93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む)

2018年1月24日 (水)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2018年1月18日の建設状況

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin18011871
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin18011872
大規模に工事が行われています。


Hanshin18011873
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin18011874
東側部分です。


Hanshin18011875
西側部分です。


Hanshin18011876
埋め戻しています。


Hanshin18011877
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。


Hanshin18011878
「クラムシェル」で掘削しています。


Hanshin18011879
別角度から見た様子です。


Hanshin18011880
撤去された「地中障害物」が並べられています。


Hanshin18011881
アップです。


Hanshin18011882
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。


Hanshin18011883
撤去された「地中障害物」です。地下の重要なインフラも役目を終えると「地中障害物」となります。



|

2017年12月 5日 (火)

阪神電気鉄道「甲子園駅」 大規模リニューアル 「駅舎、改札内コンコース、ホーム」のすべての工事が完了!

Koshien131031
-甲子園駅・リニューアル-
 
阪神電気鉄道「甲子園駅」では、大規模なリニューアル計画が行われました。リニューアルは「阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)」と一体的に行われました。

 島式・相対式4面4線の狭いホームは、プロ野球や高校野球の開催時に大混雑していましたが、島式・相対式3面4線の広いホームに生まれ変わりました。

 ホーム中央部に白球や高校球児のユニホームの「白」をイメージした縦45m×横45mの大屋根を設置しました。自然光を通す膜素材を使用し、屋根の南北には壁を設けず、甲子園特有の「浜風」が吹き抜けるデザインを取り入れました。

甲子園駅改良工事の概要
◆ ホームの拡幅-上り線(梅田・大阪難波方面行き)ホーム、下り線(三宮方面行き)ホーム、下り線降車専用ホームを拡幅する。現在の最大幅5.6mの上下線ホームは、9m程度に拡幅される。これに伴い、上り線の降車専用ホームは廃止する。
◆ バリアフリー化-各ホームにエレベーターを設置(西改札口3基、東改札口2基)する。また東西改札口に多機能トイレを設置する。
◆ 西改札口の拡張-ホームに通じる新たな通路を、現在の通路の西側に設けるとともに、駅舎を改築しコンコー スを拡張する。
◆ 東改札口の改築- 駅舎を改築し、東口を新たに設け、駅東方面へのお客様の利便性を高める。また、上り線 (梅田・大阪方面行き)ホームへの通路と下り線(三宮方面行き)ホームへの通路を分離する。
◆ 大屋根の設置(縦45m×横45m)-ホームの中央付近、県道浜甲子園線の上部に、膜素材を用いた大屋根を設ける。
◆ 総工事費-54億円(総工事費のうち、国が1/5、地方公共団体(兵庫県・西宮市)が1/5を補助)
◆ 工期-2011年11月~2016年度末頃(当初計画)


Koshien171211
2011年11月から始まった「甲子園駅改良工事」ですが、当初計画では2016年度末頃完成予定でしたが、工事は少し遅れていました。阪神電気鉄道から正式なリリースがありませんが、2017年の秋くらいに完成したようです。


Koshien171212
「大屋根」を南側から見た様子です。


Koshien171213
「大屋根」を北側から見た様子です。


Koshien171214
「東改札口」です。


Koshien171215
「臨時改札口」です。


Koshien171216
「西改札口」です。


Koshien171217
ホームを東側から見た様子です。


Koshien171218
縦45m×横45mの膜素材の「大屋根」です。


Koshien171219
最後まで残っていた「上り(梅田・大阪難波方面行き)ホーム」の東側の工事も完成しました。


Koshien171220
既存のホームを解体して、新たにホームを構築した様子が分かります。


Koshien171221
東側は「桁式ホーム」となっています。


Koshien171222
「上り(梅田・大阪難波方面行き)ホーム」の東端です。


Koshien171223
「上り(梅田・大阪難波方面行き)ホーム」の東側です。ホーム屋根も完成しています。


Koshien171224
「阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)」が、上下線共に完成したので甲子園駅の東側の配線がすべて本設となりスッキリしました。


Koshien171225
「作業構台」があった北面の西側にもフェンスが取り付けられました。「作業構台」もすでに解体されています。


Koshien171226
周辺の関連工事が終わるとすべての工事が完了します。



|

2017年11月30日 (木)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017年11月22日の建設状況

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17112251
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17112252
大規模に工事が行われています。


Hanshin17112253
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin17112254
東側部分です。


Hanshin17112255
西側部分です。


Hanshin17112256
北側で掘削しています。


Hanshin17112257
何の工事をしているのでしょうか?


Hanshin17112258
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えません。


Hanshin17112259
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えません。



|

2017年10月23日 (月)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/09/19 一部で埋め戻しが始まる!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17101911
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17101912
大規模に工事が行われています。


Hanshin17101913
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin17101914
東側部分です。


Hanshin17101915
一部で早くも重機による埋め戻しが始まりました。


Hanshin17101916
西側部分です。


Hanshin17101917
「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」から見た様子です。


Hanshin17101918
東側から見た様子です。


Hanshin17101919
重機による埋め戻しが行われています。手前では本格的な埋め戻しに備えて、「土留め壁」の「H形鋼」の上部を切断しています。切断した「H形鋼」の破片が上の方に見えます。


Hanshin17101920
東側の「開口部」です。


Hanshin17101921
西側の「開口部」です。


Hanshin17101922
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えません。


Hanshin17101923
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えません。



|

2017年10月 5日 (木)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道の拡幅整備 2017年10月1日の建設状況

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17100151
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17100152
大規模に工事が行われています。


Hanshin17100153
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin17100154
東側部分です。


Hanshin17100155
西側部分です。


Hanshin17100156
東側から見た様子です。


Hanshin17100157
東側の「開口部」です。


Hanshin17100158
西側の「開口部」です。



|

2017年8月19日 (土)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/08/16 東西地下道の天井部分にコンクリート打設!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17081611
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17081612
大規模に工事が行われています。


Hanshin17081613
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。東西地下道の天井部分のコンクリート打設が行われています。


Hanshin17081614
東側部分です。


Hanshin17081615
西側部分です。


Hanshin17081616
東側から見た様子です。


Hanshin17081617
梁の鉄筋の密度が凄いです。


Hanshin17081618
「開口部」です。


Hanshin17081619
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。


Hanshin17081620
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。



|

2017年8月 1日 (火)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/07/28 東西地下道の天井部分の鉄筋の密度が凄い!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17072811
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17072812
大規模に工事が行われています。


Hanshin17072813
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。東西地下道の天井部分の鉄筋の配筋が本格的に行われています。


Hanshin17072814
東側部分です。


Hanshin17072815
西側部分です。


Hanshin17072816
東側から見た様子です。


Hanshin17072817
梁の部分です。


Hanshin17072818
梁の鉄筋の密度が凄いです。


Hanshin17072819
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。


Hanshin17072820
全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。


Hanshin17072821
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。


Hanshin17072822
東側部分です。「メトロデッキ」が敷かれています。


Hanshin17072823
東側部分を別角度から見た様子です。


Hanshin17072824
中央部分は、「メトロデッキ」で覆われて内部が見えなくなりました。



|

2017年7月10日 (月)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/07/03 東西地下道の天井部分の鉄筋の配筋が本格化!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17070351
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17070352
大規模に工事が行われています。


Hanshin17070353
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin17070354
東西地下道の天井部分の鉄筋の配筋が本格化しています。


Hanshin17070355
梁の鉄筋の配筋が行われています。


Hanshin17070356
「コンクリート型枠」の上に鉄筋が並べられています。白い円形の部分は、「東西地下道」の天井を支える柱部分だと思われます。


Hanshin17070357
鉄筋が準備されています。


Hanshin17070358
東側から見た様子です。


Hanshin17070359
梁の鉄筋の配筋が行われています。白い円形の部分は、「東西地下道」の天井を支える柱部分だと思われます。


Hanshin17070360
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。


Hanshin17070361
全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われました。


Hanshin17070362
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。


Hanshin17070363
アップです。


Hanshin17070364
掘削が行われています。


Hanshin17070365
地中障害物の撤去を行っています。



|

2017年6月27日 (火)

大規模にリニューアル工事中の阪神電気鉄道「甲子園駅」 Part4:西改札口・東改札口共に完成した改札内コンコース

Koshien131031
-甲子園駅・リニューアル-
 
阪神電気鉄道「甲子園駅」では、大規模なリニューアル計画が行われています。リニューアルは「阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)」と一体的に行われています。

 島式・相対式4面4線の狭いホームは、プロ野球や高校野球の開催時に大混雑していましたが、島式・相対式3面4線の広いホームに生まれ変わりました。

 ホーム中央部に白球や高校球児のユニホームの「白」をイメージした縦45m×横45mの大屋根を設置しました。自然光を通す膜素材を使用し、屋根の南北には壁を設けず、甲子園特有の「浜風」が吹き抜けるデザインを取り入れました。

甲子園駅改良工事の概要
◆ ホームの拡幅-上り線(梅田・大阪難波方面行き)ホーム、下り線(三宮方面行き)ホーム、下り線降車専用ホームを拡幅する。現在の最大幅5.6mの上下線ホームは、9m程度に拡幅される。これに伴い、上り線の降車専用ホームは廃止する。
◆ バリアフリー化-各ホームにエレベーターを設置(西改札口3基、東改札口2基)する。また東西改札口に多機能トイレを設置する。
◆ 西改札口の拡張-ホームに通じる新たな通路を、現在の通路の西側に設けるとともに、駅舎を改築しコンコー スを拡張する。
◆ 東改札口の改築- 駅舎を改築し、東口を新たに設け、駅東方面へのお客様の利便性を高める。また、上り線 (梅田・大阪方面行き)ホームへの通路と下り線(三宮方面行き)ホームへの通路を分離する。
◆ 大屋根の設置(縦45m×横45m)-ホームの中央付近、県道浜甲子園線の上部に、膜素材を用いた大屋根を設ける。
◆ 総工事費-54億円(総工事費のうち、国が1/5、地方公共団体(兵庫県・西宮市)が1/5を補助)
◆ 工期-2011年11月~2016年度末頃(当初計画)

(備考) 工事は少し遅れており、まだ一部完成していません。


Koushien170661
西改札口
 「西改札口」の改札内コンコースです。


Koushien170662
自生していた「クスノキ」の大木を、「西改札口」内部に取り込むかたちで残しています。


Koushien170663
改札機を「改札内コンコース」から見た様子です。


Koushien170664
改札機が西側に増設されました。


Koushien170665
「西改札口」の改札内コンコース西側の通路です。


Koushien170666
この通路が一番利用者数が多いのでバー仕切っています。


Koushien170667
「上り(尼崎・大阪(梅田)・難波・奈良方面)」、「下り(神戸(三宮)・明石・姫路方面)」共に階段とエスカレーターがあります。


Koushien170668
「上り(尼崎・大阪(梅田)・難波・奈良方面)」、「下り(神戸(三宮)・明石・姫路方面)」共にエレベーターがあります。


Koushien170669
「西改札口」の改札内コンコース東側の通路です。


Koushien170670
こちらは階段のみです。


Koushien170671
東改札口
 「東改札口」の改札内コンコースです。「改札内コンコース」は2層吹き抜けになっているので天井は高いです。


Koushien170672
改札機を「改札内コンコース」から見た様子です。


Koushien170673
「東改札口」の改札内コンコース西側の通路です。この通路は「上り(尼崎・大阪(梅田)・難波・奈良方面)」専用となっています。


Koushien170674
この通路も利用者数が多いのでバー仕切っています。


Koushien170675
壁の向こう側は道路です。


Koushien170676
階段とエレベーターが設置されています。


Koushien170677
「東改札口」の改札内コンコース東側の通路です。この通路は「下り(神戸(三宮)・明石・姫路方面)」専用となっています。


Koushien170678
階段とエレベーターが設置されています。



|

大規模にリニューアル工事中の阪神電気鉄道「甲子園駅」 Part3:「クスノキ」の大木を取り込んだ「西改札口」

Koshien131031
-甲子園駅・リニューアル-
 
阪神電気鉄道「甲子園駅」では、大規模なリニューアル計画が行われています。リニューアルは「阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)」と一体的に行われています。

 島式・相対式4面4線の狭いホームは、プロ野球や高校野球の開催時に大混雑していましたが、島式・相対式3面4線の広いホームに生まれ変わりました。

 ホーム中央部に白球や高校球児のユニホームの「白」をイメージした縦45m×横45mの大屋根を設置しました。自然光を通す膜素材を使用し、屋根の南北には壁を設けず、甲子園特有の「浜風」が吹き抜けるデザインを取り入れました。

甲子園駅改良工事の概要
◆ ホームの拡幅-上り線(梅田・大阪難波方面行き)ホーム、下り線(三宮方面行き)ホーム、下り線降車専用ホームを拡幅する。現在の最大幅5.6mの上下線ホームは、9m程度に拡幅される。これに伴い、上り線の降車専用ホームは廃止する。
◆ バリアフリー化-各ホームにエレベーターを設置(西改札口3基、東改札口2基)する。また東西改札口に多機能トイレを設置する。
◆ 西改札口の拡張-ホームに通じる新たな通路を、現在の通路の西側に設けるとともに、駅舎を改築しコンコー スを拡張する。
◆ 東改札口の改築- 駅舎を改築し、東口を新たに設け、駅東方面へのお客様の利便性を高める。また、上り線 (梅田・大阪方面行き)ホームへの通路と下り線(三宮方面行き)ホームへの通路を分離する。
◆ 大屋根の設置(縦45m×横45m)-ホームの中央付近、県道浜甲子園線の上部に、膜素材を用いた大屋根を設ける。
◆ 総工事費-54億円(総工事費のうち、国が1/5、地方公共団体(兵庫県・西宮市)が1/5を補助)
◆ 工期-2011年11月~2016年度末頃(当初計画)

(備考) 工事は少し遅れており、まだ一部完成していません。


Koushien170651
クスノキの大木

 「西改札口」内部に、自生していた「クスノキ」の大木を取り込むかたちで残しています。同じように「クスノキ」の大木を残した駅は他にも京阪「萱島(かやしま)駅」や阪急宝塚線「服部天神駅」などがあります。

 「萱島駅」と「服部天神駅」のクスノキは「御神木」ですが、「甲子園駅」のクスノキは「御神木」ではありません。特に由緒がある木ではありませんが、甲子園の歴史を見守ってきた木と言う事で残しました。

● 自然万物に神様が宿ると考える日本人
 日本人は古代から自然万物に神様が宿ると考える独特の宗教観を持っています。そのため、このような例は日本各地にあります。


Koushien170652
この部分には屋根がありません。


Koushien170653
「クスノキ」の大木と「発車標」の不思議な組み合わせです。


Koushien170654
「クスノキ」は駅の外に自生していましたが、新しい「西改札口」の拡張部分にモニュメントとして取り入れました。かなりの面積がデッドスペースになっていますが、それでも残したのは非常に好感が持てます。


Koushien170655
「降車専用ホーム(5番ホーム)」の南側に「クスノキ」が自生しています。


Koushien170656
この「クスノキ」は樹齢100年以上だそうです。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 83 長崎県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場