81 福岡県

2021年9月17日 (金)

三井不動産は「ガンダム」が大好き! 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡 実物大νガンダム立像 「RX-93ff νガンダム」を2022年春公開!

Fukuokalalapor210911
-三井ショッピングパーク ららぽーと福岡-
 青果市場跡地は、1968年9月に開場した青果市場が2016年2月に「アイランドシティ」に移転したことに伴い、福岡市が民間への売却を決定しました。

 福岡空港から約2km、博多駅から約3kmの好立地にある約8.8haの広大な敷地として注目を集め、売却先の公募には、4つの企業グループ(イオンモールを代表企業とするグループ、イズミを代表企業とするグループ、JR九州を代表企業とするグループ、三井不動産を代表企業とするグループ)が応募していました。

 「福岡市」は2018年7月19日に、博多区那珂の青果市場跡地の再開発事業者に、「三井不動産(代表)、九州電力、西日本鉄道」で構成する企業グループを選定する方針を固めました。

 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」は、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発について、2020年11月12日に起工式を執り行いました。開業は2022年春を予定しています。正式名称は「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に決定しています。

 引用資料 三井不動産(2021/07/13)
 福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」 に名称決定 ~ 「キッザニア」「おもちゃ美術館」も九州初進出! ~

● 実物大νガンダム立像 「RX-93ff νガンダム」
 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」が事業を推進する「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に、「実物大ν(ニュー)ガンダム」が誕生することが決定しました。

 引用資料 三井不動産(2021/09/15)
 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡 “新機体”「実物大νガンダム」 2022年春公開 ~ ガンダムの世界を体感できるエンターテインメント施設も計画中! ~

 「νガンダム」は、1988年に公開された映画 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』 に登場して以来、30年以上経った今でも多くのファンに愛され、様々な人気ランキングで上位に選出されるモビルスーツです。今回建設される実物大νガンダム立像は、映画に登場する「RX-93 νガンダム」 をベースとして富野由悠季監督が監修した“新機体” 「RX-93ff νガンダム」 です。

 「三井不動産」が展開する商業施設における実物大ガンダム立像は、バンダイナムコグループと連携して建設されています。「三井ショッピングパーク ダイバーシティ東京 プラザ」では2012年春から「実物大ガンダム」(現在は「実物大ユニコーンガンダム」)、「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋(中国)」では2021年春から「実物大フリーダムガンダム」が公開中で、2022年春に立つ「実物大νガンダム」は九州初の実物大ガンダム立像となります。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡の概要
◆ 計画名-(仮称)青果市場跡地活用事業新築工事
◆ 所在地-福岡市博多区那珂六丁目351番他(福岡市青果市場跡地)
◆ 交通-JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分
◆ 階数-(店舗棟)地上5階、地下1階、(立体駐車場棟)地上7階
◆ 敷地面積-約86,600㎡
◆ 延床面積-約206,400㎡(立体駐車場棟含む)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-店舗、遊技場、診療所、駐車場(自動車車庫)、その他(機械室)
◆ 駐車台数-約3,050台
◆ 建築主-博多那珂6開発特定目的会社(三井不動産、九州電力、西日本鉄道)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-(店舗棟)竹中・南海辰村・西鉄建設・小林・坂下建設共同企業体、(立体駐車場棟)大和リース
◆ 着工-2020年11月12日(起工式)
◆ 竣工・開業-2022年春予定


Fukuokalalaport210711
「ららぽーと福岡 鳥瞰イメージ」です。


Fukuokalalapor210912
「配置図」です。


Fukuokalalapor210913
「狭域図」です。


Fukuokalalapor210914
「広域図」です。


Fukuokalalapor210915
ダイバーシティ東京の初代ガンダム

 「三井不動産」などが東京臨海副都心地区に建設していた「(仮称)青海Q街区計画」が「ダイバーシティ東京」として、2012年4月19日にグランドオープンしました。

 「三井ショッピングパーク ダイバーシティ東京 プラザ」の目玉は、「フェスティバル広場」に展示された高さ18mの実物大ガンダム像「RG1/1 RX78-2 ガンダム Ver.GFT」でした。展示期間は2012年4月19日~2017年3月5日でした。


Fukuokalalapor210916
ダイバーシティ東京の2代目ガンダム
 惜しまれながらも展示を終了した実物大ガンダム像「RG1/1 RX78-2 ガンダム Ver.GFT」に代わり、2017年9月24日から高さ19.7mの「実物大ユニコーンガンダム立像」の展示が行われています。


Shanghai201112
三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋
 「三井不動産」は、上海井橋商業管理有限公司(事業を推進するため三井不動産が100%出資で設立したプロジェクト会社)を通し中国上海においてリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」の開発を推進しています。共同事業者である上海金橋出口加工区連合発展有限公司とともに、建物引渡式典を開催しました。

 引用資料 三井不動産(PDF:2020/11/19)
中国初進出となるリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」 引渡式典開催 2021年春開業予定

実物大フリーダムガンダム立像
 「バンダイナムコグループ」の「サンライズ、創通」と共同で、海外初となる実物大ガンダム立像として、「フリーダムガンダム」を設置します。「フリーダムガンダム」は、2002年にTV 放送された『機動戦士ガンダム SEED』に登場するモビルスーツで、海外のガンダムファンの間でも高い人気を誇っています。「実物大フリーダムガンダム立像 」は、2021年春から公開されています。



|

2021年8月19日 (木)

福岡市 大規模商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」 「MIFA Football Park 福岡」と「スポーツパーク」 のオープンが決定!

Fukuokalalaport210711
-青果市場跡地-
 青果市場跡地は、1968年9月に開場した青果市場が2016年2月に「アイランドシティ」に移転したことに伴い、福岡市が民間への売却を決定しました。

 福岡空港から約2km、博多駅から約3kmの好立地にある約8.8haの広大な敷地として注目を集め、売却先の公募には、4つの企業グループ(イオンモールを代表企業とするグループ、イズミを代表企業とするグループ、JR九州を代表企業とするグループ、三井不動産を代表企業とするグループ)が応募していました。

 「福岡市」は2018年7月19日に、博多区那珂の青果市場跡地の再開発事業者に、「三井不動産(代表)、九州電力、西日本鉄道」で構成する企業グループを選定する方針を固めました。

 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」は、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発について、2020年11月12日に起工式を執り行いました。開業は2022年春を予定しています。

● 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に名称を決定!
 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」は7月13日に、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設について、「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称を決定したと発表しました。

 引用資料 三井不動産(2021/07/13)
 福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」 に名称決定 ~ 「キッザニア」「おもちゃ美術館」も九州初進出! ~

 三井不動産が国内外で展開するリージョナル型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと」は、九州初進出となります。こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」と、日本最大級の木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」も九州初進出となります。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡の概要
◆ 計画名-(仮称)青果市場跡地活用事業新築工事
◆ 所在地-福岡市博多区那珂六丁目351番他(福岡市青果市場跡地)
◆ 交通-JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分
◆ 階数-(店舗棟)地上5階、地下1階、(立体駐車場棟)地上7階
◆ 敷地面積-約86,600㎡
◆ 延床面積-約206,400㎡(立体駐車場棟含む)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-店舗、遊技場、診療所、駐車場(自動車車庫)、その他(機械室)
◆ 駐車台数-約3,050台
◆ 建築主-博多那珂6開発特定目的会社(三井不動産、九州電力、西日本鉄道)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-(店舗棟)竹中・南海辰村・西鉄建設・小林・坂下建設共同企業体、(立体駐車場棟)大和リース
◆ 着工-2020年11月12日(起工式)
◆ 竣工・開業-2022年春予定


Fukuokalalapor210811
スポーツの拠点を形成!

 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」が事業を推進する「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」の屋上に、「MIFA Football Park 福岡」がオープンすることが決定しました。

 引用資料 三井不動産(2021/08/16)
 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に「MIFA Football Park 福岡」 2022年春オープン ~ 陸上トラックやテニス、バスケットボールコートと一体でスポーツの拠点を形成! ~

 「MIFA Football Park 福岡」は、Mr.Children桜井和寿とGAKU-MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じて様々なコミュニケーションを創造する団体「MIFA」が運営するフットボール施設です。

 さらに、ららぽーと福岡の広大な屋上には、200m陸上トラックやテニスコート、3x3バスケットボールコートを有する「スポーツパーク」も誕生し、施設全体で10,000㎡超規模のスポーツの拠点を形成します。


Fukuokalalapor210812
「MIFA Football Park 福岡」のイメージパースです。


Fukuokalalapor210813
「スポーツパーク」 のイメージパースです。


Fukuokalalapor210831
「配置図」です。


Fukuokalalaport201115
「狭域図」です。


Fukuokalalaport201116
「広域図」です。



|

2021年8月11日 (水)

「東京建物」の物物流施設「T-LOGI(ティーロジ)」シリーズ 全国へ本格展開 福岡県・京都府・愛知県に開発用地を新規確保!

Fukuokalogi210811
-T-LOGI(ティーロジ)-

 「東京建物」は、福岡県糟屋郡須恵町、京都府京都市伏見区ならびに愛知県一宮市にマルチテナント型物流施設開発用地を確保し、加えて大阪府大阪市西淀川区における物流施設開発計画(共同事業)に参画しました。

 取得した3物件は、九州圏、近畿圏、中部圏それぞれにおける「東京建物」では初の物流施設開発事業となります。今後、「(仮称)T-LOGI福岡」、「(仮称)T-LOGI京都伏見」、「(仮称)T-LOGI一宮」、「(仮称)大阪物流施設プロジェクト」として、開発を推進していきます。

 引用資料 東京建物(PDF:2021/08/06)
 物流施設「T-LOGI(ティーロジ)」シリーズ 全国へ本格展開 ~福岡・京都・愛知に開発用地を新規確保 大阪で共同事業参画

 これまで「東京建物」では、物流施設ブランド「T-LOGI」の名のもと、首都圏にて物流施設開発事業を展開してきました。現在、荷主や消費者ニーズの高度化・多様化による多頻度小口輸送の進展や働き方の多様化および新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした在宅勤務の普及による宅配便増加など、EC分野の急拡大を背景に物流効率化の重要性が一段と増すなか、物流市場において全国的に先進的な大規模物流施設へのニーズや物流施設への投資ニーズも引き続き高まっています。

 そのような状況を踏まえ、東京建物グループは、強みとする用地情報取得ネットワークをより一層活用しつつ、今後首都圏のみならず国内主要物流集積地を中心に立地を厳選し、物流施設の開発を積極展開します。


Fukuokalogi210812
「(仮称)T-LOGI福岡の完成イメージ」です。

(仮称)T-LOGI福岡の概要
◆ 所在地-福岡県糟屋郡須恵町大字新原16-10(住居表示)
◆ 交通-九州自動車道/福岡高速福岡」IC約9km、「大宰府」IC約9km、JR「博多」駅約13km
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 敷地面積-約9,312㎡
◆ 延床面積-約16,600㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-倉庫、事務所
◆ 建築主-東京建物
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2021年05月21日
◆ 竣工-2022年04月末予定


Fukuokalogi210813
「(仮称)T-LOGI京都伏見の位置図」です。

(仮称)T-LOGI京都伏見の概要
◆ 所在地-京都府京都市伏見区横大路菅本2-3外(地番)
◆ 交通-第二京阪道路「伏見」IC約2.5km、「巨椋池」IC約4.9km、名神高速道路「京都南」IC約3.7km、京都市バス「洛水高校前」バス停徒歩約6分
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-約11,428㎡(仮換地地積)
◆ 延床面積-約25,500㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-倉庫、事務所
◆ 建築主-東京建物
◆ 着工-2022年夏予定
◆ 竣工-2023年夏予定


Fukuokalogi210814
「(仮称)T-LOGI一宮の完成イメージ」です。

(仮称)T-LOGI一宮の概要
◆ 所在地-愛知県一宮市荻原町林野字鷲宮52番1他(地番)
◆ 交通-東海北陸自動車道「一宮西」IC約2km、「一宮稲沢北」IC約0.3km
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-約33,244㎡
◆ 延床面積-約80,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-倉庫、事務所
◆ 建築主-東京建物
◆ 着工-2022 年春予定
◆ 竣工-2023年秋予定


Fukuokalogi210815
「(仮称)T-LOGI一宮の位置図」です。



|

2021年8月 7日 (土)

九州最高層のタワーレジデンス 地上48階、高さ161.25mの超高層ツインタワー「アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス」

Fukuokaisland210811
-アイランドシティまちづくり事業-

 今から約7年前の2014年8月8日に、福岡市で大きな花火がドッカーンと打ち上がりました。福岡市は、「アイランドシティまちづくり事業提案公募」における事業予定者を決定ました。「積水ハウス、西日本鉄道、福岡商事、西部ガス興商」の企業連合体が、地上32~46階の超高層タワーマンションを4棟建設するという凄い計画でした。

 当初計画よりも大幅に遅れていますが、計画が大きく動き出しています。「画地A」には「西日本鉄道」が、地上44階、高さ約150m、延床面積39,062.41㎡、総戸数284戸の超高層タワーマンション「照葉ザ・タワー」を建設中です。

 「画地B」は、北側の地上32階の超高層タワーマンションが、地上14階、戸数234戸の賃貸マンション「プライムメゾン照葉 クロススタイル」に変更になりましたが、南側には地上48階の超高層ツインタワーマンションが建設されます。

オーシャン&フォレストタワーレジデンス
 
「アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス」の公式ホームページがオープンしています。公式ホームページには、「九州最高層のタワーレジデンス。緑と海、空とのコントラストが美しいデザインの地上161mのツインタワー。」と書かれています。高さが不明でしたが、最高部の高さが約161mである事が判明しました。

 引用資料 公式ホームページ
 アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス

 さらに調べて見ると「厚生労働省福岡労働局」のホームページに「建物高さ161.25m」と書いてあります。最高部の正確な高さが161.25mであると判明しました。

 厚生労働省福岡労働局 ホームページ
 福岡労働局長による年末安全パトロールを実施しました。~年末年始の労働災害撲滅をめざして~

 現在、九州で最も高い超高層ビルは、1994年10月31日開業した宮崎市の「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」で、地上43階、地下2階、高さ154.3mです。
 「アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス」の「WEST」が、2022年11月に竣工すると約30年ぶりに九州で最も高い超高層ビルが入れ替わります。

 「アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス」は、「WEST」と「EAST」で構成され、共に地上48階、地下0階、高さ約161m、総戸数310戸です。2014年8月8日時点では、共に地上46階、総戸数279戸だったので規模が拡大しています。

アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンスの概要
◆ 計画名-アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス新築工事
◆ 所在地-福岡県福岡市東区香椎照葉六丁目23番28、27番35
◆ 交通-西鉄貝塚線「香椎花園前」駅より徒歩28分、西鉄バス「照葉北小学校前」バス停より徒歩1分
◆ 階数-(WEST・EAST)地上48階、地下0階
◆ 高さ-(WEST・EAST)最高部161.25m
◆ 敷地面積-18,867.28㎡(施設全体)
◆ 建築面積-(WEST)1,349.44㎡、(EAST)6,505.52㎡
◆ 延床面積-(WEST)35,521.74㎡、(EAST)51,075.08㎡
◆ 構造-(WEST・EAST)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 総戸数-620戸(WEST310戸、EAST310戸)
◆ 建築主-アイランドシティ環境配慮街区画地B分譲棟企業連合体(積水ハウス、福岡商事、福岡ガス都市開発)
◆ 設計者・監理者-竹中工務店・手島建築設計設計共同体
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-(WEST)2019年07月22日、(EAST)未定
◆ 竣工-(WEST)2022年11月予定、(EAST)未定
◆ 入居開始-(WEST)2023年01月予定、(EAST)未定


Fukuokaisland210812
「外観完成予想CG」です。「EAST」が竣工すると「福岡アイランドシティ」に6棟の超高層タワーマンションが林立する事になります。


Fukuokaisland210813
「エントランスホール 完成予想CG」です。


Fukuokaisland210814
「位置図」です。


Fukuokaisland210819
アイランドシティまちづくり事業提案

 「福岡市アイランドシティ」に「積水ハウス、西日本鉄道、福岡商事、西部ガス興商」の企業連合体が、地上32~46階の超高層タワーマンションを4棟建設する事を2014年8月8日に発表しました。

 引用資料 福岡市・公式HP(PDF:2014/08/08) リンク切れ
 アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)における事業予定者の決定について(お知らせ)

アイランドシティまちづくり事業の概要
◆ 敷地面積約36.000㎡
◆ 総事業費約326億円(うち土地分譲価格約40億円)

画地A
◆ 敷地面積-約9,000㎡
◆ 階数-地上41階
◆ 総戸数-280戸
◆ 用途-分譲集合住宅
◆ 事業予定者-西日本鉄道
◆ 着工-2016年予定
◆ 竣工-2018年予定
 
 「画地A」には「西日本鉄道」が、地上44階、地下0階、高さ約150m、延床面積39,062.41㎡、総戸数284戸の超高層タワーマンション「照葉ザ・タワー」を建設中です。当初計画よりも規模が拡大しています。 

画地B
◆ 敷地面積-約27,000㎡
◆ 階数-地上46階×2棟、地上32階×1棟、地上8階×1棟
◆ 総戸数-(46階×2棟)279戸、279戸、(32階、8階)194戸
◆ 用途-分譲集合住宅、賃貸集合住宅、商業施設、医療・文化・交流施設
◆ 事業予定者-積水ハウス、福岡商事、西部ガス興商
◆ 着工-(32階、8階)2017年予定、(46階×2棟)2019年予定
◆ 竣工-(32階、8階)2020年予定、(46階×2棟)2023年予定

  「画地B」には、北側に「プライムメゾン照葉 クロススタイル」、南側に「アイランドシティ オーシャン&フォレストタワーレジデンス」が建設中です。



|

2021年8月 4日 (水)

北九州市 産業医科大学 「産業医科大学病院」が急性期治療に特化した「急性期診療棟」を新設!

Kitakyusan210811
-産業医科大学-

 国公立を除く「医学部」は、学費が非常に高くて高所得の家庭以外は学費を払うのが困難ですが、一部例外があります。「防衛医科大学校(省庁大学校)、自治医科大学(私立)、産業医科大学(私立)」です。これらの学校は卒業後にそれぞれ義務を果たすことで何千万円という授業料が、免除されるという特典があります。

 似たようなイメージの「自治医科大学」と「産業医科大学」ですが、どこにあるのか意外とご存じない方が多いと思います。「自治医科大学」は栃木県下野市、「産業医科大学」は福岡県北九州市にあります。

 「産業医科大学」には「医学部修学資金貸与制度」があります。卒業後、貸与を受けた期間の1.5倍の期間(在学6年間にわたり貸与を受けた場合は9年間)産業医等の職務に就けば、貸与を受けた全額が返還免除となります。但し卒業後、産業医等の職務に就かない場合、または所定期間勤務しない場合については、貸与を受けた全額を一括返還しなければなりません。

● 急性期診療棟の新設!
 「産業医科大学」は、産業医という会社専属の医師を育てるための学校で、1978年に「学校法人産業医科大学」が設立されました。本部所在地は、福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1です。

 「産業医科大学病院」は、高齢化が進む北九州医療圏の中で、医療需要の変化に積極的に対応し、将来にわたって、高度急性期医療の中核を担い、指導的な役割を果たす基幹病院として更なる機能強化を図るための施設「急性期診療棟」を新設します。2021年5月25日に「安全祈願祭」が執り行われました。

 引用資料 産業医科大学・公式HP
 急性期診療棟 の 新築工事を開始いたします(大学病院の施設拡充計画)

 建物概要は、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、地上5階、延床面積約21,782㎡です。地震対策として「免震構造」を採用します。「急性期治療に特化」した施設で、2023年竣工予定です。


Kitakyusan210812
「エントランスホール(1階)」です。


Kitakyusan210813
「手術室(3階)」です。


Kitakyusan210814
「フロア構成」です。


Kitakyusan210815
「建設位置」です。



|

2021年8月 2日 (月)

福岡市地下鉄「高速鉄道3号線(七隈線)」の延伸 道路陥没事故を乗り越え2022年度開業予定 駅名が決定 & 新型車両「3000A系」導入!

Fukuokasubway210811
-高速鉄道3号線(七隈線)の延伸-

 福岡市地下鉄の「高速鉄道3号線(七隈線)」は、福岡市西南部地域の慢性的な交通渋滞を緩和し、効率的で利便性の高い公共交通体系の確立を図るとともに、均衡あるまちづくりを推進するために計画されました。

 2005年2月3日に、「橋本駅~天神南駅」間を開業し、残る都心部区間について、交通対策特別委員会を中心に総合的な調査・検討を行い、「天神南~博多駅ルート」の事業化に向け取組を進めることとなりました。

 引用資料 福岡市交通局 → 七隈線延伸事業

● 道路陥没事故が発生
 当初は、2020年度の開業予定でしたが、2016年11月8日に博多駅前2丁目交差点付近の延伸工事現場で道路陥没事故が発生しました。大規模な事故だったため工事が長期間に渡って中断されました。

 2019年7月12日に、トンネルの再掘削に着手しました。事故発生以来約2年8カ月ぶりの再開となりました。そのため開業は2022年度予定に延期されています。

七隈線延伸事業の概要
◆ 延伸区間-天神南駅~博多駅
◆ 建設キロ-約1.4km(営業キロ約1.6km)
◆ 建設費-約587億円(約450億円から変更)
◆ 工法-全線地下式(シールド工法、開削工法、ナトム工法、アンダーピニング工法)
◆ 利用人数- 約8.2万人(うち、新規利用者数は約2.3万人)
◆ 開業-2022年度予定(2020年度予定から変更)


Fukuokasubway210812
駅名が決定
 
七隈線延伸区間に建設中の新駅の名称が、2021年7月1日に発表されました。「中間駅(仮称)」が「櫛田神社前駅(くしだじんじゃまええき)」、「博多駅(仮称)」が「博多駅」となりました。

 引用資料 福岡市交通局(PDF:2021/07/01)
 ≪七隈線延伸事業≫ 新駅の名称が決定しました‼


Fukuokasubway210813
新型車両「3000A系」

 七隈線延伸に伴い増備する新車両が、2021年7月1日に発表されました。名称は「3000A系」です。「A」は「Advance」の頭文字です。編成数は4編成(1 編成あたり4両)、車両基地搬入は2021年9月下旬~10月上旬予定、運用開始は2021年度冬頃を予定しています。

 引用資料 福岡市交通局(PDF:2021/07/01)
 ≪七隈線延伸事業≫ 新車両が決定しました‼


Fukuokasubway210814
「新型車両のインテリア」です。



|

2021年7月26日 (月)

「ESR」が九州初進出 マルチテナント型物流施設「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(福岡甘木DC)」を開発!

Fukuokaesr210711
-ESR福岡甘木ディストリビューションセンター-

 「ESR」は2021年7月19日に、福岡県朝倉市に「ESR」としては九州地方初進出となる「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(福岡甘木DC)」を開発すると発表しました。

 「福岡甘木DC」は、 敷地面積約40,000㎡、延床面積約70,000㎡、地上3階のマルチテナント型物流施設で、2021年11月の着工、2022年12月の竣工を予定しています。総投資額は約125億円です。

 引用資料 ESR(PDF:2021/07/19)
 【ESR福岡甘木ディストリビューションセンター】開発のお知らせ

 建物は地上3階の「耐震構造」です。スロープで2階までアクセスでき、最小賃貸区画は約1,500坪、最大8テナントに分割が可能です。1階は建物両面に、2階は中央車路を挟んで両側にトラックバースを配置します。
 トラックバースには大型車は最大88台、4tトラックは最大128台の接車が可能です。また、敷地内に大型車の待機スペースを十分に確保することで、安全性に配慮した効率的な入出庫オペレーションを実現します。

 県道33号線・県道8号線経由で大分自動車道の「甘木IC」から約1.7km(車で約4分)、大分自動車道と九州縦貫自動車道(九州自動車道)、長崎自動車道や国道3号など、九州の東西南北を結ぶ交通結節点で九州の物流の要所である「鳥栖JCT」から約14km(車で約14分)に位置しており、九州全域への配送を網羅できます。

ESR福岡甘木ディストリビューションセンターの概要
◆ 所在地-福岡県朝倉市一木59-4
◆ 交通-(車)大分自動車道「甘木IC」1.7km/大分自動車道・九州自動車道・長崎自動車道「鳥栖JCT」14km、(電車)甘木鉄道・西日本鉄道「甘木駅」2.3km
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 敷地面積-約40,000㎡
◆ 延床面積-約70,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設
◆ 建築主-ESR
◆ 着工-2021年11月01日予定
◆ 竣工-2022年12月31日予定
◆ 総投資額-約125億円


Fukuokaesr210712
「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(福岡甘木DC)」の完成イメージ図です。


Fukuokaesr210713
「周辺図」です。


Fukuokaesr210714
「広域図」です。



|

2021年7月22日 (木)

北九州市のスペースワールド跡地 イオンモールの「(仮称)八幡東田プロジェクト」 体験型英語教育施設「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」の出店が決定!

Kitakyuaeon210711
-(仮称)八幡東田プロジェクト-

 「イオンモール」は、福岡県北九州市八幡東区のスペースワールド跡地に出店する「(仮称)八幡東田プロジェクト」において、計画概要および、コンセプトを2020年2月19日に発表しました。

 計画地のスペースワールド跡地は、北九州都市高速「枝光IC」、JR鹿児島本線「スペースワールド駅」に隣接し、車、電車、バスなど全ての交通アクセスが良好な立地です。また、計画地周辺は世界遺産である「官営八幡製鐵所」、北九州市が運営する博物館等が立地しており、北九州市の観光拠点の一つのエリアとなっています。

 出店業態は、既存の「イオンモール八幡東」との相乗効果も図れる業態として、「地域創生型商業施設 THE OUTLETS」で、2022年春オープンを目標に計画を進めています。

● (仮称)Kitakyushu Global Gateway)の出店!
 「イオンモール」は2021年7月21日に、福岡県北九州市八幡東区において開発中の「(仮称)八幡東田プロジェクト)」に、西日本エリア初の体験型英語教育施設「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」の出店が決定したと発表しました。

  引用資料 イオンモール(2021/07/21)
 「(仮称)八幡東田プロジェクト」の新たな取り組みについて

 「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」は、日常から離れ、海外をイメージして作られたアトラクションでいつもと違う環境の中で、グローバルな世界を存分に体験しながら自然に英語を学習することができます。

 KGGの出店により、新科学館、博物館群とあわせ八幡東田地区における「学び」を通じた拠点性(エデュケーションツーリズム拠点)の確立に繋がり、国内外からの誘客をさらに強化できるものと考えています。

(仮称)八幡東田プロジェクト の概要
◆ 所在地-福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番101外
◆ 敷地面積-約270,000㎡(プロジェクト全体面積)
◆ 延床面積-約57,000㎡(約75,000㎡から変更)
◆ 総賃貸面積-約48,000㎡(約58,500㎡から変更)
◆ 駐車台数-約4,500台(敷地外駐車場含む) *約4,000台(敷地外駐車場含む)から変更
◆ オープン-2022年春予定

イオンモール八幡東との合計概要
◆ 敷地面積- 約336,000㎡
◆ 延床面積-約140,600㎡(約158,600㎡から変更)
◆ 総賃貸面積-約96,000㎡(約106,500㎡から変更)
◆ 駐車台数-約6,500台(敷地外駐車場含む) *約6,000台(敷地外駐車場含む)から変更

(備考) 赤字は、2020年2月19日に発表された概要です。


Kitakyuaeon210712
「アウトレットゾーン(センターストリート)」です。


Kitakyuaeon210713
「アウトレットゾーン(ヒルサイドストリート)」です。


Kitakyuaeon210714
「アウトレットゾーン(パークサイドストリート)」です。


Kitakyuaeon210715
「アウトレットゾーン(レイクプラザ)」です。


Kitakyuaeon210719
「ゾーニング計画」です。



|

2021年7月20日 (火)

「北九州空港」の滑走路長を2,500mから3,000mに延長 施設計画段階のパブリック・インボルブメントの実施計画書をとりまとめ!

Kitakyuair21071011
-北九州空港滑走路延長計画-

 「国(大阪航空局、九州地方整備局)」は、「北九州空港」における大型貨物機の長距離運航を可能とするため、現行の滑走路長2,500mを3,000mに延長整備する計画を検討しています。

 この計画の透明性を確保しつつ幅広い合意形成を図るため、関係者の連絡調整を図り、円滑かつ効率的な推進に資するため、関係地方公共団体(福岡県、北九州市、苅田町)と、国(大阪航空局、九州地方整備局)は、北九州空港施設計画検討協議会を設置しました。

 北九州空港施設計画検討協議会は、北九州空港の滑走路延長にともなう施設計画段階のパブリック・インボルブメント(略名:PI)の実施計画書をとりまとめ、2021年7月15日(木)~8月16日(月)にかけて、パブリック・インボルブメントを実施しています。

 引用資料 国土交通省
 北九州空港滑走路延長計画

 引用資料 国土交通省(PDF:2021/07/15)
 北九州空港滑走路延長計画について(PIレポート )

● 滑走路延長の必要性
 「北九州空港」は深夜・早朝時間帯も利用できる海上空港であることから、これまでも貨物専用機に利用されてきましたが、滑走路長が2,500mであるため、利用する際に制約が生じています。 航空会社は、この制約のために北九州空港では離着陸できないと判断し、別の空港を利用することがあります。

 代表的な貨物専用機「B747-8F型機」は、北米・欧州まで商用運航として成立する貨物量を搭載すると、滑走路長が2,500mでは重量オーバーとなり離陸することができません。


Kitakyuair21071012
滑走路延長に伴う施設配置計画

 滑走路延長計画では、滑走路・誘導路などの基本施設、航空灯火、ILS施設などを整備します。


Kitakyuair21071013
滑走路を南側へ延長する理由

 滑走路を北側へ延長する場合には、滑走路延長用地の確保に新たな埋め立てや人工地盤の整備が必要になります。また、海上部に設置してある既存の標準式進入灯火も移設になります。そのため、潮流の変化による水質や海生動物の生息環境への影響などが生じる可能性があります。

 一方、滑走路を南側へ延長した場合は空港島の未利用地を活用し、空港用地造成に着手することができます。環境への影響については、新たに海を埋め立てる必要がなく、水質や動物の生育環境への影響も少ないため、北側へ延長した場合より優位となります。


Kitakyuair21071014
空港周辺の航空機騒音の変化
 滑走路延長後の航空機騒音について、「航空機騒音に係る環境基準(環境省告示)」の住宅地域における基準値(Lden57デシベル)は、概略の検討により、海上に収まることを確認しています。



|

2021年7月14日 (水)

福岡市 大規模商業施設「(仮称)青果市場跡地活用事業新築工事」 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称を決定!

Fukuokalalaport210711
-青果市場跡地-
 青果市場跡地は、1968年9月に開場した青果市場が2016年2月に「アイランドシティ」に移転したことに伴い、福岡市が民間への売却を決定しました。

 福岡空港から約2km、博多駅から約3kmの好立地にある約8.8haの広大な敷地として注目を集め、売却先の公募には、4つの企業グループ(イオンモールを代表企業とするグループ、イズミを代表企業とするグループ、JR九州を代表企業とするグループ、三井不動産を代表企業とするグループ)が応募していました。

 「福岡市」は2018年7月19日に、博多区那珂の青果市場跡地の再開発事業者に、「三井不動産(代表)、九州電力、西日本鉄道」で構成する企業グループを選定する方針を固めました。

 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」は、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発について、2020年11月12日に起工式を執り行いました。開業は2022年春を予定しています。

● 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に名称を決定!
 「三井不動産、九州電力、西日本鉄道」は7月13日に、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設について、「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に名称を決定したと発表しました。

 引用資料 三井不動産(2021/07/13)
 福岡市青果市場跡地に「ららぽーと」九州初進出 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」 に名称決定 ~ 「キッザニア」「おもちゃ美術館」も九州初進出! ~

 三井不動産が国内外で展開するリージョナル型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと」は、九州初進出となります。こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」と、日本最大級の木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」も九州初進出となります。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡の概要
◆ 計画名-(仮称)青果市場跡地活用事業新築工事
◆ 所在地-福岡市博多区那珂六丁目351番他(福岡市青果市場跡地)
◆ 交通-JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分
◆ 階数-(店舗棟)地上5階、地下1階、(立体駐車場棟)地上7階
◆ 敷地面積-約86,600㎡
◆ 延床面積-約206,400㎡(立体駐車場棟含む)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-店舗、遊技場、診療所、駐車場(自動車車庫)、その他(機械室)
◆ 駐車台数-約3,050台
◆ 建築主-博多那珂6開発特定目的会社(三井不動産、九州電力、西日本鉄道)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-(店舗棟)竹中・南海辰村・西鉄建設・小林・坂下建設共同企業体、(立体駐車場棟)大和リース
◆ 着工-2020年11月12日(起工式)
◆ 竣工・開業-2022年春予定


Fukuokalalaport210712
「ららぽーと福岡 外観イメージ」です。


Fukuokalalaport210713
「ららぽーと福岡 広場イメージ」です。


Fukuokalalaport210714
「ららぽーと福岡 建物イメージ」です。


Fukuokalalaport210715
「キッザニア福岡 イメージパース」です。


Fukuokalalaport210716
「福岡おもちゃ美術館 イメージ図」です。


Fukuokalalaport210717
「配置図」です。


Fukuokalalaport201115
「狭域図」です。


Fukuokalalaport201116
「広域図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際