71 愛知県

2017年5月11日 (木)

名古屋市 さしまライブ24地区 供用開始した「1号公園、名古屋高速5号万場線の高架下広場、中川運河の親水緑地」

Nagoyasasashima1705101
-ささしまライブ24地区-

 「ささしまライブ24地区」の「グローバルゲート」と「愛知大学名古屋キャンパス」が竣工して地区内の施設はほぼ完成しました。残るは東西と南北の幹線道路の整備のみです。

 「ささしまライブ24地区」の憩いの場として「1号公園」と「中川運河の親水緑地」が整備され、2017年4月1日から供用開始されました。まだ芝生エリアは「養生中」ですが、夏前には全てが解放される予定です。

 4月21日には、「名古屋高速5号万場線の高架下広場」も供用開始されました。「1号公園、名古屋高速5号万場線の高架下広場、中川運河の親水緑地」の3ヶ所の広場は、一般から愛称を公募する予定です。


Nagoyasasashima1705102
現地に掲示されていた完成予想図です。3ヶ所の広場は「1号公園、名古屋高速5号万場線の高架下広場、中川運河の親水緑地」で構成されています。


Nagoyasasashima1705103
「1号公園」を北側から見た様子です。2017年4月1日から供用開始されました。


Nagoyasasashima1705104
「1号公園」の北側です。


Nagoyasasashima1705105
「1号公園」の南側です。


Nagoyasasashima1705106
「1号公園」の北東側にあるモミの木です。この木が「ささしまライブ24」のシンボルツリーです。


Nagoyasasashima1705107
「名古屋高速5号万場線」の高架下と「中川運河の親水緑地も整備されました。「中川運河の親水緑地は2017年4月1日から、「名古屋高速5号万場線」の高架下は4月21日から供用開始されました。


Nagoyasasashima1705108
「名古屋高速5号万場線」の高架橋が程よい日陰となっています。


Nagoyasasashima1705109
中川運河
 「中川運河」のこの場所からレゴランドのある「金城ふ頭」まで水上交通が、2017年秋からスタートする予定です。



|

2017年5月 7日 (日)

さしまライブ24地区 供用開始した「ささしまライブ駅-グローバルゲート-愛知大学」を直結する歩行者デッキ

Nagoyasasashima170571
-ささしまライブ24地区-

 「ささしまライブ24地区」では、地区の内外を結ぶ幹線道路を整備し、快適で利便性の高い移動を実現するとともに、景観面や安全面に配慮した道路空間づくりを進めています。

 鉄道を高架で横断するオーバーパスする歩行者道(開通済)や鉄道を地下で横断するアンダーパス(自動車道)を整備ししています。

 名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の「ささしまライブ駅」から、「グローバルゲート」を経由して、「愛知大学名古屋キャンパス」を結ぶ歩行者デッキが建設されました。

 「グローバルゲート」の竣工に合わせて歩行者デッキが供用開始されました。これにより、「ささしまライブ駅」から「愛知大学名古屋キャンパス」まで、雨天時でも傘をさすことなくアクセスが可能となりました。


Nagoyasasashima170572
「ささしまライブ駅-グローバルゲート」間の歩行者デッキです。正式名称は「ささしまライブ東西デッキ」です。


Nagoyasasashima170573
「ささしまライブ東西デッキ」を地上から見た様子です。


Nagoyasasashima170574
「グローバルゲート 高層タワー」の南側2階を東西に結びます。


Nagoyasasashima170575
90度曲がって、建設中の幅員40mの「笹島腺」をオーバーパスします。正式名称は「ささしまライブ南北デッキ」です。


Nagoyasasashima170576
「ささしまライブ南北デッキ」を地上から見た様子です。


Nagoyasasashima170577
「愛知大学名古屋キャンパス」と供用開始された「1号公園」です。


Nagoyasasashima170578
「ささしまライブ駅」の改札口は3階、歩行者デッキは2階のためスロープがあります。


Nagoyasasashima170579
2階には「エレベーター」も設置されています。


Nagoyasasashima170580
「ささしまライブ東西デッキ」を東側に見た様子です。


Nagoyasasashima170581
「ささしまライブ東西デッキ」を西側に振り返った様子です。屋根の一部には「太陽電池」が設置されています。


Nagoyasasashima170582
「グローバルゲート 高層タワー」の2階に到着です。


Nagoyasasashima170583
南側に曲がります。


Nagoyasasashima170584
「グローバルゲート 高層タワー」の南側2階を東側に見た様子です。


Nagoyasasashima170585
「グローバルゲート 高層タワー」の南側2階を西側に振り返った様子です。


Nagoyasasashima170586
90度曲がって、建設中の幅員40mの「笹島腺」をオーバーパスします。


Nagoyasasashima170587
ここからも「グローバルゲート」に入れます。商業施設は、2017年10月オープン予定なのでまだ入る事は出来ません。


Nagoyasasashima170588
「ささしまライブ南北デッキ」を南側に見た様子です。


Nagoyasasashima170589
「ささしまライブ南北デッキ」を北側に振り返った様子です。


Nagoyasasashima170590
「愛知大学名古屋キャンパス」との接続部分です。


Nagoyasasashima170591
「愛知大学名古屋キャンパス」の2階に到着です。「ささしまライブ駅」を使って通学している学生はあまり多くないと思いますが、格段に便利になりました。


Nagoyasasashima170592
階段を降りると目の前が「1号公園」です。



|

2017年5月 6日 (土)

名古屋市 竣工した地上36階、高さ約170mの「グローバルゲート 高層タワー」

Nagoyasasashima170511
-ささしまライブ24地区 グローバルゲート-
 「豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産」の関係5社は、2014年10月2日に「グローバルゲート」の起工式を行いました。

 ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」は、2017年03月31日に竣工しました。正式名称は「グローバルゲート」です。

 引用資料 公式ホームページ(PDF:2017/03/30)
 「グローバルゲート」 ささしまライブ24地区の新たなランドマークが竣工  

 建設中は西側の棟は「ウエストタワー棟」という名称で呼ばれていましたが、竣工後の資料では「高層タワー」となっており、「ウエストタワー」の名称が一切見当たらないので、「グローバルゲート 高層タワー」が正式名称のようです。

● 名古屋プリンスホテル スカイタワー
 
「プリンスホテル」が、「高層タワー」の上層31階~36階にホテル・レストランを開業し、2階~4階にコンファレンスセンターを設置します。

 正式名称は「名古屋プリンスホテル スカイタワー」で、客室数は全170室です。開業日が2017年10月2日(月)に決定しており、宿泊予約受付は2017年6月10日(土)9:00A.M.より開始します。

 公式ホームページ
 名古屋プリンスホテル スカイタワー

ローバルゲートの概要
◆ 計画名-ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番7、60番9、60番11、60番12、60番13、60番14の各一部
◆ 交通-あおなみ線「ささしまライブ」駅徒歩1分、名鉄・近鉄「名古屋」駅徒歩10分、JR「名古屋」駅徒歩12分
◆ 階数-(高層タワー)地上36階、塔屋2階、地下2階、(大和ハウス名古屋ビル)地上17階、塔屋2階、地下2階、(低層棟)地上4階、地下2階
◆ 建物高さ-(高層タワー)最高部約170m、軒高159.96m、(大和ハウス名古屋ビル)最高部約90m、(低層棟)最高部約30m
◆ 敷地面積-17,267.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積-11,272.08㎡(施設全体)
◆ 延床面積-156,857.39㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-パイルド・ラフト基礎(高層タワーは場所打ちコンクリート拡底杭×28本)
◆ 地震対策-ブロードバンド制震(波形鋼板耐震壁+粘弾性ダンパー)
◆ 用途-オフィス、ホテル、コンファレンスセンター、商業施設、駐車場
◆ 客室数-全170室(名古屋プリンスホテル スカイタワー)
◆ 建築主-ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2014年10月02日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月31日
◆ 開業-2017年04月(オフィス)、2017年10月02日予定(商業、ホテル、コンファレンス)


Nagoyasasashima170512
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「グローバルゲート」の全景です。


Nagoyasasashima170513
「フロア構成」です。


Nagoyasasashima170551
地上36階、塔屋2階、地下2階、高さ約170mの「高層タワー」です。


Nagoyasasashima170552
「高層タワー」の最高部です。


Nagoyasasashima170553
「グローバルゲート」を北西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170554
「高層タワー」を北西側から見た様子です。西面のガラスが無い部分がコア部分です。30階の「メガトラス架構」で構造を切り替えて、ホテル部分には360度ガラスがあります。


Nagoyasasashima170567
細く見えますが、東西約50m×南北約50mあります。オフィスフロアは、コア部分を西側中央に設けています。オフィスフロアは、基準階専有面積約514坪の無柱空間です。


Nagoyasasashima170556
「高層タワー」の下層階を西側から見た様子です。名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の「ささしまライブ駅」から、「グローバルゲート」を経由して、「愛知大学名古屋キャンパス」を結ぶ歩行者デッキも整備されました。


Nagoyasasashima170557
「高層タワー」を南西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170558
「高層タワー」の下層階を南西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170559
敷地を南西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170560
南西側のエントランス部分です。


Nagoyasasashima170561
敷地南側の「けやきストリート」です。


Nagoyasasashima170562
「けやきストリート」を別方向から見た様子です。


Nagoyasasashima170563
「高層タワー」を南側から見た様子です。


Nagoyasasashima170564
「高層タワー」の下層階を南側から見た様子です。


Nagoyasasashima170565
「高層タワー」北側の広場です。



|

名古屋市 竣工した地上17階、高さ約90mの「グローバルゲート 大和ハウス名古屋ビル」

Nagoyasasashima170511
-ささしまライブ24地区 グローバルゲート-

 「豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産」の関係5社は、2014年10月2日に「グローバルゲート」の起工式を行いました。

 ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」は、2017年03月31日に竣工しました。正式名称は「グローバルゲート」です。

 引用資料 公式ホームページ(PDF:2017/03/30)
 「グローバルゲート」 ささしまライブ24地区の新たなランドマークが竣工 

● 大和ハウス名古屋ビル
 
「イーストタワー棟」の正式名称は「大和ハウス名古屋ビル」になりました。「大和ハウス工業」の名古屋支社を始めとした、大和ハウスグループの名古屋地区の新しい拠点となります。グループ会社を集約することで、連携を強化し、グループシナジーを創出していきます。

ローバルゲートの概要
◆ 計画名-ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番7、60番9、60番11、60番12、60番13、60番14の各一部
◆ 交通-あおなみ線「ささしまライブ」駅徒歩1分、名鉄・近鉄「名古屋」駅徒歩10分、JR「名古屋」駅徒歩12分
◆ 階数-(高層タワー)地上36階、塔屋2階、地下2階、(大和ハウス名古屋ビル)地上17階、塔屋2階、地下2階、(低層棟)地上4階、地下2階
◆ 建物高さ-(高層タワー)最高部約170m、軒高159.96m、(大和ハウス名古屋ビル)最高部約90m、(低層棟)最高部約30m
◆ 敷地面積-17,267.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積-11,272.08㎡(施設全体)
◆ 延床面積-156,857.39㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-パイルド・ラフト基礎(高層タワーは場所打ちコンクリート拡底杭×28本)
◆ 地震対策-ブロードバンド制震(波形鋼板耐震壁+粘弾性ダンパー)
◆ 用途-オフィス、ホテル、コンファレンスセンター、商業施設、駐車場
◆ 客室数-全170室(名古屋プリンスホテル スカイタワー)
◆ 建築主-ささしまライブ24特定目的会社(豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、オリックス、名鉄不動産)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2014年10月02日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月31日
◆ 開業-2017年04月(オフィス)、2017年10月02日予定(商業、ホテル、コンファレンス)


Nagoyasasashima170512
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「グローバルゲート」の全景です。


Nagoyasasashima170513
「フロア構成」です。


Nagoyasasashima170514
地上17階、塔屋2階、地下2階、高さ約90mの「大和ハウス名古屋ビル」です。


Nagoyasasashima170515
「大和ハウス名古屋ビル」の最高部です。「大和ハウス工業」のロゴが取り付けられています。


Nagoyasasashima170516
「大和ハウス名古屋ビル」の下層階を北東側から見た様子です。


Nagoyasasashima170517
「大和ハウス名古屋ビル」を南東側から見た様子です。


Nagoyasasashima170518
「大和ハウス名古屋ビル」の下層階を南東側から見た様子です。


Nagoyasasashima170519
南東側のエントランス部分です。


Nagoyasasashima170520
敷地南側の「けやきストリート」です。


Nagoyasasashima170521
「大和ハウス名古屋ビル」を南西側から見た様子です。「グローバルゲート」を経由して、「愛知大学名古屋キャンパス」と結ぶ歩行者デッキも整備されました。


Nagoyasasashima170522
「大和ハウス名古屋ビル」の下層階を南西側から見た様子です。


Nagoyasasashima170523
低層棟(商業施設)
 
地上4階、地下2階、高さ約約30mの「低層棟」を南側から見た様子です。グローバルゲートの商業施設は、2017年10月オープン予定です。

 施設面積約9,200㎡となる商業ゾーンには、暮らしを彩るライフスタイル雑貨、こだわりのレストランやカフェ、生活を豊かにするサービス店舗など、個性的な店舗がオープンします。


Nagoyasasashima170525
屋上庭園(低層棟)

 「屋上庭園(低層棟)」のイメージです。緑化によるヒートアイランド対策へ貢献します。農園も整備します。2017年10月開業予定です。



|

2017年4月28日 (金)

「レクサス」の超高級クーペ「LC500/LC500h」がメチャメチャカッコイイ! 月販目標の36倍を受注!

Lexus170411
-レクサスLC500/LC500h-
 
私は貧乏人なので到底買えませんが、高級車に非常に興味があります。車全体のデザインよりも「フロントグリル」の形状に興味があります。私は「フロントグリル」の形状で高級車のデザインの8割が決まると思っています。

 世界の高級車市場は、ドイツの御三家(ジャーマン3)が圧倒的に強いです。2016年の世界新車販売台数は、1位の「メルセデス・ベンツ」が208万3888台(前年比11.3%増)、2位の「BMW」が200万3359台(前年比5.2%増)、3位の「アウディ」が187万1350台(前年比3.8%増)となっています。

 4位が「レクサス」の67万7615台(前年比4%増)で、ドイツの御三家には3倍前後の差をつけられています。67万7615台の内訳は、35万4813台が北米、11万0239台が中国(香港含む)、7万4316台が欧州、5万2149台が日本となっています。

 高級車は、高級ブランド品と同じで長い歴史と伝統が息づくブランドの重みが重要です。20世紀初頭に誕生した「メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ」には、1989年生まれの「レクサス」は歴史ではどうあがいても太刀打ち出来ません。

 歴史では到底かなわないので、ドイツの御三家と戦いには商品力を高める以外に方法がありません。「スピンドルグリル」を採用する前のレクサスは、性能は良かったのですが、デザイン的に個性がありませんでした。

● レクサスLC500/LC500hが大人気
 
レクサスは、新型の超高級クーペ「LC500/LC500h」について、発売から約1ヶ月あたる4月16日時点で、日本国内での月販目標の36倍となる約1800台を受注したと発表しました。

 受注の内訳は、5リットルV8モデルの「LC500」が約1000台、ハイブリッドモデルの「LC500h」が約800台です。価格が「LC500」が1300万円、「LC500h」が1350万円もするので凄い事です。

 「レクサスLC500(LC500h)」の写真を最初に見た時に、私は「これは売れる!」と直感しました。それくらいカッコ良かったです。
 「スピンドルグリル」が非常に馴染んでいます。これぞ究極の「レクサス」という感じです。日本車でこんなにカッコイイ車は久しぶりに見ました。


Lexus170412
名古屋駅前のミッドランスクエアの「レクサスギャラリー」に展示されている「LC500h」です。私はボディカラーは赤が一番カッコイイ!と思っているので赤を期待していましたが、黒が展示されていました。


Lexus170413
正面から見た様子です。


Lexus170414
スピンドルグリル
 レクサスの象徴である「スピンドルグリル」です。一目でレクサスと認識されるように全種共通のアイコンを導入することを決め、2012年から採用されました。

 私は、最初に見た時「なんじゃこれは! この形状では全種共通のデザインは無理!」と思いました。トヨタも最初は自信が無かったのか? 「同じデザインは制約ができ、自由度が狭まる」との理由から、スピンドルグリルには捕らわれないようにするという公式発表を行った事もありました。

 しかし、トヨタは見事に「スピンドルグリル」を克服しました。「スピンドルグリル」に目が慣れた事もあると思いますが、何よりもトヨタが造り慣れた事が一番大きいと思います。
 最初の頃は無理矢理「スピンドルグリル」にしているようなデザインでしたが、最近の車は「スピンドルグリル」を前提として最初からデザインしているので非常に馴染んでいます。

 今やレクサスと言えば「スピンドルグリル」です。個性が非常に強いので、好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、万人に好かれるデザインなんて不可能です。ドイツの御三家と戦うには強烈な個性が必要です。


Lexus170415
目から涙が流れているように見えるので「泣き顔レクサス」とも呼ばれています。


Lexus170416
横から見た様子です。


Lexus170417
後ろから見た様子です。


Lexus170418
日本国内で展開開始した2005年頃の「レクサス」です。良く言えば無難、悪く言えば何の特徴も無いフロントグリルでした。


Osakamotorshow151216
メルセデス・ベンツのフロントグリル
 
「メルセデス・ベンツ」のフロントグリルは、特に名称は無いようです。非常に落ち着いたデザインになっています。メルセデス・ベンツには世界最強のエンブレム「スリーポインテッド・スター」があります。

 メルセデス・ベンツの「スリーポインテッド・スター」がこれぞベンツという強烈な個性です。1909年に商標申請され、以来変わることなく使用されています。
 「スリーポインテッド・スター」は、写真のようにフロントグリルの中央に配置したタイプとボンネット上に立てたタイプがあります。


Osakamotorshow151214
キドニーグリル(BMW)
 BMWは、1933年から「キドニーグリル」を採用しています。2つに並んだフロントグリルが「キドニー(腎臓)」のように見えることに由来しています。遠くから見ても一目で「BMW」だと分かる素晴らしいアイコンです。


Lexus170419
シングルフレームグリル(アウディ)

 「アウディ」は、2000年代から逆台形の上部左右両端を切り落とした六角形の「シングルフレームグリル」を採用しています。
 私は、最初に見た時「なんじゃこれは! アウディやっちまったな・・・」と思いましたが、どんどんデザインが洗練されてきて今はめちゃめちゃチャカッコイイ!です。

 「アウディ」は「フォルクスワーゲングループ」です。フォルクスワーゲングループの最大の強みは、グループに高級車メーカーの「ポルシェ」と「アウディ」がある事です。


Lexus170420
ダブルアーチグリル(インフィニティ)

 「インフィニティ (INFINITI)」 は、「日産自動車」が1989年から日本国外で展開している高級車ブランドです。日本国内でも一部の高級車のフロントグリルに「インフィニティエンブレム」を採用しています。

 「ダブルアーチグリル」は、落ち着いたいいデザインだと思いますが、ドイツの御三家と戦うにはインパクトが弱すぎると思います。


Lexus170421
ダイヤモンドペンタゴングリル(アキュラ)

 「アキュラ(Acura)」は、「本田技研工業」が1986年から日本国外で展開している高級車ブランドです。日本国内では「アキュラブランド」を導入していません。

 「アキュラ」は2016年1月に「デトロイトモーターショー」で、次世代アキュラのデザインコンセプトとなる「プレシジョン コンセプト」を世界初公開しました。「ダイヤモンドペンタゴングリル」を採用しています。

 写真引用 Car Watch(2016/01/12)
 NSXと並び立つハイエンドセダン、次世代デザインを示すアキュラ「プレシジョン コンセプト」世界初公開 

 今後のモデルには、「ダイヤモンドペンタゴングリル」が採用されると思われます。好き嫌いが分かれると思いますが、強烈なインパクトがあります。今までの「アキュラ」のフロントグリルはデザイン的にイマイチでした。



|

2017年4月10日 (月)

名古屋市 地上29階、高さ約99mの「プラウドタワー名古屋栄」 2017年4月3日の建設状況

Nagoyanayabashi150911
-プラウドタワー名古屋栄-

 「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」は、リーマンショック前には「納屋橋ルネサンスタワーズ(仮称)」として超高層ツインタワー計画されていました。
 オフィス棟は、地上42階、地下2階、高さ約170m、住宅棟は、地上39階、地下2階、高さ約140mの大規模な計画でした。

 その後、「納屋橋ルネサンスタワーズ(仮称)」の計画は頓挫し、最終的には、地上29階、高さ99,25mとなり、起工式が2015年2月12日に行われ、「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」は着工しました。

 構成企業の「野村不動産、NIPPO、三菱地所レジデンス」が住宅保留床、「ユニー」が商業保留床を取得します。タワーマンション部分の正式名称は「プラウドタワー名古屋栄」となっています。竣工前ですが、すでに全戸完売しています。

 引用資料 公式ホームページ(全戸完売)
 プラウドタワー名古屋栄

プラウドタワー名古屋栄の概要
◆ 計画名-納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄一丁目212番(地番)
◆ 交通-地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅徒歩6分 地下鉄東山線・桜通線「名古屋」駅徒歩13分 
◆ 階数-(住宅棟)地上29階、地下0階、(商業業務棟)地上5階、(店舗棟)地上3階、(業務棟)地上4階
◆ 高さ-99.25m
◆ 敷地面積-10,590.79㎡(建築確認申請対象面積)、5,999.07㎡(分譲対象敷地面積)
◆ 建築面積-9,398.71㎡(建築確認申請対象面積)、2,958.66㎡(分譲対象建築面積)
◆ 延床面積-62,010.65㎡(建築確認申請対象面積)、41,961.90㎡(分譲対象延床面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制震構造(プラウドタワー名古屋栄) *建物内部に設置された制震装置によって揺れの影響が緩和
◆ 用途-共同住宅、商業施設、オフィス
◆ 総戸数-347戸(うち非分譲住戸1戸)
◆ 建築主-納屋橋東地区市街地再開発組合(売主 野村不動産、NIPPO、三菱地所レジデンス)
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水・大日本土木建設共同企業体(清水建設、大日本土木JV)
◆ 着工-2015年02月12日(起工式)
◆ 竣工-2017年06月下旬予定
◆ 入居開始-2017年07月下旬予定


Nagoyanayabashi150912
「プラウドタワー名古屋栄」を中心に敷地内には、スーパーマーケット、専門店、カフェ、レストラン、医療、オフィス、銀行、テラスを配置した複合施設となります。


Nagoyanayabashi170411
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た様子です。


Nagoyanayabashi170412
敷地南側の劇団四季の「新名古屋ミュージカル劇場」跡地は、今回の再開発の対象外です。「新名古屋ミュージカル劇場」は、解体工事が行わました。


Nagoyanayabashi170413
「プラウドタワー名古屋栄」です。


Nagoyanayabashi170414
「プラウドタワー名古屋栄」の最高部です。


Nagoyanayabashi170415
地上5階の「商業業務棟」です。


Nagoyanayabashi170416
地上3階の「店舗棟」です。


Nagoyanayabashi170417
「堀川」越しに南西側から見た様子です。


Nagoyanayabashi170418
南西側から見た様子です。


Nagoyanayabashi170419
「店舗棟」を南東側から見た様子です。


Nagoyanayabashi170420
「新名古屋ミュージカル劇場」は、解体工事が終わっています。


Nagoyanayabashi170421
「新名古屋ミュージカル劇場」跡地を南東側から見た様子です。土地を所有している「東陽倉庫」は、敷地面積約5,290㎡のうち約1,800㎡に ビジネスホテル「(仮称)HOTEL DAIWA 名古屋」を建設して賃貸します。残り約3,490㎡には駐車場を建設(自営)します。



|

2017年4月 9日 (日)

名古屋市 地上28階、高さ約101mのホテル型高級賃貸マンション「栄タワーヒルズ」 2017年4月3日の建設状況

Nagoyasakae170111
-栄タワーヒルズー

 リーマンショック前に、「白川公園」の東側の映画館「ヘラルドシネプラザ」跡地に超高層タワーマンション「(仮称)栄タワーヒルズ」が計画されていました。

 その後、一向に着工される気配はなく、地上21階、地下1階、高さ80.395mと規模を縮小して、「建築計画の概要」まで掲示されましたが、2015年2月1日の着工予定日を過ぎても着工される事はありませんでした。

 その後「建築計画の概要」が変更されて、地上28階、地下1階、高さ100.80m、延床面積26,866.69㎡と規模が大幅に拡大されました。
 2016年10月5日に「地鎮祭」が行われ着工しました。 計画名は「(仮称)新・栄タワーヒルズ」ですが、正式名は「栄タワーヒルズ」に決定いるようです。

 引用資料 公式ホームページ → 栄タワーヒルズ

 高さですが、公式ホームページの物件概要で、高さ100.80mとなっています。「東建ビル管理」の公式ホームページには、 ”2019年、名古屋市中区栄に28階(地上28階、地下1階)建て、高さ107メートルの「栄タワーヒルズ」が完成予定となっております。” と書いてあるので、最高部は約107mの可能性があります。

 東建ビル管理 → 公式ホームページ 

栄タワーヒルズの概要
◆ 計画名-(仮称)新・栄タワーヒルズ
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄三丁目3517番地1
◆ 交通-名古屋市営地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩8分、名古屋市営地下鉄鶴舞線「大須観音」駅徒歩9分、名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅徒歩12分
◆ 階数-地上28階、地下1階  
◆ 高さ-100.80m  *最高部は約107mの可能性あり
◆ 敷地面積-3,102.41㎡
◆ 建築面積-1,970.80㎡
◆ 延床面積-26,866.69㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、ショールーム、オフィス、店舗
◆ 総戸数-156戸
◆ 建築主-(有限会社)東建大津通B
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-東建コーポレーション、清水建設
◆ 着工-2016年10月05日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年02月末予定
◆ 総工費-約200億円(土地代含む)


Nagoyasakae170112
「階層概要」です。


Nagoyasakae170411
「栄タワーヒルズ」の建設現場を南西側から見た様子です。


Nagoyasakae170412
南側の歩道橋から見た様子です。


Nagoyasakae170413
敷地西側です。


Nagoyasakae170414
敷地東側です。この現場は新たに「山留め壁」を構築せずに、既存建物の地下躯体の外壁を「山留め壁」の代わりに使用しています。


Nagoyasakae170415
「クローラークレーン」です。基礎杭を建込んでいます。


Nagoyasakae170416
なんと基礎杭は「既成杭」でした。私は「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築すると思っていました。


Nagoyasakae170417
「PHC杭(プレテンション方式遠心力高強度プレストレスコンクリート杭)」を建込んでいます。 このあたりで17m建込みが終わった段階のようです。


Nagoyasakae170418
「三点式パイルドライバ」です。


Nagoyasakae170419
「PHC杭」を建込む「掘削孔」を掘っていると思われます。


Nagoyasakae170420
このドリルで「掘削孔」を掘っているようです。



|

2017年4月 7日 (金)

名古屋市 新たなランドマークとなるオフィスビル「(仮称)錦二丁目計画」 2017年4月3日の建設状況

Nagoyanishiki16031
-(仮称)錦二丁目計画-

 三菱地所などで構成する「名古屋デベロップメント特定目的会社」と「積水ハウス」は、名古屋市中区の旧大和生命ビル跡地に複合ビル「(仮称)錦二丁目計画」を建設しています。

 2016年3月1日に新棟の新築工事に着工しました。同一区画の西側にある1926年竣工の「旧名古屋銀行本店ビル」は、近代的な銀行建築として価値が高いため、商業店舗として保存・活用します。

 引用資料 三菱地所(PDF:2016/03/03)
 「(仮称)錦二丁目計画」着手 -新たなランドマークとなるオフィスビルの開発と歴史的建築物の保存・活用による、栄・伏見エリア活性化プロジェクト始動-

(仮称)錦二丁目計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区錦二丁目2011番他
◆ 階数-地上21階、塔屋2階、地下1階(新棟)、地上6階、塔屋1階、地下1階(保存棟)
◆ 高さ-97.100m(新棟)、28.521m(保存棟)
◆ 敷地面積-4,581.79㎡(施設全体)
◆ 建築面積-2,373.80㎡(新棟)、989.99㎡(保存棟)
◆ 延床面積-45,410.13㎡(新棟)、4,956.82㎡(保存棟)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場
◆ 建築主-名古屋デベロップメント特定目的会社、積水ハウス
◆ 設計者・監理者-(新棟)三菱地所設計、竹中工務店、(保存棟)三菱地所設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2015年08月01日~2016年02月29日
◆ 着工-2016年03月01日(新棟)、2016年06月(保存棟改修工事)
◆ 竣工-2018年02月末予定


Nagoyanishiki16032
「位置図」です。


Nagoyanishiki170411
「(仮称)錦二丁目計画 新棟」を南東側から見た様子です。かなり高くなりました。


Nagoyanishiki170412
最高部です。


Nagoyanishiki170413
「カーテンウォール」がどんどん取り付けられています。


Nagoyanishiki170414
南東側から見た下層階の様子です。


Nagoyanishiki170415
「(仮称)錦二丁目計画 新棟」を北東側から見た様子です。


Nagoyanishiki170416
北東側から見た下層階の様子です。


Nagoyanishiki170417
「(仮称)錦二丁目計画 新棟」を南西側から見た様子です。


Nagoyanishiki170418
「(仮称)錦二丁目計画」を南西側から見た様子です。


Nagoyanishiki170419
敷地西側の「旧名古屋銀行本店ビル」は、近代的な銀行建築として価値が高いため、商業店舗として保存・活用します。



|

2017年4月 6日 (木)

名古屋市 地上46階、高さ約211mの「JRゲートタワー」 祝!2017年4月7日に遂に第一期開業!

Nagoyajr170411
-JRゲートタワー-

 JR東海は、「名古屋ターミナルビル」の建て替えを行いました。地上46階、地下6階、高さ211.10m、延床面積265,337.92㎡の超高層ビル「名古屋駅新ビル(仮称)他計画」が建設されました。ビルの正式名称は「JRゲートタワー」です。

 「JRゲートタワー」の竣工により、「JRセントラルタワーズ」と一体になって機能し、総延床面積約680,000㎡の巨大な超高層立体複合都市が誕生しました。

● 2017年3月30日に竣工式
 「JRゲートタワー」は、2016年11月7日にオフィスフロアが先行開業し、2017年3月30日には「竣工式」が行われました。現在、2017年4月17日の全面開業に向けて、開業準備に取り組んでいます。

(1) 2016年11月07日-オフィス入居開始
(2) 2017年03月30日-竣工式
(3) 2017年04月01日-バスターミナル開業、キッズスクウェア JRゲートタワー名古屋開業
(4) 2017年04月07日-第一期開業(ゲートタワープラザ レストラン街、 ビックカメラ、ユニクロ、ジーユー、 フィットネスクラブ)
(5) 2017年04月17日-第二期開業(タカシマヤ ゲートタワーモール、 名古屋JRゲートタワーホテル)

 「タカシマヤ ゲートタワーモール」には、「ユナイテッドアローズ」「ビームス ハウス」「メゾン ド リーファー」など話題性のある核テナントや、東海地区初出店となるテナント57店舗を含む150店舗が出店します。

JRゲートタワーの概要
◆ 計画名-名古屋駅新ビル(仮称)他計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1015番15他
◆ 階数-地上46階、地下6階
◆ 高さ-最高部211.10m  (注)最高部約220mの可能性があり
◆ 敷地面積-97,191.00㎡(駅施設全体)
◆ 建築面積-10,492.78㎡
◆ 延床面積-265,337.92㎡(うち名古屋駅新ビル264,903.23㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-心棒的な役割を担うコアブレースや低層棟外周部及び高層棟コア部への制振部材(オイルダンパー、同調粘性マスダンパー)を配置、屋上に制振装置を配置
◆ 用途-オフィス(15階および26~44階)、商業施設(2~13階)、ホテル(約350室:15階および18~24階)、バスターミナル(1階)、駐車場、駅施設
◆ 建築主-東海旅客鉄道(JR東海)、ジェイアールセントラルビル(株)
◆ 設計者(実施設計)-名古屋駅新ビル(仮称)実施設計共同企業体(大成建設、日建設計、ジェイアール東海コンサルタンツ)
◆ デザイン・アーキテクト-Kohn Pedersen Fox Associates PC
◆ 監理者-名古屋駅新ビル(仮称)実施設計共同企業体、ジェイアール東海コンサツタンツ
◆ 施工者-名古屋駅新ビル計画(仮称)新設他工事共同企業体(大成建設、鹿島建設)
◆ 着工-2012年09月28日頃
◆ 竣工-2017年03月30日(竣工式)
◆ オープン-2016年11月07日(オフィス入居開始)、2017年04月01日(バスターミナル、キッズスクウェア JRゲートタワー名古屋開業)、2017年04月07日(第一期開業 ゲートタワープラザ レストラン街、 ビックカメラ、ユニクロ、ジーユー、 フィットネスクラブ)、 2017年04月17日(第二期開業  タカシマヤ ゲートタワーモール、 名古屋JRゲートタワーホテル)


Nagoyajr170412
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た「JRゲートタワー」です。


Nagoyajr170413
「高層棟」の最高部です。


Nagoyajr170414
「低層棟」です。


Nagoyajr170415
「低層棟」の最高部です。


Nagoyajr170416
「JRゲートタワー」の竣工により、「JRセントラルタワーズ」と一体になって機能し、総延床面積約680,000㎡の巨大な超高層立体複合都市が誕生しました。


Nagoyajr170417
「低層棟」を南東側から見た様子です。


Nagoyajr170418
少し角度を変えて見た様子です。


Nagoyajr170419
南東側に設けられた1階・2階のビルエントランス部分です。


Nagoyajr170420
ビルエントランス部分です。


Nagoyajr170421
地下1階への「階段」と「エスカレーター」です。


Nagoyajr170422
「JRゲートタワー」は、地下で地下鉄の名古屋駅と直結しています。


Nagoyajr170423
地下通路です。更に北側に進むと「JPタワー名古屋(KITTE名古屋)」の入口があります。


Nagoyajr170424
1階のビルエントランス部分は、JR名古屋駅の改札外コンコースと直結しています。


Nagoyajr170425
1階と2階を結ぶ「エスカレーター」です。「エスカレーター」は3基です。


Nagoyajr170426
「JRセントラルタワーズ」の2階に位置する屋外デッキ「タワーズテラス」から見た様子です。


Nagoyajr170427
屋外デッキ「タワーズテラス」と接続されています。


Nagoyajr170428
2階の出入口です。「JPタワー名古屋(KITTE名古屋)」に抜けられる通路が設けられています。


Nagoyajr170429
東側の「駐車場」の出入口です。


Nagoyajr170430
2017年4月1日から「バスターミナル」が本格的に稼働しました。


Nagoyajr170431
バスターミナル(1階)
 2017年4月1日に開業した1階の「バスターミナル」です。「バスターミナル」は、完全に建物内にあるために、天候に影響されず非常に快適です。


Nagoyajr170432
「バス乗降場」の歩行者と車との境界を「ガラススクリーン」で分離することで、極めて安全・快適となっています。乗降場は「発着18バース」で、乗入事業者は「名古屋市交通局、JR東海バス」です。


Nagoyajr170433
「バスプール」も完全に建物内にあります。


Nagoyajr170434
「低層棟」を北東側から見た様子です。


Nagoyajr170435
「JPタワー名古屋(KITTE名古屋)」との境目です。


Nagoyajr170436
北側から見た様子です。北側には「タワーズ駐車場入口」が設けられています。


Nagoyajr170437
東側から見た様子です。


Nagoyajr170438
「太閤通口」から見た「JR東海3兄弟」です。



|

2017年4月 5日 (水)

名古屋市 地上40階、高さ約150mの「グランドメゾン御園座タワー」 2017年4月3日の建設状況

Nagoyamisonoza15091
-グランドメゾン御園座タワー-

 「御園座会館」は、名古屋市の南北のメインストリートの一つである「伏見通」の地下鉄鶴舞線「伏見駅」のすぐ近くにありました。

 「御園座会館」には、歌舞伎などを公演する劇場「御園座」などが入っていました。「御園座会館」は、「積水ハウス」が事業主となり建て替えが行われています。2015年4月1日に着工しました。

 引用資料 積水ハウス(PDF:2015/03/27)
 「(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」着工 

 施設完成後に「御園座」が、地上2階~4階部分に整備する劇場所有権を取得する見通しです。5階~40階の共同住宅部分は、積水ハウスの分譲マンション「グランドメゾン」シリーズとなります。
 積水ハウスからはまだ正式名は発表されていませんが、「グランドメゾン御園座タワー」になるようです。

グランドメゾン御園座タワーの概要
◆ 計画名-(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄一丁目602番3他8筆、608番、609番
◆ 交通-地下鉄東山線・地下鉄鶴舞線「伏見」駅より徒歩1分
◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-建物約150m   (注意)最高部は約160mの可能性あり
◆ 敷地面積-4,831.90㎡
◆ 建築面積-3,641.04㎡
◆ 延床面積-56,128.96㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-共同住宅(分譲)、劇場(1,298席)、店舗(1区画)
◆ 総戸数-304戸(5階~40階)
◆ 建築主-積水ハウス
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2015年04月01日
◆ 竣工-2017.年12月予定
◆ 入居開始-2018年01月予定 


Nagoyamisonoza15092
「御園座」の外観です。伝統的な「なまこ壁」の意匠を継承しています。


Nagoyamisonoza14072
南北断面図です。地上40階、塔屋2階、地下1階、高さ約150mですが、最高部は約160mとなっています。

 引用資料 名古屋市
 (仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」建設事業 


Nagoyamisonoza170411
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た建設現場です。


Nagoyamisonoza170412
縦アングルです。


Nagoyamisonoza170413
最高部です。39階部分の躯体の構築が終わり、これから最高階40階の躯体の構築に入る段階です。


Nagoyamisonoza170414
南東側から見た様子です。


Nagoyamisonoza170415
最高部です。「○」の部分に30階の表示があります。数えると39階部分の躯体の構築が終わった段階だと分かります。


Nagoyamisonoza170416
30階の表示です。


Nagoyamisonoza170417
南東側から見た下層階の様子です。


Nagoyamisonoza170418
完成予想図にもある南東側の吹き抜けのエントランス部分です。


Nagoyamisonoza170419
北東側から見た下層階の様子です。


Nagoyamisonoza170420
南西側から見た様子です。


Nagoyamisonoza170421
南西側から見た下層階の様子です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場