68 奈良県

2017年4月 2日 (日)

「奈良公園」南側 高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業 「ヒューリック」が旅館風超高級ホテル「(仮称)奈良ふふ」を整備!

Nara170311
-高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業-

 奈良県は、「奈良公園基本戦略」に基づき、”世界に誇る奈良公園”の一画として、公園内に立地する高畑町裁判所跡地において、奈良の文化に触れる品格の高い空間づくりを行い、維持利活用することで、奈良公園の魅力をさらに向上させたいと考えています。

 民間事業者のノウハウや創意工夫を活用した官民連携事業を採用し、「高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業」の公募型プロポーザルを実施し、「ヒューリック」を優先交渉権者に決定ました。

 引用資料 奈良県・公式ホームページ(2017/03/30)
 高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業について

 ヒューリック ニュースリリース(PDF:2017/03/30)
 奈良県「高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業」の優先交渉権者に決定 

 建物やランドスケープは、「隈研吾建築都市設計事務所」と「宮城俊作(プレイスメディア)」が設計し、「淺沼組」が設計・施工を担当、ヒューリックの関連会社である「KH リゾートマネジメント」が上質な宿泊施設「(仮称)奈良ふふ」として運営します。

 宿泊施設は、平均客室面積約80㎡の広さを確保します。全室温泉露天風呂付きの客室30室程度を用意します。飲食施設は全30卓、計130席程度を用意し、懐石や薬膳、お弁当などを提供します。

● 奈良市は超高級ホテルラッシュ

 「森トラスト」は、城宮跡近くの県営プール跡地に「JWマリオットホテル奈良」を誘致し、2020年春の開業を目指すことを発表しています。
 「森トラスト」は、奈良公園近くの「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」でも最高級クラスのインターナショナルホテルブランドを誘致します。

 「高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業」の宿泊施設「(仮称)奈良ふふ」も平均客室面積約80㎡の旅館風超高級ホテルとなります。奈良市の持つ抜群の観光ポテンシャルがやっと本領発揮してきました。

高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業の概要
◆ 所在地-奈良県奈良市高畑町1194地内
◆ 階数-地上2階
◆ 敷地面積-約13,000㎡(奈良県が整備する庭園ゾーン等を含む)
◆ 延床面積-約4,500㎡ 
◆ 建築主-ヒューリック(運営 KH リゾートマネジメント:ヒューリックの関連会社)
◆ 設計者-淺沼組
◆ 施工者-淺沼組
◆ 着工-2018年01月予定
◆ 供用開始-2019年04月予定


Nara170312
「敷地配置図」です。場所は「奈良公園」の南側で、北側に「浮見堂」、北東側に「飛火野」がある文句のつけようが無い好立地です。


Nara170313
「内観透視図(宿泊施設)」です。


Nara170314
「内観透視図(飲食施設)」です。


Nara170315
北側には、鷺池に浮かぶ「浮見堂」があります。


Nara170316
北東側には、「飛火野(とびひの)」があります。



|

JR奈良駅 西口のペデストリアンデッキと直結 「ピアッツァコート奈良駅前 & ピアッツァホテル奈良駅前」 2017年3月28日の状況

Nara170321
-JR奈良駅西口-

 「奈良市」に行ったのは2015年5月以来だったので約2年ぶりです。外国人観光客が急増していたのでびっくりしました。約2年間のブランクがあったので急増ぶりを実感しました。

 奈良公園の「鹿」は外国人観光客に大人気でした。本来警戒心の強い「鹿」が、人を警戒しないで寄ってくるのは世界的にも珍しいです。奈良公園の鹿は「神の使い」ですから大切にされています。

 本題に戻って、「フクダ不動産」は、JR奈良駅徒歩1分の立地において、分譲マンション「ピアッツァコート奈良駅前」と、ホテル「ピアッツァホテル奈良駅前」を建設しました。

 分譲マンションの「ピアッツァコート奈良駅前」は、2017年3月中旬に竣工しており、2017年4月中旬から入居開始します。

 ホテルは「ピアッツァホテルJR奈良駅前」と言われていましたが、正式名称は「ピアッツァホテル奈良駅前」に決定して、公式ホームページもオープンしています。開業は2017年夏予定です。 

ピアッツァコート奈良駅前の概要
◆ 計画名-(仮称)ピアッツァコート奈良駅前新築工事
◆ 所在地-奈良県奈良市三条本町1097番地1
◆ 交通-JR関西本線・奈良線・桜井線「奈良」駅徒歩1分、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅徒歩15分
◆ 階数-地上13階、地下0階
◆ 高さ-39.98m(高さ制限40m)
◆ 敷地面積-1,310.19㎡
◆ 建築面積-872.67㎡
◆ 延床面積-8,716.16㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-84戸
◆ 建築主-フクダ不動産
◆ 設計者・監理者-フクダ不動産
◆ 施工者-森本組
◆ 着工-2015年09月24日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年03月中旬
◆ 入居開始-2017年04月中旬

ピアッツァホテル奈良駅前の概要
◆ 計画名-(仮称)ピアッツァホテルJR奈良駅前新築工事
◆ 所在地-奈良県奈良市三条本町1097番地2
◆ 交通-JR関西本線・奈良線・桜井線「奈良」駅徒歩1分、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅徒歩15分
◆ 階数-地上11階、地下1階
◆ 高さ-39.9m(高さ制限40m)
◆ 敷地面積-1,234.77㎡
◆ 延床面積-8,431.78㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、店舗
◆ 客室数-138室(シングル110室、ツイン25室、スイート2室、ハンディキャップルーム1室)
◆ 建築主-フクダ不動産
◆ 設計者・監理者-フクダ不動産
◆ 施工者-ナカノフドー建設
◆ 着工-2015年12月01日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2017年04月28日予定(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2017年夏予定


Nara170322
分譲マンション「ピアッツァコート奈良駅前」とホテル「ピアッツァホテル奈良駅前」です。奈良は高さ制限が非常に厳しいですが、奈良では珍しい40mの高さ制限となっています。


Nara170323
「ピアッツァホテル」のロゴです。ホテル棟は「ピアッツァホテルJR奈良駅前」と言われていましたが、正式名称は「ピアッツァホテル奈良駅前」に決定して、公式ホームページもオープンしています。開業は2017年夏予定です。


Nara170324
「ピアッツァホテル奈良駅前」はまだ外構工事を行っていました。


Nara170325
北側から見た様子です。


Nara170326
JR奈良駅西口のペデストリアンデッキと直結しています。


Nara170327
南西側から見た様子です。


Nara170328
南側の更地です。


Nara170329
南側の更地の北側には、「大和ハウス工業」がホテルを建設するようです。「ダイワロイネットホテル」になるのでしょうか?


Nara170330
南側の更地の南側には、「JAならけん」が農産物アンテナショップ・直売所を建設するようです。



|

2017年3月16日 (木)

「奈良公園」近く 吉城園周辺地区保存管理・活用事業 「森トラスト」が最高級インターナショナルホテルブランドを誘致!

Nara17031
-吉城園周辺地区保存管理・活用事業-

 「奈良県」は、官民連携プロジェクトとなる「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」の公募型プロポーザルを行い、「森トラスト」を代表企業とするグループを優先交渉権者に特定しました。

 「森トラスト」は、「畏敬の夜・神秘の朝、奈良らしさを世界へ」を事業コンセプトに掲げ、最高級インターナショナルホテルブランドを誘致するとともに、設計には「隈研吾氏」を採用することを提案しています。

 引用資料 奈良県(2017/03/14)
 吉城園周辺地区保存管理・活用事業について

 「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」は聞きなれないので場所が分かりにくいと思いますが、西側が「奈良県庁」、東側が「奈良公園」、南側が「奈良国立博物館」という文句のつけようのない好立地で、敷地面積は約31,038㎡と広大です。

● 奈良県+森トラスト+最高級ホテルブランドは2例目
 「森トラスト」は、奈良県が奈良市の平城宮跡近くの県営プール跡地で進める高級ホテル誘致計画で、マリオット・インターナショナルの日本初進出となる最高級ホテルブランド「JWマリオットホテル奈良」を誘致し、2020年春の開業を目指すことを発表しています。

 「奈良県+森トラスト+最高級ホテルブランド」の組み合わせはこれで2例目となります。「奈良県」と「森トラスト」は抜群に相性がいいようです。

施設整備運営の7つの要素
(1) 最高級クラスのインターナショナルホテルブランドの誘致
(2) 隈研吾氏による奈良の歴史ある風景を現代に昇華した建築デザイン
(3) 奈良公園全体を生かした多用途の宿泊施設機能
(4) 生物多様性に配慮した植栽エリアの造成
(5) 地域と連携体制の構築
(6) 奈良の食と産物の世界的な認知度の向上
(7) 地域の記憶の保存と発信


Nara17032
「位置図」です。西側が「奈良県庁」、東側が「奈良公園」、南側が「奈良国立博物館」という文句のつけようのない好立地です。

 引用資料 奈良県(PDF:2016/10)
 吉城園周辺地区の整備について 


Nara17033
奈良県庁屋上からの眺めです。低層の建物のため整備後も緑豊かで大らかな奈良公園を望む眺めは変わりません。


Nara17034
奈良県庁屋上から見た「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」の予定地です。


Nara17035
西側が「奈良県庁」です。


Nara17036
東側が広大な「奈良公園」です。


Nara17037
南側が「奈良国立博物館」です。



|

2016年3月 4日 (金)

奈良県の悲願の外資系高級ホテル マリオット・インターナショナルの最高級ブランド「JWマリオットホテル奈良」が2020年春開業!

Nara16031
-県営プール跡地活用プロジェクト-

 奈良県は、奈良市の平城宮跡近くの県営プール跡地で進める高級ホテル誘致計画で、「ホテル事業計画提案競技」の優先交渉権者を「森トラストグループ(構成員 MAプラットフォーム、山下設計)」に決定しています。

 提案競技の対象となったのは、県営プール跡地(21,951.44㎡)+奈良警察署跡地(9,241.27㎡)です。全体事業用地は31,192.71㎡となっています。

 「森トラスト」が世界的にも認知度の高い4つ星ホテル運営会社と正式交渉を進めます。誘致は外資系高級ホテルがゼロの奈良県の悲願でした。

「JWマリオットホテル奈良」に決定!
 
「森トラスト」から、交流拠点事業(旧称:県営プール跡地活用プロジェクト)」ホテル事業計画において、マリオット・インターナショナルの日本初進出となる最高級ホテルブランド「JWマリオットホテル奈良」を誘致し、2020年春の開業を目指すことが発表されました。

 引用資料 森トラスト(PDF:2016/03/03)
 奈良県「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」に奈良県初の外資系ホテル マリオット・インターナショナルの最高級ホテルブランドが日本初進出 『JWマリオットホテル奈良』として、2020 年春の開業を予定 

 マリオット・インターナショナルの上席副社長は、「奈良は日本の首都だった長い歴史があり、多くの世界遺産もある。上質な訪問先という我々のイメージに最適だった」と奈良進出のねらいを説明しました。

 奈良県知事は、「一流の国際ブランドホテルがあることが国際観光都市につながる。海外からの観光客にゆっくり泊まってもらって、奈良に残る文化を堪能してもらいたい」と大喜びのようです。

 「JWマリオット・ホテル&リゾート」は、マリオット・インターナショナルが展開するブランドの中でも最高級に位置づけられています。おまけに日本初進出です。奈良県は大金星ですね!


Nara16032
「周辺地図」です。


Nara16033
「拠点事業内ホテル配置図」です。


Nara150512
北東側から内部を見た様子です。手前(北側)が奈良警察署跡地、奥(南側)が県営プール跡地です。手前側に「JWマリオットホテル奈良」が進出します(2015年5月10日撮影)。


Nara150514
県営プール跡地(写真左側)と奈良警察署跡地(写真右側)の境目です(2015年5月10日撮影)。


Nara150518
南側から内部を見た様子です。手前(南側)が県営プール跡地、奥(北側)が奈良警察署跡地です。正面に見えるのは「奈良市役所」です。

 敷地の南側は放送局となっています。現在の「NHK奈良放送局」は、奈良県庁近くにありますが、ここに移転する予定です(2015年5月10日撮影)。

|

2015年11月11日 (水)

JR奈良駅 西口のペデストリアンデッキと直結 「フクダ不動産」がマンションとホテルを建設

Narajr151111
-JR奈良駅西口-

 「フクダ不動産」は、JR奈良駅徒歩1分の立地において、分譲マンションプロジェクト「ピアッツァコート奈良駅前」と、ホテルプロジェクト「ピアッツァホテルJR奈良駅前」を建設します。

 引用資料 フクダ不動産(2015/11/09)
 JR奈良駅前1分にマンション&ホテル建設プロジェクト始動 

 「フクダ不動産」は、2015年1月20日にJR奈良駅西側の市有地を購入し、JR奈良駅前の風景を刷新するランドマークとなるシティホテルとピアッツァシリーズとしてお馴染みの分譲マンションの建設を計画していました。

ピアッツァコート奈良駅前の概要
◆ 所在地-奈良県奈良市三条本町1097番地の一部
◆ 交通-JR関西本線「奈良」駅へ徒歩1分、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅へ徒歩15分
◆ 階数-地上13階
◆ 高さ-約40m(高さ制限の限度)
◆ 敷地面積-1,310.19㎡
◆ 延床面積-8,716.16㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-84戸
◆ 建築主-フクダ不動産
◆ 設計者・監理者-フクダ不動産
◆ 施工者-森本組
◆ 竣工-2017年03月初旬予定
◆ 入居開始-2017年03月末予定

ピアッツァホテルJR奈良駅前の概要
◆ 所在地-奈良県奈良市三条本町1097番地の一部
◆ 交通-JR関西本線「奈良」駅へ徒歩1分、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅へ徒歩15分
◆ 階数-地上11階、地下1階
◆ 高さ-約40m(高さ制限の限度)
◆ 敷地面積-1,234.77㎡
◆ 延床面積-8,431.78㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、店舗
◆ 客室数-138室(シングル110室、ツイン25室、スイート2室、ハンディキャップルーム1室)
◆ 建築主-フクダ不動産
◆ 設計者・監理者-フクダ不動産
◆ 施工者-(未定)
◆ 竣工-2017年03月末予定


Narajr151112
分譲マンション「ピアッツァコート奈良駅前」とホテル「ピアッツァホテルJR奈良駅前」の建設予定地です。奈良は高さ制限が非常に厳しいですが、奈良では珍しい40mの高さ制限となっています(2015年5月10日撮影)。


Narajr151113
北側部分の約2,500㎡が建設予定地となります。ホテル棟の「ピアッツァホテルJR奈良駅前」は、JR奈良駅西口のペデストリアンデッキと直結します(2015年5月10日撮影)。


Narajr151114
暫定的に駐車場として使用されていました(2015年5月10日撮影)。


Narajr151115
北側から見た建設予定地です(2015年5月10日撮影)。

|

奈良市 バブル崩壊で開発が難航したJR奈良駅西口の開発の現状

Narajr151121
-JR奈良駅西口-

 JR奈良駅周辺は、「シルクロードタウン21」として大規模な再開発が計画されていました。百貨店の誘致まで計画されていましたが、バブル崩壊で大幅に計画が見直されました。

 バブル崩壊やリーマンショックのダメージは大きく、JR奈良駅周辺は遊休地だらけとなっていましたが、徐々に開発が行われ、遊休地はかなり少なくなりました。

 2010年10月にJR奈良駅は高架化が完了し、島式3面5線の立派な高架駅になりました。西口には遊休地がまだ残っていますが、以前と比べると見違えるように立派になっています。


Narajr151122
西口2階からは、駅から続くペデストリアンデッキが伸びています。


Narajr151123
西口の駅前広場を北東側から見た様子です。


Narajr151124
西口の駅前広場を南西側から見た様子です。


Narajr151125
JR奈良駅前再開発第一ビル
 
「JR奈良駅前再開発第一ビル」は、西口の駅前広場の北側にあります。地元地権者による組合施行の再開発ビルです。

 地上10階、地下2階で、1998年2月に竣工しました。景観維持のため高さ制限が非常に厳しい奈良市で最も高い高さ46mとなっています。

 1階が商業施設「シルキア奈良」、3階~10階がホテル「ホテル日航奈良(旧三井ガーデンホテル奈良)」となっています。総客室数330室で、奈良市内では最大級のホテルです。


Narajr151126
ウィライブ奈良駅前

 「ウィライブ奈良駅前」は、西口の駅前広場の南側にあります。地上14階、総戸数143戸のマンションです。2006年6月に竣工しました。 


Narajr151127
「ウィライブ奈良駅前」の北側半分には、「フクダ不動産」により分譲マンションプロジェクト「ピアッツァコート奈良駅前」と、ホテルプロジェクト「ピアッツァホテルJR奈良駅前」の建設が決まりましたが、南側半分はまだ開発が決まっていません。


Narajr151128
なら100年会館

 「なら100年会館」は、奈良駅西口とペデストリアンデッキでつながる多目的ホールです。奈良市市制施行100周年の一環として1999年2月1日に開館しました。奈良の文化を育て、世界に発信する“文化の船”をイメージしており、文化発信の拠点となっています。 

 概要は、地上5階、地下1階、敷地面積約16,061㎡、延床面精約22,682㎡です。奈良県内最大の客席数を誇り、大ホール(収容人員1,692人)、中ホール(収容人員434人)、小ホール(収容人員約100人)等を有しています。

|

2015年6月 6日 (土)

古都奈良の表玄関 整備が完了してメチャメチャ綺麗になった「JR奈良駅東口駅前広場」

Narajr150611
-(都)奈良橿原線(JR奈良駅東口駅前広場)-
 完了した「JR奈良駅付近連続立体交差事業」に続き、奈良県と奈良市は「JR奈良駅東口駅前広場」の整備を行っていました。

 JR奈良駅東口駅前広場の整備は、「都市計画道路 奈良橿原線」の整備の一環として行われました。

 JR奈良駅東口駅前広場の整備が完了した事により、とても古都奈良の表玄関とは思えないような寂れた駅前が見違えるように綺麗に生まれ変わりました。


Narajr150612
JR奈良駅東口駅前広場の平面図です。

 引用資料 奈良県(PDF)
 都市計画道路 奈良橿原線 の都市計画の変更概要


Narajr150613
JR奈良駅の旧駅舎は、連続立体交差事業により、保存の為に駅舎を解体せずに移設する「曳家工事」が行われました。

 駅舎を反時計周りに13度回転させた後、東北へ約18m移動させました。 2009年7月25日に「奈良市総合観光案内所」として再オープンしています。


Narajr150614
駅前のロータリーです。


Narajr150615
ロータリーの中央は、「タクシープール、バスプール」となっています。


Narajr150616
ロータリーの北側は、「バス乗降場」となっています。屋根は最近よく使われている光を透す幕素材なので充分に明るいです。


Narajr150617
ロータリーの東側は「一般車乗降場」、奈良橿原線側は「バス乗降場」となっています。


Narajr150618
ロータリーの南側は、「バス乗降場」となっています。


Narajr150619
ロータリーの西側(JR奈良駅側)は、「タクシー乗降場」と「車いす用乗降場」なっています。


Narajr150620
南側から見た「JR奈良駅東口駅前広場」です。

|

2015年5月29日 (金)

世界遺産「薬師寺」 「食堂(じきどう)」の再建工事に着手 落慶すると50年の歳月をかけた「白鳳伽藍復興事業」が完了!

Narayakushiji150511
-薬師寺(やくしじ)-

 「薬師寺(やくしじ)」は、奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院です。ユネスコの世界遺産にも登録されています。

 「薬師寺」は今は非常に美しい大寺院ですが、20世紀半ばまでの薬師寺には、創建当時の伽藍をしのばせるものは焼け残った「東塔」だけでした。

 「薬師寺」は、寺院としては珍しく積極的に再建を進めています。国費など公費に頼ることなく、写経勧進による「白鳳伽藍復興事業」が1967年から開始され、「金堂、西塔、中門、回廊の一部、大講堂」などが次々と再建されました。

 薬師寺・公式HP → お写経

 1回の写経の単価は安いですが、「雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)」という故事ことわざがあります。「小さな努力でも根気よく続けてやれば、最後には成功します。
 この故事ことわざを今の私に懇々と聞かせたいです。まあ分かっていても実行しないので、今の私の体たらくがあるのですが・・・(涙)


Narayakushiji150512
薬師寺の食堂再建

 「食堂」と書いて「じきどう」と読みます。「食堂(じきどう)」は、奈良時代前半に建てられ、973年に焼失しました。1005年に再建されましたが、室町時代までに再び焼失したとされています。

 「薬師寺」は、僧侶の食事や催事の場だった「食堂」の再建工事に着手しました。外観設計を「文化財保存計画協会」、内部設計を建築家の「伊東豊雄氏」、施工を「竹中工務店」がそれぞれ担当します。2015年3月21日と22日に起工式が行われ、2017年5月に落慶予定です。

 再建する食堂の大きさは東西約41m、南北約16m、高さ約14mです。当時と同じように300~400人を収容できる大きさにします。外観は発掘調査結果に基づき古代の建物を再現します。

 鉄骨造ですが、柱の周囲に木材を施して木造のような外観と内装に仕上げます。台風、地震、火災などからの文化財保護や建設費の観点から木造での再建はなかなか難しいようですね。

 「食堂」が予定通り2017年5月に落慶すると1967年から取り組んできた「白鳳伽藍復興事業」が50年の歳月を経て完了する事になります。正に執念ですね。


Narayakushiji150513
薬師寺伽藍図

 「薬師寺伽藍図」です。「食堂(じきどう)」は、「大講堂」の北側で、「西僧坊」と「東僧坊」の間に再建されます。

 引用資料 薬師寺・公式HP → 薬師寺伽藍図 


Narayakushiji150514
大規模な薬師寺の「白鳳伽藍」ですが、その多くが「白鳳伽藍復興事業」により再建されたものです。


Narayakushiji150515
金堂(1976年再建)

 「金堂」は、1528年の戦火に巻きこまれ、西塔などと共に焼け落ちてしまいました。その後、豊臣家が金堂の仮堂を建て、その後本格的な金堂の再建に取りかかる筈でしたが、豊臣家滅亡などの事情で400年近く仮堂のままの状態でした。

 1967年に百万巻写経勧進による金堂再建を提唱され、1971年に起工式を行い、1976年4月に白鳳時代様式の本格的な金堂として復興しました。

 有名な国宝「薬師三尊像」の「薬師如来(やくしにょらい)、日光菩薩(にっこうぼさつ)、月光菩薩(がっこうぼさつ)」は、金堂に安置されています。
 私は、2008年春に「東京国立博物館」で開催された ”平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」” で「日光菩薩、月光菩薩」の全体像を見ましたが、非常に美しく神々しくて涙が出そうになりました。


Narayakushiji150516
西塔(1981年再建)

 「西塔」は、東塔と対称的な位置に建ちます。旧塔は1528年の戦火で焼失し、1981年に復興されました。

 東塔と比較すると、まずその鮮やかな色に目を奪われますが、またそれは奈良を表わす色使いです。
 「西塔」は、東塔より約30cm高くして再建されています。材木の撓みと基礎の沈下により、500年後には「西塔」も「東塔」と同じ高さに落ち着くと計算されているためです。


Narayakushiji150517
中門(1984年再建)

 「中門」は、1984年に復興されました。


Narayakushiji150518
回廊

 「中門」両側の「回廊」は、現在すでに第三期までが復興工事を完了しています。


Narayakushiji150519
大講堂(2003年再建)

 「大講堂」は、2003年に復興されました。正面約41m、奥行約20m、高さは約17mあり伽藍最大の建造物です。大講堂が金堂より大きいのは古代伽藍の特徴です。


Narayakushiji150520
東塔(解体修理中)

 国宝の「東塔」は、総高34.1m(相輪含む)です。薬師寺で唯一創建当時より現存している建物で、1300年の悠久の時を重ねてきた歴史をその姿から感じられます。

 薬師寺東塔は一見六重に見えますが、実は三重の塔です。これは各層に「裳階(もこし)」と言われる小さい屋根があるためで、この大小の屋根の重なりが律動的な美しさをかもし出しており、この塔はしばしば「凍れる音楽」と評されています。

 2009年より解体修理に着手しており、現在は覆屋に覆われておりその姿を拝むことは出来ません。2019年春に修理が完了する予定です。


Narayakushiji150521
東院堂

 「東院堂」は、973年の火災で焼失しました。現在の建物は1285年に南向きで再建されましたが、1733年に西向きに変えられました。


Narayakushiji150522
玄奘三蔵院伽藍

 「薬師寺」は広大で、「白鳳伽藍」から道路を挟んだ北側も境内となっています。1991年には、「玄奘三蔵院伽藍」が建立しました。

|

2015年5月28日 (木)

奈良県 奈良県庁の東側に奈良公園の玄関口として、観光バスなどの来訪拠点となる「登大路ターミナル」を整備!

Nara150531
-登大路ターミナル-

 奈良県は、奈良公園の玄関口として観光バスなどの来訪拠点となる「登大路ターミナル」を整備します。

 引用資料 奈良県・公式ホームページ
 (仮)登大路ターミナルの整備について 

 観光バス駐車場のほか、パークアンドバスライドのシャトルバスや奈良公園周遊バスの発着場とします。

 整備場所は「奈良県庁」の東隣の「県庁東側有料駐車場(旧:登大路観光自動車駐車場(南))」跡地です。


Nara150532
「登大路ターミナル」の予定地を北東側から見た様子です。


Nara150533
「登大路ターミナル」の予定地を南側から見た様子です。


Nara150534
「登大路ターミナル」の予定地を北西側から見た様子です。

|

2015年5月14日 (木)

奈良県・県営プール跡地 「森トラストグループ」が誘致する奈良県悲願の外資系高級ホテル(4つ星ホテル)の進出予定地

Nara141211
-県営プール跡地活用プロジェクト-

 奈良県は、日本屈指の観光資源があるにも関わらず、宿泊施設の客室数が全国ワースト1、宿泊客数がワースト2という不名誉な記録を持っています。

 奈良県は、奈良市の平城宮跡近くの県営プール跡地で進める高級ホテル誘致計画で、「ホテル事業計画提案競技」の優先交渉権者を「森トラストグループ(構成員 MAプラットフォーム、山下設計)」に決定しています。

 引用資料 奈良県企業立地ガイド(2014/12/19)
 【ホテル事業計画提案競技】優先交渉権者等の決定について

 提案競技の対象となったのは、県営プール跡地(21,951.44㎡)+奈良警察署跡地(9,241.27㎡)です。全体事業用地は31,192.71㎡となっています。

 今後、「森トラスト」が世界的にも認知度の高い4つ星ホテル運営会社と正式交渉を進めます。誘致は外資系高級ホテルがゼロの奈良県の悲願でした。
 客室数は、VIPルームを含む151室の予定で、2020年の東京オリンピックまでの完成を目指します。


Nara141212
「平面ダイアグラム(1:5000)」です。


Nara141213
県営プール跡地は、 4つの歴史地区をつなぐ観光拠点にあります。


Nara150511
北東側から見た様子です。手前の道路は幹線道路の「大宮通り」です。


Nara150512
北東側から内部を見た様子です。すっかり更地になっています。手前(北側)が奈良警察署跡地、奥(南側)が県営プール跡地です。


Nara150513
奈良警察署跡地を南東側から見た様子です。すっかり更地になっています。正面に見えるのは「奈良市役所」です。


Nara150514
県営プール跡地(写真左側)と奈良警察署跡地(写真右側)の境目です。


Nara150515
奥の駐車場跡地も対象区域に含まれます。


Nara150516
県営プール跡地を北東側から見た様子です。


Nara150517
南東側から見た様子です。


Nara150518
南側から内部を見た様子です。すっかり更地になっています。手前(南側)が県営プール跡地、奥(北側)が奈良警察署跡地です。正面に見えるのは「奈良市役所」です。

 敷地の南側は放送局となっています。現在の「NHK奈良放送局」は、奈良県庁近くにありますが、ここに移転する予定です。


Nara150519
南西側から見た様子です。


Nara150520
敷地南側は、幹線道路の「三条通り」に面しています。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場