55 兵庫県・姫路市

2019年1月 3日 (木)

JR姫路駅南口が大きく変わる 姫路駅南駅前広場の再整備 2018年12月28日の建設状況

Himejijr171211
姫路駅南駅前広場の再整備
 JR姫路駅の北駅前広場は、大規模整備によって日本でも有数の素晴らしい駅前広場に生まれ変わりました。そうなると今度は、南駅前広場がみずぼらしく見えます。

 JR姫路駅南駅前広場は、山陽新幹線の開通に合わせて、1972年に整備されました。広さは約12,300㎡です。1972年の供用開始以来後は大規模な再整備は行われていません。

 現在は、送迎などでの利用のほか、広場を通り抜けるだけの一般車が多く、朝夕の通勤通学時間帯を中心に混雑が常態化しています。

 これらの問題を解消するために大規模な再整備を行い、新幹線も発着する姫路駅の南の玄関口としてふさわしい空間を創出します。
 北駅前広場は全国最大規模の歩行者空間を整えましたが、南駅前広場は市民による一般車の利用も重視する方針です。

 引用資料 姫路市ホームページ
 姫路駅南駅前広場の再整備について

 工事工程(PDF) → ステップ図


Himejijr171212
JR姫路駅中央口・駅正面の歩行者空間

 駅正面の歩行者空間は、「JR姫路駅中央コンコース」の動線から西側にずれていましたが、東側に振る事により動線を合わせます。「JR姫路駅中央口」には屋根が設置されます。


Himejijr171213
「計画平面図」です。駅正面に安全かつゆとりある歩行者空間を創出します。公共交通と一般車を完全分離することにより、交通混雑を解消します。更に、一般車スペースを増設します。


Himejijr190111
中央の「歩行者通路」です。


Himejijr190112
「JR姫路駅中央口」に設置された膜素材の屋根です。


Himejijr190113
膜素材の屋根を別角度から見た様子です。


Himejijr190114
「JR姫路駅中央口」から「歩行者通路」の中心はかなり西側にずれていましたが、再整備により「JR姫路駅中央口」の正面に移設されました。


Himejijr190115
歩行者通路東側の「一般車乗降場」です。


Himejijr190116
広場東側部分の北側の「一般車乗降場」の工事の様子です。


Himejijr190117
歩行者通路西側の「バス乗車場」と「観光バス乗降場」です。


Himejijr190118
「バス乗車場」です。


Himejijr190119
「バス乗車場」には、風雨を遮るガラスが設置されています。範囲は狭いですが、これは利用者にとって助かります。ベンチも設置されています。


Himejijr190120
北口のバス停と同じく、液晶表示の時刻表が設置されます。


Himejijr190121
「観光バス乗降場」です。


Himejijr190122
広場西側部分の北側の「タクシー乗降場」です。


Himejijr190123
「タクシー乗降場」の屋根です。


Himejijr190124
広場西側部分の「バス降車場」と「一般車乗降場」です。両方共に屋根が設置されています。


Himejijr190125
東側の「バス降車場」です。


Himejijr190126
西側の「一般車乗降場」です。


Himejijr190127
広場西側部分の工事を北西側から見た様子です。


Himejijr190128
広場西側部分の工事を南西側から見た様子です。



|

2018年12月31日 (月)

姫路市 概算事業費427億円 県立はりま姫路総合医療センター(仮称) 2018年12月28日の状況

Himejicasty180861
-県立はりま姫路総合医療センター(仮称)-
 
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」は、「兵庫県立姫路循環器病センター(350床)」と「製鉄記念広畑病院(392床)」の統合再編に伴う新病院の整備プロジェクトです。病床数は兵庫県立病院で最大の736床を計画しています。

 整備場所はJR姫路駅東側の再開発地区「キャスティ21」のイベントゾーン高等教育・研究エリアの敷地面積約30,000㎡です。

 兵庫県は、「県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編基本計画」に基づき、播磨姫路圏域において、安定的・継続的に高度で良質な医療を提供するため、2022年度上期の開院を目指し、新病院整備を推進しています。

 引用資料 兵庫県・公式HP(2018/08/23)
 はりま姫路総合医療センター(仮称)及び関連施設整備 基本設計概要

県立はりま姫路総合医療センター(仮称)の概要
◆ 所在地-兵庫県姫路市神屋町(キャスティ21イベントゾーン「高等教育・研究エリア」内)
◆ 階数-地上12階、塔屋2階(病院棟)、地上5階(教育研修棟)、地上2階(放射線治療棟)
◆ 高さ-57.5m(病院棟)、26.3m(教育研修棟)、10.3m(放射線治療棟)
◆ 敷地面積-約30,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約58,945㎡(病院棟)、約8,401㎡(教育研修棟)、約1,757㎡(放射線治療棟)
◆ 構造-鉄骨造(病院棟)、鉄筋コンクリート造(教育研修棟、放射線治療棟)
◆ 地震対策-免震構造(病院棟)、耐震構造(教育研修棟、放射線治療棟)
◆ 用途-病院、獨協学園の医療系高等教育・研究機関、兵庫県立大学の医産学連携拠点
◆ 診療科-34科
◆ 病棟数-736床(一般病床720床、精神病床16床)
◆ 建築主-兵庫県
◆ 基本・実施設計-2017年度、2018年度予定
◆ 着工-2019年度予定
◆ 竣工-2021年度予定
◆ 開院-2022年度予定
◆ 概算事業費-427億円(建築費343億円、医療機器整備費71億円、設計監理費13億円)


Himejicasty180862
「断面図」です。


Himejicasty180863
「配置図」です。姫路駅からイベントゾーンに至る賑わいの路を形成(2階レベルでのデッキ接続)します。


Himejicasty181251
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」の建設予定地をJRの車窓から見た様子です。建設中の「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」の東隣です。


Himejicasty181252
更に東側です。以前は草ボーボーでしたが、すっかり刈られています。


Himejicasty181253
東端です。


Himejicasty181254
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」の建設予定地を南東側から見た様子です。


Himejicasty181255
北東側から見た様子です。


Himejicasty181256
北西側から見た様子です。


Himejicasty181257
現在は、準備段階の「整地工事」が行われています。工期は2018年10月23日~2019年3月1日(予定)です。


|

2018年12月30日 (日)

姫路市 本格着工した「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」 2018年12月28日の建設状況

Himejicasty171221
-姫路市文化コンベンションセンター-

 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。「キャスティ21イベントゾーン」は、JR姫路駅とJR東姫路駅の中間にある約6.6haの広大な街区です。

 「キャスティ21イベントゾーン」のエリアは、姫路駅に近い西側が「文化・コンベンションエリア(約3.6ha)」、東側が「高等教育・研究エリア(約3.0ha)」です。
 東側の「高等教育・研究エリア」には、「兵庫県立姫路循環器病センター」と「製鉄記念広畑病院」の統合病院「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」が移転する予定です。

 「文化・コンベンションエリア」には、播磨の連携中枢都市にふさわしい交流の拠点施設として、文化、芸術の拠点としての機能と、「ものづくり力の強化」「地域ブランドの育成」「交流人口の増加」を促進する機能をあわせた「姫路市文化コンベンションセンター」を整備します。

 引用資料 姫路市・公式HP(2017/12/11)
 (仮称)姫路市文化コンベンションセンターについて

 姫路市は、「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」を一般競争入札し、229億8000万円(税別)で「竹中工務店、神崎組、平錦建設JV」に決定しています。

● 2018年10月19日に起工式を挙行
 
「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」は、2018年10月4日に着工しました。10月19日に起工式が執り行われ、姫路市や工事関係者ら約60人が出席し、建設工事の安全を祈願しました。

 姫路路 公式ホームページ(2018/10/11)
 姫路市文化コンベンションセンター等新築工事起工式の開催について 

姫路市文化コンベンションセンターの概要
◆ 計画名-(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事
◆ 所在地-兵庫県姫路市神屋町字河原田143-2他
◆ 階数- 地上5階、塔屋1階、地下1階
◆ 敷地面積-約36,423㎡
◆ 延床面積-約29,515㎡
◆ 構造- 鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-ホール、スタジオ、展示場、会議室ほか
◆ ホール-大ホール(約2,000席)、中ホール(約700席)、小ホール(約180席) 
◆ 建築主-姫路市
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-竹中・神崎・平錦特定建設工事共同企業体(竹中工務店、神崎組、平錦建設JV)   
◆ 着工-2018年10月04日(着工)、2018年10月19日(起工式)
◆ 竣工-2021年02月26日予定
◆ オープン-2021年秋予定


Himejicasty171222
「新幹線から見た外観イメージ図」です。


Himejicasty171223
「大ホールのイメージ図」です。


Himejicasty171224
「配置図」です。文化ホールは、「大ホール(約2,000席)、中ホール(約700席)、小ホール(約180席)」が整備されます。


Himejicasty171225
「位置図」です。JR姫路駅の東約700mに位置します。姫路駅に近い西側が「文化・コンベンションエリア(約3.6ha)」、東側が「高等教育・研究エリア(約3.0ha)」です。

 JR姫路駅から「Aブロック-Bブロック-Cブロック-Dブロック」と接続する歩行者デッキを経由して、「外堀川」を橋で渡って、「JR播但線」をくぐって「1号公園」を経由すると、道路を一切横断することなく安全にアクセス出来るようになります。


Himejicasty181211
JR山陽本線の車窓から見た「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」の建設現場です。写真手前には「姫路市文化コンベンションセンター」のエントランスとなる「キャスティ21公園(1号公園)」が整備されます。


Himejicasty181212
更に東側です。歩行者デッキが「下寺町線」をオーバーパスして、「姫路市文化コンベンションセンター」の2階に接続されます。


Himejicasty181213
更に東側です。


Himejicasty181214
更に東側です。


Himejicasty181215
更に東側です。「三点式パイルドライバ」が見えます。


Himejicasty181216
更に東側です。


Himejicasty181217
東端です。東側が「高等教育・研究エリア(約3.0ha)」です。「兵庫県立姫路循環器病センター」と「製鉄記念広畑病院」の統合病院「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」が移転する予定です。


Himejicasty181218
「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」の建設現場を南西側から見た様子です。


Himejicasty181219
ゲートから内部を覗いてみました。


Himejicasty181220
「三点式パイルドライバ」です。「山留め壁」を構築しています。


Himejicasty181221
この段階で早くもタワークレーンが登場しています。


Himejicasty181222
「姫路市文化コンベンションセンター」は、2021年秋オープン予定です。


Himejicasty181223
仮囲いに掲示されていた「配置図」と「施設概要」です。敷地をぐるっと周りましたが、「中高層建築物建築計画概要標識」は掲示されていませんでした。

追記 中高層建築物建築計画概要標識
 読者の方からメールを頂きました。姫路市の条例により「中高層建築物建築計画概要標識」の掲示は、「公共建築物の場合は条例の対象とされていない」そうです。



|

姫路市 姫路市文化コンベンションセンターのエントランスとなる「キャスティ21公園(1号公園)」 2018年12月28日の建設状況

Himejicasty171211
-キャスティ21公園(1号公園)-
 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。「キャスティ21イベントゾーン」は、JR姫路駅とJR東姫路駅の中間にある約6.6haの広大な街区です。

 キャスティ21イベントゾーンの文化・コンベンションエリアでは、播磨の連携中枢都市にふさわしい交流の拠点施設として、文化、芸術の拠点としての機能と、「ものづくり力の強化」「地域ブランドの育成」「交流人口の増加」を促進する機能をあわせた「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」を整備します。

 「姫路市文化コンベンションセンター」のエントランスとなる西側の敷地には、「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター」と一体的な「1号公園」が整備されます。

 引用資料 姫路市・公式HP(2017/12/11)
 (仮称)姫路市文化コンベンションセンターについて


Himejicasty171212
「1号公園・外構計画について」です。歩行者デッキが地上から徐々に高さを増し、「下寺町千線」をオーバーパスして、「姫路市文化コンベンションセンター」の2階に接続されます。


Himejicasty181223
キャスティ21公園
 「1号公園」と呼ばれていましたが、現地に掲示されていた「配置図」では「「キャスティ21公園」となっています。正式名称は「キャスティ21公園」に決まっているようです。


Himejicasty181231
JR山陽本線の車窓から見た「キャスティ21公園(1号公園)」の建設現場です。


Himejicasty181232
更に東側です。「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」の建設現場事務所はここに設けているようです。


Himejicasty181233
更に東側です。


Himejicasty181234
「キャスティ21公園(1号公園)」の建設現場を南東側から見た様子です。


Himejicasty181235
ゲートから内部を覗いてみました。


Himejicasty181236
北東側から見た様子です。


Himejicasty181237
「ピオレ姫路ビル-Aブロック-Bブロック-Cブロック-Dブロック」と接続する歩行者デッキは、「Dブロック」西端のここで終わります。


Himejicasty181238
「外堀川」を橋で渡って、「JR播但線」をくぐって「キャスティ21公園(1号公園)」に入ります。



|

2018年8月24日 (金)

姫路市 概算事業費427億円 「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)及び関連施設の基本設計概要」を兵庫県が公表!

Himejicasty180861
-県立はりま姫路総合医療センター(仮称)-
 
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」は、「兵庫県立姫路循環器病センター(350床)」と「製鉄記念広畑病院(392床)」の統合再編に伴う新病院の整備プロジェクトです。病床数は兵庫県立病院で最大の736床を計画しています。

 整備場所はJR姫路駅東側の再開発地区「キャスティ21」のイベントゾーン高等教育・研究エリアの敷地面積約30,000㎡です。

● 兵庫県が基本設計の概要を公表
 兵庫県は、「県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編基本計画」に基づき、播磨姫路圏域において、安定的・継続的に高度で良質な医療を提供するため、2022年度上期の開院を目指し、新病院整備を推進しています。

 兵庫県は、2018年8月23日に、「はりま姫路総合医療センター(仮称)及び関連施設整備 基本設計概要」を公表しました。

 引用資料 兵庫県・公式HP(2018/08/23)
 はりま姫路総合医療センター(仮称)及び関連施設整備 基本設計概要

 想定していた概算事業費は342億円でしたが、昨今の建設費の高騰などにより、427億円(建築費343億円、医療機器整備費71億円、設計監理費13億円)と大幅に増額されています。

県立はりま姫路総合医療センター(仮称)の概要
◆ 所在地-兵庫県姫路市神屋町(キャスティ21イベントゾーン「高等教育・研究エリア」内)
◆ 階数-地上12階、塔屋2階(病院棟)、地上5階(教育研修棟)、地上2階(放射線治療棟)
◆ 高さ-57.5m(病院棟)、26.3m(教育研修棟)、10.3m(放射線治療棟)
◆ 敷地面積-約30,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約58,945㎡(病院棟)、約8,401㎡(教育研修棟)、約1,757㎡(放射線治療棟)
◆ 構造-鉄骨造(病院棟)、鉄筋コンクリート造(教育研修棟、放射線治療棟)
◆ 地震対策-免震構造(病院棟)、耐震構造(教育研修棟、放射線治療棟)
◆ 用途-病院、獨協学園の医療系高等教育・研究機関、兵庫県立大学の医産学連携拠点
◆ 診療科-34科
◆ 病棟数-736床(一般病床720床、精神病床16床)
◆ 建築主-兵庫県
◆ 基本・実施設計-2017年度、2018年度予定
◆ 着工-2019年度予定
◆ 竣工-2021年度予定
◆ 開院-2022年度予定
◆ 概算事業費-427億円(建築費343億円、医療機器整備費71億円、設計監理費13億円)


Himejicasty180862
「断面図」です。


Himejicasty180863
「配置図」です。姫路駅からイベントゾーンに至る賑わいの路を形成(2階レベルでのデッキ接続)します。


Himejicasty171229
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」の建設予定地をJRの車窓から見た様子です。


Himejicasty17014
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Himejicasty17015
「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」の建設予定地を南東側から見た様子です。


Himejicasty180864
製鉄記念広畑病院

 統合再編新病院の母体となる「製鉄記念広畑病院」です。病床数392床(一般病床362床、救急病床30床)です。


Himejicasty180865
姫路救命救急センター
 「製鉄記念広畑病院」には「ヘリポート」があり、「ドクターヘリ」が飛来します。「姫路救命救急センター」を開設しており、中・西播磨の救急医療の最後の砦として救急医療に貢献しています。


Himejicasty180866
ヘリポートには鳥が描かれています。ちなみに兵庫県の県鳥は「コウノトリ」、姫路市の市鳥は「しらさぎ」です。



|

2018年8月14日 (火)

姫路市 キャスティ21コアゾーン 全面開通した「ピオレ姫路ビル~Dブロック」の歩行者デッキ Part1・地上から見た編

Himejicasty180811
-キャスティ21コアゾーン-
 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。

 中心となる「キャスティ21コアゾーン」は、高次都市機能の立地を適切に誘導し、民間事業者へ売却等を行うことにより、姫路市の玄関口にふさわしい街づくりを目指します。

● 歩行者デッキ
 「山陽百貨店(キャスパ)」~「Dブロック」までが歩行者デッキで直結します。整備が完了した箇所から順次供用を開始していましたが、2018年7月2日に「キャスティ21コアゾーン」内の全ての歩行者デッキが開通しました。


Himejicasty180812
「歩行者デッキ整備箇所」です。


Himejicasty180813
「開通時期イメージ図」です。3段階に分けて開通しました。

 引用資料 姫路市・公式ホームページ
 キャスティ21コアゾーン内の歩行者デッキの全面開通について


Himejicasty180814
ピオレ姫路ビル-Aブロック間歩行者デッキ

 「ピオレ姫路ビル-Aブロック間歩行者デッキ」です。姫路市により、「階段、エレベーター、エスカレーター(上り)」も整備されました。


Himejicasty180815
Aブロックである「ホテルモントレ姫路」の2階南側に歩行者デッキが整備されました。


Himejicasty180816
東端で90度北側に曲がります。


Himejicasty180817
A-Bブロック間歩行者デッキ

 先行して供用開始された「A-Bブロック間歩行者デッキ」です。「内々環状東線」をオーバーパスしています。閉鎖して改修工事が行われ屋根付きの歩行者デッキに生まれ変わりました。


Himejicasty180818
Bブロックから見た「A-Bブロック間歩行者デッキ」です。


Himejicasty180819
Bブロックである「テラッソ姫路」の2階南側の歩行者デッキです。改修工事が行われ屋根付きの歩行者デッキに生まれ変わりました。


Himejicasty180820
「Bブロック」を南東側から見た様子です。


Himejicasty180821
B-Cブロック間歩行者デッキ

 「B-Cブロック間歩行者デッキ」を南側から見た様子です。


Himejicasty180822
「Cブロック」の歩行者デッキを南西側から見た様子です。


Himejicasty180823
「Cブロック」の歩行者デッキを南東側から見た様子です。


Himejicasty180824
C-Dブロック間歩行者デッキ

 「C-Dブロック間歩行者デッキ」を南西側から見た様子です。「内環状東線」をオーバーパスしています。


Himejicasty180825
「Dブロック」側の終点です。歩行者デッキはここまでです。2018年7月2日に「山陽百貨店(キャスパ)」~「Dブロック」までの歩行者デッキが全面開通しました。


Himejicasty180826
「Dブロック」側の終点の階段です。



|

姫路市 キャスティ21コアゾーン 「Cブロック」が完成 街区の名称は「リコルス(LICOLTH)」

Himejicasty180823
-健康・生きがい・キャリア開発プロジェクト-
 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。

 中心となる「キャスティ21コアゾーン」は、高次都市機能の立地を適切に誘導し、民間事業者へ売却等を行うことにより、姫路市の玄関口にふさわしい街づくりを目指します。

● Cブロックの名称は「リコルス(LICOLTH)」
 
「Cブロック」には、「学校法人神戸滋慶学園」が「健康・生きがい・キャリア開発プロジェクト」を建設しました。「Cブロック」のに医療&福祉の複合施設「リコルスひめじ」が完成し、2018年7月20日に竣工式が行われました。

 街区の名称は「リコルス(LICOLTH)」に決まりました。「Cブロック」の施設がすべて完成した事により、すでに完成している「Bブロック、Aブロック」と共にすべてが完成しました。


Himejicasty170232
「Cブロック ~計画内容の概要~(協議中)」です。

 引用資料 姫路市・公式ホームページ
 キャスティ21コアゾーン等の進捗状況について 


Himejicasty180851
Cブロックの街区の名称は「リコルス(LICOLTH)」に決まりました。


Himejicasty180852
南東側に医療&福祉の複合施設「リコルスひめじ」が完成し、2018年7月20日に竣工式が行われました。


Himejicasty180853
「姫路医療専門学校」です。2018年4月開校しました。


Himejicasty180854
「Cブロック 」を南西側から見た様子です。


Himejicasty180855
南西側は「Cブロック」に含まれません。「タイムズ JR姫路駅東第8」として使用されています。


Himejicasty180856
歩行者デッキの下の歩道は、「路面ブロック」で美装化されています。


Himejicasty180857
「Cブロック 」を北西側から見た様子です。「サポート施設(フィットネスジム)」が建設され、「フィットネスクラブレフコ姫路店」が2017年7月14日にオープンしました。


Himejicasty180858
「Cブロック 」を北東側から見た様子です。「サポート施設(駐車場棟)」です。



|

2018年8月13日 (月)

JR姫路駅南口が大きく変わる 姫路駅南駅前広場の再整備 2018年8月10日の建設状況

Himejijr171211
姫路駅南駅前広場の再整備
 JR姫路駅の北駅前広場は、大規模整備によって日本でも有数の素晴らしい駅前広場に生まれ変わりました。そうなると今度は、南駅前広場がみずぼらしく見えます。

 JR姫路駅南駅前広場は、山陽新幹線の開通に合わせて、1972年に整備されました。広さは約12,300㎡です。1972年の供用開始以来後は大規模な再整備は行われていません。

 現在は、送迎などでの利用のほか、広場を通り抜けるだけの一般車が多く、朝夕の通勤通学時間帯を中心に混雑が常態化しています。

 これらの問題を解消するために大規模な再整備を行い、新幹線も発着する姫路駅の南の玄関口としてふさわしい空間を創出します。
 北駅前広場は全国最大規模の歩行者空間を整えましたが、南駅前広場は市民による一般車の利用も重視する方針です。

 引用資料 姫路市ホームページ
 姫路駅南駅前広場の再整備について

 工事工程(PDF) → ステップ図


Himejijr171212
JR姫路駅中央口・駅正面の歩行者空間

 駅正面の歩行者空間は、「JR姫路駅中央コンコース」の動線から西側にずれていましたが、東側に振る事により動線を合わせます。「JR姫路駅中央口」には屋根が設置されます。


Himejijr171213
「計画平面図」です。駅正面に安全かつゆとりある歩行者空間を創出します。公共交通と一般車を完全分離することにより、交通混雑を解消します。更に、一般車スペースを増設します。


Himejijr180811
本格的に工事が行われています。


Himejijr180812
「歩行者通路」の工事の様子です。


Himejijr180813
「JR姫路駅中央口」に設置された膜素材の屋根です。


Himejijr180814
「JR姫路駅中央口」から「歩行者通路」の中心はかなり西側にずれていましたが、再整備により「JR姫路駅中央口」の正面に移設されました。


Himejijr180815
膜素材の屋根を別角度から見た様子です。


Himejijr180816
歩行者通路東側の「一般車乗降場」の工事の様子です。


Himejijr180817
歩行者通路に「路面ブロック」を敷いています。


Himejijr180818
「路面ブロック」を敷く前に、「路面ブロック」が割れないようにクッション材となる「砂」を敷きます。


Himejijr180819
歩行者通路を北側から見た様子です。


Himejijr180820
歩行者通路西側の「バス乗車場」と「観光バス乗降場」の工事の様子です。


Himejijr180821
「バス乗車場」の工事の様子です。


Himejijr180822
南側の工事の様子です。


Himejijr180823
「タクシー乗降場」の工事の様子です。


Himejijr180824
西側から見た様子です。



|

2018年8月12日 (日)

姫路フォーラスEAST跡地 姫路ザ・レジデンス 2018年8月10日の建設状況

Himejiforus171211
-姫路ザ・レジデンス

 姫路市中心部にあったファッションビル「姫路フォーラス」は、1971年6月に「ジャスコ姫路店 西館」、1972年11月に「ジャスコ姫路店 東館」として開業しました。
 1987年3月には西館を「姫路フォーラスWEST」に業態転換、1994年3月には東館を「姫路フォーラスEAST」に業態転換しました。

 しかし、JR姫路駅周辺の再開発などで競合店が増加、売上げがピーク時から半減し、運営主体の「イオンリテール」が「大幅改装など抜本的対策が難しい」と判断したため2016年1月31日に閉店しました。

 跡地は再開発され、「姫路フォーラスWEST」跡地にはホテル、「姫路フォーラスEAST」跡地にはマンションが建設中です。マンションの計画名は「(仮称)姫路市東駅前町 計画 新築工事」、正式名称は「姫路ザ・レジデンス」です。竣工前ですが、すでに全戸完売しています。 

 引用資料 公式ホームページ
 姫路ザ・レジデンス

姫路ザ・レジデンスの概要
◆ 計画名-(仮称)姫路市東駅前町 計画 新築工事
◆ 所在地-地兵庫県姫路市東駅前町100番(地番)
◆ 交通-JR山陽本線・播但線・姫新線・山陽新幹線「姫路」駅徒歩4分、山陽電鉄本線「山陽姫路」駅徒歩4分
◆ 階数-地上15階、地下0階
◆ 高さ-44.94m
◆ 敷地面積-1,740.44㎡
◆ 建築面積-1,203.38㎡
◆ 延床面積-14,832.15㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-128戸(他に管理事務室1戸)
◆ 建築主-都市環境開発、JR四国(四国旅客鉄道)
◆ 設計者・監理者-タクトプラン建築事務所大阪
◆ 施工者-大末建設
◆ 着工-2017年03月22日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年11月下旬予定
◆ 入居開始-2018年12月下旬予定


Himejiforus180821
「姫路フォーラスEAST」跡地」に建設中の「姫路ザ・レジデンス」です。タワークレーン2基で建設しています。


Himejiforus180822
南西側から見た下層階の様子です。 


Himejiforus180823
「姫路フォーラスWEST」跡地に建設中の「ダイワロイネットホテル姫路駅前」との間のアーケードです。


Himejiforus180824
南東側から見た様子です。


Himejiforus180825
南東側から見た下層階の様子です。 


Himejiforus180826
南東側から引いて見た様子です。 竣工前ですが、すでに全戸完売しています。



|

2018年8月11日 (土)

姫路フォーラスWEST跡地 ダイワロイネットホテル姫路駅前 2018年8月10日の建設状況

Himejiforus180811
-ダイワロイネットホテル姫路駅前-

 姫路市中心部にあったファッションビル「姫路フォーラス」は、1971年6月に「ジャスコ姫路店 西館」、1972年11月に「ジャスコ姫路店 東館」として開業しました。
 1987年3月には西館を「姫路フォーラスWEST」に業態転換、1994年3月には東館を「姫路フォーラスEAST」に業態転換しました。

 しかし、JR姫路駅周辺の再開発などで競合店が増加、売上げがピーク時から半減し、運営主体の「イオンリテール」が「大幅改装など抜本的対策が難しい」と判断したため2016年1月31日に閉店しました。

 跡地は再開発され、「姫路フォーラスWEST」跡地にはホテル、「姫路フォーラスEAST」跡地にはマンションが建設中です。ホテルは「ダイワロイネットホテル姫路駅前」です。

ダイワロイネットホテル姫路駅前の概要
◆ 計画名-(仮称)ダイワロイネットホテル姫路駅前
◆ 所在地-兵庫県姫路市駅前町353番、354番
◆ 交通-JR山陽本線・播但線・姫新線・山陽新幹線「姫路」駅徒歩4分、山陽電鉄本線「山陽姫路」駅徒歩4分
◆ 階数-地上13階、地下0階
◆ 高さ-47.00m
◆ 敷地面積-1,333.47㎡
◆ 建築面積-891.05㎡
◆ 延床面積-9,334.42㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、飲食店舗
◆ 客室数-218室
◆ 建築主-ダイワロイヤル
◆ 設計者・監理者-ダイワハウス工業、(基本設計、監修)久米設計
◆ 施工者-ダイワハウス工業
◆ 着工-2017年06月01日
◆ 竣工-2018年09月28日予定(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2018年09月末予定


Himejiforus180812
「姫路フォーラスWEST」跡地に建設中の「ダイワロイネットホテル姫路駅前」を南西側から見た様子です。


Himejiforus180813
南西側から見た下層階の様子です。


Himejiforus180814
正面のエントランス部分です。


Himejiforus180815
南東側から見た様子です。


Himejiforus180816
南東側から見た下層階の様子です。


Himejiforus180817
「外構工事」が行われています。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場