71 愛知県

2017年2月15日 (水)

名古屋市 「劇団四季」が名古屋駅南に新劇場を建設 オープンした「名古屋四季劇場」

Nagoyashiki170211
-名古屋四季劇場-

 「劇団四季」は、名古屋駅南地区に新しい専用劇場「名古屋四季劇場」を建設して、2016年10月16日にオープンしました。

 「劇団四季」は、中部地区の拠点として、1999年5月15日から名古屋市中区の堀川運河沿いにある「新名古屋ミュージカル劇場」で上演活動を続けていましたが、2016年8月21日をもって閉館しました。

 「劇団四季」の新しい作品は、舞台装置や機材などの規模が大きくなっており、既存の劇場ではスペックの問題から上演が難しくなっていたのが移転の理由です。
 また、利便性の高い名駅エリアに最新の劇場を建設する事により、中部地区での観客動員の拡大につなげます。

 新しい専用劇場「名古屋四季劇場」の計画名は「(仮称)名駅南劇場計画」です。「NTT都市開発」が所有する土地を借りて建設しました。投資額は約24億円です。

 「舞台と客席に一体感がある、濃密な空間」をコンセプトに据え、客席数約1,200席(車いすスペースは7台分確保)で、旧劇場よりも約200席増えました。
 客席は2階層で、2階席は極力舞台に近づくように1階席中央部近くまでせり出し、舞台前から2階席最前列までの距離は13.5mで、客席と舞台の距離が近く、どの席からも見やすいのが特徴です。

名古屋四季劇場の概要
◆ 計画名-(仮称)名駅南劇場計画
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区名駅南二丁目11-11
◆ 交通-JR「名古屋」駅から徒歩13分、地下鉄東山線・桜通線「名古屋」駅から徒歩10分、名鉄「名鉄名古屋」駅から徒歩10分、近鉄「近鉄名古屋」駅から徒歩10分
◆ 階数-地上3階、地下1階
◆ 高さ-28.3m
◆ 敷地面積-4,165.48㎡
◆ 建築面積-2,795.89㎡
◆ 延床面積-4,655.64㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-劇場、映画館又は演劇場
◆ 客席数-約1,200席(車いすスペースは7台分確保)
◆ 建築主-四季株式会社
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2015年10月01日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2016年09月30日(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2016年10月16日

(注意) 「建築計画の概要」の数値なので、竣工後の正確な数値と一致していない可能性があります。


Nagoyashiki170212
「名古屋四季劇場」を南東側から見た様子です。奥の超高層ビルは「住友生命名古屋ビル」です。


Nagoyashiki170213
南東側のエントランスです。こけら落としは2016年10月16日からの「リトルマーメイド」でした。


Nagoyashiki170214
北東側のエントランスです。


Nagoyashiki170215
「名古屋四季劇場」を北東側から見た様子です。


Nagoyashiki170216
「名古屋四季劇場」を南西側から見た様子です。


Nagoyashiki170217
「名古屋四季劇場」を西側から見た様子です。



|

2017年1月24日 (火)

ささしまライブ24地区 愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事 2017年4月開校!

Nagoyasasashima170111
-愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事-
 「愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事」の起工式が2014年12月13日(土)に行われました。本格的な工事は、2015年2月頃から始まっています。建物自体はすでに完成しており、2017年4月に開校予定です。

愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6他
◆階数-地上20階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-93.80m
◆ 敷地面積-4,957.00㎡
◆ 建築面積-2,299.70㎡
◆ 延床面積-15,152.98㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制震構造(座屈拘束ブレース、耐震間柱、粘弾性ダンパー)
◆ 用途-大学
◆ 建築主-学校法人 愛知大学
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2014年12月13日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月31日予定
◆ 開校-2017年04月予定


Nagoyaaichiu170111
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た様子です。


Nagoyaaichiu170112
「本館(研究棟)」の最高部です。「ヘリポート(R表示のホバリングスペース)」が見えます。2016年12月には、名古屋市消防局による消防検査が行われ、チェックのためにヘリコプターが飛来したそうです。


Nagoyaaichiu170113
「本館(研究棟)」を北西側から見た様子です。地震対策として、地震エネルギーを吸収する「座屈拘束ブレース」や「耐震間柱」、さらに「粘弾性ダンパー」を採用し地震の後揺れ対策を施しています。


Nagoyaaichiu170114
「本館(研究棟)」の下層階を北西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170115
「本館(研究棟)」の下層階を北側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170116
「B-1敷地」と「B-2敷地」を接続する歩行者デッキを北側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170117
「本館(研究棟)」側の接続部分です。


Nagoyaaichiu170118
「講義棟」側の接続部分です。


Nagoyaaichiu170119
「B-1敷地」と「B-2敷地」を接続する歩行者デッキを南側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170120
「本館(研究棟)」を南西側から見上げた様子です。


Nagoyaaichiu170121
「本館(研究棟)」を南西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170122
「開口部」です。


Nagoyaaichiu170123
南側の「グローバルコンベンションホール」を北西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170124
少し角度を変えて見た様子です。


Nagoyaaichiu170125
「本館(研究棟)」と「グローバルコンベンションホール」を接続する歩行者デッキを西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170126
奥は「駐車場」となっています。


Nagoyaaichiu170127
「グローバルコンベンションホール」を南西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170128
「グローバルコンベンションホール」の1階は「駐輪場」となっています。



|

2017年1月23日 (月)

名古屋市 「三井ビル北館、菱信ビル、白川第三ビル」を一体的に再開発? 「菱信ビル」跡地の北側部分に暫定的な商業施設を建設して「コメ兵」が出店!

Nagoyakomehyo170111
-三井ビル北館、菱信ビル、白川第三ビル菱信ビル跡地-

 名古屋駅前の「ミッドランド スクエア」と「モード学園スパイラルタワーズ」の間の一等地に、西側から「三井ビル北館、菱信ビル、白川第三ビル」の3棟が重なるように建っていました。

 最初に一番西側の「三井ビル北館」の解体工事が行われました。次に一番東側の「白川第三ビル」の解体工事が行われました。中央の「菱信ビル」だけ残っていましたが、解体工事が行われました。

 跡地に何が建設されるのかは具体的にまだ何も発表されていませんが、普通に考えて一体的に再開発されるのは誰の目にも明らかです。

 西側の「三井ビル北館」の跡地には、2014年4月17日に数年間の暫定的な商業施設となる「M4テラス」が開業しています。将来の再開発を見込んでいずれも期限付きでの入居です。


Nagoyakomehyo170112
コメ兵が出店
 ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「菱信ビル」跡地の北側部分です。北側(ミッドランド正面側)は、地権者である「むさし企業」の土地保有分248坪です。

● 暫定施設を建設
 「中日新聞」によると「むさし企業」が地上2階のビルを建設するそうです。テナントにはブランド品などのリサイクルショップ「コメ兵」が入居します。オープンは2017年5月の予定です。

 面積は約1,320㎡と名古屋・大須の本店、東京の新宿店に次ぐ国内3番目の規模となり宝石や貴金属、時計、かばん、衣料を扱う予定です。

 「労災保険関係成立票」にとると工期は、2016年8月25日~2017年5月25日(予定)となっています。規模から明らかに暫定施設です。
 現地の標識類を見ると、建築主は「むさし企業」、設計者・監理者は「加藤設計」、施工者は「さつき建設」となっています。


Nagoyakomehyo170113
北西側から見た様子です。


Nagoyakomehyo170114
北東側から見た様子です。地上2階の暫定的な商業施設を建設中です。


Nagoyakomehyo170115
南側から見た様子です。



|

2017年1月21日 (土)

ささしまライブ24地区 「ささしまライブ駅-グローバルゲート-愛知大学」を直結する歩行者デッキ 2017年1月6日の建設状況

Nagoyasasashima160451
-ささしまライブ24地区-
 「ささしまライブ24地区」では、地区の内外を結ぶ幹線道路を整備し、快適で利便性の高い移動を実現するとともに、景観面や安全面に配慮した道路空間づくりを進めています。

 鉄道を高架で横断するオーバーパスする歩行者道(開通済)や鉄道を地下で横断するアンダーパス(自動車道)を整備ししています。

 名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の「ささしまライブ駅」から、建設中の「グローバルゲート」を経由して、「愛知大学名古屋キャンパス」を結ぶ歩行者デッキの建設も行われています。

 引用資料 名古屋市・公式HP(最終更新日:2016/04/12)
 ささしまライブ24地区の公共空間の整備イメージ


Nagoyasasashima160452
「歩行者デッキ(東西デッキ)の完成予想パース」です。


Nagoyasasashima160453
「歩行者デッキ(南北デッキ)の完成予想パース」です。


Nagoyasasashima170151
名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の「ささしまライブ駅」のデッキから見た様子です。「歩行者デッキ」は、2017年3月15日に完成予定です。


Nagoyasasashima170152
「ささしまライブ駅~グローバルゲート ウエストタワー」間の歩行者デッキです。


Nagoyasasashima170153
「歩行者デッキ」のフェンスは、ガラス張りとなっています。


Nagoyasasashima170154
地上から見た「ささしまライブ駅~グローバルゲート ウエストタワー」間の歩行者デッキです。


Nagoyasasashima170155
「グローバルゲート ウエストタワー~愛知大学名古屋キャンパス」間の歩行者デッキです。


Nagoyasasashima170156
「グローバルゲート ウエストタワー」の南側部分です。





Nagoyasasashima170157
90度曲がって、建設中の幅員40mの「笹島腺」をオーバーパスします。「愛知大学名古屋キャンパス」や整備中の「1号公園」と接続します。


Nagoyasasashima170159
「笹島腺」をオーバーパスする部分を地上から見た様子です。


Nagoyasasashima170158
「愛知大学名古屋キャンパス」との接続部分です。


Nagoyasasashima170160
「愛知大学名古屋キャンパス」の西側には、「1号公園」が整備中ですが、一部がすでに供用開始されています。



|

2017年1月19日 (木)

名古屋市 地上36階、高さ約170mの「グローバルゲート ウエストタワー」 2017年1月6日の建設状況

Nagoyasasashima170111
-ささしまライブ24地区 グローバルゲート-

 「豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産」の関係5社は、2014年10月2日に「グローバルゲート」の起工式を行いました。

 ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」は、2017年3月末の竣工を見込んでいます。正式名称は「グローバルゲート」になります。

 引用資料 公式ホームページ
 グローバルゲート 

● 名古屋初のプリンスホテルが誕生
 「プリンスホテル」が、「ウエストタワー」の上層31階~36階にホテル・レストランを開業し、2階~4階にコンファレンスセンターを設置します。「プリンスホテル」としては名古屋初進出となります。

ローバルゲートの概要
◆ 計画名-ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番7、60番9、60番11、60番12、60番13、60番14の各一部
◆ 交通-あおなみ線「ささしまライブ」駅徒歩1分、名鉄・近鉄「名古屋」駅徒歩10分、JR「名古屋」駅徒歩12分
◆ 階数-(ウエストタワー棟)地上36階、塔屋2階、地下2階、(大和ハウス名古屋ビル)地上17階、塔屋2階、地下2階、(低層棟)地上4階、地下2階
◆ 建物高さ-(ウエストタワー棟)最高部約170m、軒高159.96m、(大和ハウス名古屋ビル)最高部約90m、(低層棟)最高部約30m
◆ 敷地面積-17,267.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積-11,272.08㎡(施設全体)
◆ 延床面積-156,857.39㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-パイルド・ラフト基礎(ウエストタワーは場所打ちコンクリート拡底杭×28本)
◆ 地震対策-制震システム(波形鋼板耐震壁、粘弾性ダンパー)
◆ 用途-オフィス、ホテル、コンファレンスセンター、商業施設、駐車場
◆ 客室数-約170室(プリンスホテル)
◆ 建築主-ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2014年10月02日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月末予定
◆ 開業-2017年04月予定(オフィス)、2017年秋予定(商業、ホテル、コンファレンス)


Nagoyasasashima170112
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「グローバルゲート」の全景です。


Nagoyasasashima170113
「フロア構成」です。「イーストタワー棟」の正式名称は「大和ハウス名古屋ビル」になるようです。


Nagoyasasashima170131
地上36階、塔屋2階、地下2階、高さ約170mの「ウエストタワー」です。


Nagoyasasashima170132
「ウエストタワー」の最高部です。


Nagoyasasashima170133
「ウエストタワー」を南側から見た様子です。


Nagoyasasashima170134
「ウエストタワー」の下層階を南側から見た様子です。


Nagoyasasashima170135
「ウエストタワー」を南西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170136
「ウエストタワー」の下層階を南西側から見た様子です。名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の「ささしまライブ駅」から、「グローバルゲート」を経由して、「愛知大学名古屋キャンパス」を結ぶ歩行者デッキの建設も行われています。


Nagoyasasashima170137
「ウエストタワー」を西側から見た様子です。



|

名古屋市 地上17階、高さ約90mの「グローバルゲート 大和ハウス名古屋ビル」 2017年1月6日の建設状況

Nagoyasasashima170111
-ささしまライブ24地区 グローバルゲート-

 「豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産」の関係5社は、2014年10月2日に「グローバルゲート」の起工式を行いました。

 ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」は、2017年3月末の竣工を見込んでいます。正式名称は「グローバルゲート」になります。

 引用資料 公式ホームページ
 グローバルゲート 

● 大和ハウス名古屋ビル
 「イーストタワー棟」の正式名称は「大和ハウス名古屋ビル」になるようです。「大和ハウス工業」の名古屋支社を始めとした、大和ハウスグループの名古屋地区の新しい拠点となります。グループ会社を集約することで、連携を強化し、グループシナジーを創出していきます。

ローバルゲートの概要
◆ 計画名-ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番7、60番9、60番11、60番12、60番13、60番14の各一部
◆ 交通-あおなみ線「ささしまライブ」駅徒歩1分、名鉄・近鉄「名古屋」駅徒歩10分、JR「名古屋」駅徒歩12分
◆ 階数-(ウエストタワー棟)地上36階、塔屋2階、地下2階、(大和ハウス名古屋ビル)地上17階、塔屋2階、地下2階、(低層棟)地上4階、地下2階
◆ 建物高さ-(ウエストタワー棟)最高部約170m、軒高159.96m、(大和ハウス名古屋ビル)最高部約90m、(低層棟)最高部約30m
◆ 敷地面積-17,267.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積-11,272.08㎡(施設全体)
◆ 延床面積-156,857.39㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-パイルド・ラフト基礎(ウエストタワーは場所打ちコンクリート拡底杭×28本)
◆ 地震対策-制震システム(波形鋼板耐震壁、粘弾性ダンパー)
◆ 用途-オフィス、ホテル、コンファレンスセンター、商業施設、駐車場
◆ 客室数-約170室(プリンスホテル)
◆ 建築主-ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2014年10月02日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月末予定
◆ 開業-2017年04月予定(オフィス)、2017年秋予定(商業、ホテル、コンファレンス)


Nagoyasasashima170112
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「グローバルゲート」の全景です。


Nagoyasasashima170113
「フロア構成」です。イーストタワーの正式名称は「大和ハウス名古屋ビル」になるようです。


Nagoyasasashima170114
地上17階、塔屋2階、地下2階、高さ約90mの「大和ハウス名古屋ビル(イーストタワー)」です。


Nagoyasasashima170115
「大和ハウス名古屋ビル(イーストタワー)」の最高部です。「大和ハウス工業」のロゴが取り付けられています。


Nagoyasasashima170116
「大和ハウス名古屋ビル(イーストタワー)」を北東側のゲートが開いていました。


Nagoyasasashima170117
「大和ハウス名古屋ビル(イーストタワー)」を南東側から見た様子です。


Nagoyasasashima170118
「大和ハウス名古屋ビル(イーストタワー)」の下層階を南東側から見た様子です。


Nagoyasasashima170119
「大和ハウス名古屋ビル(イーストタワー)」を南西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170120
地上4階、地下2階の「低層棟」を南東側から見た様子です。


Nagoyasasashima170121
「低層棟」を南側から見た様子です。


Nagoyasasashima170122
「低層棟」を南西側から見た様子です。「グローバルゲート」を経由して、「愛知大学名古屋キャンパス」を結ぶ歩行者デッキの建設も行われています。



|

2017年1月16日 (月)

名古屋市 地上28階、高さ約101mのホテル型高級賃貸マンション「栄タワーヒルズ」 2017年1月6日の建設状況

Nagoyasakae170111
-栄タワーヒルズー

 リーマンショック前に、「白川公園」の東側の映画館「ヘラルドシネプラザ」跡地に超高層タワーマンション「(仮称)栄タワーヒルズ」が計画されていました。

 その後、一向に着工される気配はなく、地上21階、地下1階、高さ80.395mと規模を縮小して、「建築計画の概要」まで掲示されましたが、2015年2月1日の着工予定日を過ぎても着工される事はありませんでした。

● 2016年10月5日に地鎮祭
 その後「建築計画の概要」が変更されて、地上28階、地下1階、高さ100.80m、延床面積26,866.69㎡と規模が大幅に拡大されました。

 2016年10月5日に「地鎮祭」が行われ着工しました。 計画名は「(仮称)新・栄タワーヒルズ」ですが、正式名は「栄タワーヒルズ」に決定いるようです。

 引用資料 公式ホームページ → 栄タワーヒルズ

 高さですが、公式ホームページの物件概要で、高さ100.80mとなっています。「東建ビル管理」の公式ホームページには、 ”2019年、名古屋市中区栄に28階(地上28階、地下1階)建て、高さ107メートルの「栄タワーヒルズ」が完成予定となっております。” と書いてあるので、最高部は約107mの可能性があります。

 東建ビル管理 → 公式ホームページ 

栄タワーヒルズの概要
◆ 計画名-(仮称)新・栄タワーヒルズ
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄三丁目3517番地1
◆ 交通-名古屋市営地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩8分、名古屋市営地下鉄鶴舞線「大須観音」駅徒歩9分、名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅徒歩12分
◆ 階数-地上28階、地下1階  
◆ 高さ-100.80m  *最高部は約107mの可能性あり
◆ 敷地面積-3,102.41㎡
◆ 建築面積-1,970.80㎡
◆ 延床面積-26,866.69㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、ショールーム、オフィス、店舗
◆ 総戸数-156戸
◆ 建築主-(有限会社)東建大津通B
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-東建コーポレーション、清水建設
◆ 着工-2016年10月05日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年02月末予定
◆ 総工費-約200億円(土地代含む)


Nagoyasakae170112
「階層概要」です。


Nagoyasakae170113
「栄タワーヒルズ」の建設現場を南西側から見た様子です。


Nagoyasakae170114
南側の歩道橋から見た様子です。公式HPの「建設ブログ ~栄タワーヒルズができるまで~」を見ると既存の地下躯体の解体工事、及び地下空洞の埋め戻し作業を行っているようです。

● 流動化処理土
 埋め戻しには、砕石と土に水、セメントなどを混ぜて作られた「流動化処理土」を使って地下空洞の埋め戻しを行なっています。

 「流動化処理土」は、福岡市の博多駅前2丁目交差点付近における道路陥没事故の復旧工事で、埋め戻し材として大量に使用されて一躍有名になりました。


Nagoyasakae170115
重機でバリバリと地下躯体の解体工事を行っています。


Nagoyasakae170116
敷地東側です。



|

2017年1月13日 (金)

名古屋市 地上29階、高さ約99mの「プラウドタワー名古屋栄」 2017年1月6日の建設状況

Nagoyanayabashi150911
-プラウドタワー名古屋栄-

 「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」は、リーマンショック前には「納屋橋ルネサンスタワーズ(仮称)」として超高層ツインタワー計画されていました。
 オフィス棟は、地上42階、地下2階、高さ約170m、住宅棟は、地上39階、地下2階、高さ約140mの大規模な計画でした。

 その後、「納屋橋ルネサンスタワーズ(仮称)」の計画は頓挫し、最終的には、地上29階、高さ99,25mとなり、起工式が2015年2月12日に行われ、「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」は着工しました。

 構成企業の「野村不動産、NIPPO、三菱地所レジデンス」が住宅保留床、「ユニー」が商業保留床を取得します。タワーマンション部分の正式名称は「プラウドタワー名古屋栄」となっています。竣工前ですが、すでに全戸完売しています。

 引用資料 公式ホームページ(全戸完売)
 プラウドタワー名古屋栄

プラウドタワー名古屋栄の概要
◆ 計画名-納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄一丁目212番(地番)
◆ 交通-地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅徒歩6分 地下鉄東山線・桜通線「名古屋」駅徒歩13分 
◆ 階数-(住宅棟)地上29階、地下0階、(商業業務棟)地上5階、(店舗棟)地上3階、(業務棟)地上4階
◆ 高さ-99.25m
◆ 敷地面積-10,590.79㎡(建築確認申請対象面積)、5,999.07㎡(分譲対象敷地面積)
◆ 建築面積-9,398.71㎡(建築確認申請対象面積)、2,958.66㎡(分譲対象建築面積)
◆ 延床面積-62,010.65㎡(建築確認申請対象面積)、41,961.90㎡(分譲対象延床面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制震構造(プラウドタワー名古屋栄) *建物内部に設置された制震装置によって揺れの影響が緩和
◆ 用途-共同住宅、商業施設、オフィス
◆ 総戸数-347戸(うち非分譲住戸1戸)
◆ 建築主-納屋橋東地区市街地再開発組合(売主 野村不動産、NIPPO、三菱地所レジデンス)
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水・大日本土木建設共同企業体(清水建設、大日本土木JV)
◆ 着工-2015年02月12日(起工式)
◆ 竣工-2017年06月下旬予定
◆ 入居開始-2017年07月下旬予定


Nagoyanayabashi150912
「プラウドタワー名古屋栄」を中心に敷地内には、スーパーマーケット、専門店、カフェ、レストラン、医療、オフィス、銀行、テラスを配置した複合施設となります。


Nagoyanayabashi1170111
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た様子です。


Nagoyanayabashi1170112
敷地南側の劇団四季の「新名古屋ミュージカル劇場」跡地は、今回の再開発の対象外です。「新名古屋ミュージカル劇場」は、解体工事が行われています。


Nagoyanayabashi1170113
「プラウドタワー名古屋栄」の建設現場です。


Nagoyanayabashi1170114
最高部です。タワークレーンが姿を消しています。


Nagoyanayabashi1170115
「店舗棟」の建設現場です。「店舗棟」には「ユニー」の都市型スーパーの「ピアゴ ラフーズコア納屋橋店」が入居する予定です。


Nagoyanayabashi1170116
「商業業務棟」の建設現場です。


Nagoyanayabashi1170117
南西側から見た様子です。


Nagoyanayabashi1170118
南西側から見た下層階の様子です。



|

劇団四季の「新名古屋ミュージカル劇場」跡地 「(仮称)HOTEL DAIWA 名古屋」に建築計画の概要掲示!

Nagoyanayabashi1170121
-(仮称)HOTEL DAIWA 名古屋-

 「プラウドタワー名古屋栄」などの「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」が行われているすぐ南側に劇団四季の「新名古屋ミュージカル劇場」がありました。

 「新名古屋ミュージカル劇場」は、2016年8月21日に「オペラ座の怪人」ロングラン公演の千秋楽をもって閉館しました。劇団四季は、名古屋駅南地区に専用劇場「名古屋四季劇場」を建設して、2016年10月16日に移転オープンしました。

 「新名古屋ミュージカル劇場」の土地を所有している「東陽倉庫」は跡地を再開発します。敷地面積約5,290㎡のうち約1,800㎡に ビジネスホテル「(仮称)HOTEL DAIWA 名古屋」を建設して賃貸します。残り約3,490㎡には駐車場を建設(自営)します。

(仮称)HOTEL DAIWA 名古屋の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄一丁目207-7
◆ 階数-地上14階、地下0階
◆ 高さ-48.72m
◆ 敷地面積-1,818.20㎡
◆ 建築面積-591.45㎡
◆ 延床面積-7,904.88㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、店舗
◆ 建築主-日立キャピタル
◆ 設計者・監理者-大和ハウス工業
◆ 施工者-大和ハウス工業
◆ 解体工事-2016年09月26日~2017年03月31日予定
◆ 着工-2017年04月03日頃予定


Nagoyanayabashi1170122
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「新名古屋ミュージカル劇場」の解体現場です。


Nagoyanayabashi1170123
南西側から見た様子です。


Nagoyanayabashi1170124
南東側から見た様子です。


Nagoyanayabashi1170125
解体工事の工事名は「東陽倉庫株式会社 劇団四季解体工事」となっています。「劇団四季解体工事」って、あの「劇団四季」を解体するみたいで凄い名称ですね(笑)。解体工事の工期は、2016年9月26日~2017年3月31日(予定)となっています。


Nagoyanayabashi1170126
「(仮称)HOTEL DAIWA 名古屋」の建築計画の概要です。


Nagoyanayabashi1170127
「名古屋市旅館等指導要綱による標識」です。



|

2017年1月11日 (水)

名古屋市 新たなランドマークとなるオフィスビル「(仮称)錦二丁目計画」 2017年1月6日の建設状況

Nagoyanishiki16031
-(仮称)錦二丁目計画-

 三菱地所などで構成する「名古屋デベロップメント特定目的会社」と「積水ハウス」は、名古屋市中区の旧大和生命ビル跡地に複合ビル「(仮称)錦二丁目計画」を建設しています。

 2016年3月1日に新棟の新築工事に着工しました。同一区画の西側にある1926年竣工の「旧名古屋銀行本店ビル」は、近代的な銀行建築として価値が高いため、商業店舗として保存・活用します。

 引用資料 三菱地所(PDF:2016/03/03)
 「(仮称)錦二丁目計画」着手 -新たなランドマークとなるオフィスビルの開発と歴史的建築物の保存・活用による、栄・伏見エリア活性化プロジェクト始動-

(仮称)錦二丁目計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区錦二丁目2011番他
◆ 階数-地上21階、塔屋2階、地下1階(新棟)、地上6階、塔屋1階、地下1階(保存棟)
◆ 高さ-97.100m(新棟)、28.521m(保存棟)
◆ 敷地面積-4,581.79㎡(施設全体)
◆ 建築面積-2,373.80㎡(新棟)、989.99㎡(保存棟)
◆ 延床面積-45,410.13㎡(新棟)、4,956.82㎡(保存棟)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場
◆ 建築主-名古屋デベロップメント特定目的会社、積水ハウス
◆ 設計者・監理者-(新棟)三菱地所設計、竹中工務店、(保存棟)三菱地所設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2015年08月01日~2016年02月29日
◆ 着工-2016年03月01日(新棟)、2016年06月(保存棟改修工事)
◆ 竣工-2018年02月末予定


Nagoyanishiki16032
「位置図」です。


Nagoyanishiki170111
「(仮称)錦二丁目計画」を南東側から見た様子です。冬は日没が早く、暗くなったので撮影を諦めようか? とも思いましたが、なんとか日没前に現場に到着しました。


Nagoyanishiki170112
地上部分の鉄骨建方がかなり進んでいました。前回の撮影が、2016年8月18日に「日本ガイシホール」で行われた「カナやん(西野カナ)」のライブの時だったので、約5ヶ月ぶりです。その時は、地下躯体を構築中でした。


Nagoyanishiki170113
タワークレーン2基で建設しています。


Nagoyanishiki170114
「(仮称)錦二丁目計画 新棟」を南側から見た様子です。


Nagoyanishiki170115
「(仮称)錦二丁目計画 新棟」を北東側から見た様子です。


Nagoyanishiki170116
「(仮称)錦二丁目計画」を南西側から見た様子です。


Nagoyanishiki170117
敷地西側の「旧名古屋銀行本店ビル」は、近代的な銀行建築として価値が高いため、商業店舗として保存・活用します。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場