置-大阪府吹田市南吹田(新大阪←約2.0km→南吹田駅←約1.3km→JR淡路)

◆ 駅設備の概要-高架下駅舎、相対式ホーム2面(8両対応)、エレベーター2基(各ホーム1基)、エスカレーター4基(各ホーム上り1基・下り1基)

◆ デザインコンセプト-「神崎川と水路の風景」
 新駅周辺は、神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまちであることから、神崎川・水路の風景を表現


Osakajrshin190310
「おおさか東線」の路線図です。

 引用資料 JR西日本 → おおさか東線


Suitajr190352
2019年3月16日(土)に開業した「南吹田駅」の改札内コンコースです。


Suitajr190353
改札口からすぐに見た様子です。


Suitajr190354
少し進んで見た様子です。「中二階」があります。


Suitajr190355
「中二階」です。「中二階」の両側にホームへの階段があります。


Suitajr190356
「中二階」から見た改札内コンコースです。「階段、エレベーター、エスカレーター」は、左右対称に配置されています。一番奥が「改札口」です。


Suitajr190357
2番のりば側の一番奥に「トイレ」があります。


Suitajr190358
次に「エレベーター」があります(写真は1番のりば)。


Suitajr190359
2番のりばの「エレベーター」です。


Suitajr190360
エスカレーターは「縦列配置」になっています(写真は2番のりば)。


Suitajr190361
「上りエスカレーター」です(写真は1番のりば)。


Suitajr190362
「下りエスカレーター」です(写真は1番のりば)。


Suitajr190363
「改札口」です。改札口はこの1ヶ所のみです。



|

2019年3月17日 (日)

祝! 「おおさか東線」が2019年3月16日に全線開業! Part2・新駅「南吹田駅」のホーム編

Suitajr190311
-おおさか東線-

 「おおさか東線」は、貨物線の「城東貨物線」を改良し「新大阪駅」から「久宝寺駅」までの20.3kmを結ぶプロジェクトです。

 そのうち南側の「放出駅」~「久宝寺駅」までの約9.2kmが2008年3月15日に部分開業しました。未開業区間だった「新大阪駅」~「放出駅」の11.1km(鴫野駅~放出駅間1.6kmを含む)は、2019年3月16日(土)に開業しました。これにより「おおさか東線」が全線開業しました。

 新駅として、新大阪駅に近い側から「(1)南吹田駅、(2)JR淡路駅、(3)城北公園通駅、(4)JR野江駅」の4駅が開業しました。

● 南吹田駅
 「南吹田駅」の当初の仮称は「西吹田」でしたが、「所在地に忠実であり、吹田市最南端の駅となることから、場所をイメージしやすく、親しみを持っていただきやすい」との理由で「南吹田」が駅名となりました。

南吹田駅の概要
◆ 設置位置-大阪府吹田市南吹田(新大阪←約2.0km→南吹田駅←約1.3km→JR淡路)

◆ 駅設備の概要-高架下駅舎、相対式ホーム2面(8両対応)、エレベーター2基(各ホーム1基)、エスカレーター4基(各ホーム上り1基・下り1基)

◆ デザインコンセプト-「神崎川と水路の風景」
 新駅周辺は、神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまちであることから、神崎川・水路の風景を表現


Osakajrshin190310
「おおさか東線」の路線図です。

 引用資料 JR西日本 → おおさか東線


Suitajr190312
2019年3月16日(土)に開業した「南吹田駅」のホームです。


Suitajr190313
ウグイス色の「201系電車」です。データイムは15分間隔で運転しています。


Suitajr190314
「発車標」です。

● 新駅の撮影は苛酷
 「南吹田駅」の撮影開始は10時前でした。これから「(1)南吹田駅、(2)JR淡路駅、(3)城北公園通駅、(4)JR野江駅、(5)鴫野駅、(6)梅小路京都西駅」のホーム、改札内コンコース、改札外コンコース、外観、その他を撮影しないといけないと思うと軽いウツになりましたが、なんとかミッションを完了しました。


Suitajr190315
ホームは「弧」を描いています。「南吹田駅」は、相対式2面2線の高架駅です。


Suitajr190316
D型弾性まくらぎ直結軌道

 4つの新駅の中で、「南吹田駅」は「ラーメン高架橋」を新たに建設したため唯一「D型弾性まくらぎ直結軌道」を採用しています。他の駅は盛土部分を改良して建設されたので「バラスト軌道」を採用しています。


Suitajr190317
「南吹田駅」の西端です。


Suitajr190318
西端から新大阪駅方面を見た様子です。


Suitajr190319
東海道線分岐部から高架橋が駆け上がって来ます。


Suitajr190320
一番西側に「階段」があります(写真は2番のりば)。


Suitajr190321
次に「エレベーター」があります(写真は2番のりば)。


Suitajr190322
次に「待合室」があります(写真は2番のりば)。


Suitajr190323
次に「上りエスカレーターがあります(写真は2番のりば)。


Suitajr190324
一番東側に「下りエスカレーターがあります(写真は2番のりば)。


Suitajr190325
「エスカレーター」の設置部分はホームがあまり広くないので、エスカレーターは「縦列配置」になっています(写真は1番のりば)。


Suitajr190326
「南吹田駅」の東端です。


Suitajr190327
東端からJR淡路駅方面を見た様子です。


Suitajr190328
神埼川橋梁

 「神埼川橋梁」は、長さ約171mのトラス橋で、半径280mという比較的急なカーブを描きながら「神崎川」を渡っています。橋梁は完成までに4年の歳月を要しました。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 88 沖縄県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場