81 福岡県

2020年10月17日 (土)

JR九州 鹿児島本線の千早駅~箱崎駅間に新駅設置! 九州大学箱崎キャンパス跡地のまちづくり(貝塚駅周辺土地区画整理事業)と連携を図る

Fukuokahakozaki201011
-千早駅~箱崎駅間に新駅設置-

 福岡市にある「国立大学法人九州大学」は、「箱崎地区(福岡市東区)、六本松地区(福岡市中央区)、原町地区(福岡県粕屋町)」の3カ所のキャンパスを福岡市西区と糸島市にまたがる新キャンパス「伊都キャンパス」に統合移転しました。

 鹿児島本線の千早駅~箱崎駅間の新駅については、九大跡地利用4校区協議会からの設置要望を受けて検討を行っていましたが、新駅を設置することで福岡市との協議が整いました。開業時期は2025年を目標としています。

 引用資料 JR九州(PDF:2020/10/16)
 鹿児島本線 千早~箱崎駅間 新駅設置について

 九州大学箱崎キャンパス跡地は、福岡都心部に近く、新たな拠点となることが期待されており、JR九州としても、新駅の設置が同エリアのよりよいまちづくりに寄与するものと考えています。今後、福岡市が計画している「貝塚駅周辺土地区画整理事業」と連携を図りながら、新駅設置に向けた具体的な準備を進めていきます。

● 九州大学箱崎キャンパス跡地のまちづくり
 箱崎キャンパス跡地等において、良好な市街地形成と新たな都市機能を導入するため、まちづくりに共通する整備ルールや将来の絵姿等を示すことを目的として、福岡市と九州大学で「九州大学箱崎キャンパス跡地グランドデザイン」を策定しました。

 引用資料 福岡市・公式ホームページ
 九州大学箱崎キャンパス跡地のまちづくり


Fukuokahakozaki201012
新駅の位置

 鹿児島本線の千早駅~箱崎駅間に新駅を設置します。位置は、(小倉方面)千早駅-2.3km-(新駅)-1.7km-箱崎駅(博多方面)の地点を予定しています。


Fukuokahakozaki201013
九州⼤学統合移転事業

 「箱崎地区、六本松地区、原町地区」の3カ所のキャンパスを新キャンパス「伊都キャンパス」に統合移転しました。「伊都キャンパス」は、福岡市西区と糸島市にまたがる東西約3km、南北約 2.5km、272haの広大な敷地です。九州大学の一大拠点である「医学部(大学病院含む)、歯学部、薬学部」等ががある「病院地区」は移転していません。


Fukuokahakozaki201014
「公共施設配置計画」です。


Fukuokahakozaki201015
「事業スキーム」です。



|

2020年10月12日 (月)

「福岡市民会館」と「須崎公園」を一体的に再整備 みどり溢れる文化芸術空間を創出する「福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業」

Fukuokasuzaki201011
-福岡市民会館・須崎公園-
 「福岡市」では、建替え期を迎えた「福岡市民会館」について、現在の機能を継承しながら、時代の変化を捉えて、福岡市における文化振興の拠点として整備することとしています。

 また、隣接する「須崎公園」と一体的に整備することで、両施設の魅力が相まったみどり溢れる文化芸術空間を創出し、内外から多くの人々が集うエリアを形成することを目指しています。

福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業
 
「福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業」は、1963年に開館した「福岡市民会館」の建替えに伴い、隣接する「須崎公園」と一体的に整備することで、都心に緑あふれる文化芸術空間を創出しようというものです。

 「福岡市」は、BTO方式のPFIで行う「福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業」について総合評価一般競争入札を実施し、日本管財を代表とする11企業のグループを落札者に決定しています。 2024年3月に拠点文化施設と須崎公園(1期)、2026年3月に須崎公園(2期)の供用を開始予定です。

 引用資料 福岡市・公式HP
 福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業について

 事業対象エリアは、「福岡市民会館」が10,573.63㎡、「須崎公園」が29,602.07㎡です。拠点文化施設の主な導入機能は、大ホール(約2,000席)、中ホール(約800席)、文化活動・交流ホール(約150席)、リハーサル室・練習室,エントランスホールなどとなっています。


Fukuokasuzaki201012
「拠点文化施設 外観」です。


Fukuokasuzaki201013
「大ホール(約2,000席)」です。


Fukuokasuzaki201014
「中ホール(約800席)」です。


Fukuokasuzaki201015
「福岡市民会館(10,573.63㎡)」と「須崎公園(29,602.07㎡)」の位置です。一体的に再整備して施設を再配置します。「須崎公園」は水辺に開かれた公園に生まれ変わります。



|

2020年8月31日 (月)

福岡市が天神ビッグバン2年延長を正式発表! 最大規模の再開発が予想される「天神二丁目南ブロック(明治通り沿道地区)」

Fukuokatenjin200821
-天神ビッグバン2年延長-

 「福岡市」では、老朽化した民間ビルなどが多く集まる天神地区において、国家戦略特区による規制緩和等を活用し新たな空間と雇用を生み出す「天神ビッグバン」を進めています。

 「福岡市」は8月27日に「天神ビッグバン」について、期限を当初の2024年末竣工から2年間延長すると発表しました。新型コロナウイルス感染症対策機能の導入を促す狙いです。高島宗一郎市長は記者会見で「世界最速で感染症対応シティになる」として、首都圏企業の分散需要を取り込む考えを示しました。

 福岡市 天神ビッグバン(PDF:2020/08/27)
 世界に先がけた感染症対応シティへ! ~生まれ変わる都心 ピンチをチャンスへ~

 感染症対策として、顔認証型のエントランスや大型エレベーターの導入、換気装置や通信環境を充実させることなどが延長の条件です。道路を挟んだビルの一体開発など複数街区にまたがる大規模再開発プロジェクトに限っては、2022年末までに概要を市に提出すれば、2026年末以降の竣工でも容積率緩和を受けられるようになります。

 新型コロナウイルス感染症対策機能の導入が2年延長の理由になっていますが、実際問題としてすでに動き出しているプロジェクト以外は、工事期間を考えると2024年末竣工はほぼ不可能な状態になっていました。私は新型コロナウイルスの問題が無くても、近いうちに延長が発表されるされると予想していました。

 再開発を行う上で、利害の対立する街区の集約化は非常に難しく、地権者の合意形成には長期間を要します。事業者にとって2年間の猶予は大歓迎だと思います。

● 天神二丁目南ブロック(明治通り沿道地区)
 天神ビッグバン2年延長の発表とは直接は関係ないですが、天神明治通り地区では、更新期を迎えた建物の機能更新と併せ、地権者が主体となったまちづくりの取り組みを進めており、2013年9月にまちの将来像を示す地区計画(方針)の都市計画決定を行っています。

 「天神二丁目南ブロック(明治通り沿道地区)」において、 地区整備計画(原案)について合意形成が図られたことから、地区計画の変更(内容の追加)手続きを進めています。

 引用資料 福岡市(PDF)
 福岡広域都市計画天神明治通り地区地区計画(市決定)の変更について


Fukuokatenjin200822
「地区の概要」です。福岡市中央区天神二丁目の一部の区域面積約1.1haです。


Fukuokatenjin200823
「追加する地区計画の概要」です。


Fukuokatenjin200824
「天神二丁目南ブロック(明治通り沿道地区)」は、東西に細長い区域面積約1.1haです。

● 容積率の最高限度1,300%に!
 建築物の容積率は900%ですが、 まちづくりの取り組みに応じて最大400%を加算し,最高限度1,300%(現指定容積率700%)となります。加算容積率大400%の内訳は、まちづくりの取り組み内容に応じて最大350%、天神ビッグバンボーナス認定を受けた場合50%となります。



|

2020年8月26日 (水)

天神ビッグバン 天神1丁目北ブロック14番街区 「福岡三栄ビル」と「日本生命福岡ビル」を一体的に再開発 高さ86mを見込む!

Fukuokatenjin200811
-天神1丁目北ブロック14番街区-

 「福岡市」では、老朽化した民間ビルなどが多く集まる天神地区において、国家戦略特区による規制緩和等を活用し新たな空間と雇用を生み出す「天神ビッグバン」を進めています。

 「積水ハウス」と「日本生命保険」は、それぞれ所有する「福岡三栄ビル」と「日本生命福岡ビル」の一体的な再開発を計画しています。福岡市が地区計画の変更手続きを進めている「天神1丁目北ブロック14番街区」の一部で、再開発促進事業「天神ビッグバン」の優遇策を活用できます。

 建設通信新聞(2020/08/20)
 設計は久米、大林で解体/所有ビルを一体的再開発/積水ハウスと日本生命

 引用資料 福岡市(PDF)
 天神明治通り地区(天神1丁目北ブロック14番街区)地区計画等の検討状況について

 再開発ビルの主用途は「オフィス」で、構造は「鉄骨造」です。階数や延床面積は未定で、建物高さは86mを見込みます。地区計画の変更で、容積率を850%に定め、まちづくりの取り組みで最大350%、天神ビッグバンボーナスの認定で50%を加算し、最大1,250%まで可能となります。


Fukuokatenjin200812
「天神1丁目北ブロック14番街区」の位置図です。「福岡三栄ビル」と「日本生命福岡ビル」の間には天神8号線が通っており、一体化に向け開発行為に入ります。開発区域面積は、2棟と天神8号線を含め約3,869㎡となります。


Fukuokatenjin200813
「断⾯イメージ」です。建物のセットバックでは、敷地境界線から建物の外壁までの距離の最低限度を天神通線沿いは8mとしています。


Fukuokatenjin200814
「地区計画の区域」です。



|

2020年7月17日 (金)

博多コネクティッド 旧博多スターレーン跡地 大規模オフィスビル「(仮称)博多駅東一丁目開発」の新築着工!

Fukuokantt200711
-(仮称)博多駅東一丁目開発計画 -

 「NTT都市開発」および「大成建設」の2社は、福岡市博多区博多駅東一丁目において共同事業として計画中の「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」に関して、「博多コネクティッドボーナス」の認定を受けました。

 「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」は、九州の陸の玄関口である博多駅の活力と賑わいをさらに周辺につなげ、地域のつながりを生みだす開発をめざし、福岡市において官民連携で推進する「博多コネクティッド」に貢献できるものと考えています。

● 新築工事に着手!
 「NTT都市開発」および「大成建設」の2社は、「(仮称)博多駅東一丁目開発」計画について、新築工事に着手しました。2022年夏の開業を予定しています。

 引用資料 NTT都市開発(2020/07/15)
 (仮称)博多駅東一丁目開発 (旧博多スターレーン跡地)新築着工について

(仮称)博多駅東一丁目開発計画の概要
◆ 所在地-福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目18番33号
◆ 階数-地上10階、塔屋1階、地下0階
◆ 敷地面積-4,935.34㎡
◆ 建築面積-約2,992㎡  
◆ 延床面積-約29,278㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場
◆ 建築主-NTT都市開発、大成建設
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2020年07月
◆ 竣工-2022年07月予定
◆ 開業-2022年07月予定


Fukuokantt200712
オフィス基準階室内

 博多駅周辺地区最大級の基準階約670坪の無柱空間を有し、最小約35坪から分割区画が可能です。


Fukuokantt200713
南側広場

 シンボルツリーのほか、多くの中高木を配置。大規模な緑化を施し、四季を通してワーカーや来街者に安らぎや潤いを提供します。


Fukuokantt200714
屋上リフレッシュスペース

 働く場所や時間の使い方、仕事の仕方をワーカーが考えながら働く、新しい働き方「Activity Based Working」。屋上にも自然なコミュニケーションが生まれやすい空間を提供します。


Fukuokantt200715
「オフィス基準階(高層階)」です。ビルの中央にエレベーターや非常階段などの「コア」があります。


Fukuokantt200314
「所在地」です。



|

2020年5月 7日 (木)

九州最高層の超高層タワーマンション 地上46階、高さ約152mの「センターマークスタワー」 

Fukuokaisland200511
-センターマークスタワー-
 「西日本鉄道、三菱地所レジデンス、京阪電鉄不動産」は3社共同で、福岡市東区のアイランドシティ地区に、住居系では九州一の高さを誇る超高層分譲マンション「(仮称)香椎照葉5丁目計画A棟」を建設しました。正式名称は「センターマークスタワー」です。

 引用資料 公式ホームページ
 センターマークスタワー

 当初は、地上46階、地下0階、高さ約152mの超高層ツインタワーマンション(A棟、B棟)が計画されていましたが、計画が大幅に変更になりました。

 九州一高い超高層ビルは、宮崎県のシーガイアにある「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の高さ約154mですが、超高層タワーマンションに限ると、同じアイランドシティ地区にある地上45階、地下0階、高さ149.47mの「I TOWER(アイタワー)」でした。  

センターマークスタワーの概要
◆ 計画名-(仮称)香椎照葉5丁目計画A棟
◆ 所在地-福岡市東区香椎照葉五丁目26番37、44(地番)
◆ 交通-JR鹿児島本線「千早駅」バス19分・西鉄バス「香椎照葉五丁目」下車徒歩4分
◆ 階数-地上46階、地下0階
◆ 建物高さ-最高部約152m
◆ 敷地面積-19,040.00㎡(建築確認対象面積9,520.00㎡)
◆ 建築面積-3,261.23㎡
◆ 延床面積-37,497.24㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-(住宅棟)場所打ち鋼管コンクリート拡底杭×21本、(駐車場棟)既成コンクリート杭×44本
◆ 地震対策-免震構造(積層ゴム支承、弾性すべり支承、パッシブロックダンパー、減衰こま)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-283戸
◆ 建築主-(仮称)香椎照葉5丁目計画A棟分譲事業共同事業体(売主 西日本鉄道、三菱地所レジデンス、京阪電鉄不動産)
◆ 設計者・監理者-竹中工務店 
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2016年12月01日
◆ 竣工-2019年01月31日
◆ 入居開始-2019年03月


Fukuokaisland200512
免震構造

 福岡は地震が比較的少ないですが、地震対策として建物と基礎の間に免震装置(積層ゴム支承、弾性すべり支承、パッシブロックダンパー、減衰こま)を設置する「免震構造」を採用しています。基礎工法は、場所打ち鋼管コンクリート拡底杭(21本)となっています。


Fukuokaisland200513
アイランドシティ「センターマークス街区」の完成イメージです。


Fukuokaisland200514
センターマークス街区

 「センターマークス街区」は、九州最高層の超高層タワーマンション「センターマークスタワー」を中心として、地上14階の分譲マンション「センターマークスレジデンス」、地上12階の賃貸マンション「ラクレイス香椎照葉」、地上12階の住宅型有料老人ホーム「サンカルナ香椎照葉」などで構成されています。


Fukuokaisland200515
アイランドシティ3棟目の超高層タワーマンション

 「センターマークスタワー」は、1棟目の「アイランドタワー スカイクラブ」、2棟目の「アイタワー」に続くアイランドシティ地区3棟目の超高層タワーマンションです。「アイランドシティ地区」には他にも複数棟の超高層タワーマンションが計画されています。



|

2020年5月 6日 (水)

ホークスタウンモール跡地 地上28階、高さ約100mの超高層ツインタワーマンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」

Fukuokahawkstown200511
-ザ・パークハウス 福岡タワーズ-

 「三菱地所」は、福岡県福岡市中央区地行浜において計画を進めていた「ホークスタウンモール跡地複合再開発計画」内の商業施設について、施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定し、2017年6月1日に地鎮祭を執り行い着工しました。

 更に、「三菱地所レジデンス、積水ハウス、西日本鉄道」の3社の共同事業である共同住宅棟の「Ⅰ期棟」も2017年11月に着工しました。正式名称は「ザ・パークハウス 福岡タワーズ 」です。

 引用資料 公式ホームページ
 ザ・パークハウス 福岡タワーズ  

 地上28階、搭屋あり、地下0階、高さ100.45mの超高層ツインタワーマンションです。「Ⅰ期棟」の「WEST」は、2019年12月下旬に竣工、2020年3月下旬から入居開始しています。「Ⅱ期棟」の「EAST」は、2020年12月下旬に竣工予定、2021年3月中旬に入居開始予定です。

ザ・パークハウス 福岡タワーズ WESTの概要

◆ 計画名-(仮称)福岡市中央区地行浜2丁目マンション計画(Ⅰ期)
◆ 所在地-福岡県福岡市中央区地行浜二丁目30-26(地番)
◆ 交通-福岡市地下鉄空港線「唐人町」駅より徒歩12分
◆ 階数-地上28階(28階は機械室・階段室)、搭屋あり、地下0階
◆ 高さ-最高部100.45m
◆ 敷地面積-12,094.00㎡(施設全体)、6,784.62㎡(WEST)
◆ 建築面積-3,974.53㎡(WEST) 
◆ 延床面積-41,095.84㎡(WEST)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(18本)
◆ 地震対策-免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、ロックオイルダンパー、増幅機構付減衰装置)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-584戸(施設全体)、292戸(WEST・事業協力者住戸27戸含む)
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、積水ハウス、西日本鉄道
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計、竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2017年11月01日(WEST)
◆ 竣工-2019年12月下旬(WEST)
◆ 入居開始-2020年03月下旬(WEST)

ザ・パークハウス 福岡タワーズ EASTの概要
◆ 計画名-(仮称)福岡市中央区地行浜2丁目マンション計画(Ⅱ期)
◆ 所在地-福岡県福岡市中央区地行浜二丁目30-26(地番)
◆ 交通-福岡市地下鉄空港線「唐人町」駅より徒歩12分
◆ 階数-地上28階(28階は機械室・階段室)、搭屋あり、地下0階
◆ 高さ-最高部100.45m
◆ 敷地面積-12,094.00㎡(施設全体)、5,309.38㎡(EAST)
◆ 建築面積-1,532.28㎡(EAST) 
◆ 延床面積-29,502.78㎡(EAST)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(18本)
◆ 地震対策-免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、ロックオイルダンパー、増幅機構付減衰装置)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-584戸(施設全体)、292戸(EAST・事業協力者住戸5戸含む)
◆ 建築主-三菱地所レジデンス、積水ハウス、西日本鉄道
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計、竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2018年11月01日(EAST) 
◆ 竣工-2020年12月下旬予定(EAST)
◆ 入居開始-2021年03月中旬予定(EAST)

(備考) 総戸数は各棟292戸で同じですが、「EAST」より「WEST」の建築面積と延床面積の数値が大きいのは、「WEST」には「駐車場棟」を含んでいる思われます。


Fukuokahawkstown200512
イメージ図です。


Fukuokahawkstown200513
全体のイメージ図です。「福岡PayPayドーム(旧ヤフオク!ドーム)」の隣に建設されています。


Fukuokahawkstown200514
配置図です。


Fukuokahawkstown200515
位置図です。



|

2020年5月 5日 (火)

福岡市 地上40階、高さ約137mの超高層タワーマンション「Brillia Towers 西新」 & 商業施設「PRALIVA(プラリバ)」

Fukuokanishijin180321
-Brillia Towers 西新

  「西新エルモールプラリバ」は、福岡市地下鉄空港線「西新(にしじん)駅」に直結する商業施設でしたが、2015年7月31日をもって閉店しています。当初は、「西新エルモール」として開業し、核店舗には地元の老舗百貨店岩田屋の子会社である「西新岩田屋」が入っていました。

「東京建物」は、福岡県福岡市早良区の西新エルモールプラリバ跡地において、既存建物である商業施設を減築し、高層住宅を増築する「(仮称)西新プロジェクト」を行っています。「東京建物」は、高層住宅の名称を「Brillia(ブリリア)Tower 西新」に決定しています。

 引用資料 東京建物(PDF:2018/03/12)
 西新エリアの新たなランドマーク 九州初の地下鉄駅直結・免震タワーレジデンス 「 Brillia Tower 西新 」着工 商業施設は2019年秋に開業予定

 引用資料 公式公式ホームページ
 Brillia(ブリリア)Tower 西新

 「東京建物、プライムプレイス、東京不動産管理」は、「Brillia Tower 西新」に併設する地上4階、地下2階の新商業施設「PRALIVA(プラリバ)」を、2019年7月26日にオープンしました。

Brillia Tower 西新の概要
◆ 計画名-(仮称)西新プロジェクト、西新リボーンプロジェクト
◆ 所在地-福岡県福岡市早良区西新四丁目113番(地番)
◆ 交通-福岡市営地下鉄空港線「西新」駅より徒歩1分
◆ 階数-地上40階、地下2階(Brillia Tower 西新)、地上4階、地下2階(商業施設)
◆ 高さ-最高部約約137m
◆ 敷地面積-4,200.11㎡(施設全体)
◆ 建築面積-3,327.48㎡(施設全体)
◆ 延床面積-50,789.35㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎(既存建物のコンクリートを使用)
◆ 地震対策-制振構造(地上6階部分まで)、中間層免震構造(屋内駐車場とその上部の住宅部分との間に免震装置(積層ゴムアイソレーター、減衰こま、弾性すべり支承)を設置)
◆ 用途-共同住宅、店舗、駐車場
◆ 総戸数-306戸(うち事業協力者住戸5戸含む、店舗)
◆ 建築主-東京建物、西日本鉄道、三菱地所レジデンス
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2016年10月24日~2018年05月15日
◆ 着工-2018年02月28日(安全祈願祭)、2018年03月01日(住宅棟着工)
◆ 竣工-2020年12月下旬予定
◆ 入居開始-2021年03月下旬予定(Brillia Tower 西新)
◆ オープン-2019年07月26日(商業施設プラリバが一部開業)、2021年03月予定(商業施設プラリバが全体開業)


Fukuokanishijin170312
「減築・増築の概要」です。既存の商業施設を8階(約29,400㎡)から4階(約10,000㎡)に減築し、既存躯体を再利用しながら、新たな高層住宅を増築します。


Fukuokanishijin200511
福岡市営地下鉄空港線「西新」駅直結、地下鉄で天神・博多・福岡空港へ、ダイレクトアクセス出来ます。


Fukuokanishijin200512
商業棟「PRALIVA」(プラリバ)」

 地上4階、地下2階の新商業施設「PRALIVA(プラリバ)」が、2019年7月26日にオープンしました。九州初を含む36店舗が出店しています。2021年春には、新たに4店舗(住宅棟1階部分3店舗、PRALIVA 屋上カフェ1店舗予定)が開業予定です。


Fukuokanishijin200513
構造体概念CG

 地震対策として、地上6階部分までが「制振構造」となっています。共同住宅部分は、屋内駐車場とその上部の住宅部分との間に「免震装置」を設置する「中間層免震構造」を採用しています。


Fukuokanishijin200514
構造概念図

 基礎工法は、既存建物の基礎のコンクリートを使用する「直接基礎」となっています。 免震装置・制振装置として「積層ゴムアイソレーター、減衰こま、弾性すべり支承、パッシブロックダンパー」を設置しています。


Fukuokanishijin200515
「配置図」です。


Fukuokanishijin200516
「位置図」です。近くの「修猷館高等学校(しゅうゆうかん)」は、公立では福岡県一の進学校です。



|

2020年5月 3日 (日)

福岡市 簀子小学校跡地活用事業 人生100年時代の到来を見据え「病院棟、高齢者施設棟、すのこ体育館棟」などを整備!

Fukuokasunoko200511
-簀子小学校跡地活用-

 福岡市の「簀子小学校(すのこしょうがっこう)」は、都心部の教育環境整備により、2014年4月の舞鶴中学校区の小中学校再編に伴い跡地となりました。

 簀子小学校跡地は、地域と福岡市において跡地の取り扱いを定めた「舞鶴中学校区の小中学校再編に関する計画書」に基づき、舞鶴小中学校の第2運動場・第2体育館として学校や地域の利用に供する中で、学校施設としての利用上の制約や既存体育館の老朽化により、地域行事等や災害時の避難場所としての機能継続に課題を抱えていました。

 このため福岡市では、地域行事等の場や災害時の避難場所としての機能継続を図るとともに、立地特性などを活かした地域や福岡市にとって魅力ある跡地活用とするため、地域の代表や学識経験者などで構成する「簀子小学校跡地活用会議」を設置し、跡地全体を民間活力による活用を図ることとした「簀子小学校跡地活用方針」を策定し、民間事業者に貸付た上、跡地活用を行う簀子小学校跡地活用事業を実施することとしました。

● 簀子小学校跡地活用事業の優先交渉権者
 福岡市により「簀子小学校跡地活用事業」の事業者公募が行われ、「桜十字」を代表企業とし、「九州旅客鉄道(JR九州)」ほか6社を構成員とする企業グループが、優先交渉権者として選定されています。

 引用資料 桜十字・公式HP(2019/09/25)
 簀子小学校跡地活用事業(福岡市)の優先交渉権者に決定しました


Fukuokasunoko200512
「那の津通り側外観」です。


Fukuokasunoko200513
「那の津通り側外観(アイレベル)」です。


Fukuokasunoko200514
「イベント広場のマルシェ」です。


Fukuokasunoko200515
「施設計画」です。人生100年時代の到来を見据え、「病院棟、高齢者施設棟、すのこ体育館棟」などを整備します。


Fukuokasunoko190512
「案内図」です。

 引用資料 福岡市(2019/04/26)
 簀子小学校跡地活用の事業者公募の実施について


Fukuokasunoko190513
「位置図」です。面積8,560.36㎡と結構な広さがあります。


Fukuokasunoko190511
「簀子小学校跡地」を北西側から見た様子です。


Fukuokasunoko190515
西側から見た様子です。


Fukuokasunoko190516
南側から見た様子です。



|

2020年4月24日 (金)

国土交通省 大規模なオフィス空間・店舗を整備し、賑わいを創出 福岡市の「民間都市再生整備事業計画(舞鶴オフィスプロジェクト)」を認定!

Fukuokamaiduru200411
-舞鶴オフィスプロジェクト-

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、合同会社舞鶴オフィスプロジェクトから申請のあった「民間都市再生整備事業計画(舞鶴オフィスプロジェクト)」について認定しました。

 引用資料 国土交通省(2020/04/21)
 民間都市再生整備事業計画(舞鶴オフィスプロジェクト)を認定 ~大規模なオフィス空間・店舗を整備し、賑わいを創出~

 事業区域が位置する福岡市中央区は、老朽化しているビルが多く、耐震性に課題があるなど、建替え需要が顕在化しており、更なる機能強化と魅力向上を目指すエリアです。

 天神から1km圏内にある約4,200㎡の広大な敷地(現況は駐車場)を活用して複合施設を整備するものであり、オフィスに加えて低層部に店舗等を整備することでまちの賑わい創出を図ります。また、制振構造の採用や非常用発電機の整備などにより、企業のBCP策定に寄与します。

舞鶴オフィスプロジェクトの概要
◆ 所在地-福岡県福岡市中央区舞鶴三丁目136番1
◆ 階数-(オフィス棟)地上9階、(駐車場棟)地上4階
◆ 敷地面積-4,269.31㎡(施設全体)
◆ 建築面積-(オフィス棟)2,278.45㎡、(駐車場棟)846.64㎡
◆ 延床面積-(オフィス棟)20,506.26㎡、(駐車場棟)3,382.06㎡
◆ 容積対象面積-(オフィス棟)19,648.46㎡、(駐車場棟)85.35㎡
◆ 構造-鉄骨造(オフィス棟、駐車場棟)
◆ 地震対策-制振構造(オフィス棟)
◆ 用途-(オフィス棟)オフィス、店舗、飲食店、診療所、駐車場、(駐車場棟)駐車場
◆ 建築主-合同会社舞鶴オフィスプロジェクト
◆ 着工-2020年08月01日予定
◆ 竣工-2022年03月01日予定


Fukuokamaiduru200412
「イメージ」です。


Fukuokamaiduru200413
「概要図」です。


Fukuokamaiduru200414
「周辺状況」です。


Fukuokamaiduru200415
「位置図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 石川県・福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県 88 沖縄県 89 愛媛県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際