71 愛知県

2019年6月22日 (土)

名古屋市 (仮称)N3計画 三菱UFJ銀行の中部地区を統括する新本部ビル 2019年6月21日に起工式を挙行!

Nagoyaufj190611
三菱UFJ銀行名古屋ビル-
 「東海銀行本店」は、1961年に竣工しました。1962年には「BCS賞」を受賞しています。東海地区唯一の都市銀行であった「東海銀行」の本店ビルとして長らく使用されました。

 2002年の「三和銀行」との合併後は、「UFJ銀行本店」として、2006年に「東京三菱銀行」に吸収合併されされた後は、「三菱東京UFJ銀行名古屋ビル」して使用されました。正に日本の銀行再編の生き字引のような建物です。

 「三菱UFJ銀行名古屋ビル」は建て替えられます。街区の西側に建設された「広小路クロスタワー」に「三菱UFJ銀行」をはじめとする「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の名古屋本部機能が、2018年6月11日に移転しました。

 「三菱UFJ銀行」は、建て替えに向け、「三菱UFJ銀行名古屋ビル」の解体工事に着手しました。工事名は「(仮称)N3計画 解体工事」で、施工者は「大林組・徳倉建設・名工建設・矢作建設工業 特定建設工事共同企業」です。

● 2019年6月21日に起工式を挙行!
 「三菱UFJ銀行」は2019年6月21日に、中部地区を統括する新本部ビルの起工式を挙行しました。2021年度の完成を予定しています。低層部には中部産の磁器タイルなどの建材を採用し、中部地区のランドマークになることを目指します。

 引用資料 日本経済新聞(2019/6/21)
 三菱UFJ銀、名古屋の新本部ビル着工 21年度に完成

 新本部ビルには、三菱UFJフィナンシャル・グループで中部地区を統括する銀行と信託銀行、証券会社を集約します。三菱UFJ銀行の貨幣資料館や外部テナントの誘致などを検討しています。

(仮称)N3計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄町三丁目21番24号
◆ 階数-地上10階、地下2階
◆ 高さ-56.45m
◆ 敷地面積-5,221.47㎡
◆ 建築面積-4,405.85㎡
◆ 延床面積-48,489.05㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-銀行、オフィス、展示場、物販店舗
◆ 建築主-三菱UFJ銀行
◆ 設計者・監理者-N3計画 三菱地所設計・日建設計・伊藤建築設計事務所 設計監理共同企業体
◆ 施工者-大林組・徳倉建設・名工建設・矢作建設工業 特定建設工事共同企業体
◆ 解体工事-2018年07月15日~2019年08月31日予定
◆ 着工-2019年06月21日(起工式)
◆ 竣工-2021年06月末予定


Nagoyaufj190115
「(仮称)N3計画」の建築計画の概要です。


Nagoyahfj181011
営業中だった頃の「三菱UFJ銀行名古屋ビル」を北西側から見た様子です。

三菱UFJ銀行名古屋ビルの概要
◆ 旧称-東海銀行本店、UFJ銀行本店、三菱東京UFJ銀行名古屋ビル
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄町三丁目21番24号
◆ 階数-地上9階、地下3階
◆ 敷地面積-5,221.47㎡
◆ 延床面積-約50,000㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 建築主-東海銀行
◆ 設計者-日建設計工務
◆ 施工者-大林組
◆ 竣工-1961年03月01日


Nagoyanishiki181011
広小路クロスタワー
 「(仮称)錦二丁目計画」は、2018年2月28日に竣工しました。地域の新たなランドマークとなる超高層ビル「広小路クロスタワー」が竣工すると共に、地域に親しまれてきた歴史的建築物「旧名古屋銀行本店ビル」が保存・改修工事を経て生まれ変わりました。

 「広小路クロスタワー」のオフィス部分には、「三菱UFJ銀行」をはじめとする「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の名古屋本部機能が、2018年6月11日に移転しました。

広小路クロスタワーの概要
◆ 計画名-(仮称)錦二丁目計画
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区錦二丁目20番15号
◆ 交通-地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅徒歩4分、地下鉄東山線・名城線「栄」駅徒歩7分
◆ 階数-地上21階、塔屋2階、地下1階(新棟)、地上6階、塔屋1階、地下1階(保存棟)
◆ 高さ-97.100m(新棟)、28.521m(保存棟)

敷地面積-4,581.79㎡(施設全体)
◆ 建築面積-2,373.80㎡(新棟)、989.99㎡(保存棟)
◆ 延床面積-45,410.13㎡(新棟)、4,956.82㎡(保存棟)

構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場
◆ 建築主-名古屋デベロップメント特定目的会社(三菱地所が100%出資)、積水ハウス
◆ 設計者・監理者-(新棟)三菱地所設計、竹中工務店、(保存棟)三菱地所設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2015年08月01日~2016年02月29日
◆ 着工-2016年03月01日(新棟)、2016年06月(保存棟改修工事)
◆ 竣工-2018年02月28日
◆ オープン-2018年03月20日(グランドオープン)、2018年06月11日(三菱UFJフィナンシャル・グループの名古屋本部機能が移転)



|

2019年6月13日 (木)

もう「名古屋飛ばし」とは言わせない! メインアリーナ最大15,000人収容の「愛知県新体育館基本計画」を発表!

Nagoyaaichi190611
-愛知県新体育館基本計画-

 「愛知県」は6月11日に、名古屋市中区の「愛知県体育館」の新築移転に関する基本計画を発表しました。最大15,000人の観客を収容できる施設とし、2022年7月にの着工、2025年4月の完成を目指します。愛知県と名古屋市が共催する2026年夏季アジア大会に間に合わせる計画です。

 引用資料 愛知県・公式HP(2019/06/11)
 愛知県新体育館基本計画(概要)の公表について

 新施設は、名古屋城北側の名城公園北園内に建設し、地上4階、延床面積は現在の約2.5倍の約43,000㎡です。「PFI方式(民間資金を活用した社会資本整備)」を採用し、総事業費は約300億円を見込みます。

 2階~4階に固定席約11,000席を確保、国際大会時などは可動・仮設席4,000席以上を追加で設置可能とします。観客席はバレーボールやバスケットボールの国際大会で約15,000席、大相撲では「両国国技館」と並ぶ約11,000席を確保します。メインアリーナの他に、サブアリーナ、多目的ホールなどを設けます。

 現体育館は1964年の完成しました。愛知県を代表するアリーナですが、老朽化に加え、使い勝手の悪い動線など、国際大会の水準を満たしていません。愛知県は2026年夏季アジア大会などに向け、現在地から約800m北側への移転新築を検討してきました。

● もう「名古屋飛ばし」とは言わせない!
 名古屋市内では、コンサートやイベントに使うホールの不足が深刻化しています。名古屋市内で1万人規模のアリーナは、「日本ガイシホール」しかありません。そのため、大物アーティストが「名古屋飛ばし」をするケースがありました。

 しかし、「愛知県新体育館」の他にもアリーナコンサートでは15,000人の収容規模となる「国際展示場新第1展示館整備事業」が行われる予定です。すべてが完成すると大規模アリーナ会場が3会場になります。

 3会場は、大規模アリーナ会場が、「大阪城ホール」と「ワールド 記念ホール」の2会場しかない関西を上回ります。2施設が完成すると「名古屋飛ばし」は完全に過去のものとなります。私はライブによく行くので、関西人として本当に羨ましいです。


Nagoyaaichi190612
「計画地」です。「名古屋城」のすぐ北側の名城公園北園内です。


Nagoyaaichi190613
「配置計画比較検討」です。配置は「イメージ1」と「イメージ2」の2案があります。


Nagoyaaichi190614
イメージ1の「平面計画」です。


Nagoyaaichi190615
イメージ1の「外観イメージ」です。


Nagoyaaichi190616
「内観イメージ(メインアリーナ)」です。


Nagoyaportmesse181211
国際展示場新第1展示館整備事業

 名古屋市は、2018年12月11日に、PFIを導入する「国際展示場新第1展示館整備事業」の総合評価一般競争入札で、「竹中工務店グループ」を落札者に決定しています。落札額は318億0863万9514円です。

 引用資料 名古屋市・公式ホームページ(2018/12/11)
 名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業に係るPFI手続き

 建設予定地は、あおなみ線金城ふ頭駅の南側の約44,000㎡です。すぐ近くには「レゴランド・ジャパン・リゾート」があります。

 「竹中工務店グループ」は、展示室面積20,045㎡(211m×95m)の無柱空間展示場などが入る地上3階、延床面積39,928㎡の施設を提案していました。

 名古屋市は、展示場の機能強化に向け、「第2展示館」と「第3展示館」も建て替え・拡張する方向で検討を進めています。2027年のリニア中央新幹線開業をにらみ、展示面積8万㎡規模への拡張も視野に入れています。

● アリーナコンサート対応
 コンサートやスポーツにも対応可能な空間となっています。大梁下高さ20mの大空間が確保されており、アリーナコンサートでは15,000人の収容規模となります。

国際展示場新第1展示館整備事業の概要
◆ 階数-地上3階
◆ 敷地面積-約44,000㎡
◆ 建築面積-31,532㎡
◆ 延床面積-39,928㎡
◆ 展示室面積-20,045㎡(211m×95m)
◆ 特徴-無柱空間の展示場、可動式間仕切りにて分割、アリーナコンサート対応の15,000人の収容規模、大梁下高さ20mの大空間
◆ 落札者-竹中工務店グループ(<代表企業>竹中工務店、日本管財、<協力企業>久米設計)
◆ 落札額-318億0863万9514円(消費税及び地方消費税相当額を除く)
◆ 設計・建設-2019年04月~2022年06月予定
◆ 開館準備期間-2022年07月~2022年09月予定
◆ 供用開始-2022年10月予定


Nagoyanishiki160819
名古屋市総合体育館(日本ガイシホール)
 「日本ガイシホール」は、名古屋のアリーナツアーのメッカです。「日本ガイシホール」の正式名称は「名古屋市総合体育館」です。ネーミングライツ契約により、「日本ガイシホール」となっています。

 「帝人名古屋工場」の跡地に建設され、1987年7月19日に開館しました。収容人数は約10,000人(固定7,000席、仮設3,000席)で、規模的には「大阪城ホール」と「神戸ワールド記念ホール」の間くらいです。



|

2019年4月29日 (月)

総額約3,000億円を投資 「トヨタ自動車」の研究開発施設 「Toyota Technical Center Shimoyama」の一部運用を開始!

Toyota190411
-トヨタ テクニカルセンター シモヤマ-

 みなさんは、世界屈指の過酷なコースとして知られるドイツの「ニュルブルクリンク」をご存知でしょうか? 私は、1975年頃~2005年頃まで「F1」大好き人間だったので、F1チャンピオンに3度輝いた「ニキ・ラウダ」の1976年の「ニュルブルクリンク」の大事故で、強烈な印象があります。

 「ニキ・ラウダ」は、瀕死の大やけどを負いましたが、奇跡の復活を果たしました。1976年のマクラーレンの「ジェームス・ハント」とフェラーリの「ニキ・ラウダ」の死闘は今でも語り草です。

 「トヨタ自動車」は、豊田市と岡崎市にまたがる山間部に建設を進めてきた新たな研究開発施設のうち、カントリー路を中心とした「中工区」の工事が完了し、2019年4月25日より「Toyota Technical Center Shimoyama(トヨタ テクニカルセンター シモヤマ ) 」として施設の一部運用を開始しました。

 引用資料 トヨタ自動車(2019/04/25)
 「もっといいクルマづくり」の拠点として、本社の研究開発機能を強化 -「Toyota Technical Center Shimoyama」の一部運用を開始

 今回運用を開始した全長約5.3kmのカントリー路は、世界屈指の過酷なコースとして知られる「ニュルブルクリンク」を長年走りこんできた経験を基に、自然の地形を活かした約75mの高低差と多数のカーブが入り組んだ、厳しい走行環境を持つテストコースとして設計されています。今回の運用開始時には、まず評価ドライバーを中心に約50名が勤務します。

 トヨタは、自動車事業が100年に一度の大変革時代を迎える中で、将来のクルマに求められる走行性能や環境性能、安全性をより高い水準で実現し、世界中の顧客に「もっといいクルマ」を届けるために、豊田市の本社地区における研究開発機能を強化します。

 2023年度の本格稼働までに、総額約3,000億円を投資し、用地取得や施設建設を進めており、完成時には約3,300人の従業員が同施設にて勤務する予定です。


Toyota190412
2023年度完成時の「イメージ図(鳥瞰図)」です。総面積650.8ha、従業員数約3,300名の大規模な研究開発拠点となります。

 引用資料 愛知県・公式ホームページ(PDF)
 豊田・岡崎地区研究開発施設用地造成事業 環境影響評価に係る事後調査報告書


Toyota190413
「土地利用計画図」です。用地造成工事を「愛知県企業庁」、施設建設工事を「トヨタ自動車」が行っています。2023年度の本格稼働時までに、「東工区」には高速評価路や世界各地の特殊な路面を再現した特性路、「西工区」には車両開発施設を設置します。

 「Toyota Technical Center Shimoyama(トヨタ テクニカルセンター シモヤマ ) 」の着工までには、数々の難題がありましたが、「愛知県、豊田市、岡崎市」の全面協力により、着工、そして一部運用を開始しました。官民の連携が非常に上手く行った例です。そうでないと環境の意識が高いこのご時世に総面積650.8haの広大な敷地の買収は不可能です。


Toyota190414
「工事区域の工区区分」です。「西工区・中工区・東工区」の3工区に分かれています。


Toyota190415
「位置図」です。豊田市と岡崎市にまたがる山間部に建設を進めています。「愛知県」の強みはトヨタグループが地元の愛知県に大規模な投資を続けている事です。

 トヨタグループが凄いのは、「トヨタ自動車」以外にも「デンソー、アイシン精機、豊田自動織機」などの巨大企業が存在する事です。これらの企業も地元の愛知県に莫大な投資を続けています。



|

2019年4月11日 (木)

名古屋駅近く ノリタケの森地区計画 イオンモールが初のオフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」を2021年秋に開業!

Nagoyanoritake190411
-ノリタケの森地区計画-

 世界最大級の高級陶磁器・砥石メーカーとして有名な「ノリタケカンパニーリミテド」は、本社の所在する区域について、「三菱商事、イオンモール、三菱地所レジデンス」と4社共同で、都市計画法21条の2に基づく都市計画提案制度を用いて、名古屋市に対し都市計画提案を行っています。

 面積約118,000㎡の約3分の2を占めるノリタケカンパニーリミテドの本社工場跡地の再開発を具体化すべく検討を進めていきます。計画案によると、全体を産業観光・業務地区(約34,000㎡)、商業地区(約62,000㎡)、住宅地区(約22,000㎡)に分けて整備する予定です。

 「ノリタケの森から広がる上質な潤いのあるまちづくり」というコンセプトの下に、ノリタケの森を維持しながら本社工場跡地を活用して商業・住宅の開発を行う事で、区域全体に「みどり」「賑わい・交流」「防災」の機能を展開するまちづくり構想をまとめ、本区域内における道路や緑地・広場など公共施設の配置や建築物の制限等について提案しています。

● イオンモールはオフィス複合型商業施設を開発
 「イオンモール」は4月9日に、名古屋市に初のオフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」を2021年秋に開業すると発表しました。

 引用資料 イオンモール(PDF:2019/04/09)
 イオンモールの新たな事業フォーマット  オフィス複合型商業施設の開発計画 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」について

 新たな国内需要の発掘を実現する施策として、これまで「イオンモール」が取り組んできた商業施設開発とは異なる新たなビジネスフォーマット「働く人と企業を支えるオフィス複合型商業施設」を構築し、その1号店として出店します。敷地面積は約57,000㎡、開店予定は2021年秋です。延床面積や店舗面積等の発表はありませんでした。


Nagoyanoritake190412
「計画地」です。


Nagoyanoritake180212
「地区計画(素案)の概要」です。

 引用資料 ノリタケカンパニーリミテド(2016/03/17)
 名古屋市への都市計画提案について


Nagoyanoritake180213
「土地利用の方針」です。


Nagoyanoritake190413
「ノリタケの森地区計画」の予定地です(撮影日2019年1月10日)。


Nagoyanoritake190414
産業観光・業務地区では、「ノリタケの森」を継承し、歴史遺産を紹介する産業観光施設、業務施設、緑豊かな空間を維持します(撮影日2019年1月10日)。



|

2019年3月27日 (水)

将来的には「第二滑走路」を整備? 中部国際空港沖公有水面埋め立て事業 環境アセス準備書の手続き開始!

Centrair190311
-中部国際空港沖公有水面埋め立て事業-

 国土交通省中部地方整備局は3月25日に、名古屋港の新土砂処分場となる中部国際空港沖公有水面埋め立て事業の環境影響評価(環境アセス)準備書の手続きを開始しました。埋立面積は約290haです。

  引用資料 国土交通省
 「中部国際空港沖公有水面埋立事業」について

 名古屋港で発生する浚渫土砂は現在、「名古屋港ポートアイランド」に搬入していますが、受け入れ容量が限界のため、「中部国際空港(セントレア)」に隣接して新たに処分場を整備します。

 単なる「浚渫(しゅんせつ)」の土砂の埋め立て処分場なら大きな意味を持ちませんが、将来的には「中部国際空港(セントレア)」の第二滑走路を整備する用地として大きな意味を持っています。 

 
Centrair190312
「概略工事工程」です。約32年かけて段階的に実施します。


Centrair190313
見直し後の比較三案から「案-2」が選ばれました。地元の政財界は「中部国際空港(セントレア)」の 第二滑走路の早期実現を国に求めています。表向きには表明されていませんが、将来的に第二滑走路を整備する用地となるのは暗黙の了解です。


Centrair190314
「埋立区域の位置」です。


Centrair190315
「名古屋港で浚渫が必要となる範囲」です。名古屋港で発生する浚渫土砂は現在、「名古屋港ポートアイランド」に搬入しています。



|

2019年3月26日 (火)

名鉄古屋駅4線化計画 「名鉄 名古屋駅地区再開発」と連動 駅範囲を拡張して線路を2線から4線に増設!

Nagoyameitetsu170313
-名鉄古屋駅4線化計画
 
「名古屋鉄道」は2019年度設備投資計画をまとめ、3月25日に発表しました。この中で、鉄道事業におけるサービス改善工事などの一環で、新型通勤車両9500系を16両新造することを明らかにしました。また名鉄名古屋駅を4線化する計画についても発表しました。

 引用資料 名古屋鉄道(ODF:2019/03/25)
 名鉄名古屋駅4線化計画

 「名鉄名古屋駅」については、2017年3月29日に発表された「名鉄 名古屋駅地区再開発」の中で、現在の2倍に拡張され、新たなホームや線路などを設けるという方針が示されました。

 今回発表された計画では、駅範囲を拡張するとともに、線路を上下2本ずつ、計4線に増やします。名古屋駅地区の再開発にあわせ、駅のスペースを広げる計画です。完成は「リニア中央新幹線」が開業する2027年の見込みです。

 ただし、「本資料は現時点での検討段階のイメージを示したものであり、決定したものではありません。今後の周辺地権者・行政等との協議により変更となる場合があります。」との注釈が付けられています。


Nagoyameitetsu190311
「計画」です。線路を上下2本ずつ、計4線に増設する計画です。


Nagoyameitetsu190312
「現況」です。「名鉄名古屋駅」は、 名古屋鉄道最大のターミナル駅ですが、3面2線(ホームは上下各1線を3面で挟み込む配置)しかありません。 

Nagoyameitetsu170311
名鉄 名古屋駅地区再開発
 「名鉄古屋駅4線化計画」は、「名鉄 名古屋駅地区再開発」と一体的に行われます。「名古屋鉄道」は、名古屋駅周辺のビル6棟を一体開発する再開発計画の全体概要を発表しています。南北約400mの細長いビルで、階数は30階程度、高さは約180mを想定しています。

 引用資料 名古屋鉄道(PDF:2017/03/29)
 名鉄 名古屋駅地区再開発全体計画

 再開発される6棟は、北側から「(1)名鉄百貨店本館、(2)名古屋近鉄ビル、(3)名鉄バスターミナルビル、(4)大手町建物名古屋駅前ビル、(5)名鉄レジャック、(6)日本生命笹島ビル」です。敷地面積は約28,000㎡です。

 交通量の多い「太閤通」がビルの下部を通る一体再開発となります。商業施設、オフィス、ホテル、共同住宅などが入居する予定で、2022年度に着工、「リニア中央新幹線」が開業する2027年の完成を目指します。



|

2019年3月16日 (土)

名古屋市 地上20階、高さ約96mの「(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業」の都市計画決定 イメージパースを公開!

Nagoyantt190311
-(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業

 名古屋テレビ塔」の近くの「東桜一丁目1番地区」は、都市再生特別地区の指定を受け、地上20階、塔屋1階、地下1階、高さ約96mの高層複合ビルを建設します。

 計画地は、東区東桜1と中区錦3にまたがる約1.6haで、街区内には商業ビル「ブロッサ」とオフィスビル「アーバンネット名古屋ビル」、清水建設により解体工事が行われた旧住友商事名古屋ビルがありました。

● 都市計画決定の告示!
 「NTT都市開発」が、都市再生特別措置法第37条の規定に基づき、名古屋市へ提案していた ”「(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業」の計画提案に係る都市計画素案” について、2019年3月15日付で都市計画決定の告示がされました。

 引用資料 NTT都市開発(2019/03/15)
 (仮称)東桜一丁目1番地区建設事業の都市計画決定について

(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市東桜一丁目1番
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-約96m
◆ 地区面積-約16,000㎡
◆ 敷地面積-約1,934㎡
◆ 延床面積-約30,900㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-NTT都市開発
◆ 基本設計・コンサルタント業務-日建設計
◆ 解体工事-2017年12月01日~2019年02月28日
◆ 準備工事-2019年09月予定
◆ 竣工-2022年01月予定
◆ オープン-2022年02月予定

Nagoyantt181012
「計画図」です。

 引用資料 名古屋市・公式ホームページ リンク切れ
 計画提案に係る都市計画の素案の閲覧(都市再生特別地区/東桜一丁目1番地区)


Nagoyantt181013
「東桜一丁目1番地区」の拡大です。対象は、街区北西側の旧住友商事名古屋ビル跡地の敷地面積約1,934㎡の「高層棟A」です。


Nagoyantt190111
「(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業」の建設予定地を北西側から見た様子です(撮影日2019年1月10日)。


Nagoyantt190117
高層棟B(アーバンネット名古屋ビル)

 高層棟Bは、「アーバンネット名古屋ビル」です。地上22階、塔屋2階、地下3階、高さ(最高部)99.58mで、2005年9月28日に竣工しています。

● トクサツガガのロケ地
 
2019年1月18日からNHKでドラマ「トクサツガガガ」が放送されました。名古屋市が主な舞台になっていましたが、主人公の特撮をこよなく愛する隠れヲタク「仲村叶(小芝風花)」が務める商社が、「アーバンネット名古屋ビル」となっていました。



|

2019年2月20日 (水)

中日ビル(中部日本ビルディング) 地上31階、高さ約170mの超高層ビルに建て替え 高層部には「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」が出店!

Nagoyachunich190211
-中日ビル建替計画-

 「中日新聞社」と「中部日本ビルディング」は、2019年3月末をもって「中日ビル(中部日本ビルディング)」を閉館し、新ビルに建て替えることを決定しています。

 「中日ビル」は、1966年4月の開館以来、名古屋の中心部・栄のランドマークとして、半世紀にわたって営業を続けてきました。一方、設備の老朽化が目立ち始めて十分な機能を発揮できていないのも事実です。

 耐震性能は、2006年10月に阪神大震災クラスの地震でもほぼ倒壊しない強度を目指して補強しましたが、東日本大震災後に公表された「南海トラフ巨大地震の被害想定」で名古屋市の最大震度が引き上げられ、対応を迫られていました。

● 地上31階、高さ約170mの超高層ビルに建て替え!
 「中日新聞社」と子会社の「中部日本ビルディング」は2月15日に、名古屋・栄の「中日ビル(中部日本ビルディング)」建て替えの基本計画を発表しました。
 
 引用資料 中日ビル(PDF:2019/02/15)
 中日ビル建て替えの基本計画について

 23階~31階の高層部には、三菱地所グループの「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」が約250室のホテルを出店します。ホテルは高級感のある宿泊主体型となる予定です。

 三菱地所(PDF:2019/02/15)
 「中日ビル」建て替えを三菱地所グループがサポート ~新ビルにはロイヤルパークホテルズが出店~

中日ビル(中部日本ビルディング)建て替えの概要
◆ 計画名-中日ビル建替計画
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄四丁目1番1号
◆ 階数-地上31階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部約170m
◆ 敷地面積-約6,857㎡
◆ 建築面積-約5,950㎡
◆ 延床面積-約113,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、ホテル、商業施設、多目的ホール、駐車場、地域冷暖房施設(DHC)
◆ 客室数-約250室
◆ 建築主-中日新聞社、中部日本ビルディング
◆ プロジェクトマネジメント-三菱地所
◆ コンストラクションマネジメントー三菱地所設計
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店 
◆ 解体-2019年度~2020年度予定
◆ 着工-2020年度予定
◆ 竣工-2024年度予定


Nagoyachunich190212
「フロア構成」です。最高部の高さが約170mで、軒高は高さ150mより低いです。


Nagoyachunich180412
「中日ビル(中部日本ビルディング)」を北西側から見た様子です。現在の中日ビルは、2019年3月末に閉館し、2020年度までに解体される予定です。

中日ビル(中部日本ビルディング)の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄四丁目1番1号 
◆ 階数-地上12階、塔屋4階、地下4階
◆ 高さ-最高部約53m
◆ 敷地面積-約6,857㎡
◆ 建築面積-5,772.4㎡
◆ 延床面積-84,491.7㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、劇場、文化センター、飲食店、ショッピング街、催事場・宴会場、他
◆ 建築主-中部日本ビルディング、中日新聞
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-1963年11月
◆ 竣工-1966年04月26日
◆ 閉館-2019年03月末予定


Nagoyachunich180413
外観の特徴である最上階の円盤状の構造物です。回転展望レストランのイメージを活用できないか検討中です。



|

2019年1月29日 (火)

JR東海 リニア中央新幹線の「名古屋市ターミナル駅」 2019/01/10 在来線の名古屋駅の北端で大規模に工事が進行中!

Nagoyajr190171
-リニア中央新幹線-
 
2027年に開業を目指す「リニア中央新幹線(品川~名古屋間)」は、路線距離は約286kmで、全体の86%に当たる約246kmが地下やトンネルとなります。最高時速500キロで走行し、東京と名古屋を最短40分で結ぶ予定です。
 
 駅は、(1)東海道新幹線品川駅地下、(2)相模原市緑区のJR橋本駅付近、(3)甲府市大津町付近、(4)長野県飯田市上郷飯沼付近、(5)岐阜県中津川市千旦林付近、(6)東海道新幹線名古屋駅地下の6駅が設けられます。

中央新幹線(東京都・名古屋市間)の概要
◆ 路線延長-約286km(地上部約40km、トンネル部約246km)
◆ 駅(6駅)
 (1) 東京都-東京都港区東海道新幹線品川駅(地下駅)
 (2) 神奈川県-神奈川県相模原市緑区JR橋本駅付近(地下駅)
 (3) 山梨県-山梨県甲府市大津町付近(地上駅)
 (4) 長野県-長野県飯田市上郷飯沼付近(地上駅)
 (5) 岐阜県-岐阜県中津川市千旦林付近(地上駅)
 (6) 愛知県-名古屋市中村区東海道新幹線名古屋駅(地下駅)
◆ 車両基地(2ヶ所)
 (1) 関東車両基地-神奈川県相模原市緑区鳥屋付近(約50ha)
 (2) 中部車両基地-岐阜県中津川市千旦林付近(工場機能含む:約65ha)
◆ 変電施設-10ヶ所
◆ 保守基地-8ヶ所(保守用車留置施設含)
◆ 走行方式-超電導磁気浮上方式
◆ 最高設計速度-時速505km
◆ 開業-2027年予定(品川~名古屋間)


Nagoyacentral160412
名古屋市ターミナル駅の概要

 「名古屋市ターミナル駅の概要」です。「名古屋市ターミナル駅」は、新幹線や在来線の名古屋駅の北側寄りで、新幹線や在来線とは東西方向にほぼ十字に交差します。

 引用資料 名古屋市・公式ホームページ(PDF)
 リニア中央新幹線と名古屋駅周辺まちづくり構想 


Nagoyacentral160413
名古屋市ターミナル駅の断面イメージ

 「名古屋市ターミナル駅の概要(断面イメージ)」です。地下約30m(新幹線ホームからは約40m)の地下空間に建設します。品川駅と同様に各ホームには2編成ずつ計4編成のリニアが停車出来ます。
 
 
Tokyocentral13095
名古屋駅ターミナル駅の施工概要

 工事は「開削工法」で行われます。私のような素人が工程見ると、超難工事の品川駅よりは簡単そうに見えましたが、品川駅以上に複雑で大規模な工事となるそうです。

 
Nagoyajr190172
高架の在来線のホームの北端を解体して、リニア中央新幹線の「名古屋市ターミナル駅」の工事が行われています。


Nagoyajr190173
西側寄り(東海道新幹線側)です。


Nagoyajr190174
黄色い蓋のある部分の内部で、杭工事を行っていると思われます。


Nagoyajr190175
中央寄りです。


Nagoyajr190176
東側寄りです。


Nagoyajr190177
地上部分です。工事用の建物が構築されています。



|

2019年1月28日 (月)

JR名古屋駅東口(桜通口) 駅前広場を拡張 ロータリーと円錐形モニュメント「飛翔」を撤去!

Nagoyajr190151
-JR名古屋駅東口(桜通口)-

 2027年の「リニア中央新幹線」開業に向け、名古屋市がJR名古屋駅東口(桜通口)に広場を整備する方針を固めました。ロータリーと円錐形モニュメント「飛翔(ひしょう)」を撤去し、駅前の道路を「Y字形」にします。渋滞を減らすとともに、名古屋の玄関口を開けた空間にしてイメージアップを狙います。

 現在は、駅前の「南北道路」と「桜通」は「T字形」に接しています。現状のロータリー構造ではなく、三差路に造り替えて、「T字形」から「Y字形」に変更します。混合しているタクシーと一般車の乗降場を分けて、タクシーは北側、一般車は南側に整備し、車両の混雑を緩和します。

 広場を拡張し、中央コンコースからモニュメント跡地までの充実した広場空間を確保し、乗り換え先を一目で理解でき、エレベーターなどで上下移動も円滑な乗り換え空間に整備します。
 歩行者は中央コンコースから東に向かえば、まっすぐに地下街や地下鉄東山線に向かうことができようになります。

● 迷駅の解消
 名古屋駅は、構造の複雑さや規模の大きさから多くの利用者を戸惑わせます。「名駅」をもじって「迷駅」とも揶揄されています。これたの工事が完成すると、「迷駅」はかなり改善されると思います。


Nagoyajr190152
ロータリーと円錐形モニュメント「飛翔(ひしょう)」を撤去し、駅前の道路を「Y字形」にします。


Nagoyajr190153
北西側から見た様子です。この部分は駅前広場になります。


Nagoyajr190154
JR名古屋駅前のシンボル円錐形モニュメント「飛翔」です。高さ23mあります。


Nagoyajr190155
南西側から見た様子です。正面に見えるのは、地上34階、塔屋1階、地下4階、高さ174.70mの「大名古屋ビルヂング」です。


Nagoyajr190156
南東側から見た様子です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 福井県 77 岡山県 78 広島県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県 88 沖縄県 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場