96 大学編

2021年9月16日 (木)

「近畿大学医学部」および「近畿大学医学部附属病院」が新築移転 病院を「大林組」・医学部を「フジタ・南海辰村建設JV」に決定! 

Osakakink210911
-近畿大学医学部・近畿大学医学部附属病院-

 「近畿大学医学部」は、大阪府大阪狭山市に1974年4月に開設されました。「近畿大学医学部附属病院」は、1975年5月に開院しました。創立100周年記念事業ならびに医学部開設50周年事業の一環として、「近畿大学医学部」および「近畿大学医学部附属病院」を泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅前に新築移転します。

 引用資料 学校法人近畿大学(2020/09/30)
 近畿大学医学部および近畿大学病院を大阪府堺市へ移転 南大阪における基幹病院および救急災害拠点として地域医療に貢献

 新キャンパスの敷地面積は約116,000㎡です。大阪府と堺市は「大阪府営三原台第1住宅、泉ヶ丘プールがある田園公園、三原公園」の敷地の一部を譲渡して新キャンパスの用地とします。ちなみに現在の「大阪挟山キャンパス」は敷地面積149,880.50㎡です。

 新たな病院では、これまで築きあげてきた日本でも有数の高度先端医療機関としての評価をさらに高め、アジア・世界の中での認知度を飛躍的に高める未来志向型病院へと生まれ変わります。

 また、今後の高齢化社会を見据えた斬新な医療を展開し、強みである、がん治療や心臓・脳血管障害などの高度最先端治療の一層の強化を図り、優秀な人材確保ならびにIT化による効率的病院機能の充実を図ります。
 そして、これらを有効活用し、地域医療はもちろんのこと他の都道府県・アジア地域からも患者が訪れ、がん・脳心血管領域における西日本随一の研究・診療中核拠点病院を目指します。

● 創立100周年の2025年11月開設に変更!
 「近畿大学」は、堺市に移転する近畿大学病院の施工者を「大林組」に、医学部の施工者を「フジタ・南海辰村建設JV」にそれぞれ決定しました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で施工者選定に時間を要したため、移転時期は当初予定していた2024年春から創立100周年の年にあたる2025年11月頃に順延することになりました。

 日刊建設工業新聞(2021/09/15)
 近畿大/医学部移転設計付き施工者/病院は大林組、学部施設はフジタJV

 建設通信新聞(2021/09/15)
 近大の移転施工者/大学病院は大林組/医学部をフジタ・南海辰村JV

近畿大学医学部・近畿大学医学部附属病院整備計画概要
◆ 所在地-大阪府堺市南区三原台一丁3番9 ほか
◆ 交通-泉北高速鉄道「泉ヶ丘」駅
◆ 階数-(診療棟)地上10階、塔屋1階、地下0階、(外来棟)地上6階、塔屋1階、地下0階、(講義・実習棟)地上7階、塔屋1階、地下1階
◆ 敷地面積-約116,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約147,000㎡(施設全体)
◆ 用途-大学(医学部)、病院(医学部附属病院)
◆ 病床数-800床(現在の病床数は929床)
◆ 診療科目-34科(循環器内科、糖尿病・内分泌内科、消化器内科、血液内科、脳神経内科、腫瘍内科、呼吸器内科、腎臓内科、心療内科、精神科、消化器外科、小児科、外科、小児外科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、形成外科、リハビリテーション科、救急科、緩和ケア内科、漢方内科、歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、病理診断科)
◆ 施設認定-特定機能病院、地域がん診療連携拠点病院(高度型)、がんゲノム医療拠点病院、肝疾患診療連携拠点病院、アレルギー疾患拠点病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、三次救急医療機関など
◆ 建築主-学校法人近畿大学
◆ プロジェクトマネジメント-インデックスコンサルティング
◆ 設計者-(病院)久米設計・内藤建築設計事務所設計監理共同企業体、(医学部)安井建築設計事務所・類設計室設計監理共同企業体
◆ 施工者-(病院)大林組、(医学部)フジタ・南海辰村建設JV
◆ 着工-2022年春以降予定(2022年夏以降に本格化する見通し)
◆ 開設-2025年11月頃予定(2024年春頃予定から変更)


Osakakinki201012
「外観 イメージパース」です。中央の「診療棟」は、パッと見は地上5階に見えますが地上10階(地上10階、塔屋1階、地下0階)です。


Osakakinki201013
「配置図」です。泉ヶ丘駅からの道をそのまま敷地内に延長し、敷地全体を横断するブリッジへと接続させ、現在敷地内にある「緑道」へと接続し、各病院施設へは、このブリッジを介してアクセスが可能とする予定です。



|

2021年8月 4日 (水)

北九州市 産業医科大学 「産業医科大学病院」が急性期治療に特化した「急性期診療棟」を新設!

Kitakyusan210811
-産業医科大学-

 国公立を除く「医学部」は、学費が非常に高くて高所得の家庭以外は学費を払うのが困難ですが、一部例外があります。「防衛医科大学校(省庁大学校)、自治医科大学(私立)、産業医科大学(私立)」です。これらの学校は卒業後にそれぞれ義務を果たすことで何千万円という授業料が、免除されるという特典があります。

 似たようなイメージの「自治医科大学」と「産業医科大学」ですが、どこにあるのか意外とご存じない方が多いと思います。「自治医科大学」は栃木県下野市、「産業医科大学」は福岡県北九州市にあります。

 「産業医科大学」には「医学部修学資金貸与制度」があります。卒業後、貸与を受けた期間の1.5倍の期間(在学6年間にわたり貸与を受けた場合は9年間)産業医等の職務に就けば、貸与を受けた全額が返還免除となります。但し卒業後、産業医等の職務に就かない場合、または所定期間勤務しない場合については、貸与を受けた全額を一括返還しなければなりません。

● 急性期診療棟の新設!
 「産業医科大学」は、産業医という会社専属の医師を育てるための学校で、1978年に「学校法人産業医科大学」が設立されました。本部所在地は、福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1です。

 「産業医科大学病院」は、高齢化が進む北九州医療圏の中で、医療需要の変化に積極的に対応し、将来にわたって、高度急性期医療の中核を担い、指導的な役割を果たす基幹病院として更なる機能強化を図るための施設「急性期診療棟」を新設します。2021年5月25日に「安全祈願祭」が執り行われました。

 引用資料 産業医科大学・公式HP
 急性期診療棟 の 新築工事を開始いたします(大学病院の施設拡充計画)

 建物概要は、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、地上5階、延床面積約21,782㎡です。地震対策として「免震構造」を採用します。「急性期治療に特化」した施設で、2023年竣工予定です。


Kitakyusan210812
「エントランスホール(1階)」です。


Kitakyusan210813
「手術室(3階)」です。


Kitakyusan210814
「フロア構成」です。


Kitakyusan210815
「建設位置」です。



|

2021年6月13日 (日)

福岡大学病院 本館の建て替え 地上12階、延床面積約51,660㎡の「福岡大学病院新本館(仮称)」 2023年10月竣工予定!

Fukuokau210611
-福岡大学-
 「福岡大学」は、福岡県福岡市城南区七隈八丁目に本部を置く私立大学です。1949年に「福岡商科大学」として設立され、1956年に「福岡大学」に改称しました。1972年には、「医学部」を設置、1973年8月には「福岡大学病院」を開設しました。 

 9学部(人文学部、法学部、経済学部、商学部、理学部、工学部、医学部、薬学部、スポーツ科学部)、31学科、2万人以上の学生を有する西日本最大級の規模を持つ私立の総合大学です。

● 福岡大学病院新本館(仮称)
 「福岡大学病院」が開設されたのは1973年です。開設から50年近くが過ぎて老朽化が目立ち始めました。そこで、「福岡大学病院新本館(仮称)」が建設される事になりました。

 引用資料 福岡大学病院(PDF)
 福岡大学病院パンフレット

 「福岡大学病院新本館(仮称)」は、老朽化が進む本館の建て替えとなり、敷地内の「福岡大学病院新館」の南側のグラウンドに建設します。概要は、地上12階、塔屋1階、地下1階、延床面積約51,660㎡を予定しています。竣工は、2023年10月の予定です。竣工後に現本館と病院研修センターA・B棟を解体します。

福岡大学病院新本館(仮称)の概要
◆ 所在地-福岡市城南区七隈七丁目45番1号
◆ 交通-福岡市地下鉄七隈線「福大前」駅
◆ 階数-地上12階、塔屋1階、地下1階
◆ 敷地面積-約547,575㎡(七隈キャンパス全体)
◆ 延床面積-約51,660㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用地-病院
◆ 建築主-学校法人福岡大学
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)清水建設・東畑建築事務所JV
◆ 施工者-清水建設
◆ 竣工-2021年10月予定
◆ 竣工-2023年10月予定


Fukuokau210612
「福岡大学病院新本館(仮称)」の建設予定地です。「福岡大学病院新館」の南側のグラウンドに建設すします。


Fukuokau210613
「新本館」の完成後に、現本館と病院研修センターA・B棟を解体します。


Fukuokau210614
福岡大学病院の最寄り駅となる福岡市地下鉄七隈線の「福大前駅」です。「新本館」は、「福大前駅」に直結と言ってもいいくらいの至近距離に建設されます。


Fukuokau210615
福岡大学七隈キャンパス

 「福岡大学七隈キャンパス」は、校地面積約547,575㎡の広大な敷地です。日本の大規模な大学は、国立・私立を問わずキャンパスが複数に分かれる「タコ足大学」が多いですが、福岡大学は「七隈キャンパス」に、9学部(人文学部、法学部、経済学部、商学部、理学部、工学部、医学部、薬学部、スポーツ科学部)がすべて集結する恵まれた環境にあります。



|

2021年5月28日 (金)

大阪公立大学(大阪府立大学+大阪市立大学)の都心メインキャンパス 森之宮北地区地区計画の決定 大阪市が地区計画原案の公衆縦覧!

Osakaac191011
-森之宮北地区地区計画-
 「大阪府立大学」と「大阪市立大学」を統合した新大学の名称は「大阪公立大学」に決定しています。「府市協調」の象徴的な事業として打ち出した構想が本格的に動き出し、2022年4月の開校予定です。

 統合が実現した場合の新キャンパスとして検討されている森之宮地区の市有地は、大阪城周辺から臨海部に至る東西都市軸の東部に位置する重要な拠点であり、大阪城公園に隣接し、大阪都心部の交通至便な立地条件にあります。

 2013年1月に供用を廃止したもと森之宮工場(ごみ焼却工場)や、もと焼却工場建替計画用地など大規模な未利用地が存在しています。また、JR森ノ宮電車区等や、交通局検車場、中浜下水処理場など、エリアの都市機能を支えるために重要な機能が集積していますが、高度な都市的利用はなされていません。

● 森之宮北地区地区計画の決定!
 「大阪市」は、都市計画法第16条第2項の規定に基づく大阪市地区計画等の案の作成手続に関する条例第2条の規定により、「森之宮北地区地区計画の決定(城東区)」の縦覧を実施しています。縦覧期間は、2021年5月27日(木)~6月10日(木)までです。

 引用資料 大阪市・報道発表資料(2021/05/26)
 地区計画原案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します


Osakaac210511
森之宮北地区地区計画説明図

 「森之宮北地区地区計画」」は、「A地区、B地区、C地区、D地区」の4地区分かれます。面積約12.3ha(うち再開発等促進区12.3ha)です。

A地区・B地区
 A、B地区では、まちにひらかれ、まちとともに成長する次世代型キャンパスシティとして、大学の基本機能並びにスマートシティ推進機能、都市シンクタンク機能、技術インキュベーション機能、人材育成機能、文化・芸術、国際交流機能及び大学・研究所のサテライト等機能といった大学が先導役となり展開する機能を中心に構成する「イノベーション・コア」の形成を図るとともに、「イノベーション・コア」を中心に、新たなイノベーションが誘発されるよう、業務機能、商業機能、宿泊機能、居住・健康医療機能等の多様な機能の集積・連携を図る。

 A地区では、イノベーション・コアの中核となる新大学の都心キャンパスを整備するとともに、新たなイノベーションの誘発を図るため、民間活力を導入しながら、大学施設関連機能を中心に業務、商業機能等の複合的な機能の導入を図る。

 B地区では、A地区との連携を図りながら、業務、商業、宿泊、居住・健康医療機能等を中心に産学連携等の多様な交流を生み出す複合的な機能の導入を図る。

◆ C地区
 
C地区では、北側の第二寝屋川との親水性を確保するとともに、業務、商業機能等の導入を図る。

◆ D地区
 D地区では、北側の第二寝屋川との親水性を確保するとともに、都市施設の機能更新を図りながら、下水処理場の上部利用等を行うことにより、立体的な土地の高度利用を図る。


Osakaac191012
「A地区」です。「もと焼却工場建替計画用地」です。「大阪公立大学」の都心キャンパスを整備します。


Osakaac191015
南側の「B地区」、北側の「C地区」です。


Osakaac191013
「D地区」です。大阪市の「中浜下水処理場」があります。下水処理場の上部利用等を行うことにより、立体的な土地の高度利用を図ります。


Osakaac191020
「C地区」と「D地区」の北側には「第二寝屋川」が流れています。現在は堤防で川には近づけませんが、親水性を確保する予定です。



|

2021年4月19日 (月)

大阪大学医学部附属病院 高度先進医療に対応 地上8階、延床面積約68,481㎡の「統合診療棟」 一般競争入札を公告!

Osakauniv200811
-大阪大学医学部附属病院-

 「大阪大学」は、1931年に「大阪帝国大学」として設立されました。現在では11学部・16研究科を擁する国立文理総合大学です。中心となっているのは小説やテレビドラマになった「白い巨塔」の「浪速大学」のモデルになった「大阪大学医学部」です。

 医学部は、昔と比べるとかなり崩れてきていますが、それでもまだまだ「学閥支配」が色濃く残っています。旧帝大「東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学」+「慶應義塾大学」の8大学がそれぞれの地方で圧倒的な勢力を誇っています。

 関西では、「京都大学医学部」と「大阪大学医学部」の医局出身者が、私立大学や周辺の国公立大学の医学部や大規模病院の主要ポストの多くを押さえ、絶大な影響力を誇っています。

 「大阪大学医学部附属病院」は、中之島から吹田へ1993年9月に移転しました。その間、医療ニーズや診療機能は大きく変化・発展しました。診療機能の高度化・多様化及び診療規模の増大に対して、現病院ではすでに対応が限界を迎え、建物自体が時代遅れになりつつあります。

 今後も最先端の研究開発を行いながら高度先進医療を提供し、将来の医療環境の変化にも柔軟に対応できる病院をめざして再開発計画の検討を進めた結果、外来・中診棟の北側に「統合診療棟」という新しい建物を建設する事になりました。

 引用資料 大阪大学医学部附属病院(PDF:2020/07/25)
 阪大病院ニュース(第79号)令和7年オープン予定「統合診療棟」の建設について

● 大阪大学(吹田)医学部附属病院統合診療棟等新営その他工事
 「国立大学法人大阪大学」は3月15日に、WTO(世界貿易機関)対象の「大阪大学(吹田)医学部附属病院統合診療棟等新営その他工事」の一般競争入札を公告しました。申請書は5月10日まで、入札書は6月24日まで受け付け、6月25日に開札します。

 建設通信新聞(2021/04/16)
 阪大WTO/医学部附属病院統合診療棟/5月10日まで3件受付

 「統合診療棟」の概要は、地上8階、地下2階、延床面積約68,481㎡です。構造は「鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造」、地震対策として「免震構造」を採用します。2025年のオープンを目指しています。


Osakauniv200812
吹田キャンパス・キャンパスマップ

大阪大学には、「吹田キャンパス、豊中キャンパス、箕面キャンパス」の3キャンパスがありますが、圧倒的に広くて中心となっているのが「吹田キャンパス」です。「吹田キャンパス」は、敷地面積約997,071㎡とほぼ100haの広大なキャンパスです。

 引用資料 大阪大学・公式HP
 吹田キャンパス・キャンパスマップ  


Osakauniv200813
「統合診療棟」は、「外来・中診棟」の北側の駐車場に建設されます。


Osakauniv210411
将来的には新病棟を建設
 「敷地利用計画案」です。再開発全体スケジュールとしては、「外来・中診棟」を解体して「新病棟」の建設を計画しています。「新病棟」の整備時期に関しては収支状況等を踏まえて今後検討していきます。


Osakacovid19200521
大阪大学医学部附属病院(病棟)
 1993年9月1日に開院した「大阪大学医学部附属病院」のシンボルである「病棟」です。外から見るとまだ新しいように見えますが、診療機能の高度化・多様化及び診療規模の増大に対して、現病院ではすでに対応が限界を迎え、建物自体が時代遅れになりつつあります。そのため、時期は未定ですが、「病棟」も建て替えられる予定です。



|

2021年4月15日 (木)

「京都府における知の拠点」として、北山文化環境ゾーンにふさわしい施設整備 京都府立大学施設整備基本構想

Kyotokpu210411
-京都府立大学施設整備基本構想-

 「京都府立大学」は北山エリアの一翼を担い、 これまで教養教育共同化施設(2014年)、京都学・歴彩館(文学部・附属図書館)(2015 年)が順次整備されるとともに、2019 年の和食文化学科の設置に併せては7号館の一部改修が行われました。

 しかし、その他の既存諸施設は、最近建設された2施設と1号館、5号館の一部を除けば、すべて建設後40年以上経過しており、中には50年以上経過した施設も多く老朽化・狭隘化が進んでいます。

 また、 現在の既存施設で耐震化されているのは稲盛記念会館、京都学・歴彩館のほかは1号館、5号館(一部)、6号館のみであり、その耐震化率は、 51.7%と、国立大学法人等施設耐震化率98.7 %と比較して極端に遅れている状況となっています。

 現在、設備の不具合や施設の老朽化による学生や教員確保への支障、研究施設の老朽化・狭隘化に伴い新規研究機器の導入が困難で、新たな研究課題への対応に支障が生じているなど、様々な点で問題が顕在化しており、教育・研究ならびに地域貢献活動に重大な支障をきたしている状況にあります。

 環境に配慮した安心安全で、学生・教職員のみならず、すべての人にやさしい「京都府における知の拠点」「開かれたキャンパス」を構築するために、府立大学および各施設が担うべき機能・使命を点検・再構築し、それにふさわしい施設・キャンパスの整備計画を策定し 、早期に実施する必要があります。

 引用資料 京都府(PDF)
 京都府立大学施設整備基本構想


Kyotokpu210412
「整備の手順」です。


Kyotokpu210413
「キャンパス整備イメージ」です。


Kyotokpu210414
「京都府立大学キャンパス整備スケジュール」です。



|

2021年4月13日 (火)

京都府立医科大学 附属病院の大規模再整備 河原町キャンパス内の「中央診療棟、B棟、C棟、D棟」を段階的に建て替え!

Kyotomedicine210411
-京都府立医科大学附属病院-
 
「京都府立医科大学」は、1921年に設置されたの公立大学です。入試難易度も非常に高く、「京都大学医学部」と共に京都府の最先端の高度医療を支えています。

 「京都府立医科大学」は、附属病院の大規模再整備を計画しています。河原町キャンパス内の中央診療棟(1982年建設)やCD棟(1985年建設)、B棟(1989年建設)など総延床面積約55,000㎡の病院施設の段階的な建て替えを構想しており、一部機能の隣接する広小路キャンパスへの移転や病院建て替えに伴う大学施設の整備も予定しています。

 建設通信新聞(2021/04/13)
 京都府立医科大附属病院/段階的に施設建替

 現在、「京都府立医科大学機能整備計画(基本計画)策定等業務」の公募型プロポーザルの参加者を募集しており、応募書類の提出を4月30日まで大学整備室で受け付けています。


Kyotomedicine210412
京都府立医科大学「河原町キャンパス(附属病院)・広小路キャンパス」のキャンパスマップです。

 引用資料 京都府立医科大学・公式HP
 河原町キャンパス(附属病院)・広小路キャンパス


Kyotomedicine210413
京都府立医科大学の「河原町キャンパス」です。鴨川沿いあります。


Kyotomedicine210414
北側に「病棟(A棟、B棟、C棟、D棟)、中央診療棟、臨床講義棟」があります。「建設通信新聞」の報道を見ると、少なくとも「中央診療棟、B棟、C棟、D棟」は、段階的に建て替えられるようです。


Kyotomedicine210415
中央に「外来診療棟、臨床医学学舎」があります。


Kyotomedicine210416
南側に「基礎医学学舎」があります。



|

2021年2月27日 (土)

「安藤忠雄建築研究所」が基本設計に参画 京都大学医学部構内に「がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟」を建設!

Kyotouniversity210211
- 京都大学-

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、ノーベル賞受賞者である京都大学の本庶佑特別教授と山中伸弥教授が組む研究に対し、総額100億円の寄付を行う事を発表しています。

 具体的には、本庶佑特別教授がセンター長を務めるがん「免疫総合研究センター」での研究推進のために「柳井基金」を設置し、2020年4月22日~2030年4月21日の間に、5億円×10年間=総額50億を寄付します。

 山中伸弥教授に対しては、iPS細胞を安価で製造するためのプロジェクトに2021年度から、5億円×9年間=総額45億円を寄付します。更に、新型コロナウイルスの調査やワクチン開発などの研究に5億円を寄付します。

● がん免疫総合研究センター
 ノーベル生理学・医学賞受賞者の本庶佑特別教授は、国内初となるがん免疫療法の研究拠点「がん免疫総合研究センター」を2020年4月1日に、京都大学内に発足しました。センター長には本庶氏が就任しています。

 「がん免疫総合研究センター」は、がんの免疫療法の基礎から応用まで総合的に研究する日本初の拠点施設であり、国内外の基礎・臨床にまたがる「がん免疫」研究者のみならず、「がん」と「免疫」領域以外のがん免疫治療効果を制御する他分野の研究者が結集し、現在のがん免疫研究・治療における諸課題を世界に先駆けて解決すること、次世代がん免疫研究・治療を発展させることを目的としています。施設には200~300人の研究者が入る予定です。

● がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟
 アメリカの医薬品会社である「ブリストル マイヤーズ スクイブ」は2021年1月26日に、京都大学に総額55億円(約5,300万米ドル)を寄付することを発表しました。

 この寄付は、ノーベル賞受賞者である本庶佑京都大学医学研究科附属がん免疫総合研究センター長(京都大学高等研究院特別教授)が進めるがん免疫療法研究の支援を目的としたもので、「ブリストル・マイヤーズ スクイブ」が寄付金を拠出します。 

 引用資料 ブリストル・マイヤーズ スクイブ(2021/01/26)
 がん免疫総合研究センター本部棟の建設資金として

 京都大学 公式・HP(2021/01/26)
 「がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟」の建設について

 「国立大学法人京都大学」は、WTO(世界貿易機関)対象の「京都大学(南部)がん免疫総合研究センター新営その他工事」の一般競争入札を公告しています。2021年4月15日の開札を予定しています。

がん免疫総合研究センター Bristol Myers Squibb棟の概要
◆ 計画名-京都大学(南部)がん免疫総合研究センター新営その他工事
◆ 所在地-京都府京都市左京区吉田橘町(京都大学医学部構内)
◆ 交通-京阪電気鉄道鴨東線「神宮丸太町」駅、京阪電気鉄道鴨東線・叡山電鉄「出町柳」駅
◆ 階数-地上5階、地下1階
◆ 建築面積-約1,700㎡
◆ 延床面積-約9,500㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-研究所
◆ 建築主-国立大学法人京都大学
◆ 基本設計-安藤忠雄建築研究所+京都大学施設部
◆ 実施設計-(建築)教育施設研究所、(設備)総合設備計画
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2021年05月初旬予定
◆ 竣工-2023年03月末予定


Kyotouniversity210212
「がん免疫総合研究センターBristol Myers Squibb棟」の建設予定地は、京都大学医学部構内の南東側です。

 引用資料 京都大学キャンパスマップ
 医学部構内マップ


Kyotouniversity191016
京都大学 iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)
 山中伸弥教授が所長を務める「京都大学 iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)」です。「本館、第2研究棟、第3研究棟」の3棟で構成されています。世界最先端の「iPS細胞研究」を行っている正に日本の至宝と言ってもいい研究拠点です。

● 京都大学の拠点性が更にUP!
 京都大学は、「ウイルス・再生医科学研究所」や「iPS細胞研究所」が世界的に有名ですが、これにがん免疫療法に関する諸課題を世界に先駆けて解決する「がん免疫総合研究センター」が加わります。もはや日本一の医学研究拠点と言っても過言ではないと思います。



|

2021年2月15日 (月)

イオンモールが初のオフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」 「名古屋外国語大学サテライトキャンパス」が誕生!

Nagoyanoritake210211
-(仮称)ノリタケの森プロジェクト-

 世界最大級の高級陶磁器・砥石メーカーとして有名な「ノリタケカンパニーリミテド」は、本社の所在する区域について、「三菱商事、イオンモール、三菱地所レジデンス」と4社共同で、「産業観光・業務地区、商業地区、住宅地区」に分けて再開発を行っています。

 「イオンモール」は、名古屋市西区則武新町で開発中の「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」において、新たな国内需要の発掘を実現する施策として、これまでとは異なる新たな商業施設開発と“働く人と企業の成長を支えるオフィス”を融合する事業フォーマットを構築、その1号店として開業します。

 引用資料 イオンモール(PDF:2020/01/31)
 イオンモールの新たな事業フォーマット オフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」建設着工について

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき「イオンモール」から申請のあった民間都市再生事業計画((仮称)ノリタケの森プロジェクト 新築工事)について認定しています。

 引用資料 国土交通省(2020/04/03)
 民間都市再生事業計画((仮称)ノリタケの森プロジェクト 新築工事)を認定 ~大規模な業務・商業機能の整備により名古屋都心部の賑わい・交流形成に寄与~

● 名古屋外国語大学サテライトキャンパス
 私立の「名古屋外国語大学」と「イオンモール」は、イオンモールが建設中の「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」内に名外大サテライトキャンパスを整備することで合意しました。

 名古屋外国語大学・イオンモール(2021/02/08)
 名古屋の新たなランドマーク「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」に「名古屋外国語大学サテライトキャンパス」が誕生

 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」のオフィスの特徴である日本最大級の1フロア面積(7,000㎡超)をフル活用し、キープディスタンスを保った対面授業に必要な教室数や学生同士のコミュニケーションが生まれやすい環境を実現します。

 開設場所は、オフィスフロアの6階で、賃貸面積は約7,600㎡です。開講日は2021年秋を予定しています。 サテライトキャンパスにおいては、当面、新3年生、新4年生、大学院の一部授業の開講を予定しています。

(仮称)ノリタケの森プロジェクトの概要
◆ 計画名-(仮称)ノリタケの森プロジェクト新築工事
◆ 所在地-愛知県名古屋市西区則武新町三丁目102番1 他
◆ 階数-地上6階(立体駐車場7階)
◆ 敷地面積-56,993.99㎡
◆ 建築面積-30,119.40㎡
◆ 延床面積-139,657.22㎡(容積対象面積110,648.05㎡)
◆ 総賃貸面積-約37,000㎡(商業施設)、約22,000㎡(オフィス)
◆ 駐車台数-約2,100台
◆ 着工-2020年02月16日
◆ 竣工-2021年10月15日予定
◆ 開店-2021年秋予定


Nagoyanoritake200412
「概要図」です。


Nagoyanoritake200213
「ノリタケの森からの眺め」です。オフィスフロアの6階が「名古屋外国語大学サテライトキャンパス」となります。


Nagoyanoritake200214
「オフィスエントランスイメージ」です。


Nagoyanoritake200215
「オフィスラウンジイメージ」です。


Nagoyanoritake190912
「ノリタケの森地区 ゾーニング」です。



|

2021年1月30日 (土)

公立大学法人大阪 2021年度の工事等予定表を公表 都心メインキャンパス「森之宮学舎整備事業」は、延床面積約77,100㎡の新築工事を予定!

Osakaac210111
-公立大学法人大阪-
 「公立大学法人大阪」は、2021年度からキャンパス整備に本格的に着手します。2021年度の工事発注見通しによると、4キャンパスで5件の新築発注を予定しています。森之宮キャンパス整備事業は実施設計施工一括(DB)方式、阿倍野看護学舎整備事業には技術提案・交渉方式を適用し、第1四半期に総合評価一般競争入札を公告します。

 引用資料 公立大学法人大阪(PDF)
 令和3年度 公立大学法人大阪 工事等予定表(大阪公立大学学舎整備関係)

 建設通信新聞(2021/01/29)
 21年度に新築5件発注/公立大学法人大阪

 キャンパス整備では、2025年度をめどに都心メインキャンパスを大阪市中央区の大阪城東部地区内に整備するとともに、同種分野での集約化として、工学部を「中百舌鳥キャンパス」、理学部を「杉本キャンパス」、看護学部を「阿倍野キャンパス」に集約整備します。

 都心メインキャンパスの第一弾となる「森之宮学舎整備事業」は、延床面積約77,100㎡の新築工事を予定しており、発注区分等は「設計施工一括発注方式(工事監理含む)」となります。


Osakaac201011 
大阪公立大学

 「大阪府立大学」と「大阪市立大学」を統合した新大学の名称は「大阪公立大学」に決定しています。「府市協調」の象徴的な事業として打ち出した構想が本格的に動き出し、2022年4月の開校予定です。

 統合が実現した場合の新キャンパスとして検討されている森之宮地区の市有地は、大阪城周辺から臨海部に至る東西都市軸の東部に位置する重要な拠点であり、大阪城公園に隣接し、大阪都心部の交通至便な立地条件にあります。

 2013年1月に供用を廃止したもと森之宮工場(ごみ焼却工場)や、もと焼却工場建替計画用地など大規模な未利用地が存在しています。また、JR森ノ宮電車区等や、交通局検車場、中浜下水処理場など、エリアの都市機能を支えるために重要な機能が集積していますが、高度な都市的利用はなされていません。

● 都市再生緊急整備地域
 大阪府立大学と大阪市立大学を統合した新大学「大阪公立大学」が移転を予定している森之宮地区の市有地は、「都市再生緊急整備地域」に指定されています。「大阪城公園周辺地域」の中の「森ノ宮周辺」となります。2020年9月16日に名称変更および範囲が拡大しています。

 引用資料 首相官邸・公式HP
 都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域の一覧


Osakaac201012
森之宮学舎整備事業の予定地

 「大阪城公園周辺地域」の中の「森ノ宮周辺」です。「森ノ宮周辺」の敷地の一部の「地図上の位置⑦、地図上の位置⑧、地図上の位置⑨」に大阪府立大学と大阪市立大学統合した新大学「大阪公立大学」が移転を予定しています。

 地図上の位置⑦が「(仮称)新大学キャンパス整備計画」、地図上の位置⑧が「(仮称)イノベーション・コアゾーン開発計画① 」、地図上の位置⑨が「(仮称)イノベーション・コアゾーン開発計画②」となっています。


Osakamorinomiya180213
最終的な大阪公立大学の敷地範囲(予定)
 最終的には、敷地面積約108,500㎡(約26,300㎡+約12,200㎡+約70,000㎡)となる予定です。既存の施設が稼働しているため段階的に拡張する予定です。


Osakaac191012
地図上の位置⑦・地図上の位置⑧
 地図上の位置⑦「(仮称)新大学キャンパス整備計画」と地図上の位置⑧「(仮称)イノベーション・コアゾーン開発計画① 」です。「仮囲い」で囲われていますが、内部は更地になっています。


Osakaac191015
地図上の位置⑨
 地図上の位置⑨「(仮称)イノベーション・コアゾーン開発計画②」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) 08 大阪中央郵便局敷地 31 大阪市・北部① 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部① 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際